SS速報VIP:ぐだ子「きゃっ、痴漢!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479008173/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 12:36:13.71 ID:02Qjq3nZo

ぐだ子(うー、間違えてサーヴァント専用車に乗っちゃったよー……)

ニュース『近頃、無理矢理魔力供給を迫り契約をするサーヴァントが増えていて……』

ぐだ子「怖いなぁ……」

さわさわ

ぐだ子(え、今、触られた!?)

清姫「……」

ブリュンヒルデ「……」

静謐「……」

頼光「……」

みたいな

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479008173




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 12:46:49.22 ID:02Qjq3nZo

ぐだ子(……勘違いかな?)

さわさわ

ぐだ子(!?勘違いじゃない、私触られてる!?)

さわさわ

ぐだ子「あ、あの、止めてください……」(小声)

清姫「……」

ブリュンヒルデ「……」

静謐「……」

頼光「……」

アタランテ「……」

さわさわ
さわさわ
さわさわ

ぐだ子(増えた!?)



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 13:01:03.26 ID:02Qjq3nZo

ぐだ子「ホントに、あんっ、やめ、声だしますよ!?」(小声)

ピタッ

ぐだ子(あ、止んだ……、よかった……)

ジャンヌ「あの、顔色悪いようですけど大丈夫ですか?」

ぐだ子「えっ、は、はい、大丈夫です」

ジャンヌ「そうですか、……此方の扉側に来て下さい」

ぐだ子「えっ?ありがとうございます……?」

清姫「……」チッ

ブリュンヒルデ「……」チッ

静謐「……」

頼光「……」チッ

アタランテ「……」チッ

メドゥーサ「……」チッ

ジャンヌ「もう大丈夫ですよ」(小声)

ぐだ子(あ、この人私が痴漢されてたのに気づいて扉側譲ってくれたんだ、それにほかの人から触られないように体を使って守ってくれてる……優しい人だなぁ)

ジャンヌ「…………」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 12:59:56.13 ID:5ileKOy4O

黒ひげ「…」コソコソ



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/13(日) 13:24:56.71 ID:02Qjq3nZo

>>7
ニュース『近頃、無理矢理魔力供給を迫り契約をするサーヴァントが増えていて……』

黒髭「乗るしかないこのビッグウェーブに!海賊だけに!」

サーヴァント専用車

フェルグス「……」

スパルタクス「……」

エイリーク「……」

黒髭「やべぇよ、やべぇ…」さわさわ



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/15(火) 20:54:31.69 ID:uIApcnMuo

ぐだ子「ありがとうございます、私この車両がサーヴァント専用車だってことうっかり忘れちゃってて……」

ジャンヌ「いえいえ、マスターには人理救済をしていただかねばならないのでこのぐらいは当然の助けですよ」

ぐだ子「……私、新人マスターなもので、サーヴァントもマシュちゃんしかいないんです、人理救済なんて私には……」

ジャンヌ「……マスターに優劣なんてありませんよ、必要なのは人類を救うという意思だけです」

ぐだ子「ジャンヌさんっ……、私っ、頑張ります、必ず人類を救って見ます、何でもしますっ!」

ジャンヌ「ん?今」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 22:19:48.77 ID:qTrVR8Fjo

ジャンヌ「なんでもするって言いましたね?」

ぐだ子「はいっ、んぅっ!?」

ぐだ子(えっ、キスされてるっ!?嘘っ、私始めてなのにっ)

ぐだ子「ぷはっ、ジャンヌさん、やめ、んんんっ!?」

ジャンヌ「暴れないで……、暴れないでくださいッ!」

ぐだ子(口あけたらもっと深いところに舌が、あっ、唇を、歯を、上顎気持ちいいとこ全部舐められて、とろけちゃうぅっ/////)

ジャンヌ「マスターが悪いんですよッ、私を召喚してくれないから!私自ら契約を迫らなくてはいけなくなったのですよ!」

ぐだ子(なっ、なんだってー!?)



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 23:00:56.71 ID:qTrVR8Fjo

そう!彼女達はガチャ排出率を絞られたせいでマスターに召喚されずに人理救済出来ないサーヴァントだったのだ!
そんな彼女達の唯一の契約の方法はマスターと魔力供給(意味深)するしかないのだ!

「さあ、マスター、まだまだ契約するサーヴァントはいますよ、頑張ってください♥」

みたいにぐだ子がレズ和姦される同人ください何でもしますから!







45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 23:32:57.21 ID:Qyg7k9a+o

ちょっとよく分からないから、もうちょっと詳しく書いてみようか



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 00:25:24.55 ID:NJU330wbo

ぐだ子「えへへ、ブーティカさーん」だきっ

ブーティカ「んー、どうしたのぐだ子ちゃん」

ぐだ子「今日はブーティカさんと一緒にゆっくりしてたいなーって思って」ぎゅー

ブーティカ「ぐだ子ちゃんは甘えん坊さんだなぁ、うん、今日はゆっくりしようか……、ゆっくり……」

ブーティカ「違う……ゆっくりなんてしてられない……ローマを殺さなきゃ……」ぐぐぐ……

ぐだ子「えっ、ブーティカさん、首に、手が、あっ、ぐ、え」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 00:33:53.94 ID:NJU330wbo

ブーティカ「殺さなきゃ……、殺さなきゃ……、ローマ、しね、しね」ぐぐぐっ……

ぐだ子「あ、あぁ、ぁ」

ブーティカ「しね、しね、しね、しねっ」

ぐだ子「令……呪……命……ず……正……気に……」

ブーティカ「し……ね……、……あれ、私、今、何、して、あ」

ぐだ子「かはっ、こひゅっ、ひゅー、ひゅー」

ブーティカ「あああ、ぐだ子ちゃん、ちが、違うの、私、あ、ごめんなさい……」

ブーティカ「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいっ」

ぐだ子「大丈夫、大丈夫だよ、ブーティカさん、私は大丈夫だから、ねっ」

ブーティカ「ごめんなさいっ、ごめんなさいっ、ごめんなさいっ」

ぐだ子「私はずっとそばにいるから、ね、だから大丈夫だよ、大丈夫……」

ローマ特攻バサカブーティカさんと首絞めプレイするぐだ子本ください何でもしますから!



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 00:38:17.54 ID:NJU330wbo

ぐだ子「うおあおお、令呪をもって命ずる、邪ンヌゥ、エロ漫画みたいな事させろォ!」

邪ンヌ「はぁ?馬鹿じゃないのあなた、私がそんな事するわけないじゃない」

ぐだ子「ぐぬぬ……」

邪ンヌ「それよりもはやく私のおっぱいに朝の挨拶しなさいよ」胸ぼろんっ

ぐだ子「や っ た ぜ 」

みたいな常識書き換えられた邪ンヌとレズセックスする同人ください何でもしますから!



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 00:43:15.19 ID:NJU330wbo

モードレッド「オギャア!オギャア!」バタバタ 

リリー「あれあれ、モードレッドちゃん、どうちまちたか~、オムツかな~?ミルクかな~?」よしよし 

モードレッド「オギャアー!」 

リリー「それとも甘えたいのですか~?」なでなで 

モードレッド「あぁ^~」ジョボボボボ

リリー「あ、モードレッドちゃんしーしーできましたねぇ」さわさわ 

モードレッド「バブバブー」 

リリー「えらいですねーモードレッドちゃん。ちゃんとオムツにしーしーできましたね~」なでなで 

モードレッド「バブ~バブ~」きゃっきゃ 

リリー「それじゃあオムツ替えましょうか?」にこっ 

モードレッド「あぁ^~」



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 00:51:27.70 ID:NJU330wbo

リリー「あんっ、モードレッドちゃん、そんなに吸ってもおちちはでませんよ~♪」ぎゅっ 

モードレッド「ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっっ、あぁ^~」でれでれ 

リリー「モードレッドちゃんはホントに甘えん坊さんでちゅね~♪」にこっ 

モードレッド(あぁ^~、リリーに甘えて赤ちゃんプレイするの最高なんじゃ~)

モードレッド(このバブみに・・・耐えられないぜっ!)パキパキパッキーン 

モードレッド「ばぶぅ~~っ」アヘェ 



アルトリア「モードレッド・・・、な、なにをしているのですか・・・?」

モードレッドとリリーのカプ本ください何でもしますから!


元スレ
SS速報VIP:ぐだ子「きゃっ、痴漢!?」