1: ナナシ 2022/06/29(水) 09:37:03 ID:cOVEC9WM

どうも、ホラーSSです!オリジナル設定・キャラ崩壊・死亡描写があります。食事中の方は閲覧注意です。ご了承を



2: ナナシ 2022/06/29(水) 09:37:38 ID:cOVEC9WM

・・・・・・

??「・・・」

私は【ラジカセ】にテープを入れる

ガチャ・・・・・ジー・・・・・

・・・・・・

先日、友人が【1人自殺しました】

全部、私のせいなんです

そして次は・・・【私の番】

だから、最後に私の話を聞いて下さい



3: ナナシ 2022/06/29(水) 09:38:06 ID:cOVEC9WM

2か月前

千歌「うわ~すごーい」

梨子「これ曜ちゃんの車?」

曜「うん。就職祝いにパパが買ってくれたんだ!」

私たち3人は目の前車を見ながら談笑する

私たち3人は高校の時、同じ部活をやっていて特に曜ちゃんとは小さい頃からの幼馴染だ

大学はお互い別々の所に進学したけど頻繁に連絡を取り合い偶に会って遊んだりしていた



4: ナナシ 2022/06/29(水) 09:38:35 ID:cOVEC9WM

曜ちゃんは体育系の大学に進学

小さい頃からやっている水泳の飛び込みで優秀な成績を残した

そのお陰で有名な実業団のある企業へ就職が内定した。将来の夢はオリンピックに出ることらしい

梨子「スゴイね」

梨子ちゃんは美術系の大学へ進学、この間書いた絵がコンクールで最優秀賞を獲得

大学の教授?の勧めで本格的に絵の勉強をしに外国へ行くらしい

春から海外か~ウラヤマシイ

私?私はね



5: ナナシ 2022/06/29(水) 09:39:04 ID:cOVEC9WM

私の家は代々この地域で旅館を経営している老舗だ

そこへ就職、将来は女将さんなのだ

そう言ったことで、大学を卒業後みんなバラバラになっっちゃう

なので今日は、卒業旅行っていうか思い出作りで3人でお出かけ

しかも曜ちゃんの車でね

梨子「それで目的地は何処なの?」

曜「ふっふっふ」

千歌「それはね」

梨子「?」



6: ナナシ 2022/06/29(水) 09:39:42 ID:cOVEC9WM

梨子「○○峠―――――!!??」

梨子「そそそ、そこって【出る】って噂の?」

曜「うん!」

○○山○○峠、そこは所謂【心霊スポット】しかも、かなり有名で【出る】との場所

昔、そこで〇殺した女性の霊が出るとか今でも噂されている所である

今までは部活で忙しかったし何より私たちが住んでる場所から少々距離がある

なので知ってはいたが行けなかった・・・けれど

千歌「折角、曜ちゃんが車を出してくれたんだし学生生活最後の思い出としてね」



7: ナナシ 2022/06/29(水) 09:40:19 ID:cOVEC9WM

梨子「危なくない?」

千歌「大丈夫だよ!・・・・・多分」

梨子「すっっっっごい不安なんだけど」

曜「まぁまぁ、あくまでも噂なんだし」

梨子「まぁ、曜ちゃんがそう言うのなら」

千歌「千歌は?」

~少しして~

曜「シートベルトした?」

梨子「うん」

千歌「勿論」

曜「よーし、そんじゃあ行くよー!全速前進ヨーソロー!!」ブオーン

私たちは【ソコ】に出発した



8: ナナシ 2022/06/29(水) 09:40:54 ID:cOVEC9WM

道中私たちは、昔話をしたりお互いの大学の話に花を咲かせ

片道2時間くらいある道のりも苦では無かった

そして

バボン

梨子「きゃ!?」

千歌「ふぇ!?」

曜「あれ?」

【急に曜ちゃんの車が停まった】

千歌「どうしたの?」

曜「ん~?分かんない。ちょっと見て見るね」ガチャ

梨子「どうしたんだろ?」



9: ナナシ 2022/06/29(水) 09:41:32 ID:cOVEC9WM

曜「ん~?」

千歌「曜ちゃんどう?」

梨子「何か分かった」

曜「・・・パンクしてる」

梨子「え?」

見ると左後ろのタイヤが凹んでいた

曜「確かスペアタイヤが・・・あれ?」

千歌「どうしたの?」

曜「・・・スペアもパンクしてる」



10: ナナシ 2022/06/29(水) 09:42:07 ID:cOVEC9WM

梨子「はぁ?」

見て見ると確かに萎んでる

梨子「うそでしょ」

そして

ポツ・・・ポツ・・・ポツ

千歌「雨?」

梨子「取り敢えず車に入りましょう」

~車内~

曜「みんなごめんね」

梨子「ううん、気にしないで」

千歌「そうだよ曜ちゃん。気にしないで」

曜「うん」

梨子「(曜ちゃん、落ち込んでる。無理もないか)」

千歌「(携帯は・・・【圏外】・・・だよねこんな山の中じゃ)」

私たちはその内通るであろう車を頼りに車内で時間を潰した



11: ナナシ 2022/06/29(水) 09:42:39 ID:cOVEC9WM

~数時間後~

千歌たち「・・・」

あれから数時間、一向に車が通らない

曜「あのさ、いっその事街まで降りてみない?」

千歌「それ私も思った」

梨子「危険よ」

千歌「でも」

梨子「ここまで2時間くらいかかったし、多分だけど梺まで100キロくらいあるんじゃない」

梨子「それに土地勘が無いから無暗に動くと遭難しかねないわ」

曜「そう・・・だよね」



12: ナナシ 2022/06/29(水) 09:43:09 ID:cOVEC9WM

~更に数時間~

曜「(おかしい)」

曜「(あれからずっと待ってるけど【車が1台も通らない】)」

千歌「ねぇ、やっぱりおかしいよ」

梨子「・・・うん」

曜「そう・・・だね」

曜「やっぱり、街まで下りてみようよ。雨も上がったみたいだし」

千歌「賛成!」

梨子「・・・分かったわ」

ガチャ

私たち3人は梺の街へ向け来た道を戻って行った



13: ナナシ 2022/06/29(水) 09:43:45 ID:cOVEC9WM

~道中~

曜「・・・」スタスタスタ

千歌「・・・」スタスタスタ

梨子「・・・」スタスタスタ

無言の時間が続く、無理もない。さっき梨子ちゃんが言った事が頭を過るからだ

【遭難】

私たちはそうならないように自然と足早になっていた

ここまで1本道だった来た道を戻ればきっと



14: ナナシ 2022/06/29(水) 09:44:27 ID:cOVEC9WM

~道中~

曜「・・・」スタスタスタ

千歌「・・・」スタスタスタ

梨子「・・・」スタスタスタ

無言の時間が続く、無理もない。さっき梨子ちゃんが言った事が頭を過るからだ

【遭難】

私たちはそうならないように自然と足早になっていた

ここまで1本道だった来た道を戻ればきっと



15: ナナシ 2022/06/29(水) 09:45:20 ID:cOVEC9WM

曜「ハァ・・・ハァ・・・」

千歌「ハァ・・・ハァ・・・」

梨子「ハァ・・・ハァ・・・」

あれからどのくらい経ったのだろう。当たりが暗くなっていく

街まで後どのくらいなのだろう。お腹が減った

様々な思考が私たちを疑心暗鬼にしていく

体力的に疲労した私たちは精神的に追い込まれていた

千歌「あ、明かり」

ふと千歌ちゃんが呟いた



16: ナナシ 2022/06/29(水) 09:46:39 ID:cOVEC9WM

曜・梨子「え?」

私たちにはその【明かり】は見えなかった

千歌「ほら、あっち」スタスタ

梨子「あ、・・・もう」

曜「・・・」

私はその時上手く説明できないけど【嫌な予感】がした

曜「・・・」梨子「・・・」千歌「・・・」

千歌ちゃんが見た【明かり】の方へ歩いてきてとある村へ着いた

辺りを見渡したけれど人気が無い

曜「・・・家が沢山あるね」

千歌「こーんばーんはー!!!」

梨子「ちょっと」

返事はない・・・廃村かな?



17: ナナシ 2022/06/29(水) 09:47:19 ID:cOVEC9WM

ザッ

曜・千歌・梨子「!!!」

足音がした、振り返ると

お坊さん「お前たちここで何をしている?」

【お坊さん】が立っていた

梨子「あ、あの」

お坊さん「こっちへ来い」

千歌「は、はい」

私たちは恐る恐るお坊さんの元へ寄る。怒られる、ふと学生に戻る私たち

でも私は【本当に人なのかな?】と自分でも理解できない考えを抱いていた



18: ナナシ 2022/06/29(水) 09:47:50 ID:cOVEC9WM

千歌「あ、あの私たち迷子になって」

お坊さん「迷子?・・・もしかしてこの先にある車はお前たちのか?」

曜「は、はい」

お坊さん「・・・そうか。こっちへ」スタスタスタ

私たちはお坊さんに着いていった

千歌「!?」

開けたところに出た。そのは焚火が焚かれ中央には【祭壇】のようなものがあり

周りの木々には何か文字が書かれた布のようなものが周囲を囲むように巻かれている

【まるで立ち入り禁止のアレ】を思い出した

梨子「な、何これ」ゾクッ

梨子ちゃんの感想は私たちと同じだった。【異様・異常】その者だった



19: ナナシ 2022/06/29(水) 09:48:51 ID:cOVEC9WM

曜「あ、あの」

お坊さん「お前たちは【本当に危ないところだった】」

曜「え?」

お坊さん「ここは、○○村。今から100年前疫病による飢饉でこの村は滅んだ」

お坊さん「以来ここは死霊の村だ」

曜「じ、じゃあ」

お坊さん「【お前たちは呼ばれたんだ】」

千歌「っ」ゾクッ



20: ナナシ 2022/06/29(水) 09:49:34 ID:cOVEC9WM

梨子「そんな滅茶苦茶な話を信じられるわけ」

千歌「・・・明かり」

梨子「え?」

千歌「【あの明かり】を追いかけてここまで来た」ブルブル

梨子「それが何!?」

千歌「っあ、あそこ」スッ

梨子「?」

千歌ちゃんが指をさした方向を見ると【祭壇】があり、そこには青白い光の玉がユラユラを動いていた

梨子「オーブ?」

お坊さん「オーブ?あれは【餓鬼魂(がきだま)】だ」

曜「餓鬼魂」



21: ナナシ 2022/06/29(水) 09:50:06 ID:cOVEC9WM

その餓鬼魂が次第に形を変えていく

手が生え、足が生え、まるで人のような造形になった。手足は異様に短く異常なほどお腹が膨れている

まるで御伽噺に出てくる【小鬼】のようだった

全てを悟った

車の故障も・・・いやこのドライブそのものがもしかしたら

お坊さん「ここから出るなよ」

そういうとお坊さんは私たちを1か所に集めその周りの地面に何やら書き始めた

お坊さん「結界だ」

私たちはただ呆然とするしかなかった



22: ナナシ 2022/06/29(水) 09:51:28 ID:cOVEC9WM

お坊さん「―――・・・――――・・―――・・・」シャ

お坊さんはお経?を唱えながら何かを巻いている

そこに餓鬼魂が群がる

曜「うぇぇぇ」

梨子「っ」

千歌「・・・」

餓鬼魂はお坊さんが投げる何かに群がる

みるみる餓鬼魂は1匹2匹と青い光の玉になって消えて行き

辺りは真っ暗になった



23: ナナシ 2022/06/29(水) 09:52:01 ID:cOVEC9WM

お坊さん「ふぅ・・・」

お坊さんが息を吐く

梨子「お、終わったの?」

お坊さん「ああ」

千歌「よ、よかった・・・」

私たちはその場にへたり込んだ

お坊さん「お前たちも危険であったが滅多にできない体験をしたんだ。それで我慢しなさい」

お坊さん「ハッ!ハッ!ハッ!」

お坊さんが豪快に笑った

千歌「ハハハ・・・」

私たちは苦笑した

曜「ハァ・・・安心したらお腹減っちゃった。あそこにあるお饅頭食べてもいいかな?」

梨子「もう、曜ちゃんいじきた」

お坊さん「何だと!!!!???」



24: ナナシ 2022/06/29(水) 09:52:36 ID:cOVEC9WM

千歌「!?」ビク

急な大声、場が凍り付いた

曜「え・・・え?」

お坊さん「い、今、今のは本当か?」

曜「う、うん。あ、あれ」

曜ちゃんが指さしたところ、ちょうど祭壇がある当たりにお饅頭があった

お坊さん「ば、馬鹿な・・・まさか・・・【はぐれ】か・・・」

梨子「【はぐれ】?」



25: ナナシ 2022/06/29(水) 09:53:12 ID:cOVEC9WM

お坊さん「【はぐれ】とは、餓鬼魂同士が喰らい合い生き残った1体のことだ」

お坊さん「だが、大抵は全滅する。何故だか分かるか?」

千歌「・・・」

お坊さん「最終的に【己自身を喰らうからだ】」

梨子「!?」

曜「じ、じゃあそのはぐれってのが・・・ひっ!?」

千歌「曜」

梨子「・・・」ギュ

千歌「り、梨子ちゃん?」

梨子「あ、あれ」プルプル

梨子ちゃんが指さす方向に目をやる

祭壇の方に青い光が見え・・・いや・・・あれは【目】だ

規則正しく動く2つの光、それが形を成す

大きい・・・私たち人と変わらない大きさ、それが祭壇にあるお饅頭を食べてる・・・【こちらを見つめながら】

【私たちのことが見えてる】そう実感した



26: ナナシ 2022/06/29(水) 09:53:46 ID:cOVEC9WM

お坊さん「・・・俺も年貢の納め時か・・・」

曜「・・・え?」

お坊さん「お前たちこっちへ来い」

訳も分からず私たちは、お坊さんの所に集まった

お坊さんは、私たちを屈ませると頭から髪の毛を1本ずつ抜いてそれを口に含んだ

そして

お坊さん「俺はこれからここを出て奴に食われる」

梨子「・・・は?」

お坊さん「お前たちはこれから月が隠れ陽が出るまで何があってもここを出るな」

お坊さん「しゃべってもダメだ。ここに人がいるのがバレるからな」

千歌「ど、どうにか・・・ならないん・・・ですか?」

お坊さん「・・・無理だ」



27: ナナシ 2022/06/29(水) 09:54:29 ID:cOVEC9WM

お坊さん「アイツにお前たちが呼ばれたんだ。自分の生贄だからハッキリとお前たちが見えている。仕方ないんだ」

曜「・・・」

私たち3人はお坊さんを止めなかった

お坊さん「―――・・・――――・・―――・・・」

お坊さんが先程のお経を唱えながら外に出てはぐれと対峙する

はぐれ「」スンスンスン

はぐれが犬みたいに匂いを嗅いでいる

ドボ!・・・そういう擬音が聞こえそうな鈍い音が鳴った



28: ナナシ 2022/06/29(水) 09:55:10 ID:cOVEC9WM

う゛あ゛あ゛あ゛ああああああああああああああ

ビチャ・・・ボチャ・・・ピチャ・・・ミチュ・・・ボキ・・・バキ・・・ミキ・・・

暗がりで余り見えないけど先程の絶叫と余りにも生々しい音に私たちは今起こっていることを概ね理解した

曜「う゛ぅお゛ぇぇぇ」

曜ちゃんは吐いた

梨子「いや・・・いやぁ・・・・」

梨子ちゃんは泣きながら俯いてなにか呟いていた

私は・・・【下半身に生暖かい感触を感じていた】

ゴクン。そんな音が聞こえたような感じがした



29: ナナシ 2022/06/29(水) 09:56:29 ID:cOVEC9WM

はぐれの食事が終わったみたいだ。でもまだ奴は消えないじっとこちらを見ている

千歌「いや・・・」

曜&梨子「!?」

千歌「いやあああああああああ!!!!!???」

私は絶叫を挙げその場から逃げようとした

曜「千歌ちゃん!」ガバ

曜ちゃんが私に覆いかぶさる。梨子ちゃんも

千歌「ンぅ――――――・・・ハァ・・・ハァ・・・」

何とか落ち着いた

あれからどの位時間が経ったろうか?うっすらと明るくなっていった

はぐれはジッとこちらを見ている

陽が昇るはぐれが薄くなっていく

やっと終わる・・・はやく消えろ、心の中でそう思いながら奴を見る



30: ナナシ 2022/06/29(水) 09:56:58 ID:cOVEC9WM

はぐれ「」

奴の青い目だけが残っている。だがそれも次第に薄くなっていく・・・その時

はぐれ「・・・・・」

【聞いてしまった】

はぐれが居なくなった。もう安全なはず・・・そう思うけれど私たちはその場から動けなかった

ザッ!ザッ!ザッ!

千歌たち「!!??」

足音の方へ目をやると

千歌「・・・【花丸・・・ちゃん?】」

花丸「・・・」

そこには高校時代に同じ部活に所属していた国木田花丸ちゃんがいた

花丸「っ!」



31: ナナシ 2022/06/29(水) 09:57:26 ID:cOVEC9WM

花丸ちゃんは、すごく怖い顔で辺りを見渡すと

花丸「・・・3人ともこっちへ」

私たちはフラフラになりながら彼女の後を着いていく

すると曜ちゃんの車が見えた。周りには警察の人が数人いた

花丸「車で送っていくから、乗って」

梨子「う、うん」

花丸ちゃんの車に乗ってその場を後にした

その道中お坊さんたちが車数台とすれ違った



32: ナナシ 2022/06/29(水) 09:58:27 ID:cOVEC9WM

~車中~

曜「あ、あの」

花丸「今日のことはもう忘れなさい」

梨子「・・・」

花丸「仕方・・・なかった・・・から・・・グスッ」

花丸ちゃんが泣いて・・・そうか・・・思い出した・・・あのお坊さん【花丸ちゃんのお父さんだ】

前に1度だけ会ったことがある・・・どうして・・・忘れてたんだろう・・・

千歌「ごめ゛んね゛・・・・ごめ゛ん・・・ね」ポロポロポロ

曜「うぅぅ・・・」

梨子「グスッ・・・エグッ・・・うぅ・・・」

車内は嗚咽に包まれた



33: ナナシ 2022/06/29(水) 09:59:00 ID:cOVEC9WM

あれから私たち3人は疎遠になった・・・無理もないと思う

風の噂だけど曜ちゃんは就職先で暴力事件を起こして解雇されたらしい。その後の消息は不明で交番に張り紙が出されている

梨子ちゃんは先月自殺した・・・【やっぱりな】って思った。精神的に不安定になり施設に入ったらしい。

最後に東京の病院(施設)に行くときにチラッとみたけど別人のように痩せこけていた

そして次は【私の番】

千歌「・・・」

ガラガラガラ

千歌「・・・ごめんね」

・・・・・・・・・

美渡「千歌ー!入るよ」シャー

美渡「・・・千歌?・・・千歌――――――!!!!!!」

あの時確かに聞こえた・・・奴の呟く声を

はぐれ「【チ・カ・チ・ャ・ン】」



34: ナナシ 2022/06/29(水) 09:59:33 ID:cOVEC9WM

以上です。オリジナルはかなりエグイので閲覧する場合は注意が必要です。これから【呪われたAqours】シリーズを投稿予定です。その第1弾ということでお願いします。では!


元スレ
SS深夜VIP:【ラブライブ!サンシャイン!!】「餓鬼魂」