SS速報VIP:ラケル博士「オンッナッノコハ コイッノキカイ……」(ゴッドイーター2)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431187472/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:04:42.66 ID:2+qdr/eL0



……
-ラケル博士の研究室


ラケル「ケーイーサーンハ……」

コンコン

『博士ーいますかー?』

ラケル「!」

ラケル「ん、んんっ……」


ラケル「……はい。どなたですか……?」

ナナ『あ、ラケル博士ー?』

ラケル「ナナですか……」

ガチャッ

ナナ「開いたっえと、失礼しまーす」

ラケル「……なにかありましたか?」

ナナ「あ、いやー特になにっていうんじゃないんですけど……」

ラケル「ふふ……とりあえず、立ち話もなんでしょう。こっちへいらっしゃい……?」

ナナ「あ、はーい」

ポスッ

ラケル「お茶を出しましょうか……」

ナナ「いいですよそんな! 長居しませんから!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431187472




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:05:52.37 ID:2+qdr/eL0


ラケル「そうですか……。……それで、どうしたんですか? 何か身体に異常でも? この間のメディカルチェックでは問題は見られませんでしたが……生れながら体内に偏食因子を持つあなたは」

ナナ「ああっええと! そーいうのじゃなくってー」

ラケル「? ……では」

ナナ「はい! これ!」

ラケル「これは……」


ナナ「おでんパン!!」

ラケル「……」

ナナ「です!」

ラケル「……これを、…………私に?」

ナナ「はい! そうです!!」

ラケル「……ふふ、ありがとう、ナナ。けれど」

ナナ「ラケル博士、最近ずっと忙しそうだったでしょ?」

ラケル「……そうですね。神機兵の件も煮詰まってきましたし」

ナナ「だから、研究とかに没頭しすぎて、あんまり食事を摂れてないんじゃないかと思って……」

ラケル「確かに……栄養の摂取を疎かにしてしまうことはあります……」

ナナ「でしょ!? ラケル博士、ただでさえ栄養足りてなさそうなんだもん!」ボイン

ラケル「……」ペターン





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:06:40.73 ID:2+qdr/eL0


ナナ「肌が白くてキレイなのは憧れるけど、細すぎだよー。私達のメディカルチェックもいいけど、ちゃんと自分の身体も大事にして下さいね?」

ラケル「ふふ……心配してくれていたのですね……」

ナナ「いやーそんなー当然ですよーこれぐらいーえへへ」

ラケル「では、この……おでんパン? は、いただいておいて、後ほど」

ナナ「あー! そう言ってると、また食べるの忘れちゃいますよ?」

ラケル「それは……」

ナナ「じー……」ジー

ラケル「……」

ナナ「……」ジー





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:07:18.03 ID:2+qdr/eL0




ラケル「ぁむっ」パクッ

ナナ「おおっ!」

ラケル「……」モグモグ

ナナ「どうですか!?」

ラケル「……」ゴクン

ラケル「これは……」


ラケル「意外とおいしいですね」

ナナ「あー! 今、意外とって言ったぁー!」

ラケル「ふふっ……」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:08:12.63 ID:2+qdr/eL0


ナナ「ねーラケル博士、おでんパンはね、ナナのお母さん直伝なんだ」

ラケル「ナナのお母様……ナナを一人守っていたゴッドイーター……とても強い方だったのでしょうね」

ナナ「うん! その上、優しくて、かっこよくって……」

ラケル「……」

ナナ「大好きだったんだ。お母さんのこと……」

ラケル「……」

ナナ「……でも、ラケル博士のことも…………」



ナナ「本当の、お母さんみたいに思ってるよ!」

ラケル「……!」

ナナ「え、えへへ……なんか、恥ずかしいや」

ラケル「……ありがとう。本当に」

ナナ「ほんとは……最近、博士……元気ないように見えたから、だから、改めて気持ちを伝えて、おでんパン食べてもらおう……って」

ラケル「ナナ……」

ナナ「……泣かない、怒らない、おでんパン食べる!」

ナナ「お母さんとの約束。寂しくなったら、おでんパン食べて、元気になるの。だから博士も……」

ラケル「わかりました……おでんパン食べて、元気になります」

ナナ「! えへへっ……そ、それだけ! じゃ、じゃあっ失礼しましたーっ!」

ガチャッ バタン

ダダダダダダ……





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:08:49.96 ID:2+qdr/eL0



ラケル「…………」

ラケル「……寂しくなったら、おでんパン」



ラケル「空腹でもないときに暴食していたから、きっとあんなふうに……」

ラケル「……」ペターン


ラケル「……今度の衣装は少し露出を増やして、胸を10%……いえ、20%ぐらい増」ピッ……ピッ……

ガチャッ

ラケル「!?」ガバァッ!

ロミオ「ラケル博士ー! ……あれ? なんでモニターに覆いかぶさって……」

ラケル「…………ロミオ? 他人の部屋に入るときには、まずノックをなさい……?」

ロミオ「あっ、す、すみませんっ」

ラケル「いえ……鍵をかけ忘れていた私も悪いのですから……」ピッ……





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:09:40.28 ID:2+qdr/eL0


ラケル「……それで、何の用ですか?」

ロミオ「へへっ実はさー……じゃーん!!」

ラケル「これは……」

ロミオ「葦原ユノのサイン! もらっちゃったんだー!」

ラケル「まぁ……それは、よかったですね」

ロミオ「けど、ただ自慢しに来たってわけじゃないんだ」

ラケル「……?」

ロミオ「これは、博士にあげようと思って」

ラケル「私に……? いいのですか? あなたの宝物では……」

ロミオ「もちろん自分用にも、もらってます!」

ラケル「……」

ロミオ「これは、博士にあげようと思ってサインしてもらったんだ。だから……はい!」

ラケル「……ユノの、CD」

ロミオ「ユノさんの歌声ってさー澄み渡ってて、心の奥まで溶かしてくれるっていうか」

ラケル「……」

ロミオ「そんじょそこらの歌手やアイドルとは違うっていうか、誰にも真似できない、すごい……癒しの力! みたいなのがあると思うんですよ!」

ラケル「……確かに、彼女の歌声は、フェンリル内外で高く評価されていますね」

ロミオ「そう! だからさ……ラケル博士にも、これで癒されて欲しいって思ったんだ」

ラケル「ロミオ……」

ロミオ「ユノさんの綺麗な歌声なら、きっと研究の邪魔にもならないって思うし、むしろすっきりして頭も回るっていうか……あっ! お、オレが一番邪魔してますよね! すみませんっ」

ラケル「そんなことは……ふふ、ありがとう、ロミオ」

ロミオ「はいっ、それじゃオレ、これで!」

ガチャッ バタン





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:10:29.06 ID:2+qdr/eL0



ラケル「澄み渡る歌声……」


ラケル「オンッナッノコハ……」

ラケル「んんっ……あーあー……」



ラケル「おんっなっのこは☆こいっのきかい♪」

ラケル「けーいーさー」



ロミオ「あとさー博士」ガチャッ

ラケル「ノックゥゥ!!!」

ロミオ「へっ!? あぁっすみません!!」

ラケル「……こほん。それで、」

ロミオ「一つ言い忘れててさ……。博士、いつもオレ達のこと、裏から支えてくれて……ありがとうございます! それだけでっす! 今度こそほんとに、失礼しましたぁ!」

ガチャッ バタン

タッタッタッタッ……





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:11:34.43 ID:2+qdr/eL0



ラケル「……ふぅ」

カチャン

ラケル「さて……」

ピッ……カチカチ

ラケル「心に響く歌……もっとしめやかな方が……? それとも……」ピッ……


コンコン

ラケル「……はい」

ギル『ブラッド隊所属、ギルバート・マクレインです。入室許可を頂けますか』

ラケル「もちろん……構いませんよ」

ガチャッ

ギル「失礼します。……博士、その」

ラケル「あなたがここに来るのは、珍しいですね……。なにか?」

ギル「……上官殺しのギル。そんな風に呼ばれて、厄介者扱いだった俺を拾って下さって……そして、ブラッドの仲間達に会わせてくれて、本当に感謝してます……」

ラケル「……」

ギル「ここは……ブラッドは俺に、なくしてた……なくしたと思っていた、家族を……取り戻させてくれた。だから、」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:12:11.57 ID:2+qdr/eL0


ギル「……これを、博士に」

ラケル「これは……髪飾り、ですか?」

ギル「いつもその格好だし、そういうの、あまりつけないかとも思ったんだが……他に思いつかなかった。その……女性へのプレゼントなら、装飾品が一番だと聞いて」

ラケル「ふふ……うれしいですよ、ギル」

ギル「……そう、ですか。そりゃよかった」

ラケル「これは、アラガミ素材から作ったものでしょう?」

ギル「! ……バレたか。いや、そりゃそうか」

ラケル「綺麗ですね……あなたがこれを?」

ギル「はい。他に、作れるものもなくて」

ラケル「とても器用なのですね……気に入りました。大事に使わせてもらいます」

ギル「……どうも。俺はこれで」

ラケル「ふふっ……あなたなら、神機の整備……いいえ、その製作や改造も、向いているかもしれません」

ギル「俺が……?」

ラケル「そうなったら、神機兵の技術スタッフに招き入れたい……これはそのぐらい、完成度の高いものです」

ギル「ただの髪飾りですよ」

ラケル「けれど、素材はアラガミのもの。……それをこうまで上手く加工するのは、才能なしにはできません」

ギル「……考えておきます。それじゃ……」

ガチャ……バタン





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:12:53.01 ID:2+qdr/eL0



ラケル「……」

カポッ……スッ

ラケル「…………私には、やはり似合わない」

ラケル「……次の衣装では、髪型にも、もっと工夫をしてみようかしら……?」


コンコン

ジュリ『フェンリル極致化技術開発局ブラッド隊隊長、ジュリウス・ヴィスコンティです』

シエル『同じくブラッド隊、シエル・アランソン』

ラケル「……入りなさい」

ガチャッ

ジュリ「失礼致します」

シエル「失礼します」

ラケル「……どうしたのですか? 作戦に、何か問題でも?」

ジュリ「いえ、今日は、私用で立ち入らせて頂きました」

ラケル「私用……?」

シエル「あの……ラケル博士。これを」

ラケル「これは…………ケーキ?」

シエル「はい。チョコレートケーキ……中でも、ザッハトルテと言うものだそうです。材料のカカオや杏を手に入れるのに苦労しましたが……」

ジュリ「シエル! 余計なことは言うな」

シエル「! す、すみません隊長」

ラケル「まぁ……二人がこれを?」

ジュリ「はい」

ラケル「……料理など、できたのですね」

シエル「いえ、ムツミさんに手伝ってもらったので」

ジュリ「シエル!」

シエル「す、すみません!」

ラケル「……ふふ、いいのよジュリウス。二人共、頑張ってくれたのね」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:13:50.27 ID:2+qdr/eL0


ジュリ「……たいした苦労では」

ラケル「けれど……どうして急に改まって……」

ジュリ「それは、これまで育てて頂いた恩義、そして今のブラッド隊での日頃の感謝を」

ラケル「……?」

シエル「隊長、ここは素直に話した方がよろしいのでは?」

ジュリ「しかし……」

ラケル「あらあら、私に隠し事……?」

ジュリ「……実は」

シエル「母の日、です」

ラケル「母の……日?」

シエル「はい。本当は、誕生日にお祝いをと思ったのですが、博士の生年月日はフェンリルのデータベースに記載されておらず、また、ご本人から聞いたこともなかったので……」

ラケル「……そうでしたか。しかし、母の日とは」

シエル「知らないのですか……?」

ジュリ「こらシエル!」

ラケル「いいのよジュリウス」

シエル「母の日とは、子供が母親に、普段なかなか伝えられない感謝を伝える日です。過去、世界各地にあった風習で、極東では今でも残っている文化であり」

ジュリ「んん! ごほん!」

シエル「はっ……! ……と、とにかく、今日は、母の日というもので、私達も、ブラッド隊、そしてマグノリア・コンパスの母親であるラケル博士に……みんなで感謝を伝えようと……」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:15:11.06 ID:2+qdr/eL0


ラケル「そうだったのですね……それで……」

ジュリ「本当は、博士を庭園か極東のラウンジにでも呼んで、パーティーでも開こうかという話もあったのだが……」

シエル「そう頻繁に物資を消耗できないということと、お忙しそうなので、わざわざご足労頂いて、長時間とどまらせるのは不可能だろう、と」

ジュリ「そこで、各個で贈物を用意。それを順次すみやかに渡し、感謝の意を伝える。という作戦をとったのです」

ラケル「ふふ……うふふふ」

シエル「……?」

ジュリ「博士?」

ラケル「いえ、ごめんなさい……あなたたちが、あんまり可愛らしいものだから」

シエル「なっなにか、おかしかったでしょうか?」

ラケル「おかしいなんてことはないわ……シエル。私はあなたやジュリウス……みんなの気持ちがとっても嬉しい……こんないい子達に、……本当の、母のように慕われるなんて…………」

ジュリ(……? 気のせいか? レースごし、なにか……雫が)





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:15:46.46 ID:2+qdr/eL0


ラケル「でも…………まだ一人、ブラッド隊の中で……顔を見ていない子がいるのだけれど……」

ジュリ「副隊長は、何やらよく分からないことを言って、夜に赴くと。確か……母として慕っているだけでないので、我慢できない、奇襲をかけるなどと」

シエル「隊長!!」

ジュリ「な、なんだシエル」

シエル「言ってしまっては奇襲になりません!」

ジュリ「む……そうだな。しかし、もし妙なことを考えているのならば、事前に知らせておいたほうが……」

シエル「副隊長が博士に危害を加えるなんてこと、ありえません」

ジュリ「……そう、だな。すまないシエル。私のミスだった」

ラケル「……」

ジュリ「……お邪魔をしてしまったようで、すみません。では、我々はこれで」

シエル「失礼しました」

ラケル「えぇ……二人共、ありがとう。みんなにも、そう伝えておいて?」

ジュリ「はい。では」

ガチャッ……バタン





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:17:08.83 ID:2+qdr/eL0



ラケル「奇襲……?」

ラケル「あの子が…………私を?」



ラケル「今日は、より丹念に体を洗っていただくよう、お姉さまにお願いしておこうかしら……」


ラケル「あとは……勝負、下着? ……パジャマはどうすれば。いつものアバドン柄のものでは子供っぽいかしら」

ラケル「っ……それ以前に、部屋の、片付け……」

ラケル「自室はほとんど寝に帰るだけだから、本や実験道具をテキトウに放り込んだままだわ……」





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:17:53.01 ID:2+qdr/eL0


??「なにをそんなに、そわそわしてるの?」

ラケル「……落ち着かなくもなるわ。こんなこと……初めてですもの」

??「初めて?」

ラケル「……他人から……好意を、…………異性としての好意を寄せられること」

??「ふぅん? クジョーは?」

ラケル「あれは違います。あれは……自分より哀れなものを見て、自分を慰めているだけ……私を自分より弱いと思って、内心では見下している」

ラケル「……女だから、ハンデを負っているからと……情けをかけるのが、哀れむのが好きなのです。そんな自分より弱いものを……慰み物にしようというのです」

??「そうかな? むしろ、支配されたがっているようにも見えるけど」

ラケル「……とにかく、私はあの人が嫌いです」

??「うわ、本音出たよ」

ラケル「……けど、あの子なら」

??「ほんとにそうかな? あの子だって、本当の私を見てくれてはいないよ」

ラケル「それは……」

??「それに、そんなこと必要ないんだよ。私には。つがいを得なくたって……私は、新たなる世界……その全ての母になるんだから」

ラケル「……」

??「今の世界で、こんな私を、本当の私を知って、愛してくれる人なんていないよ」

??「陰湿で、異質で、姉にも嫌われ、結果ハンデまで負って」

??「こんな体にした、姉を、父を憎んで、利用して、殺して」

??「こんな気味の悪い私を、好きになる人なんて、こんな気持ち悪い……人間でもアラガミでもない存在を受け入れてくれる人なんて、」

「「いるわけがない」」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:18:25.21 ID:2+qdr/eL0


ラケル「……分かっています。わかって……」

ピッ……ピッ、カチカチ

ラケル「こんな虚像に踊らせ、歌わせ……愛された虚像を見て、満たされたふりをしても」

ラケル「偽物の家族に、偽物の愛情を注いでも……」

ラケル「なにも…………」


「だから……私が愛を得るには……」

「世界を憎む私が、本物の愛情を知るには……」


「世界を壊して」

「喰らい尽して」


「新しい世界を産む他ない」



さぁ…………始めましょう……?

世界の終末と……

再生を…………






END






18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:20:13.66 ID:2+qdr/eL0


ここまで読んで下さった方は、本当に有難うございます。

では。





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 01:23:26.82 ID:2+qdr/eL0


次回予告(嘘)


「? ……プロデュースしたい……? ふふ、不思議な口説き文句ですね」

「え……? 本気で?」

「…………どうしてそれを、あなたが……知って」


「………………シプレではなく……? 私自身、を……?」



「私が、アイドル……!?」




ラケル「次回、THE IDOL E@TER。新アイドル、ラケル・クラウディウスの荒ぶる神がごとき活躍を……どうぞみなさま…………」



ラケル「しるぶぷれ♪」





元スレ
SS速報VIP:ラケル博士「オンッナッノコハ コイッノキカイ……」(ゴッドイーター2)