1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 20:57:39.70 ID:EKOIi9sG0

唯「あ~い~す~」

憂「え?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 20:59:00.39 ID:EKOIi9sG0

唯「…自分でとるもん」のそっ

憂「え?なに?」

唯「憂のいけず」

憂「え?え?」

唯「うい?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 20:59:49.13 ID:EKOIi9sG0

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

唯「??」

憂「あ、あ、い、い」

唯「どうしたの?うい?」

憂「う、う、え、え、お、お」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:00:48.53 ID:EKOIi9sG0

唯「うい~どうしたの~」

憂「あれ?」

唯「さっきからどうしたの~」

憂「え?」

唯「…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:02:00.00 ID:EKOIi9sG0

憂「お姉ちゃんなんか喋ってる?」

唯「だからさっきから」憂「聞こえないの」

唯「…え?」

憂「なにも聞こえない……なにこれ、あ、あ」

唯「ほんとに!?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:04:00.63 ID:EKOIi9sG0

憂「??」

唯「あ、聞こえないんだよね」

憂「ごめんね、お姉ちゃん、なにも聞こえなくて……」

唯「ういのばーか!!」

憂「お姉ちゃん、ごめん、お姉ちゃんが何か言ってるのは分かるんだけど」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:05:48.56 ID:EKOIi9sG0

唯「ういしね!!」

憂「お姉ちゃん?」

唯「ういのおたんこなす!」

憂「う、い、の、お…?」

唯「口の動きを見るとはやるなうい……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:07:43.88 ID:EKOIi9sG0

唯「じゃなくて!!病院行かないと!」

憂「あ、あ、う、え……」

唯「えっとね」かきかき

『びょーいん行こうよ』

憂「うん」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:12:50.04 ID:EKOIi9sG0

───病院

医者「ストレスからくる突発性難聴でしょうな」

唯「突発性難聴……」

憂「?」おどおど

唯『あとで教えるね』かきかき

憂「…」こくり



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:14:59.57 ID:EKOIi9sG0

医者「お薬だしておきますね」

唯「これって、どれくらいで治るんですか?」

医者「遅くても二週間以内には……」

唯「そっかぁ」

憂「……」

唯「大丈夫だよ」なでなで

憂「…」にこ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:16:50.27 ID:EKOIi9sG0

───外

唯『危ないから手つないで帰ろう』かきかき

憂「うん♪」にこ

唯「…」にこ

憂「~♪」

唯「ういの耳が早く治りますように」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:18:31.95 ID:EKOIi9sG0

憂「?」きょとん

唯『ういの耳が早く治りますように!』かきかき

憂「えへへ…」

唯「うい~」にこ

憂「ありがとうお姉ちゃん」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:22:27.57 ID:EKOIi9sG0

───平沢家

唯憂「ただいま」

唯「今日のお夕飯はわたしが作るよ」

憂「?」

唯『夜ご飯、わたしが作るよ』かきかき

憂「!」ぶんぶん



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:27:20.23 ID:EKOIi9sG0

唯『任せてよ』かきかき

憂「耳が聞こえなくて、も、あいじょうぶだよ」にこっ

唯「…」

唯『そう?』

憂「うんっ」

唯『じゃあ、、お願いします!!』えへへ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:30:08.61 ID:EKOIi9sG0

憂「じゃあ用意しよっと…」

唯「わたしはギー太と練習~」

憂「おほうゆ…」がさごそ

唯「…」

憂「あったぁ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:31:58.67 ID:EKOIi9sG0

唯「…ギー太~」~♪

憂「…」てきぱき

唯「ふんふーん♪」~♪

憂「…」てきぱき

唯「…うい~」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:33:28.26 ID:EKOIi9sG0

憂「…」てきぱき

唯「聞こえないの?ほんとにぃ?」

憂「…?」きょとん

唯「あっ、ごめんね」ぺこり

憂「どうしたの?お姉ちゃん」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:34:48.54 ID:EKOIi9sG0

唯「いちいち書くの面倒臭いなぁ…」

唯『なんでもないよ~』

憂「うん」にこ

憂「…」てきぱき

唯「…はぁ~」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:39:03.72 ID:EKOIi9sG0

───ごはん

唯「おいし~!」にこ

憂「ありがと♪」

唯「え?分かるの!?」

憂「ん?」

唯「…」

唯『なんでもない、これ、おいしい!』

憂『良かった~!』かきかき

唯「うい…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:43:30.79 ID:EKOIi9sG0

憂「お姉ちゃん」

憂『ちゃんと話せてるか、ちょっと不安』かきかき

唯「…全然おっけーだよ!」(のジェスチャー!)

憂「よかったぁ」にこ

唯『ういは口で話していいよ』



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:46:14.41 ID:EKOIi9sG0

憂「うん!」

憂「おあわりしてね?」

唯「…」

唯「おかわり!」

憂「もお?ふふ」にこっ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:51:04.40 ID:EKOIi9sG0

───夜

唯「うい~、おやすみー」

憂「うん、おやすみ~お姉ちゃん」

がちゃん

唯「…寝よ」

唯「…」

唯(ういの耳が聞こえなくなるなんてねぇ…)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 21:53:42.01 ID:EKOIi9sG0

唯(お医者さんストレスって言ってたけど……ういがストレスかぁ)

唯(う~む、原因はなんだろう)

唯(…二週間で治るみたいだし、いっか)

唯「目覚ましセットして」

唯「おやすみ~」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:11:50.22 ID:EKOIi9sG0

───翌朝

憂「おえーちゃん!!」

唯「ん…?」ぬくっ

憂「おきて!!時間!!」

唯「……は、8時!?」

憂「急いで!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:15:33.45 ID:EKOIi9sG0

唯「なんでもっと早く起こして」憂「おえーちゃん!早く着替えて!」

唯「…」じーっ

憂「おえーちゃん?」

唯「待って」(のジェスチャー)

憂「?」

唯『目の下、くまがすごいよ』かきかき



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:19:59.18 ID:EKOIi9sG0

憂「…」

唯『寝れなかったの?』かきかき

憂「じ……ち………で」

唯『もすこし大きい声で』かきかき

憂「大丈夫!!!」唯「!?」

憂「ごめんあさい……声おおきすきたかなぁ…」

唯『okok、大丈夫だよ』



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:22:56.12 ID:EKOIi9sG0

唯(なんか滑舌がおかしいような…)

唯『少しは良くなった?』かき

憂「ううん…」しゅん

唯『お薬飲んでればどんどん良くなるよ、大丈夫』かきかき

憂「えへへ…」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:25:38.64 ID:EKOIi9sG0

唯『やっぱり、しばらく学校休も?』

憂「え……」

唯『学校はうるさいし、ういの耳に何かあったらいやだから』

憂「…」

唯「ね?」にこっ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:28:34.35 ID:EKOIi9sG0

憂「……」ぐす

唯「うい…」

憂「おえーちゃんは、学校行っていよ」

唯「…」

憂「…あ、あ」だっ

唯「うい!?待って!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:30:49.52 ID:EKOIi9sG0

唯「…」

唯(ういが自分の部屋に閉じこもっちゃった…)

「おえーちゃん、おえー?うぇー……あ、い、う、え、」

唯「…」

「あー?あー!!あー!!」

唯「うい……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:33:37.86 ID:EKOIi9sG0

「おえーちゃん」

唯「なぁに、うい」

「お、お、えー……えー?」

唯「…聞こえてないよね」

「うあああん……」

唯(泣いてるの?うい…)



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:42:22.56 ID:EKOIi9sG0

唯「『うい、何があったのか教えて』」

「……あー、いー、」

唯「『ういのお姉ちゃんだからね、ういを絶対助けてあげるよ』」

「うー、うー、」

唯「……メール送信っと」

「…うぅ……」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:45:42.67 ID:EKOIi9sG0

がちゃ

憂「おえーちゃん……」ぎゅ

唯「どうしたのうい……泣かないで」ふき

憂「…」ぐす

唯「辛かったんだねぇ…」なでなで

憂「うっ……うぅ……」ぽろぽろ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:49:18.83 ID:EKOIi9sG0

唯『どしたの』かきかき

憂「なにも聞こえあくて……」ぽろぽろ

唯「そっか…」ふき

憂「でも、つー って鳴ってて……怖くて…」ぐす

唯「大丈夫だよぉ」ぎゅう



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:51:39.21 ID:EKOIi9sG0

唯「…」ぎゅう

憂「うぅ……」

唯「…」ぎゅ

憂「…」

唯「…ういのところにいるからね」ぎゅっ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 22:58:50.21 ID:EKOIi9sG0

憂「…おえーちゃん、携帯が」

唯「あっ」ぱかっ

───
from りっちゃん
憂ちゃんも来てないから驚いたよ
どした?何かあった?寝坊?
───

唯「…もう遅刻だぁ」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 23:04:05.11 ID:EKOIi9sG0

憂「…」おどおど

唯「今日は休んじゃお」

憂「…?」

唯「放っておけないよぉ」

憂「…」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 23:05:41.15 ID:EKOIi9sG0

唯『わたしも学校休む』

憂「え!!」

唯「…」にこ

憂「でも…」

唯『いいのいいの』



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/30(木) 23:15:05.89 ID:EKOIi9sG0

憂「ごめんなさい…」

唯「気にしない気にしない」ぶんぶん

憂「…えへへ」

唯『わたしご飯作ってくる』

憂「え……風邪引いてるわけじゃ」

唯『任せて!』にこっ



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 07:41:06.27 ID:DjLDJMad0

───キッチン

唯(憂が早く治りますように)

唯(確か耳にはブルーベリーがいいんだよね)

唯(ブルーベリーヨーグルト持っていこう)

唯(毒味しよ)ぱくっ

唯「ん~♪うま」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 07:46:58.43 ID:DjLDJMad0

ぶー ぶー ぶー

唯「りっちゃんからメール」

唯「あ、そうだ!さわちゃんに電話しないと」ぴっぴっ

prrr

唯「もしもし、3年2組の平沢唯です、さわちゃん先生いますか?」

先生「山中先生ね、今代わるわ」

唯「ありがとうございます」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 07:49:27.94 ID:DjLDJMad0

さわ子「平沢さん?」

唯「さわちゃん!」

さわ子「元気そうね……そろそろ電話しようと思ってたところだったのよ、今日はどうしたの?」

唯「えっとね、ういの耳がおかしくなっちゃって」

さわ子「ああ、憂ちゃんも休んでるんだってね」



113: 1 2010/10/01(金) 07:54:20.09 ID:DjLDJMad0

唯「そうそう。で、ういの看病してるの」

さわ子「そうだったの……。それで憂ちゃんの耳って?」

唯「なんかね、突発性難聴、っていう病気なんだけど」

さわ子「あら」

唯「でもでも、二週間で治るってお医者さん言ってた」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 07:58:35.37 ID:DjLDJMad0

さわ子「憂ちゃん全く聞こえないの?」

唯「うん……そうみたい」

さわ子「それなら無理して学校来るわけにはいかないわね…」

唯「ねね、さわちゃん、ういが治るまで学校休んでいい?」

さわ子「なっ!?」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:01:02.82 ID:DjLDJMad0

唯「ういひとりにするのかわいそうだから」

さわ子「う~ん……」

唯「お願い!さわちゃん!」

さわ子「そ、そうねぇ……欠席理由はなんて書けば」ぼそっ

唯「妹の看病じゃだめ?」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:04:21.69 ID:DjLDJMad0

さわ子「看病で二週間欠席なんて前代未聞よ」

唯「え~…」

さわ子「んー、まぁそれはなんとかするわ」

唯「さすがさわちゃん!ありがとお!よっ、日本一!」

さわ子「…」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:06:31.64 ID:DjLDJMad0

憂「おえーちゃん…?」

唯「あ!うい」

さわ子「憂ちゃん?代われる……って無理か」

唯『さわちゃんに電話してる』かきかき

憂「あ、ごめんね」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:08:30.11 ID:DjLDJMad0

さわ子「平沢さん?」

唯「ごめんごめん、さわちゃん」

さわ子「何かあったの?」

唯「ういね、耳聞こえないからわたしは紙に書いて会話してるの」

さわ子「なるほどね」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:11:08.74 ID:DjLDJMad0

唯「じゃ、さわちゃん、よろしくね」

さわ子「はいはい、お大事にね」

唯「ほーい」

がちゃ つー つー

憂「おえーちゃん、学校は…?」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:18:25.16 ID:DjLDJMad0

唯『ういが治るまで休む』にこ

憂「え…」

唯『だから早く治ってね』

憂「ごめんね……お姉ちゃん」しゅん

唯『ういのかんびょうならぜんぜんへーき!』



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:21:51.59 ID:DjLDJMad0

憂「おえーちゃん…」

唯「そうだ」

唯『ヨーグルト作ったよ、食べて』にこ

憂「ぶるーべいー…」

唯『これ食べれば、すぐ耳よくなるよ!』

憂「え、と…」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:25:30.02 ID:DjLDJMad0

憂「ぶるーべいーって、むぇにいいんじゃ」

唯「むぇ?……あ、目か!!」

憂「め」

唯『耳もよくなりますように!』

憂「えへへ……いただきあ~す!」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:30:56.58 ID:DjLDJMad0

───学校

さわ子「…ってわけで、今日から長くて二週間、休むって」

律「二週間!?」

紬「憂ちゃん大丈夫かしら…」

澪「私たちも何かしてあげたいな」

律「ならさ、帰りに唯んち寄っていこうぜ」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:36:17.41 ID:DjLDJMad0

紬「唯ちゃんに今日の分の授業ノート見せてあげよう?」

澪「確かに!」

律「ついでに私にもお願いね♪澪ちゃん」

澪「ったくもう…」

紬「みんなで協力しよう♪」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:38:46.59 ID:DjLDJMad0

───平沢家

唯「……んあ」おきっ

憂「zzz」

唯(ご飯食べた後ういと一緒に寝てたんだ)

憂「ん……」

唯「ああ、寝てていいようい」

憂「…zz」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:40:41.80 ID:DjLDJMad0

唯「もう4時か…」

ぴーんぽーん

唯「お?」

唯(誰かな~?)たったったっ

唯「はーい!」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:44:44.80 ID:DjLDJMad0

がちゃ

とみ「あら、唯ちゃん帰ってたのね」

唯「おばあちゃん!」

とみ「田舎から送られてきたのよ…もし良かったら食べて」

唯「わぁ!ありがとう!」

憂「おえーちゃーん…」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:46:26.58 ID:DjLDJMad0

唯「あ、うい」

とみ「あら、憂ちゃんも。こんにちは」

憂「…」ぺこ

とみ「後で食べてね」

憂「…」にこ



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:48:27.92 ID:DjLDJMad0

とみ「?」

唯「おばあちゃん!ありがとね!」

とみ「え、ええ…いいのよ、またね」

唯「うん!ばいばーい!」

憂「さよおあら」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:49:32.13 ID:DjLDJMad0

がちゃん

憂「…」

唯「…」

憂「お姉ちゃん、何が…?」

唯「あ、紙持ってないや」

憂「?」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 08:51:36.64 ID:DjLDJMad0

唯「おいでおいで」(のジェスチャー)

憂「うん」

唯「ペン……あった」

唯『おばあちゃんが持ってきてくれたの』かきかき

憂「わぁ」

唯『後で食べよ』



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:25:20.57 ID:DjLDJMad0

ぴんぽーん

唯「またまたお客さんが」

憂「お姉ちゃんお願い」

唯「あ、そっか」

唯「はいはーい!」

がちゃ



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:26:21.28 ID:DjLDJMad0

律「よっ、唯」

澪「おお唯」

紬「大丈夫?」

唯「みんなぁ…」

憂「あっ」ひょこ



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:27:29.08 ID:DjLDJMad0

律「憂ちゃん、大丈夫?耳」

憂「…」ぺこ

澪「何にも聞こえないの?」

憂「…?」きょとん

唯「そうなんだよ~」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:29:14.34 ID:DjLDJMad0

唯『みんな心配してきてくれたよー!』

憂「わ…わざわざありがとうございあす」

律「…」

澪「…」

紬「あら…」

唯「…まあまあ、入って~!」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:31:17.02 ID:DjLDJMad0

憂「今お茶よ、い、」

澪「…」

憂「え、と…?」

唯「ありがとう!うい~」にこ

憂「うん…」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:33:36.80 ID:DjLDJMad0

律「なんか大変だな~」

唯「うん…でもすぐ治るから平気だよ」

澪「そ、そうだよな…」

紬「何も聞こえないって辛いよね…」

唯「澪ちゃんもムギちゃんもそんなに心配しないで~」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:35:22.16 ID:DjLDJMad0

憂「お茶、どうぞ」

律澪紬「ありがとう!」

憂「…」にこ

唯「ういも座って座って」ぽんぽん

憂「座る…?」

唯「いえーす!」ぐー



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:38:54.96 ID:DjLDJMad0

憂「えへへ…」ちょこん

律「おお…コミュニケーションが成立してる」

澪「なんだか安心したよ」

紬「…」にこにこ

唯「ういと私はいんしんでんしんしてるからね!」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:40:05.20 ID:DjLDJMad0

憂「…」にこ

唯「ねー、うい!」

憂「うん、お姉ちゃん!」

律「お…おぉー!?」

澪「すごいな…ほんとに以心伝心してるみたいだ」

紬「…」にこにこ



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:44:42.60 ID:DjLDJMad0

澪「あ、唯、ノート写していいよ」

唯「あ!澪ちゃんありがとー!!」

律「澪ちゃんありがとー!」

澪「いい加減寝るなよ…全く」

紬「憂ちゃんも、これ♪」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:49:21.84 ID:DjLDJMad0

憂「梓ちゃんのノート…」

紬「梓ちゃん遅れて来るから、その時に返してあげて」

憂「えと…」

唯『後であずにゃんくるから、その時に返す』かきかき

憂「あ、ありがとうございあす」ぺこり

紬「あぁ…ごめんね」



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:53:12.36 ID:DjLDJMad0

律「なるほど」

澪「筆談だな」

唯「んー、澪ちゃん、この詩は~」

澪「あぁ…それ、まだ未完なんだけどどうかな……」

律「澪ちゃ~ん、授業中に詩なんて」

澪「…寝てるやつに言われたくない」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:56:56.50 ID:DjLDJMad0

憂「ふふ」

唯「うい?」

憂「いあ…なんでもないよ」にこ

律「へへ」

紬「…」にこにこ

澪「?」



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 11:59:37.48 ID:DjLDJMad0

ぴんぽーん

唯「あずにゃんだ!」たったっ

唯「ほーい」がちゃ

梓「こんにちは」

唯「いらっしゃーい!」

梓「先輩方は」

唯「みんな来てるよ~!」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:02:27.36 ID:DjLDJMad0

梓「おじゃまします」

唯「あずにゃん来たよ~!」

律「おお梓、遅かったな」

梓「憂…」

憂「ありがとう梓ちゃん」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:03:50.93 ID:DjLDJMad0

梓「耳は?」

憂「お茶どうぞ」

梓「あ、ありがとう」

憂「…」にこ

梓「唯先輩、憂は一体どういうことに?」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:05:28.40 ID:DjLDJMad0

唯「なんにも聞こえないの」

梓「ほんと?憂」

憂「?」

梓「憂のばーか」

澪「!?」

憂「えへへ…」

梓「ほんとだ…」

唯「あずにゃん!」



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:09:16.25 ID:DjLDJMad0

律「梓…失望した」

紬「梓ちゃん…酷いわ」

梓「じょ、冗談ですよ!嘘に決まってるじゃないですか!」

唯「嘘にしても酷いよあずにゃん…」

梓「あの、だからですね、」

憂「あの」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:11:44.42 ID:DjLDJMad0

憂「ごめんなさい、なんだか皆さんに気を遣わせてしまって」

澪「憂ちゃん…」

憂「梓ちゃんもありがとう、わざわざ来てくれて」

梓「ううん、憂のことが心配だったから、あと唯先輩も…」

憂「…」にこ



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:15:46.29 ID:DjLDJMad0

梓「あと、ノートも返してもらいたかったし…」

憂「お姉ちゃん…ごめん」

唯「ほいほい」

唯『あずにゃん、ういとわたしを心配してる、あとノートも返してねって』かきかき

律『あずにゃん、ういが心配で夜も眠れない…』かきかき

憂「梓ちゃん…」

梓「って律先輩!!」



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:20:50.53 ID:DjLDJMad0

律『ごめん、ジョーク』

憂「えへへ…」

澪「遊ぶな」ごつ

律「いやん」

梓「…うい、このノートは明日でもいいよ」

憂「お、お、お、あ…?」

唯『このノートは明日でもok!』かきかき

梓「あぁ、すみません、わたしが書けば良かったです」

唯「いいのいいの~」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 12:24:55.37 ID:DjLDJMad0

澪「早く写せよ、律」

律「…」かきかき

唯「…」かきかき

憂「…」かきかき

澪「律と唯はこの集中力を授業中にも発揮できればな」

紬「ふふ、三人とも偉い♪」

梓「憂が早く治りますように」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 13:01:51.22 ID:DjLDJMad0

唯「…」かきかき

律「…はぁ」

憂「…」かきかき

澪「おい律」

律「飽きたー」つんつん

唯「なーにーりっちゃん」

律「休憩しようぜ」

澪「うおい!」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 13:04:35.17 ID:DjLDJMad0

唯「もうちょっとで終わるから待って…」かきかき

律「なにー!?裏切り者ぉー」かきかき

澪「頑張れ、二人とも」

憂「できたぁ」

梓「お疲れさま」

憂「ノートありがとう、梓ちゃん」

梓「うん!」にこ



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 13:09:28.97 ID:DjLDJMad0

唯「わたしも終わったぁ!」

律「くっ…」

澪「ほら、律も頑張れ」

律「頑張ってるよ~」

唯「えへへ、りっちゃん、お茶どうぞ」

律「悔しいけどもらおう」ごくごく

律「…ぷはー!」

澪「早くやれ」ごちん



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:34:14.30 ID:DjLDJMad0

憂「あ、あ、」

唯「?」

憂「あー、あー…」

紬「憂ちゃん?」

律「…」かきかき

憂「あ…」

唯『うい、どうかした?』かきかき

憂「ううん…」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:37:44.63 ID:DjLDJMad0

律「…終わったぁ!」

澪「お疲れ」

律「じゃそろそろおいとまするか?」

唯「え~もう帰っちゃうの」

梓「長居するのも悪いですし」

澪「そうだな、もう暗くなったし」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:40:53.04 ID:DjLDJMad0

紬「また明日ね、唯ちゃん」

唯「うん、ありがとね、ムギちゃん」

憂「みなさんありがとうございました」ぺこり

澪「憂ちゃんも早く治るといいな」

律「しっかりしろよ~?唯」

唯「してるよー!?」

ぴんぽーん

唯「うお?」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:44:29.93 ID:DjLDJMad0

律「じゃ、私らはこれで」

澪「何かあったら携帯に」

唯「なんか…ありがと、みんな」

律「なに言ってんだよ唯」

紬「うふふ♪」

唯「えへへ…」がちゃ

純「あ」

憂「純ちゃん!」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:49:41.33 ID:DjLDJMad0

純「梓、それに軽音部の先輩方も」

梓「私はもう帰るけど」

純「えぇ!?」

梓「だってもう7時だよ?遅いよ、純」

純「ジャズ研終わって来ようとしたんだけど途中で迷っちゃって…」

澪「…じゃ、唯、また明日な」

唯「うん!ばいばーい!」



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:51:50.55 ID:DjLDJMad0

純「え、じゃあ私も帰る!」

梓「なにしにきたのよ」

憂「純ちゃん帰っちゃうの?」

純「もう遅いしさ…それに一人だとまた迷うし」ぼそっ

憂「?」

唯『もう遅いから帰るって』

憂「そっか…」

純「じゃ憂、また明日ね!」



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 19:53:36.74 ID:DjLDJMad0

憂「…」にこ

純「?」

唯『また明日ねって』

憂「あっ、うん!またね純ちゃん」

純「う、うん…じゃ」

唯「ばいば~い!」

梓「お邪魔しました」ぺこ

がちゃん



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:00:33.20 ID:DjLDJMad0

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん」

唯「?」

憂「あ、あー、」

唯『どしたの?』

憂「いや…」

唯『ご飯食べよっか』

憂「うん」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:02:39.16 ID:DjLDJMad0

唯「ふぁ~」

憂「お姉ちゃん」

唯「んー?」

憂「こっちの耳が」

唯「こっち?」

憂「聞こえる…」

唯「!?」

憂「あ、い、う、え、お」



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:06:06.20 ID:DjLDJMad0

唯「うい!!」

憂「やった…」

唯「さすがうい!一日だけだったね!」

憂「まだ右の方は聞こえない、かも」

唯「片方でも聞ければいいよ~!」

憂「えへへ~…」

唯「あのお薬のおかげかな!?」

憂「そうかな?良かったぁ…」ぐす



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:09:04.19 ID:DjLDJMad0

唯「もうこれもいらないね~!」

憂「紙とペン……お姉ちゃん、ずっとありがとう」

唯「ううん、わたしもなんか面白かったし~」

憂「あはは…」

唯「あ、でも~、右耳が治るまではお薬飲まないとダメだよ?」

憂「うんっ、そうするよ~」

唯「ふふ、でも良かった~」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:13:45.48 ID:DjLDJMad0

憂「…あ、あ、」

唯「?」

憂「ああああああ…」

唯「うい!?」

憂「ぴーって音が」

唯「うい!うい!」

憂「聞こえない…お姉ちゃん…聞こえない」

唯「そんな…」

憂「痛いっ」ずきん



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:30:24.81 ID:DjLDJMad0

唯「な、なにが起きてるの」

憂「いやあぁあ…」がたっ

唯「うい!!どどうしよお」

憂「ぁぁぁ…」

唯「救急車呼ばないと…」ぴっぴ

憂「…ぁ」

「いうよいいててねああかじようもおいはねてべたでとあねとがりあんゃちあばおいば
いばんうやいなてっもみかあたっあぺんぴんぽーんがんさくゃきおかそあみみぶうょ
じいだんゃちいうのいなえこきもにんなよだんなうそらあてっいはあまあまいううと
がりあなだんへいたかんなよだきいへらかるおなぐすもでんうでいなしいぱんししな
んもんゃちむぎもんゃちもおみうとがりあてっわすもいうすえいるてしつりいせがん」

憂「あ…あああああ……」おえっ

唯「うい!!」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:34:10.91 ID:DjLDJMad0

──────
───

憂「うっ……」おきっ

憂「はぁ…はぁ…」

がちゃ

唯「~♪」

憂「お、え…」

唯「うい!?」



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:37:36.21 ID:DjLDJMad0

憂「気持ちわりゅい…」はぁはぁ

唯「え、えっと」

唯『立てる?うい』

憂「うん…」ぐら

唯「い、いいや、洗面器持ってくるね!」たったっ

がちゃん

憂「おえちゃん…どこに」



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:39:39.29 ID:DjLDJMad0

憂「…」

憂「あー、あー、」

憂「うっ…」

がちゃん!

唯「うい!!ここに吐いちゃっていいから」

憂「うっ……」げろげろ

唯「…」さすりさすり



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:41:38.81 ID:DjLDJMad0

唯「朝のブルーベリーが悪かったのかなあ…」

憂「はぁ…はぁ……」

唯「うい」

憂「はぁ…」

唯『だいじょぶ?』



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:43:00.20 ID:DjLDJMad0

憂「…」こくこく

唯「さっきまで気持ち良さそうに寝てたのに…」

憂「…」

唯「まだ寝てて」

憂「うん」ごろ



235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:44:48.76 ID:DjLDJMad0

唯「4時半…もうみんな学校終わったかなぁ」

憂「…はぁ…」

唯「って、だめだめ」ちら

憂「はぁ…はぁ……」

唯「うい~…」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:46:37.80 ID:DjLDJMad0

ぴんぽーん

唯「こんな時に…」

憂「おえちゃん、もう一回…」

唯「う、うん、はい」

憂「おえっ…」げろっ

唯「…」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:48:47.96 ID:DjLDJMad0

───

律「出ないな~」

澪「病院か?」

梓「大丈夫かな…」

紬「携帯通じるかな?」

律「お、そうだな」



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:51:18.59 ID:DjLDJMad0

───

ぶー ぶー ぶー

唯「りっちゃんだ」ぱか

律「もしもし?唯?」

唯「りっちゃん、たいへん…」さすりさすり

律「ど、どうした!?今どこだ!?」

唯「わたしの家…」さすり

憂「はぁ…はぁ…」



244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:53:54.25 ID:DjLDJMad0

律「今唯んちの前にいるんだけど」

唯「ほんとに!?ごめん、今開けるね」たったっ

がちゃん

憂「おえちゃん…待って」

憂「…」はぁはぁ



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:56:55.18 ID:DjLDJMad0

憂(吐いたらだいぶ楽になった)

憂「…」

憂(みんな来てくれて、ノート見せてもらって)

憂(私の左耳は聞こえるようになって…)

憂(…嫌な夢)



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 20:58:14.75 ID:DjLDJMad0

がちゃん

唯「うい~」

律「憂ちゃん」

澪「うっ……」

紬「澪ちゃんは出てて?」

澪「ご、ごめん…」



250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:01:03.40 ID:DjLDJMad0

憂「みなさん…」

律「憂ちゃん顔真っ赤だけど…熱あるんじゃないか?」

梓「憂…大丈夫?…なわけないか」

憂「…」にこ

紬「わたし、この洗面器洗ってくる!」

唯「ありがと、ムギちゃん」



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:02:59.22 ID:DjLDJMad0

憂「わざわざすみあせん…」

律「気にしなくていいよ」

憂「…」きょとん

律「?」

唯「うい、何も聞こえない?」

憂「?」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:04:58.41 ID:DjLDJMad0

律「なるほどな」

澪「ゆ、唯、これ」

唯「なに?」

梓「わたしからも憂に…机の上に置いとくね」

憂「…?」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:06:52.79 ID:DjLDJMad0

澪「今日の分のノートのコピー。時間できたら写しておくといいよ」

唯「澪ちゃん…ありがとう!」

憂「おえーちゃん」

唯『今日分のノートのコピー持ってきてくれたよ』

憂「あ…ありがとう梓ちゃん」



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:11:32.23 ID:DjLDJMad0

梓「今はゆっくりしてないと」

憂「…」

唯『今はゆっくりしててね!』

憂「あ、うん…」

梓「あぁ、すみません、わたしが書けば良かったです」

唯「いいのいいの~」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:14:54.69 ID:DjLDJMad0

がちゃん

紬「りんごむいてきたよ~」

澪「おお」

唯「ムギちゃんありがと~」

紬「ふふ、はい、憂ちゃん」

憂「りんご…私に」

唯『食べて!』

憂「ありがとおございます」ぺこ



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:18:13.15 ID:DjLDJMad0

律「ムギ、憂ちゃん何も聞こえないんだ」

紬「そうなの…」

憂「…」

ぴぴぴ

憂「あ」

唯「何℃~?」



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:24:43.28 ID:DjLDJMad0

憂「37.3℃」

唯「良かった…熱はあんまり無いね」

律「ちょっと換気した方がいいんじゃないか?」がちゃ

唯「そだねー」

紬『なにか食べたいものとか飲みたいものある?』

憂「いえ…すみません」



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:27:11.36 ID:DjLDJMad0

澪「どうする?」

律「そろそろ引き上げるか」

唯「え、もう?」

律「あんまり長居すると憂ちゃんにも悪いしな」

紬「何かあったら連絡してね?」

唯「うん、みんなありがとう…」



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:31:18.03 ID:DjLDJMad0

───

憂「…」

唯「zzz」

憂(もうすぐ7時…)

ぴーんぽーん

唯「…お?」

憂「?」



265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:32:37.71 ID:DjLDJMad0

唯「今なんか誰か来た?」

憂「?」

唯「あ、そうだった」

唯『ちょっと下見てくるね』

憂「え…」

がちゃん



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:34:56.14 ID:DjLDJMad0

唯(誰だろ~)たったっ

唯「はーい!」

がちゃ

純「こんばんは~」

唯「あ、純ちゃん!」



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:38:44.09 ID:DjLDJMad0

純「憂はどうですか?」

唯「寝てるよ~、とりあえず入って入って~」

純「お邪魔しまーす」

唯「でも純ちゃん遅いね」

純「ジャズ研の帰りで…すみません」

唯「ううん、ありがとね来てくれて」



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:40:45.24 ID:DjLDJMad0

がちゃ

純「憂!」

憂「純ちゃん…」

純「大丈夫ー?」

憂「…」にこ

純「?」



273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:43:56.62 ID:DjLDJMad0

唯『大丈夫?って』

憂「あ、うん!だいぶ楽になったよ!」

純「えっと…?あ、そっか」

唯「さっきまで熱も少しあったんだよ」

純「難聴の上に発熱ってとんだ災難ですね」



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:46:49.79 ID:DjLDJMad0

唯「すぐ治るよ~多分」

純「憂!頑張って!」

唯『頑張って!』

憂「ふふ、ありがと純ちゃん」

純「憂の元気な顔が見れたのでそれじゃあ…」



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:48:34.53 ID:DjLDJMad0

唯「もう帰っちゃうの?」

純「もう暗いし…」

唯「そっか~」

純「あ、唯先輩、地図ありますか?」

唯「地図?もちろんあるよ~」

純「良かった…」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 21:51:04.86 ID:DjLDJMad0

唯「はい!なにに使うの?」

純「世界地図…じゃなくてこの辺の地図が欲しいなって」

唯「この辺の地図~?あるかなぁ」

純「…」ごくり

唯「探してくるね、ちょっと待っててね」

純「どうも」

がちゃん

純「…」



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:19:29.72 ID:DjLDJMad0

憂「こんな遅くにありがとう、純ちゃん」

純「いいのいいの、気にしないで」

憂「…」にこ

純「ねー、憂?」

憂「?」

純「ばーか」

憂「純ちゃん!」

純「ひぃっ」



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:24:20.24 ID:DjLDJMad0

憂「ばーか って!」

純「いや、聞こえるかなぁって…もちろん冗談だよ冗談」

憂「分かりゅよ……」にこ

純「へへへ…唯先輩遅いね憂のアホ」

憂「ごめん純ちゃん聞こえなくて…書いてくれれば」

純「くくくく…ういのどじあほまぬけ」

憂「?どしたの?」

純「あはははははw」

憂「?」



286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:27:19.84 ID:DjLDJMad0

がちゃ

唯「ごめんね純ちゃん地図無かった~」

純「あははは……えええ!?」

唯「え?」

純「あ、いや…すみません」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:28:06.94 ID:DjLDJMad0

唯「けどなんで?地図なんて」

純「いえ、大丈夫ですから……」

唯「?」

純「じゃあそろそろ帰りますね」

唯「うん、またね~」



289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:29:48.13 ID:DjLDJMad0

純「その前に」

純『憂!応援してるから!早く治ってね!』

唯「んふふ~♪」

憂「純ちゃん…」

純「頑張って!憂!」ぴーす



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:32:15.79 ID:DjLDJMad0

憂「ありがとう!頑張る!…えへへ」

純「ふふ、じゃあお邪魔しました!」

唯「うん、ありがとね~」

唯『じゅんちゃん下までみおくってくるね』

憂「うん!」



291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:33:26.85 ID:DjLDJMad0

───

がちゃ

唯「暗いね~」

純「うぅ…」

唯「純ちゃん?どしたの?」

純「いえ…ありがとうございました」

唯「こちらこそ!また来てね~」



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:42:21.68 ID:DjLDJMad0

───

がちゃ

唯「ふ~…」

憂「ありがとう、おえーちゃん」

唯『わたしはなーんにもしてないよ、ういもいつもありがとう』

憂「そんあことあいおに」

唯「えへへ~…そうかなぁ」



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:45:01.43 ID:DjLDJMad0

憂「…」にこ

唯『聞こえなくてもやっていけそうじゃない?』

憂「う、う~ん…」

唯『早く治りますように~』

唯「…」かきかき

憂「おえーちゃん、こお絵は?」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:48:54.60 ID:DjLDJMad0

唯『うい』

憂「これがわたし…」

唯『以てないね↓かきなおす!』

憂「…」

憂『×以、◯似』かきかき

唯「あ」

憂「えへへ~」にこ



297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:51:17.14 ID:DjLDJMad0

唯『ケアレスミスだよ~~』

憂『分かってるよ!』

唯「へへ…」てれ

憂『◎』

唯「え…」



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 22:53:57.80 ID:DjLDJMad0

憂『独創的ですごい絵だと思います!』かきかき

唯「そお?ふふ~♪」

唯『thank you!!』かきかき

憂「えへへ…」にこ

唯「ういとお手紙してるみた~い」



299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 23:00:09.51 ID:DjLDJMad0

憂「…おえーちゃん、横にあっていい?」

唯「うんいいよ」こくこく

憂「よいしょっと」ごろ

唯『まだだるい?』かきかき

憂「すこしだけ…」



301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 23:02:42.52 ID:DjLDJMad0

唯『何か食べたいものある?』

憂「ううん、あにも」

唯『何かあったら言ってね』

憂「うん!」

唯「わたしもなんかつかれちゃった」ごろ



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/01(金) 23:05:13.74 ID:DjLDJMad0

憂「おえーちゃんあったかい…」

唯「ういもね」ぎゅ

憂「えへへ…おえーちゃん」

唯「ういの耳が早く治りますように~」

憂「…」



389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:02:14.34 ID:9L/a1T1b0

唯「寒いね~…」ぶる

憂「うんっ……お姉ちゃん手袋片方は?」

唯「どっかで失くしちゃったみたいで……うい、マフラーしないの?」

憂「干しておいたら飛ばされちゃって」

唯「そっかぁ」くる



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:07:09.58 ID:9L/a1T1b0

憂「…?」

唯「       」にこ

憂「え……?」

唯「         」きょとん

憂「お姉ちゃん?」



393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:08:53.61 ID:9L/a1T1b0

唯「         」しゅん

憂「聞こえない…聞こえない…」

唯「            」むすっ

憂「お姉ちゃん待って、耳が」

唯「      」



394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:11:03.65 ID:9L/a1T1b0

憂「ちょっと待って!お姉ちゃん」

唯「     」たったっ

憂「待って、行かないで…」

律「         」

澪「      」



395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:12:35.70 ID:9L/a1T1b0

唯「      」にこ

律「   」

梓「     」

憂「ぁぁ…」

紬「      」



396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:14:41.36 ID:9L/a1T1b0

憂「おえーちゃん…」

憂(!?)

唯「?」

律「…」

澪「…」



397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:15:54.26 ID:9L/a1T1b0

憂「あんあいいがおあいくて…」

憂(なにこれ…)

唯「なに?うい」

律「どうした?憂ちゃん」

澪「?」

憂(聞こえる!)



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:18:07.18 ID:9L/a1T1b0

憂「おええちゃ、いいあ!いいあいおえる!」

唯「うい~…からかわないでよ」

紬「ふふ、憂ちゃんったら」

梓「気持ち悪いよ、憂」

憂(なんで…なんで)



399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:20:07.92 ID:9L/a1T1b0

憂「おえちゃ、まあえ!」ぎゅ

唯「ちょ…やめてよ」ずいっ

憂「え…」

律「おいおい唯」

唯「うい、つまんないよそれ、気持ち悪いしやめてよ~」

憂「……」



400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:24:04.76 ID:9L/a1T1b0

憂「おえちゃ」

憂(いやだ…)

憂「ひあはあうい」

憂「…」

憂「…いやああああ!



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:25:50.14 ID:9L/a1T1b0

──────
───

憂「はぁ…はぁ…」

唯「うい…」

憂「おえーちゃ……あっ」

唯「?」

憂「…」



402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:27:58.53 ID:9L/a1T1b0

唯『怖い夢みたの?』かきかき

憂『ちょっとだけ、でも大丈夫』かきかき

唯「…」じーっ

憂「ふ~…」

唯『まだ5時だよ、ねよ?』かきかき



403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:31:38.51 ID:9L/a1T1b0

憂『うん』

唯「ふふ」にこ

憂「…」ぼーっ

唯「……zz」

憂「おえーちゃん」ぼそ



404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:34:49.58 ID:9L/a1T1b0

憂「な、にぃ、にゅ、にぇ、にょ」

憂「な、に、う、え、りょ?」

憂「ま、に、ぬ」唯「うい?」ごろ

憂「…」

唯「…?」



405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:35:56.47 ID:9L/a1T1b0

唯『だいじょぶ?』

憂「…」こくこく

唯「なぁらいいんだぁ…」ごろ

憂「…」

唯「…zz」



406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:42:06.72 ID:9L/a1T1b0

憂「あ?にゃ?にぃぁ?ぬゎ…」

憂(どれが合ってるのか分からないや……それに逆に混乱してきたかも)

憂「おにぇーちゃん」ぼそ

憂(酷くなってませんように…)

憂「…」うとうと



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:48:56.84 ID:9L/a1T1b0

───
──────

唯「うい~」

憂「おえーちゃん!!」

ひそひそ

唯「…えへへ」

憂「?」



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:50:48.48 ID:9L/a1T1b0

唯「あ!りっちゃん!」

律「おぉー唯!」

憂「りうあんこんいちあ!!」

律「…」

唯「りっちゃん!?待ってよー!」



411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:52:14.68 ID:9L/a1T1b0

憂「…」

唯「行っちゃった……」

澪「お、唯」

唯「澪ちゃん!」

憂「みおあんこんいちあ!」



412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:53:23.58 ID:9L/a1T1b0

澪「…あ、ごめん用事だ、また後で」

唯「え…」

澪「じゃ、またな」ひゅー

唯「…」

憂「…」



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:54:53.20 ID:9L/a1T1b0

憂「…あ!あうあ…」

梓「…」ちら

憂「おいえー!」にこ

梓「…」ひゅー

憂「えっ…」



415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:56:28.73 ID:9L/a1T1b0

唯「あ!和ちゃん!」

憂「のおあたん!」

和「あぁ唯……と、誰?」

唯「誰って、和ちゃんひどーい!ういだよ!?」

憂「のおあたん…」



417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 16:59:15.56 ID:9L/a1T1b0

和「え?嘘でしょ?」

唯「嘘じゃないよ!ういはういだよ!」

憂「…」

和「…へ、へー、そうなんだ……じゃあ私、生徒会行くね」

唯「え…待ってよ和ちゃん」



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:01:18.73 ID:9L/a1T1b0

憂「…」

唯「おーい!ムギちゃん!」

紬「あぁ、唯ちゃん!」

唯「ねね、一緒に遊ばない!?」

紬「ごめんね、忙しくて……この子、お友達?」



419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:02:39.00 ID:9L/a1T1b0

唯「…え、っと」

憂「…」ごく

唯「私の妹、だよ」

紬「そ、そうなんだぁ~…ふふ、よろしくね」

憂「…」



420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:04:06.77 ID:9L/a1T1b0

唯「…じゃ、ムギちゃんばいばーい!」

紬「うん、また明日ね~♪」

憂「…」

唯「うい~…」

憂「…?」



421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:06:05.05 ID:9L/a1T1b0

唯「どうする気なの?」

憂「え…」

唯「ずっとそうやってるの~?」

憂「…」

唯「はぁ…大変だ、いなけりゃ良かったのに」



424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:08:01.88 ID:9L/a1T1b0

──────
───

憂「ごほっ…」がば

唯「…zz」

憂(気持ち悪い…)

憂(トイレいこ)すた



425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:10:01.29 ID:9L/a1T1b0

がちゃん

唯「ん…?」

唯「うい~?」

唯(トイレかな)

唯(まだ6時…)

唯「…」



426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:11:25.46 ID:9L/a1T1b0

唯(大丈夫かな)

唯「見に行こう」

唯「うい~」

「ごほっ……」

唯「うい!?」たったっ



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:13:41.24 ID:9L/a1T1b0

がちゃ!

憂「げほっ……」げろげろ

唯「言ってから行ってよ~」さすりさすり

憂「ごほっ…ごほっ……」ぐす

唯「うい…?」

憂「…」ぽろぽろ



429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:15:49.03 ID:9L/a1T1b0

唯「…」さすりさすり

憂「あいじょぶ…」

唯「…」ふきふき

憂(お姉ちゃんの服が…)

唯「もぉ」



430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:18:33.79 ID:9L/a1T1b0

憂「…」

唯「すっきりした?ok?」(のジェスチャー)

憂「…」こくこく

唯「じゃ戻ろ」(のジェスチャー)

憂「…」こく



431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:19:57.57 ID:9L/a1T1b0

唯「慣れてきたよ」

憂「…」

がちゃ

唯「まだ6時だけど…」

憂「…」



432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:22:38.23 ID:9L/a1T1b0

憂『ありがとう、お姉ちゃん服着替えないと』かきかき

唯「…」にこ

唯『こんなのぜんぜんへーき!』

憂『でも、汚いから』

唯『分かったよ~きがえてくるね』



438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:26:51.47 ID:9L/a1T1b0

がちゃん

憂「…」

憂(お姉ちゃん本当はどう思ってるんだろ)

がちゃ

唯「おまち~」

憂(早っ)



439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:28:43.69 ID:9L/a1T1b0

唯『寝てて~』

憂「…」こく

唯『うい、耳はどお?』

憂「…」ふるふる

唯「そっかぁ」



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:30:41.26 ID:9L/a1T1b0

唯『びょーいん行く?』

憂「…」

唯『ねんのため』

憂『だいじょーぶ、おうちでゆっくりしてるよ』

唯『ok!』にこ



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:37:05.25 ID:9L/a1T1b0

唯『気分はどう?』

憂『だいぶよくな』唯「あー」すっ

憂「?」

唯「うい、爪伸びてるよ~」

憂「…?」

唯「爪だよ、きる」つんつん

憂「あ…」



444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:39:00.05 ID:9L/a1T1b0

唯『切ってあげよう 手だして』

憂「…」

唯「うい?」

憂「えん…」

唯「ペン?」これ?

憂「…」こくこく



445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:42:48.29 ID:9L/a1T1b0

唯「はい、どうぞ」

憂「…」にこ

憂「…」かきかき

唯「うい…」

憂「…」

『お姉ちゃん、色々やってくれてありがとう
 でも私ひとりでも大丈夫だから、お姉ちゃん今日から学校行っていいよ』



448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:48:02.98 ID:9L/a1T1b0

唯「ええ!?なんでなんで…ってそうだ」

唯『そんなこと言わないで!なんかいやなことあったら言ってよ~(>人<;)』かきかき

唯「…」ちらっ

憂「…」にこ

唯「ほっ」

憂『そうじゃなくて、お姉ちゃん学校行きたいのに悪いかなって』



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:54:36.50 ID:9L/a1T1b0

唯「むぅ…」

唯「…」かきかき

『たしかに学校には行きたいけど、ういが耳聞こえなくて
 体ちょうも悪いのにほおっておくわけないよ!(`ε´)』

憂「おえーちゃん…」

憂「…ふふっ」

唯「えへへ…」てれ



450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 17:59:41.44 ID:9L/a1T1b0

『ほんとにいいの?』

『ほんとのほんと!それにもう休むって言っちゃったし!』

『それは別にいいんじゃ』

『だめだよ~!だからうい、二週間以内に治しちゃだめだよ~』

『どうかなぁ!?』



451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 18:04:23.05 ID:9L/a1T1b0

憂「ふふ」

唯憂「あははは!」

唯「…」かきかき

『絶体早くなおるよ!ういならよゆー!』

唯「ういー」

憂「ふふっ」

唯「ぴーす!」

憂「うん!」ぴーす!



474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:06:45.56 ID:9L/a1T1b0

───発症5日目、平沢家

和「憂?」

憂「?」

和「いちたすいちは?」

憂「2」

唯「ほら~!」



475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:08:52.74 ID:9L/a1T1b0

和「さんかけるさん」

憂「9」

唯「ね!?ね!?」

憂「えへへ~…」

和「……まあ、楽しいならいいんだけど」



476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:12:01.16 ID:9L/a1T1b0

唯「読唇術なんて、ういかっこいいよ~」

憂「えっと…?お、う、…?」

和「…唯はもう明日から学校に行っても大丈夫なんじゃないの?」

唯「えー!ういが耳聞こえないのにー!?」

和「それを楽しんでるでしょ、あんた」



477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:15:18.59 ID:9L/a1T1b0

唯「誤解だよ~和ちゃん」

憂「おあいあ…誤解だよ、お、お…和ちゃん」

唯「すごーい!!まるっ!」まる

憂「えへへ…」

和「やれやれ」



478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:17:42.46 ID:9L/a1T1b0

和「ところで唯、勉強の方はどう?」

唯「そ、それは…」

和「ノート写してやった気になってる場合じゃないよ?私たち一応受験生なんだから」

唯「じゅ、受験生!?」

和「そうよ?」



480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:22:09.32 ID:9L/a1T1b0

唯「あ~~」ぐで~

和「その力の抜けた顔は何よ」

唯「えへへ」

憂「…」ぐ~

憂「あ」

和「ご飯にしましょう」



481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:24:26.93 ID:9L/a1T1b0

唯「和ちゃんありがと~!」

和「そんな多くは持ってきてな」憂「サンドイッチ!」

和「そう。食べましょう」

唯憂「いただきまーす!」

和「ハモったわ」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:27:09.76 ID:9L/a1T1b0

唯「おいし」もぐもぐ

和「食べながら言わなくてもいいよ」

憂「もぐもぐ」にこ

和「…良かった」

唯「もらっていい?」

憂「いいよ~」

唯「わーい!ありがとお!」ひょい



484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:29:38.85 ID:9L/a1T1b0

憂「え…」

唯「ん~♪うま」

憂「…おねえちゃ~ん」

和「読唇できてなかったようね」

唯「ん?」もぐもぐ

憂「ま、いっか♪」にこ

和「しかしこうして見る分には憂が難聴には見えないわね」



485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:31:00.47 ID:9L/a1T1b0

唯「だよね~」

憂「?」

和「あぁ、いいのよ」

憂「そお?」もぐもぐ

唯「和ちゃん、もう無いの?」



487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:32:33.65 ID:9L/a1T1b0

和「これでおしまい。…というかあんたたち朝なに食べたの?」

唯「何にも?」

和「一体なにしてたのよ…」

唯「発音と読唇の勉強ですっ」

和「つまり夢中で遊んでたのね」



488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:39:07.79 ID:9L/a1T1b0

憂「ふ~」げふ

和「憂はお腹いっぱいになったみたいよ」

唯「ういは朝に私の作ったおにぎり食べたんだよ」

和「唯のおにぎり?」

唯「そうだよ~。しゃけ、こんぶ、うめぼし、たまご、ましゅまろ、ちょこ、きむち、ごはんですよ」



490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:42:58.20 ID:9L/a1T1b0

和「チョコとかマシュマロってどうなのよ」

唯「うい、朝のおにぎりおいしかったよね?」

憂「ええっと」

唯『おにぎりおいしかったよね!?』かきかき

憂「うん!」



491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:45:31.38 ID:9L/a1T1b0

和「…」

唯「どうだぁ!」

和「…ごはんってのはなんなのよ、またごはんはおかずとか言って…」

唯「ごはん?ごはんですよですよ」

和「は?」



493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:48:49.01 ID:9L/a1T1b0

唯「だからぁ、ごはんですよだよ~」

和「唯?」

唯「ごはんですよ!っていうの、のり」

和「はいはい」

唯「今持ってくる!」たたっ

がちゃん



494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:51:02.96 ID:9L/a1T1b0

和「なんなんだか」

憂「…」

和「…憂、まだ聞こえないの?」

憂「…ま、だ、い、…?」

和「聞こえないのね…」



495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 20:58:25.53 ID:9L/a1T1b0

和「今は治っても、これがまた卒業式、入学式近くになって発症しなければいいけど」

憂「い、ま、ま…」

和「ふふ、健気なんだから」なでなで

憂「和ちゃん?」

和「でも、2人のためにもあれは悪くない選択肢だと思うわ……」

和「まずは唯が受からなくちゃだけどね」くす

憂「?」きょとん



496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:00:08.84 ID:9L/a1T1b0

がちゃん

唯「ごはんはおかず!」

和「あぁ、あった?」

唯「じゃなかった、ごはんですよ!」

和「あぁ、桃屋のこれね」

唯「ごはんですよ!」



497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:02:31.71 ID:9L/a1T1b0

憂「ごはんですよ?」

唯『和ちゃんのために持ってきたの』かきかき

憂「これ好きなの?和ちゃん」

和「いいや、そうじゃなくて」ふるふる

唯「ごはんはすごいよ なんでもあうよ」



499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:04:40.00 ID:9L/a1T1b0

憂「ほかほか♪」

和「すごいわね」

唯「ラーメン うどんに お好み焼き」

憂「これこれ♪」

和「けいおん部らしいライブだったわ」



500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:07:41.26 ID:9L/a1T1b0

唯「和ちゃんも何か喋ってくれれば~」

和「あそこでいきなり振られても困るわよ」

唯「そうかなあ」

和「そうよ、唯じゃ無いんだから。ところで最後の…U&I、だっけ?良かったわ」

唯「えへへ~…」



501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:09:54.27 ID:9L/a1T1b0

和「う、い、なんでしょ?U&Iの元は」

唯「ふふ、ど~でしょ~」

和「あなたと私、にも掛かってるのよね」

唯「和ちゃんすごーい!」

和「誰でもわかるわよ」

唯「そお…?」しゅん



502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:13:33.65 ID:9L/a1T1b0

和「あ、いや、でもあれ唯が一人で考えた歌詞なんでしょ?凄いわよ」

唯「えへ…」

憂「…あの」

和「ああ、ごめんね憂」

憂「ううん」



505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:16:10.09 ID:9L/a1T1b0

唯「…よっと」

和「唯のギターね」

唯「ギー太だよ」

和「ふふ、でもなんで憂の部屋に?」

唯「ういが寝てる間練習しようと思って」



506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 21:18:31.50 ID:9L/a1T1b0

唯「…照れちゃいますなあ」てへ

和「聞こえないわよ」

唯「そっか」

憂「…!」わくわく

唯「~♪」



513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:06:20.86 ID:9L/a1T1b0

唯「きみがいないと なにもできないよ」

唯「きみのごはんが食べたいよ」

唯「もしきみが帰ってきたら」

唯「とびっきりの笑顔で だきつくよ」

憂「…」

*  *  *

憂(ずっと届いてるよ……お姉ちゃん)



514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:07:13.71 ID:9L/a1T1b0

───発症7日目

憂「お茶どうぞ~」

澪「ありがとう」

律「にしても良かった良かった」

梓「部室が唯先輩の家に移動したようなもんでしたよ」

紬「まあまあ♪」



515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:11:04.09 ID:9L/a1T1b0

唯「みんな一週間ありがとねぇ」

律「ああ、ぜんっぜん気にしなくていいぞ」もぐもぐ

澪「なんか逆にすまなかったな…憂ちゃんにも」

憂「いえいえ、皆さんのおかげです」

梓「憂は人が良すぎるんだから」ごくごく



516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:13:34.01 ID:9L/a1T1b0

律「憂ちゃんはもう完全に回復したの?」

憂「いえ……まだ完全に、ってわけではないんですけど」

唯「ういーそこのクッキーとって~」

憂「はい、お姉ちゃん」

唯「ありがと~」



518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:17:32.51 ID:9L/a1T1b0

律「なんだか安心する光景だよな」

澪「安心はする、するんだけども…」

梓「唯先輩、しゃきっとしてください!」

唯「まぁまぁ~」

澪「あ、唯、これが一応最後のコピーだから」

梓「憂にも……はい」



519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/02(土) 22:18:49.61 ID:9L/a1T1b0

唯憂「ありがとう」

紬「ハモった~♪」

律「2人とも明日から復帰だな」

唯「うん!」

憂「はい!」



556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:32:00.04 ID:IpIVBQwF0

───発症から14日目、神社

憂「お姉ちゃんがけいおん部のみなさんと同じ大学にいけますように」

憂「…」

憂(お姉ちゃんと2人で暮らせる日もあと…)

憂(お姉ちゃんが大学に……)

憂(合格しますように)



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:37:16.16 ID:IpIVBQwF0

───平沢家

澪「いい?このthatの先行詞はここに──」

唯「ほうほう」

律「はぁ~」

がちゃ

憂「ただいまぁ」



559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:38:45.85 ID:IpIVBQwF0

唯「おかえりー!!」

澪「おう、おかえり」

憂「澪さんも律さんもありがとうございます」

律「あー、いいのいいの気にしないで」

澪「お前は何もやってないだろっ」



560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:40:27.03 ID:IpIVBQwF0

憂「お昼買ってきたので…もし良かったら」

澪「一旦休憩にするか?」

唯「うん!」

律「おお!?なになに?」

憂「お寿司なんですけど」



561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:42:30.83 ID:IpIVBQwF0

唯「待ってましたぁ!」

憂「ふふ、ちょっと待ってね」

律「こら唯、落ち着け、落ち着くんだ」

唯「りっちゃんだって~」

澪「ところで憂ちゃん、もう耳は…」



562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:45:22.24 ID:IpIVBQwF0

憂「はい、おかげさまですっかり」

律「良かった良かった」

澪「それにしても怖いよな、急に聞こえなくなるってのも」

憂「えへへ…まぁ」

唯「お医者さんはストレスが原因!って言ってたけどさ、なぞじゃない?」



563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:46:53.39 ID:IpIVBQwF0

律「澪もあんまり体重気にしてるとそのうち…」

澪「ひ、ひぃ」

憂「…」

唯「うい?」

憂「…ふふ、お寿司食べよう?」



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:50:16.44 ID:IpIVBQwF0

唯「うん!」ひょいぱく

澪「…」

律「あ!唯!ちゃんと数をかぞえて食べろよ!?」

憂「いっぱい買ってきたので遠慮せず食べてください」

唯「ん~♪おいし」



568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 06:56:27.25 ID:IpIVBQwF0

───それからしばらく経って

唯「うい~…」

憂「おかえりお姉ちゃ……って!?」

唯「ミスった…」

憂「ど、どうしたのその髪……」

唯「切ってしまいました」とほほ



569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:01:28.60 ID:IpIVBQwF0

憂「どうして自分で…?」

唯「だってぇ~……どうしよおーうい~~」

憂「どうしようって言われても」

唯「これだよ!?これが一生残るんだよ!?」

憂「卒業アルバムの撮影、だね」



570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:04:50.84 ID:IpIVBQwF0

唯「うぅ……」ぽろぽろ

憂(朝あんなに一生懸命考えてたのに……お姉ちゃんかわいそう)しゅん

唯「はっ」ぴこん

憂「…?」

唯「うい!私に変装して!!」



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:07:21.28 ID:IpIVBQwF0

憂「へ?」

唯「ういが私の代わりに撮られればいんだよ!いや~持つべきものは妹だねぃ」

憂「お姉ちゃん……それはさすがに」

唯「…うえええん」ぽろぽろ

憂「う~ん…髪はあげられないし…」



574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:08:37.57 ID:IpIVBQwF0

唯「…」ぽろぽろ

憂「私はお姉ちゃんのその髪型もかわいいと思うけど…」

唯「…そお?」

憂「うんっ」

唯「…えへへ」



575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:09:45.79 ID:IpIVBQwF0

憂「だから」

唯「…でもやっぱりやだぁ」ぐす

憂「しょうがないよ、お姉ちゃん」

唯「くぅ……もう絶対自分で髪切らないっ」

憂「それがいいね」



576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:16:58.82 ID:IpIVBQwF0

───二月のある日

憂(緊張して一睡もできなかった…)

憂(そろそろお姉ちゃん起こさないと)

がちゃ

唯「おーでぃねりー、普通の、りらいあぶる、信頼できる」ぶつぶつ

憂「お姉ちゃん…」



577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:19:21.86 ID:IpIVBQwF0

唯「はっ!?」

憂「そろそろご飯食べないと…」

唯「おーけぃ、おーけぃ」

憂(大丈夫…お姉ちゃんなら)

唯「ふ~…」とたとた



578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:21:41.23 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃん足元よく見て!」

唯「おぅ…いぇす」

憂「階段ですべ…ころ……気をつけないと」

唯「そ、そうだね」そろ~

憂「ふ、ふぅ」

がちゃ



579: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:23:27.84 ID:IpIVBQwF0

──リビング

平沢父「お、唯憂、おはよ」

憂「おはよ~」

唯「……」ぶつぶつ

平沢父「どうした?唯」

唯「話しかけないで……」ぶつぶつ



581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:25:02.77 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃん単語最後まで覚えてるみたい」

平沢父「当日の朝そんなんで大丈夫か唯」

憂「大丈夫だよ!」

平沢父「お、おう」

唯「………」ぶつぶつ



582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:28:02.17 ID:IpIVBQwF0

平沢母「ごはんできてるよ」

憂「はーい」すわりっ

唯「いんしゅらんす、ほけん、すとらぐる、もみあう」すわり

平沢母「もう、唯は…」

平沢父「なんだか懐かしいなぁ」



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:31:56.15 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

平沢母「それじゃあ唯、リラックスして頑張って!」

平沢父「最後まで落ち着いて」

憂「お姉ちゃんなら絶対大丈夫だよ!」

唯「うんっ!頑張る!」

平沢母「ちゃんと前むいて歩きなさいよ」

唯「おっけぃ!いってきまーす!!」



585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 07:36:41.34 ID:IpIVBQwF0

がちゃん

憂「ぁ…」どきどき

平沢父「憂も来年だな」

平沢母「ふふ、憂も唯と同じ大学に」憂「うん!」

平沢父「自分が行きたいところだよ」

憂「お姉ちゃんと同じところがいいから…」



599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:42:25.25 ID:IpIVBQwF0

平沢母「憂が決めていいのよ」

憂「分かってるよ」

平沢母「今年いっぱいはお父さんとお母さんおうちにいるから」

平沢父「羽を伸ばしてね、憂は好きなことをやるといい」

憂「…」



601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:46:35.63 ID:IpIVBQwF0

平沢母「第2志望の学校は合格したのよね」

憂「うん」

平沢父「唯もやる時は一生懸命やる子だからな」

平沢母「私たちの子どもだしね~」

憂(今日の学校はお姉ちゃんの偏差値よりだいぶ高い……けど)



602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:49:41.18 ID:IpIVBQwF0

平沢父「この学校は学生寮があるんだっけ?」

平沢母「えっとね──」

憂(お姉ちゃん頑張ってたし…)

平沢母「あったあった、これよ」ぺら

平沢父「助かるな、学校にも近いね」

平沢母「ね~」

憂(春からお姉ちゃんと会えなくなるんだね…)



603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:51:44.07 ID:IpIVBQwF0

平沢父「随分と綺麗だね」

平沢母「女子寮だしね」

平沢父「今日の学校は軽音部の子たちと同じって」

憂「うん、みんなでここに行く って」

平沢母「すごいわよね…」

平沢父「…ま、まぁ、別に大学ならね」



604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:54:39.27 ID:IpIVBQwF0

平沢母「それに女の子だしねぇ」

憂「…合格できるよ」

平沢父「うん」

平沢母「…」

憂「そろそろ学校行くね」



606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 10:59:06.84 ID:IpIVBQwF0

───神社

憂(お姉ちゃんが合格してけいおん部のみなさんと同じ大学に……)

憂(入れますように)

憂「…」

憂(お姉ちゃんが合格してあの大学にいけますように、ってお祈りしてきたのに)

憂(なんだろう……)



607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:02:53.15 ID:IpIVBQwF0

憂(お姉ちゃんが大学に入ってみなさんと一緒に…)

憂(でも、私は一体どうすれば)

憂(お姉ちゃんがいない生活…?)

憂(……どうにかなるよね、うんうん)

憂「今日も一日頑張ろっ」



608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:08:14.90 ID:IpIVBQwF0

───学校

純「で、軽音部どうするの?梓」

梓「どうするのって…続けるよ」

純「4人集まらなかったら廃部だよ?」

梓「…」

憂「大丈夫だよ、きっと集まるよ」



610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:10:03.03 ID:IpIVBQwF0

梓「ありがと」

純「…」にこ

梓「なに?」

純「頼ってもいいんだぞー?」

梓「純はジャズ研があるでしょ。それに集まるもん」



611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:15:53.43 ID:IpIVBQwF0

───4月、平沢家

平沢母「唯の部屋もすっきりしたわね」

憂「うん…」

平沢母「見送るわよ、憂」

憂「…」たたっ

平沢母「憂!?」

がちゃん



614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:25:28.03 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃん…」

『危ないから手つないで帰ろう』『ういの耳が早く治りますように!』『夜ご飯、わたしが作るよ』
『任せてよ』『そう?』『じゃあ、、お願いします!!』

憂「ふふ…」ぐす

『なんでもないよ~』『なんでもない、これ、おいしい!』『良かった~!』
『ちゃんと話せてるか、ちょっと不安』『ういは口で話していいよ』

『目の下、くまがすごいよ』『寝れなかったの?』『もすこし大きい声で』
『okok、大丈夫だよ』『少しは良くなった?』『お薬飲んでればどんどん良くなるよ、大丈夫』



615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:29:57.69 ID:IpIVBQwF0

『やっぱり、しばらく学校休も?』
『学校はうるさいし、ういの耳に何かあったらいやだから』
『わたしも学校休む』
『わたしご飯作ってくる』
『任せて!』

『ういが治るまで休む』
『だから早く治ってね』
『ういのかんびょうならぜんぜんへーき!』

憂「…」ぽろぽろ

『ヨーグルト作ったよ、食べて』
『これ食べれば、すぐ耳よくなるよ!』
『耳もよくなりますように!』

『わたしはなーんにもしてないよ、ういもいつもありがとう』



618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:34:00.03 ID:IpIVBQwF0

憂「…」すくっ

がちゃん!

憂(お姉ちゃんに伝えないと…)たったっ

憂「…」たったっ

平沢母「あら…」



619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:35:41.71 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃんは…」

平沢母「もう行っちゃったわ」

憂「…そっか」

平沢母「何かあったの?携帯通じると思うよ」

憂「……うん」



625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:55:21.35 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

憂「お姉ちゃん進学おめでとう、…違うなぁ」ぴっぴ

憂「お姉ちゃんあの時は、……う~ん」ぴっぴっ

憂「……そうだ」ぴぴ

prrrrr

憂「もしもし、梓ちゃん?」



628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 11:58:25.77 ID:IpIVBQwF0

梓「憂?どうしたの?」

憂「学祭でやる曲でね」

梓「ああ。なに?」

憂「お願いがあるんだけど…」

憂(お姉ちゃんと同じやり方で、私もお姉ちゃんに伝えるんだ)



632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:03:23.24 ID:IpIVBQwF0

───10月、部室

唯「あずにゃ~ん」ぎゅ

梓「ちょっと…」ずいっ

純「はは…」

澪「なんだか懐かしいな」

律「梓も憂ちゃんも変わってないな~」



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:09:56.26 ID:IpIVBQwF0

憂「えへへ…」

唯「そういえばどういう曲やるの~?」

梓「ああ。ふでペン、カレー、ふわふわ、あと…」

唯「あと!?」

梓「私たちのオリ曲です!」



636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:12:03.12 ID:IpIVBQwF0

がちゃ

和「ちょっと!講堂の使用申請許」唯「和ちゃん!」

和「可書が……って、ボケられなかったじゃない」ぼそっ

澪「和も来てたのかー!」

和「ええ、憂に招待されてね」



637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:13:50.55 ID:IpIVBQwF0

律「ところで、あと一人はどこにいるんだ?」

梓「三人ですよ」

紬「あら?」

梓「特別に認めてもらいました。今年だけってことで」

唯「え~」



639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:16:29.47 ID:IpIVBQwF0

梓「先輩方には申し訳ないです……」

律「なんで?」

梓「せっかくできた軽音部が私のせいで…」

澪「梓、忘れたのか?放課後ティータイムは」

唯「いつまでも放課後だよ!」



640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:19:41.47 ID:IpIVBQwF0

がちゃ

生徒会「軽音部のみなさん、そろそろ準備お願いします」

梓「あ、はいっ」

梓「…じゃあ純、憂、いくよ!」

純憂「おー!」



643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:30:00.39 ID:IpIVBQwF0

唯「ういっ」がしっ

憂「お姉ちゃん」

唯「一年でよく頑張ったよ…うい」ぐす

憂「えへへ~…」

唯「頑張ってねぇ…応援してるからぁ」ぐすん



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:34:17.91 ID:IpIVBQwF0

澪「おいおい…」

憂「お姉ちゃん、ずっとお姉ちゃんに」

純「憂ー!早く行くよー!!」

憂「…続きはライブで!」

たたっ

唯「う、うん…?」

がちゃん



645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:35:19.77 ID:IpIVBQwF0

紬「ふふ、楽しみね~♪」

唯「うんっ!」

律「…」

澪「どうした?律」

律「ドラム…」



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 12:41:45.81 ID:IpIVBQwF0

───講堂

唯「お客さんいっぱいだね…」

律「私たちの時はこの3倍はいたぞ~」

澪「誇張すんなっ」

紬「ふふ♪」

「次は、軽音部による演奏です」



648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 13:21:50.57 ID:IpIVBQwF0

おわり



672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:10:32.96 ID:IpIVBQwF0

おまけ



674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:33:34.35 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

純「こんにちは、桜高軽音部です!」

「ジャズ研~!」

純「軽音部ですっ!」

あははは…

律「そっか、佐々木さん転部して来てくれたのか」

澪「鈴木さんな」



676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:37:28.95 ID:IpIVBQwF0

梓「今日はありがとうございます」

梓「去年も来てくださった方は気付いたと思いますが
先輩4人が卒業して、私1人になったところを、ベース、
キーボードの2人が入ってきてくれて、廃部を免れました。
2人ともありがとう!純!」


唯「そういやうい、昔オルガンやってたっけ」

紬「そうなんだ~、上手だわ~」



677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:44:53.76 ID:IpIVBQwF0

純「というわけで、ジャズ研から転部しましたベース担当です。
残り一曲ですが、よろしくお願いします!先輩達も最後まで観てって下さい!」

「頑張れー!」

律「かっこいいぞー!!鈴木さん!」

澪「ジャズ研のOGも来てるんだな」


純「最後に憂!」



678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:56:53.24 ID:IpIVBQwF0

憂「は、はじめまして!キーボード担当です!」

唯「ういー!!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「頑張ってー!!」

憂「うんっ!」

梓「憂!」

憂「あ、最後の曲は周りの人への感謝、そして、家族への感謝がテーマです!聞いて下さい!」



679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 17:58:19.46 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

~♪

澪「この歌詞、なんだかu&iと」

唯「…」じーっ

律「若干違うんじゃないか?」

澪「うん…そうだけど」

紬「いいわぁ…」しんみり



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:00:59.10 ID:IpIVBQwF0

───ライブ終了後、部室

澪「みんな……本当に良かったよ」

純「ありがとうございます」

律「うんうん、さすがだ」

紬「感動したわぁ」

憂「あの…お姉ちゃんは」



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:02:05.75 ID:IpIVBQwF0

澪「ああ、トイレに行くって」

憂「…」

和「憂、どう?」

憂「?」

和「新しく生まれ変わったって感じ?」



682: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:03:09.57 ID:IpIVBQwF0

憂「ううん、そんなこと」

和「なんだか寂しいわ」

憂「和ちゃ…さん」

和「ふふ」

律「よーし!それじゃあ、みんなで打ち上げ行こうぜー!」



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:04:28.10 ID:IpIVBQwF0

澪「唯を待たないと」

憂「あっ、すみません、私は…」

律「唯と2人で帰る?」

憂「えっ…はい」

澪「そっか」

憂「ごめんなさい…」



685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:47:36.06 ID:IpIVBQwF0

律「いいよ」

和「じゃあ、憂、じゃあ先行くよ」

純「終わったらおいでよ~、憂」

憂「うん!」

梓「憂、ありがとね」

がちゃん



686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:52:37.72 ID:IpIVBQwF0

憂「…」

憂(お姉ちゃんに何て言おう)

ざー…

憂(雨だ…)

憂「……あめあめ ふれふれ かあさんが」

憂「じゃのめで おむかえ うれしいなぁ」



688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:55:43.18 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

ざー…

憂(お姉ちゃん遅いなぁ…)

憂(帰っちゃったのかな)

憂「…」

───
──────



689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:57:08.07 ID:IpIVBQwF0

和「憂、分かってるの?」

憂「え?聞こえない…」

和「やれやれ」

憂「本当に聞こえない…」



691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:57:31.93 ID:IpIVBQwF0

和「憂…」

憂「…ごめんなさい」

和「憂も苦しいのは分かるけど」

憂「…」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:58:13.38 ID:IpIVBQwF0

和「唯は別に憂から離れようとかそんなつもりはないのよ」

憂「…分からないなぁ」ぐす

和「何が?」

憂「お姉ちゃんは私をどう思ってたんだろ…」



693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:59:06.63 ID:IpIVBQwF0

『ういのかんびょうならぜんぜんへーき!』
『わたしはなーんにもしてないよ、ういもいつもありがとう』

憂「私が手がかかる妹だからお姉ちゃんは」

和「…」

憂「お姉ちゃんは私から離れたかった?」



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 18:59:47.70 ID:IpIVBQwF0

憂「でもね、いつまでも一緒にいたいって…」ぐす

和「…憂はどうなの?」

憂「私?」

和「憂はどう思ってるの?伝えなきゃ、姉妹でも分からないわよ」



696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:00:35.63 ID:IpIVBQwF0

憂「私はお姉ちゃんとずっと2人でいたい」

和「それが正しいのか、私には分からないけどね。伝えないと」

憂「伝える…」

和「唯だってあの子なりに悩んでたのかもしれない。かも、だけどね」

憂「そっか…」



697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:01:18.03 ID:IpIVBQwF0

──────
───

憂(伝えた、んだけど…)

憂(やっぱりだめだった……)ぽろ

憂「ふふ……でも」ぐす

憂「私だって、お姉ちゃんだけじゃない」

憂「お姉ちゃんがいなくても平気だった」

憂「お姉ちゃんなんていなくても」

憂「…全然平気だった」

がたっ



698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:01:57.95 ID:IpIVBQwF0

憂「!?」

たったったっ……

憂「…」

憂「なんだかスッキリしたなぁ」ぽろぽろ

きーんこーんかーんこーん

憂「もう7時だから…帰ろ」



699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:03:44.97 ID:IpIVBQwF0

* * *

───平沢家

憂(お母さんたちはライブ観てすぐ旅行に行ったんだ)

憂(せっかくお寿司頼んでたのに……お姉ちゃんと食べたかっ…)

憂(…お姉ちゃんだって忙しいんだからしょうがないよね)

憂「よいしょ」すわりっ

憂「…」もぐもぐ



700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:04:31.26 ID:IpIVBQwF0

憂(食べきれないや)ぽろぽろ

ぴんぽーん

憂「…」もぐもぐ

ぴんぽーん


憂(しつこいなぁ)すたすた

憂「…」のぞき



701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:05:40.68 ID:IpIVBQwF0

憂「!!」

憂(お姉ちゃん…)

憂(どうしよう…)


憂(…よし!)

がちゃ

憂「お姉ちゃん!」

憂「あれ?いない…」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:06:13.35 ID:IpIVBQwF0

唯「ばぁ!」

憂「うぅ……」ほろっ

唯「ただいま、うい」

憂「お姉ちゃぁん…」ぽろぽろ

唯「えへへ~…遅くなってごめんね」



703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:07:10.08 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

唯「ん~♪おいし~」

憂「いっぱいあるから、どんどん食べてね」

唯「うんっ」

憂「お姉ちゃんのためにいっぱい注文したんだ~」

唯「これ食べていい?」

憂「うん!」



704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:07:47.65 ID:IpIVBQwF0

憂「律さんもいないし、お姉ちゃんがこのお寿司全部食べていいんだよ~」

唯「えへへ~…ういも食べよ」

憂「うん!」

唯「…」

憂「おいしいね~」もぐもぐ



705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:08:45.41 ID:IpIVBQwF0

* * *

───憂のベッド

唯「今日はこのまま泊まっちゃお」

憂「うんっ」

唯「…」

唯(ういの部屋に飾ってあった写真が全部なくなってる)

唯「うい…」



706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:09:51.36 ID:IpIVBQwF0

憂「?」

唯「ごめんね、今まで迷惑かけて」

憂「…」

唯「ういは優しいからね、わたしの歌になんか返さないとってういは…」

憂「そんなわけじゃないのに…」


唯「ふふ…」

───
──────



707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:10:59.05 ID:IpIVBQwF0

唯「ギー太取りに戻ってたら遅くなっちゃった…」たったっ

唯「うい待っててくれてるかなぁ」

唯「うい~」そっ

「お姉ちゃんがいなくても平気だった」

唯(うい…)



708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:12:08.16 ID:IpIVBQwF0

「お姉ちゃんなんていなくても」

「…全然平気だった」

唯(聞きたくない)だっ

*  *  *

唯「もしもし、和ちゃん?」

和「あら唯?憂も一緒?」

唯「えっと……みんな今どこにいる?」

和「学校のそばのイタリアンにいるわ、待ってるわよ」



709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:13:38.17 ID:IpIVBQwF0

*  *  *

唯「お待たせ~」

澪「あれ?憂ちゃんは?」

唯「先に帰るって」

和「そんなわけないわ、唯、どうして一人で来たの?」

唯「だって…」



710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:16:08.39 ID:IpIVBQwF0

律「行きなよ、唯」

梓「なら私も…」

紬「ううん、梓ちゃんはここに」

梓「ムギ先輩…」

和「唯、あとで後悔するから早く」

唯「…分かったよ」



712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:19:17.83 ID:IpIVBQwF0

──────
───

唯「やっぱりういには敵わないや」

憂「敵わないって?」

唯「ううん、私は一回逃げちゃったから」

憂「…」

唯「ういはこうして私を待っててくれたのに…」



713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:20:47.34 ID:IpIVBQwF0

憂「そんなことないよ、お姉ちゃん」

唯「ういの歌、良かったよ」

憂「お姉ちゃんのおかげだよ」

唯「そっか」

憂「…」



714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:22:36.28 ID:IpIVBQwF0

唯「懐かしいね」

憂「?」

唯「そこの紙。筆談。うい、残しておいたんだね」

憂「お姉ちゃんとの大切な思い出だし…」

唯「思い出かぁ」



715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:26:10.09 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃん、あのね」唯「ういが元気そうで良かったよ」

憂「お姉ちゃんも」

唯「ういがあんなに楽しそうに歌ってるのみたらなんだか辛くなっちゃって」

憂「どうして」

唯「結局離れてみて分かったけど、ういは今が1番楽しそうだから」



717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:29:52.93 ID:IpIVBQwF0

憂「お姉ちゃん、私はお姉ちゃんに伝えられたことが嬉しかったよ」

唯「…?」

憂「お姉ちゃんと同じ舞台で」

憂「お姉ちゃんと同じ方法で」

憂「お姉ちゃんに私の想いを伝えられたことが」

憂「お姉ちゃんに届いた気がして」



718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:31:52.42 ID:IpIVBQwF0

唯「明日になったら私は帰っちゃうよ」

憂「うん」

唯「いいの?」

憂「あと少しの辛抱だから…それにね」

唯「なぁに?」



720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:35:12.41 ID:IpIVBQwF0

憂「私はお姉ちゃんがいなくなって、お姉ちゃんにどれだけ助けられてたか分かったよ」

唯「うい…」

憂「お姉ちゃんのU&Iが本当に分かったんだ」

唯「うん」

憂「だからお姉ちゃんはやっぱり私のお姉ちゃんだなって」



721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:38:58.09 ID:IpIVBQwF0

唯「うい…」ぎゅ

憂「離れててもずっと一緒だよ」

唯「うい……もういいよ」

憂「うぅ…」ぐす

唯「我慢しなくていいのに…」なでなで



724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:42:33.56 ID:IpIVBQwF0

憂「落ち着いてお姉ちゃんに伝えたくて……」

唯「ありがとう、うい」

憂「うん…」

唯「疲れたでしょお」

憂「少しだけ…」



726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:45:07.37 ID:IpIVBQwF0

唯「おやすみ」

憂「あ、待って」

唯「?」

憂「タイトル言い忘れてたんだ、お姉ちゃん」

唯「なぁに?」

憂「お姉ちゃん」

ありがとう



727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/03(日) 19:45:32.74 ID:IpIVBQwF0

おしまい



960: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:14:29.61 ID:QIGzeny80

憂「……」がさごそ

唯「うい!?」

憂「…」

唯「なにしてんの……うい」とん

憂「おえーちゃん…」



961: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:15:47.84 ID:QIGzeny80

唯『薬?』

憂「…」こく

唯「うい……」

唯『食後だけだよ』

憂「うぅ……」



962: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:18:24.31 ID:QIGzeny80

唯『焦らなくても、絶対治る!大丈夫!』

憂「……」ぽろぽろ

唯『寝よう、まだ4時だよ』

憂「うん…」

かたんっ

唯「あっ」



963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:20:53.00 ID:QIGzeny80

びちょ

憂「あああ……おえーちゃん」

唯「コップあったの気付かなかった」

憂「お水拭かあいと」

唯「うん、ごめんねうい」

憂「おえーちゃん、大丈夫?」



964: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:24:01.52 ID:QIGzeny80

唯「うん……って紙濡れちゃった」

憂「?、タオル持ってくるえ」たたっ

唯「ありがと~」

唯「…あ~あ」

憂「おえーちゃん、服変えたほうがいいえ」



965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:26:20.26 ID:QIGzeny80

唯「ふふ、うい、後は私が自分でやるから」

憂「??」

唯「…紙~」きょろきょろ

憂「はい」

唯「おお、チラシの裏」



966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:27:22.64 ID:QIGzeny80

唯『自分でやる、ういは戻って寝てて』

憂「え」

唯「おっけぃ」ぐー

憂「大丈夫?」

唯「大丈夫!」ぐー



967: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:29:48.34 ID:QIGzeny80

憂「じゃあ戻ってうえ」とたとた

唯「うん」

唯「まずは床を拭こう」

唯「…こぼしたのが水で良かった」ふきふき

唯「…ねむ」



968: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:31:01.56 ID:QIGzeny80

唯「……」ぶる

唯(さむ…)

唯「あー……早く着替えよ」

唯「あれ?私のペンどこだ?」

唯「ペン~…」



969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:33:34.75 ID:QIGzeny80

───翌朝

唯「……」

憂「おえーちゃん」つん

唯「ん……うい」

憂「9時だよ」

唯「もう9時か……」くしゅん!

たらー



970: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:34:55.90 ID:QIGzeny80

憂「おえーちゃん、はあみずが」

唯「うお」

憂「あってて」ふきふき

唯「ありがと」

憂「おえーちゃん風邪?」



971: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:35:51.86 ID:QIGzeny80

唯「う~ん……」

はっくしょん!

唯「えへへ…」

憂「おえーちゃん……」

唯『大丈夫』



972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:37:41.55 ID:QIGzeny80

唯「よっと……うっ」

憂「?」

唯(なんか体がダルい……)

憂「おえーちゃん?」

唯「へへ~……」



973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:38:58.84 ID:QIGzeny80

*  *  *

憂「おじあだよ、おえーちゃん」

唯「ありがと~うい~」

憂「…」にこ

憂「ふ~、ふ~」

唯「おいしそ~」



974: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:39:43.09 ID:QIGzeny80

憂「あ~ん、って」

唯「あ~ん」ぱく

唯「うんうん」もぐもぐ

憂「…」にこ

唯「んまい!」



975: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:41:31.63 ID:QIGzeny80

唯『おいしい!!!』

憂「よかった♪」

憂「はい、あ~ん」

唯「あ~ん」ぱく

唯「おいひ」もぐもぐ

憂「…」にこにこ



976: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:42:59.90 ID:QIGzeny80

唯「ういにも食べさせてあげる~」

唯『スプーン、パス!』

憂「?、はい」

唯「ふ~、ふ~」

唯「はい、うい、あ~んして~」



977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:44:03.90 ID:QIGzeny80

憂「あ~ん」ぱく

憂「…」もぐもぐ

唯『おいし?』

憂「…」こくこく

唯「良かったねぇ」



978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:45:58.80 ID:QIGzeny80

憂「おえーちゃん、スピューン」

唯「はい」

憂「じゃあおえーちゃん、あ~ん」

唯「あ~ん」憂「あっ」

ぽてっ

唯「あちっ!!」



979: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:47:47.95 ID:QIGzeny80

唯「あちちちちっ!!」

憂「ご、ごめんね、おえー…お姉ちゃん」

唯「あちちち……」

憂「……」ぐす

唯「うい!?」



980: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:49:15.16 ID:QIGzeny80

憂「お姉ちゃん……聞こえた」

唯「え?え!?ちょっと待ってて!!氷持ってくるっ!あちちち」たたっ

憂「…あ、あ、あ、」

憂「い、う、え、お……」

憂「聞こえる……聞こえる……」ぽろぽろ



981: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:50:56.77 ID:QIGzeny80

がちゃん

唯「うっ……なんか気持ち悪くなってきた」ぜぇぜぇ

憂「お姉ちゃん……耳が」

唯「治ったの!?」

憂「うん…!」

唯「やったぁぁ!!!…げほっげほっ」

憂「お、お姉ちゃん落ち着いて」



982: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:52:16.45 ID:QIGzeny80

唯「うい!うい!……おえっ」

憂「お姉ちゃん!?大丈夫!?」

唯「ご、ごめん、ちょっとトイレ……」

憂「う、うん…」

唯「なんでこんなときにぃ」はぁはぁ



983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:55:21.27 ID:QIGzeny80

*  *  *

唯「吐いたらすっきりした!」

憂「大丈夫かなぁ…」

唯「それよりもうい!!……ぐす」

憂「お姉ちゃん……」

唯「さすがうい……私の妹……よくやったよぉ…」ぽろぽろ



985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 16:56:56.31 ID:QIGzeny80

憂「お姉ちゃんがずっとそばに居てくれたから…」

唯「うい~!!」ぎゅ

憂「お、お姉ちゃん」

唯「良かった、良かったぁ~…」ぐふ

憂「えへへ…」



986: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:02:17.94 ID:QIGzeny80

唯「は、はやくみんなに知らせないと」ぴっぴ

憂「い、いいよ~、お姉ちゃん」

唯「みんなういのことを心配してたんだよ!」

憂「うん……」

唯「もしもし!?和ちゃん?」



987: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:05:28.00 ID:QIGzeny80

『おかけになった電話は、電波が届かない場所にあるか、電源がはいっていないため、かかりません』

唯「もお……和ちゃん真面目なんだから」

憂「お姉ちゃん、今授業中だしやめようよ」

唯「それどころじゃないよ!」

憂「お姉ちゃんやめて!」

唯「う、うい」



988: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:06:48.06 ID:QIGzeny80

憂「いいよ、お姉ちゃんの声が聞けるだけで私は嬉しいから…」

唯「うい……」

憂「今はお姉ちゃんとゆっくりお話ししたいな……なんちゃって」

唯「…うんっ!うい、お話ししよう!」

憂「えへへ~…」



989: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:09:15.88 ID:QIGzeny80

唯「…」

憂「…」

唯「…なに話そっか」

憂「そうだね……」

唯「う~む…」

憂「お姉ちゃんのけいおん部の話、聞きたいかな~」

唯「軽音部!?いいよー!!」

憂「えへへ~…」

唯「じゃあまずはわたしが軽音部に入ったいきさつを!」

憂「うんっ!」ぱちぱち



990: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:12:50.79 ID:QIGzeny80

*  *  *

唯「というわけで、うい、今からでも軽音部来ない~?」

憂「う、う~ん…」

唯「楽しいよ~、けいおん部」

憂「…考えとくね!」

唯「むぅ……なんか聞いたことある~」

憂「えへへ~」

唯「うい~…」

唯「あっ」

憂「?」



991: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:14:40.03 ID:QIGzeny80

唯「りっちゃんたちにメール送ろっと」

憂「お姉ちゃん」

唯「今お昼休みだし~」

憂「そっか」

唯「ふふ、みんな驚くよ~」



992: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:15:39.94 ID:QIGzeny80

憂「…」

唯「私たちも明日から学校行く!?」

憂「う、うん」

唯「また一緒に行こうね、うい」

憂「うんっ!」



993: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:18:33.62 ID:QIGzeny80

唯「澪ちゃんのおかげで授業もついていけそうだし~」

憂「わたしも、梓ちゃんのおかげで!」

唯「みんなのおかげだね~」

憂「うん!」

唯「ふふふ~」



995: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:22:46.64 ID:QIGzeny80

唯「なんか眠くなってきた…」ふあ~

憂「え」

唯「ちょっと横になっていい?」

憂「そうだ……お姉ちゃんごめんね…」

唯「いいのいいの、ういが治ったらなんか元気になった気がするし!」

憂「えへへ…」

唯「明日は学校行けるように、エネルギーを蓄えておくよ!」

憂「澪さんたちは……」

唯「あ、うん、来るよ~」

憂「お茶とお菓子準備しておこうかな」

唯「ういも一緒に寝ない~?」



996: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/06(水) 17:27:14.62 ID:QIGzeny80

憂「えっと…」

唯「あ、風邪移しちゃうかも。やっぱうい近寄らないで」

憂「えっ……う、うん」

唯「はぁ~よかったなぁ~うい~」にこ

憂「お姉ちゃんのおかげだよ」ぎゅ

唯「ういー」

憂「おねーちゃーん」

唯憂「えへへ~…」

唯「ずっと一緒だよぉうい」

憂「うん、お姉ちゃん♪」

あったかあったか

>>514くらいに続く


元スレ
唯「うい~あいす~」憂「は?」