3: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 00:59:52.25 ID:v97+cLxM.net

ミア「Hi、璃奈」

璃奈「あ、ミアちゃんおはよう」

ミア「? どうしたんだい。目の下にクマが出来てるけど」

璃奈「アプリ開発で徹夜してた」

ミア「て、徹夜だって!? 大丈夫!? 今すぐホットアイマスクとか……」

璃奈「ミアちゃんと同じで、私も慣れてる。それに、モノはもう出来てるから」

ミア「そ、そう……何作ってたんだい?」

璃奈「それは」

愛「おっはよー!!」ガララ



5: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:01:38.40 ID:v97+cLxM.net

璃奈「あ、愛さんおはよう」

ミア「Good morning」

愛「二人共おはよーってりなりー!? どうしたのその目元のクマ!?」

璃奈「かくかくしかじか」

愛「大丈夫!? ホットアイマスクとか持ってこようか!?」

璃奈「流行ってるの?」



6: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:02:06.53 ID:v97+cLxM.net

璃奈「でも、丁度良かった」

愛「?」

ミア「?」

璃奈「装置のテスターが必要。もしよかったら、二人にも手伝ってもらいたい」

ミア「なんだい? その装置」

愛「イヤーカフ?」

璃奈「これは、その人が絶頂した回数がわかる装置」

ミア「!?」

愛「え、えーっと……なんでそんなものを?」



7: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:03:51.75 ID:v97+cLxM.net

璃奈「絶頂したときの脳波を受信して、それをBluetooth経由でスマホのアプリに回数を記録できる」

ミア「り、璃奈のTechnologyがすごいってことだけはわかったよ……」

愛「そ、そだねー……」

璃奈「でも、どの程度の精度があるのかまだわからない。試作機の段階」

璃奈「だから、二人にテストしてほしい」

ミア「て、テストって……」

璃奈「これを装着して、絶頂してほしい」

愛「つ、つまり………」

璃奈「うん。つまり、そういうこと」



8: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:05:36.68 ID:v97+cLxM.net

ミア「……璃奈の頼みなら、別に、その……///」

愛「ま、まぁ……やぶさかではないけど……///」

璃奈「二人共ありがとう。じゃ、早速つけて」

ミア「って、璃奈? えっと、ここ部室なんだけど」

愛「こういうのって、その……家に帰ってから測定するものじゃ……」

璃奈「データは早く収集したい。だから、もう測定する」

ミア「だ、だからって、学校で……その……///」

愛「う、うん……その……ねぇ……?」



9: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:06:18.68 ID:v97+cLxM.net

璃奈「わかった」

ミア「?」

愛「?」

璃奈「今日の部活が終わるまでに、絶頂カウントがより大きい人の言う事なら、なんでも聞く」

ミア「What!?」

愛「なんでも!?」

璃奈「もちろん、物理的に可能な範疇に限る」

ミア「璃奈……その……なんでもって……」

璃奈「うん。なんでも」

愛「……………多少ハードなお願いでも?」

璃奈「うん。明日は部活もお休みだから」

ミア「…………」

愛「…………」

ミア「二人共、僕は先に教室に行くから」

璃奈「あ、ミアちゃん」



10: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:06:49.70 ID:v97+cLxM.net

ミア「何?」

璃奈「このQRコードを読み込んで。そうしたら、アプリがダウンロードできる」

ミア「これか………カウンターになってるんだね」

璃奈「設定を操作して……できた」

愛「愛さんのにもダウンロードできた。えっと、数字が二つ?」

璃奈「うん。ミアちゃんと、愛さんのカウンター」

璃奈「リアルタイムで、お互いの数値の増減が見れるようになってる」

璃奈「ただ、ラスト1時間の間はお互いの数字が見えないようにする」

愛「………今はお互いに0だね」

ミア「そうだね。じゃ、また部活の時に」



11: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:10:06.66 ID:v97+cLxM.net

璃奈「私も教室に行く。じゃあね、愛さん」

愛「うん。またねー」

愛「…………」

愛「…………絶頂カウンターか」

愛(………とはいえ、どうやって回数を稼げばいいのかな)

愛(学校、だしねえ……)

愛(学校で絶頂ってことは………)

愛(…………うわ///)



15: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:12:33.37 ID:v97+cLxM.net

愛「いやいやいや……流石にダメっしょ……」

愛「りなりーには悪いけど、これのモニターはちょっと難しかったんじゃ……」ピコン

愛「………? スマホに通知?」

愛「さっきのカウンターだ」

愛「………!?」

愛「な、なんでミアチのカウントが増え……」

愛「まさか……!!!」



16: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:13:54.45 ID:v97+cLxM.net

女子トイレ

ミア「……………ふぅ」

ミア(どうせ音楽科の授業なんて、大したものじゃないしね)

ミア(ギリギリのタイミングで滑り込んで課題だけ提出してしまえば終わり)

ミア(だったら、今のうちにカウントを稼いでしまえばいい……!)

ミア(授業中なら他の生徒もトイレには入ってこないから好都合……)

ミア(……それに、もともと声を出さないのは慣れてる)

ミア(愛には悪いけど、この勝負もらったよ……!)

ミア(璃奈とsweet nightを共にするのはボクだ……!)



17: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:16:32.26 ID:v97+cLxM.net

愛(ミアチ……本気だね……)

愛(……授業をほっぽり出してでもカウントを増やすその覚悟……流石だよ)

愛(………でも、まだ甘い)

愛(無機質で無音で、誰の介入もない女子トイレは確かに絶好のポイントだよ)

愛(でも、それじゃ勝てない)

愛(ミアチが一回の絶頂に達するのにかかる時間、そして、そのインターバル)

愛(……果たして、私に追いつけるかな?)



20: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 01:20:34.39 ID:v97+cLxM.net

ミア「………っ!」ビクッ

ミア「………これで3回か。流石に連続はきついな……」

ミア「……璃奈の隠し撮り動画だけじゃ、ちょっとワンパターンになってきたな」

ミア「……ま、どうせ向こうは身動きできないんだ。ボクもそろそろ授業に戻ろうか――」ピコン

ミア「えっ」

ミア「愛のカウントが……増えた?」

ミア(馬鹿な!? 授業中だぞ!?)

ミア(愛も、授業中にトイレに抜けてカウントを増やしたのか!?)

ミア「………でも、数の上ではこっちがリードしてる。焦ることは」ピコン

ミア「!?」

ミア(に、二回目のカウント!? は、早すぎる!!)



22: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:23:26 ID:v97+cLxM.net

ミア(何故だ!? 流石に1回目と2回目の間隔が短すぎる!!)

ミア(イカサマ!? いや、璃奈の発明品に対してそんなイカサマが通用するとは思えない!!)

ミア「………落ち着け、冷静になって考えろ」

ミア「……冷静」

ミア「……冷静?」

ミア「! まさか、アイツ―――!」



24: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:25:17 ID:v97+cLxM.net

愛(……あー、やば……)

愛(今この状況で愛さん、前に出ることになったら人生終わっちゃうなー……)

愛(まさか授業中にこっそりオナることになるなんてねー……)

愛(でも、この緊張感がまた……あ、またイク……!)

愛(~~~~~~っ!!)

愛(や、やばぁ~……声とか出てないかなぁ……愛さん、無意識のうちに出ちゃうタイプらしいからなぁ~……)

愛(あー……なんか、目あった? 気づかれてない? どーしよ……愛さん今どんな顔してるのかなぁー……)

愛(うーごめんねぇー……変態愛さんで、みんなのかっこいい愛さんの希望ぶっ壊しちゃってごめんねぇ……あ、また……)



27: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:29:21 ID:v97+cLxM.net

ミア(またカウントが……!!)

ミア(あいつ……わざと授業中に、自分を追い込むことで絶頂の間隔を短くしてるんだ……!)

ミア(言い換えれば、授業中の見つかってはいけないという背徳感をオカズに……!!)

ミア(Shit!! 完全に油断した!! 出遅れた!!)

ミア(だからといって、今から教室に乗り込んでそこで回数を稼ぐわけにもいかない……)

ミア(………落ち着け。いくら愛とはいえ、これ以上授業中になんども絶頂を連発できるはずがない)

ミア(必ずどこかでペースが落ちる………だから、今はもっと別の、cleverな方法を考えるんだ……!)

ミア(! そうだ!!)

ミア(たしか部室に……!!)



29: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:32:12 ID:v97+cLxM.net

~休み時間~

愛「ふぅ………」

愛(やーば……下着濡れてるし……そっこーでトイレに来て正解だったよ……)

愛(でも、リードは広げた。ミアチのペースは大体分かったし、あとは休み時間にコツコツ回数を稼げば……)

愛(……?)

愛(あれ。ミアチ、部室から出てきて……)

愛(なんだろ。忘れ物でも取りに来たのかな)

愛(ま、いいや。さて。次の授業は、と……)



30: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:34:09 ID:v97+cLxM.net

愛「…………」

愛(流石にこの授業でもカウントを増やすのはリスキーだしね……真面目に受け)ピコン

愛(ん。ミアチのカウントか。でも、ペースはわかってるんだ。焦ることはない)ピコン

愛(……早いな。もう2回分。でも、あんまり飛ばしても後が続かない。一度絶頂したら体力は相当持っていかれるから)ピコン

愛(いやいやいや! 流石に、これはおかしいって!! ほぼ間を置かずに3回連続!? 何かが起きてる!)ピコン

愛(4連続!? これは……!!)ガタッ

愛「先生!! すみません!! ちょっとお手洗いに!!」



32: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:39:24 ID:v97+cLxM.net

愛(あの4連続でカウントアップは収まったけど、何かあるはずだ!!)

愛(悠長にしちゃいられない!! またこの連続カウントアップが起きるかもしれない!!)

愛(そして、その理由は―――さっき、部室に立ち寄ったことと無関係じゃないはず!!)ガララッ

愛「ミアチは、きっとここで何かを……!」

愛「………!!」

愛「あれは、りなりーが開発したいろんなアイテムが詰め込まれたりなちゃんBOX!!」

愛「ってことは、まさか!!!!」ガサガサ

愛「やっぱり!!! なくなってる!!!」

愛「ミアチ……!! さっきの時間、あれを取りに来たんだな……!!」

愛「くっそぅ!!! リードを取ったからと言って、それにあぐらをかいたアタシの落ち度だ!!!」ダンッ



35: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:42:18 ID:v97+cLxM.net

ミア「っ……!! ぁっ……!!」ヴヴヴヴヴ

ミア「ふーっ……ふーっ……///」ヴヴヴヴヴ

ミア「さすがに……休憩……」カチッ

ミア(以前璃奈が作ってた極太バイブ……)

ミア(自分の手ですると、絶頂のタイミングで手が止まってしまうけど)

ミア(機械ならそういう容赦はない……それに、イッた直後は敏感になってるから、次のカウントも稼ぎやすい……!)

ミア(反動でものすごい疲労がくるけど……さっきのリードは帳消し! それに、この学校にもう一つ都合よくバイブなんてないだろう!)

ミア(これで愛のカウント稼ぎも封じた!!)

ミア(今度こそ、ボクの勝ちだ!!)



37: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:45:59 ID:v97+cLxM.net

ミア「………さて。疲れたしお腹も空いたな」

ミア「昼休みだし……学食のハンバーガーでも食べに行こうかな」

ミア「あ」

璃奈「ミアちゃん」

ミア「璃奈、一緒にランチ食べに行かない?」

璃奈「うん。いく」

ミア「……あれ、そういえば、パーカーどうしたの?」

璃奈「愛さんが貸して、っていうから、貸してる」

ミア「………! まさか!!」



40: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:49:44 ID:v97+cLxM.net

ミア(カウントが、僅差に迫ってる!!)

ミア(またカウントアップ!!)

ミア(愛……やってくれたな!!!)

ミア(璃奈のパーカーをガソリン代わりにして、回数を増やしてるんだ!!)

ミア(こうしちゃいられない……!!)

璃奈「ミアちゃん。早く行こ?」

ミア「あ、ああ……」

ミア(でも……璃奈との約束は裏切れない……!)

ミア(Shit!!! こうしてる間にも、差がつかないことを祈るしかないのか……!)



41: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 01:53:26 ID:v97+cLxM.net

愛「スーーーハーーーーー♡」

愛(あーーーーやば……りなりーのパーカーから漂うりなりー臭……直接脳髄に響くぅ……)

愛(ごめんねりなりー……愛さん、ちゃんと洗って返すからね……なんなら新品買ってあげるからね……)

愛(あぁああ……またイキそう……イク、イク、いくぅっ……!!)

愛「はーっ……はーっ……♡」

愛「やば……ちょっと汚しちゃったかも……」

愛「うぅ……でも、あのりなりーのパーカーを愛さんので汚しちゃったって思うと……」

愛「うっ……それだけでまた……あっ♡」



42: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:02:19.00 ID:v97+cLxM.net

愛「はぁ……はぁ……さすがに……愛さん……もう限界………」

愛「……うぅ……お昼休み全部オナニーに使っちゃったからお腹すいたよぉ……」

愛「しょうがない……3秒チャージのだけ食べて午後から頑張るかぁ……」

愛「さて、どれくらいの差が……」ピコン ピコン ピコン

愛「えっ!?」

愛「ちょっちょちょちょちょっと!?」

愛「今すごい勢いでカウント増えたよ!?」

愛「い、一体なにが………」

愛「…………そういえば、お昼休み……りなりーは誰と一緒に……」

愛「まさか!!!」



43: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:03:45.54 ID:v97+cLxM.net

ミア「んっぁっ!!」ビクビクッ

璃奈「うん。順調。ちゃんとデータも取れてる」ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

ミア「も、ごめっ……休憩……休ませ……」

璃奈「? でも絶対に止めないでって言ったのはミアちゃんだよ」ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

ミア「無理無理無理無理ぃ!! これ以上壊れちゃ……っ!!」

璃奈「大丈夫。壊れない程度の力加減にはなってる。それに、限界状態のデータが採れるのは貴重」ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ

ミア(ああっ!! データを取るのが目的なんだからって、うまい具合に璃奈にお願いしたところまではよかった!!)

ミア(でも、璃奈の探究心を甘く見ていた!!! これじゃ、昼休みの間にボクの身体が保たない!!!)

ミア(だけど……カウントは、一気に稼いだ!! このまま、試合終了まで逃げ切る!!)

ミア「ぁーーーっ!!」プシャアア

璃奈「あ、潮吹いた」ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ



44: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:05:41.43 ID:v97+cLxM.net

ミア「…………」ビクンビクン

璃奈「じゃ、私授業行くから。ミアちゃんも、サボっちゃダメだよ」

ミア「…………」

ミア(うごけない…………)

ミア(…………でも)

ミア(勝負アリ……だね……)



45: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2022/05/22(日) 02:08:01 ID:v97+cLxM.net

愛「………」

愛(どうしよう………差がついたまま、部活の時間になっちゃった……)

愛(………ミアチは部室に来てない。トイレでダウンしたままなんだと思う)

愛(……私も練習を抜けてカウントを稼ぎに行く?)

愛(………いや…それじゃ、多分この差を縮めるには至らない)

愛(となれば………)

愛「……ねえりなりー。愛さんとストレッチしよっか?」

璃奈「うん。いいよ」



47: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:12:28.76 ID:v97+cLxM.net

ミア「……………」

ミア(ようやく身体が動くようになった……)

ミア(……部活にも遅刻か。まあ、今日くらいは大目に見てもらうとしよう)

ミア(……さて。お互いの差は、と)

ミア(……うん。ボクのほうがリードしてる)

ミア(さて。そろそろ残り1時間を切る)

ミア(そうしたら互いのカウントはわからなくなる)

ミア(でも、このペースなら……ボクの勝ちは揺るがな)ピコン

ミア(最後のあがきだね。でも、この大差を埋めるには)ピコン

ミア「!!!」



49: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:14:48.57 ID:v97+cLxM.net

ミア(愛!? なんで、この最後の最後に連続絶頂を!?)

ミア(………道具はない。シチュエーションも、特には……)

ミア(シチュエーション………)

ミア(…………おい)

ミア(…………ない、どころじゃない)

ミア(……絶好の稼ぎ場じゃないか……!!)



50: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:15:30.32 ID:v97+cLxM.net

ミア(クラスメイトに、もしかしたらバレるかもっていう背徳感でブーストをかけるような奴だ!)

ミア(そんなもの、部活の仲間にバレるかも、だなんて舞台……滾らないはずがない!!)

ミア(あいつ、最後の最後で!!)

ミア(スクールアイドル同好会のメンバー全員を利用してオナニーを!!)

ミア「くそっ……!! 動け!! 動け!!」

ミア(ダメだ……!! 全身が悲鳴をあげてる……!)

ミア「でも……!!」

ミア「行かなきゃ、ならないんだ!!」



51: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:19:37.84 ID:v97+cLxM.net

愛「ほらりなりー……こうやって、ちゃんとリンパのあたりをマッサージしないとね……はぁはぁ……」

璃奈「愛さん、さっきからずっとマッサージしてるよ?」

愛「りなりーの大事な身体が怪我しないようにね……うっ……入念にマッサージしなきゃね……すーはー……」

璃奈「愛さん、首筋、くすぐったい」

愛「ご、ごめんねりなりぃっ……! ほら、首筋の当たりも凝りをほぐすからね……」

璃奈「愛さん。変なとこあたってる」

愛「ごめんねぇ……りなりー……はぁはぁ……!」



52: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:20:07.38 ID:v97+cLxM.net

ミア「璃奈!!!」バァン!

璃奈「あ、ミアちゃん」

愛「うっ」

ミア「愛!!! 璃奈から離れろ!!!」

愛「やーだー! まだマッサージしたりないもん!!」

ミア「璃奈!! 愛から離れて!! そいつは、璃奈をオカズにオナニーしてるんだ!!」

璃奈「うん。知ってる」

愛「!?!?!?!?」

ミア「!?!?!?!?」



53: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:22:29.01 ID:v97+cLxM.net

璃奈「私はアプリの開発者だから、二人の絶頂データはリアルタイムで把握できる」

璃奈「あ、愛さん今のショックでまたイッてる」

愛「ぁっ♡」

璃奈「愛さん、罵倒されると元気になる変態さんだから」

ミア「ぅ………」

璃奈「ミアちゃんは、おもちゃにされると興奮するタイプの変態さん」

ミア「ぁっ……///」ジュン

璃奈「あ、すごい。今の一言だけでカウント増えた」



54: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:25:00.69 ID:v97+cLxM.net

ミア「と、ともかく!! 璃奈から離れろ!!」

愛「やーーーだーー!!!」

璃奈「あ」ピピピッ

ミア「璃奈?」

愛「りなりー?」

璃奈「タイムアップ。計測終了」

愛「け、結果は!!」

ミア「どっちの勝ち!?」

璃奈「ちょっとまってて。今集計結果見てる」

璃奈「えっと、絶頂回数が一番多いのは」

愛「……」ゴクリ

ミア「……」ゴクッ



55: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:26:12.84 ID:v97+cLxM.net

璃奈「侑さんがぶっちぎりの一位。ミアちゃんと愛さんは同率二位」

ミア「……………What?」

愛「え………な、なんでゆうゆの名前が?」

璃奈「侑さんにも協力してもらってた」

ミア「え、だって二人だけの勝負じゃ……」

璃奈「? 二人”だけ”なんて、一言も言ってない」

愛「ってことは………?」



56: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:27:53.48 ID:v97+cLxM.net

侑「あっ。三人とも、ここにいたんだ」

愛「あ、ゆうゆ……」

ミア「babyちゃん……」

侑「もうみんな帰り支度始めてたからさ。様子見に来たんだけど」

愛「…………」

ミア「…………」

侑「ど、どうしたの!? 二人共そんな目で見てきて……っ」

璃奈「あ」ピコン



57: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:29:31.04 ID:v97+cLxM.net

侑「……………」

璃奈「それで、侑さん。侑さんが一番回数が多かったから、なんでも言うこと聞くよ?」

侑「え、そうなんだ……じゃあ……」

侑 チラッ

ミア「?」

愛「?」

侑「あのね……」コソコソ

璃奈「うん。わかった」

侑「よろしくね」

璃奈「がってん」



58: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:30:25.07 ID:v97+cLxM.net

璃奈「それじゃ、二人共。私の家に来て」

ミア「え」

愛「い、いいの?」

璃奈「? ムリなら別にいいけど」

ミア「愛は別に無理しなくてもいいよ。家に早く帰らなきゃなんでしょ?」

愛「は? 愛さんは絶対にりなりーの家に行くけど? なんならりなりーの家を実家にしてもいいよ?」

璃奈「それじゃ、帰ろ」



59: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:31:17.73 ID:v97+cLxM.net

~璃奈ハウス~

ミア「~~~~~っっ!!」ビクンビクン

愛「ぁあああっっ!!」ビクッビクッ

璃奈「二人共頑張って。まだ侑さんに届いてないから」

ミア「やめてっ!! 璃奈ぁっ!! これっ!! このバイブ外してぇっ!!!」

愛「りなりー!! あ、愛さん!! おしりっ!! おしり戻らなくなっちゃうよぉっ!!」

璃奈「一位の侑さんのお願いは絶対。二人は二位だから」

ミア「あっ、ダメダメダメぇっ!! またいっぐぅ!!」プシャアアア

愛「愛さんもぉ……っ!! またっ……!!」ビクッッ

璃奈「ほら、二人共頑張って」



60: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:32:07.87 ID:v97+cLxM.net

~回想~

侑「……私の絶頂回数が一位って恥ずかしいからさ。二人の絶頂回数が私より多くなるようにしてくれない?」

~回想終わり~

璃奈「だから、侑さんよりもカウントで上回れるまでもっと頑張ってもらう」

璃奈「はい、二人共お水飲んで。脱水予防」

璃奈「まだ、夜は長い」

璃奈「明日は部活もお休みだから」

愛「あ~~~~~~~っっ!!!!!!!!」

ミア「ぁあああっっ!!!」

璃奈「――――二人共、大丈夫だよ」

愛(りなりーの……)

ミア(表情……が……!)



61: 名無しで叶える物語 2022/05/22(日) 02:34:45.74 ID:v97+cLxM.net

璃奈「ちゃんと、データは取ってるから」にっこりん

おしまい。


元スレ
璃奈「絶頂した回数が多い方の言う事なんでも聞く」愛ミア「!」