1: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 18:41:54.81 ID:BkXrgiJcO

澪「んん……」

澪(なんか、あったかい……)

唯「すー、すー…」

澪「ゆ、ゆい?……ってそうか、昨日は唯と……」

澪「 」カァァ

澪「……もう少し、寝ようかな」

唯「すー、すー…」




4: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 18:47:38.99 ID:BkXrgiJcO

唯「むにゃむにゃ……はっ」

澪「……すー……」

唯(おお、澪ちゃんより早く起きれた!)

唯「……えへへ、遊んじゃお」

ぷに ぷに

唯(ほっぺた、マシュマロみたい)

澪「……んぅ……」

唯「!」

澪「……すー…」

唯「ふう、セーフセーフ」

ぷに ぷに

唯「……可愛いなぁ」

澪「……」



7: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 18:52:18.15 ID:BkXrgiJcO

唯「……」

ぷに ぷに

澪「……」

ぷに ぷに

唯「……」

ぷに ぷに

澪「いつまで続けるんだ?」

唯「はわっ!? お、起きてたの?」

澪「セーフセーフの辺りからな」

唯「早く言ってよ……。許可を貰いたかったんだから」

澪「許可……って、なんの?」

唯「こっち、吸っていいかなって」

さわ

澪「あっ……」



9: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 18:57:53.49 ID:BkXrgiJcO

唯「ねぇ、いいでしょ」

澪「……昨日の夜、散々吸い尽くしたくせに」

唯「足りないの」

澪「甘えん坊」

唯「いいもん、甘えん坊で」

澪「ふふ。……いいぞ、吸って」

唯「いただきます」

ちゅっ

澪「んんっ!」

唯「……」レロレロ

澪「こ、こらそんなに……んぁっ」

唯「おいし……」



10: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 18:59:26.13 ID:BkXrgiJcO

澪「そろそろ、シャワー浴びないか」

唯「うん。ベトベトだしね、おもに澪ちゃんので」

澪「……うるさいな。しょうがないだろ、あんなこと……されて」カァァ

唯「えへへ」

――――――――――――――――
――――――――――
――――――

ざああ

唯「……」

澪「どうした?」

唯「改めて見て、格差社会っていうのを思い知ったよ」

澪「……いや、まあ唯もそのうち大きくなるって」



12: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:05:16.34 ID:BkXrgiJcO

唯「うぅ……それっていつ?」

澪「分からないけど……ほら、揉まれると膨らむって言うだろ」

むにゅ

唯「ひゃうっ!」

澪「たっぷりマッサージするからさ……」

唯「……澪ちゃんのえっち」

澪「これは優しさだ。あるいは思いやりだ」



15: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:09:04.48 ID:BkXrgiJcO

ぷしゅっ

唯「……」ゴクゴク

唯「ぷっはぁー! 風呂上がりはこれだね!」

澪「またうちの冷蔵庫を勝手に」

唯「えー? もう澪ちゃんの家は私の家だよ!」

澪「!」

澪「ははっ、そう! そうだなっ! 唯はもう家族同然……だもんな……へへへ」

唯「さて、もう一本っと」




17: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:13:48.10 ID:BkXrgiJcO

澪「今日は何をして遊ぼうか」

唯「ゴロゴロ」

澪「……それは、楽しそうだ。他には?」

唯「ゴロゴロ」

澪「うんうん。じゃあショッピングモールに……」

唯「ゴロゴロ」

澪「……太っちゃうぞ」

唯「激しくゴロゴロ」

澪「分かったよ」

唯「わーい」



18: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:16:55.83 ID:BkXrgiJcO

唯「えへー」

澪「こら、引っ付きすぎ。暑いだろ」

唯「ね、澪ちゃん」

澪「んー?」

唯「ずっと、こうしていたいね」

澪「難しいな、暑いし」

唯「ずっと」

澪「……ああ、そうだな。ずっと……あっ!」

唯「どしたの?」

澪「詩! 詩が浮かんだ!! ペンと書くもの!」

唯「澪ちゃん、紙! 紙!!」


一部完




24: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:31:21.18 ID:BkXrgiJcO

律「ん……ふぁあ」

律(朝、か)

律(うわ、けっこう布団がぐっしょり……)

律(半分以上はコイツのせいだな……)

梓「……くー……」




27: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:38:09.42 ID:BkXrgiJcO

律「さて、喉も渇いたし、布団から出ようかな」

梓「……くー……くー」

律「出たいんだけど、な!」

梓「むにゃ……くー」

律(手が回されてて出るに出られん!! かといって起こすのも憚られる)

律(どうするべきか)

律「って、んなのどうでもいいわいっ」バサッ

梓「んん、……くー……」

律(全然起きないな、梓)



30: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:41:48.30 ID:BkXrgiJcO

がちゃ

律(冷蔵庫には……炭酸水しかない)

律(あんまり美味しくないんだよなー。甘くもないし、酸っぱくもない)

律「……ごく」

律「うへ、まっず……」

律(先にシャワー浴びとこうかな)

―――――――

梓「……ん、あれ?」

梓「りつ、せんぱい……? どこです?」

梓「律先輩……」

梓(朝起きて一人なんて……、嫌じゃないですか。もう……)



34: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:48:45.55 ID:BkXrgiJcO

―――――――

律「あずさー?」

梓「……」

律(なんだ、まだ寝てるのか)

梓「……」

律「……」ナデナデ

梓「っ……」

律「寝顔だけは可愛いやつめ」

梓「!」

梓「……」




35: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:50:21.30 ID:BkXrgiJcO

梓「ん、……律先輩、おはようございます」

律「起きたか。今から朝飯作るけど、入りそうか?」

梓「はい。何か手伝いましょうか?」

律「いや、大丈夫。それよりシャワー浴びてこいよ」

梓「そうですね」

―――――

ざああ

梓(律先輩って、二人で何かすることを特別に思わないのかな)

梓(二人で起きて、二人でシャワーを浴びて、二人で朝ご飯を作って………なーんて)

梓(私がちょっとベタベタし過ぎかも)

梓(先輩はもっとドライな関係を望んでるのかな)

梓(だとしたら、私は……)

梓「よしっ!」



36: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:54:25.64 ID:BkXrgiJcO

梓「シャワー終わりました」

律「おう、いま出来るからちょっと……」

梓「先輩!!」

律「わっ!? いきなりなんだよ?」

梓「裸にワイシャツで朝ご飯作るの止めてください! あまりにみだらです」

律「えっ?」

梓「それと、髪はちゃんと乾かさないとダメです! こっちへ!」

律「ちょ、まだ味噌汁がっ!」




37: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 19:58:14.18 ID:BkXrgiJcO

ごおお

律「……なあ、そろそろ乾いたろ?」

梓「まだです。まだまだです」

律「もしかして、なんか怒ってる?」

梓「そんなことありません」

律(なんだかツンとして冷たいなぁ、今日の梓)

梓(ベタベタしながらもカラリとした受け答え。これがベストなはず!)

律「もしかして、昨日激しくしたせい?」

梓「なっ!!?」

律「やっぱりそうか。ごめんな。いつも生意気な梓が健気に私を呼ぶから、なんかすごい堪らなくって」

梓「……り、律先輩のばかぁッ!!」

ごっ!




40: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:01:09.62 ID:BkXrgiJcO

律「ったく、痛いじゃないか。ドライヤーへこんだし」

梓「すみませんでした、つい……」

律「で、なんで今日はつんけんしてるんだ」

梓「それは……その、律先輩とはそういう関係を保った良いのかなって」

律「別にMじゃないんだけどな」

梓「そ、そうじゃなくて! 先輩はいつもサバサバしてるから!」

律(そっか、なるほど)

律「……私が好きなのは!」

ぐい

梓「きゃっ」

律「いつもの、ありのままの梓なんだっ!」キラッ

梓「あ、そうなんですか」

律(流された!)



41: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:04:08.84 ID:BkXrgiJcO

梓「私も、いつも愚直な律先輩が大好きです」

律「いま、暗に馬鹿って言ったな」

梓「暗に言う必要もないですけどね」

律「このやろっ」

梓「あはは。あ、なんか吹きこぼれる音が」

律「うぁあっ! 味噌汁!!」


第二部完




45: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:15:15.79 ID:BkXrgiJcO

さわ子「ぐおー……がこー……」

紬(先生の鼾で眠れなかったなぁ)

紬(いつもは大人の女性って感じだけど……)

さわ子「……ぐおー……ごっ…………ぐおー」

紬「ふふっ」

紬(眼鏡を外してる寝顔は、すごく子供っぽい)



48: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:19:29.55 ID:BkXrgiJcO

さわ子「ごっ……むにゃ……あ、おはよ、ムギちゃん」

紬「おはようございます」

さわ子「って、私……膝枕されてる?」

紬「恋人を膝枕して朝を迎えるのが夢だったの。ありがとう、先生」

さわ子(恋人……先生……)

さわ子「むしろ私がありがとうよ。このアングル、とっても眼福……」

紬「やだ、先生ったら」

さわ子「ふふ。ね、もうちょっとだけ寝かせて? 心地良いの、貴女の膝枕」

紬「どんとこいです」

さわ子「ありがと……すー……」


紬(……痺れて来ちゃったかも)



49: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:23:43.57 ID:BkXrgiJcO

さわ子「痺れたなら早くそうと言えば良かったのに」

紬「だ、だって」

ちょん

紬「やぁあっ!」

さわ子「ふふふ、良い声で鳴くわね」

紬「許してぇ……先生……」

さわ子(たまらん)

さわ子「先にシャワー浴びてくるわ」

紬「は、はい」

紬(た、助かったー……)



50: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:32:45.22 ID:BkXrgiJcO

―――――

ざああ

さわ子「恋人………先生……」

さわ子(私ってあの子に悪影響なんじゃないかしら)

さわ子(ものを教えるついでに女の喜びまで……)

さわ子「………はあ」



さわ子「ムギちゃん、次どうぞ」

紬「はーい、先生」

さわ子(この子にとって私は、先生……)

紬「どうかしました?」

さわ子「い、いえ。なんでも」



53: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:39:54.57 ID:BkXrgiJcO

紬「わあ、可愛いお風呂場!」

ざああ

紬「つ、つめたっ!」

きゅっきゅ

紬「あっつつ……」

紬(使い方、よく分からないわ……)

紬「シャンプーは……これかしら」

ぽん

びゅるっ!!

紬「ひゃぁっ! 胸元にかかっちゃった」

さわ子(お風呂覗きに来たら……なにこのサービスシーン)



55: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:41:04.92 ID:BkXrgiJcO

―――――――――

紬「上がりましたー」

さわ子「ごちそうさまー」

紬「?」

さわ子「いえ、こっちの話」




56: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:47:08.70 ID:BkXrgiJcO

紬「このお弁当、どうしたんですか」

さわ子「あ、これはただのコンビニ弁当」

紬「うわぁ、これがコンビニ弁当っていうものなんですね!」

さわ子(なんかすごいキラキラしてる………)

さわ子「さ、食べましょ」

紬「いただきます!」



58: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:48:49.02 ID:BkXrgiJcO

紬(この緑のギザギザ、食べ物なのかしら)

さわ子(私とムギちゃん、ホントに恋人になって良かったのかしら)

紬(普通食べ物以外は入ってないと思うけど、なんだかビニールみたいだし……)

さわ子(先生が恋人っていう事実を、お嬢様のムギちゃんがどう受け取っているかもよく分からない……)

紬(質問してみよう)

さわ子(ちょっと聞いてみようかしら)

二人「「あの、聞きたいことが」」

さわ子「あ、ムギちゃん先どうぞ」

紬「でも、些細なことですから。先生からどうぞ」

さわ子「うーん、そう? じゃあ聞くけど……私達って本当に恋人になって良かったのかしら?」 

紬「どうしてそう思うんですか?」

さわ子「だ、だって私、先生だし……不器量な女だし……じり貧だし」



59: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:54:21.19 ID:BkXrgiJcO

紬「そんな先生が好きなんですから、何も悪いことなんてないです。悪いことなんて……」

さわ子(……ムギちゃんの目、真剣)

さわ子「……ありがとう。そう言ってもらえて、私とっても幸せよ。愛してる」

紬「私も幸せです。あ、それより先生」

さわ子「なに?」

紬「この緑のギザギザ、食べられるんですか?」

さわ子「………」

第三部完



61: 気に入りません ◆EXypm9zea. 2010/08/10(火) 20:59:09.60 ID:BkXrgiJcO

おまけ

梓「……ん」

梓(もう、朝……)

唯「すー……すー……」

梓(唯先輩……)

梓(なんで私のパンツかぶって寝てるんですか……)

唯「っくしゅ……すー……」


お付き合い下さり、ありがとうございました。



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 21:51:03.92 ID:QEmqnBwL0

澪「唯…… 今日はそろそろ」

唯「えっ?」

澪「もう9時だし、親御さんも憂ちゃんも心配しているだろ」

唯「お父さんもお母さんも旅行だよ」

澪「う…… でも憂ちゃんはいるだろ」

唯「そう、だけど」

ギュッ

澪「ゆ、唯?」

唯「澪ちゃん…… 今日は帰りたくないよ」





68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 21:53:57.18 ID:QEmqnBwL0


澪「わがままいわないで……」

唯「でも、澪ちゃんと離れたくないよう」

澪「うっ、でも、もうこんな時間だしな」

ギュッツ

澪「唯」

唯「みお、ちゃん?」

澪「帰りたくないって意味、本当に分かっているのか?」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 21:57:46.83 ID:QEmqnBwL0

唯「わ、わかってるもん」

澪「本当か?」

唯「う、うん。澪ちゃんのモノになるってことだよね」

澪(一応は分かっているみたいだな…… そりゃそうか)

澪「唯…… 後悔しないか」

唯「澪ちゃんだったら。私のはじめて…… いいよ」

澪「ゆい…… 」

チュッ

澪「分かった。唯…… もう帰さないから」

唯「ありがとう。澪ちゃん」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:00:35.54 ID:QEmqnBwL0

ブロロロロ……

澪「ほら、乗れ」

バタン

澪「さてと…… どこにいこうかな」

唯「うーん。私よくわからないよう」

澪「唯。私の鞄に、ナイト○あがあるから出してくれ」

唯「了解!」

ゴソゴソ

澪「後ろの方にホテルの一覧があるだろ」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:03:47.60 ID:QEmqnBwL0

パラパラ

唯「えっと~。あったあった」

澪「この道沿いにあるホテルを教えてくれ」

唯「えっと、ここはどう?」

澪「うーん。お泊りで9800円か」

唯「私、大丈夫だよ、お金持っているから」

澪「私もなんとか、折半すれば行けるか」

唯「じゃあ、いこうよ」

澪「全く…… しょうがないな」





73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:06:35.73 ID:QEmqnBwL0

澪「その前に」

唯「なにかな? 澪ちゃん」

澪「コンビニよってくぞ。お菓子とか飲み物とか買わないと」

唯「ふーん」

澪「な、なんだよ。唯」

唯「澪ちゃんって、慣れてるんだね」

澪「な、なにを!?」

唯「ふふっ、なんでもなーい」

澪「か、からかうなっ」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:09:14.53 ID:QEmqnBwL0

プシュー ピンポンパン

唯「えっと、ポテチとチョコと、アイスは外せないよね」

ヒョイヒョイ

澪「おーい。食べきれない程買うなよ」

唯「だって~」

澪「余らせてもしょうがないだろ」

モドシッ

唯「澪ちゃんのいけず~」

澪「ほらほら、あと替えの下着とかも買っておけよ」

唯「うー わかったよ」




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:12:54.39 ID:QEmqnBwL0


店員「お会計は3255円になります」

澪(う…… 出費が痛い)

店員「ありがとうございました~」

ウイーン

澪「これで準備はおっけーだな」

唯「うわー みてみて、星がすっごく綺麗だよ。澪ちゃん」

澪「まあ、そうだな…… (唯はやっぱり可愛いな)」

唯「澪ちゃん。何か言った?」

澪「いや、なんでもない。そらもう行くぞ」

ブロロロ……







76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:16:00.18 ID:QEmqnBwL0


澪「とりあえず、ここに入るか」

唯「なんか、垂れ幕みたいのがあるね」

澪「外から見えないようになっているんだ」

唯「なるほどー 」

澪「唯、駐車するから後ろみててくれ」

唯「りょうかーい」

澪「頼むぞ」

唯「おーらい。おーらい。はい、ストップ」

澪「ほっ」(不安だったがなんとか停まった)



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:18:29.48 ID:QEmqnBwL0


澪「お部屋どこにするかな?」

唯「うーん。お金が一番安いところじゃないと…… 」

澪「そうだな。そうすっと1番と7番と11番のどれかな」

唯「ここはラッキーセブンにしようよ」

澪「はいはい」(苦笑)

チカッチカッ

唯「うわっ、ライトがついた」

澪「そのライトに沿っていけばいいんだよ」

唯「おもしろーい」






79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:17:47.68 ID:qPIXtZhnO

何歳設定なんだ?



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:22:01.06 ID:QEmqnBwL0

>>79
18歳にする

――――

澪「えっと403号室はここかな」

ガチャッ

唯「うわあ。ベッドがまあるい」

澪(これが回転ベッドってやつか)

唯「みてみて澪ちゃん、ジャグジーもあるよ」

澪「唯、はしゃぎすぎだ」

唯「だって。ねえ。お湯いれていい?」

澪「頼むよ」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:26:37.49 ID:QEmqnBwL0

ジャー

澪「ふう」(とりあえず、テレビでもつけるか)

TV「えー 明日のお天気は…… 滋賀県北部、南部ともに晴れでしょう」

澪「えっと、あとは冷蔵庫だな。ジュースをしまわないと」

ガサゴソ

唯「澪ちゃん、澪ちゃん」

澪「なんだ?」

唯「これいれていい?」

澪「バスクリン? 」

唯「お湯の色が、青色に変わるんだよ~」

澪「やれやれ。好きにしていいぞ」

唯「わーい」




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:29:20.22 ID:QEmqnBwL0

ジャー

澪「あっ、そうだ」

シュポッ

唯「あれっ、澪ちゃんお酒買ったの?」

澪「うん。唯も飲むか?」

唯「澪ちゃんいけないんだ~ まだ私達未成年だよ」

澪「ふーん。だったら、唯はいらないんだ。美味しいのにな」

唯「澪ちゃんのいじわるっ」

澪「あははっ」(やっぱり唯は可愛いな。おにぎりにしてころがしたいくらいだ)

唯「じゃあ、もらうよ。このチューハイ」

澪「とりあえず、乾杯するか」

唯「うん。かんぱーい」




85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:32:34.33 ID:QEmqnBwL0

ゴクッ、ゴクッ

唯「ぷはあ」

澪「おい、そんなに一気に飲まなくても」

唯「でも、このチューハイ美味しいから」

グビッグビッ

澪「私も飲むか…… 」

唯「澪ちゃんはビールなんだね」

澪「ああ (車だけど、一泊すれば大丈夫だよな)」

澪「それに、素面だとなんか恥ずかしいし」

唯「どうしたの?」

澪「い、いや、なんでもない」

グビッ゙



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:35:36.27 ID:QEmqnBwL0

澪「そろそろ、お風呂張ったんじゃないか」

唯「あっ、そうだ」

トテトテ フラッ

澪「足元気をつけろよ」

キュッ

唯「みおちゃーん。お風呂一緒に入ろうよ」

澪「ええ!?」

唯「駄目…… なの?」

澪「いやいや」(唯とのお風呂を断るなんてとんでもない!)

唯「やったあ。澪ちゃん大好き!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:39:09.25 ID:QEmqnBwL0

ヌギヌギ

唯「澪ちゃんって胸、大きいね」

澪「ば、ばか。そんなにじろじろみるな」

唯「だって~」

澪「それに唯だって去年に比べれば大きくなっているじゃないか」

唯「そりゃあそうだけど。でも、どうしてわかるの?」

澪「そ、それわだな」 (唯のスリーサイズは毎回チェックしているなんていえない)

澪「唯のことならなんでも分かっちゃうからな」

唯「澪ちゃん凄いんだね」

澪「あははっ、そうだろ」 (うーなんで律みたいなことに)



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:41:49.73 ID:QEmqnBwL0

澪「と、とにかく、お風呂はいるぞ」

唯「澪ちゃん。せっかくだし」

澪「?」

唯「背中流してあげよっか」

澪「いや、私がやってやるよ」

唯「ほんと? ありがとー」

澪「ああ、まかせといて」(この状況は、天国ですか?)

唯「おねがいしまーす」

シュワシュワ

澪「唯の肌ってつるつるだなー」 





89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:45:23.30 ID:QEmqnBwL0

澪「なんか赤ちゃんみたいに血色がいいし。なにか使っている?」

唯「ううん?」

澪(ごめん唯。もう我慢できない)

唯「澪ちゃん?」

澪「唯…… 駄目だ…… 」

唯「どうしたの? 澪ちゃん」

ガバッ

澪「唯…… 」(理性が…… もたない)

唯「澪ちゃん…… 大丈夫だよ」

ナデナデ



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:48:07.42 ID:QEmqnBwL0

澪「唯?」

唯「澪ちゃん。前も言ったけれど。私も、もう大人なんだよ」

澪「でも…… 」

唯「大丈夫。私、澪ちゃんのこと大好きなんだ」

澪「でも、私は、その唯のことずっとイヤラシイ目でみて」

グスッ

澪「ホテルに誘ってから、ここに来るまでずっと唯とえっちすることしか

考えてなくて…… 本当に最低だ」

グスッグスッ





92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:51:28.63 ID:QEmqnBwL0

>>90
18になれば免許がとれる


――――

唯「ねえ。澪ちゃん」

澪「唯……」

ぴとっ

澪(私の手を…… 唯の左胸にあてられた?)

唯「ねえ。聞こえる?」

ドクン ドクン

澪(し、心臓の音)

唯「私だって緊張しているよ。そしてね……」

澪「……」

唯「これからのことを『期待』してるんだ」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:53:46.87 ID:QEmqnBwL0

澪「唯…… 分かったよ」

唯「澪ちゃん。好きだよ」

チュッ

澪(唯から、キスされた……)

唯「ん、んんっ」

澪(唯の声、かわいい……)

澪(舌、いれちゃっていいよな)

クチュッ

唯「くぅ…… んくう」

澪(唯の舌が…… からんでくるっ !)



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 22:56:53.56 ID:QEmqnBwL0

レロッ

唯「んー んあっ、ふあっ」

澪(ぞくぞくするっ、唯、ゆいがもっとほしい)

唯「あうっ、んくううう、はあっ、あん」

澪(唯の舌の裏とか、歯茎とか、ほっぺたの裏側とか!)

澪(だめ、本当にどうにかなっちゃう!)

……

唯「ぷはあっ」

澪「はあっ、はあっ」

唯「みおちゃん…… キス、激しすぎだよう」

澪「ごめん…… ちょっとやりすぎた」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:01:30.59 ID:QEmqnBwL0

唯「あはは。お風呂、あがろっか」

澪「そ、そうだな」 (身体が火照って頭もくらくらだ)

……

唯「おまたせー」

澪「バスローブ着た唯も可愛いな」

唯「うわあ。澪ちゃんってジゴロさんみたいw」

澪(とんでもないことをさらっと言ってしまったのは、もしかして、お酒のせいなのか? )

澪「今の言葉は忘れて…… 恥ずかしい」

唯「ううん。澪ちゃんが褒めてくれたんだもん。わすれないよ」

澪「唯は可愛すぎるのが悪いんだ」

澪(うわっ、ま、まただっ)



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:06:01.49 ID:QEmqnBwL0

唯「澪ちゃん? もしかして、酔ってる?」

澪「うっ、そうみたいだ」

唯「澪ちゃんは酔っていると本音がでるんだね」

澪(ギクッ)

唯「ねえ。澪ちゃん」

ダキッ

澪(うわあっ、唯の甘いにおいで…… くらくらする)

唯「澪ちゃんの一番好きなひとは、私だよね」

澪「も、もちろん。そうにきまっているだろっ」
 



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:12:05.15 ID:QEmqnBwL0

唯「じゃあね……」

澪(な、なんだ。いったい。急に寒気が)

唯「澪ちゃんが……」

澪(唯の顔が! 近い!)

唯「一番大切に」

澪(唯、怖いよ!)

唯「している人は」

澪「……」




唯「りっちゃんなの?」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:15:36.51 ID:QEmqnBwL0

澪「…… 」

唯「ねえ。澪ちゃん」

澪「あ、ああ」

唯「お願い…… 答えて」

澪「う、うん」

唯「私、だめなんだ。どうしても不安になっちゃうよ」

澪「ゆい……」

唯「いくら澪ちゃんとキスをしても、澪ちゃんを抱きしめても、こころが満たされないんだよ」

澪「ど、どうして?」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:19:34.19 ID:QEmqnBwL0

唯「澪ちゃんは優しいから」

澪「どうして…… 優しいと駄目なんだ?」

唯「だって、澪ちゃんはりっちゃんには叩いたりしても、おなじことした私は叩かないから」

澪「叩く!?」

唯「うん。りっちゃんには遠慮しないけれど、私には距離を取っているのかなって思っちゃうんだ」

澪「…… 馬鹿」

唯「うー バカっていった」

澪「本当に…… 馬鹿だよ。唯は」

唯「また、バカっていう~」




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:22:39.77 ID:QEmqnBwL0

澪「あのな」

ペシッ

唯「澪ちゃん?」

澪「よーく、聞けよ。唯」

唯「う、うん」

澪「確かに律は、私の幼馴染みといって良い程、長い付き合いだ」

唯「……」

澪「律のことならなんでも知っているし、律も私のことなら分かるだろう」

唯「だ、だからっ」

澪「いいから。でもな、律に抱く感情は―― 」



澪「『親友』なんだ」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:26:36.51 ID:QEmqnBwL0

唯「みお…… ちゃん」

澪「親友だから、奴のことは、すくなくとも分かるんだ。だから叩くこともできるし、叩いても許されることは

  知っているんだ」

唯「?」

澪「でも、唯は、そんなことできない」

唯「ど、どうして?」

澪「だって、唯に嫌われたくないから」

唯「嫌ったりなんかしないよっ」

澪「うん。頭では分かっているんだ。唯は私を嫌ったりなんかしないって。でも、私が、不用意なことをして

  唯が、私を見なくなったらどうしようって、いつも不安で、不安でたまらないんだ」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:29:44.20 ID:QEmqnBwL0

唯「澪ちゃんは不安なんだ……」

澪「ああ。もちろん3年も付き合っているからある程度のことまでは分かるけれど……」

唯「本当に澪ちゃんは」

澪「ごめん……」

唯「ほんとうに、みおちゃんは」

グスッ

澪「ごめん」

唯「ばかだよ」

唯「私、澪ちゃんを嫌うはずなんかないのに。優しい澪ちゃんが叩くなら、私が悪いのに決まっているのに」

澪「唯……」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:33:42.17 ID:QEmqnBwL0

唯「お願い。澪ちゃん…… 」

澪「ゆ……い?」

唯「とっても優しくて、とっても莫迦な澪ちゃんに『命令』するね」

澪「な、何を」

ソロリ

唯「私のこともっと知って」

ギュッ

澪「ゆい!」

唯「私をぎゅっと抱きしめて。私に激しくキスして。そして!」



唯「私の全てを奪って!」





111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:38:54.16 ID:QEmqnBwL0

ゴロン

澪「うわっ」(押し倒された~)

唯「澪ちゃん…… 大好き」

澪「ちょっ、んんっ」

澪(唯の舌がはいってくる!)

唯「くうっ…… くうん」

澪「んんっ、んん!」(唯の舌がのどまでっ)

唯「んっ、ふうん」

澪(唯の、ふとももが絡んでくる~)

唯「ぷはあっ」

澪(急に…… 唯が、離れた!?)




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:41:48.19 ID:QEmqnBwL0

澪「あれっ?」(ゆい、唯はどこだ?」

ムクッ

澪(とりあえず起き上がって、うわあ)

澪「ゆ、唯、どうして太腿の間に!」

唯「澪ちゃん…… 私の気持ちを伝えるからね」

澪「ちょ、ちょっと待っ…… ひゃん」

レロン

澪「ば、馬鹿! そんなところ汚いって」

澪(や、やばい! ショーツ越しに唯の舌があたって!)



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:45:22.70 ID:QEmqnBwL0

澪(あ、あし、閉じないと)

唯「だめだよ」

澪「んくう」

澪(両手で押さえられた!)

唯「澪ちゃん…… ここ気持ち良いんだよね」

澪「馬鹿、そんなこと言わすな!」

唯「否定はしないんだ。じゃあ、気持ちよくしてあげるね」

チュバッ

澪「ふあっ、駄目っ、んん」(舐められたとこがあつくて!)




114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:48:34.76 ID:QEmqnBwL0

唯「澪ちゃん。私、嬉しいよ」

澪「ひゃん…… な、なにがっ」

唯「私の愛撫で、よがってくれるんだね」

澪「よがってなんか、あくううううう」

唯「おもいっきり背中のけぞっているじゃん」

澪「そ、それは驚いただけだ」

唯「ふ~ん そうなんだ」

澪「はあっ、はあっ」

澪(ゆ、唯に変なスイッチが入った!)



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:51:48.52 ID:QEmqnBwL0

唯「私の下手な愛撫では、よがることなんてないよね」

澪「あ、当り前だろ!」(ばか、こんな時にしょーもない意地はるな!)

唯「ごめんね。澪ちゃん。私、もっと頑張らないと)

ズリッズリッ

澪「こ、こら、下着をずりおろすな!」

唯「これも澪ちゃんに感じてもらう為だから」

澪「ひゃあっ」(か、風が直にあたるっ)

唯「だから…… 足なんて閉じないでね」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 23:58:11.23 ID:QEmqnBwL0

澪「(ど、どうして、こんなことに?)

唯「澪ちゃんのアソコ、とっても可愛いね」

澪「可愛いなんていうな」

唯「うすいピンク色で染みなんかないし」

澪「恥ずかしいから言うな!」

唯「それに、お豆さんがぷっくり膨らんでいるよ」

澪「一々解説なんかするな!」

唯「これは、治療の必要がありますな。平沢先生」

唯「そうですな。ただちに処置を始めますね。唯先生」

澪「何をひとりしばい…… うわああああっ」



―――

眠いので寝ます。残ってたら続きを。




127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:26:13.33 ID:iaHy/VVY0

さいかい!

―――

澪「あうっ、くふうん」

澪(か、身体がふるえる!)

コリコリ

唯「へへー 澪ちゃん気持ちいいんだ」

澪「そ、そんなところ揉まれたら、あううっ」

唯「澪ちゃんのあそこからいっぱいお汁でてるよ」

澪「う、うるだい。そんなこと…… あんっ、いちいちっ」

澪(あ、頭がまっしろになる!)





130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:29:22.24 ID:iaHy/VVY0

唯「澪ちゃんのお汁、おいしそうだね」

澪「ば、馬鹿なにいって……」

チュバッ

澪「ひ、ひゃああああっ」

澪(ゆ、唯の舌があそこに……)

唯「くちゅ…… 澪ちゃん、……おいしいよ……)

澪「や、だめっ、そんなこと、美味しくないっ」

唯「澪ちゃん、暴れちゃダメだよ」

ギュウッ

澪(ふともも抑えつけられて、動けないっ)




131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:33:07.94 ID:iaHy/VVY0

唯「みおちゃん…… 大好きだよ」

チュバッ チュバッ

澪「はうっ、それっ、この状況で言うせりふか!」

唯「澪ちゃんあんなにカッコいいのに」

クチュッ クチュン

澪「ひゃ、んんっ、ゆいっ、らめっ」

唯「えっちになると、とってもかわいいんだもん」

澪「ふああっ、これ以上は、だめだっ」

唯「みおちゃん。どうして?」

クチャッ クチュッ

澪(き、気持ち良すぎて、がまんできないっ)







132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:37:51.77 ID:iaHy/VVY0

唯「澪ちゃん、いきそうなんだね」

澪「ちっ、違う!」 (その通りだよ!)

唯「わたし、がんばるから」 フンス

澪「な、なにを~ ひゃん」

唯「澪ちゃん。もっと気持ちよくしてあげるね」

ムニュー

澪「んあああっ、駄目、舌、おしこんじゃ、だめだっ」

澪(ゆ、ゆいの舌でく、クリがおしつぶされるっ)

唯「澪ちゃん、感じてくれてるんだ」

澪「くぅ…… もう、耐えられないっ」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:41:41.86 ID:iaHy/VVY0

唯「みおちゃん。がんばって」

澪「がんばるって、なにをっ、ひゃああんn」

澪(身体が自分のものじゃない…… みたいに…… ふるえるっ)

唯「ざらざらしているところが、気持ちいいんだね」

レロッ、レロッ

澪「そこはっ、ふあああ、ひゃあん」

澪「だめ、っ、もうっ、いく、いっちゃうううう」

唯「澪ちゃん…… だいすき」

クチュ クチュン

澪「やだ、やだあっ、いっちゃう、いっちゃうよお」

澪「んあっ、んああああああああっ」





134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:45:38.57 ID:iaHy/VVY0

澪「はあっ、はあっ」

澪(イッテしまった…… というより唯にイカされた……)

唯「澪ちゃん。イッたんだね」

澪「ゆ……い なんでこんなに、上手いんだよ」

唯「澪ちゃんに喜んでもらうために勉強したんだよ」

澪「どこでだよ」

唯「ネットで調べたんだ」

澪「純粋なはずの唯が、よごれていく」

唯「うわあっ、酷い」

澪「あははっ、冗談」




136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:48:39.28 ID:iaHy/VVY0

唯「澪ちゃん…… 身体ふいてあげる。汗ぐっしょりだよ」

澪「ありがと」

フキフキ

澪「それにしても、信じられないな」

唯「なにが?」

澪「私と、唯が今、ふたりでこんなことしてるってこと」

唯「うーん。そうかな」

澪「だって、ついこの間まで、高校生だったし」

唯「うん」

澪「急に大人になったと言うか、階段をあがったというか」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:52:21.33 ID:iaHy/VVY0

唯「そっかあ。大人になったんだね」

澪「まあ、こっち方面ではな」

澪「いつもの、のんびりマイペースな唯とは別人みたいだった」

唯「そうかなあ?」

澪「うん。だって、あんなに激しく責められるなんて」

唯「ごめんね。ちょっとやりすぎちゃった?」

澪「ううん。いいんだよ。気持ち、よかったし」

澪(うわあっ、なんでこんな恥ずかしい言葉がすらすらでてくるんだよ)

唯「澪ちゃんって、ほんとうに優しいんだね」

ギュッツ

唯「もう、澪ちゃんしかいらないよ」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:55:42.18 ID:iaHy/VVY0

澪「私も…… 唯がすき」

唯「ほんと? 誰よりも、好きでいてくれる?」

澪「うん。唯以外に誰もいらないよ」

唯「もし、私達のこと、他の誰かに反対されても、離れないでくれる?」

澪「当たり前じゃないか」

ナデナデ

澪「こんな可愛い唯を、どうして離すことなんてできるんだ?」

澪(ちょっと、わたしぃ! 舌なめらか過ぎ!)

唯「澪ちゃん…… 」

ギュッ






139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 05:58:11.51 ID:iaHy/VVY0

澪「ゆい…… 」

ギュッ

澪(唯のあったかい身体の感触が…… )

澪(ダイレクトに伝わってきて、がまん、できない)

チュッ

唯「みお…… ちゃん?」

澪「今度は、私からしてもいいよな」

唯「うん。いいよ」

澪(瞼を閉じた唯が可愛すぎる)

チュッ、クチュッ



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:03:45.39 ID:iaHy/VVY0

唯「んっ、んんっ」

澪(唯の喘ぎ声に…… たまらなくなる)

澪(まずはゆっくりと…… 舌先を割り込ませて)

唯「くぅ…… くうん」

澪(唯の舌と絡ませながら、唯の唾液をすいとろう)

唯「ふあっ、あああっ」

澪(キスしてると、すぐに物足りなくなっちゃうよ)

唯「うんっ、くうん」

澪(唯のなめらかなエナメルにつつまれた犬歯も、頬裏の柔らかい粘膜だって

全部、私のモノなんだって…… 馬鹿っ、なにを考えてるんだ?)

唯「くうっ、みお…… ちゃん」




141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:07:45.51 ID:iaHy/VVY0

澪(もっと、唯をぐちゃぐちゃにしたい!)

澪(そうだっ、唯の胸をさわろう)

サワッ

唯「ぷはあっ、くすぐったいよ、みおちゃん」

澪「唯の胸…… もんであげるな」

唯「私の胸なんて、小さいから…… そんなことしても楽しくないよう」

澪「いや。唯の胸だって成長しているぞ(ってさっきもいったような)」

唯「ひゃん。澪ちゃんの指が…… 」

澪(うん。憂ちゃんよりはちいさいけれど、感触もあるしなかなか)

唯「ふあっ、澪ちゃんっ、だめっ」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:11:09.31 ID:iaHy/VVY0

澪「おっ、唯の乳首、おおきくなっているぞ」

コリコリ

唯「だ、だめっ…… ち、ちくびが痺れるっ」

澪「大きくて、固くなってる。色はほんのりそまった桜色だな」

唯「みおちゃんのばかっ」

澪「ふふ…… どこが馬鹿なんだっ」

コリコリ

唯「いちいち、ふああっ、かいせつ、しないでっ、あんっ」

澪「よがりながら言っても説得力はないぞ」

唯「だって、ひゃあ、そこ、もまないでえええっ」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:16:59.05 ID:iaHy/VVY0

澪「よがってる唯ってかわいいな」

唯「そんなことっと、ほめらても、うれしくないもん」

澪「本当か?」

唯「?」

澪(ゆっくりと、顔を唯の胸のてっぺんに近付けて……)

あむっ

唯「ひゃあああああっ」

澪(流石に、恥ずかしいな。このシチュは)

唯「み、みおちゃん。そんな駄目っ」

チュバッ 

澪(まるで、唯のおっぱいを吸っているようだ…… って、そのまんまだな)

唯「は、恥ずかしいよう」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:20:10.38 ID:iaHy/VVY0

澪(それに、はずかしがっている唯をみていると)

澪(もっといじわるしまいたくなる)

澪(ごめんな…… 駄目な私で)

澪(だから、ちょっと噛むけど我慢してな)

コリット

唯「ん――――!?」

ハムッ

唯「みお…… ちゃん歯、あてちゃ」

コリッ、コリッ

唯「だ、だめえええええっ」





145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:23:51.09 ID:iaHy/VVY0

唯「はあっ、はああっ」

澪「ごめん…… 痛かった?」

唯「う、ううん。あんまり痛くなくって、痺れるっていうか、身体が自分のものじゃないみたいに」

澪「がくがくと震えていたな」

唯「うん。目の前に星がいくつかとんだみたいで」

唯「どこかに飛んでいってしまいそうで」

澪「感じてくれたんだ」

チュッ

唯「澪ちゃん。もっと、もっと気持ちよく…… して」







146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:28:44.38 ID:iaHy/VVY0

澪「じゃあ…… 下にいくぞ」

唯「う、うん」

澪(唯の頬が、紅くそまっているな……)

澪(ゆっくりと指を、乳房から、へその方までおろして)

唯「くぅん」

澪「おなかから、もっと下までさがって」

澪「ってショーツがあったな」

唯「んんっ、澪ちゃん」

澪「こらっ、動いちゃ駄目だ」

唯「うー 澪ちゃんのいじわるー」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:33:49.84 ID:iaHy/VVY0

澪「今更気が付いたのか? 私がいじわるってことに」

唯「澪ちゃんのこと信じていたもん」

澪「ふうん。でも、唯のアソコってもうぐっしょりと濡れているぞ」

唯「こ、これは…… 違うの」

澪「何が違うのかな? 唯ちゃん」

唯「こ、これはあ、あせだから」

澪(へんなところで、意地っ張りな唯もたまらないな)

澪「そうなんだ。汗か~ 汗ならしょうがないな」

澪「だったら、ここを触っても感じたりしないんだ」



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:38:36.06 ID:iaHy/VVY0

唯「んああっ、ひゃん」

澪「下着越しでも、こんなに濡れているぞ」

唯「だめっ、澪ちゃん、そこは触っちゃだめ」

澪「ショーツの染みがどんどん大きくなっているし」

澪「唯って、いやらしい女の子なんだな」

唯「んんっ、私、いんらんなんかじゃ…… ないからっ」

澪「そうだよね。私、唯が清らかだって信じているから」

クリクリ

唯「だめっ、そんなとこ、もんじゃ、だめだよう」

澪「唯…… 我慢しなくていいんだぞ」

唯「ふああっ、澪ちゃんの、ばかあっ」




149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 06:42:08.46 ID:iaHy/VVY0

澪「もう…… 下着、つかいものにならないな」

唯「ぜんぶ、澪ちゃんのせいだよっ」

澪「そうかな? 唯の分泌液なんだけどなー」

唯「そ、それはっ」

澪「自分の恥ずかしいモノなのに、ひとのせいにするなんて」

澪「おしおきだなー」

唯「み、みおちゃんっ」

澪「唯、両手を頭の上であげて、手を組んで」

唯「?」

澪「はやく」

唯「う、うん」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:00:57.53 ID:iaHy/VVY0

唯「このかっこ、恥ずかしいよう」

澪「当たり前だ。おしおきだからな」

唯「うー 」

澪「私が、良いというまで、手を動かしちゃだめだぞ」

唯「澪ちゃんのプレイってマニアックすぎるよ」

澪「馬鹿! そんなこという子には容赦しないからな」

澪(そろそろ、ショーツ脱がすか)

シュルリ……

澪「おっ、意外に少ないんだな」

唯「そ、そんなところ凝視しないでよっ」




152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:05:02.49 ID:iaHy/VVY0

澪「ほほう。まばらな茂みに、愛液がいたるところに付着しているな」

唯「く、詳しく解説しないでよっ」

澪「こんなに濡れてるのに、唯は汗だなんて」

唯「うっ」

澪「唯はうそつきだな」

唯「だ、だって、恥ずかしいから」

澪「嘘つきな女の子は狼に食べられちゃうんだ」

唯「それ、いろいろまちがっているよ~」

澪「言い訳無用!」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:08:37.62 ID:iaHy/VVY0

唯「ひゃあっ」

スリスリ

唯「み、澪ちゃんの指がっ、くうん」

澪「唯のクリはここかな…… 」

ムニュッ

唯「ん、んあああああっ」

澪「大きくなってるぞ」

唯「つ、つねっちゃだめええええっ」

澪「つねってない。揉んでいるだけだ」

唯「ふああっ、し、しげき、強すぎるようっ」

澪「こらこら動いちゃダメだって」

唯「だって、キモチ、良すぎてっ、ふああっ」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:11:34.98 ID:iaHy/VVY0

澪「唯…… かわいいよ。唯」

唯「みおちゃん…… んあっ、もう、いやっ」

澪「おっと」

唯「あれっ…… どうして」

澪「……」

唯「どうして、とめちゃうの?」

澪「…… だって、唯がいやって言ったから」

唯「そ、それはっ」

モジモジ

澪「私、唯がいやがることなんてやりたくないんだ」




155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:14:07.67 ID:iaHy/VVY0

唯「あ、あのー」

澪「……」

唯「あのね。澪ちゃん」

澪「……」

モジモジ

唯「わ、私、みおちゃんにね」

澪「……」

唯「い、いじられるの、駄目じゃなくて、その」

澪「ん、何が言いたいんだ」

モジモジ

唯「はふん、もう、がまんっ、できなくって」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 07:19:44.28 ID:iaHy/VVY0

澪「ふうん…… それで」

唯「だから、その、そのね」

モジッ クネクネ

澪「唯は、私に何をしてほしいのかな?」

唯「そ、それは、その」

澪「はっきり言ってくれないと」

唯「澪ちゃん、あのね」

澪「分からないな」

唯「ううっ…… 澪ちゃん、お願いっ」

唯「もう…… 我慢できないっ、だから……」

唯「だからっ、私を、私のアソコを…… ぐちゃぐちゃにして!」



澪「はい。よくできました」

―――

朝はここまで。できれば保守お願い。




180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:22:38.11 ID:cYWSQUoE0

さいかい!

―――

澪「唯…… 大好きだよ」

唯「みおちゃん」

クチュッツ

唯「ひゃん」

澪「ふふ…… 濡れてる」

唯「いわない…… で」

澪「唯のおしるで、ほら、指の根元まで濡れちゃった」

唯「やっ……」

澪「顔を背けちゃ駄目だよ」

唯「だ、だって」

澪「ほら、よく見て…… 私の指が、唯の大切なところに入るから」




181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:25:58.91 ID:cYWSQUoE0

唯「は、恥ずかしいよう」

澪「唯が悪いんだよ。唯のあそこがえっちだから」

唯「そ、そんなに、えっちなんかじゃないもん」

澪「じゃあ、どうして音が鳴るのかな」

クチャ…… クチャ

唯「そ、それは、澪ちゃんが刺激するから」

澪「ふうん。私のせいなんだ」

唯「そ、そうだよー」

澪「じゃあ、唯は感じてなんかいないんだね」

唯「う、うん」




182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:28:25.77 ID:cYWSQUoE0

澪「ごめんね…… 唯」

唯「ど、どうして謝るの? 澪ちゃん」

澪「私の力じゃ、唯を気持ちよくさせてあげれない……」

唯「えっ、み、澪ちゃん?」

澪「このままじゃ、唯に申し訳ないよ」

唯「澪ちゃん…… どこいくの?」

ガサゴソ

唯「澪ちゃん、何を取りに行ったの?」

澪「でも、唯に気持ち良くなってほしいから…… 」

唯「こ、これは?」

澪「ローターだよ。唯」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:31:19.52 ID:cYWSQUoE0

唯「ろ、ろーたー?」

澪「唯は知らないんだ」

唯「そ、それ、何に使うの? 澪ちゃん」

澪「ふふ…… なんだろうね」

唯「もしかして、えっちなことをする道具なの?」

澪「正解だよ…… 唯」

ピトッ

唯「ひゃ…… 」(冷たいっ)

澪「ローターは大人のおもちゃの中では、一番、ちいさくって可愛いんだけれどね」

プルプル

唯「う、動いた」




185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:34:44.53 ID:cYWSQUoE0

澪「みて…… ゆい、細かく動いているだろ」

唯「う、うん」

澪「これはな、中に電池が入っていて、そこから電流がながれてモーターが動くんだ」

唯「み、みおちゃん?」

澪「だから、私が指を動かすより速く、振動するから、すごく気持ちよくなるんだ」

唯「で、でも…… ちょっとこわいよ」

澪「大丈夫だよ。唯…… 」

唯「…… くぅ」

澪「動かないように、テープ張ってあげるね」

唯「ん…… んんっ」(な、なんか変だよ~)



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:39:04.26 ID:cYWSQUoE0

唯「ふうん…… くうっ」(あそこが、とっても熱くって、とけそう)

澪「唯、動いちゃダメだよ」

唯「だっ、だって…… ぷるぷる震えるから……」

澪「言った通り、手は頭の上に組んでおくんだ」

唯「み、澪ちゃんのいじわるっ」

澪「唯が可愛いから、意地悪したくなるんだよ」

ナデナデ

唯「ず、ずるいよ。澪ちゃんっ、あん、そんなことで、ごまかしてっ」

澪「唯がかわいく鳴いてくれると、私も興奮するな」

唯「澪ちゃんの…… へんたい!」

澪「唯にそういってもらえると、光栄だね」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:41:17.98 ID:cYWSQUoE0

唯「んんっ、もう、駄目、いっちゃいそう」

澪「まだ、はじまったばかりだぞ」

唯「でも、その、おもちゃの刺激が強いから」

澪「ローターな。そっか、強すぎるか」

ぽちっとな

唯「あっ」(少し弱くなった)

澪「これくらいでどうだ?」

唯「どうして? もしかして…… リモコン?」

澪「珍しく察しがいいなw 大正解だよ」

唯「んんっ、むずむずするよう」




188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:44:25.12 ID:cYWSQUoE0

澪「唯。いまのは微弱なんだ」

唯「んっ…… んんっ」

モジモジ

澪「どうした、ふとももをすりあわせて」

唯「これじゃあ。だめっ、弱過ぎて…… ものたりないよっ」

澪「唯はわがままだなあ。強すぎるっていったり弱すぎるって言ったり」

唯「だ、だって、こんな弱いと、くすぐったいだけだもん」

澪「ふうん」

ぽちっとな

唯「ん…… 強くなった。ひゃん。あはっ」

澪「いまのは弱な」

唯「んふっ、んあああっ、あうう」

澪「これが中だ」



189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:47:24.64 ID:cYWSQUoE0

唯「んんっ、駄目っ、強い、ろ、ろーたーが暴れてる」

澪「そして、これが強」

唯「だめっ、澪ちゃん、いく、もういっちゃう!」

ぽちっと

唯「み、澪ちゃん?」

澪「どうした? 唯」

唯「ど、どうして…… とめちゃったの?」

澪「そんなに簡単にいってもらったら面白くないからな」

唯「み、澪ちゃんの意地悪!」

澪「それ、さっきも聞いたよ」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 21:50:40.20 ID:cYWSQUoE0

唯「だって、澪ちゃん、もっと良いひとだとおもっていたのに……」

澪「私は、悪い子だよ。唯」

唯「んんっ、澪ちゃん、また、動いてるっ」

澪「でもね…… 唯。私は、唯のこと愛しているんだ」

唯「んはっ、ほんとうっ…… くうっ、なの?」

澪「だからね。唯にはたくさん悦んでほしいんだよ」

唯「やああっ、ひゃああんn」

………………
…………
……

唯「はあっ、はあっ」

澪「唯…… 汗ぐっしょりだな」



193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:12:48.74 ID:cYWSQUoE0

唯「はあっ、だって、澪ちゃんがっ…… はあっ」

プルッ…… プルルッ

澪「まだ、ローターをいれてから30分しかたっていないぞ」

唯「でも、ずっと…… いけないからっ、んああっ」

澪「日頃から、だらしない生活してるから」

唯「そ、そんな…… み、澪ちゃん、お願い!」

澪「なんだい? 唯」

唯「もう限界…… なの。お願い」

澪「なにをお願いしたいんだ?」

唯「お願いっ、わたし、わたしをイカせて!」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:16:19.11 ID:cYWSQUoE0

澪「もう…… イきたいんだ」

唯「わたし、わたしっ、ほんとにくるっちゃう、お願い、澪ちゃんお願いだからっ」

澪「泣かないで…… 唯」

唯「ひっく、ひっく」

澪「ごめんな。唯。意地悪しちゃって」

唯「えぐっ、だって、澪ちゃんがっ」

澪「ローターは取ってあげるから」

ペリッ

澪「唯、お汁が垂れて床に落ちちゃったな」

唯「やだあ、そんなにじろじろ見ないでっ」




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:17:51.92 ID:cYWSQUoE0

澪「唯…… がまんしてたんだね」

チュッ

唯「みおちゃん。イカセテっ、お願いだからあああっ」

澪「大丈夫。ちゃんと最後までイカセテあげるから」

チュポッ

唯「ひゃあ!」(澪ちゃんの指が、私のなかに!)

澪「唯って、ここが一番感じるんだろ」(人差し指の第1関節を曲げるとちょうど良い塩梅だな)

唯「ひゃ、ひゃああああっ。やああああっ」

澪「こらっ、そんなに暴れちゃだめだ」(唯の膣壁ってざらざらして気持ちいい)

唯「だって、澪ちゃんのつめがあたってるっ」





197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:19:53.49 ID:cYWSQUoE0

澪「そんなに暴れると、よけいにアソコが痛くなるぞ」

唯「う…… そんなあっ、ひゃうっ」

澪「そうそう。大人しく動かないことだ……」

クチャクチャ

唯「んあっ、澪ちゃん…… 気持ちいい、とってもキモチいいよう」

澪「唯…… 私も、欲しい」(こんだけ、よがる唯を見せつけられると…… さすがに我慢できないっ)

唯「み、澪ちゃん?」

澪「私のアソコにも、指っ、挿れて!」

唯「んんっ、わ、わかったよ。澪ちゃん」

グニュッ

澪「んああっ」(唯の指が、私のあそこにっ)



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:22:06.70 ID:cYWSQUoE0

唯「あんっ、澪ちゃんっ、もっと、もっと激しくして!」

グチャッ、グチャッ

澪「唯も、もっと激しく、強く、かきまわしてっ」

唯「あんっ、はううんっ」

澪「唯…… くぅ…… んんっ」(快感がどんどん膨らんで…… )

唯「ああっ、あふん、みおちゃん…… 」(澪ちゃんが凄く悦んでる!)

澪「ゆい…… もう、イきそうだ」

唯「わ、わたしも、もういっちゃう!」

澪「だったら、一緒に、いっちゃおう」



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:22:53.13 ID:cYWSQUoE0

唯「んっ…… んんっ」(気持ち良すぎて……)

澪「くうっ、んはっ、はうっ」(どんどん押し上げられる!)

唯「んあっ、ふああああっ」(頭がまっしろにっ)

澪「んんっ、くうっ、んああっ」(もう、イク、いくぅ)

唯「んああああああっ、んんんっ、んあああああああっ」

澪「んんんっ、んはああっ、ああああああっ」

………………

…………

……




201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:28:07.41 ID:cYWSQUoE0

澪「はあっ、はああっ」(あっという間にいかされちゃった)

唯「ふはっ、はあっ」(よ、ようやくいけたよう)

澪「ゆ、ゆい」

唯「澪ちゃん?」

澪「ふふ…… ふはははっ」

唯「あはっ、あはははっ」

……

唯「えっちの後に笑っちゃうなんて」

澪「まったくもう…… 」

唯「澪ちゃん…… ありがとう」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:33:45.56 ID:cYWSQUoE0

澪「お礼…… なんて」

唯「澪ちゃんが、こんなに愛してくれるなんて夢のようだよ」

澪「それは…… そのっ」(唯の瞳が…… 真っ直ぐすぎて直視できない)

唯「わたし、ずっと、澪ちゃんが本当に好きでいてくれるか、信じきれなくて」

澪「唯……」

唯「だけど、澪ちゃん。ずっと、激しく愛してくれたから」

澪「ちょっとやりすぎたような感じだが」

唯「いじわるな澪ちゃんも大好きだよ」

澪「唯はMっ気があるのか」

唯「澪ちゃんはSっ子だね」

澪「それは違いない…… な」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 22:34:59.32 ID:cYWSQUoE0

唯「だから、もう安心なんだ」

澪「唯のこと、本当に大切にするから」

唯「私も、もう澪ちゃんのこと疑ったりしないよ」

澪「私には唯しかいないから」

唯「ありがとう。澪ちゃんのこと愛してるよ」

澪「唯のこと愛してる…… だから」

唯「もう一度…… キスしよっ」

澪「ああ」

チュッ


(おしまい)


元スレ
唯「事後!」