SS速報VIP:チノ「・・・サプライズで仲直りを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436797495/



1: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/13(月) 23:25:05.30 ID:/EKdADPX0

another-012513-001


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436797495




2: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/13(月) 23:26:44.34 ID:/EKdADPX0

ココア「うわーん!チノちゃんが口きいてくれないよー!」えぐえぐっ





リゼ「またか」

シャロ「今度はなにをしたのよ?」

千夜「早く謝った方がいいと思うけど」





ココア「なんでわたしが悪い前提になってるの!?」



3: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/13(月) 23:33:05.21 ID:/EKdADPX0

リゼ「そりゃあ、なんとなく・・・なぁ?」

シャロ「なぁって言われましても・・・」

千夜「ごめんね、ココアちゃん それで、なにがあったの?」





ココア「ベビーカステラ焼いてたら、チノちゃんのおでこに落ちた」





リゼ「やっぱりココアのせいだろ!」

シャロ(・・・その前に、どうやったらベビーカステラがおでこに落ちるんだろ)



4: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/13(月) 23:42:26.30 ID:/EKdADPX0

チノ(・・・うぅ、熱かった)





ココア(チノちゃん、今度こそ怒ってるよ)

ココア(ここはケチャップでダイイングメッセージ・・・は前にやっちゃったし)

ココア(マヨネーズ・・・は意味わかんないし)





          ビネガー?          お塩?

                    おしょうゆ?          ブラックペッパー?

          イースト菌?          オリーブオイル?





ココア「・・・うぅぅぅ」

ココア「もう、わけわかんないよーーーーー!!!」

ガチャッ バタン ダダダダダッ

チノ「ココアさんっ!?」



5: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/13(月) 23:55:29.71 ID:/EKdADPX0

~翌日~

千夜「ココアちゃん、いきなり飛び出していくんだもの びっくりしちゃった」

ココア「ごめんね、千夜ちゃん」

千夜「チノちゃんには許してもらえたの?」

ココア「・・・それが、まだなんとなく気まずくて」

千夜「早めに仲直りした方がいいと思うわよ?」

ココア「そうなんだけど、どうやって謝れば許してもらえるかわかんないんだよね」

千夜「そうだわ」

千夜「おわびに、一つだけなんでも言うこと聞くっていうのはどうかしら?」

ココア「そんなんで許してくれるかな?」

千夜「チノちゃんが本気でココアちゃんを嫌うはずないもの」

千夜「仲直りのきっかけさえあれば、元通りになるわよ きっと」

ココア「そっかぁ!ありがとう、千夜ちゃん!」



7: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/14(火) 00:07:51.98 ID:b+JjjZ1s0

マヤ「どしたー、チノ?元気ないぞー?」

メグ「具合でも悪いの?」

チノ「いえ・・・ですが、その」

マヤ「ん?」

チノ「実は、ある人と・・・ちょっと気まずくなっちゃいまして」

メグ「ケンカでもしたのかな?」

チノ「そういうわけじゃなくて・・・でも、話しかけづらいというか」

マヤ「つまり、話すきっかけが欲しいんだな?」

チノ「そう、そうです」

マヤ「そーゆー時はさー、サプライズだよ サプライズ!」

メグ「サプライズぅ?」

マヤ「サプライズでびっくりしてるうちに、どんどん話しかけちゃえばいいんだよ!」

メグ「なるほどぉ」

チノ「いいですね・・・そのアイデア、頂きます」



8: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/14(火) 00:15:05.52 ID:b+JjjZ1s0

リゼ「すまない、遅くなった」

ココア「リゼちゃん!」

リゼ「あれ?チノは?」

ココア「ちょっと寄るとこがあるって」

リゼ「そっか」

リゼ「それで、チノとは仲直り出来たのか?」

ココア「まだ、なんだけど 千夜ちゃんがなんでも言うこと聞くから許してっていうのはどうかって」

リゼ「なるほど」

ココア「もしリゼちゃんなら、どんな願いごと聞いて欲しい?」

リゼ「そうだな・・・わたしなら」





リゼ「ジャングルでサバイバル訓練に付き合わせるかな!」

ココア「それって、生きて帰れるんだよね!?」



9: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/14(火) 00:20:48.92 ID:b+JjjZ1s0

千夜「サプライズ?」

チノ「はい」

チノ「ある人にサプライズを仕掛けて、その隙に仲直りしたいと思ってるんです」

千夜(ココアちゃんのことねー)

千夜(ちゃんとココアちゃんと仲直りしたいって言えばいいのに 恥ずかしいのね)

チノ「それで、どんなサプライズをしたらいいか 相談に乗ってもらえないかと思いまして」

千夜「わかったわ!力になってくれそうな人を知ってるから!」

チノ「ありがとうございます、千夜さん!」



10: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/14(火) 00:30:56.25 ID:b+JjjZ1s0

シャロ「いきなり呼び出されたと思ったら、サプライズを考えろですって?」

千夜「シャロちゃん、今日はバイト休みって言ってたからー」

チノ「・・・すいません、シャロさん」

シャロ「い、いいの!全然大丈夫だから!」

シャロ「・・・今日は特売も少ないし・・・」ごにょ

チノ「え?」

シャロ「なんでもない!なんでもないから!」

千夜「それでね わたし達と同じ年の子が驚くサプライズって、どんなのだと思う?」

チノ「え?わたし、相手の年齢とか言いましたっけ?」

千夜「うふ、女のカンね♪」

チノ「すごい すごいです、千夜さん」

シャロ(どう考えてもココアのことなんだろうけど、わからないふりするのか)










シャロ(・・・すごく面倒くさい)



11: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/14(火) 00:53:04.60 ID:b+JjjZ1s0

シャロ「いきなり倒れてみるとか、どう?」

千夜「倒れる?」

シャロ「ほら、倒れれば相手もびっくりするだろうし」

シャロ「介抱で優しくしてもらえるだろうしで、一石二鳥じゃない?」

チノ「いきなり倒れるとか、驚かせ過ぎちゃいませんか?」

シャロ「そう?」

チノ「・・・というか、いきなり救急車とか呼ばれそうで怖いんですが」





千夜(どうしてかしら その光景が目に浮かぶようだわー)





チノ「それに」

シャロ「それに?」

チノ「仮病はよくないです」

シャロ(マジメかーーーーー!!!)



15: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/23(木) 23:15:17.45 ID:9k8ioJWc0

千夜(んー・・・ココアちゃんが驚きそうなこと、驚きそうなこと)





千夜「はっ!?」

チノ「なにか思いつきましたか?」

千夜「いきなり(ほっぺに)チュッてしちゃったらどうかしら?」

チノ「(くちびるに)チューですか!?」

シャロ「あんたねぇ、いきなり(ほっぺに)チュッだなんて」

チノ「ですよね!サプライズ過ぎますよね!」

シャロ「えっと・・・



16: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/23(木) 23:27:01.42 ID:9k8ioJWc0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

リゼ『シャロ、まつ毛にゴミついてるぞ?』

シャロ『え?やだ、ほんとですか?』

リゼ『ちょっと目を閉じてみ?』

シャロ『は、はいっ』





チュッ





シャロ『ひょえあっ!?』

リゼ『驚いたか?サプライズだよ、サプライズ!』

シャロ『・・・わたひ、もう一生ほっぺ洗いましぇん・・・』

リゼ『・・・いや、ちゃんと毎日洗おうな?』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*





シャロ「・・・そのサプライズ、いいわねぇ///」へにゃー

チノ「いいんですか!?」



17: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/23(木) 23:43:25.75 ID:9k8ioJWc0

青山「・・・いいと思いますよ」

シャロ「へ?」

チノ「青山さん、居らしてたんですね」

青山「ちょっとした驚きと、喜び」

青山「それは相手との仲を深める、なによりのカンフル剤なのではないでしょうかー」

チノ「カンフル剤ですか・・・」





チノ(千夜さん、シャロさんに続いて青山さんまで)

チノ(やはり高校生以上になると、この程度は当たり前なのでしょうか)

チノ(ということは、高校生のココアさんにサプライズをするのはこれくらいしないと!?)





青山「すみません、さしでがましいことをー」

チノ「いえ、これで決心がつきました」

千夜「チノちゃん、それじゃあ?」

チノ「はい、やります」





チノ「サプライズで仲直りしてみせます!」



18: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/24(金) 00:01:43.64 ID:B/bHELQ90

千夜「チノちゃん行っちゃったけど、大丈夫かしら?」

シャロ「大丈夫じゃない?」

シャロ「チノちゃんからそんなことされたら ココア、飛びあがって喜ぶでしょ」

青山「え?ココアさん?」

シャロ「はい、そうですけど」

青山「いやだわ、わたし ボーイフレンドさんでもいらっしゃるのかと思ってましたー」

千夜「いえ、間違いなくココアちゃんのことですよ?」

青山「でも、キスするって・・・」

シャロ「キキキ、キスって・・・たとえほっぺにでも、なんか恥ずゅかしぃ・・・///」

青山「そうでしたかー てっきり、くちびるへのキスかとー」

シャロ「まままま、まさかー!///」

青山「ですよねー わたしの思い過ごしでしたー」

シャロ「も、もー 青山さんったらー///」

千夜(うーん 言われてみれば勘違いしてる可能性は大いにあるけれどー)










千夜(それはそれで面白そうだから、黙っておこっと♪)



22: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/26(日) 15:51:10.54 ID:KoOAClQP0

チノ(とは言ったものの、いきなりチューってハードル高いです)

チノ(でも、高校生では当たり前なんですよね すごいです)

チノ(問題は、どう切り出すかなんですが・・・)





ココア(うぅ・・・全然きっかけが見付かんないよぅ)

ココア(いくらなんでも突然、何でもいうこと聞くよとか言ったらおかしいよね)

ココア(どしたら、そこまで話を持っていけるのっ!?)





ココア・チノ「・・・あの」

ココア・チノ「!!?」ビクーッ

チノ「コ、ココアさんからどうぞ」

ココア「いえいえ、チノちゃんから!」

チノ「そ、そうですか」

ココア「・・・・・・」コクコク

チノ「あのですね・・・その・・・お願いがあるんですけど」

ココア「なになにっ!?ちょうどチノちゃんの言うこと何でも聞こうと思ってたんだよ!」ぐいぐいっ

チノ「ココアさん、近い 近いです///」



23: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/26(日) 16:08:56.05 ID:KoOAClQP0

チノ(でも、これでやっと切り出せます このチャンスを逃すわけにはいきませんっ!)

チノ「お願いというのはですね」

ココア「うんうんっ」

チノ「ちょっと目を閉じてて欲しいんですけど」

ココア「へ?」





ココア(そっか・・・チノちゃん、わたしをひっぱたきたいんだね)

ココア(いいよ それくらいで許してくれるなら、わたし我慢するよ!)

ココア「・・・・・・」

ココア(でも心構え的に、どっちのほっぺ叩かれるか聞いちゃダメなのかな)





ココア「あ・・・あのね」

チノ「はい?」

ココア「出来れば・・・なんだけど どっちか聞いちゃってもいいかな?」

チノ「どっち?」



24: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/26(日) 16:21:43.14 ID:KoOAClQP0

チノ(どっち?)

チノ(どっちってなんだろう)





チノ「はっ!」

チノ(チューがくちびるとは限らないじゃないですか!)

チノ(ほっぺだって、もしかしたらおでこだってあり得ます!)

チノ(千夜さん達は、どっちの意味で言ったんでしょう)

チノ(電話して聞・・・けるわけないです、こんな状況で!)

チノ(どどどど、どうしよう)





ココア(あぅぅ・・・チノちゃん無言になっちゃった)

ココア(もしかして怒らせた!?)



25: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/26(日) 16:34:23.35 ID:KoOAClQP0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*

チノ『どっちか聞くなんて、ココアさんには謝る気がないんですね』

チノ『もう一生、口をききたくありませんっ!』

ココア『チノちゃん、待って!』





ココア『チノちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*





ココア(ダメー!そんなの絶対、ダメーーーーー!!!)

ココア(かくなるうえは・・・)



26: ◆1BrjSSUSHI 2015/07/26(日) 16:56:30.49 ID:KoOAClQP0

ココア「チノちゃん、ゴメン!」

チノ「え?」

ココア「チノちゃんの好きにしていいよ!わたし、覚悟は出来てるもん!」

チノ(覚悟は出来てる!?)ガーン

ココア「でも(女のコにぶたれるの)初めてだから、ちょっと優しくしてくれると嬉しいかな・・・なんて」

チノ(初めて!?優しくして!?)ガガーン

ココア「じゃ、じゃあ どうぞっ!」





チノ(ど、どうしよう ココアさんが目を閉じちゃいました!)

チノ(ここでほっぺにチューしても、サプライズになるんでしょうか)

チノ(いえ、ほっぺにチューでそこまで覚悟がいるとは思えません!)

チノ(ということは、くちびるがやっぱりサプライズ!?)



30: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:32:36.32 ID:fIDHxRXM0

チノ「い、いいですか・・・いきますよ」

ココア「ど、どんと来いだよ」

チノ「ほんとのほんとに、いきますからね?」

ココア「どうぞ!」

チノ「・・・・・・」

ココア「・・・・・・」

チノ(か、体が動きませんっ)

ココア(ま、まだかな・・・なんか間が空くと余計怖いよぅ)

チノ「・・・・・・」

ココア「・・・・・・」

チノ(というか、なんだか・・・)

ココア(息が苦しい!?)





チノ「ぶはーっ」

ココア「ぜぇぜぇ・・・思わず息・・・止めちゃってた」



31: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:33:31.18 ID:fIDHxRXM0

チノ「ダメです・・・やっぱり出来ません」

ココア「チノちゃん・・・」

チノ「うぅ・・・わたしにこの試練を乗り越える勇気があったらいいんですが」

ココア(これって試練なのっ!?)





ココア「はっ!」

ココア(そうだよ チノちゃん、ほんとは叩きたくなんてないんだよね)

ココア(なのに、わたしを許すために頑張ってくれてるのかも・・・)じーんっ

ココア「チノちゃん!」

チノ「は、はいっ」

ココア「ガンバだよ!わたしが言うのも変かもだけど!」

チノ「・・・ココアさん」

ココア「この試練を乗り越えたら、きっと大きくなれるに違いないよ!」

チノ「大きく!?」

ココア「どこがどうとか、よくわかんないけど!」

チノ「そうですね よくわかりませんが、そんな気もします!」



32: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:40:28.98 ID:fIDHxRXM0

チノ「こここ、今度こそいきます」

ココア「う、うん!」

ココア(ガマンだよココア!)

ココア(右ほほを叩かれたら左ほほも、とかくらいの気持ちだよ!)





*・゜゚・*:.。..。.:*・ チュッ ・*:.。. .。.:*・゜゚・*





ココア「!!!!?」

チノ(やりました・・・これで・・・これで・・・)

チノ「・・・・・・」

チノ(この後、どうするんでしたっけ!?)





ココア(なななな、なにこれ どゆことなのっ!?)

ココア(とりあえず、なんか喋らなきゃ・・・えっと・・・えーっと)

ココア「・・・・・・」

ココア(うわーん!なにも思い浮かばないよぅ)

ココア(ま、まずは落ち着かなきゃだよね・・・わたし、さっきなにか思わなかったっけ?)

ココア(・・・そうだ!)



33: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:43:31.67 ID:fIDHxRXM0

ココア「チノちゃん!」

チノ「は、はいっ」

ココア「もう1回だよ!右ほほ叩かれたら、左もなんとかって言うでしょ!?」

チノ「で、でもくちびるは真ん中ですよ?どうすれば!?」

ココア「そ、それは・・・」

チノ「それは?」





ココア(チノちゃんの、すがるようなまなざし!ここは姉としての頑張りどころ!)

ココア(か、考えなきゃ 考えなきゃ!)

ココア(えっと・・・右の次は左ってことは、右の反対が左ってことだよね・・・)

ココア「わかった!」

チノ「な、なんですか?」

ココア「反対だよ!」

チノ「反対?」

ココア「今度は、わたしからチノちゃんにすればいいんじゃないかな!」

チノ「そ、それです ココアさん、さすがです!」





*・゜゚・*:.。..。.:*・ チュッ ・*:.。. .。.:*・゜゚・*



34: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:45:21.09 ID:fIDHxRXM0

ココア「・・・・・・」

チノ「・・・・・・」

ココア「・・・あの」

チノ「・・・はい?」

ココア「結局、これって どゆことだったのかな?」

チノ「どういうことと言われましても・・・・・・あ!」

ココア「ん?」

チノ「そうだ、サプライズです!サプライズなんです!」

ココア「サプ・・・ライズ?」

チノ「ココアさんと仲直りというか・・・えと、怒ってなんかなくてですね・・・」

チノ「わたしの態度もいけなかったというか・・・あの・・・聞いてます?」





ココア「チノちゃん!」ぎゅぎゅぎゅーっ

チノ「わわっ?///」

ココア「ありがと、チノちゃんっ 大好きだよ!」





チノ「・・・はい、わたしもです」



35: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:48:12.50 ID:fIDHxRXM0

ココア「それにしても」

チノ「はい?」

ココア「サプライズとはいえキスって・・・チノちゃん 結構、大胆なんだね」

チノ「・・・え? 高校生では当たり前なんですよね?」

ココア「そんなわけないよー」

ココア「でもなんか映画みたいで、姉妹でこういうのもアリかも・・・

チノ「ちょっと待ってください、ココアさん」

ココア「どしたの?」

チノ「・・・当たり前じゃ・・・ない?」

ココア「さすがに高校生でも、キスとかはやっぱり ねぇ///」

チノ「え?」

ココア「チノちゃん?」










チノ「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!?」



36: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:49:50.60 ID:fIDHxRXM0

ココア「うわーん!チノちゃんが口きいてくれないよーっ!」えぐえぐっ





リゼ「あれ? まだ仲直りしてなかったのか?」

シャロ「おかしいわね チノちゃんからサプライズとかなかった?」

ココア「サプっ!?」

千夜「どうしたの?ココアちゃん」





ココア「うわーん!そんなの言えるわけないよーーーーー!!!」

ガチャッ バタンッ ダダダダダッ

千夜「あらあら」





シャロ「千夜、あんたなにか知ってるんじゃないの?」

リゼ「そうなのか?」

千夜「・・・ん?」

シャロ「・・・・・・」

リゼ「・・・・・・」

千夜「ぜんぜん まったく なーんにも知らないわ♪」





シャロ(こいつ絶対、知ってるーーー!!!)

千夜「・・・とはいえ」

リゼ「ん?」



37: ◆OSUSHIpbWs 2015/08/02(日) 23:52:07.74 ID:fIDHxRXM0

another-012513-037



シャロ「ここで脱ぐんじゃないわよーーーーーっ!!!」

                                                                おわり


元スレ
SS速報VIP:チノ「・・・サプライズで仲直りを」