1: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:02:14.48 ID:RTyIzuDC.net

アユム「おーい、セツナちゃーん?出てきてー!お話がしたいの!」

村の外れにある廃城。
そこで、私はそこに住み着いた野獣――ってみんなに呼ばれている女の子――の名前を叫んでいる。

みんなが魔の城だって呼んで近付かないここに私がいる理由、それは……
セツナちゃんに、会うため。

前、野犬に襲われてた私を助けてくれたあなたに………
月夜に映える鋭い灰色の眼差しに、強くも寂しさを湛えた雰囲気のあなたに、あの日からずっと…恋をしてるから―――――



2: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:03:22.96 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「何の用ですか…」

階段の上。
声と共に2階で影が揺らめいたと思ったら、それは漆黒の毛を纏った―――――

アユム「セツナちゃん!」

私が名前を叫ぶと、少し嫌そうに顔をしかめたセツナちゃんが尚も続ける。

セツナ「何故、わざわざこんなところに来たのですか?ここが何と呼ばれているか…知らないわけではないでしょう?」

アユム「私アユムって言うの!私、あなたに前助けられたことがあって…それから、ずっとあなたに会いたかったの!会って、お話がしたかったの!」

セツナ「嘘です!あなただって、そう言って私を騙して近付いて…油断したところを討ち取ろうというのでしょう!?」

アユム「違うよ!私は、ただ…独りぼっちのあなたのことが、心配で………それに――――」



3: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:04:26.44 ID:RTyIzuDC.net

何となく憚られて、心を惹かれているとは口に出せなかった。
もごもごしている私を見かねたのか、セツナちゃんは冷たい瞳で私を射抜き続けてぽつりと呟く。

セツナ「…………コレを見ても、果たしてまだそんなことが言えますか?」

野獣さんが履いていたものを脱ぎ捨てると、そこにあったのは――――――

アユム「………っ…!」

セツナ「怯えるのも無理ありません。生物としては女―――いえ、今は雌でしょうか……なのに、男性の象徴のような、こんなものまで生やされてしまって……」

セツナ「ですから、あなたもこんな野蛮でおぞましい怪物には近付かない方が身のためなんです。何を目論んでいるのかは知りませんが―――――」



4: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:05:38.18 ID:RTyIzuDC.net

自分に言い聞かせるようにそう呟き続けるセツナちゃん。

確かに、生えてたものにはびっくりしちゃったけど……
でも、それ以上に私は、セツナちゃんの寂しそうな瞳にこそ本音が秘められているように思えてならなかった。

なら。
私の気持ちを、セツナちゃんに敵対するつもりなんてないってことを、私はあなたの味方になりたいだけだってことを分かってもらうためには――――――――



5: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:06:51.44 ID:RTyIzuDC.net

アユム「ねぇ、セツナちゃん。こっち向いて。少しお話ししようよ」

セツナ「っ!まだ立ち去らないつもりなんですか!いい加減に――――――」

アユム「ほら、見て……♡どこにも、あなたを襲うための武器なんて持ってないから」

振り向いたセツナちゃんは、はっとした表情で……しばらく、思考と息が止まっていたみたい。

無理もないかもしれない。
だって、私は今…………
産まれたままの姿で、全くの無防備をセツナちゃんに曝け出しているから。



6: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:08:29.52 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「何を、考えて……いるんですか…?」

動揺、困惑。
そんな言葉がぴったりの表情でセツナちゃんが溢す。

アユム「私はあなたを傷つけるつもりはないって、分かってほしくって…私、あなたの力になりたいの!いつも独りぼっちで、みんなから遠ざけられてるけど…セツナちゃんは、ほんとはそんな人じゃないはずだって私思ってる!だから……」

そう言っている間にも、セツナちゃんの鋭い眼光は舐め回すように私の身体を捉え続けていて……

口ではこんなことを言ってるのに内心は怖がってるのか、それともセツナちゃんに裸を見つめられてドキドキしちゃってるのか、胸の鼓動は今にも張り裂けそうなくらいに激しく脈打ってる。

高揚感にも似たその感覚に身を任せるままに、にじり寄るように少しずつセツナちゃんに歩を進める。



7: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:09:25.63 ID:RTyIzuDC.net

あと一歩でセツナちゃんの手と私の手が触れ合う。
そんな距離まで近づいた頃…セツナちゃんが、苦しそうに小さな声で何かを呟き続けていることに気付いた。

セツナ「だめ…………げ、て…………」

アユム「え?」

セツナ「逃げて…!離れて、ください……っ…早く……!抑えきれ、な――――――」

その言葉を言い終わるか言い終わらないかの瀬戸際で、私の手首に走った万力に挟まれたような痛み。

アユム「え?うわぁぁっ!?」



10: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:11:31.68 ID:RTyIzuDC.net

多分、セツナちゃんに鷲掴みにされた故のそれに動揺する間もなく、続けざまに私の身体は物凄い勢いでセツナちゃんの元に引っ張られていて―――――――

文字通り目と鼻の先に、セツナちゃんの顔があった。
ずっと焦がれていた、整った目鼻立ちに、透き通るようにさらさらの髪の毛。
ただ、遠くから眺めていたときと違うのは…キツネのそれみたいに、獰猛に開き切った瞳孔。

セツナ「はぁっ♡はァっ♡ふぅッ♡フーッ♡♡」

縦に開いた瞳孔を湛えて爛々と輝き始めたセツナちゃんの瞳と漏れ続ける荒々しい吐息に、私は初めて『野獣』の言葉の意味を思い知った気がした。



12: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:13:55.68 ID:RTyIzuDC.net

息つく間もなく、セツナちゃんは食べちゃいそうなくらいに乱暴なキスで、私の唇に貪り付く。

アユム「んぁ♡ふ、ぁ!?せつ、な……ひゃ――――――」

セツナ「ふっ♡♡ふっ♡あ、むっ♡んんんっ♡」

っ…!
これ、凄…………っ♡

セツナちゃんは、舌をヘビのように動かして…私がどうキスをされれば感じちゃうのか完璧に把握してるみたいに、激しく、的確に、執拗に、絡み付き続け…吸い付き続けてくる。

さっきまでセツナちゃんに視姦されて興奮しちゃってたのも相まって、そんなにえっちなキスされちゃったら、私、あっという間に―――――――――



14: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:15:50.09 ID:RTyIzuDC.net

アユム「ん、ふぅっ♡んんん~っ♡」ビクンビクンッ♡

キスだけでイカされちゃって、力が入らなくなった私の脚。
けど、爪が食い込む程に強く腰に回されたセツナちゃんの腕が、私が倒れ込むことを許さない。

私を求めるセツナちゃんの食らい付きは尚も強くなっていく一方で、腰を抱きすくめる腕も、同じようにどんどん力を増していって。
これ、私………
抵抗する、どころか…身体がへし折られちゃう……っ!?



15: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:17:02.93 ID:RTyIzuDC.net

一瞬過ったそんな考えを、全力で頭の中から掻き消す。

だめだめだめ!
そうならないために…何よりセツナちゃんにそうさせないために、私はここに来たんだから!

セツナちゃんだって、きっと…私よりも、もっと自分のこの姿が怖いはずなんだもん!

だって、元々は私と同じ人間だったんでしょ?
それが、悪い魔法使いに姿を変えられて…自分でも制御ができないうちに、誰かを傷つけてしまう体にされてしまって。

誰かと一緒にいれば、いつもその人を傷つけることに怯え続けないといけない。
だから、誰のことも大切にしないように、誰からも大切にされないように、みんなのことを撥ね付けてきたんだよね。

大丈夫。
私は、セツナちゃんのこと、怖くないよ。
私は、どんなあなたでも受け止めてみせるよ。

行き場を失っていた手をセツナちゃんの頭に回して…そのまま、優しく撫で擦る。

私の都合のいい思い込みかもしれないけれど、荒々しく逆立ったセツナちゃんの毛並みから、彼女が今までに味わってきた想いが伝わってくるような気がした。



17: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:18:54.26 ID:RTyIzuDC.net

寂しかったよね。
怖かったよね。
辛かったよね。
自分で望んだ訳じゃないのに、みんなから嫌われて、いじめられて、傷つけて、傷つけられて。

私にあなたの苦しさが分かる訳じゃないけど。
少しでも、あなたが受けた傷に寄り添うことができたら――――――



20: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:19:42.69 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「アユ、ム……さん……?」

その声に釣られて目を開けると、あどけない少女のようなセツナちゃんの表情がそこにあった。
その瞳は瞳孔が開いていることもなく、さっきまでみたいな荒い息を上げてることもない。

よかった…元に戻ってくれたみたい!

アユム「セツナちゃんっ!」

セツナ「わ、わぁっ!?アユムさんっ!?」

思わず全力でセツナちゃんに抱きついちゃう。
状況を掴みきれてないセツナちゃんのこともお構いなしで、おっぱいが潰れ合っちゃうくらいに思いっきり。



23: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:20:50.48 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「…………なるほど。では、やはりその手首のアザは……」

私が事情を話し終わると、暗く目を伏せてセツナちゃんはそう呟く。
アザのことで責任を感じちゃってるみたい。

セツナ「怒りや悲しみなどの、激しい負の感情に飲み込まれた際にこうなってしまうことは把握していたんですが……まさか、性的興奮でも、なんて…」

アユム「あんまり自分を責めないで?そもそも、私が無理に誘ったのが悪いんだし、それにもっと大変なことになる前にセツナちゃんは正気に戻ってくれたよ」

セツナ「ふっ…物は言い様、ですね」

諦めたような口調で、自嘲気味に笑ったセツナちゃん。
また、一人になろうとしてる……

そんなの駄目だよ!
何とか、無理矢理にでも引き留めなきゃ……



24: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:22:54.08 ID:RTyIzuDC.net

アユム「ね、ねぇ、セツナちゃん!えっと、その……私と、えっちして!」

セツナ「は?」

アユム「これからも、野獣になっちゃいそうなことがあったときに我慢できるように…私とえっちして、今のうちに練習しようよ!」

そんなの本当は建前で。

本音は、セツナちゃんを一人にさせたくない。
キスだけじゃ我慢できない。
セツナちゃんとえっちしたい。

それだけだったんだけど…でも……流石に、強引すぎたかな…?

セツナ「言ってることがめちゃくちゃすぎますよ。――――――けど」

セツナ「……求められる、っていうのは…久しぶりです。なんだか、悪い気はしない気がします」



25: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:23:26.03 ID:RTyIzuDC.net

力なく、そう溢しながら微笑んでみせたセツナちゃん。
じゃあ…………!

セツナ「ただし、一つお願いがあります。――――アユムさん。その、している最中…私を撫で続けていてくれませんか?」

セツナ「肉欲に犯され、正気を失った私を引き戻してくれたのは…アユムさんの手でした」

セツナ「優しく、私のことを思いやるあなたの気持ちが手のひらから温かく伝わってくるようで……きっと、撫でてもらえていれば大丈夫……なんだと、思います」

耳をぱたんと倒して、しおらしく私にそう頼み込んでくるセツナちゃん。
その姿は、野獣なんていうより、よっぽど子犬さんみたい。

アユム「うん、もちろん♡」



26: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:25:31.02 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「…っ、なら、いきます、よ…?」

さっきのことがあるからか、あそこにおちんちんを宛がってからもセツナちゃんは少しおっかなびっくりって感じ。

私を傷つけないように、心配してくれてるんだよね。
セツナちゃんは本当に優しいね。



27: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:26:34.59 ID:RTyIzuDC.net

―――――――っ♡
一瞬、身体の中に走った痛み。
それだけで、何が起きたか私には分かった。

セツナ「っ♡あっ♡アユムさんの、ナカ……っ♡あったかい、ですぅ……っ♡」

私の膣内で蠢く、熱いもの…セツナちゃんの、おちんちんが……私の、中に――――――♡

セツナ「動かし、ますよ……ッ♡」ヌチュッ♡

アユム「うん、来て…セツナちゃん♡」



29: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:27:31.83 ID:RTyIzuDC.net

ゆっくり、抉り込むように一番奥までどちゅん、って打ち付けたかと思うと、痙攣する私の反応を悦しむみたいに、そのままぐりぐり押し付けてくるセツナちゃん。

一生懸命でかわいいなあ…♡

最初はそんなことを考える余裕もあったんだけど、セツナちゃんの腰使いはどんどん加速していって………!?

セツナ「アユムさんッ♡アユムさんっ♡はっ♡はっ♡はっ♡ふぅっ♡♡」バチュッ♡ズチュッ♡ゴリュッ♡

アユム「あっ♡く、あぁっ♡激し……ッ♡セツ、ナ…ちゃ………っ♡これ、凄………っ♡♡」ビクンビクンッ♡

セツナちゃん、これ、凄すぎっ♡
自分でしかしたことのなかった私の膣内を、セツナちゃんの優しい熱さが溶かしていって―――――
私のおまんこ、あっという間にセツナちゃん専用に解れちゃってる♡



30: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:29:24.26 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「好きッ♡♡好きです、アユムさん♡はぁっ♡んっ♡ふっ♡ふぅ、っ♡♡」ドチュドチュ♡

視界がちかちかして、白く染まりかけてる私のことなんてお構いなしに、私の膣内を抉り続けてくるセツナちゃんのおちんちん。

激しい責め手とは裏腹に、セツナちゃんの表情はやっぱり子犬さんみたいにあどけないままで……
そのアンバランスさが、余計に私を発情させちゃうっ♡

こんなの、気持ちよすぎて……頑張ってないと、すぐにでも意識飛んじゃいそうだよぉ……♡

もう、手を動かす余裕も―――――――



31: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:30:21.20 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「だめです、アユムさんっ♡撫でて♡撫でてくれなきゃ、ヤダ♡アユムさん♡なでなでして♡優しく、私のこと、撫でてくださいよぉっ♡♡」

っ~♡
何、これっ?!
困ったように眉を下げて、とろとろに媚びた声でおねだりしてくるセツナちゃん、かわいすぎ!
かわいすぎるよ、セツナちゃんっ♡



33: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:31:56.96 ID:RTyIzuDC.net

アユム「っ♡セツナちゃんっ♡かわいい♡かわいいよぉっ♡いっぱい撫でてあげる♡いい子、いい子♡♡」ナデナデ

セツナ「ふぁぁっ♡好きぃ♡これ、好きです♡大好きです、アユムさんの手っ♡♡」

うっとりした顔で、ピストンのペースを落としたセツナちゃん。

耽美な表情を浮かべながら、よりじっくり私の膣内を味わおうとするセツナちゃんの責め手は……さっきまでの激しさに慣れきってた私には、少し焦れったく感じちゃって。

気付けば、いつの間にか私の腰は勝手に………



34: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:33:34.90 ID:RTyIzuDC.net

アユム「んあ♡セツナ、ちゃっ♡♡もっとぉ♡もっと、おちんちん、欲しい、よぉ♡♡」バチュッ♡バチュッ♡

自分から、セツナちゃんの腰に打ち付けちゃってる♡
だって、物足りないんだもん♡

私専用のおちんちんを挿れられて、こんなにかわいいセツナちゃんを目の前で見てるのに…こんな、生殺しのままなんて、我慢できない♡♡

セツナ「……もう、私はもっとアユムさんと繋がっていたいのに…仕方ありませんねっ♡」ドチュッ♡グリュッ♡

アユム「ん゛あ゛ぁっ♡来たぁっ♡ふあぁっ♡♡激しいの、好きぃ♡セツナちゃんの、激しくて、熱いの、最高だよぉ♡♡」ガクビク♡

セツナ「っ♡アユム、さん……ッ♡いちいち、言い方がえっちすぎます―――――あ゛♡♡」ブルッ



35: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:35:03.84 ID:RTyIzuDC.net

セツナちゃんが小刻みに身体を震わせた、次の瞬間。

ぎゅうぅっと私を抱き締める感覚と共に、膣内にはあったかいものが一気に雪崩れ込んできて………
これが、セツナちゃんの精子…中出し、なんだね…♡

セツナ「あ゛♡あ、ぁ…ッ♡ふぅ♡ふぅ~………っ♡♡」ドクドク♡

セツナちゃんの口から漏れ出てくる、苦しそうな、恍惚としたような吐息。

荒く乱れているそれが落ち着いても尚、私の中にどくどく流れ込み続けてる射精は止まる気配すらなくて…♡



36: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:35:35.58 ID:RTyIzuDC.net

アユム「やっぱり、大丈夫だったね♡偉いよ、セツナちゃん…♡」

セツナ「全部、あなたの…アユムさんのおかげです。私を信じてくれて、野獣としての本性を見ても尚、私を受け入れてくれて……ありがとう、ございます」

アユム「うぅん、頑張ったのはセツナちゃんだよ。私の方こそ、ありがとう」

本当に、セツナちゃんは頑張ってくれたよね。
労るように、慈しむように、私はそのままセツナちゃんの頭を撫で続けて―――――♡



37: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:36:48.07 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「…っ♡あの、アユムさん。私、さっきあんなに射精したのに、アユムさんを見てるとまだ――――♡」ビキビキ♡

……♡
私の中で、セツナちゃんのおちんちんがおっきくなってるのを感じちゃう♡
固くて熱いそれの疼きを感じてると、私の方も、もっとセツナちゃんのおちんちんが欲しくなってきちゃって……♡

セツナ「ですから、その…2回目、やってもいいですか?」

アユム「うん、もちろん♡2回目なんて言わずに…もっと、もーっと、一緒にやろう♡セツナちゃん♡」



38: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:37:29.91 ID:RTyIzuDC.net

セツナ「ふふふっ、まったく……私よりもアユムさんの方が、けだものかもしれませんね♡」

アユム「もうっ、それどういうこと?」

セツナ「あははっ、冗談ですよ♡」

ほっぺたを膨らませてむっとする私に、鈴を鳴らすような声で微笑むセツナちゃん。
まるで恋人同士みたい………って思っちゃったけど、流石にそれは都合よすぎかなぁ?



39: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:38:42.26 ID:RTyIzuDC.net

アユム「セツナちゃん♡」

セツナ「アユムさん…♡」

お互いの名前を確かめるように呼び交わし合いながら、優しく、蕩け合うように濃密で甘いキス。

キスに合わせて、私の子宮まで響くノックをねっとり繰り返すセツナちゃんのおちんちん。

幸せそうな顔で私の膣内を堪能してるセツナちゃんをまじまじと見て、改めて思う。
やっぱり、セツナちゃんは野蛮なけだものなんかじゃなくって…とってもかわいい、一人の女の子だよ。



40: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:39:07.49 ID:RTyIzuDC.net

私たち、これからずーっと、一緒にいようね。

もっともっと、これからたくさん楽しいことも、嬉しいことも、えっちなことも、一緒にしていこうね♡



41: 名無しで叶える物語 2022/05/08(日) 12:40:12.89 ID:RTyIzuDC.net

HAPPY END♡、と………

https://i.imgur.com/AGy1cs9.jpg


元スレ
アユム「ふたなり野獣セツナちゃんとの禁断の情事」