SS速報VIP:律「お手」菫「わんわん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320846795/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:53:15.43 ID:ZN0MmmoX0

Vipでやってたんだが落ちちゃったみたいなので、ひっそりこっちで


律「今日はいい天気だなぁ、てか暑い」

律「さっさとご飯買って帰ろうー……?」

紬「♪」シャランラシャランラ

律(お、ムギじゃん。買い物にでも行くのかな?)

律「おーい、ムギ」

菫「」トボトボ ←首にリードが着いている

律(なんだこの子―――――!?)

紬「あら、りっちゃん。こんにちは~」

律「こ、こんにちは…」

律「何してんのかな、ムギ…?」

紬「お散歩よぉ」




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:53:57.53 ID:ZN0MmmoX0

律「あ、あー 今日は天気がいいから」

紬「そうなの。絶好のお散歩日和よねー♪」

律「そうだよな、あははは…」

菫「」

律(この子に触れてやるべきだろうか)

じー

菫「……///」

律(む、照れた)

律「まさか、散歩ってこの子のじゃないよね。ムギ」

紬「」ニコニコ

律(この笑顔の重圧)

紬「えっと、この子はたくわんっていうのよ」

律「たくわん…名前なのか」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:54:56.62 ID:ZN0MmmoX0

紬「自慢のペットなのよ~。いい子だし、言う事もしっかり聞くし!」

律「そうなの?」

律(待て、私……ペットに反応するべきだ 今は)

律「ペットって~何ごっこしてんだよ! あははっ」

菫「あ……」

紬「りっちゃん? 何を言ってるの?」

紬「この子は犬。見て分からないかなぁ」

菫「」

律「じょ、冗談キツイなぁ! それじゃあ私はこれで…」

紬「うん! それじゃあまた明日、学校でね」

菫「……」

律(どういうことだおい)



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:55:51.49 ID:ZN0MmmoX0

澪『はぁ?』

律「だから、ムギが女の子に紐つけて散歩してて」

澪『まったく…夢でも見てたんじゃないのか』

律「違うよ! 本当にさっき見たんだってば!」

澪『にわかには信じられないよ』

律(だろうな)

澪『明日、ムギに直接聞いてみよう。それでわかる』

『それじゃ』ピッ

律「あぁ、澪……」

律「どうみてもアレは犬じゃなかった」



菫『……///』



律「あの目が忘れられない」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:56:51.59 ID:ZN0MmmoX0

次の日


唯「犬っていいよね~」

紬「私、ネコの方が好きなのぉ」

律(マジかよ)

唯「りっちゃんは?」

律「あ、私? 私は…」

紬「りっちゃんは猿よ」

律(猿なんだ)

律「……む、ムギは犬飼ってるのに猫が好きなの?」

唯「え、飼ってるのー!?」

紬「うふふ、実は」

唯「写真、写真!」

律「!」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:57:43.51 ID:ZN0MmmoX0

紬「携帯ので良ければあるけれど」ピッピッ

紬「はい」

律(これで唯の反応がおかしければ)

唯「お~…ほぉ、これはこれは!」

唯「ちょべりグー!」

律「マジかよっ」

唯「え?」

律「いや、よく見てみろよ!! 犬じゃないだろ、それっ」

唯・紬「?」

唯「りっちゃんおかしいー」

紬「うーん」

律「えぇ……」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:58:30.49 ID:ZN0MmmoX0

紬「もう、これを見て」



律「おー見てやるよ! お前らおかしいよ、絶対どうかして…」

写真「わんわんお(∪^ω^)」

律「あ、セントバーナード」

唯「ほらぁ」

律(いやいやいや)

律「ムギぃ! 昨日散歩の途中で私と会ったよな!」

紬「え、うん。あったよ?」

律「お前が連れていたのはこの犬だったか!? あ!?」

紬「私、いろんな犬飼ってて、あの子はその1匹なのよ」

唯「いっぱい飼ってるの~!? すごーい!」

律(うまく逃げられた気が)




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 22:59:59.40 ID:ZN0MmmoX0

律「……」

澪「なに難しい顔してるんだ? お腹痛い?」

律「いや…」

律「おかしいんだよ、ムギの奴。あの子のことになるとすぐにはぐらかしてる感じで」

澪「はぁ」

律「知られちゃ困るなら何で昨日のうのうと散歩なんかしてたんだ」

律「もしかして、私がおかしいのか。人を犬のように扱うのは普通なのか、澪」

澪「やだ…律…」

律「引かないで引かないで!」

澪「やっぱり律の見間違えじゃないの? 疲れてたんだよ、きっと」

律「ああ、たぶんそうなんだろうな…」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:01:58.53 ID:ZN0MmmoX0

唯キャッキャ紬ウフフ

律(まだ犬トークに華を咲かせてるな)

律「あ、そうだ!」

律「ムギ。今度はたくわんの写真見せてくれよー!」

律「ほらぁ、あの犬可愛かったからさぁ もっかい見てみたいなーって」

紬「そんなに見たいならうちに来ます?」

律(そいつは予想外だ)

律「い、いいの?」

紬「ええ♪」

唯「ムギちゃん 私もたくわん見たーい!」

紬「いいわよ~。せっかくだからみんなに紹介するわ!」

律(これはチャンスだ。これで澪にも信じてもらえるんじゃないかぁ!)

紬「それじゃあ、今度のお休みにでも~」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:03:32.20 ID:ZN0MmmoX0

スーパー


律「えっとー」

律「お、あったあった」

ス…ピト

律「!」

「ああっ」

律「あ、ごめんなさ…って」

菫「すみません、すみません、すみません! 私のような犬めが汚らしい手で触れてしまいぃっ」ペ
コペコ

律(あれ、この子)

菫「本当に申し訳ありませんっ 今、手を拭き…」

律「あのー」

菫「は、はい!? ごめんなさいっ」

律「あ、あの」

菫「ごめんなさいごめんなさい…」ガクブル

律「話になんねぇ…」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:05:31.56 ID:ZN0MmmoX0

律「落ち着いて、落ち着いて。別に汚くなんかないから」

菫「うぅ…」

律「それより君、昨日」

菫「は、昨日……?」

菫「……」

菫「ぁっ……///」カァァ

律(また照れた)

律「私と会ったよね? その、ムギと散歩」

菫「そ、それが何か…」

律「あれはどういうアレなんだ?」

菫「」シクシク

律(うえ、泣かせちゃった)



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:06:41.21 ID:ZN0MmmoX0

公園


菫「あの、あまり帰りが遅いとお嬢様に叱られ…」

律「私のせいで遅れたって言ってくれていいよ。はい、ココア」

菫「そういうわけにも……あ、あたたかい」

菫「あの、お金を! いくらでしたか」

律「あー いいよいいよ。私の奢り。遠慮しないでね」

菫「そっ、そんな! ダメです! 私なんかのためにお金を使うなんて…」

律「自分をあんまし卑下すんなよぉ…色々申し訳なくなるから…」

菫「すみません……」

律「一々あやまらなくていい」

菫「はい、すみません……」

律「あー!! 埒あかないんだよ!!」

菫「ひぃーっ すみませんっ!!」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:09:53.06 ID:ZN0MmmoX0

菫「……」ドンヨリ

律「えっと」

律「君はムギと関係がある人なんだよね?」

菫「私はお嬢様の犬です」

律(堂々と答えるかそれ)

律「いや、おかしい……」

菫「そう、でしょうか?」

律「あのなぁ いくらなんでも人に紐つけて散歩っておかしいことだぞ」

菫「私は……それでお嬢様がご満足いただけるなら」

菫「嬉しい、です」ニコ

律「!」

律「あ、ああ そう……っ」

菫「はい」

律(不覚にも可愛いって思ってしまった)




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:10:39.95 ID:ZN0MmmoX0

菫「あの、私そろそろ帰らなければ…」

律「え、ああ…もうこんな時間だ」

律「勝手に捕まえちゃったりしてごめんね」

菫「いえいえ、お気づかいなく」

律「ところで名前――――」

ぴゅー

律「も、もういない」

律「……」



菫『ごめんなさいごめんなさい…』

菫『ぁっ……///』

菫『嬉しい、です』




律「」ボケー




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:12:13.96 ID:ZN0MmmoX0

澪『それで』

澪『昨日の子と話すことができたと?』

律「話せば普通…じゃあなかったけど」

律「いい子そうだった。可愛かったし」

澪『ふーん それでムギとの関係も聞けたのか?』

律「やっぱり犬だって」

澪『変態なのか?』

律「いや、いい子なんだってば…!」

澪『あきらかにおかしいだろ』

律「ああ、まぁ…」

律「また明日にでも会えないかなぁー」

澪『むっ』ブチッ

律「なぁ、澪 あれ、澪~? おーい澪さーん! ……はぁ? なんで切られたし」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:13:41.41 ID:ZN0MmmoX0

数日後


律「今日も天気がいい。てか暑いな」

律「……」

律(嫌な予感がする)

るんるん♪らんらん♪

律「!」

紬「今日は特別天気がいいわぁ~ たくわんもそう思わない?」

菫「わ、わんわん」ジャラジャラジャラ…

律(リードが鎖になってる――――!?)

菫「う、ぐぅ…げぇ……」

紬「~♪」

律(あかんあかん!)




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:15:00.44 ID:ZN0MmmoX0

律「それはマズいよ、ムギー!」

紬「りっちゃん?」

律「お前また何してんだ!?」

紬「何って…見ての通りだけれど…」

律「それがマズいんだって言ってるだろ……!」

チラッ

菫「! ぅ…………///」

律「私のこと、覚えててくれてるかな?」

紬「りっちゃん? もしかして、たくわんに話しかけてるの?」

律「なぁ、どうしてこんな…」

菫「わん…わんわん……」

紬「ああ、ダメよ! 人に吠えちゃ!」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:17:24.23 ID:ZN0MmmoX0

菫「」ジャラジャラ

律「……」

紬「ああ、これ? 実はこれ特注品なの」

律「そ、そうなんだ」

律(ムギに悪意があるようには見えない)

律(そもそも友達のこと、そういう目で見たくない)

菫「……」

律「でも」

紬「よかったら、りっちゃんも一緒にお散歩する?」

律「え」

菫「!」

菫「」ブンブン

律(嫌がってる…)




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:18:25.00 ID:ZN0MmmoX0

律「ううん、いいよ。私用事があるし…それに明日ムギの家に行くんだから」

律「また、会えるだろ」

菫「!!」

紬「それもそうねぇ。それじゃあ、りっちゃん」

律「うん。また明日…」

ジャラジャラジャラ

紬「明日が楽しみね~♪ ね、たくわん?」

菫「わん…」

トボトボトボ


――私は……それでお嬢様がご満足いただけるなら 嬉しい、です


律「……」ボケー




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:20:13.34 ID:ZN0MmmoX0

スーパー


律「何で私ばっかりにお使い頼むかなぁ」

律「えっとー」

うろうろ

律「んん?」

菫「~……」

律「おーい」

菫「ひっ」ビクゥ

律「何もそんな驚かなくても」

菫「す、すみません…」

律「ウロウロして、何探してたの?」

菫「な、何も!」

律「声裏返ってるぞー」

菫「っ、すみません……///」

律「」クスクス




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:21:20.91 ID:ZN0MmmoX0

菫「……あの、昼間のアレ」

律「え?」

菫「ごめんなさい」

菫「今度会ったときは気づかないフリして無視して下さって結構ですので…」

律「いや、私が声かけたんだから…」

律「なんかごめんなぁ」

律「触れちゃいけない世界もあるんだよな」

菫「ぅう……」

律「あれはムギが無理強いさせてああなってるの?」

菫「ち、違います!!!」

律「!」

ざわざわ、ざわざわ

律「ば、場所変えよう……?」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:23:42.11 ID:ZN0MmmoX0

公園


律「ほい」

菫「ま、また 飲み物なんて私なんかのために…!」

律「私も飲みたいからいいんだよ。文句あるの?」

菫「いえ…いただきます…」

律「よろしい」

菫「……」

律「家でもあんな感じなのか?」

菫「え、えっと…そうなります」

律「はぁ、ご苦労だなぁ」

菫「いえいえ! お嬢様のためならあの程度!」

菫「なんともないです……」シクシク

律(なんともあるんじゃない)




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:24:19.23 ID:ZN0MmmoX0

菫「明日、お屋敷の方へ遊びに来られるとか」

律「ああ、そういうことになってる」

律「犬を見にな」

菫「い、犬……」

菫「私で良ければ…いくらでも見てやってください…」

菫「…面白いものでもありませんけれど」

律「あ、えっと」

律(確かに 犬=この子 を見に行くってことではあるけど)

律「なんかごめんな。私がムギに言ったから…」

菫「いえ、あなたは悪くないんです…」

菫「せめていつかの分と今日のジュース代の代わりになるのなら」

律「自分を売り物にすんなよ!」

菫「使用人の私はこうすることでしか恩を返せないです…」

律(てことはメイドさん?)



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:28:54.58 ID:ZN0MmmoX0

律「」ゴクリ

菫「……?」

律「いや、なんでもないよ」

律(リアルメイドとか初めて見たー……しかも犬!)

菫「私、明日は精一杯のおもてなしをさせていただきますね」

菫「犬、ですけど…」

律「あはははは…はは」

律「そう暗くなるなよ~ そういやさ」

律「歳は? 名前は?」

菫「え?」

律「前会ったとき聞きそびれちゃったから。君帰るの早いんだもん」

菫「私はただの犬で構いませんよ…」

律「いやいや!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:30:56.96 ID:ZN0MmmoX0

菫「えっと……斎藤菫、です」

菫「歳は、15になります。すいません」

律(なんで謝られた)

律「てことは中3かな?」

菫「はい」

律「学校にも行って、家ではい…メイドで大変だなぁ」

菫「もう、慣れちゃいましたから」

菫「それにお仕事をキチンとこなさなきゃ、私たち家族は暮らしていけませんし」

律(なにやら深い家庭事情がっ)

菫「それに私自身、お仕事を辛いだなんて思ったことないんです!」

律「お」

菫「お嬢様のことだって、大好きですから……///」

律「だから犬なのか?」

菫「……」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:34:58.50 ID:ZN0MmmoX0

律「その割には散歩のときは複雑そうってか、悲しそうな顔してたけど?」

菫「そ、そんなっ! 滅相もありませんよ! そんな顔…!」

菫「楽しいですよ…はい…」ニ、ニコ

律「あんなごっつい鎖に繋がれてもか?」

菫「は、はい……」

律「はぁ、律儀なもんだな」

菫「……」

律「……」

律「……な、なぁ」

菫「は、はい?」

律「……わん、って鳴いてみてくれよ」




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:38:09.79 ID:ZN0MmmoX0

菫「え」

律「犬みたく 昼間みたいにさ」

律「頼むよ、菫ちゃん」

菫「そんな……え、え……」

律(すごい戸惑ってる)

菫「そのっ、そのぉっ……」

律(いい、いい)

律(この顔……いい)

菫「ああぁぁぁ……っ」

律「た、頼むからさぁ 聞きたいんだよ…」

律「菫ちゃん!!」ガシッ

菫「ひぃっ!?」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:40:46.02 ID:ZN0MmmoX0

菫「わ、わん! わんわん!」

律「お、おお……」

律(何だろう、この感覚? てか感情……)

律「ふー、ふー、ふー」

菫「……///」

菫「……も、もういやぁ…」ジワァ

律「!」

律「ご、ごめんねっ ちょっと調子に乗り過ぎた!」

律「ほら、ハンカチ」サ

菫「ううっ、ぐすん……」

じー

律「」ボケー



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:48:47.45 ID:ZN0MmmoX0

菫「すんすんっ……ど、どうしましたか?」

律「え!?」

菫「私の顔をじっと見て…」

菫「あんまり見られると、照れてしまいます……」

律「ご、ごめんな」

「……」

菫「あの、私そろそろっ」

律「え、あ! うん!?」

菫「…ボーっとしてますけれど、大丈夫ですか?」

律「大丈夫、大丈夫!! ぜ、全然大丈夫だから!」

律「帰るの? わ、私もそろそろ帰らなきゃだなー! あははは」

菫「はぁ」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:49:35.88 ID:ZN0MmmoX0

菫「あのー! ハンカチ汚してしまってすいませんでしたー!」

律「ああ、それくらい」

菫「お渡ししていただければ、明日にでも綺麗にして…」

律「いいって。それじゃ、帰り気をつけてな」

菫「はい! …あ、あのー!」

律「ん?」

菫「お名前、あなたのお名前は!」

律「あ、ああ」

律「田井中律だよ。よろしくね、菫ちゃん」

菫「はぁぁ…!」ワッ

菫「こ、こちらこそ! こちらこそよろしくお願いします!」

菫「こんなダメダメな犬ですが!」

律「あははは、それじゃあな。菫ちゃん」

菫「は、はいっ!」

菫(これが、これが友達なのかな! で、でも年上の方みたいだし…)

菫「……えへへっ」ニコニコ




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:51:38.62 ID:ZN0MmmoX0

律「てなことがだな」

澪『へぇ、へぇ、へぇー』

律「なんだよ 何か返事が投げやりなんですけどー!」

澪『別にー』

澪『でもそっか、その子は色々大変そうなんだな』

澪『明日会えたら挨拶しよう。律、私の事もしっかり紹介してくれよ?』

律「うん、わかってる。それじゃあ明日なー」

ピッ

律「明日かぁ」



菫『ち、違います!!』

菫『私で良ければ…いくらでも見てやってください…』

菫『わ、わん! わんわん!』



律「おおっ」ビクン

律「…な、なんかゾクゾクきたぁ」




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:53:51.10 ID:ZN0MmmoX0

琴吹宅


紬「さぁ、みんな上がってー」

澪「予想以上に大きな家…」

唯「犬は、犬はー!」

紬「うふふ、慌てなくてもすぐに会えるから」

梓「ムギ先輩いいんですか 私まで」

紬「うん。梓ちゃんなら大歓迎だからぁ」

律「」チラチラ

澪「こら、律 人様の家をジロジロ見るなんてはしたないぞ」

律「あ、いや…そういうわけじゃ」

律(菫ちゃんは、菫ちゃんは)

梓「律先輩」

梓「律先輩ってば!」

律「え?」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:57:30.71 ID:ZN0MmmoX0

梓「何ボーっとしてるんですか 置いてかれますよ?」

律「あ、ごめん」

律「……」

梓「何かあったんですか?」

律「いや、そういうわけじゃ」

わんわん! わんわん!

律「!」ダッ

梓「ちょ、ちょっと律先輩!?」

律(犬の鳴き声! 犬だ、犬!!)

律「菫ちゃ――――」

唯「ぃよぉ~し、よしよしよし~」ナデナデナデ

わんわんお「へっへっへっ…」

律「あ…」

唯「お、りっちゃーん! この子とっても可愛いよぉ~」

律「そうだな…」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/09(水) 23:59:43.63 ID:ZN0MmmoX0

わんわんお「へっへっへ」

澪「よ、よしよし……えへへ」ナデナデ

唯「この子が噂のたくわん?」

梓「沢庵じゃなく?」

紬「ううん、その子はゲル。どう? 人懐っこくて可愛いでしょ」

唯「うんー!」

律「なぁ、ムギ。すみ…たくわんは」

唯「おぉ! この子は毛並みがよろしい! ツヤツヤでふかふかだよ~」

紬「その子はー」

梓「すごい、こんなに高そうな犬ばかり…」

澪「ああ…」



律「……」




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:02:44.98 ID:GHQrRVsY0

「お嬢様。お茶が入りました」

紬「ああ、ありがとう。みんな、お茶でも飲みましょ?」

唯「いぇーい!」

梓「うっ…高そうなお菓子」

唯「いつも高そうなお菓子じゃない?」

梓「いや、ここは言っとく流れかなって思いまして……」

澪「お菓子…」

律「あ、あの! ムギー」

紬「はい?」

律「トイレどこかな?」

紬「あ、お手洗いならこの部屋を出て突き当りを右に曲がって」

律「わかった。じゃあ借りるよ」ガチャリ

紬「ああ、りっちゃん! …迷わないといいけれど」

唯・澪・梓(家で迷う――――!?)




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:07:05.58 ID:GHQrRVsY0

律「……」

律(菫ちゃんはどこにいるんだ)

律「勝手に部屋あけて悪いけど、トイレの場所間違えたってことで」

律「えいっ」

ガチャリ

律「……!」

斎藤「……」

斎藤「……わんわん」

律「!」ビクゥッ

斎藤「わんわん」

律「ひぃっ、ま、間違えましたぁー! ごめんなさい!!」

ガチャン




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:11:59.74 ID:GHQrRVsY0

律(なんだよ今のおっさんは)ゼーゼーヒューヒュー

ガチャリ

律「ひっ」

斎藤「先程は驚かせてしまい、申し訳ありませんでした」

律「何で犬のマネなんかしたんですか!?」

斎藤「ええ…ここはたくわんの部屋ですから」

律「は?」

律「てことは……ここが菫ちゃんの部屋?」

斎藤「菫? 私の孫のことでしょうか」

律「お孫さん…?」

斎藤「ええ、斎藤菫。私めの孫でございます」

斎藤「そして、ここは菫の部屋ではございませんが」

律「?」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:17:06.16 ID:GHQrRVsY0

律「でもだって、たくわんは菫ちゃんなんでしょ?」

斎藤「え? あ、ああー」

斎藤「それには深い訳がございまして…」

律(どうも話が分からない)

「お爺様?」

斎藤「おお、菫」

律「えっ!」

菫「何を……あっ」

菫「あああああっ!」パァァ

菫「よっ、ようこそお出でになられましたぁー! 田井中様!」

律(名前覚えてくれたんだ!)

律「あ、ああ 遊びに来たよ。菫ちゃん」

斎藤「ふむぅ?」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:20:28.93 ID:GHQrRVsY0

斎藤「あなた様はお嬢様の客人なのでは」

律「えっと、それはそうなんですけど」

斎藤「菫?」

菫「あ、あ、えっと……」

菫「私の事を、見に来て下さったそうです」

斎藤「お前を?」

菫「犬の私を……///」

律(なんかエロいぞ)

斎藤「むぅ」

斎藤「そうか、そういう事なら。では、老いぼれはそろそろ…失礼いたします」

律「あ、はい…」

菫「」ソワソワ



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:24:17.76 ID:GHQrRVsY0

律(そろそろ戻らなきゃ、ムギたちが心配してるかな)

菫「それはそうと、田井中様。どうしてこのお部屋に」

律「ちょっと偶然ね」

菫「偶然……そうですか……」

菫「……このお部屋は――――」


「りっちゃん?」


律・菫「!」

紬「ああ、りっちゃん。ここにいた」

紬「お手洗いの場所 ちゃんとわかったか心配で」ホッ

律「し、心配掛けてごめんな…」

紬「あら、たくわんも一緒だったの?」

律「!」

菫「……」

菫「わ、わん」




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:31:50.73 ID:GHQrRVsY0

紬「よしよし」ナデナデ

律「わんって、おい……」

律「ムギ、その子は!」

紬「たくわんはね、家の中では放し飼いにしてるのよ。だからあっちこっちに行ちゃって」

紬「噛まれたりしなかった? でもこの子とてもいい子だから噛むなんて」

律「いや、そんなことは…」

律(どうなってんだ)

律「ムギ! こ、この部屋はたくわんの部屋って聞いたけれど…」ス

紬「……」

紬「何のことかしらぁ。さ、そろそろみんなのところに戻りましょ」

菫「あ…」

紬「たくわんはどこかで遊んでらっしゃい。ね?」

菫「……」ションボリ

律「……」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:38:27.80 ID:GHQrRVsY0

唯「あ、りっちゃーん 随分遅かったね~」モコモコ

律「唯……は何やってんだアレ」

梓「犬たちに埋もれるのが夢だった、と」

澪「羨ましい」

律「マジか」

紬「唯ちゃん楽しい?」

唯「うん! しかも温かいし~」

唯「あ、そういえばたくわんは?」

律(ナイスだ、唯!)

紬「ああ! そういえばあの子も見せることになってたのよねっ、ついつい忘れてたわぁ」

紬「でもあの子のこと遊びに行かせちゃったし…良かったらアルバム、写真でいいかしら?」

律(アルバム?)




47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:41:32.42 ID:GHQrRVsY0

澪「これは小さい頃のムギ?」

紬「そうよぉ」

梓「わぁ、可愛いっ」

唯「ねー 隣にいるのが?」

紬「そう、たくわん」

律「え……?」

紬「この子はふかふかであったかくて、小さいころからいつも私ベッタリみたいだったらしくて」

澪「あはは、微笑ましいな。な、律?」

律「……」

澪「律?」

律「…そ、そうだな」

律(小さい頃から、たくわんが一緒?)




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:45:40.91 ID:GHQrRVsY0

律(てことはこんな頃から菫ちゃんは犬だったのか?)

唯「写真いっぱいだねぇ」

紬「これは高原で撮ったの、それでこれは」

律「……」

澪「律?」ヒソヒソ

律「え」

澪「もしかして、菫ちゃんって子のことを考えてる?」

律「あ、うん…」

澪「どうも律が言ってた話と合致しないんだけど」

律「私にも、さっぱりだよ」

澪「その子には?」

律「ああ、さっき会えた事は会えたんだけど…」




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:52:21.58 ID:GHQrRVsY0

紬「もう帰っちゃうの?」

唯「うん。もうそろそろ夕飯時だし」

梓「長居もできませんもんね」

梓(これ以上この豪邸にいたら気疲れしちゃいそうだし)

澪「じゃあ、ムギ。また明日、学校でな」

紬「うん! それじゃあまた明日」

ガチャリ

律「……」

唯「りっちゃんさっきから元気なくない?」

律「え、マジで?」

梓「確かに今日は大人しい方でしたよね」

律「生意気な後輩め、うりっ」

梓「ぎゃー!」

澪「はぁ……にしても花壇までこんなに綺麗に…」

律「あー…………ん?」




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:55:37.30 ID:GHQrRVsY0

菫「」チョロチョロ

律「!」タタタ…

梓「律先輩?」

律「おーい!」

菫「え? ……あ!」

律「ふぅ、おっす」

菫「ど、どうもです…」

菫「あの先程は」

律「ああいいって、いいって! 別に気にしてないし」

律「それよりさ、後でいつもの公園に来れないかな?」

菫「はい? いつもの」

菫「……わかりました」ニコ

律「よっし!」




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 00:59:34.89 ID:GHQrRVsY0

律「いやー、待たせてごめんな!」

唯「さっきの女の子りっちゃんのお知り合い?」

澪「まさか」

律「そう、あの子が」

梓「私はその子見えなかったんですけど」

律「そんなお前らに関係ある子じゃないからいいよ」

梓「な、何がいいんですか…」

唯「とりあえずそろそろ帰ろうよー、私お腹減っちゃって」

澪「お菓子たっぷり平らげてたお前がそれを言うかな」

律「」ウキウキ




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:04:00.63 ID:GHQrRVsY0

律(ちょっと早すぎたか)

律「あそこのスーパーでも行くかな」

律(なんかあそこに由縁があるんだよな、あの子とは)


スーパー


律「」チラチラ

律(どうも気がつくと無意識に探してるな、私)

律「なんでこんなに気になってるんだかな」

律「…ん?」

うろうろ

菫「~……」

律「いた!」ガシッ

菫「えぇっ!?」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:07:09.92 ID:GHQrRVsY0

公園


律「まさか偶然あそこで会うなんて思わなかったよ」

菫「わ、私もです」

菫「ごめんなさい。すぐに公園へ向かおうとは思っていたんですけど、つい…」

律「つい? 何か探してた?」

菫「……はい」

律「お屋敷にはないものなのか」

菫「ありません。恐らく」

菫「……」

菫「たくわんの好物だった、魚肉ソーセージを探していたんです」

律「……」

律「え、ソーセージ」

菫「はい、ソーセージを」




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:09:26.24 ID:GHQrRVsY0

律「てことは菫ちゃんの好物だったってこと?」

菫「え!? あ、えっと…」

菫「そ、そうなります……ね…」

律「?」

律「そんなの探せばすぐにでも見つかるだろー」

菫「いえ、普通のじゃないんです。よくわかりませんけれど…」

律「ふーん?」

律「何で急にそんな物を探してるんだ? 食べたい?」

菫「そういうわけではないですけど…えと…えっと…」

律「」ゴクリ

律「……ま、いいよ。私飲み物買ってくるね」

菫「ああっ、また!」




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:12:56.95 ID:GHQrRVsY0

律「はい」

菫「いつも私なんかに、ありがとうございます」

菫「…ズルいです。今日は私が買おうと思っていたのに」ムス

律(あ、膨れた)

律「珍しい反応ー。いつもいつも謝られてばっかだったのに」

菫「そう、でしたか?」

律「そうだよ!」

菫「そうでしたか。えへへっ…」

律「!」

律(か、可愛いじゃん)

菫「きっと…田井中さんに出会えたから…」

律「田井中さん――――!?」




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:16:55.52 ID:GHQrRVsY0

律「や、やめろやめろ! なんかむず痒い! おえーっ」

菫「ですけどっ」

律「律でいいよ 律で!」

菫「そんな! 私の様な犬が下のお名前で」

律「いいんだよ! 怒るぞっ」

菫「ひっ …………り、律さん?」

菫「……///」

律「はい。よくできました」

菫「あ、ありがとうございます…」

菫「…えへへ」ニコニコ

律「ん、どうした?」

菫「あ、いえ! 別にそんな!」




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:22:10.10 ID:GHQrRVsY0

菫「……ただ」

律「ただ?」

菫「なんだか、嬉しくて」

律「嬉しい?」

菫「はい。私、お仕事の事もあって、学校で中々友達が作れなくて…」

菫「だから、こうやって普通に話し合えるのが、楽しくて!」

律「お……」

律「そっかー!」

律「私もさ 菫ちゃんと話せて楽しいよ」

菫「ほ、本当ですか!? わ、私よろこんでいただけて幸せですっ!」

菫(よかった、本当によかったよぉ……)




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:26:12.93 ID:GHQrRVsY0

律「それでな、澪が」

菫「す、すごいですね!」

律(本当にこの子といると楽しい)

菫「お父さんとお母さんが!」

律「へぇー!」

律(笑顔を見るだけでこっちまで嬉しくなっちゃうよ)

律「聡って弟がいるんだけどさー」

菫「……///」

律(だ、だけど)

律(恥ずかしがってる顔も見てみたいんだよなぁ、私…)

律(あの時みたいな、死にそうなぐらい恥ずかしそうで、赤面してて)

律(そうだ、私はこの子の『犬』を見たい)

律(犬…犬…犬……)ハァハァ




59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:31:11.81 ID:GHQrRVsY0

律「……」

菫「あ、あの」

律「え?」

菫「突然どうしましたか? どこか体調でも…」

律「あ、いや そんな事はない」

律「けど」

菫「はい?」

ゴクリ

律「……ねぇ」

菫「なんでしょう? 律さん」

律「…ま、またアレやってくれよ」

菫「アレ?」

律「あああ、アレだよ…アレ…ほら、アレだ!」

律「わんわんって、鳴いてくれよ……!」

菫「えっ――――!?」




60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:36:21.42 ID:GHQrRVsY0

菫「り、律…さん……?」

律「……」

菫「その、あの……どうし、たんですか?」

律「……」

菫「め、目が怖いです……律さん…」

律「なぁ、頼むよぉ」

律「1度、1度だけでいいから…頼むよ…」ガシッ

菫「ひっ!」

律「鳴くだけ、鳴くだけだからさ……!」グイッ

菫「い、痛いっ」

律「菫ちゃぁんっ!」

菫「いっ…………わ、わっ、わん…わん…」




61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:49:35.46 ID:GHQrRVsY0

律「もっと、頑張ってよ。聞こえないんだよ!」

菫「わ、わぁ…わっ、わわん! わん! わん! わん!!」

律(ああぁー)

律(そうだ、この顔)

律(この顔がいいんだよ……)

菫「…………っう」ジワァ

律「……は!」

律「あ、えっと、そのっ! ご、ごめん…!」

律「私がどうかしてたよ…な、何だってこんな……」

菫「ぅう、ぅぐっ……ひくっ…あぁぁっ……」ポロポロ

律「ごめんな、ごめんなぁ……」




62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:51:49.79 ID:GHQrRVsY0

律「よしよし、よしよし…」ナデナデ

菫「ごめんなざっ…ごめんなさ、い」

菫「わ、私…急に泣き出したりなんかしちゃって……おかしいですよね…」

律「ううん、そんなことない」

菫「律さんは少し私をからかっただけだったのに、私は」

菫「っ……」

律「もういい、もういいんだって。よしよし」

菫「……律さんはどうしてこんなに私に優しいんですか?」

菫「私、そんなに優しくされてしまったら……私…」

律「甘えてくれていいんだよ。だって私と菫ちゃんはもう友達だろ?」

菫「友達…」

菫「は、はいっ!」




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 01:57:53.85 ID:GHQrRVsY0

菫「あ…そろそろ、帰らないとお嬢様が」

律「そうだな。もうこんなに真っ暗だし」

菫「……」

律「どうした?」

菫「もっと、お話ししたかったなって…すみません」

律「…んー」

律「じゃあこうしよう! 今度の休みに一緒にどこか遊び行こうぜー!」

菫「あ、遊び!? で、でも私お仕事が…」

律「大丈夫。お父さんだって子どものためなら休みの一つくれるはずだって」

菫「……そう、ですね。はい、では1度お父さんに相談してみます!」

菫「だからきっと!」

律「うん じゃあ、その時までな!」




64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(仮鯖です) 2011/11/10(木) 02:01:47.49 ID:GHQrRVsY0

律「って感じでさー!」

澪『たのしそーーーだな』

澪『で、それは私に一々報告する事か』

律「それとそれとー! 菫ちゃんのメアドと番号も交換してだなー!」

澪『はぁ、まるで恋する乙女だな。お前』

律「菫ちゃんは友達だっての」

澪『そー……じゃ、私お風呂入るから』ピッ

律「遊べるかなぁ、楽しみだよ……」



菫『ひっ …………り、律さん?』

菫『こうやって普通に話し合えるのが、楽しくて!』

菫『め、目が怖いです……律さん…』

菫『わ、わぁ…わっ、わわん! わん! わん! わん!!』

菫『ぅう、ぅぐっ……ひくっ…あぁぁっ……』



律「……あ、あはは! あははは!」

律「」ニタニタ




71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:25:58.83 ID:VzmbxsHo0

次の日


Prrr、Prrr

律「電話? あ、菫ちゃん!」

ピッ

澪「ん?」

菫『も、もしもし!』

律「おー、もしもーし! 例の件どうなったの」

菫『はい! やりました、やりましたよー!』

律「マジで!?」

菫『ええ、お父さんが許してくれました! 思う存分、お友達と遊んできなさいって』

菫『私とっても嬉しいです! 待ち遠しいです!』

律「そっかぁ…あははっ」

律「うん、うん、それじゃあ今週の日曜に。うん、じゃあなー!」

ピッ

澪「誰と電話?」

律「ないしょー」

澪「ふぅん…」




72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:27:18.32 ID:VzmbxsHo0

キャッキャキッキャ

律「おーい、何楽しそうに話してんのさー?」

紬「うふふっ、唯ちゃんがね~」

唯「あのね 和ちゃんがー」

律(早く日曜ならないかなぁ)

唯「おーい」

律「ん?」

唯「りっちゃん、またボーっとしてるー」

唯「最近多いよ?」

律「そ、そう?」

澪「律は今お楽しみ中らしいからなー…」チラッ

唯・紬「?」

律「」ボーケー




73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:35:03.14 ID:VzmbxsHo0

部室


紬「さきにお茶してよっかー」

律「お、そうだな」

紬「みんな遅れてくるみたいだし…よいしょ、と」

律(…ムギと2人きり、今なら)

律「ねぇ、ムギー」

紬「はぁーい?」

律「たくわんの部屋の事、聞きたいんだけど」

律「ほら、こないだムギの家にお邪魔した時にあった…」

紬「……」ニコニコ

律(無視された――――!?)

律「お、おぉい……ムギー」

紬「……りっちゃん」

律「え?」




74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:40:54.29 ID:VzmbxsHo0

紬「私だって聞かれたくない事の1つや2つあるの」

紬「だから、ね」

律「あ、ああ…ごめん…」

律(意地でも話してくれそうにないな)

紬「はい、お茶。お菓子はみんなが来てから」

律「うん」

「……」

律(なんか気まずいかも)ズズー…

紬「ね、りっちゃん。ちょっと話したい事あるの」

律「…ムギ?」

紬「この辺で○○って魚肉ソーセージ…」

紬「ご、ごめんなさいっ やっぱりなんでも…」

律(ソーセージって)



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:42:20.68 ID:VzmbxsHo0

数日後


律「いい天気だなぁ 頭ぼーっとしちゃうぐらいに」

律(もうデジャヴってところじゃないけど、まさか)


らんらん♪るんるん♪


律「!」

ジャラジャラジャラ

紬「ふふふ~♪」

菫「……///」

律「な――――!?」

紬「あったかいから今日はお洋服もいらないわねー。ね、たくわん?」

菫「わ……っん……」

律(どういうことだおい)

律(アレじゃほぼ裸じゃねーか!)




76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:48:33.30 ID:VzmbxsHo0

律「おいおいおいー!」

紬「あら、りっちゃん いつもお散歩の時会っちゃうね」

菫「っ!?」

律(そんな悠長にお喋りしてる場合じゃないだろ)

律「なぁ…ムギ、これは……」

紬「お散歩だけど…?」

律「だ、だって…これ……」

菫「……///」

律(め、目を合わせてくれない)

律(しかも今にも泣き出しそうじゃない。顔なんか沸騰してるのかってぐらい真っ赤で)

律「……」ゴクリ

紬「いつもはお洋服を着せてたもんね、でもワンちゃんだしお洋服はうっとうしいかなって」

律「そ、そうか」

菫「っぐ……」




77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:54:52.67 ID:VzmbxsHo0

律「でも、ちょっと恥ずかしいんじゃ」

紬「どうして? だってこの子は犬なのよ?」

律「ああ……」

律(そうか、犬だった)

じーっ

菫「ひいっ…ぃや、ぁ……み、見なっ」

グイッ

菫「うっ、げ」

紬「……」ジャラ…

律「ムギ!」

律「……そんなにリード引っ張ったりしたら、痛いんじゃないかな…?」

紬「……そうね」




78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 22:58:21.36 ID:VzmbxsHo0

菫「……」

律「す、菫ちゃ――」

紬「それじゃあ私たちはこれで。じゃあね、りっちゃん」

紬「さ、たくわん。行きましょー」

菫「わん……」

ジャラジャラジャラ…

律「……」ポカーン

律「すげぇ…」

律「すげぇけど」

律(なんか嬉しくないや、しかも腹立つ)

律「菫ちゃんがああいう顔していいのは私といる時だけでいいんだよ」

律「……」

律「かーえろっと」




79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:05:32.11 ID:VzmbxsHo0

律「」ボケー

律「いよいよ明日かぁ」

律「~♪」ゴロゴロゴロ

律「あー、楽しみすぎて死んじゃいそうだぁ」

ブー、ブー

律「メール?」

律「菫ちゃんからだ!」

『夜分遅くにごめんなさい。今日は大変お見苦しい物を見せてしまい、すいませんでした』

『明日、楽しみにしています♪ 楽しみすぎてしっかり寝れるかどうか心配です。それでは』

律「そんなに期待してくれてるのか」

律「大丈夫、大丈夫。いっぱい2人で楽しもうなぁ!」

律「……」ニタニタ




80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:07:41.75 ID:VzmbxsHo0

待ちに待った日曜日


律「」ピッピッピ

律(早く来すぎたかな)

タッタッタ…

菫「律さ~ん!」

律「!」

菫「お、遅れちゃって…はぁはぁ、申し訳…はぁはぁ…」

律「ううん、大丈夫。私も今来たとこだしな」

菫「ですけど」

律「気にすんなって言ってんだからいいの! さ、行こうぜー!」ギュッ

菫「あ……」

菫「……」パァァ


…ギュッ




81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:13:31.94 ID:VzmbxsHo0

律「え、UFOキャッチャーしたこのないの?」

菫「実は…」

律「よしよし、それじゃあお姉さんがお手本を見せてあげよう」

チャリン

菫「わぁぁ…! く、クレーンが動いてますよ!」

律「動かなきゃどうすんだよって」

律「も、もうちょい左かな」

菫「あ! 私こっち側から見てみますね! もっと、もっと左です!」

律「お、お、お、おおっ?」

ウィーン

菫「や、やったぁー!! やりましたねぇ、やりましたねぇー!」ピョンピョン

律「そんなにはしゃぐ事かぁー?」

菫「あ、えっ……てへへ…///」




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:17:19.64 ID:VzmbxsHo0

律「お、コレ可愛くないか?」

菫「帽子ですか?」

律「菫ちゃんによく似合いそう」

菫「わ、私なんかよりもきっとお嬢様の方がお似合いに…」

律「そうー? じゃ、試しに被ってみー」

カポッ

菫「……ど、どうでしょうか?」

律(お、お嬢様みたい。ムギとは違うベクトルの)

律「」グッ

菫「じゃあ私買っちゃいます…!」

律「え、そんなよく決めないでいいの?」

菫「律さんが似合うよって言ってくれたから……だ、ダメでしょうか」

律「買いなさい」

菫「~♪」




83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:20:29.31 ID:VzmbxsHo0

菫「ハンバーガー…」

律「まさか、食べたことない?」

菫「い、いえ ありますあります!」

菫「ただモスバーガーってソースが美味しいのに下に溜まっちゃってちょっと残念で…」

律(なるほど)

律「ペロペロ舐めるわけにもいかないもんなぁ」

律「……あ、犬ってことになってるし、それもいいんじゃないかな」

菫「え……?」

律「あ、いや 冗談、冗談!」

律「素直に店員さんにスプーン貰えばいいんだよ! すんませーん」

菫「はぁ」




84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/11(金) 23:25:08.25 ID:VzmbxsHo0

律「そっか、いつも休む暇なく」

菫「使用人ですし、仕方がありませんよ」

菫「それになれちゃいましたし!」

律「慣れたいもんじゃあないな…」

菫「明日のご飯を食べるためですし」

律(本当にハードモードだな)

菫「律さんは何かお仕事はー」

律「え、私? あはは、私学生……あ」

律「ば、バイトなら2回やりましたー!」

菫「すごいです! 多忙そうなのに!」

律(毎日グダってるよ)




85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:19:39.29 ID:iodoMMMb0

律「私、軽音部に入っててさ」

律「そこの部長なんだぜー! みんなには頼りになるりっちゃん隊員と」

菫「部長で隊員?」

菫「あの、軽音部…って何をするところなのですか?」

律「軽音、軽い音楽じゃないからな。ほら、ギターとかベースとかやって」

律「バンド組んでみんなで演奏すんだよ。楽しいぜ~」

菫「バンド……」

菫「それは、素敵ですね!」ニコ

律「うん。聞かせてあげたいぐらいだっ」

菫「是非っ! 是非聞きたいです!」

律「じゃあ…いつかな!」

菫「はい、楽しみに待っています!」




86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:26:58.96 ID:iodoMMMb0

公園


律「いやー」

律「結局ここに落ち着いちゃうね」

菫「くすっ…そうですねぇ」

菫「でもここでゆったりと律さんとお話しているの、大好きなんです」

律「そっかー」

カァーカァー

菫「ああ…気づいたらもう夕方だったんですね…」

律「今日は楽しかった?」

菫「はい! それはもう!」

菫「……あの、またこうやって私と遊んでもらえますか?」

律「もちろん!」

菫「わぁぁ…!」パァァ




87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:31:27.22 ID:iodoMMMb0

菫「私、律さんと出会えて本当によかったです」

菫「毎日キラキラしてる感じで…えっと、えっと」

律「幸せ?」

菫「…です」

律「そっか!」

律「……」ニコ

律「そんな幸せそうな菫ちゃんにプレゼントをあげよう」

菫「えぇ!? ぷ、プレゼントですか!? そ、そんなっ」

菫「こんなに良くしてもらっているのに、その上……」アタフタ

律「いいんだよ! 私もあげたかったらさ。ずっと」

菫「律さん……」

律「……そ、それじゃあさ 後ろ向いててくれない?」

菫「え、後ろ? はい…」ドキドキ

律「……」






88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:35:01.23 ID:iodoMMMb0

菫(律さん、何をくれるんだろう)

菫(もう、胸がドキドキしすぎちゃって壊れちゃいそうだよ)

ガチャリ

菫「……え?」

律「はい、こっち向いていいよー」

菫「え、えっと……律、さん……?」

律「あ、よく……似合ってる…」ニタァ

菫「こ…これは、何ですか……律さ、ん……」ガクガク

律「犬のリード」

菫「っ――――!!」

菫「ど、どうして!?」

律「ムギのよりこっちの方がいい感じだろ? へへ」

菫「律さぁんっ…!」

律「なぁ…わんって鳴いてみろよ……!」




89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:42:07.47 ID:iodoMMMb0

菫(どうして? どうして!)

菫(どうしてこうなるの――――!?)

菫(律さんは私の友達じゃないの!?)

菫(なのにっ――――)

律「ほら、いつもみたいにさぁ……ねぇ?」

律「できたらさ…四つん這いになってみて…えへへ」

菫「っ……」

律「ど、どうして泣くんだ?」

菫「り、りつ…さ、んは……ぅぐ、わぁ…私のこと、を……っ」

菫「私の、ことを……! どう思って、いるんです、かっ…?」

律「あ…」

律「……」

律「菫ちゃんは犬なんだろ?」

菫「え――――」




90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:54:58.54 ID:iodoMMMb0

律「じ、自分でも言ってたじゃんか。な?」

律「それに、嬉しいんでしょ? そんな自分が」

律「嫌じゃないんだろ? それともあれか?」

律「飼い主はムギじゃないとダメなのかな? わ、私じゃ不満なのか…?」

菫「ううっ……!」

律「なぁ、私 菫ちゃんの笑った顔も好きなんだよ。好きなんだけどさぁ」

律「恥じらってる顔もさ……好きな事に気づいちゃったんだよぉ…」

菫「そんな……」

律「だから見せてくれよ…私だけに見せてくれよ。ムギじゃなくて、私に!!」

菫「あ……ああぁ…………」

菫(私の中の律さんが音を立てて崩れていってる…)

律「菫ちゃぁんっ!!」ガシッ

菫「!」




91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:56:19.33 ID:iodoMMMb0

菫「いやぁ!!」バッ

律「えっ……」

菫「……あ」

律「……」

律「菫ちゃ」

菫「…ご、ごめんなさい。私、もう帰ります」

律「菫ちゃん!」

菫「かっ、帰ります!! お仕事があるので!!」

律「なんでだよ…ムギは良くて、私はダメなのかよ…!?」

菫「……」

菫「さようなら、律さん」ス

タタタ…

律「なんでだよぉ……」

律「うあぁ……」



92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 00:59:55.57 ID:iodoMMMb0

律「……」

澪『自分から電話かけてきたくせに、やけに暗いな』

律「…そ?」

澪『うん お通夜ムードだ』

律「ああ…私、死んじゃったからなー……ははは」

澪『やめろバカ!』

澪『……何かあったの? 律』

律「……」



律『…菫ちゃんは、犬なんだろ?』

律『それに、嬉しいんだろ? そんな自分が』

律『だから見せてくれよ…私だけに見せてくれよ。ムギじゃなくて、私に!』



律「私が、バカだったよ。あはは」

澪『はぁ?』




93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:00:44.69 ID:iodoMMMb0

律「ごめん、澪。私、用あるから」

澪『え、ちょっ、り――――』

ピッ

律(菫ちゃんに謝らないと)

律「頼む、出てくれ…」

Prrr、Prrr

『おかけになった電話番号は』

律「…出ない。仕事中だからか?」

律「一応、メールもしておこう……」

律「はぁ……」




94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:01:31.03 ID:iodoMMMb0

律「何であんなところで私」

律「おかしいよ、私……」

律「バカとかじゃない、アレはキモかった」

律「完璧引かれたぁ…てか幻滅されたんじゃないか…」



菫『律さ~ん!』

菫『律さんが似合うよって言ってくれたから……だ、ダメでしょうか』

菫『それは、素敵ですね!』

菫『……あの、またこうやって私と遊んでもらえますか?』

菫『さようなら、律さん』




律「うぅ、ごめん…ごめんなぁ」



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:07:17.96 ID:iodoMMMb0

次の日


律「」ボケー

唯「今日もボーっとしてるね」

梓「律先輩何かあったんでしょうか?」

澪「あったんだろうな」

唯「澪ちゃんもわかんないの?」

澪「うん。でも」

澪「今回は放っておこう」

唯・梓「え?」

唯「も、もしかして全然心配じゃない?」

澪「そうだと言えばウソになっちゃうけど、なんとなく」

澪「これは律だけの問題なのかなって」

梓「……」

唯「難しいお話だねぇ。あずにゃんあっちで遊ぼっか」

梓「~……」




96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:18:48.77 ID:iodoMMMb0

紬「はーい、お待たせ」

唯「お茶じゃー! お茶がきたぞー!」

紬「あれ、唯ちゃんはいらなかった?」

唯「えぇ!?」

律「……」

「……」

梓「あ、あ、じゃあ私が唯先輩の分までいただいちゃおうかな~…なんて」

チラッ

律「……」

梓「あー…えっとー…」

「……」

(気まずい――――!)



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:23:18.48 ID:iodoMMMb0

紬「り、りっちゃん?」

律「……え、あ、はい」

紬「どうかした? お腹、痛い?」

律「いや、別に」

律(結局メール返ってこなかった)

律(許してもらえないのかな)

律「はぁ…」

唯「りっちゃん元気出して~…」

律「うん…」

唯「ムギちゃーん…」

紬「困ったわぁ…」

律「……」




98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:30:56.51 ID:iodoMMMb0

数日後


律「ああ、いい天気だなぁ」

律(それに比べて私の心は雨ザーザーだよ)

律「……」

キョロキョロ

律「!」

律(無意識にムギと菫ちゃんを探しちゃうな…)

律「いつもこんな天気のいい日に会ってたから」

律「…なぁ、何で今日に限って会えないんだよ」

律「会いたいよ……」

律「どこだよ、どこ!」キョロキョロ

律「謝らせてくれよ! 私に!」

律「うぅ……」


ギュッ


律「!」




99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:31:25.84 ID:iodoMMMb0

「だーれだ?」

律「す――――!」

バッ

律「……お前」

澪「おっす」

律「何お前っ、似合わない事してくれてんだよー!!」

澪「た、たまにはいいだろ!」

律「まったく……」

澪「こんな所で何1人でブツブツ喋ってたんだよ」

澪「律、不審者みたいだった」

律「ああ、そ…」

澪「律らしくもない。メソメソして」

律「明るい私は最近死んだよ」

澪「ザオリクかけてあげる?」

律「教会に連れていってくれた方が嬉しいかな」




100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:49:41.83 ID:iodoMMMb0



澪「おい、どこ行くんだよ?」

律「決まってんだろー 帰るんだよ」

律「ただの散歩だし、これ。飽きたから帰るの」

澪「帰っちゃうの」

律「そう」

澪「ねぇ、律」

律「何よ?」

澪「私の散歩に付き合ってくれないかな?」

律「…澪の?」

澪「ああ」




101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:53:38.69 ID:iodoMMMb0

澪「んー、今日はいい天気だな! 律っ」

律「最近はもっぱら天気いい」

澪「そうなの? 最近私部屋から出てなかったから」

律「ヒッキーだな、ヒッキー」

澪「だって部屋落ち着くんだもん」

律「インドア派だなぁ」

澪「律はしょっちゅう外に出たがるよな。じっとしてられないのか?」

律「まぁ…」

澪「私たちって正反対だよなぁ」

律「……」

澪「律?」

律「あのさぁ!」



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:54:28.30 ID:iodoMMMb0

律「さっきから何がしたいんだよ お前は!」

澪「何って」

律「ワケわかんない話ばっか振ってきやがって!」

律「私を苛立たせて楽しいか!?」

澪「別にそんなつもりは…」

律「ちょっと空気読んでくれよ…! 私だってイラついてる日もあるんだ」

澪「…ごめん」

律「……じゃあな」

澪「律ー」

律「なにっ!?」

澪「えいっ」プニ…

律「……は?」

澪「…ぷぷっ」プスー




103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:55:08.62 ID:iodoMMMb0

澪「律のほっぺ、柔らかいよな」プニプニ

律「あっ、あ……あ……」プルプル…

へなへなへな

…ペタン

律「」

澪「どうした?」

律「あ、あきれてんだよ」

律「お前 今日はどうした…」

澪「別にどうもしないな」

澪「ただ、律を元気づけてあげようかなって」ニコ

律「え…」

澪「どう? 少しは気も緩んでくれた?」

律(澪……)




104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/12(土) 01:56:11.57 ID:iodoMMMb0

澪「あんな電話くれておいて、水臭くないか?」

律「ごめん」

澪「全く」

律「……どうして凹んでるか、とかは聞かないの?」

澪「しーらない」

律「…そっか」

澪「うん」

律「にしても」

律「もう少しまともな励まし方っていうか何というか」

律「お前、本当に不器用だよなぁ」

澪「う、うるさい!」

律「っ、ふ、あはははは!」

澪「…くすっ」




108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:33:29.36 ID:PoDz9KEM0

スーパー


律(澪には今度ちゃんとお礼言わなきゃなぁ)

律(澪のお陰で諦めきれなくなった!)

律「菫ちゃん…!」

うろうろ

律「!」

?「……」

律「あの後ろ姿っ」

タタタタッ

律「菫ちゃ――――」

紬「え?」

律「…む、ムギ?」

紬「ああ、りっちゃん!」




109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:34:04.25 ID:PoDz9KEM0

律「…ムギ、こんなとこでどうした?」

紬「えっと、ちょっと探し物があって」

律「探し物?」

紬「魚肉ソーセージ」

律(またか)

律「ムギが食べる為? それともお茶受けに出すとか」

紬「え、りっちゃんはソーセージでお茶を飲むの!?」

律「いや冗談です…」

紬「な、なんだぁ」ホッ

律「それで?」

紬「あ、そのね」

紬「たくわんにあげる為に、ちょっと」

律「たくわんに?」




110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:35:24.23 ID:PoDz9KEM0

律「それって、菫ちゃん?」

紬「菫ちゃんのこと知ってたの!?」

律(チョクチョク散歩途中で会ったろ)

律「ムギには内緒にしてたけど、何度か会ったんだ」

紬「……もしかして菫ちゃんが時々出かけたり、遊びに出たのって」

律「私と会うため」

紬「そうだったんだ…」

律「……お、怒った?」

紬「え、どうして?」

律「えっ、いや…」

紬「菫ちゃんは使用人でもあるけど、普通の中学生の女の子でもあるもの」

紬「少しぐらい羽を伸ばしてほしいと思ってるわ」

律「そ、そうなんだ」




111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:35:53.30 ID:PoDz9KEM0

律「そういえば」

律「菫ちゃんも魚肉ソーセージ探してた。何でかわかる?」

紬「そうなの!?」

紬「そう…あの子が」

律「?」

紬「あー、あの…あのね、りっちゃん。その…」

紬「明日、時間あるかな?」

律「え、明日? 別に予定はないけど…」

紬「よかった」

紬「少し、私の相談に乗ってもらえないかな」

律「ムギの?」

紬「うん」




112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:36:27.43 ID:PoDz9KEM0

律「……わかった」

紬「あ、ありがとう。りっちゃん」

律「その代わり」

紬「え?」

律「す、菫ちゃんに会えないかな」

紬「あ…」

紬「うん。わかったわ」

律「ありがとう……そういえば」

律「今日は、たくわんと散歩しなかったんだな」

紬「……」ニコ

律「それじゃあ、明日。お邪魔させてもらうな」

紬「…うん」




113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:37:43.26 ID:PoDz9KEM0

律「澪と別れてそんな事が」

澪『一々私に報告しなくても』

律「いや、ここまで来たらほら…なんか」

澪『あー』

律「とにかく明日、ムギの家に行く」

澪『…着いてきてほしい?』

律「ううん、たぶんこれは私の問題ー……ていうかムギのか」

律「だから、澪はお留守番」

澪『はいはい』

澪『結果、楽しみに待ってていいのか。お土産話』

律「ん、任しとけ」

澪『……うん。じゃあね、律』

ピッ

律「うおおおおおおおおおっ、ファイト、私ー! おー!!」

『姉ちゃんうるせぇっ!!』ドンドン




114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:41:31.84 ID:PoDz9KEM0

次の日


ガチャリ

律「おっす、約束通りに」

紬「いらっしゃい りっちゃん。さぁ、どうぞ上がって」

律「ごめんな ちょっと早く来ちゃったかな」

紬「ううん、そんなことない。待ってたんだもん」

スタスタスタ…ス

紬「ここ、この部屋に入ってくれないかな?」

律「この部屋は」



斎藤『…ここはたくわんの部屋ですから』



律「入って、いいの?」

紬「うん。どうぞ」



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:43:54.24 ID:PoDz9KEM0

律「お邪魔します」

じろじろ

律(意外と部屋の中質素だったんだ)

律(あの時は斎藤さんいてビビってちゃんと見てなかったから…)

紬「ここはね、前にりっちゃんが言ってた通り 私の飼い犬のたくわんの部屋なの」

律(犬に個室があんのかよ――――!)

律「あれ、でも他の犬の部屋は」

紬「うん、ないの。だからたくわんは特別」

律「……あの、そろそろ聞かせてくれよ。その犬は菫ちゃ」

紬「今日はね、たくわんの命日なの」

律「……え」




116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:45:46.77 ID:PoDz9KEM0

律「命日って……」

紬「2、3年になるのかなぁ、もう」

紬「たくわんは私が生まれた頃からずっといてね」

紬「家族同然だったのよ」

律「……」

紬「もう歳だったし、大往生だったとは思う」

紬「けれどね、私たくわんが突然いなくなっちゃったことにショック受けちゃって」

紬「酷かったと思う。立ち直れないかと思ったわ」

律(そんな辛そうな様子、私たちには一瞬でも見せた事なかったのに)

紬「そんな時にね、斎藤のお孫さんの菫ちゃん。彼女が」

紬「自分がたくわんの代わりになるって言ってくれたの」

律「代わり?」

紬「りっちゃんの知っての通り、菫ちゃんの扱いは犬同然」

紬「リードをつけて散歩させたりね」

律「……!」




117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:46:51.30 ID:PoDz9KEM0

紬「もちろん最初はそうさせる事に抵抗があった」

紬「でも……なんだか、本当にたくわんがいるみたいな気持ちになっていって」

紬「…今に至るってところなの」

律「あ、あ……」

紬「何度か菫ちゃんに、私の為にこんな恥ずかしい事してくれなくていいって言ったわ」

紬「そしたらね、あの子 お嬢様の悲しむ顔を見たくない。笑顔でいて欲しい」

紬「その為ならこんな事は苦でもないし、むしろ嬉しいって」

紬「バカよね…ペットの死はいずれ来るもの。それをもっとバカな私が受け入れられなかったから」

紬「菫ちゃんには辛い思いばかりさせちゃった」

律「……」

律「で、でも、そんな事言っておいてあんな散歩ないだろ…!」

律「最終的にはあんな裸同然な格好で!!」

紬「うん、良くない」




118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:48:24.20 ID:PoDz9KEM0

紬「あれはね、菫ちゃんの口からもうこんな事止めてほしいって聞く為に私がした事」

律「は?」

紬「私もね、もう前に進まなきゃって思ったの。たくわんが死んじゃったことをちゃんと認めよう
って」

紬「それに菫ちゃんは菫ちゃんであってほしいって」

紬「今まで酷い扱いをしておいて今さらよね……」

律「つまり菫ちゃんに犬の真似ごとをやめさせたかったから……」

紬「うん。本人だってきっと心の中でずっと嫌だって思ってたはず」

律「う、うあ……あああ……」

律(何てこった)

律(私はそんな菫ちゃんの事なんか知らないで)

律(身も心も、プライドも踏みにじっちゃったんだ)

律「わ、わ…わ……私 最低だ……最低、すぎる……うぐっ」

紬「りっちゃん?」




119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:50:35.52 ID:PoDz9KEM0

律「ムギ、私 ムギなんかより最低な事を菫ちゃんに」

「律……さん…?」

律「え!?」

くるっ

菫「あっ」

律「菫ちゃん……!」

菫「……」

律(どうしよう、会ったはいいけど口が開かない)

紬「菫ちゃん」

菫「!」

菫「わ、わんっ!」

紬「…ううん、もういいの。いいのよ」

紬「あなたは菫ちゃん。たくわんじゃない」

紬「そうでしょう?」

菫「そ、そんなっ…! お、お嬢様! 何か私に気に食わないところがあったのなら!」

紬「違うの」

菫「え、え……?」




120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:51:57.07 ID:PoDz9KEM0

紬「菫ちゃんに不満なんて1つもないわ。いつも助かってる」

紬「だからこそ、菫ちゃんに戻ってほしい」

菫「紬お嬢様…」

紬「そして、今までごめんね」ギュゥ

菫「……ああ、あああ……っっ」

菫「ゎ…ん…わん……わぁんっ!」

律「!」

紬「もういいの、いいのよ」

菫「ちがうんです…たくわんの、たくわんの分まで、私が泣くんですっ…」

菫「これで、終わりなんですね…ああぁ……ああっ…」

律(菫ちゃん)

律(菫ちゃんはもう、犬じゃないんだな)

律「……」




121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:52:40.52 ID:PoDz9KEM0

菫「うう、うう…」

紬「ごめん、ごめんね 今まで辛い思いをさせてしまって」

菫「お嬢様のためですもの、そんなことはありませんよ」

紬「ううん、いいの。辛い時は辛いって言ってくれて」

律(なんか私、お邪魔みたいだな)

サ…

菫「あ…」

紬「菫ちゃん」

菫「……!」

菫「律さん!!」

律「!」

律「菫ちゃん…」




122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:53:57.44 ID:PoDz9KEM0

菫「あの時は、本当にすみませんでした」

律「い、いやっ 謝るのは私の方で菫ちゃんは…!」

菫「……それじゃあ、どっちも悪かったってことで」

菫「ダメ、でしょうか?」

律「…ううん、ごめんな。菫ちゃん」

律「私、菫ちゃんの気持ちなんて全く考えてなかったんだ。だからあんな事を」

律「謝っても謝りきれない」

菫「いいえ、律さんの気持ち しっかり伝わりました」

菫「だから……もう1度、私と仲良くしていただけませんか?」

菫「あの日みたいに、一緒に遊んでくれませんか……」

律「……私で良ければ」

律「こ、今度は! 今度はガッカリなんてさせやしないし! すごいとこにも連れてく!」

律「だからっ、こんな最低な私だけど! 私の友達でいてくれ!」

菫「律さん…」

菫「……はい こんな私で良ければ」ニコ




123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:54:32.68 ID:PoDz9KEM0

紬「2人が仲直りしてくれってよかった、ふふ」

紬「これも天国からたくわんが見守っていてくれたおかげかしら」

律「あ、そうだ!」

紬・菫「?」

律「これ……たぶん2人が探していたもの」ス

紬「これは……」

律「ちょっとそこら辺探したら見つかった。2人は探し物見つけるの下手だなぁ」

紬「りっちゃん、ありがとう」

紬「そして、菫ちゃんもありがとう」

菫「へ!?」

紬「菫ちゃんもコレ、探してくれていたんでしょ? とっても嬉しい」

紬「……///」




124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 22:55:33.13 ID:PoDz9KEM0

紬「これね、たくわんの大好物だったの」

紬「もちろん人の食べ物を犬にあげるなんて良くない事だけれど」

紬「お父様に見つからない様にこっそりあげたりして…ふふ」

律「今日が命日だから、あげるのか?」

紬「うん。だからこれは」



紬「この部屋に置いておくわ」

紬「そしたらたくわんてば、こっそり帰って来てくれるかもしれない」クス

菫「お、お嬢様…」

紬「大丈夫。もう未練はないし!」

紬「……たくわん、私と菫ちゃんのお友達が持ってきてくれたわよ。いただきなさい」

紬「それじゃあ、私たちはあっちの部屋でお茶でもしましょ?」

律「…うん」




125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 23:01:51.97 ID:PoDz9KEM0

澪『それじゃあ、全部うまくいったんだ』

律「ああ、お陰さまでなー」

澪『別に私は何も』

律「ううん、してくれた。ありがとな、澪」

澪『う、うん……?』

律「一応さ お礼したいんだけど何がいい?」

澪『そういうのってお礼する人に聞くか』

律「まぁまぁ、んで?」

澪『そうだなぁ』

澪『あ…来週の休み、たぶんいい天気になるんだって』

律「?」

澪『一緒に散歩でもしよっか、律』

律「はぁ? そんなんでいいのかよっ」

澪『うん、十分だよ』



126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 23:02:52.91 ID:PoDz9KEM0

数週間後


律「あー、今日もいい天気だねぇ」

律「でもちょっと肌寒くなってきたかも」


らんらん♪るんるん♪


律「!」

紬「~♪」

わんわんお「ワンワン」

菫「あ、あわわ……」グイグイ

紬「ふふふ、それじゃあまるで菫ちゃんが散歩されてるみたいよっ」

菫「もう散歩されるのは懲り懲りですよぉ!」

律「……」

律「あー…私も犬飼うかぁ」

律「帰りにペットショップ見て行こ」ニコ




おわり




127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新鯖です) 2011/11/13(日) 23:04:34.04 ID:PoDz9KEM0

これにてお終い
長々と付き合ってくれた方どうもありがとう!


菫ちゃんSSが増えるといいなと思うこの頃


元スレ
SS速報VIP:律「お手」菫「わんわん!」