SS速報VIP:久海菜々美「ファーストキスの味」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456502717/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:05:17.83 ID:aS4x3u+/0

・WUGの百合です(菜々美×藍里)

・時系列とか特に考えてないです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456502717




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:06:20.64 ID:aS4x3u+/0

彼女の事を好きになったのはいつの頃からだっただろう。

菜々美「1、2、3、4……」

藍里「5、6、7、8……」

菜々美「あいちゃん、そこは右手!」

藍里「え、あ、あれ?」

菜々美「もう、さっきも言ったじゃない」

藍里「えへへ、ごめんねななみん」


林田藍里。

私より2つも歳上なのに歌もダンスも全然ダメ。だからWUG7人での練習の後はいつも私と居残って特訓をしている。
以前の私なら相手にもしなかったような娘だけど、他のメンバーに頑張って食らいついていこうとする努力。歳下相手にも腐らずに教えてもらおうとする姿勢。
私には無いものを持っているようで、ずっと一緒に練習している内に、気がつけば誰よりも気になる存在になっていた。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:07:29.44 ID:aS4x3u+/0

菜々美「じゃあ、もう一度」

藍里「うん。1、2、3、4……」

特訓を初めた頃はまともにステップも踏めていなかったけど、今では結構様になってきた。
これも全部私のおかげ……なんていうと言い過ぎかな。

菜々美「うん、OK! ちゃんと出来てるよ、あいちゃん!」

藍里「本当? やったぁ!」

嬉しそうに無邪気な笑顔を浮かべている。こう素直に喜んでもらえると教えがいもあるというものだ。

菜々美「じゃあ、ちょっと休憩しよっか。」

藍里「うん。そうだ、ななみんこれ食べよ? うちのお菓子」

菜々美「また持ってきたの?」

藍里「お母さんが持たせてくれるから。疲れた時には甘いものだ、って。はい」

差し出された和菓子を受け取って口に入れる。確かに和菓子の優しい甘さは疲れた体にちょうどいい。少し喉が渇くけど。

藍里「おいしい?」

菜々美「うん」

やっぱりあいちゃんはいつもこれを食べてるのだろうか。
もしそうなら、あいちゃんと同じ物を分かちあってるって事になるのかな。
本当ならどうでもいいような、そんな事でも嬉しくなってしまう。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:08:32.48 ID:aS4x3u+/0

藍里「ねぇ、ななみん」

菜々美「何?」

藍里「私、少しはダンス上達したかな?」

静まり返った部屋の中、あいちゃんは少し不安そうな顔をして聞いてきた。

菜々美「そうね、前と比べると動きはかなり良くなったんじゃない?」

藍里「そっか、そうだといいなぁ……」

菜々美「もー、この久海菜々美様が教えてるのよ? もっと自信持ちなさいよ!」

藍里「えへへ、そうだよね。ごめんね、ななみん」

申し訳なさそうにあいちゃんが微笑む。
どうもこの娘は自信の無さが現れているのか、自己評価が低いように思う。
……本当はもっと魅力的なのに。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:10:23.76 ID:aS4x3u+/0

藍里「でもね、動けるだけじゃダメなのかなって最近思って」

菜々美「どういうこと?」

藍里「魅せ方って言うのかな? 表情とかポーズとか決めるの私まだ出来なくて……。やっぱりアイドルだから、そういうの必要だよね」

菜々美「魅せ方ねぇ……」

私だってアイドルだから何も考えてない訳じゃないけれど、急に聞かれると答えに困る。
人に教えるならどうすればいいんだろう。そう思ったところに1つ良いアイデアが浮かんだ。

菜々美「あいちゃん、お芝居とか観た事ある?」

藍里「お芝居? 無いなぁ」

菜々美「じゃあ、光塚も?」

藍里「うん」

菜々美「それはダメよ!」

藍里「」

菜々美「いい? 光塚には歌も踊りも演技もあるのはわかるでしょ?
    男役の凛々しい立ち姿に力強い動き! 娘役の観客の目を引く美しい振る舞い!
    そして鮮やかな旋律と透き通るような歌声! 聴いてるだけでもう、うっとりしちゃうんだから!
    つまり、何が言いたいかっていうと、光塚にはアイドルに必要なものが全て詰まってるって事!」

菜々美「だから魅せ方だってきっとわかるはずよ! あいちゃんはまずそういう参考になる物を観る所から!」

稲妻のような勢いで熱弁した。
正直に言えば、あいちゃんと一緒に光塚を観てその魅力を知ってもらいたかったのだ。もちろん、魅せ方の事についても考えた結果だけれど。
でも、あいちゃんと一緒に光塚を観て同じ感動を分かち合えたら、きっと素敵だと思う。



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:11:31.00 ID:aS4x3u+/0

藍里「そっか、参考にする物を決めないと何を目標にするかよくわかんないもんね」

菜々美「そういう事! じゃあ今度光塚のDVD持ってくるわね!」

藍里「うん、じゃあお願いするね。……ふふ」

あいちゃんは優しげな顔で微笑んでいる。まるで子どもを見守る母親のような……。

菜々美「なによ」

藍里「ななみん楽しそうだなぁって」

菜々美「わ、私が楽しそうにしてたらダメなの!?」

藍里「そうじゃないけど……」

菜々美「あぁもう、休憩終わりッ! 特訓再開よ!!」

藍里「はーい」

なんだか恥ずかしくなり、つい勢いで休憩を終わらせてしまった。
本当はもう少し話していたかったけれど、まぁいいだろう。
あいちゃんと2人で光塚を観る口実を取り付けたのだから。







7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:12:20.54 ID:aS4x3u+/0




次の日 藍里宅

藍里「どうぞ、ななみん」

菜々美「お邪魔します」

レッスンの後、あいちゃんの家でDVDを観る事にした。お店の奥へ行き、2階のあいちゃんの部屋へ。
畳敷きの和風な造りの中に女の子らしい小物で飾られている。
い草の香りも良いけれど、それだけではない暖かみがあると思うのは私だけだろうか。
私の部屋とはまるで違うのに、なぜかとても落ち着く。

藍里「どうしたの、キョロキョロして。何か気になる物でもある?」

菜々美「い、いや別に……」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:13:45.73 ID:aS4x3u+/0

タッ、タッ、タッ……

階段を上る音が聞こえてきた。

藍里母「お茶とお菓子持ってきたわよ、藍里」

藍里「あ、お母さん」

菜々美「おばさん、こんにちは! お邪魔してます!」

藍里母「いらっしゃい、菜々美ちゃん。いい挨拶ねぇ、藍里もこれくらいハキハキとして欲しいわ」

藍里「もー、お母さん! そういうのいいから!」

眉をしかめてあいちゃんが抗議する。娘をからかう母とあまり見ることの無い強気のあいちゃん。
家ではいつもこういう会話をしてるのだろうか。なんだかちょっと微笑ましい。



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:14:48.89 ID:aS4x3u+/0

藍里母「藍里の事お願いね、菜々美ちゃん。この子、ちょっとドンくさい所あるし。」

菜々美「いえ、そんな……」

藍里母「それに、菜々美ちゃんの事すごく頼りにしてるみたい。いっつもあなたの事話してるのよ、この子」

菜々美「えっ……?」

藍里「も、もーー! お母さんいいから! 早く出てって!!」

藍里母「はいはい」

あいちゃんは顔を真っ赤にして、おばさんを部屋から追い出した。
いや、それにしてもあいちゃんが私の事を……?

菜々美「あいちゃん、今の……」

藍里「お、お母さんが適当に言っただけだよ! そんな事よりDVD観よう! 光塚!」

菜々美「……そうね、観ましょうか。そのために来たんだし」

変に勘ぐるのはよそう。それより今はこの時間を楽しんでいたい。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:15:55.84 ID:aS4x3u+/0

菜々美「それじゃ、流すわね」

DVDの読み込みが終わり、映像が映し出される。
光塚の舞台を象徴するきらびやかな衣装、華やかな踊り。
しなやかで、かつ力強い演技。溢れんばかりの情念が画面越しにも伝わってくる。
男役と娘役の邂逅、逢瀬、そしてキスシーン。

『私はお前を愛してしまったのだ! 心の底からな!!』

ひたむきで情熱的な愛の物語。私のお気に入りの公演だ。



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:17:00.28 ID:aS4x3u+/0

藍里「ふわー……」

菜々美「どうだった、あいちゃん?」

藍里「な、なんだか圧倒されちゃったぁ……」

藍里「でも、光塚って初めてだったけど、すごく面白かった!」

菜々美「ホント? 嬉しい!!」

自分が褒められた時のように、いや、それ以上に喜んだ。
あいちゃんと同じ感動を分かち合えるのが何よりも嬉しかった。

菜々美「それで、どう? 参考になった?」

藍里「それは……ちょっとレベルが高すぎて……」

菜々美「まぁ、最初からは難しいかな。何本か観たら何か掴めてくるはずよ!」

藍里「うん、そうだね! じゃあ、またDVD持ってきてもらえる?」

菜々美「もちろん!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:18:04.37 ID:aS4x3u+/0




数日後 レッスン室

佳乃「皆、今日もお疲れさま!」

未夕「はひ~、疲れましたぁ~」

夏夜「んん、今日はちょっとキツかったかな」

今日のレッスンが終わり、皆それぞれに談笑している。私はすぐにあいちゃんに駆け寄った。
あいちゃんとのDVD鑑賞もすっかり習慣になり、近頃はこの時間が楽しみで仕方ない。

菜々美「あいちゃん、今日はこれ! 男役の暁慧さんの演技がかっこいいの!」

藍里「いつもありがとう。じゃあ今日もうちに来る?」

菜々美「うん!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:19:09.21 ID:aS4x3u+/0

2人で話しているとみゅーが近づいてきた。

未夕「あれ? ななみん、今日もあいちゃん家ですかぁ?」

夏夜「確かに、最近はいつもあいちゃんの家に行ってるね」

菜々美「そうよ。あいちゃんがダンスの魅せ方を知りたいっていうから、光塚のDVDを一緒に観てるの」

未夕「へぇ~、それは楽しそうですねぇ」

夏夜「魅せ方で、光塚……。わからなくもないけど、ちょっと強引じゃない?」

菜々美「うるさいわねぇ……」

藍里「でも結構参考になるし、観てみると面白いんだよ」

菜々美「ほら、みなさい!」

夏夜「わかったわかった」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:20:13.90 ID:aS4x3u+/0

未夕「でも、やっぱり観るときはいつも2人きりなんですか?」

菜々美「そうだけど?」

未夕「んっふっふ~、そうなるとちょっとアヤシイですねぇ」

夏夜「何がよ?」

未夕「あれですよぉ、一緒にいる2人の間に芽生えた禁断の愛、みたいな」

菜々美「なっ!?」

それを聞いた瞬間、体が強張る。まさかバレてる……? 私の気持ち……。
いや、そんなはずはない。単なるみゅーの軽口、いつもの事だ。

夏夜「こら、そういう茶化し方しない」

未夕「えぇー? でも女の子同士でもそういう事あるって聞きましたよ」

夏夜「それどこの情報よ?」

未夕「お昼のドラマです」

夏夜「あんたね……」

ほら、やっぱり。まったく、驚かせないでほしい。

藍里「もう、みゅーってば。ななみんと私がそんな関係なんてあるわけないよ」

そう、あるわけ……ん?

藍里「単なるメンバーだし、第一女の子同士なんだよ?」

あるわけ……

藍里「ほら、ななみんも困ってるじゃない。ね、ななみん」

菜々美「え? えぇ、そうね……」

未夕「うーん、そっちの方が面白いと思ったんですけどねぇ」

夏夜「はいはい、そのへんでやめなさい」

未夕「はーい」

藍里「じゃあ、ななみん行こっか」

菜々美「……うん」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:21:28.28 ID:aS4x3u+/0




藍里「どうぞ入って、ななみん」

気がつくとあいちゃんの部屋の前にいた。
いつもならここに来るまで楽しく話しているはずなのに、今日は何を話したのかまるで覚えていない。
頭も心も落ち着かないままだ。

藍里「今日は私がお茶を淹れてくるね。いっつもお母さんに小言いわれてたら、たまんないもん」

トン、トン、トン、トン……

あいちゃんは1階に降りていった。部屋には私1人。
何度も来て見慣れたはずの部屋も今日は違う世界のように見える。
自慢のトロフィーも、光塚のポスターもこの部屋にはない。
いい匂いの畳も、可愛らしいぬいぐるみも私の部屋にはない。
私とあいちゃんの違う所ばかりが目に入る。

菜々美「やっぱり……ダメなのかな……」

力なくそうつぶやくと、また足音が聞こえてきた。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:22:38.37 ID:aS4x3u+/0

トン、トン、トン、トン……

足音が止まり、戸が開いた。

藍里「おまたせ。はい、お茶とお菓子」

菜々美「うん、ありがと」

湯呑みからはゆらゆらと湯気が立っては消えていく。形を成す事を許されていないかのようだ。
……もしこの気持ちも伝えたら壊れてしまうのかな。
手が熱くなってくるほどに湯呑みを持ったまま、じっとそんな事を考えていた。

藍里「……ななみん、何かあったの?」

菜々美「ふえっ!?」

突然の言葉に不意を突かれ、お茶をこぼしそうになる。

藍里「いつもなら楽しそうに話してかけてくれるのに、今日はなんだか上の空だよ」

藍里「それに今日はずっと足も崩さないし、緊張してるみたい」

菜々美「そ、そうかな……?」

気づかない内に態度に出ていたらしい。本当によくみてる娘だ。
でも、こんなによく見ていても私の気持ちは……。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:24:05.74 ID:aS4x3u+/0

藍里「あ、勘違いだったかな? ごめん」

菜々美「い、いいわよ別に……。それより今日も特訓よ! 特訓!」

これ以上は悟られまいと元気よく言った。空元気なのは自分が一番よくわかっている。

藍里「そうだね。じゃあ、DVD観よっか」

菜々美「そうね、観るのもいいんだけど……そろそろ実践してみない?」

藍里「実践?」

菜々美「うん。せっかく何本もお芝居観たんだから、私たちも演技をしてみるのよ」

何となく、そう提案してみた。いつもと違う事をして気分を変えたかったのかもしれない。
声を張って、堂々と。力強い登場人物になりきればこのモヤモヤも晴れるだろう。そんな気持ちもあった。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:25:13.14 ID:aS4x3u+/0

藍里「ええっ!? そんな急に言われても……できるかなぁ……」

あいちゃんの顔は難色を示している。

菜々美「大丈夫。あれだけ熱心に観てたんだから、少しくらいものになってるわよ。
     それに、難しく考えなくていいの。あいちゃんが今まで感じたことのある気持ち。それをそのまま出せばいいのよ」

藍里「気持ちを……そのまま……?」

菜々美「そう。例えば最初に観たような恋の話なら……」

次の言葉を出すのに少し時間がかかった。つい恋の話を例に出してしまった。これを言って大丈夫だろうか。
もしかしたら立ち直れなくなるほど辛い現実が待っているかもしれない。
そう思ったけれど、ずっと悩み続けるのも嫌だ。立ち止まるな、勇気を出せ。



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:26:33.09 ID:aS4x3u+/0

菜々美「……誰かを好きになったときの……気持ちとか……」

藍里「ふえっ!?」

菜々美「あいちゃんは誰かを好きになった事ってないの……?」

藍里「……」

あいちゃんは戸惑った顔を浮かべて黙っている。
沈黙が長く感じる。期待と恐怖がせめぎ合って押し潰されそうだ。

藍里「……誰かを好きになった事は無い、かな」

菜々美「じゃ、じゃあ誰かがあいちゃんの事を好きになってくれたとかは!?」

必死だった。

藍里「それも、無いよ」

藍里「というより、私の事を好きになってくれる人なんているのかなぁ……」

あいちゃんは困ったような顔をして笑っている。

菜々美「そんな……」

希望が絶たれてしまった。私の気持ちがあいちゃんに届く事は……ない。そう思うと頭の中も目の前も真っ暗になった。
でも、今ので理解した。この娘はわかっていない。自分の魅力も。自分が周りから愛されている事も。
そして、その事がどれだけ私を苦しめているのかも。
この娘が気づいてくれないなら……、それならば、いっそ……。



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:28:03.24 ID:aS4x3u+/0

菜々美「だったら、わからせてあげる……」

藍里「え?」

きょとんとしているあいちゃんの肩を掴み、倒れこむように押し倒した。
逃げられてしまう事がないよう、強く押さえ込む。

藍里「きゃっ!? な、ななみん急にどうしたの? 目も赤いし……」

あいちゃんは目を白黒させている。私がこんな乱暴な振る舞いをするとは思っていなかったのだろう。
私だって初めてだ。こんな事をするのも、こんな気持ちになるのも。
でも、こうでもしないと私の気持ちは収まりそうもない。

菜々美「わからせてあげるって言ってるのよ! 自分の事を好きになってくれる人がいるって気持ちを!!」

藍里「んむっ!?」

叫ぶと同時にあいちゃんの唇に自分の唇を押し付けた。
あいちゃんの体がこわばる。しかし、構わず押さえ続ける。

菜々美「ん……、んむ……んん……」

高鳴っていく鼓動をあいちゃんに聞かせるように体を寄せる。

菜々美「はむ……、んちゅっ……ん、んむ……」

藍里「んん……! ん……んっ! ぷはぁっ!! な、ななみん、どうしたの……?」

菜々美「はぁ、はぁ……。いい? あいちゃん、これはお芝居よ!」

あいちゃんの言葉を遮るように言った。



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:29:32.83 ID:aS4x3u+/0

藍里「おし……ばい……?」

菜々美「そうよ。私が男役で、あいちゃんがヒロイン。今のも、これから言うセリフも全部お芝居!」

菜々美「だからあいちゃんも合わせるの! いい?」

藍里「うん……」

そう、これは全てお芝居なのだ。登場人物がどんなに愛の言葉を綴ろうと幕が降りれば全て消え去ってしまう、ひと時の夢なのだ。
それならばここで私が言った事もした事も次の日には関係ない。私の言葉は全て戯言になって消える。
この届く事のない恋心は奥底へ閉じ込めてしまえる。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:30:45.60 ID:aS4x3u+/0

菜々美「『どうだ、唇を奪われた気持ちは? 初めてなのだろう?』」

藍里「『こ、このような……行いが……許されるとお思いなの……ですか?』」

菜々美「『許される? そんな事は関係ない。年頃の女を好きなように出来る。これほど愉快な事はないぞ!』」

藍里「『……愉快だと言うなら……なぜ、そんな目をしていらっしゃるの?』」

菜々美「『なんだと?』」

藍里「『貴方の目はとても深い悲しみの色をたたえています』」

菜々美「『……』」

藍里「『何かあるというなら私に仰ってください。力になれるかも……』」

菜々美「『力になれる……だと? 呆れた女だ。原因は自分にあるというのに』」

藍里「『どういうことですか?』」

菜々美「『ならば教えてやろう……』」

菜々美「『私はお前を愛してしまったのだ! 心の底からな!!』」

菜々美「『しかし、私は知ってしまった……。お前は私の事を愛してはいないと! 決して私の想いに応える事がないと!』」

藍里「『……なぜ、そんな事が言えるのですか?』」

菜々美「『シラを切るな! ならば、なぜあの時、私との恋をありえぬ物と言ったのだ? なぜ恋などした事がないと言ったのだ!!』」

藍里「……」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:31:52.18 ID:aS4x3u+/0

菜々美「『やはり……、何も言えないではないか!』」

藍里「『……怖かったのです』」

菜々美「『怖かった?』」

藍里「『もし、貴方が私を愛していなかったらと思うと……』」

藍里「『貴方が私を拒絶してしまうのではないかと思うと……怖くて……言えなかった……』」

藍里「『本当は……貴方の事が……』」

藍里「好きなのに……」

あいちゃんは大粒の涙をポロポロとこぼしながら言い切った。

菜々美「あいちゃん……」

言葉を口にしようとした瞬間、私の方も涙が頬を伝っている事に気がついた。喉が熱く、上手く動かない。
でも、言わない訳にはいかなかった。

菜々美「私も……好きです……。あなたの事が……大好き……」

ようやく……伝えられた。



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:33:49.09 ID:aS4x3u+/0




菜々美「あいちゃん、もう一度……キス……してもいい?」

あの後しばらく2人で泣き続け、少し経って落ち着いた所で聞いてみた。

藍里「うん、いいよ……」

実は少し待っていたのだろうか、顔を赤らめながらも素直に応じてくれた。
さっきは完全に私本位になっていたから、今度はもう少し2人でいる事を感じていたい。
お互いの手を取り合い、吐息が感じられるほど顔を近づける。紅潮した顔からは、相手を待ちわびる熱い息が漏れる。

菜々美「じゃあ、いくよ……」

ひとしきり見つめ合った後、唇を重ねた。ほのかに甘い味が広がる。

菜々美「ん……んん……、はむ……んむぅ……」

藍里「んん、ぅん……んっ……」

指と指を絡ませながら、互いを求め合っていく。体を密着させ、想い人から熱いほどの熱を感じる。
あいちゃんの心臓の鼓動すらも聞こえてきて、まるで1つになったとすら思えるほどだ。

菜々美「はぁ、はぁ……。あいちゃん、私の音、感じる?」

藍里「うん、感じるよ……、ななみんの音……」

自然と絡み合っていた指はほどけ、お互いを抱きしめていた。
私よりもちょっと大きくて、柔らかいあいちゃんの体。包み込まれるような優しいハグ。
私はそれを決して離すまいとあいちゃんを強く抱いていた。

菜々美「んむ……、あいちゃん……すき……、んんっ」

藍里「わたしも……すき……んっ、ななみん……んちゅっ……」

瑞々しい唇から出る愛撫の音に混じって、愛をささやきあう。
これ以上ない幸せを2人で育みながら、もうお互いの事しか考えられないほどに私たちは抱きしめ続けた。
長く長く、永久の時間に感じられるくらい……。







25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:35:03.92 ID:aS4x3u+/0




ヴー、ヴー、ヴー……

菜々美・藍里「!?」

突然の音に驚き、跳ぶように離れてしまった。お互いに目を白黒させていると、あいちゃんがカバンの方を見た。

藍里「あ、携帯……」

菜々美「携帯……?」

あいちゃんが携帯を取り出す。

藍里「うん、よっぴーから……。明日のレッスンについてだって……。」

菜々美「な、なんだぁ。そっかぁ……、あはは……。」

引きつったように笑う。

藍里「あははは……」

菜々美「…………」

藍里「…………」

まるで言葉が出てこない。沈黙が気まずい。
自分は何をしていたのか。一度冷静になって考えてみると、さっきまでとんでもない事をしていたのに気づく。
勢い任せに告白、そしてキス……。本当に私がやったのだろうか。
いや、それどころか無理やり押し倒して襲ってたような……。
自分のしたことを思い返すほどに汗が流れてくる。



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:36:24.37 ID:aS4x3u+/0

藍里「ねぇ、ななみん」

羞恥心と罪悪感で頭がいっぱいになっていると、あいちゃんが沈黙を破って話しかけてくれた。

藍里「すごかったね……」

菜々美「う、うん。すごかった……」

藍里「私、キスなんて初めてだったから……すごくドキドキしちゃった。今も、まだ……」

菜々美「私だって初めてよ、キス……」

藍里「そうなんだ……ふふ、なんだか嬉しい」

菜々美「なによ……」

藍里「うふふ……」

いたずらっぽく微笑むあいちゃんにドキッとしながらも、緊張が解けた事に安心を覚えた。
この勢いで気になる事を、少し聞いてしまおうか。



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:37:21.54 ID:aS4x3u+/0

菜々美「あいちゃんは初めてのキスが私で良かったの?」

藍里「うん、ななみんの事ずっと好きだったから」

菜々美「あんなに無理やりだったのに?」

藍里「それは少し驚いたけど、ななみんが人を傷つけるためにそうゆう事をする子じゃないってわかってたもん」

菜々美「本当に?」

藍里「本当」

あいちゃんは優しく答えてくれた。さっきの心配が杞憂だった事がわかり、少し目が潤む。

藍里「じゃあ逆にななみんはさっきのキス、どうだった?」

菜々美「えっ、私!?」

こっちが質問される事は考えていなかった。思い出すのも恥ずかしいけれど、答えない訳にもいかない。



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:38:28.12 ID:aS4x3u+/0

菜々美「私もあいちゃんの事が好きだし……、この気持ちをわかってほしい、って必死だったよ」

菜々美「それに、ええっと……、ふわふわで、柔らかくて……甘い味がした!」

私は何を言っているんだろう。顔から火が出る思いだ。

藍里「甘い味……?」

あいちゃんも訝しげな顔をしている。

藍里「それってもしかしてあれかな……」

菜々美「あれ?」

藍里「私、お茶淹れて来るとき1階に降りたでしょ? その時ゆべしが1つ余ってて……」

菜々美「……食べたの?」

藍里「うん……」

気まずそうに目をそらされた。



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:39:39.42 ID:aS4x3u+/0

菜々美「もーーー!! なにそれ! その時私すっごく悩んでたのに、下でゆべし食べてたなんて私バカみたいじゃない!!」

藍里「あはは……」

菜々美「それに、せっかくのファーストキスの味がゆべしの味だなんて、ロマンのかけらも無いわよ!!」

藍里「でも、ゆべしの味のキスなんて結構貴重なんじゃないかな? 私たちだけって感じで」

菜々美「そうゆう問題じゃないと思うんだけど……」

理想とのギャップに怒る私に対して、あいちゃんは申し訳なさそうに笑っている。
私が怒って、あいちゃんが謝って……。気がついたらいつもの私たちに戻っていた。







30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:40:59.50 ID:aS4x3u+/0




藍里「送って行かなくても大丈夫? ななみん」

菜々美「平気よ。パパもすぐ近くに来てるみたいだし。」

藍里「わかった。じゃあ、また明日ね。」

菜々美「うん! また明日」

あいちゃんの家を後にして、夜道を歩く。辺りはすっかり暗くなっていた。

菜々美「なんか今日はとんでもない日になっちゃったなぁ……」

白い息を吐きながらつぶやいた。
あいちゃんを押し倒て、お芝居で告白して、そのままもう一回キスして……。
まるで本当にお芝居でも見ていたかの様な出来事で、現実感が湧いてこない。
そのまま夢のように消え去ってしまいそうだ。

……でも、1つだけ。

菜々美「ファーストキスの味……」

ファーストキスはゆべしの味。ロマンチックどころか、あまりにも庶民的。
だけどその味が、お芝居を観ているような、あの夢とも現実ともつかない時間を私につなぎ止めていてくれる。

きっとこれだけは忘れずに残っているだろう。
私たちだけの時間、私たちだけの味。





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 01:43:31.69 ID:aS4x3u+/0

わざわざ読んでいただいた方、本当にありがとうございました

BtBは基本ななみにゃみだけど、ななみんあいちゃんも少しだけあって嬉しかったよ

ではHTML化依頼してきます


元スレ
SS速報VIP:久海菜々美「ファーストキスの味」