1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:40:49 ID:EK/.G9T6

キャラ崩壊あり



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:41:19 ID:EK/.G9T6

いつか母さんに言われた事がある。

『ミカサを守ってみせな』…と。

その言葉は俺の中で燻ぶり続け、気がつくと形を変えた。

…そう、歪んだ形になっていた。

まるで対極の形だった。



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:41:56 ID:EK/.G9T6

―――

昨日俺はミカサを誰にも使われなくなって久しい倉庫に呼びだした。

なんの疑いも警戒もしないミカサは俺が噛みつくようにキスをすると目を丸くした。

そのまま押し倒し、ぬるりと舌を絡ませても乱暴に服を開いてもその体に舌を這わせても目を丸くしたままだった。

仕上げと言わんばかりに下着に手をかけるとはじめて思い出したように小さな抵抗をした。

そう、本当に小さな抵抗だった。

弱々しく抵抗とも呼べないようなものだった。



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:42:26 ID:EK/.G9T6

『嫌だったらもっと抵抗しろよ。おまえなら簡単に出来るだろ?』

『家族にこんな事されて黙ったままでいいのかよ』

あまり覚えていないが、その場で思いつく限りの言葉でミカサを攻めた。

ミカサは悲しそうな顔をしていたがそのまま構わず犯した。

女にとって初めては痛いらしい。

ミカサは涙を流していた。



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:43:02 ID:EK/.G9T6

俺の下でなんの抵抗もせず受け入れているだけのミカサを見ていると…快感だった。

普段俺を守ると言うミカサがこの様だ。

俺のどうしようもない感情がが少し薄くなっていくような気がした。

俺に逆らうな。

俺に服従しろ。

俺に守られていろ。

不思議と罪悪感はなかった。



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:43:32 ID:EK/.G9T6

「おはよう」

「ん、おはよう」

眠い目を擦りながらアルミンと挨拶を交わした。

「今日の座学、僕楽しみなんだ」

「立体機動のテストがもうそろそろだね」

「今日の朝食は味が濃かったらいいな」

などと他愛のない話をしていた。

俺も適当に相槌を打つ。

「あ、ミカサ!おはよう」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:44:07 ID:EK/.G9T6

食堂に着くとミカサが座っていた。

俺の心臓が少しだけ跳ねる。

昨日の今日でミカサはどんな態度をとるんだろうか。

気まずい顔をするのか。軽蔑の眼差しを向けるのか。

少しだけわくわくした。



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:44:39 ID:EK/.G9T6

「おはようアルミン。エレン」

ミカサはいつも通りだった。

俺はミカサの隣に、アルミンは俺の正面に座った。

「二人の分もトレーをもらってきた」

「ありがとう」

「…おう」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:45:16 ID:EK/.G9T6

訓練生活にも慣れてきてそれぞれ気心の知れたグループが出来上がっている。

食事中はそんなグループが固まる事が多いのでざわざわと賑やかになる。

俺たちもそんな『グループ』の一つだ。

今日はアルミンがよくしゃべっている。

アルミンは自分の持つ知識を聞かせるのが好きで一度話しだすと中々止まらない。

俺はそんなアルミンの話をよく聞き流す。

アルミンも多分承知している。



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:45:46 ID:EK/.G9T6

俺は気付かれない程度にミカサを見る。

ミカサはアルミンの話を黙って聞いていた。

普段は俺と同じでミカサもアルミンの話を聞いたり聞き流したりしている。

それが今日は真剣に集中して話を聞いている。

…まるで隣にいる誰かを避けるように。



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:46:19 ID:EK/.G9T6

ああ、やっぱ昨日の事気にしてるんだな。

それに気付くと微笑んでしまう。

…自分でもわかるくらい邪悪な笑みだった。


―カンカンカン…

食事の終わりを告げる鐘が鳴る。



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:47:08 ID:EK/.G9T6

「今日は僕がトレーを片づけておくよ」

そう言ってアルミンが俺達から離れた。


「ミカサ」

名前を呼ぶとミカサの肩がビクリと震えた。

「…何?」

それを誤魔化すように平静を装っている。

からかうようにミカサの耳元に唇を寄せ囁く。



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:47:50 ID:EK/.G9T6

「昨日は痛かったか?それとも気持ちよかったか?」

ミカサは耳までカァっとなった。

スカートをギュッと握っている。

ああ、俺はこういうミカサを見たいんだ。


―ミカサを辱めたいんだ。


なんて感情を抱いてしまったんだ。

俺は『家族』失格だ。



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:48:25 ID:EK/.G9T6

「どうしたの?」

戻ってきたアルミンがいつもと違う俺達の様子をみて怪訝な顔をした。

「なんでもないぞ。なあミカサ?」

「ええ…なんでもない…」

昨日の出来事をアルミンは知る由もなかった。



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:48:56 ID:EK/.G9T6

―――


いつからミカサに対する気持ちは歪んでしまったのか。


俺の中で今でも鮮明に思い出すのは家族を失い、これからどこに行けばいいのかわからず虚ろな目をしているミカサだ。

マフラーを巻いてやると暖かいと言って喜んでいた。

それが俺にとっても嬉しかった。

こいつを守ってやりたいと思った。

家族として…男として。

いつも俺の後を着いてくるミカサを愛しいと思った。



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:49:33 ID:EK/.G9T6

そんなある日、近所の悪ガキに囲まれた時に知った。

ミカサは強い。

俺よりも強い。

気がつくと俺はミカサに助けられ、守られる事が多くなっていた。

ミカサは俺の敵わない相手を易々となぎ倒していく。

傷だらけになった俺に手を差し伸べる。

大丈夫か、と俺の心配をする。

…ひどく惨めな気持ちになった。



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:50:04 ID:EK/.G9T6

「一度死んだ私を再び生き返らせた恩を忘れない」

ミカサはそう言った。

何が恩だ。

俺はただ有害な獣の駆除とミカサにマフラーを巻いただけだ。

ミカサが言うような「恩」などという大層なものに覚えがない。

そんなどうでもいい事で俺を守ろうとする。

さらに惨めな気持ちになった。



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:50:52 ID:EK/.G9T6

もうひとつ、ミカサと俺を繋ぐ『家族』と言う言葉。

それはミカサを縛っているのだろう。

出会った時、ついこの間。

二度も目の前で失ったから余計に執着する。

俺は最近この『家族』と言う言葉が邪魔で仕方がない。

イライラしてしまう。



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:51:23 ID:EK/.G9T6

そんな事を考えながら昨日と同じようにミカサを倉庫に呼びだした。

昨日と少し違うのは、ミカサは警戒していた。

怯えていたのかもしれない。

まぁ当たり前か。

なんだか微笑ましい気分だ。

俺が一歩近づくとミカサは一歩下がる。

それを何度か繰り返す。



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:51:58 ID:EK/.G9T6

「あ…」

壁に追い詰められたミカサは小さな驚きの声を上げた。

一歩追い詰め、一歩下がるといつか壁にぶつかる。

そんな簡単な事に気がつかなかったみたいだ。

そして昨日と同じように噛みつくようにキスをした。

口内を蹂躙する。

ミカサに逃げ場はなかった。

息が苦しいのか時々くぐもった声を上げた。

…今日もミカサを犯した。



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 00:52:57 ID:EK/.G9T6

一般的に肌を重ねるという事は愛し合った男女が行きつく行為である。

所謂セックス。

そう言う事に興味があるお年頃ってやつで深夜に度々その言葉が飛び交ったりもする。

縁のない言葉だと思っていた。

いや、今も縁はないのかもしれない。

だって『愛し合う男女』がする行為なら俺たちは違う。

『家族』なのだから。

男が女に同意なく強いる…

これはセックスではなく、俺の一方的な…強姦だ。



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:53:21 ID:EK/.G9T6

―――

今日の立体機動の訓練、やはりミカサは誰も寄せ付けないほどの差を見せつけた。

「歴代の中でも逸材」らしい。

まぁ見てればわかる。

他の訓練兵はミカサを遠い存在と思っている者、疎ましいと思っている者大体この2種類に分けられていると思う。

もちろんそれ以外もあるが。

俺はどちらかと言うと後者寄りだ。

でも…。

ミカサの背中を見つめていた。

ガスを吹かす音が遠くに感じる。



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:54:28 ID:EK/.G9T6

「エレン!…よかった…」

目を覚ますと天井が目に入った。

あれ?俺は寝ていたのか…?

ミカサが心配そうな顔をして覗き込んでいた。

「あれ…なんで…ここは…」

「医務室だよ」

そう言ったのはアルミンだ。

ミカサの一歩後ろに立っていた。

体を起こそうとすると頭がズキッと痛んだ。



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:55:04 ID:EK/.G9T6

「…痛っ」

「まだ起き上らない方がいい」

ミカサが俺の体を軽く押さえつけた。

「そうだよ、エレンは訓練の途中で頭をぶつけて…」

あー…そう言えばそんな感じだった気がした。

アルミンがその時の状況を丁寧に説明してくれる。



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:55:35 ID:EK/.G9T6

ミカサを追い抜こうとして自分の力量以上のスピードを出し…この結果であると言う事。

それだけの話だ。

「あまり無茶しない方がいい。私はエレンが心配」

その言葉にカッなる。

おまえにだけはそんな事言われたくない!

俺は押さえつけていたミカサの手を乱暴に振り払った。

その衝撃でまた頭が痛んだ。



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:56:17 ID:EK/.G9T6

「ミカサ、とりあえず先に訓練に戻って。僕も後から行くから…」

アルミンが俺からミカサを庇うように言う。

「…わかった」

それだけ言うとミカサは医務室を出た。

足音が遠ざかる。


「エレン」

う…きた…

アルミンが腕を組んで俺を見下ろしている。

そして深いため息をつく。



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:57:13 ID:EK/.G9T6

「どうしてそうミカサに対してぶっきら棒な態度をとるの?」

「確かにミカサもエレンの心情を読みとれてないところはあるけど…」

俺の心情も察しているらしい。

「それでも純粋に君の心配をしているのにあの態度はないんじゃないか?」

その上でさらに俺を責め立てた。

「もう少しだけミカサに優しくしてあげたら?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:57:48 ID:EK/.G9T6

手を乱暴に振り払った時のミカサの顔を思い出す。

何とも言えない悲しそうな顔をしていた。

…はじめて犯した時よりも。

あの時、罪悪感は感じなかった。

でも今は少しだけ胸が痛む気がした。



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:58:20 ID:EK/.G9T6

「ミカサの事好きなんだろ?」

「好きだよ」

そう言うとアルミンが面くらった顔になる。

少し顔を赤らめながらまごまごしていた。

「そんなきっぱり言うとは思わなかった…」

「? どうしてだよ?」

「だってミカサ本人には言わないだろうから…」

「当然だろ」

フッ笑うアルミン。

「そうだね。とりあえず僕も訓練に戻るよ。また来る」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 13:58:51 ID:EK/.G9T6

そう言ってアルミンはドアを閉めた。

「そうそう」

と思ったらもう一度ドアを開ける。

「ミカサに言ってあげた方がいい」

「絶対に嫌だ」

「今じゃなくてもいつか…ね」

アルミンは手を軽く左右に振り今度こそ訓練に戻った。



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:09:56 ID:crpnG8Ks

―――

今日の訓練が終わり、各々自由に過ごしていた。

汗を拭う者や水分を補給する者、大の字に寝転がる者。

俺は今日の訓練に参加する事ができなかった。

まだ頭が少し痛む。

「あ、エレン!もう大丈夫なの?」

俺に気がつきアルミンが駆け寄ってきた。



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:10:29 ID:crpnG8Ks

「もう平気だ。心配掛けて悪かったな」

「そうか。よかった」

アルミンがほっと胸を撫で下ろした。

「エレーン!今日の夕食を食べれませんよね!私がもらってあげます!」

「おいふざんけんな。じゃんけんに決まってるだろ!」

いつの間にかサシャとコニーが絡んできた。



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:11:39 ID:crpnG8Ks

「いや、自分で食うぞ」

「えー!!!期待してたのに…!!!」

「食い意地張りすぎだろ」

「食欲旺盛と言ってください。コニーだって期待してた癖に…」

「食い意地張ると食欲旺盛ってどう違うんだ?」

「食欲旺盛は食欲があり、たくさん食べること。食い意地を張るはあまりよくない意味で使うね」

「おう!やっぱアルミンは頭がいいな!」

くだらない話で盛り上がっていた。



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:12:46 ID:crpnG8Ks

ふと、真っ先に駆け寄って来そうな奴が居ない事に気付いた。

「そういえばミカサは?」

「さっきまでいましたけど…」

「ジャンと話してたよ」

「…そうか」

なぜか少し動揺してしまう。

それを隠すため必要以上に冷静を装った。



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:13:30 ID:crpnG8Ks

そんな俺をアルミンが意地の悪い顔で見ていた。

いや…おもしろがっているような…

そっと耳打ちをされる。

「嫌われちゃったのかもね」

医務室でミカサの手を乱暴に振り払った事を思い浮かべる。

「清々するよ」

俺の一言にアルミンは医務室に居た時と同じような深いため息をついた。



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:14:20 ID:crpnG8Ks

「悪ぃな」

「別に構わない」


その時ジャンとミカサの声が聞えた。

俺の視線に気付き、ミカサが駆け寄ってきた。

「エレン!もう大丈夫なの?」

アルミンと動作が同じだった。

「ああ。もう平気だ」

ミカサが手を握ってくる。

「よかった」

ホッしたような表情だ。

なんだか無性に腹が立つ。



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:14:58 ID:crpnG8Ks

「離せよ」

俺はまたミカサの手を乱暴に振り払ってしまう。

「あ…ごめんなさい」

…ああ、またやっちまった。

見なくてもわかる。

アルミンが俺を非難する視線を投げかけてる事を。

「なんかエレン、機嫌が悪いですよね。さっきまで普通だと思いましたが」

「うーん…今日の訓練に参加できなくてイライラしてるんじゃないか?」

「なるほど。さすが訓練馬鹿ですね」

サシャとコニーがコソコソと話していた。

聞えてるぞ。



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:15:57 ID:crpnG8Ks

すごくモヤモヤしている。

俺の所に真っ先に駆け寄らずジャンと話していたミカサを見た時から。

胸の奥がドロドロするような。

おまえはそうじゃないだろって言いたい。

でも言ってはならない。


「そろそろ戻らないと夕食食べ損ねますよ」

「そうだね。行こう」

みんなが歩きだした。



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 00:16:47 ID:crpnG8Ks

「おい」

みんなと少し距離が出来た時俺はミカサの腕を乱暴に掴み引き寄せた。

ミカサは俺の思いがけない行動に少しよろけた。

耳元でささやく。

「今日の夜、倉庫に来い」

目を見開いたミカサが何か言いたげだったが黙って頷いた。

…そうだ。モヤモヤは吐きだせばいいんだ。



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:32:57 ID:Ds5t7r3o

―――

薄暗い倉庫の片隅。

ミカサは俺が出し入れするたびに熱い吐息を吐いた。

声をだせばいいのに…

いや、声を出させてやる。

そう思いながらより激しく動いた。

ミカサは自分のマフラーを噛んで耐える。

そして顔の上で腕をクロスさせその表情を隠した。



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:33:30 ID:Ds5t7r3o

その行動が気に入らなかった。

「おい、顔を隠すなよ」

そういって無理矢理閉ざされた腕を開こうとした。

ミカサは『いやいや』と首を振る。

そんな事をされると意地でもその表情を暴いてやりたい。

いつになく興奮しているのが自分でもわかった。



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:34:06 ID:Ds5t7r3o

「あ…」

一瞬の隙をついてミカサの腕を地面に押さえつけた。

俺に暴かれたミカサの顔は―…

涙がとめどなく溢れて出しグシャグシャになっていた。

「なんで泣いてんだよ」

「…ごめんなさい」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:34:48 ID:Ds5t7r3o

俺の問いにミカサは答えになってない答えを言う。

その後俺が何を言ってもミカサは「ごめんなさい」としか言わなかった。

事が終わるまでずっと言い続けた。

そんなに俺にされるのが嫌なのかよ。

別におまえに嫌われたっていい。

無茶苦茶にしてやる。

俺はこのモヤモヤした何かを吐き出したかっただけなんだから。



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:35:20 ID:Ds5t7r3o

日が昇り起床の時間がやってきた。

俺は少し寝過したらしくアルミンの姿はもうなかった。

…今日に限ってなんで起こしてくれねーんだよ!

などと的外れな悪態を心の中でついた。

急いで食堂に向かう。



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:35:58 ID:Ds5t7r3o

「あれ、マフラーどうしたの?」

アルミンが開口一番に問いかけているのが聞こえた。

ミカサのトレードマークであるマフラーがなかったのだ。

「少し汚してしまったので洗濯して干している」

…昨日の行為を思い出す。

ミカサは自らの唾液でマフラーを汚したのだ。



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:36:28 ID:Ds5t7r3o

あの後の話である。

時間は深夜。

この時間に一人にさせたくなかったのでミカサを見守る事にした。


(なんで俺はミカサを一人にさせたくなかったんだ?)


いつかの訓練で空を舞ったライナーを思い出す。

ライナーが空を舞った原因は目の前にいるミカサだった。

自分より体格のいい男でも投げ飛ばせる事ができる。

ミカサは何があっても一人で切り抜ける事ができるだろう。

俺がいなくても何も困らない。


(俺はミカサに何を求めているんだろうか)



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:37:02 ID:Ds5t7r3o

「エレン、おはよう」

「うわっ!いきなり話しかけるなよ!」

「?」

物思いにふけっているとその対象であるミカサの顔が目の前に飛び込んできた。

心臓に悪い。

「おはようエレン。今日は気持ち良さそうに寝てたから起こさなかったよ」

すごーくいい笑顔でそんな事を言われる。

…最近のアルミンは俺に対して意地悪だ。



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:37:32 ID:Ds5t7r3o

「僕とエレンがトレーを持ってくるからミカサは席の確保をお願い」

「え?」

「わかった」

ミカサは徐々に人が増えつつある食堂の席の確保に向かった。

俺はよくわからないままアルミンに引きづられていく。

ざわざわと人の声が増えていった。



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:38:07 ID:Ds5t7r3o

ミカサから距離をとり俺は壁際に投げ出される。

「で…」

アルミンは小声でささやく。

「ミカサの目が少し腫れていたけど…原因は何?」

怒気を含んだ声だった。

昨日の今日でこれだと俺が泣かせたと思うよな。

…実際そうなんだろうけど。



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:38:39 ID:Ds5t7r3o

実のところミカサがなぜ泣いたのかよくわかっていないのだ。

行為の最中快楽により涙が―…などと言う話を聞いた事はあった。

が、そんな風には見えなかった。

あの時は俺にされるのが嫌だったのかと思って聞いてみたがミカサは「違う」と首を振った。

どうして泣いたんだよと聞くとやはり「ごめんなさい」としか言わなかった。

モヤモヤを吐き出すためだったのにさらにモヤモヤしてしまうとは本末転倒だ。



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:39:10 ID:Ds5t7r3o

「聞いてるのエレン?」

ハッと、今アルミンと話していた事を思い出す。

「さぁな。ミカサが俺の事嫌いになったんじゃねーの?」

興味ないように振る舞う。

「本当に君は意地っ張りだ。…尊敬するよ」

アルミンは呆れたとため息をつく。



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:39:44 ID:Ds5t7r3o

多分ミカサは俺の事が嫌いになっただろう。

相手の都合で犯されるなんて許しがたい事だ。

それでも今普通に振る舞うのは俺がミカサにとって最後の『家族』だからだ。

…本当に哀れな奴だ。



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:01:29 ID:Z/xOQTkM

―――

「こっちの皮むいてー」

「この鍋は誰が担当なの?」

「サボってんじゃねーよ!」

「ちょっと火が弱まってる!」

調理場に威勢のいい声が飛び交っている。

今日の夕食の当番は俺達104期だ。



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:02:06 ID:Z/xOQTkM

みんなが慌ただしく動く中俺はイスに座り込みひたすらジャガイモの皮をむいていた。

俺は昔からジャガイモの皮をむくのだけはうまかった。

母さんのお墨付きだった。

これだけはなんでも出来るミカサよりもうまいと密かに自信を持っていたりする。

…まぁ誰が見ているわけでもないし、だからなんだって話だけど。



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:02:59 ID:Z/xOQTkM

「エレンってジャガイモの皮むきうまいね」

声をかけてきたのはクリスタだった。

「私あんまりうまく皮がむけないの」

ほら、と不器用なむきかけのジャガイモを見せてくる。

「確かにうまくないな。皮が分厚い」

「だよね」

などと談笑する。



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:03:46 ID:Z/xOQTkM

誰にも気付かれていなかった密かな特技。

それに気付いてもらえたのが少しだけ嬉しかった。

「そこをむく時こうすれば綺麗にむけるぞ」

「あ、本当だ。すごい!」

つい調子に乗ってジャガイモの皮むきの指導などをしてしまう。

こういう風に誰かに教えることなどあまりないので新鮮だった。



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:04:31 ID:Z/xOQTkM

「エレン、洗ってきたからこれもお願い」

ドンと、突然目の前に大量のジャガイモが置かれた。

上を見上げると声の主はミカサだった。

「おいおい、まだこんなにあるのかよ…」

ため息をつく。


「ん?まだ何か用か?」

ミカサはまだ物言いたげに俺をジーっと見つめていた。



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:05:15 ID:Z/xOQTkM

「…………」

「なんだよ」

「…………なんでもない」

そう言ってミカサはプイっと踵を返した。

「だからなんなんだよ…」

わけがわからねぇ。

なんだその態度。



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:05:57 ID:Z/xOQTkM

「エレン、エレン」

小声でクリスタが話しかけてくる。

「だめだよ。今のは。ミカサは変な勘違いしたかもしれないよ!」

「勘違い?」

俺はクリスタにジャガイモの皮のむき方を教えていただけだ。

何を勘違いするんだ?



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:06:44 ID:Z/xOQTkM

「そうだよ。だから後でミカサに声をかけてあげてね」

「声をかけるって何を言えばいいんだ?」

「なんでもいいからミカサが喜びそうな事…とかかな?」

「なんで?」

「なんでって…はぁー…」

クリスタがため息をつく。

なんとなくいつかのアルミンもこんな感じだった。

「エレンは乙女心って物がわかってない」

乙女心も何も…

そんなものがミカサにあるのか?



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:07:17 ID:Z/xOQTkM

「もういいよ。とりあえずここは私がやっておくからミカサを追いかけてきて」

「いや、だって早くこれをむかないとまずいd「いいから早く」

クリスタの謎の迫力に押されて俺はミカサの後を追った。

背中越しにユミルがクリスタの頭に軽いげん骨を食らわせていたのが聞える。

「ったくこのお節介が…」

ユミルがクリスタを罵倒していた。

割といつもの光景である。



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:07:50 ID:Z/xOQTkM


「あ、おいミカサ」

「!」

俺の呼ぶ声にミカサは振り向いた。

ミカサは井戸で汲んだ水を運んでいるところだった。

「あー…えーと…」

何を言えばいいんだろう。

ミカサの喜びそうな事?

…そもそもなんでそんな事言わなきゃいけないんだ?



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:08:29 ID:Z/xOQTkM

「…ク、クリスタと皮むきしてるんじゃなかったの?」

そんな俺が考えてる様子を無視してミカサが口を開く。

「そうだ。なんかクリスタがおまえを追いかけろって」

「………そう。別に何もないから早く戻った方がいい。クリスタが一人だとあの量は大変」

ミカサはふくれっ面で視線を落としていた。

「クリスタの手伝いはユミルがしてるんじゃないか?…水を運ぶの手伝ってやるよ」

ほら貸せ、と手を伸ばしたがミカサは拒んだ。



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:09:17 ID:Z/xOQTkM

「一人でできるから大丈夫」

「いいから貸せって。手伝ってやるから」

「エレンより私の方が力がある。ので、エレンはクリスタとジャガイモの皮むきをしてればいい」

ミカサは俺に背を向ける。

怒っているのか?

せっかく追いかけてきたのになんなんだよこれ。

無性に腹が立つ。



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:10:19 ID:Z/xOQTkM

「わかったよ!もういい!」

チラリと様子を伺うがミカサは無言で背を向けたままだ。

「とりあえず、夜に倉庫に来いよ」

倉庫でのミカサはなんだかんだで従順である。

言う事を聞かせるのなら倉庫で…すればいい。



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:11:30 ID:Z/xOQTkM

「…………………行かない」

少し無言の後そう言ってミカサは駆け出した。

俺はそれをポカンとした間抜けな顔で見送った。

…拒絶されたのは初めてだった。



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:48:57 ID:S3nEUBio

―――

ちくしょう…モヤモヤする。

最近ずっとこうだ。

その原因を思い浮べる。


『…………………行かない』


そう言ったミカサの言葉が頭から離れない。



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:49:31 ID:S3nEUBio

今までは頼んでいなくても俺についてきた。

母のように、姉のように、そして俺に従順だった。

それが気に入らなかった。

いつでも嫌なら俺の手を振り払えばいい。

見限って捨ててしまえばいいって思っていた。

だが、ミカサのはじめての拒絶の言葉は思った以上に大きなダメージを俺に与えた。



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:50:04 ID:S3nEUBio

「おいイェーガ―集中しろ!巨人の餌になるのか!?」

教官の声にハッとなった。

馬に乗った教官に高い位置から見下ろされている。

今は兵站行進の訓練である。

重い装備に少しよろけながらがむしゃらに走った。



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:50:42 ID:S3nEUBio

―おい、大丈夫か。

しばらくすると俺の少し後方からライナーの声が聞えた。

振り向くとミカサが転倒していた。

…珍しい光景である。

俺の心臓がドクンとなった。



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:51:23 ID:S3nEUBio

「少し木の根に躓いただけ。平気」

ミカサはすぐに起き上がった。

「びっくりした…ミカサが転ぶとか珍しいね」

近くにいるアルミンが心配そうな声を上げる。


「アッカーマン、大丈夫か」

教官がミカサの傍にやってきた。

普段遅れている者はそのまま放っておかれるが、珍しい光景に思わず声をかけてしまったらしい。

「大丈夫です」

ミカサは心臓を捧げるポーズをとった。

「ならいい」

そう言うと教官は再び馬を走らせた。



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:52:03 ID:S3nEUBio

「本当に大丈夫か?」

「平気」

ライナーの問いに短く答えるミカサ。

するとライナーは立っているミカサの足首を軽く蹴った。

同時にアルミンは少しだけ驚いた顔をした。

「っ…!」

ミカサはあからさまに顔を顰めた。

ライナーは痛みを感じるほど強く蹴っていない。



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:52:52 ID:S3nEUBio

「足首を捻ってるね。これは」

アルミンがミカサの様子をしげしげと見ながら言う。

ライナーは『やっぱりな』と言いたげな顔をしていた。

「後少しの距離だから大丈夫。ライナー、アルミン、ありがとう」

そう言って一歩踏み出したミカサだったが接地の軽い衝撃でまた顔を顰めた。

「思ったより重症だな。仕方がない。俺が背負ってやる」

そう言って装備を外し両腕を背中側へ広げ跪いた。

「迷惑をかけたくない…」

「遠慮するな。人外のミカサとはいえ一応女の子だし役得だ」

ニッとライナーは笑う。

…俺自身もだが、改めてライナーが仲間から信頼を得ている理由がわかった気がした。



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:53:34 ID:S3nEUBio

「もう少しの距離だし、なんとかなるから…」

まだミカサは渋る。

「いいから乗れよ」

「大丈夫、歩ける」

そんな鬱陶しいやりとりがしばらく続いた。

あーもう…



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:54:04 ID:S3nEUBio

「おい、ミカサ」

俺はぶっきら棒に名前を呼んだ。

「エレン!?」

「エレン、いたんだ」

俺が見ていた事に気付かなかったらしくミカサは驚いた。

「せっかくのライナーの厚意だ。素直に甘えればいいだろ」

「でも…」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:54:50 ID:S3nEUBio

俺はガシガシと頭を掻いた。

装備を外し、地面に投げ捨てる。

ミカサの腕を掴みそのまま背負った。

何が起こったかわからずミカサは驚いて目を丸くした。

アルミンが茶化すような目で見ていたのが少し気に入らなかった。

…ついでにライナーも同じ目で見ていた。



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:55:29 ID:S3nEUBio

「家族なら遠慮いらないだろ」

「……!」


後で投げ捨てた装備を回収しに来よう。

ケガ人を運ぶのなら別に構わないだろう。

多分。

「仕方ない、俺がエレンとミカサの装備を運ぶか」

「ぼ、僕も片方持つ!」

「いや、無理だろ…」

「無理じゃない…!」

アルミンはそう言ってライナーの手から片方装備を奪った。

…後で二人に礼を言っておかないとな。



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:56:09 ID:S3nEUBio

「走りにくいからしっかり掴まってろ」

ミカサがギュッと首に腕をまわす。

「……エレン…ごめんなさい…」

俺は最近その言葉が嫌いだ。

聞きたくない。

「おまえは装備よりずっと重いからいい訓練になるよ」

「……うん…」

「後、こういう時は『ありがとう』にしてくれ」

「……うん…ありがとう」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:56:40 ID:S3nEUBio

しばらく風を切って走っていた。

俺の息遣いが、心臓の音が、やけに響いてる気がした。

…この沈黙がなんとなく嫌だった。

「…なんでこの間倉庫に来なかったんだよ」

ミカサの体がビクっと反応した。

体が密着しているせいかダイレクトに伝わる。

「女の子には…色々あって…」

「どこでそんな言葉覚えたんだよ」



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:57:22 ID:S3nEUBio

「…今度私にジャガイモの皮むきを教えてくれたら…理由を言う…かもしれない…」

「『かも』…かよ。ていうかおまえジャガイモの皮くらい自分でちゃんと剥けるだろ」

「エレンのように上手に剥けるようになりたい」

「これ以上うまくなってどうするんだよ」

「………教えてくれないの?」

「…わかったよ」

そう言うとミカサが少し笑った。顔は見えないけど。



111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/12(木) 23:58:03 ID:S3nEUBio



「私だって昔からエレンがジャガイモの皮むきが得意なのは知っていた」


その言葉がどういう意味を持つのかわからない。

聞えなかったふりをした。

…なぜだかわからないが顔がやけに火照っている気がした。



125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:13:15 ID:cxpMdavI

―――



最近まともにミカサの顔が見れなくなった。

おかしい。

心臓が大きく音を立てる。

顔が火照る。

病気なんじゃないかこれ…



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:13:49 ID:cxpMdavI

「エレン、どうしたの?」

ミカサが顔を覗き込んでくる。

「なんでもない」

俺はミカサの頬を掴みその表情が見えないように無理矢理背けさせた。

「? エレン何?」

ミカサは困惑した顔をしているだろう。

一番困惑してるのは俺だけど。



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:14:23 ID:cxpMdavI

「アルミン、これはなんだと思う?」

就寝前の寮のベッドの上。

そんな最近の自分の状態をアルミンに話してみた。

心臓の音が大きくなる事、顔が火照る事、ミカサの顔が見れない事。

アルミンは頭がいい。

きっとすぐに答えを出してくれるだろう。

「え…?ん…?本気で言ってるのエレン…」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:14:56 ID:cxpMdavI

「なんだその反応…」

「いや…ちょっと前の会話を思い出してて…」

「?」

「答えは自分で言ってるじゃないか」

「??」

「エレンはミカサの事が好きって事」

「いや、好きだけど…」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:15:29 ID:cxpMdavI

アルミンが呆気にとられた顔をしている。

変な事言ったか俺…

「僕が言いたいのはエレンはミカサが好き。恋愛対象。ラブ。愛してる。 …って事。わかる?」

アルミンはまるで幼い子どもに接するように言う。

失礼な奴だ。

…って…

「…好き。恋愛対象。ラブ。俺がミカサを愛してる?」

言われた言葉を反芻する。

「そうだよ!」



130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:15:59 ID:cxpMdavI

アルミンは拳を握り締め力説する。

俺はしばらく茫然とした。

「エレン…?」

アルミンは心配そうに俺の様子を伺う。

「はっ! いや…俺がミカサに恋愛感情を持っている…」

自分の事なのにまるで他人事のようだ。

意味がわからない。



131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:16:44 ID:cxpMdavI

「以前『好き』って言ってた事覚えてる?」

「いや、好きだよ。でも恋とか愛とか…考えた事なかった…」

あー…だから素直に言っちゃったんだね。とアルミンは自分で納得するように言っている。

「アルミンは恋した事あるのか?」

「えっ」

「参考に聞かせてくれよ。どうしたらいいんだこれ…」

「えっ」

「なぁ、教えてくれよ」



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:17:15 ID:cxpMdavI

アルミンは俺から視線を逸らす。

「ない」

「え」

「偉そうに言ったけど僕は誰かに恋した事は…ない…ごめん…」

「そうなのか…」

「所詮本で得た知識だよ…だから、エレンは自分で確かめた方がいいと思う」

「いや、無理だろ」

今まで自分がミカサにしてきた事を思いだす。

今更どの面下げて『愛の告白』をするんだよ。



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:18:12 ID:cxpMdavI

「どうするか決めるのはエレンだからね。僕は何も言わない」

「少し羨ましいな。僕も誰かを好きになって悩みを相談してみたい」

「こんな感情邪魔なだけだぞ」

「…それでも」

アルミンが少し微笑んだ。



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:18:42 ID:cxpMdavI

その時二段ベッドの下から急に歓声が聞えた。

話の中心にいるのはフランツのようだ。

「ええーおまえハンナと付き合ってんのかよ」

「マジか!そういえば最近よく一緒にいたな!」



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:19:16 ID:cxpMdavI

「黙ってたけど付き合い始めてから結構たつんだ」

「マジかよー羨ましい!」

「よかったじゃねーか」

「俺も彼女ほしい…」

「密かに狙ってたのに…許せん…」

「ははは」

フランツを中心に同期達の祝福と怨嗟の声で盛り上がっている。



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:20:01 ID:cxpMdavI

「で、だ。どこまでいったんだ?」

「え!言わないよ!?」

「Aか?Bか?それともCか?」

「ハンナって結構スタイルいいよなー」

「もうヤッちゃったのか!?」

気がつけば耳を塞ぎたくなるような下世話な話に移行していた。

…俺達はそういうお年頃なのだ。

「だから言わないって!」

「これは…フランツはもう…」

「くそーマジかー…大人の階段登っちゃったのかー」

「裏切り者め」

「な…何も言ってないだろ!」

焦った様子でフランツが弁明しようとする。



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:20:34 ID:cxpMdavI

「ハンナは非処女かー」

「はっきり言うなよ」

フランツは色々諦めて話題から少しづつ遠ざかろうとしている。

周りはそんな様子にもお構いなしだ。

「この104期で他に非処女はいるのかなー」

「あいつは?○○。あいつなんか非処女っぽい雰囲気」

「わかる」

「××は?なんか大人しそうな顔して…とか」



138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:21:07 ID:cxpMdavI

気がつけば話題が同期の女子に移っていた。

…女子に聞かれて殴り殺されても文句は言えないな。

「なんか下世話な話してるね」

「喋らせとけばいいんじゃないか?それよりもう寝ようぜ」

俺は掛け布団に手をかける。



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:22:02 ID:cxpMdavI

「ミカサはどうなんだろう?」

ピクッとあからさまに反応してしまった。

「あいつ…顔はかわいいけどなんていうか、人間じゃないよな…」

「まったく想像できねぇ」

「かわいいけど俺はパス」

「おまえが相手にされるわけないだろ」

少しの無言の後、気がつけば俺は注目されていた。



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:22:35 ID:cxpMdavI

「エレンがいるからな」

「おいエレン、ミカサはどうなんだよ?あいつが非処女か処女か」

「明日のパン賭けようぜ!」

「じゃあ俺は処女!」

「俺も俺もー」

ゲラゲラと下品に笑っている。

めんどくさいのに絡まれたな…



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:23:09 ID:cxpMdavI

「どっちなんだよ。家族なら知ってんだろそれくらい」

「そうそう、いつもべったりくっついてまちゅからねー」

「うらやましいなー」



「あいつは非処女だよ」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/31(火) 04:23:47 ID:cxpMdavI

そう言うと部屋が静まり返った。

…雑音が消えてよく眠れそうだ。

隣のアルミンを見ると目が点になっていた。



「おやすみ」

そういうと俺は布団をかぶって目を閉じた。



151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:36:00 ID:lPEaIt.c

―――


朝の食堂。

俺の目の前にパンが積まれていた。

『明日のパン賭けようぜ!』

昨日のやりとりを思い出す。

…なんでそんなに素直なのか。



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:36:34 ID:lPEaIt.c

「パンがいっぱいになったね…サシャがこっちをチラチラ見てるよ」

「別に今こんなにあってもな。アルミンも食うか?」

「そうだね。少しわけてもらおうかな」

パンをアルミンに渡す。

それを受け取ったアルミンはチラリと俺の顔を物言いたげに見る。

多分オレから言い出すのを待っているのだろう。



153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:37:06 ID:lPEaIt.c

昨日俺はアルミンに結果的に恋愛相談をしてしまった。

初々しい初恋相談をした後での「ミカサは非処女」発言だ。

きっと混乱してるに違いない。

アルミンはミカサの強さを知っている。

ミカサが誰かに無理矢理…などは考えないと思う。

ならミカサはどうして誰と、そして俺がなぜ知ってるか。

ミカサの相手は俺、と言う答えがが導き出されている。



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:37:39 ID:lPEaIt.c

「そのパンはどうしたの?」

気がつけばミカサが傍に立っていた。

朝の挨拶の前にそんな疑問を口にしたのはその光景が異様だったからだろう。

「ああ、貰いもの」

「? もらったなら別にいい」

首を傾げながら無理矢理ミカサは納得した。

「おまえも食えよ。っていうかおまえが食うべきだ」

「?」

ミカサはもう一度首を傾げた。



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:38:13 ID:lPEaIt.c

カチャカチャと食器が鳴る。

俺達は無言で食事を進めている。

普段ならアルミンがうんちくを披露したり他愛のない話をしている。

アルミンは多分俺とミカサの事を考えると何を話していいのかわからないんだろう。

俺は俺で特に話す事はない。

ミカサは口数が多い方ではない。



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:38:49 ID:lPEaIt.c

「エレン、アルミン、今日はどうしたの?」

いつもと違う様子の俺達にミカサが口を開く。

「いつもならの二人はもっと話をしてる」

「そうか?こんなもんだろ」

「いつもと様子が違う気がする」

俺とその隣に座るアルミン。

向かい合う様に座ってるミカサが乗り出し、顔を寄せ小声で話す。



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:39:32 ID:lPEaIt.c

「それになんだか妙に視線を感じる。…私、何かおかしい事してる?」

アルミンは察した顔をした。

そして俺をチラリと見る。

「そうか?ただの自意識過剰だろ。それよりさっさと食えよ」

「…それならいいんだけど」

ミカサはパンを頬張った。

昨日の言葉は失言だったかもしれない。



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:40:07 ID:lPEaIt.c

「おい、ミカサ。おまえ処女じゃないんだって?」

食事を終え、人がまばらになった食堂でそんな言葉がミカサに浴びせられた。

昨日の奴らの一人だ。

「だったら何?」

照れたり、動揺したりすると思ったがミカサはあっけらかんとした顔で流す。

誰から聞いた、とかは聞かないんだな。

アルミンはハラハラした顔で様子を伺っている。

…やはり昨日の言葉はまずかった。



159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:40:37 ID:lPEaIt.c

「相手は誰なんだよ?今更何回しても一緒だろ?ヤらせろよ」

「あ、いいな。俺も混ぜてくれよ」

いつの間にか参加したギャラリーと俺を見てゲラゲラと笑う。

わかってて言ってるのが腹立たしい。

こんな事を面と向かって言える悪役な俺かっこいい、とでも思ってるのかこいつら。



160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:41:10 ID:lPEaIt.c

「わかった」


え。


俺はぎょっとした。

アルミンを見るとやはりぎょっとしていた。

「あなたがエレンくらいかっこよかったら構わない…ありえないけど」



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:41:45 ID:lPEaIt.c

「はは!俺もエレンくらいかっこいいぞ?」

そう言ってミカサの肩を抱く。

ミカサは不快そうに眉をひそめた。

こいつ…遠まわしに拒絶されてるのに気付いてないのか?

それとも気付いてて絡んでいるのか。

そしてあわよくば…とでも思ってるんだろう。

ミカサの拳に力が入ったのが見えた。



162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:42:20 ID:lPEaIt.c

「悪いけど俺とミカサは恋人だ。 …恋人の前でそういうのはやめろよ」

そう言ってミカサの肩に置かれた手を振り払った。

ミカサは驚いた顔をしている。

「そういうのはいいから。家族の癖に」

「…恋人って言ってるだろ。文句があるなら対人格闘の訓練組もうぜ。 アルミン、行くぞ」

ミカサの手を引きながら食堂を出た。



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 02:42:54 ID:lPEaIt.c

「待って」

ミカサが立ち止まる。

食堂に残されたあいつらの方を向く。




「ほら、エレンはかっこいいでしょう?」

ミカサが微笑んだ。



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:17:47 ID:3ZqGjFnE

―――


「こうすればジャガイモの皮は綺麗にむけるんだ」

「こう?」

「違う。もっとこう…ほら」

「なるほど」

ミカサが感心した顔で俺の手さばきを見ていた。

がやがやと騒がしく、威勢のいい声が飛び交うここは調理場だ。



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:18:27 ID:3ZqGjFnE

『エレン。今日は私達が当番』

『わかってるよ』

『今日の夕食を作る当番』

『だからわかってるって。今いる場所を見ろよ』

『約束…』

『約束?』

『ジャガイモの皮むきを教えてくれる約束…』



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:19:34 ID:3ZqGjFnE

『そんな約束したか?』と、俺がとぼけたらミカサが包丁を突き出してきた時は焦った。

ミカサは俺に包丁を渡そうとしただけだと言うがあの雰囲気はただ事ではなかった。

回答を間違えれば殺される…!

そう思った。

…なんでそんなにこだわるんだ。



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:20:30 ID:3ZqGjFnE

チラリと様子を伺うと大人しくミカサは皮をむいていた。

さすがというか…やはり呑み込みが早い。

俺の指導をその皮に反映させている。

俺よりうまいんじゃないか…?

わかっていた事だが腹立たしい。



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:21:11 ID:3ZqGjFnE

俺の視線に気づいたミカサが顔を上げた。

「どうしたのエレン?」

「別に…」

俺がふくれっ面になってるのが気になるようだ。

「不機嫌そうな顔をしてる」

「だから別に何もねぇって」

「嘘。何か怒ってるの?」

「あのな…」


「わかった…では今日、倉庫に行こう」



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:21:49 ID:3ZqGjFnE

「…は?なんでそうなるんだよ?」

「エレンは怒った時に私を倉庫に誘う。私にはエレンが怒る理由がわからないから…

だからそれで許してほしい」

急に今までミカサにしてきた事が走馬灯のように駆け巡った。

今まで俺は不満があった時、イライラした時、モヤモヤを吐き出す時

…ミカサに追いつけず劣等感を抱いた時。

倉庫に連れ込み無理矢理犯した。

ミカサは「自分が犯されれば俺が許す」と言う認識を持っていたのだ。

俺は自分がしてきた事を後悔した。

「やめろよ。 …別にお前が謝る理由はないだろ」

「………」

ミカサは視線を落とした。



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:22:40 ID:3ZqGjFnE

「ミカサ!エレン!手が止まってますよ!」

俺達の会話に割り込んできたのはサシャだった。

「何やってるんですか!私は一刻もはやく夕食を作って食べたいんです!

お喋りは後にしてください!」

この調理場で一番働いているのは多分サシャだろう。

…自分の欲望のためでもあるけど。

「ジャガイモまだたくさんありますから手早くお願いします」

「わかった。…サシャもつまみ食いをしないように」

「ぐ…しません…多分」

そんなミカサとサシャのやりとりに癒された。



177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:23:10 ID:3ZqGjFnE

ドン

「うわぁ!ごめんミカサ大丈夫!?」

「大丈夫ですかミカサ?」

刃物を持ったミカサに誰かがぶつかった。

「大丈夫…」

そいつは皿を抱え、前が見えなくなっていたようだ。

…わけて運べ。

「あ…ごめん血が出てるね!包帯した方がいいかな!?どうしよう…!!」

「指先を少し切っただけだから平気」



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:23:56 ID:3ZqGjFnE

ミカサの指先を見ると少しの切り傷から赤い血がぷっくりと盛り上がっていた。

…訓練でつくる傷なんか見てると「傷」の内にも入らない。

「本当にごめんなさい…」

「もう平気だから」

こいつは謝る事が好きなんだろうか。

ミカサは聞き飽きた様子で冷やかに流している。



179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:24:26 ID:3ZqGjFnE

「本人がいいって言ってるだろ。こんな傷舐めとけばすぐ治る」

そう言ってミカサの手を掴んだ。

「え、エレン?」

ミカサの指を口元まで運びその血を軽く吸った。

「ほら」



180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:25:10 ID:3ZqGjFnE

「…ほ、本当だ!もう大丈夫だね!それじゃ…ごめんね!」

そいつは真っ赤になりながら足早に背を向け去って行った。


「ったくしつこかったな。謝るのが趣味なのか?なぁ、ミカサ」

「…………」

ミカサを見るとやはり顔を真っ赤にして俺から視線を逸らしていた。

「な、なんだよ」

「…………」

ミカサは無言だった。

「ミカサ、指を切ったのなら消毒した方がいいかもしれません。一応食料を扱うので」

「わかった。医務室に行って消毒してくる」

サシャはパタパタと忙しそうにどこかへ行ってしまった。



181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:25:52 ID:3ZqGjFnE

サシャを見送るとミカサは立ち上がり俺に背を向けてポツリと呟いた。

「エレン。今日の消灯時間の後に…倉庫に来てほしい。私も約束を守るから…」


――なんでこの間倉庫に来なかったんだよ

――今度私にジャガイモの皮むきを教えてくれたら…理由を言う…かもしれない…


…そういえばそんな約束をしていた。

「わかった」

短い返事をするとミカサは医務室に向かった。



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 01:26:23 ID:3ZqGjFnE

「すごいの!エレンとミカサ!すっごい自然に惚気られちゃった!」

「そういえばあいつら恋人らしいね」

調理場の喧騒に紛れてそんな会話が聞えてきた。



187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:49:47 ID:xU/OpmEQ

―――

消灯後。

周りは寝静まっていた。

ミカサとの約束を果たすため起き上る。

俺に気付いたアルミンが「勝率100パーセントだよ。いってらっしゃい」と言ってきたのに少し怯んだ。

もはやすべてを見透かしてそうだ…

俺は倉庫に向かった。



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:50:25 ID:xU/OpmEQ

「待たせたか?」

「私も今来たところ」

倉庫に着くとミカサが適当な箱の上に座っていた。

窓からわずかに漏れる月明かりにミカサは照らされていた。

見た事のない女がいるような気がした。



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:50:59 ID:xU/OpmEQ

「エレン」

ミカサが俺の名前を呼ぶ。

いつも呼ばれているのに今日に限って緊張した。

「手を握ってもいい?」

「え?あ、ああ」

ミカサは俺の手を握った。

俺を待ってたせいかミカサの手は冷たかった。



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:51:33 ID:xU/OpmEQ

「エレンの手、暖かい」

「おまえの手は冷たいな」

「エレンの手がより暖かく感じるからそれでいい」

「そうかよ…」

なんだかよくわからない状況になってしまった気がする。

握られた手が心地良いのでしばらくミカサの好きにさせた。



191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:52:08 ID:xU/OpmEQ

「私はエレンが好き」

突然の告白であった。

ふいを疲れた俺は間の抜けた顔を晒してしまう。

「エレンは私の事どう思ってる?」

ミカサはなんでもない風を装っていたが顔が真っ赤で今にも湯気が出そうだった。

冷静な表情と真っ赤な顔はアンバランスで愛しかった。

そしてはぐらかしてはいけないと思った。



192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:52:49 ID:xU/OpmEQ

「…俺から言おうと思ってたのに。なんでおまえから言うんだよ」

これが精一杯の答えだった。

やはりどこか素直になれない。

ミカサを見ると驚いた顔をしていた。

「そう、よかった…嬉しい」

そしてはにかんだ顔になる。



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:53:26 ID:xU/OpmEQ




「でもエレン…」

「多分エレンと私の好きは大きな違いがある」



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:53:56 ID:xU/OpmEQ

「は?」

「私はエレンが好き。男の人として。出会った時からそうだったのかもしれない」

「………」

「でもエレンは私の事を家族として好きなんだと思う。エレンは優しい。いつもなんだかんだ言って私の気持ちに応えてくれる」

「…この倉庫で気持ちをぶつけてくれて嬉しかった。本音をぶつけてくれたようで嬉しかった」

ミカサの言う『気持ちをぶつける』とは俺がミカサを犯した事を言ってるのだろう。

許されない行為を『嬉しい』と言う。



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:54:29 ID:xU/OpmEQ

「私はエレンを止めなければいけなかった。何をしてでも。だって私達は家族だから。家族でしてはいけない事だから」

「でもどんな感情でも私だけに向けてくれるのが嬉しかった」

「そしてどんどん欲張りになってしまった」

「もっと私を見てほしいと思った。 …私だけを見てほしいと思った」

「この間も私を『恋人』と、嘘でも言ってくれて嬉しかった」

「でもこのままじゃエレンは背徳者と思われてしまう。そんなのは嫌だ」



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:55:02 ID:xU/OpmEQ

普段口数の少ないミカサが自分の気持ちを長々と語っていた。

話は聞いていたが胸の奥でふつふつと湧き上がってくる怒りで頭にはあまり入って来なかった。

「だからエレン」

ハッとミカサの顔を見る。

「エレンを男の人として好きな私を振って。そして家族だって言って」



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:55:37 ID:xU/OpmEQ

「そうだな」

しばらくの沈黙の後にやっと言葉を発した。

そしてミカサをまっすぐに見据えた。

ミカサはなんともいえない顔で微笑んでいた。

その瞬間俺の中の何かがプツリと切れた気がした。



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:56:13 ID:xU/OpmEQ

俺はミカサの肩を掴むと床に叩きつける。

「…っ!」

ミカサは予期せぬ痛みに顔をしかめた。

そのままミカサにのしかかりブラウスのボタンを乱暴に引きちぎった。

「エ…エレン…」



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:56:44 ID:xU/OpmEQ

「おまえは家族だよ。俺の一番大切な」

耳元で囁いた。

ミカサは感情のない瞳で俺を見上げている。

「だから俺の気持ちを今まで通り受け止めてくれよ、ミカサ?」

そう言ってミカサの顔のすぐ右隣に手をついた。

左手は頬に触れ、首筋に触れ…どんどん下降していく。

体が震えているのがわかった。



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:57:15 ID:xU/OpmEQ

今日、心の片隅に用意していた『愛の告白』はすべて破棄した。

…アルミンはなんて言うだろうか。

勝率100パーセントと言っていた。

だが、実際は0パーセントだった。

ミカサは『家族』と言う言葉『俺が不利になるのが嫌だ』とそれしかなかった。

『自分』がなかった。『自分がどうしたいか』が。

ミカサはどこか歪んでいたのだ。



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:58:08 ID:xU/OpmEQ

それでもいいか…

はじめから俺はミカサに歪んだ気持ちをぶつけてしまったのだから。


「何笑ってんだよ」

「嬉しくて」

もうわけがわかんねぇ。

俺はミカサに口づけた。




おわり



202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 01:59:10 ID:xU/OpmEQ

なんかモヤモヤしてすまん
読み返すとひどい色々…

誰かエロ書いてください><


http://i.imgur.com/l7mIkgw.jpg

↑原画集買ってテンションあがってかいたおまけ


元スレ
SS深夜VIP:エレン「歪んでしまった」