SS速報VIP:【シャニマス】三峰「おっぱい触りたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1649787173/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:12:54.03 ID:oenMcZZX0

※キャラ崩壊

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1649787173




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:16:32.04 ID:oenMcZZX0


数日前

レッスン後のシャワー室

霧子『わぁ…恋鐘ちゃんの胸、おっきい…』

恋鐘『ふぇ!?なっ…なんね!?』

霧子『ふふっ…♪』

恋鐘『も、もう!/// 変な霧子やね!こんなことする霧子にはこうばい!』

霧子『わわっ…!恋鐘ちゃん…///』

恋鐘『それそれ~!』

霧子『こ、恋鐘ちゃん…だめっ…///』

キャッキャ

三峰「…」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:18:00.47 ID:oenMcZZX0


事務所リビング

三峰「ずるい!!!!」バン!!!

摩美々「!?」ビクッ

摩美々「ちょっとー…急になにー?」

三峰「三峰だってアイドルとおっぱい触り合いっこしたいんですけど~!!!」

摩美々「えぇ…」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:19:19.52 ID:oenMcZZX0


摩美々「ていうか三峰ってそっちの気あるよねー」

三峰「分かってないなぁまみみんは」

三峰「女の子が好きとかそういうのじゃないの!かわいいアイドルのおっぱいをもみもみしたいだけなの!!」

摩美々「うわぁ…」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:20:32.95 ID:oenMcZZX0


三峰「まみみんだって、どうせ裏ではさくやんとあんなことやこんなことしてるんでしょ!?」

摩美々「するわけないでしょー…」

三峰「あああああいいですよ!!!!どうせ三峰は5人ユニットで1人余って誰のおっぱいも揉めずに寂しくアイドル人生終わるんです!!!!そういう運命なんです!!!!錆びついた運命の鍵は回らないんですぅううう!!!!!」ジタバタ

摩美々「…」(ドン引き)

三峰「もうまみみんでいいや!!おっぱい触り合いっこしよう!!!」

摩美々「頭大丈夫ー…?」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:21:35.52 ID:oenMcZZX0


摩美々「それに『まみみんでいいや』って何ー?」

三峰「ごめん…」

摩美々「…」

摩美々「別にいいケド…」ヌギヌギ

三峰「えっ!?!?」

摩美々「…」ヌギヌギ

三峰「ちょ…ちょっとまみみん!!///」

摩美々「はい」

三峰「ええええ!?!?///」

摩美々「直接はなんか嫌だからぁ、上から触ってー」

三峰「そ、そんな…急に言われても…///」

摩美々「ふーん…じゃあ服着るねー」

三峰「待って!!」

摩美々「…」

三峰「…触らせて…いただきます…///」

摩美々「ん」

三峰「…///」ドキドキ

フニ

摩美々「…」

三峰「…」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:22:24.01 ID:oenMcZZX0


摩美々「どうだったぁ?」

三峰「う、うん…」

摩美々「じゃあ今度は私が触ってあげるー」

サワサワ

三峰「…」

摩美々「…」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:23:11.45 ID:oenMcZZX0


摩美々「何その不満そうな顔ー」

三峰「…足りない」

摩美々「え?」

三峰「恥じらいが足りない!!!!」バン!!!

摩美々「今日の三峰キモすぎじゃない?」

三峰「恥ずかしがりながらおっぱい触り合いっこしたい!!!」

摩美々「きもー…」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:24:13.98 ID:oenMcZZX0


三峰「まみみんとは気の知れた仲だからなぁ…なんか燃えなかったよ」

摩美々「人に変なこと頼んどいて何その態度ー…」

ガチャ

咲耶「やあ、ぼくサクえもん」

摩美々「!?」

三峰「サクえもん!!」

咲耶「どうしたんだい?のび華くん」ムシャムシャ

三峰「聞いてよサクえもん!!三峰とまみみんでおっぱい触り合いっこしたのに全然盛り上がらなかったの!何かいい道具出してよ~!」

咲耶「うーむ…なるほど」ムシャムシャ

摩美々「そのどら焼き食べる雑なキャラ付けいるー?」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:25:27.88 ID:oenMcZZX0


咲耶「私が霧子におっぱい揉まれたときはかなり盛り上がったのだけれどね」

三峰「えっ!?きりりんってば、こがたんだけじゃなくてさくやんのおっぱいももみもみしたの!?」

摩美々「霧子も大概だよねー」

咲耶「あの時はこんな感じだったかな」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:26:14.68 ID:oenMcZZX0


シャワー室

霧子『わぁ…咲耶さんの胸、とってもきれい…♪』

咲耶『えっ…あ、あぁ…ありがとう///』

霧子『ふふっ…♪』

咲耶(なんだか…霧子に見られていると思うと…変な気分だな…///)

霧子『…』ジ-

咲耶『そ、その…』

霧子『…?』

咲耶『…霧子さえよければ…さっ…触っても…///』

霧子『えっ…いいの…?』

咲耶『ああ…///』ドキドキ

霧子『じゃあ…咲耶さんのおっぱいさん…失礼します…♪』

咲耶『…///』ドキドキ

サワサワ フニフニ モミモミ

霧子『わぁ…♪ ふふっ…♪』

咲耶『んっ…///』ピクッ

霧子『あっ…ごめんなさい…大丈夫…?』

咲耶『…あぁ…なんでもない…///』

霧子『…? 咲耶さんかわいい…♪』

咲耶『…///』




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:27:07.14 ID:oenMcZZX0


三峰「素晴らしい!!!!!」バン!!!!!

咲耶「私はタチだと思われがちだが、実はMなんだ」ドヤ

摩美々「…」(ドン引き)

咲耶「どうしたんだい摩美々?もしかして霧子に私をNTRれて興奮してしまったかい?」

摩美々「いや…ただただ引いてるだけー…あとNTRとか言わないでもらえるー?」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:27:58.99 ID:oenMcZZX0


咲耶「とにかく霧子はおっぱいが大好きなんだ」

三峰「よし、きりりんに揉んでもらおう」

咲耶「しかし、霧子に攻めてもらうには相応の準備が必要だ」

三峰「大丈夫!三峰のこの美乳できりりんのハートを鷲掴みに…」

咲耶「美乳の摩美々、霧子に胸を見られたり揉まれたりしたことはあるかい?」

摩美々「そういえば一度もないかもー…そこまで大きくないからかなぁ」

三峰「…」

三峰「サクえも~ん!!!」

咲耶「テッテレ~!『パッド』~!!」

三峰「すごい!!!」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:28:54.22 ID:oenMcZZX0


咲耶「結華の胸は~?」

咲耶「小さすぎて揉まれない!!!」

三峰「でもパッドをつけると~?」

三峰「世界は変わるぅ~」

摩美々「…」

咲耶「…」

三峰「…」

咲耶「結華の胸は~?」

咲耶「小さすぎて揉まれない!!!」

三峰「でもパッドをつけると~?」

三峰「世界は変わるぅ~」

摩美々「…」

摩美々「ふっ…」ピクッ

三峰「デデーン!!田中、タイキック~!!」

摩美々「えっ…」

長崎県ムエバイ選手登場

恋鐘「…」ズンズン

摩美々「聞いてないんですケド…」

恋鐘「ばいっ!!」ゲシッ

摩美々「痛っ!?」

三峰「じゃあ行ってくるねサクえもん!」

咲耶「いってらっしゃいのび華くんふふふふ」

摩美々「もー…なんなのー…」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:29:50.42 ID:oenMcZZX0


レッスン終了後

三峰「き~りりん!一緒にシャワー浴びない?」

霧子「結華ちゃん…!うん…いいよ…♪」


更衣室

三峰「っしょっと…」プルン

霧子「あ…」

三峰「ん?」

霧子「ううん…結華ちゃん、胸大きくなったかな…って…」

三峰「気づいちゃった?きりりん!そう、三峰は育乳に成功したのだ~!」

霧子「すごい…!」

三峰(ちょっと待って…)

三峰(全部脱ぐんだからパッド意味なくない…?)




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/04/13(水) 03:30:55.44 ID:oenMcZZX0


シャワー室

三峰「…」チマ-ン

霧子「…」

霧子「…結華ちゃん…何か悩み事があるの…?」

三峰「…」

霧子「わたしで力になれることがあれば…いつでも言ってね…」


こうして三峰の『きりりんとおっぱい触り合いっこ大作戦』は変に気を遣われただけで終わったのだった。次はこがたん狙ってみるかな…




元スレ
SS速報VIP:【シャニマス】三峰「おっぱい触りたい」