SS速報VIP:世界迷作劇場 迷犬ラッシー
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423393057/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 19:57:37.93 ID:xpBi62pi0

迷犬ラッシー 前編・「ムアの岩山へ」

(夜中、ある部屋の一室を覗くラッシー)


ジョン「何だよラッシー、部屋にいないと思ったら…」

ラッシー「きゃ~ん」

ジョン「ダメじゃないか。ここは父さんと母さんの寝室… !」


(ギシッギシッギシッ)

メリッサ「あっ…あっ…はんっ!あっサム…」

(ギシッギシッ)

メリッサ「あっあっ…」


ジョン・ラッシー「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423393057




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:03:42.19 ID:xpBi62pi0

(ぢゅっぢゅくっずちゅっ)

メリッサ「あっあっああっ!あぁんサムっ…」

(ずぶっちゅっ)

メリッサ「ああ~っ!!」


ジョン「…(汗)」

ラッシー「くぅ~ん…」

ジョン(…はっ!)


ジョン(「いけない事」だと思いながら僕はその母さんたちをずっと見てた…)



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:13:39.53 ID:xpBi62pi0

ジョン(それから、あの母さんの姿がちらついて…
学校でもうわの空で…サンディの顔もまともに見れなかった)


サンディ「ちょっとジョン!!さっきから呼んでるのが聞こえないの!?」

ジョン「わあっ!あ…、な…何だよ!?サンディ!?(汗)」

(もじもじ)

サンディ「…(怒)」

(ぐっ)

サンディ「何があったのよ?」

(ぎりぎりぎり ←ジョンの顔を握る音)

ジョン「ぐぐぐぐぐぐっ…」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:18:28.79 ID:xpBi62pi0

(ジョンはサンディに事情を話しました)

サンディ「えっ~、そん…なっ…そんな事…本当に!?」

ジョン「…うん…」

サンディ「…ふーん…」

(か~っ ←顔が真っ赤になる音)

サンディ「でも、興味ない!?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:24:07.04 ID:xpBi62pi0

ラッシー「くーん…」

ジョン「何でラッシー置き去りにすんのさ?」

サンディ「だっていくらラッシーでも恥ずかしいじゃない!」

(ドキドキドキ…)

サンディ「じゃあ最初は脱がないとね…」

ジョン「う…うん…」

(ドキドキ)

サンディ「…」

(スルッ)

サンディ「え…えへっ、えへへっ」

(ドキドキドキ)



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:32:05.08 ID:xpBi62pi0

ジョン「サンディ、舌出してたら気分でないよ」

(ぺろっ)

サンディ「!…」

(ドキドキドキドキ)

サンディ「もうっ、ばかっ」

(ちゅっ)

サンディ「つ…次はあたしのその…下の方を見て…」

ジョン「こう!?」

(スッ)

サンディ「きゃっ!ジョン!」

(ドキドキドキドキ)

ジョン「じーっ…すごいや…」

(ぺろっ)

サンディ「あっ…!」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:41:18.24 ID:xpBi62pi0

(ペロペロペロ)

サンディ「ちょ…ちょっとそんな所…汚な…」

ジョン「平気だよ、父さんもやってた…とってもおいしいよ」

(はぶっ)

サンディ「あっ…ああんっ!」

(ぢゅくっじゅくっぴちゅっ)

サンディ「あっいや~!あそこがジンジンするっ!」

(ビクッビクッ)

サンディ「ああっ…も…もう…あっ…上に…のぼってくるっ…なんとかしてぇ!」

(ビクン!)

サンディ「ああああ~っ!!」

ジョン「はぁっ…はぁっ…ぼ…僕も…」

(どろっ)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:50:00.76 ID:xpBi62pi0

ジョン「何か…ここ(意味深)が痛いんだ…」

サンディ「じゃ今度はあたしがやったげる」

ジョン「サ…サンディ!?」

(ちゅぶっじゅうっ)

ジョン「ううっ!サンディ、僕もう我慢できないよ…」

サンディ「…あたしも…どうするの…!?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:56:59.81 ID:xpBi62pi0

ジョン「君のここに僕のを…入れるんだ」

サンディ「そ…そんな…」

(ずぶっ!)

サンディ「い゛っ、痛あああい!!痛いってば!ジョンやめっ…」

ジョン「うん、とっても痛い!!こすれると血にじんでるし…(泣)」

サンディ「だったらすぐやめてよぅ…(泣)」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:05:52.89 ID:xpBi62pi0

(その頃、学校で待ってたラッシーは遠乗りにやってきたプリシラに捕まっていた…)

プリシラ「ラッシー!どうしたのこんな所で?今日はあなただけ?ジョンは?」

ラッシー「く~ん」

プリシラ「ふーん、今一匹(ひとり)なの…女王様は」

(スッ)

プリシラ「ね、ラッシーこれ!ハチミツを混ぜたバターなのよ」

(ドキドキ)



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:13:28.54 ID:xpBi62pi0

(ペロペロペロペロ)

サンディ「あっあっあん…」

ジョン「ごめんよサンディ、血は全部舐めといてあげる」

(ぢゅぶっぢゅくっ)

サンディ「ん゛んんっ!ジョン、あたしも…」

(ズッ)

サンディ「あっ!」

ジョン「痛い?」

サンディ「うん…少し…でも大丈夫…」

(ニチュッチュブッ)

サンディ「!!」

(ビクン!)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:25:52.44 ID:xpBi62pi0

ジョン「濡れて指が入れ易しくなったぞ…ようし…」

(プチュッチュブッニチュッ)

サンディ「あ、あっあうっ!」

(ズニュッ)

サンディ「ひうっ!」

ジョン「どう?サンディ」

サンディ「あっあん…き…気持ちいいっ!」

(ヌブッヌチュッ)

サンディ「ああっ!あんっ!」


(一方、ラッシーとプリシラは…)

(ピチャピチャ)

プリシラ「あっあっあ…あんっ…そ…そう巧いわラッシー」

(ピチャピチャピチャ)

プリシラ「あっあんっ!す…すごい…こんなの初めてよ!んっ…」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:38:53.22 ID:xpBi62pi0

ジョン「そのままゆっくり腰を下ろして…」

(ヌンッ)

サンディ「ひあっ!!」


プリシラ「あはっ…舌…が…なかに入れたバターを…」

(ピチャピチャピチャピチャ)

プリシラ「あ!ああっ…」


(ずりゅっずりゅっ)

サンディ「あっあっ!」

(ずちゅっずちゅっ)

サンディ「あっ!気持ちいいっ!あっあっ…」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:47:20.24 ID:xpBi62pi0

(どくんっ!)

サンディ「ああっ!!」


(ぢゅっ)

プリシラ「あはああああ~っ!!」


ジョン「はぁ…はぁ…」

サンディ「最後の気持ちよかった…」


ジョン(最後の時、頭の中が真っ白になって…胸のつかえがとれたみたいだった
母さんのあの姿はもう目の前をちらつかなくなっていた)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:53:21.00 ID:xpBi62pi0

ラッシー「はぁはぁ」

プリシラ「ヨークシャーのお屋敷にもラッシーほど素晴らしい犬はいなかったわ、じゃあね」


ジョン「置いてけ放りは僕が悪かったけどさ、何でも拾い食いしちゃうのはまずいよラッシー…
でもこれってまさか…」

(べた~)

ラッシー「くぅ~ん…」


前編 お わ り



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:03:29.32 ID:xpBi62pi0

迷犬ラッシー 後編・「神様ありがとう!僕に恋人をくれて」


サンディ「ジョンったらどこいっちゃったのかしら?」

(木の枝に帽子がひっかかっている)

サンディ「プリシラの帽子… ?」


プリシラ「んむっ」

(ぢゅぷっぢゅぷっぐぷっ)

ジョン「あっ!」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:11:36.48 ID:xpBi62pi0

ジョン「プリシラ…やめようよ…」

(シュッシュッ)

プリシラ「あらどうして?…でも、ジョンのここ(意味深)はそんなつもりないみたいだけど?」

(くりっ)

ジョン「うわぁっ!?」

(びゅるっびゅるっ)

プリシラ「ねえジョン、サンディはこんなことしてくれないの?」

ジョン「してくれって言ったらぶたれちゃった…」

プリシラ「まあ」

(ぬぎぬぎ…)

プリシラ「さあ…わたしはぶったりしないわよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:15:48.55 ID:xpBi62pi0

プリシラ「最後までやらせてあげる…」

ジョン「あ…」

プリシラ「ふぅん」

ジョン「ん…く」


サンディ「…」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:24:50.01 ID:xpBi62pi0

(こほ…ん)

プリシラ「よかった?ジョン…」

ジョン「…」

(シオシオ…)

プリシラ「それじゃまたね」

(パタン)

プリシラ「ジョンって可愛い♪…でもちょっと薄味かな?…なんて」

サンディ「プリシラ!」

プリシラ「サンディ…」

サンディ「あなた恥ずかしいと思わないの?ふしだらよ!こんな所で…
ジョンだって本当はあんなこと望んでないんじゃないかしら?」

プリシラ「…」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:35:31.87 ID:xpBi62pi0

プリシラ「ふう…ん…サンディもジョンとしたいんでしょ?」

サンディ「!」

(かああああ~っ ←顔が真っ赤になる音)

サンディ「なんてこと…あ、あたし…」

プリシラ「わたしたち覗いてて…感じた?」

サンディ「プリシラなにを?」

(ずちゅっ)

サンディ「きゃっ」

プリシラ「ここ、こんなにしちゃって…」

サンディ「ちょ…やめて」

プリシラ「こんなことして欲しいんでしょ?ジョンに…」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:44:46.43 ID:xpBi62pi0

(ちゅぷっ)

サンディ「あっ…あはっ…ひあ…」

プリシラ「こんなに感じるなんて…いつもは自分で慰めてるのかしら」

サンディ「そんな、あたし…してない」

プリシラ「そうかしら?…でも」

(ぢゅっ)

プリシラ「ここ、わたしの指2本くらいかんたんに…」

(ぐちゅっ)

プリシラ「のみこんじゃうみたいよ!」

サンディ「ひっ…!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:58:26.17 ID:xpBi62pi0

プリシラ「ま…あ」

(しゃああああ)

サンディ「やだぁ…見ないでえっ!」

プリシラ「恥ずかしくなんてないわ。ちゃんとイッたの、初めてだったんでしょ?」

(クイッ)

プリシラ「ね…こんな気持ちいいこと、わたしにも…ね」

サンディ「…」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:04:49.68 ID:xpBi62pi0

プリシラ「そうサンディ、上手いわよ…」

サンディ(プリシラのここ…真っ赤になってる)

(ぢゅるっちゅくっちゅぷっ)

プリシラ「あ…そこっいいっ…!サンディもっと…奥の方も!」

(トロ…)

サンディ(ジョンのが残ってる…)

(ズキンッ)

プリシラ「…」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:10:05.79 ID:xpBi62pi0

プリシラ「ふう…っ」

サンディ「はぁ…はぁ…」

プリシラ「サンディ、もう…やめようか?」

サンディ「お願い…」

プリシラ「なに?」

サンディ「お願いもっと!我慢…できないのっ!」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:14:49.65 ID:xpBi62pi0

サンディ「あはっ…いっ!」

(ずりゅっぢゅくっちゅっ)

サンディ「ひあ…やあぁ!」

プリシラ「いいみたいね…サンディ。それじゃ…」

(ペロ…)

プリシラ「こっちの方はどうかしら?」

(きゅむっ)

サンディ「ひっ!?ふああっ!!」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:27:16.74 ID:xpBi62pi0

プリシラ「まあ…サンディったらお尻の方が感じるのね」

(ズッヌリュッグチュッ)

サンディ「ひあっ!あっ!」

(トロ…)

プリシラ(ほんとにすごい…)


プリシラ「…」

サンディ「ひっく…えぐっ」

プリシラ「可愛いわ、サンディ」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:33:21.53 ID:xpBi62pi0

~ 次の日 ~

サンディ(ジョンいるかな…?)

ラッシー「?」


ラッシー「わんっ!」

サンディ「きゃ~っ!」

(ガシャーン!ドシャ!ガシャン!ドテッ)


ジョン「わっ!?」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:35:47.93 ID:xpBi62pi0

ジョン「サンディ!どうしたんだい?」

サンディ「いたた…」

(ガランゴロン)

サンディ「えへへ…」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:40:38.36 ID:xpBi62pi0

ジョン「…」

サンディ「…」

ジョン「ごめん!サンディ」

サンディ「…なんのことよ?」

ジョン「あんな…サンディ嫌がってたのに…」

サンディ「…すっごく嫌だった!」

ジョン「ごめん…もう二度と…」

サンディ「違うの!ジョンが嫌だったわけじゃないの…
あ、あたしジョンが思ってるよりずっと…いやらしい娘だから…」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:47:18.39 ID:xpBi62pi0

サンディ「あのときあたし…うれしかったんだけど、でも…もしかして
ジョンじゃなくてもこんなになっちゃうのかなって思ったら…
…けどわかったの…ジョンでなきゃ、ジョンでなきゃダメなの!」

ジョン「…サンディ、僕も…!」

サンディ「好きよジョン…」

(ちゅっ)



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:49:59.31 ID:xpBi62pi0

(ぬぎっ)

サンディ「?」

ジョン「?」

(もたもた)

サンディ「くすっ」

ジョン「…(汗)」

(ガバッ)

サンディ「ジョン…」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 00:01:32.59 ID:9Fk5P88m0

ラッシー「…」

プリシラ「ふーん…あなたのご主人様、うまくいったみたいね」

ラッシー「きゅううん…」

プリシラ「あら、あなたもしかして嫉妬してるの?」

ラッシー「わうん?」

プリシラ「身体は大きくても女の子なのね。ふふっ、そうね。!」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 00:06:20.70 ID:9Fk5P88m0

プリシラ「いいわラッシー、わたしが慰めてあげる!」

(ぱこぱこ)

ラッシー「わうんわうん!」

プリシラ(こういうお相手も意外ともえるわね…!)

ラッシー「わう~ん…(汗)」


(Happy End♪)

後編 お わ り


世界迷作劇場 迷犬ラッシー

お し ま い


元スレ
SS速報VIP:世界迷作劇場 迷犬ラッシー