SS速報VIP:コンボイ「我らのイイトコ」メガトロン「悪いトコ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461412978/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:02:58.26 ID:sBh0E19I0

~サイバトロン基地~

正宗『サイバトロン基地前に並び立つコンボイとメガトロン達!彼らの目的は一体、何なのだろうか!』

コンボイ「デストロンの諸君、よく来てくれたな」

スタースクリーム(以下、スタスク)「ヘッ、俺たちを基地まで呼び寄せるたぁどういう風の吹き回しだコンボイ?降伏宣言ならいつでも聞いてやるぜ」

メガトロン「それとも、いつぞやの如く決闘でもする気か?」

サウンドウェーブ(以下、音波)「周リニハ罠ガ仕掛ケラレテイル様子ハナイ。メガトロン様、ヤルナラ今ダ」

コンボイ「まあ落ち着いてくれ皆。私は戦うつもりなど毛頭無い。今日は、デストロンとサイバトロンの関係を変えるかもしれない重要な事を持ち掛けに来たのだ」

メガトロン「重要な事だと?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461412978




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:04:52.81 ID:sBh0E19I0

コンボイ「メガトロンよ、我々が理解し合えばこの戦争は終わると思わないか?」

メガトロン「何を抜かすコンボイ!貴様の甘っちょろい考えをワシが受け入れるなど永遠にありえんわい!」

スタスク「その通りですぜメガトロン様!この宇宙はおr…あなたが支配すべきですよ!」

コンボイ「そういう態度が問題なのだ。この戦争が始まって以来何百万年という時が過ぎたが、これ以上の戦いは無駄な犠牲を生むだけだ」

コンボイ「そこでサイバトロン、デストロンの両代表がお互いの長所と短所を見つめなおし、真の平和に向けて努力出来る場をここで設けたいと思う。指導者がまともになれば、下の者も自然と己を変えてくれるだろうしな」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:06:56.92 ID:sBh0E19I0

メガトロン「貴様らしい理想論だなコンボイ。しかし、ワシらの対立がそんなチンケなお喋りで解決出来るものか!」

コンボイ「では・・・時にスタースクリーム。お前はメガトロンに何か言いたいことは無いのか?」

スタスク「・・・実はたまに物凄く回りくどい作戦をやらされるんだ・・・」

メガトロン「なっ!ワシの計画にケチを付けるのかスタースクリーム!」

コンボイ「とまあこんな形で部下もお前に言いたい事が色々あるだろう。デストロンの体制維持の参考にもなるかもしれんぞ」

メガトロン「フン、そこまで言うなら乗ってやろうではないか!2人とも来い!」スタスタ

コンボイ「協力感謝するぞメガトロン。私が案内しよう」

音波「ソノ必要ハナイ。コンドルガヨク侵入シテイルカラ、基地ノ内部ハ手ニ取ルヨウニ分カル」

コンボイ「そうか・・・」




5: 文字化けしてる・・・ 2016/04/23(土) 21:09:07.75 ID:sBh0E19I0

テーテテーテーテー テーン♪


正宗『そして、基地内部!』

アイアンハイド(以下、IH)「デストロンだ!デストロンが来たぞ!」ジャキッ

マイスター「武器を下ろせアイアンハイド。私たちの仕事は戦闘じゃない、話し合いだ」

IH「ああ、すまないマイスター。奴らの姿を見るとついカッとなってしまってな・・・」

メガトロン「随分と物騒な出迎えだな、え?部下にもっと冷静になるよう躾けておけコンボイ」

コンボイ(お前の部下にもな)ボソリ

スタスク「今何か言ったか?」

コンボイ「いや、何も」(お前の事だよ)




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:11:10.07 ID:sBh0E19I0

コンボイ「兎も角今回の会議には私の副官、マイスターと熟練兵のアイアンハイドにも参加してもらう。2人ともどちらの陣営に関しても詳しいから、きっと的確なアドバイスを提供してくれるだろう」

コンボイ「この会議の目的は各々の長所と短所を客観的に書き出し自身の、果てには関係改善に役立てていく事だ。その事を忘れないでほしい」

スタスク「能書きはいいから早く始めろよ!書き出すって、まさかTFサイズの紙と鉛筆でも用意してんのか?」

IH「馬鹿言え。お前の目の前にあるテレトラン1に入力し、テレトラン1が読み上げるという寸法だ」

マイスター「入力は原則として一人ずつ、公平性を保つために覗き見は厳禁だからね。何なら私が操作方法を教えようか?」

スタスク「わ、分かったよ!一人で出来るから邪魔すんな!」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:13:20.28 ID:sBh0E19I0

音波「・・・コンドル、イジェークト」ガション ギゴゴゴガ

コンドル「ギャースッ!!」

音波「コンドル、俺ノ評価ヲ見テコイ。良ケレバ見逃シテ良シ。余リニ悪ケレバ、ソイツヲスクラップニシロ」

IH「おいそこ!何をやっている!」ジャキッ

スタスク「今だ!テレトラン1に介入してサイバトロン基地を占拠してやる!」

マイスター「させんぞ!」ガシッ

スタスク「うおあっ!?」

ワーワー ギャーギャー

コンボイ「全員静かにしろ!あと良い所もちゃんと書くんだぞ!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:15:18.10 ID:sBh0E19I0

テーテテーテテー テーン♪


コンボイ「・・・えー、ではこれから結果を発表する」

コンボイ「その前に分かっているとは思うがこれはあくまで性格の、ひいてはサイバトロンとデストロンの関係改善の為であってケンカを売る会ではない。だからあまり敵意は持たないでくれ」

メガトロン「分かっておるわいそんな事!いいからさっさと読み上げんか!」

コンボイ「了解した。ではテレトラン1、まずは言いだしっぺの私の悪い所から始めてくれ」

テレトラン1「コンボイ司令官ノ悪イトコ、『怒リッポイ』、『脳筋』、『スグ崖カラ落チル』」

コンボイ「ふーむ、そんなに私は直情的だったのか?」

IH「デストロンの事となると怒りっぽくなるのはお互い様ですよ、司令官」

マイスター「使命感溢れるのは結構ですが、司令官として冷静になってくれると嬉しいですね」

コンボイ「ハハハ、次からは気を付けるよ」

スタスク「崖から落ち易いのはサイバトロン全員に言えるんじゃねぇか?ま、俺は飛べるから関係無いがな」

メガトロン「貴様は被弾率の高さをどうにかしろ」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:17:18.26 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「ツギ、『クチビルオバケ』」

コンボイ「うっ!?」グラリ

マイスター「だ、大丈夫ですか司令官!?」

コンボイ「あ、ああ。何故か分からんが、私のスパークを揺さぶるような衝撃が走ってな・・・」

IH「コンボイ司令官に唇なんて付いてないぞ・・・?マスクに覆われていて口さえも見えないのに」

スタスク「コンボイにあんな弱点があったとはな。メガトロン様、一体誰が知ってたんでしょうね?」

メガトロン「さあ?」ニヤニヤ




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:19:01.91 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「サイゴ、『赤色以外ニ主人公ラシサヲ感ジナイ』」

コンボイ「!? 誰だ!こんな事を書いた奴は!」

IH「お、落ち着いてください司令官!」

マイスター「そうですよ司令官!TFのテーマは『君が選ぶ、君だけのヒーロー』!誰が主役だなんて関係ないじゃないですか!」

コンボイ「いやいやTF世界では基本私が主役だろう!BWでも第一話からそう書いてある!私を差し置いて誰が主役になれるというのだ!」

????「オイラがいるよ司令官!」

コンボイ「お前はアドベンチャー二期まで待ってろ!」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:21:07.63 ID:sBh0E19I0

メガトロン「ええい黙らんかコンボイ!主催者の貴様が本旨を忘れてどうする!そうしてすぐ激怒するから主役らしくないと言われるのだ!」

コンボイ「むっ・・・すまんな、メガトロン。私とした事が取り乱してしまった」

スタスク「それに主人公がトレーラーってのも変な話だよな。やっぱ銃やトレーラーより、格好いい戦闘機が主役に似つかわしいんじゃねぇか?」チラチラ

音波「スターセイバートカカ?」

スタスク「そういう事じゃねぇよ馬鹿」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:23:09.52 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「デハコンボイ司令官ノイイトコ、『責任感ガ強イ』、『頼リニナル』、『射撃ガ上手イ』、『死ンデモ生キ返ル』、『頭ガ硬ケリャ体モ硬イ』」

コンボイ「少し癪に障る意見もあるがこんなものか。ところで『死んでも生き返る』は私の力ではないと思うのだが」

IH「いえ、生き返って続編で出番が貰えるだけでも十分恵まれた長所ですよ・・・」←ザ・ムービー死亡組、2010で出番無

スタスク「そうかあ?」←ザ・ムービー死亡組だが2010で主役回2つ、BWとキスぷれにも出演

IH「そうだよ!!お前が異常なだけだ!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:25:08.20 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「ツギハ、マイスター副官ノ悪イ所ヲ言イマス。準備ハヨロシイデスカ」

マイスター「ええ、いつでもどうぞ?」

テレトラン1「マイスターノ悪イ所、『影ガ薄イ』、『コレトイッタ活躍ガ無イ』『オ飾リ副官』」

マイスター「うっ!耳が痛い言葉だなぁ。私に耳は付いてないがね」

IH「確かにマイスターが副官らしい所を見せたのは、数回くらいしか無いんじゃないか?」

マイスター「面目ないね。だが、私の本業は工作員だ。工作員が目立ってしまっては困るだろう?だから敢えて目立ないようにしている、私なりの工夫さ」

スタスク「そんな調子だと、いつかコンボイにクビにされちまうかもなぁ?」ニタニタ

コンボイ(さっきから発言全てがブーメランになっている事に気付いているのか?)ヒソヒソ

メガトロン(それが分かる奴ならワシは苦労せんわ)ヒソヒソ



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:27:00.22 ID:sBh0E19I0

テレ1「『必殺技ガブロードキャストノ下位互換』」

音波「ツイデニ言ウナラ俺ニモ出来ルゾ、ドウナンダ?」

マイスター「そうかもしれないが、私は車に変形出来るからね。機動性で勝負すればいいのさ」

音波「ウム・・・強イ」

マイスター「次で最後かな?はてさて、何が飛び出してくるかな」

テレトラン1「『一人ダケMP出テナイ』」

マイスター「・・・」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:30:48.81 ID:sBh0E19I0

コンボイ「いや・・・これは仕方ないだろう」

IH「そ、そうだマイスター!俺だってつい最近になってやっとMP化されたんだ!いつか出番はやって来る筈だぞ!うん!」

マイスター「ありがとうアイアンハイド・・・だが私の場合はその望みは限りなく薄いだろうさ・・・ 大人の世界は怖いからね・・・」ズーン

スタスク「ま、嘆いたって何にもならねーよ。むしろ出来の悪い立体化が出てない事を有り難く思う事だな」

メガトロン「成程、貴様が言うと説得力があるな」

スタスク「?何のことですメガトロン様?」

音波「・・・MP-03」ボソリ

スタスク「ッ!その話はするんじゃねぇ!11の方にしろ!11の方に!」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:32:57.18 ID:sBh0E19I0

コンボイ「ええい!この話は止めだ止め!次、マイスターのいいトコを読め!」

テレトラン1「マイスターノイイトコ、『公私ノ区別ガ出来テイル』、『ノリガイイ』、『声ガ渋イ』、『レースニ強イ』」

マイスター「こういう言葉はもっと聞きたいねぇ。他には?」

テレトラン1「『実写映画ノ死ニ方ガ面白イ』」

マイスター「」

コンボイ「オオゥ・・・ジャァズ・・・」(CVピーター・カレン)

メガトロン「いや、何というかその・・・すまん」

音波(メガトロン様ガ謝ッテイル・・・)

スタスク「いや実写は関係無ぇだろ・・・実写は・・・」

IH「このメンバーで司令官以外実写にいい思い出がある者はいないからな・・・もう次だ、次」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:36:29.29 ID:sBh0E19I0

コンボイ「今度はアイアンハイドの悪い所だが・・・」

コンボイ「・・・」カタカタ

テレトラン1「全員、『正義感ガ強スギル』デス」

IH「うーむ、やはりそうか・・・」

マイスター「・・・」

メガトロン「・・・」

テレトラン1「イイ所モ全員『正義感ガ強スギル』デス」

コンボイ「よ、良かったなアイアンハイド!だがもっと冷静に行動するよいうにな!うんん!さあ次だ次!」

IH「ちょ、ちょっと待って下さいよ司令官!」

メガトロン「そうだ、待てコンボイよ・・・」

コンボイ「な、何だ?」アセアセ

音波「嘘ヲツイテハイケナイナ」

コンボイ「うぐっ!?」ギクリ




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:38:19.54 ID:sBh0E19I0

音波「ブレインスキャンデオ前ノ考エハオ見通シダ。隠シ物ヲ見セテモラオウカ、フレンジー!」

フレンジー「あいよっ!えーと、このプログラムをこうしてと・・・」カタカタ

コンボイ「こいついつの間に!?止めろー!本当に[ピーーー]ぞー!」ガシィ

フレンジー「おわっ!へへ、もう遅いぜ!」

テレトラン1「アイアンハイドノ悪イトコ、『赤イ』、『行動ガ赤スギル』、『言行一致デ赤イ』、『30年間ロクナ立体化ガ無カッタ』、『赤キ事レッドマンノ如シ』」

IH「ど、どういう事ですかコンボイ司令官!」

コンボイ「すまないアイアンハイド。こればかりはお前を完全に怒らせるだろうと思ってな・・・」

マイスター(こんなに赤い赤い言われたらなぁ)

IH「水臭いですよ司令官!私がこの程度で起こるとお思いですか!本音を包み隠さず言い合うのがルールでしょう、遠慮は無用ですよ!」

コンボイ「アイアンハイド・・・!」

メガトロン(いい部下に恵まれたなコンボイ。それに比べワシの部下と来たら・・・)




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:40:41.59 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「アイアンハイドノイイトコ、『赤組筆頭』、『赤クテヒロイック』、『サイバトロンノ癖ニ武装ガ多彩』、『赤イ話題ニ事欠カナイ』、『赤イ』・・・」

アイアンハイド「赤さはどうでもいいーーーー!!!」

コンボイ「くっ、やはり駄目だったか!」

アイアンハイド「赤い赤いうるさいんだよ!!!こんな事を書くヒヨッコ野郎は誰だ!?引きずりおろして細切れにしてブッ殺してやる!」ガォーッ

スタスク「うわっ!こいつマジ切れしやがったぞ、誰か取り押さえろよ!」

メガトロン「ええーい全く世話の焼ける!皆ワシに続けー!!」ダダッ




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:43:12.62 ID:sBh0E19I0

テーテテーテテー テーン♪

正宗『その後、アイアンハイドの暴走は続いた!』

正宗『その暴れっぷりに普段のアイアンハイドをよく知るマイスターでさえ』

マイスター「あれはアイアンハイドじゃない!エクスカイザーだ!!」

正宗『と漏らす程であり、暴走30秒後にコンボイは』

コンボイ「もういい!もうたくさんだ!アイアンハイドを破壊する!!」

正宗『と言い覚悟を決めたが、メガトロン達の協力もあり初代TFらしく1分でケリがついたのだった!』




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:45:27.57 ID:sBh0E19I0

IH「うう・・・」ボロ

スタスク「フゥー、口ほどにもない奴で助かったぜ」

メガトロン「コンボイよ!本当にこの会議でワシらと和平を結ぶつもりがあるのか!余計悪化する未来しか見えんぞ!」

コンボイ「申し訳ないメガトロン・・・ここまでヒートアップするとは私も予想だにしなかったのだ。全て私の責任だ、許してくれ」

メガトロン「フン!次からは我らデストロンの番だが、下らん意見を書いておったら只では済まさんぞ!」

マイスター(下らない意見と言っても・・・)

音波「?」

スタスク「何だ?ジロジロ見やがって」

マイスター(面子がこれじゃあな・・・)



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:56:05.31 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「デハ、次ハサウンドウェーブノ悪イトコデス」

スタスク「むっ!こいつぁ問題アリだぜ!」

マイスター「そうなのか?お前たちの優秀な参謀のように思えるが」

スタスク「能力と性格はまた別の話だぜ!そら、今にホコリを出すぞ!」

テレトラン1「『不気味』、『温カミヲ感ジナイ』、『ネクラ』、『ゴマスリ屑野郎』」

音波「・・・」

スタスク「ぬっ!動じないだとぉ!?」

IH「なかなかやるな・・・」

テレトラン1「『速2』」

音波「ッ!」

スタスク(お、怒るか怒るか?)

音波「・・・次ダ」

マイスター「耐えきったぞ!流石はデストロンの情報参謀といった所か」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 21:59:39.00 ID:sBh0E19I0

メガトロン「ぬはははは!でかしたぞサウンドウェーブ!やはりお前はサイバトロンの奴らとは一味違うな!」

コンボイ「ぐぬぬ」

スタスク「チッ、あの仏頂面が怒りに震える姿が見たかったのによ」

メガトロン「さあ!早くサウンドウェーブのイイ所を読み上げるのだぁ!」

テレトラン1「『ナシ』」

音波「!?」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:10:23.59 ID:sBh0E19I0

音波「ドウイウ事ダ!コノイカレコンピュータ!俺ガイナケレバデストロン軍団ハ成リ立タン!ソレ程ノオレヲ、何故!?」

スタスク「アハハハハ!無しだってよ無し!つまりお前はいようがいまいが関係ない能無し野郎ってだけの事さ!」

音波「何ダト!」

テレトラン1「正確ニ言ウト、サウンドウェーブニ直接、アルイハ一般的ニ長所ト言エルモノデハナイトイウ事デス」

コンボイ「何でもいい。とりあえず言ってみてくれ、テレトラン1」

テレトラン1「『コンドルガ有能』、『フレンジーノハンマーアームガ恐ロシイ』、『ドコゾノ木偶ノボウト違イコンドルガ良ク働ク』、『ジャガー可愛イ』」

音波「」

IH「カセットロン達の評価ばかりだな・・・」

マイスター「うーん・・・実際に出くわすのはカセットロンばかりだしな。サウンドウェーブのイイ所を挙げようとすると、どうしても彼らの事が浮かんでしまうんだよ」

スタスク「もうコンドルだけで良くないか?」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:14:25.36 ID:sBh0E19I0

音波「オイ!アト一ツ残ッテイル筈ダ!ソレハドウナンダ!」

テレトラン1「アルニハアリマス。デモ、自慢デキルモノデハアリマセンヨ」

音波「言ッテミロ!」

テレトラン1「『ラジカセ形態ダト持チ運ビヤスイ』

音波「」

スタスク「あ、それ書いたの俺だ」

メガトロン(本当に自慢出来んな・・・)



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:19:06.64 ID:sBh0E19I0

コンボイ「では、次はスタースクリームだな」

スタスク「お、俺はパスしていいぜ!どうせ俺様の事だ、イイこと尽くしなのは目に見えてるからよ!」

メガトロン「まぁそう言うなスタースクリーム。皆がお前の事をどう思ってるかよーく思い知るチャンスだぞ?」ニヤニヤ

スタスク「いやぁ、そんな…」

テレトラン1「デハ、スタースクリームノ悪イトコ」

スタスク「ッ!」

テレトラン1「『愚カ者』」

スタスク「・・・本当にそれだけか、そいつ?」

テレトラン1「ソレダケデス」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:29:46.47 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「『大嘘ツキノコンコンチキ』、『デストロン軍ノ汚物』、『宇宙一ノウザメン』・・・」

スタスク「・・・」ピクピク

テレトラン1「『リーダーシップ5歳児以下』」

スタスク「ッッッ!!!何だとぉぉーーーッッ!!」

コンボイ「ほおっ!?」

IH「コンボイ司令官ッ!」

スタスク「デストロン軍のニューリーダーたる俺様がリーダー失格だぁ!?ふざけやがって!書いたのはテメエかぁ!」ジタバタ

コンボイ「ええい、離せ!」

メガトロン「やめんかこの愚か者が!」バキィ

スタスク「ぐはあっ!?」

メガトロン「こんな戯言でギャーギャー騒ぎおってみっともない!だから貴様はいつまで経ってもNO2なのだ!」

スタスク「お、お許し下さいメガトロン様・・・」

メガトロン「じきに貴様のいい所が読み上げられる!それまで我慢してろ!」

IH(いや、結果は見えているだろうに)







30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:35:17.35 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「スタースクリームノイイ所、『ナシ』、『ナシ』、『ナシ』・・・」

スタスク「うう、畜生・・・!」ギリギリ

テレトラン1「『意外ト有能』」

スタスク「なっ!?」

メガトロン「だから言ったろうが。こんな事もあろうかと、お前の慰め位は書いてやったのだよ」

スタスク「メ、メガトロン様ぁ~~!この御恩は絶対忘れません!!一生ついていきますうううううぅぅぅぅ~~~!!」ガシッ

メガトロン「うおっ!?こいつ!離さんか気色悪い!」

IH(何やってるんだこいつら・・・)



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:44:39.21 ID:sBh0E19I0

コンボイ「では最後はメガトロンだ。準備はいいな?」

メガトロン「ワシを誰だと思っておる?貴様らの浅知恵でワシの考えが変わる訳なかろうが!」

スタスク「そうだそうだ!さっさと読みな!」

テレトラン1「メガトロンノ悪イトコ、『傲慢』、『人ノ話ヲ聞カナイ』、『イチイチ不安定ナエネルギーニ目ヲツケル』、『鉄クズガオ似合イ』」

メガトロン「ふはは!そんな言葉ではビクともせんわ!」

テレトラン1「『元ハ土方』」

メガトロン「うぐっ!?」

コンボイ(お、意外と効いている・・・)



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:50:57.05 ID:sBh0E19I0

メガトロン「出自は関係無かろうが、出自は・・・!」

マイスター(結構気にしてるんだな・・・)

スタスク「クッソー!これはサウンドウェーブの仕業に違いありませんぜメガトロン様!俺はこの前聞いたんです!」

スタスク「『メガトロン様ハ白色ナノニ、ブルーカラー労働ニ従事シテイタノカ』って奴がいったのを!」

メガトロン「何だとサウンドウェーブ!」

音波「ゴ、誤解デスメガトロン様!ソレニ、スタースクリームモコレヲ聞イテ笑イ転ゲテイタデハナイカ!」

スタスク「馬鹿言え!メガトロン様の忠臣の俺がそんな事する訳ないだろ!」

スタスク「ヘーイカモーンテレトラン1!いいトコでメガトロン様をホットにしてやってくれェェーーーー!!」

テレトラン1「了解デス」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 22:54:23.35 ID:sBh0E19I0

テレトラン1「メガトロンノイイトコ、『ナシ』」

スタスク「イヤッ!」

テレトラン1「『ナシ』」

スタスク「カモッ!」

テレトラン1「『ナシ』」

スタスク「アオッ!」

テレトラン1「『ナシ』」

スタスク「ウェルカムッ!」

テレトラン1「アト一ツデス」

スタスク「最後のは俺が書いた奴ですぜ!よく聞いててくださいよ!」

メガトロン「そ、そうか」

テレトラン1「『ナシ』」

スタスク「トランスフォーム!」ギゴゴゴガ

スタスク「あばよ!」ゴオーッ



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 23:00:13.72 ID:sBh0E19I0

シィィィーーーーーーン

コンボイ「・・・」

マイスター「・・・」

IH「・・・」

メガトロン「・・・」

音波「・・・メガトロン様」

メガトロン「どうした」

音波「解析シテミタガ、『元ハ土方』ハスタースクリームガ書イタモノだ」

メガトロン「分かっておるわ!!あの裏切り者め、ワシの恩を反故にしおって!捕まえて宇宙に永久追放してくれるわ!」

コンボイ「おい待て!メガトロン!」

メガトロン「黙れコンボイ!貴様にも恨みはあるが、今はあの愚か者を片付けてからだ!スクラップになりたくなければ退いてろ!」

メガトロン「行くぞサウンドウェーブ!」ダッ

音波「ハイ!」ダッ



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 23:09:45.53 ID:sBh0E19I0

マイスター「あーあ、デストロンは全員飛んで行ってしまいましたよ。仲を深めるどころか、逆に対立が深まっしまいましたね」

IH「そもそもデストロンに友好を求める事が間違いだったんだ。ダイノボットに字を教える方がまだ簡単ってモンです」

コンボイ「いや、作戦は成功だ」

IH「えっ!?」

コンボイ「実はこの会議には2つ目的があったのだ」

コンボイ「1つ、私が言った通りデストロンとサイバトロンの親睦を深めること。初めは私も本気だったよ」

コンボイ「しかし準備段階で彼らにその意思が無いと分かってからは、2つ目の目的に切り替えたのさ」

マイスター「話し合いが駄目なら内乱を誘発させ、デストロンの結束を弱める。もっとも、私たちが何もしなくても結果は変わらなかったろうが」

IH「成る程、だからあんな事を平気で書いた・・・あ、何も書かなかったワケか」







36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 23:14:54.81 ID:sBh0E19I0

IH「しかしコンボイ司令官もロボットが悪い!そんな事なら私にも言ってくれれば良かったのに!」

マイスター「え?アイアンハイド、君は何も知らなかったのか?てっきり計画が漏れて私たちに合わせてくれていると思ったが」

コンボイ「ふふふ、アイアンハイドは何も言わずとも期待通りの働きをしてくれると予想したのさ」

IH「なっ!司令官の考えにまんまと乗ってしまったのか・・・しかし、こんな計画一体どうやって?」

コンボイ「実を言うと、シルバーボルトがエアーボット内でやっているのを拝借させてもらったのだ」

マイスター(だから「いい考え」が上手くいったのか…)

コンボイ「では!デストロン達の仲間割れを、高見の見物と洒落込むか!」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 23:20:44.59 ID:sBh0E19I0

正宗『その後、メガトロンによる反乱者の粛清が行われた』

正宗『スタースクリームも当初の勢いは何処へ行ったのか、すっかりNO.2の地位に戻ってしまった』

正宗『この時メガトロンに植え付けられた不信感がガルバトロン誕生に繋がる訳だが、それはまた別のお話しである』




おわり



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 23:23:16.40 ID:sBh0E19I0

ご愛読ありがとうございました。SSではボロクソに書いた音波ですが、アドベンチャーの2期で復活するとの噂を聞いたので活躍がとても楽しみです。
暇があればBW勢でも書きたいです。


元スレ
SS速報VIP:コンボイ「我らのイイトコ」メガトロン「悪いトコ」