SS速報R:【安価】拓留「安価で行動だ」【CHAOS;CHILD】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1487340818/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/17(金) 23:13:38.45 ID:GBSjVEfC0

拓留「まずは>>3だな」

※CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)の安価SSです。変なところあったら指摘おなしゃす。
※全年齢からR-18までいろんな行動選択肢を受け付けるので、苦手な方はブラウザバックで。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/17(金) 23:19:20.49 ID:QMtrj9IOO

美女キャラ全員の屈辱裸踊り



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/17(金) 23:39:42.94 ID:GBSjVEfC0

拓留「なん・・・・・・だと・・・・・・」

拓留「しかし安価は絶対だから仕方ないな。」

拓留「身の回りの女子を思うがまま、これこそリア充だ」

拓留「それではさっそく今日の放課後に新聞部で安価実行だな」

拓留「有村や久野里さんにも連絡するか」

拓留「結衣と山添もだな」


放課後


世莉架「ねえタク、急を要する議題ってなあに?」

拓留「え、えと、それはだな・・・・・・」

世莉架「う?」

乃々「拓留、私には生徒会の仕事もあるのよ? 手短にお願いできるかしら」

久野里「こいつに同意するのは遺憾だが、私もあいにく暇じゃないんだ。さっさと言え」

有村「まあまあ、面白そうだし聞いてみましょーよーwwww」

香月「ん」

結衣「一体なんなの? 拓留兄」

山添「うぅ」


拓留(なんだこれは・・・・・・言い出しづらいな)


伊藤「おい宮代。一体なんなんだ? 楽しいことか?」コソコソ

拓留「ああ、最高に楽しいことだ」ヒソヒソ


拓留(だが切り出し方が解らん)

拓留(ようし、>>5を口実にしよう)




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 00:00:35.39 ID:OjZdYDKDO

それぞれの弱みが握られた。犯人の要求に従わないとならん



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 00:15:40.19 ID:3Mpp4EwH0

拓留(なるほど、ニュージェネの狂気の再来にこじつけるわけか)


拓留「実は、ここにいる全員、各々の弱みが一連の事件の犯人に握られていると連絡があった。犯人の要求にしたがわなければならない・・・・・・」

世莉架「は、犯人・・・・・・」

乃々「何を言っているの? 拓留。冗談でも言っていいことと悪いことがあるじゃない」

拓留「冗談じゃないんだよ」

乃々「そんな・・・・・・」

久野里「くっ、最悪だ」

有村「嘘ですよね? 嘘だって言ってください宮代先輩」

香月「んっ!」

結衣「拓留兄ぃ、怖い・・・・・・」

山添「そ、その・・・・・・要求って一体何なんですか?」ガクブル

乃々「そうよ。まずはそれを聞きましょう」


伊藤「おいおい。さすがに冗談だよな? こんな脅しみたいなことして大丈夫なのかよ」ヒソヒソ

拓留「も、問題ない(はず)」コソコソ


拓留「犯人の要求は“ここにいる女共全員が裸踊りをすること”だ!」


トリガー発生

ポジティブ OR ネガティブ >>7




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 01:02:16.42 ID:1Uh015M4o

ネガティブ



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 01:15:44.66 ID:3Mpp4EwH0

トリガー ネガティブ

///////////////////

乃々「・・・・・・」

久野里「・・・・・・」

有村「・・・・・・」

香月「・・・・・・」

山添「・・・・・・」

結衣「拓留、・・・・・・兄ぃ?」

世莉架「た、タクぅ」

伊藤「いくらなんでもそいつは無理があるだろ」

拓留「いや、本当なんだって! 信じてくれよ!」

伊藤「そうはいわれてもなあ」

拓留「死ぬのと脱ぐの、どっちがいいっていうんだよ!!」

乃々「・・・・・・拓留」

拓留「来栖もわかったらさっさと・・・・・・」

乃々「最低よ」

拓留「え?」

有村「見損ないました、先輩。まさか自らの性欲を事件にこじつけて発散しようとする打なんて。不潔です」

久野里「殺される準備はできているんだろうな?」

拓留「ま、待ってくれ!! 僕は・・・・・・」

乃々「なぜ今まで猟奇殺人を行ってきた犯人が、性犯罪に手を染めるの? 考えられるの? そんなことが」

拓留「そ、それは・・・・・・」

香月「んっ」

拓留「香月まで」

山添「あの、嘘は良くないと思います」

拓留「ぐっ」

結衣「二度と近寄らないでね」

拓留「」

伊藤(自業自得だな。俺は空気になろう)

世莉架「あ、あのs」

久野里「黙って見ていろ、この男が殺されるさまを」

乃々「いっそ私たちで次の事件起こしてしまいましょうか」

有村「あ、それ賛成です~。どんな殺し方がいいかな」

世莉架「あ、あの!!」

久野里「なんだ」

世莉架「さすがに殺すのは・・・・・・よくないと、思います」

久野里「お前、この男が言っていることがわからないのか? 万死に値するものだぞ」

世莉架「だからその、タクを殺すんじゃなくて・・・・・・」

拓留(尾上! やっぱりお前は俺の味方――)

世莉架「・・・・・・タクに裸踊りさせればいいんじゃないかな!!」

拓留「え?」

伊藤 ブハッ



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 01:27:28.90 ID:3Mpp4EwH0

世莉架「ねえのんちゃん、久野里さん。さすがにこらえて、これくらいで許してあげませんか?」

乃々「あなた・・・・・・」

久野里「ふん。まあ私はこの男を辱めることができればいい」

有村「なんだか、ムフフな感じ?」

山添「あ、あの、いくらなんでもそれも」

結衣「うきちゃん。悪い男には征伐が必要なの。私たちは正義なのよ」

山添「あ、うん・・・・・・」

香月「んっ。んー」

拓留(終わった・・・・・・)

拓留(殺されないだけマシか。今のこいつらならやりかねないな)

乃々「拓留」

拓留「ひゃ、ひゃいっ!」

乃々「脱ぎなさい」

拓留「そ、それh」

乃々「脱ぐ、のよ」

拓留「あ、はい」

拓留(こうして僕は女子+伊藤の目の前で脱ぐ羽目になった)スルスル

有村「先輩ってそんなパンツはいてるんだ~キモ~いww」

山添「あっ・・・・・・・」

世莉架「えへへ~」

乃々「はぁ」

久野里「見ていて吐き気を催すな」

結衣「私は見慣れてるし、あんまりすっきりしないなあ」

伊藤(お前の骨は拾ってやるぜ)

拓留(パンツ一丁になってしまった)

拓留(いや、ここから先は・・・・・・)

世莉架「タク」

拓留「うっ」

世莉架「脱いで♪」

拓留(脱ぎました)スッポンポーン

一同(うわあ)

世莉架「あっ、すごい。あんなんなんだ・・・・・・///」

乃々「猛省なさい!(うわうわうわうわうわうわ昔と違うううううううう)」

久野里「ふんっ」

有村「うへえ、気持ち悪いもんぶらさげてますねww」

香月「んぅ」

山添「」シュー

結衣「わわっ、うきちゃん大丈夫?」







10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 01:30:08.80 ID:3Mpp4EwH0

拓留(いっそ殺せ。いや、だめなのか)

久野里「なんだかあの汚物を蹴り上げたくなるな・・・・・・」ボソッ

拓留「えっ!!?!」

久野里「い、いや」

有村「こんな感じっすか~?」アチョー

拓留「うっ!!!」キンテキ

拓留「うごごごごご」

有村「あちゃ~ちと強くやりすぎたかなww」

伊藤(み、見てられねえ! 残酷すぎる!)

世莉架「ね、ねえ」

有村「ん? どうしたのせり」

世莉架「あたしもいいかな///」

有村「ドゾドゾー」

拓留「なん・・・・・・だと・・・・・・」

世莉架「それっ」

拓留「あがっ!」

世莉架「ほいっ」

拓留「んごお!」

世莉架「あちょー」

拓留「dfghjkl;:」

世莉架「あっはは! 踊ってるねえタク♪」

拓留(もう、死ぬ)

拓留(あ、でもこれ以外と癖になるかm・・・・・・)

――ブチンッ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 01:37:20.17 ID:3Mpp4EwH0

拓留(いやいやいやいや!)

拓留(地獄以外のなにものでもないだろそれ!)

拓留(これはだめだ。だめだ。)

その後、適当にやりすごして新聞部はお開きとなった。

無駄に借り出された来栖と久野里さんは怒ったが、股間を蹴り上げられて踊るよりははるかにマシだった。

~その夜、拓留のキャンピングカーにて~

拓留「今日は災難だったな」

拓留「安価は絶対とはいえ、妄想でよかった」

拓留「・・・・・・意外と癖になるかもな」ボソッ

拓留「いやいやいや! そんなわけあるか! 死にかけたんだぞ!」

・・・・・・コン(ドアたたく音)

拓留「ん? こんな時間に誰だ」

コン、ココン、コン(例のリズム)

拓留「ま、まさか・・・・・・」

拓留「くるな」

拓留「くるなくるなくるなくるな!」

ガラッ

拓留(終わっ・・・・・・た?)

そこにいたのは>>12



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 02:38:13.94 ID:SPfVC/qGo

久野里



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 11:07:01.18 ID:3Mpp4EwH0

拓留「久野里・・・・・・さん?」

久野里「青葉寮に向かったのだが、お前がここに住んでいると聞いてな」

拓留「そ、そうですか」

久野里「お前は例の事件――ニュージェネレーションの狂気の再来を追っているんだったな」

拓留「は、はい。そ、そうです・・・・・・」

久野里「・・・・・・」

拓留(なんだろう。まったく用件が見えてこないぞ)

拓留(あまり怒らせたくないから下手なことはいえないんだよな)

拓留(怖いし)

拓留「その、何の用ですか?」

拓留(聞いた。聞いたぞ)

久野里「・・・・・・私は、お前のことが気になって仕方がない」

拓留「え?」

拓留(どういうことなんだ。これは)

拓留(久野里さんが僕のことを気にしてくれている?)

拓留(もしかしてこれはラブコメ的な展開が待ち受けているのではないか?!)

拓留(いやいやいや、冷静になれ宮代拓留! この女は自分の興味の対象なら人間を犠牲にしてもかまわないと考えるようなやつだぞ!)

拓留(・・・・・・よく見ると久野里さんって綺麗だな。スタイルもいいし)

拓留(もしも、キャッキャウフフな展開になったらこれ以上のものはないかもしれない)

拓留(僕は――)

トリガー発生

ポジティブ OR ネガティブ >>14



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 11:23:03.33 ID:1Uh015M4o

ポジティブ



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 11:44:01.35 ID:3Mpp4EwH0

トリガー ポジティブ

/////////TRIGGER ON//////////

久野里「そ、その・・・・・・」モジモジ

拓留(これは)

久野里「べ、別に、お前の顔が見たい――だとか、お前の声が聞きたい――だとか、お前に触られたい――だとか、そんなことは一切考えていないぞっ!///」

拓留(素直になれないんですねわかります)

拓留(というか、デレてる(?)久野里さんはとてもかわいい)

拓留「それなら、ここにくる必要もなかったんじゃないんですか?」

久野里「それは・・・・・・その・・・・・・」

拓留「まあ、別にいてもらっていいですよ。迷惑じゃないですし」

拓留(むしろ大歓迎・・・・・・とは声に出しては言わない)

拓留(そう、僕はリア充だ。こんなときに慌ててどうする。冷静になるんだ)

拓留(その先にあるのは――とてもイイことに違いない)

拓留「コーヒー淹れますよ」

久野里「すまない」モジモジ

数分後

拓留(久野里さんはさっきからちびちびコーヒーを飲んでいるだけ。一向に話をしてこないな)

久野里「・・・・・・お、おい」

拓留「どうしました?」

久野里「あ、いや。なんでもない///」

拓留「・・・・・・」

久野里 チラッチラッ

拓留(さっきからこっちをチラチラ見ている久野里さん)

拓留(た ま ら ん)

拓留(いや、冷静になるんだ! さっきの反省が活かせていないぞ宮代拓留!)

拓留(女の子が言いづらそうにしていたら、こっちから話を聞いてあげるのが筋だろう! クールキャットプレスはやはり偉大だ)

拓留「久野里さん」←久野里さんのそばに腰を下ろす

久野里「な、なんだ」

拓留「なにか悩み事でもあるなら、僕でよければ聞きますよ」

久野里「――優しいんだな」

拓留「いえ、それほどでも」

久野里「宮代拓留・・・・・・」ソデツカム

拓留「は、はい」

久野里「こんなことを私に言われて、もしかしたら迷惑かもしれないが」

久野里「>>16」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 12:24:56.02 ID:SPfVC/qGo

どんなプレイでも受け入れるから犯して欲しい



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 13:21:30.32 ID:3Mpp4EwH0

久野里「どんなプレイでも受け入れる・・・・・・だから私のことを犯して欲しいんだ」

拓留「なっ!」

久野里「やはりそういう顔をする。迷惑・・・・・・だよな」シュン

拓留「いや! そんなことないです!」

拓留(なんだこの展開、むしろ歓迎です」

久野里「か、歓迎//」

拓留(しまった! 声に出ていたか)

久野里「もう辛抱たまらないんだ。いいよな? お願いだ」

拓留(久野里さんにここまで言わせてしまうなんて・・・・・・僕はなんて罪な男なんだ)

拓留「久野里さんが相手なら、僕はむしろ嬉しいですよ」

久野里「ほ、本当か!?」

拓留「ええ」ニコッ

久野里「/////」

拓留(なんだこのかわいい生き物)

久野里「その・・・・・・だな。実は、私は男性経験がないんだ」

拓留「そ、そうなんですか? とても綺麗なのに」

久野里「綺麗// あ、いや、今までは勉強と研究ばかりしていたしな。正直このような感情が自分にあるということ自体、自分でも驚いている」

拓留「なるほど」

久野里「だから、至らないことがあったら・・・・・・その、すまない////」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 13:26:40.42 ID:3Mpp4EwH0

拓留「いいですよ。僕がリードします」

久野里「よろしく頼む///」

拓留(とはいえ僕も童貞だ)

拓留(なにも童貞だからといってリア充ではないということはない! 誠実さを併せ持つことこそが真のリア充! そして)

拓留(それこそ僕だ)

拓留(そういえばどんなプレイでもいいといっていたけど)

拓留(よし、>>19にしよう)



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 13:41:40.02 ID:QTRmJVOL0

孕ませ懇願奉仕プレイで孕ませる



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 13:57:48.77 ID:3Mpp4EwH0

拓留「では久野里さん」

久野里「な、なんだ?」

拓留「孕ませ懇願奉仕プレイで――」ミミウチ

久野里「なぁぁぁ//////」カァァァ

拓留「――いいですか?」

久野里「わ、わかった//」

――――――――――――――――――――――――――――――

久野里「宮代、私はお前の子種がほしい//」

拓留「子種って・・・・・・」

久野里「四六時中お前のことを考えてしまうのも、お前に犯され孕まされることをのぞんでいるからなんだッ//」

久野里「だから、頼む」

拓留「頼む?」

久野里「あ、ああ//」

拓留「頼み方がなっていませんよ、久野里さん」

久野里「?」

拓留「人に何かを頼むときには、どういう態度が望ましいと思いますか」

久野里「――の、――を、――」ゴニョゴニョ

拓留「聞こえねえよ」アゴクイ

久野里「キャっ」

拓留「ちゃんと目をみて言ってごらん」

久野里「宮代拓留様のおちんちんで淫乱処女ビッチな私めを犯して孕ませてくださいお願いします!!!/////////」

拓留(そこまで言うとは思わなかった)

久野里「もう殺せよぉ」ウウゥ

拓留「わかりましたよ久野里さん。じゃあ僕の好きなように犯されてください」

久野里「///」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 14:16:18.11 ID:3Mpp4EwH0

拓留「まずは前戯ですね」

久野里「前戯・・・・・・はっ、知っているぞ。ふぇらというんだよな//」

拓留「じゃあそこからにしますか」

拓留(なんかこれから犯すって言うのにずいぶんほっこりしている気がするけど気にしない方向で行こう)

拓留「じゃあ、僕のズボンから自分で取り出して見てください」

久野里「ああ・・・・・・」

拓留(あの久野里さんが・・・・・・僕のズボンの股に手をかけている)ゴクリ

久野里「チャック――下ろすぞ」ジィィィ

拓留's son「」ボロン

久野里「ひっ// こ、これは・・・・・・これがお前の性器なのだな。思っていたより大きい///」

拓留「見るのははじめてですか?」

久野里「生で見るのは初めてだ。それこそ、生物学や医学の学術書くらいでしか」

久野里「立派なペニスだ//」

拓留(僕は今悟った)

拓留(久野里澪は学者かわいい)

拓留(本当に勉強ばかりだったのかもしれないな)

拓留「じっと見てばかりいるんじゃなくて、いろいろしてくださいよ」

久野里「い、いろいろ?」

拓留「久野里さんほどの科学者なら、目の前に未知の観測対象があったらいろいろ調べたくなるんじゃないですか?」

久野里「ゴクリ」

拓留「奉仕プレイも出来て見聞を広めることもできる。まさに一石二鳥ですよ」

久野里「へ、下手かもしれないが・・・・・・頑張ってみせる」

久野里「あ、熱くて硬い」ニギッ

拓留「う、ふあっ」

拓留(まずい、情けない声が出てしまった。これではリードできないじゃないか! 紳士になるんだ僕!)

久野里「ふっ、お前にも可愛いところがあるのだな」

拓留(なんかこっちがリードされているみたいじゃないか)

久野里「こうっ、前後させればっ、んっ、気持ちいいか?」シュッシュッ

拓留「ちょ、痛い! 強すぎですよ!」

久野里「す、すまない! わざとじゃないんだ! 悪い・・・・・・」シュン

拓留(形勢逆転か?)

拓留「はあ、もういいですよ」

久野里「そ、そんな・・・・・・」

拓留「帰りますか?」

久野里「嫌だ。ここまできたのに終わりなんて絶対に」

拓留「でも下手ですし」

久野里「」シュン

拓留(か わ い い)

拓留(普段強気な女を屈服させるのはなかなかどうして心地良いな)

拓留「手はもういいんで、その無駄口たたく口でしてください」

拓留(さすがに殺されるかな?)

久野里「わかった・・・・・・精一杯、頑張るから。見捨てないでくれ」グスッ

拓留(最高だ)



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 14:38:11.74 ID:3Mpp4EwH0

久野里「み、宮代・・・・・・」

拓留「なんですか?」

久野里「お前、風呂にはもう入ったのか?」

拓留「まだですよ」

久野里「そ、そうか」スンスン

拓留(あ、そういうことか)

拓留(日本人の七割は仮性包茎といわれている。こんなのを知らないのは情弱以下だ)

拓留(かく言う僕もその一員だ。恐らく久野里さんは僕の息子のにおいに反応している)

拓留(これを咥えさせるかと思うと、――すばらしいじゃないか)ボッキーン

久野里「うわっ、どうしたんだ! 急にそそり立って大きくなった・・・・・・」

拓留「どうして風呂に入ったかなんて聞くんですか?」

久野里「そ、その・・・・・・ちょっと・・・・・・におうぞ」

拓留「それを久野里さんの口で綺麗にしない限り、望むものはかないませんよ」

久野里「わ、わかってる。それに、別に嫌というわけではない//」

久野里「れろっ」

拓留(うっ、舌で亀頭を刺激されただけで軽く昇天しかけたぞ! 恐るべしフェラチオ)

久野里「く、咥えるからな」ハムッ

久野里「んっ、んぐっ、ふぐっ」

拓留(咥えたとたんに下手だ。なんていうか歯があたってゴリゴリやられているだけな気がする)

久野里「ひ、ひもひいいふぁ?//」

拓留「(その表情は反則だろ・・・・・・)悪いですけど、全然」

久野里「」ガーン

拓留「歯があたって痛いんですよ。奉仕する気あるんですか?」

久野里「そんなこと言われても、やったこと、ない」グスグス

久野里「ハッ! そうか! 唾液を多く出して舌で刺激すれば!」

拓留「自分で答えにたどり着くとはさすが天才ですね」

久野里「私は天才ではない。秀才だ。けど、お前にほめられるのは悪くないかもしれないな//」

久野里「じゅぽっ、じゅっ、ぐぽっ」

拓留「ハア・・・・・・ハア・・・・・・」

久野里「じゅぱっ、ぷぼっ、じゅぶっ」

久野里「ぶぱっ、じゅっ、じゅるる」

拓留(飲み込み早すぎるだろ、フェラチオだけに)

拓留(というかそろそろ限界。まあ今優位に立っているのは僕だし、わざわざイくタイミングまで伝える必要はないか)

拓留「うっ」ドピュッドビュルルル

久野里「ふ、ふぐぅっ!?!」

拓留「ぁ」ビュー

久野里「ぶはっ! ゲホッ!! ゴホッ!!」

拓留(口の中で出してしまった)

拓留「だ、大丈夫ですか?」

久野里「も、問題ない」ゴックン

拓留(あ、飲んだ)

久野里「奉仕なんだ。ちゃんと飲まないとな」

久野里「それに、気持ちよくなったってことだろう? こんなに出して///」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 14:55:25.61 ID:3Mpp4EwH0

拓留「ま、まあ、そうですね」

久野里「前戯だけで時間をかけてすまない」

拓留「前戯はまだ終わっていませんよ」

久野里「なに?」

拓留「今度は僕が久野里さんにする番ですから」

久野里「わ、私のはいい! さっさと犯してくれ!」

拓留「どうせ晒すんですよ? いいじゃないですか」

拓留「あまり濡らさずに望む初体験、痛いらしいですね」

久野里「うっ」ゾクッ

久野里「・・・・・・わ、私ならもう濡れている//」

拓留「じゃあ、確かめて見ますね」スカートメクリー

久野里「?!」

拓留(うちの学園の制服の特性だが、ワンピースのようになっている。だから、手間取らずに制服でやれる)

拓留「あ、確かに湿っていますね」

久野里「み、見るなぁ//」

拓留「こんなに濡らして、普段の久野里さんからは想像できませんよ」マンスジツー

久野里「ひ、ひいんっ」ビクン

拓留(気持ち・・・・・・よかったのか?)

拓留(とりあえず現物を確認しよう)パンツヌガセ

久野里「うぅ」

拓留(あ、ありのまま今見ているものについて話すぞ)

拓留(パンツを脱がされて晒されたのは、紛れもない久野里さんのマンコだった)

拓留(ふだん手入れをしていないのか、陰毛がかなり茂っていて、濡れている部分は毛が束になってとてもいやらしい)

拓留(顔を近づけて見ると、小便とチーズをごちゃまぜにしたようなにおいがした。花びらには少し白いカスがついている)

拓留(簡潔に言うと、ちょっと汚い)

久野里「幻滅、しただろ?」グスッ

久野里「普段は不摂生な生活で、風呂にかける時間も必要最低限で済ましている。女性器の洗い方なんて良く知らない・・・・・・」

久野里「毛だってそっていない」

久野里「死んでしまいたい」ウルウル

拓留「いいですよ、久野里さんなら」

久野里「えっ」

拓留「まあ、僕のも咥えさせたし、おあいこということでどうでしょう」

拓留「それに僕は、久野里さんのこと好きですし嫌ではないですよ」スマイル

久野里「バカ///」

拓留(普段強気な女の子はまっすぐな好意に弱い。クールキャットプレスの言うとおりだ。ありがとうゲンさん



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 15:13:01.42 ID:3Mpp4EwH0

拓留(とりあえず舐めてみるか)

拓留(うっ、結構強烈なにおいだな。顔を近づけると良くわかる)

拓留(なんだか、しょっぱいような苦いような味がする)レロレロ

久野里「んんっ// ふぅっ//」ビクッ

拓留(しかし毛が濃いな顔にめっちゃ当たるし、よく見たらお尻のほうにかけてびっしり生えてる・・・・・・)レロレロ

久野里「み、宮代ぉ//」

拓留(そういえばクリトリスについてまだお目にかかっていなかったな)レロレロ

拓留(この臭いマンコにもそろそろ限界を感じていたし、ひとまず顔を退散させて手でしよう)スッ

久野里(もう舐めるのは終わりか)シュン

拓留(僕のも大概だけど、久野里さんのクリトリスも被っている)イジイジ

久野里「そ、そこはぁ//」ビックン

拓留(あ、剥けた)

拓留(マンカスがたくさんついてる・・・・・・舐めないで正解だな)クリクリ

久野里「んっ、くぅぅっ!!//」ビクッビクッビクッ

拓留「イったんですか?」

久野里「い、言わせるなぁ///」

拓留「かなり濡れましたし、それじゃ・・・・・・」

久野里「ついにか?!?!」ズイッハアハア

拓留「えと・・・・・・」

久野里「す、すまない!/// そうだな、好きにして欲しい」

久野里「孕ませることも忘れないでくれ///」

拓留(これは、たまらん)

拓留(あくまで童貞だと悟られないよう、慎重にいこう)

拓留「それじゃあ、入れますよ?」

久野里「ああ//」

拓留 ズッズズズ

久野里「う゛う゛う゛あ゛っ!」アブラアセ

拓留「だ、大丈夫ですか?」

久野里「が、我慢するから・・・・・・続けてくれ」ハァハァ

拓留「わ、わかりました」ズズズズ

拓留(血が出ている)

拓留(でも、ここでやめることはできない)


十分後


拓留「ようやく全部入りましたけど・・・・・・落ち着きましたか?」

久野里「あ、ああ(まだ結構痛いが、言えばやめられてしまう)」ハァハァ

拓留「じゃあ動いていきますよ」

拓留 パンッパンッ

久野里「ああっ! ぐっ! ん!」

久野里(い、痛い。痛い・・・・・・)

久野里(私は、犯されているんだな・・・・・・)

久野里(犯されて――)

久野里(――孕まされるのか)ビクン



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 15:26:32.72 ID:3Mpp4EwH0

久野里(ははは、私はとんだ変態だな)

久野里(痛くて仕方がないのに)

久野里(自分が好意を持つ相手に孕まされると思ったとたんよがってしまうとは)

拓留(なんだか久野里さんの表情が妖艶になってきたな)パンパン

拓留(久野里さんの大き目の胸が、ゆっさゆっさと揺れている)パンパン

久野里「ああっ// んっ// あん//」

拓留(し、締め付けが強くなった。これはもう限界が近いな)パンパン

拓留「それじゃあ、中で出しますよ? いいんですね?」パンパン

久野里「ああ! んぅ// 私、をっ、ん// 孕ませてくれっ//」

拓留「うっ」ドビュッドピュー

久野里「あ、ああぁ/////」トローン

拓留「はあ、はあ・・・・・・これで大丈夫ですか?」

久野里「も、もちろんだ///」

拓留「じゃあ抜きますね」

久野里「ま、待て!」ダイシュキホールド

拓留「っ! く、久野里さん?」

久野里「どうせなら、私はここで泊まるから・・・・・・一晩中つながっていたままにしておいて欲しい)

拓留「それだとシャワーも浴びれませんよ」

久野里「私は、お前のにおいを堪能できればそれでいい//」

久野里(それに抜いたらせっかく出してもらった精液が少し出て行ってしまう)

久野里「だ、だめか?」ウワメヅカイ

拓留(その顔は反則だ)

拓留「わかりましたよ。一緒に寝ましょう」

久野里「ふふっ、嬉しいぞ宮代拓留」ギュー

拓留(むむむ胸が! 胸の感触が!)フニフニ

久野里「宮代、耳を貸してくれないか?」

拓留「なんです?」

久野里「だーいすきっ!」ミミウチ

――ブチンッ





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 15:40:10.60 ID:3Mpp4EwH0

拓留(ふぅ)

拓留(寝るか)

拓留のスマホ「通知やで」

拓留「ん? 有村からRINEが来ているな」

拓留「“明日ちょっと付き合ってくれませんか?”か」

拓留「まったく、奔放なやつだな」

拓留「そういえば明日は日曜日だったな」

拓留「別にこれといって用事もないし、OKしておこう」

拓留(RINE)「構わない」

有村(RINE)「本当ですか?! 嬉しいです」

有村(RINE)「それじゃあ明日の11時にハチ公前で待ってますから!」

拓留「休日にデート、となるのか? まあ、リア充である僕にしてみればよくあることだ」

拓留「“了解”っと」

拓留「よし、シャワー浴びて今度こそ寝よう」


~翌日、ハチ公前~

拓留(やばい、五分ほど遅刻してしまった)ハァハァ

拓留「ご、ごめん有村! 遅れて悪い」

有村「もう~宮代先輩ったら! こんなに可愛い娘を待たせるなんてだめじゃないですかぁ」

拓留(自分で言うか。まあ、その通りだけど)

拓留「だから悪かったって」

有村「これは、なにおごってもらわないことには気がすみませんねぇ」ニコニコ

拓留「わかったよ。何をおごればいいんだ?」

有村「じゃあお昼も近いですし、ご飯ごちになります!ww」

拓留「はいはい」

~食後~

有村「いや~先輩があんなにいいお店知ってるなんて雛ちゃん驚きです!」

拓留「そ、そうか」

拓留(よかった・・・・・・ちゃんとやっていて。それに混む直前で滑り込めた)

拓留(そういえば、有村は今日なんで僕を誘ったんだ? 聞いてみるか)

拓留「な、なあ・・・・・・今日はなんで僕を誘ったんだ?」

有村「あ、それはですね。えーっと」

有村「>>29」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 16:57:56.29 ID:6K3O5Sso0

調教してください



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 17:53:06.77 ID:3Mpp4EwH0

有村「先輩、私のことを調教してください」ボソッ

拓留「あ、有村さん?」

有村「と、とりあえず神泉のほうに行きましょう? 私あそこで休憩したいんです」アセアセ

拓留(神泉って・・・・・・ラブホテルがあるところじゃないか)


~神泉~

有村「・・・・・・」

拓留「・・・・・・」

拓留(お互い無言のまま神泉まで歩いてきてしまった)

有村「あ」

拓留(一見してラブホだとわかる建物が、僕たちの前に現れた)

有村「先輩、入りましょう?」ソデツカミ

拓留「ぉ、ぉぅ」


拓留「いろんな部屋があるんだな」

有村「」ポチッ

拓留「ん? て、おい、勝手に部屋決めるn――」

有村「もう押しちゃいました」テヘッ

拓留「なんなんだよ、本当に・・・・・・って――!」

拓留(この部屋、ガチなSM部屋じゃないか!)

拓留(この前の裸踊りのトラウマが)ウウウ

拓留(いや、有村は言っていたな。「調教してください」と)

拓留(つまり僕はいたぶられるのではなくいたぶるのか)



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 17:53:47.41 ID:3Mpp4EwH0

あ、すみません。安価見間違えたまま書き込んでしまいました。

とりあえず今回は続けますごめん



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 18:04:29.59 ID:3Mpp4EwH0

~SM部屋~

有村「へえ、いろんな道具があるんですね」

拓留「そ、そうだな・・・・・・」

拓留(とてもじゃないが落ち着くような雰囲気でもないよな)

拓留(どうしてこうなった)

有村「宮代先輩っ」

拓留「な、なんでしょうかっ?」アセッ

有村「私、いつも先輩と話すとついからかっちゃったりしちゃうんです」

拓留「?」

有村「でもそれは・・・・・・好意の裏返しというか、そ、その」

有村「ほら! よくあるじゃないですか。好きな子をついいじめちゃうっていう」

拓留「ああ、あるかもしれないな」

有村「私のもそれなんです。その・・・・・・」

拓留(話が見えてこないな)

有村「先輩は、いつも私にからかわれて、嫌じゃありませんでしたか?」

拓留「え?」

有村「なんだこいつ、とか。生意気な女だ、とか。犯してやる、、、とか」

拓留「い、いや。そこまでは」

拓留「思っていないよ」

有村「そうですか・・・・・・」ウツムキ

拓留「なあ、どうしたっていうんだよ有村」

有村「先輩!! このままじゃ私の気がすまないんです!」

有村「いつも先輩のことおちょくったりしちゃうけど、その代償として、その・・・・・・」

有村「私のこと、いじめてくださいっ!」

拓留「有村・・・・・・」

有村「私、もう自分の気持ちに素直になりますから・・・・・・。なんなら、宮代先輩のいいなりになります」

有村「いいえ、そうさせてくださいっ」

有村「だから私を――調教してください」

拓留(ここまで有村が強く自分の思いを主張したことは今までにないだろう)

拓留(ならば、それにこたえてこそ真のリア充! 真の情強だ!)

拓留「わかったよ」

有村「先輩//」パァァ

拓留(といっても、SMプレイか)

拓留(クールキャットプレスでもたいした知識は得られていないが)



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 18:11:30.96 ID:3Mpp4EwH0

有村「宮代先輩はSMプレイとかしたことあるんですか?」

拓留「なっ!! そ、それはもちろん――」

有村「わかりました。ないんですね」

拓留「ある!! あるよそんなの」

有村「私、嘘わかるんで」

拓留「あぅ」

有村「まあでも私以外の女の子とそんなことしてたら、ちょっと悲しいかもですけど」

拓留「有村?」

有村「あ、いえいえ! 気にしないでください」

有村「そうそう。こんなこともあろうかと雛絵ちゃんは事前準備としてSMプレイをいろいろ調べてきたので~す//」

拓留「事前準備って・・・・・・」

有村「そ、そんな呆れたような顔しないでくださいよぉ」

有村「それでですね! 宮代先輩には>>33をしてもらいたいのです」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 18:54:41.77 ID:aryToXLf0

私とエッチしてもらいます



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 20:27:46.75 ID:3Mpp4EwH0

有村「私とエッチしてもらいます、先輩」

拓留「・・・・・・え?」

拓留(有村の僕に対する要求は調教することだよな・・・・・・)

拓留「SMじゃなくないか? それ」

有村「え、エッチもその一環ですよ!」

拓留(有村は結構ピュアな女子なのかもしれないな)

有村「犯してこの生意気な美少女を懲らしめてください♪ 宮代先輩♪//」

拓留「わ、わかったよ」

有村「・・・・・・っぱり」ボソッ

拓留「?」

有村「やっぱり、先輩は私なんかと、そんなこと・・・・・・嫌、ですよね」グスッ

拓留「いや、そんなことは・・・・・・」

有村「さっきからあんまり乗り気じゃないし」

有村「宮代先輩の周りには、来栖先輩やせり、華――いろんな可愛い子がいるんだもの」

有村「でも私あきらめませんよ」スルスル

拓留「あ、有村さんっ?! なぜ急に脱ぎだすn・・・・・・・」

有村「ねえ、見てください、私の体」

有村「来栖先輩や華ほど胸は大きくないけど、これでもスタイルには自信あるんですよ」ギュッ

拓留「ゴクリ」

有村「男である先輩に、こうして無防備な女の子が寄り添っているんです」

有村「犯したい、そうですよね?」

有村「答えなくてもわかります。私、嘘はわかるんです」

有村「宮代先輩は私のこと犯したいと思ってる」

有村「犯したいに決まってる」

有村「犯してくれますよね?」

有村「犯さないなんていわないですよね?」

有村「宮代先輩は私のこと犯さなきゃだめ」

有村「お・か・し・て」レイプメ

拓留(なんだこれは・・・・・・有村がヤンデレ五段活用だなんて! そんなのおかしいだろ! お門違いだ!)


~どっか遠くないどっか~
楠「クチュン」

楠「季節も寒くなってきましたね」フフフ

~~~~~~~~~~~~

拓留(きっと今頃本家はくしゃみをしているに違いない)

拓留(いや、いまはそんなことを考えている場合ではない。僕が有村を調教するはずなのになぜか僕がやられている側(?)というこの状況をなんとかしないと)

拓留「わかったよ、有村」

拓留「僕は君を、犯して調教する」イケボ

有村「はうわぁ!!/// ついに! ついにこのときが来たんですねっ///」

拓留(と、とりあえずハードなことさせて傷でもつくったらことだし、まずは目隠しとかの軽いやつからいこう)

拓留「この目隠しをしろ。有村」ポイッ

有村「は、はいっ」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 20:48:45.86 ID:3Mpp4EwH0

有村「く、暗いです・・・・・・」メカクシー

拓留「さて、と」

拓留「まずはこいつでいうことを聞いてもらおうか」ボロン

有村「ひゃっ、なんですかこれ! 変なもの顔におしつけないでくださいよぉ」

有村「なんか生暖かいし、・・・・・・ちょっ、くさっ!」

拓留「大方察しがついたか? これがなんなのか」

有村「ま、まさかこれが・・・・・・」

有村(先輩のおちんちん//)

拓留「まずはこれを咥えてもらおうか!」

有村「女の子にそんな汚くてくっさいのを咥えさせるなんて、先輩ってさいてーですね!」ケラケラ

拓留(いつもの僕をおちょくる有村だ・・・・・・スイッチが入ったってことなのかな)

拓留(有村から頼まれてるんだから、何をしても文句は言わせないぞ)

有村(どどどどどうしよー!/// 私全然経験ないし! まあ、多少におったって先輩のならいいけど///)

拓留「口あけろ、有村」

有村「ふぐっ?!」

有村(キャー/// せ、先輩が私の口におちんちんねじ込んでる!! ・・・・・・ってやばいやばい思ったよりふっとい!! あご外れる!)

拓留(この征服感、最高だ)

拓留「もっと奥まで咥えろよ」グイグイ

有村「んぐぐぐぐ!!」ジタバタ

有村(ちょ、さすがにそれ以上は!! っていうか吐いちゃう! 吐いちゃうから!)

有村(もう、ダメ・・・・・・)

有村「うぷっ」

拓留「え?」

有村「_| ̄|○、;'.・ オェェェェェ」

拓留「」

有村(わ、私・・・・・・先輩に無理やりされて、吐いちゃった)

有村(最悪なはずなのに・・・・・・なんか、これ、いいかも。ハードSMじゃん///)ゾクゾク

拓留(こいつ・・・・・・吐きやがった)

拓留(いや、少々強引に奥まで押し込んだ僕にも非はあるのかもしれないけど)

拓留(まあSMだし仕方ないよね、ウン)トオイメ

拓留(ちなみにお互い全裸で服はよごさずに済んだ)

拓留(・・・・・・さすがに流したいなこれ。可愛い子のとはいえゲロだし)

拓留「来い。風呂場にいくぞ」

有村「あ、はい///」トローン


拓留「とりあえずその汚いゲロは流す」シャワー

有村「はぅぅぅ」

拓留(さて、すっかり萎えてしまった)

拓留(それに、体が冷えて・・・・・・トイレに行きたいな)

拓留(だがトイレはここから遠い)

拓留(となれば答えは一つ)

拓留「有村。口あけろ」






36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 21:04:08.88 ID:3Mpp4EwH0

有村「ま、またですかぁ?(ちょっww// 二回目早くないっすか?ww もう胃液しか吐けない//)」

拓留「つべこべいう、なっ!」グイ

有村「ふぐっ」

有村(あれ? さっきほど硬くない・・・・・・それに奥に押し込まれたりもしない)

拓留 ブルブルッ

有村「!?!?!?!」

拓留「ふぅ」ショー

有村「がはっ!! ごぼごぼごぼ」

有村(まさかのおしっこ!!)

有村「げほっげほっがぼぼぼ」

有村(ちょwwww先輩出しすぎ/// もう、雛ちゃんおしっこまみれ・・・・・・)

拓留「あ~すっきりした」

有村「さ、最ッ低ー!(最高です先輩///)」

拓留「どうだ有村。のどか湧いていたんじゃないのか? おいしかっただろう」

有村「そんなわけないでしょ!!」キッ

有村(ごちそうさまです)

拓留(有村の悔しそうな叫びを聞いたらまた興奮してきた)ムクムク

拓留「さて、と」

拓留「なあ、有村」

有村「な、なによ」

拓留「さっきからお前のやらしい尻がチラついてムラムラしてんだよ僕は!」パァーンッ(たたく音)

有村「ひぐっ!!?!」

拓留「大きすぎず小さすぎずで括れとの調和が取れたその尻が!!」パチーンッ

有村「キャッ!!!」

拓留「あざ一つないその尻が!!」パアン

有村「ひんっ!!!」

有村(さっきから私のお尻けなすどころかほめてるじゃないですかwwwwww でも嬉しい///)

有村「い、痛い・・・・・・やめて」

拓留「あ? やめねえよ!」パチコーン

有村「ひぁあっ!!」

拓留(つ、疲れた)ハァハァ

有村「痛いよう(気持ちいいよう//)」ヒリヒリ

拓留「さ、もう余興は終わりだ」

有村「ちょ、ちょっと待って!! 私はじめてなんですよ! 無理やりしたら痛くてしんじゃう!(それが望みですww)」

拓留「今のお前に拒否権なんてないんだよ!」ズズズ

有村「ぎゃっ・・・・・・(きゃーww///)」

有村(でもヤバイ・・・・・・結構、かなり、すごく、痛い)

拓留「ふんっ」パンパンパンパン

有村「がっ、いやっ、やめっ、いたっ!」

拓留「大体普段から有村! お前は僕を馬鹿にして」パンパンパンパン

有村「ぎゃっ、や、やめ・・・・・・いたいっ!!」

拓留「これで反省するんだな!」パンッパンッ

有村「グスッ・・・・・・私、汚されちゃった(汚されちゃいました/// ちょー痛いけど)」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 21:19:12.61 ID:3Mpp4EwH0

拓留「このままっ、中に出すからな!!」パンパン

有村「な、中!? それだけは待って! いや待ってください!!(それでいいんですよ先輩///)」

拓留「う、出る!」ドピュッピュッドビュー

有村(うわー!/// 中に出されるってこんな感じなんだぁ/// 犯されてると思うとよりゾクゾクするww)

有村「あっ・・・・・・あっ」

拓留「もう僕のことをバカにしないか!!」

有村「は、はい・・・・・・もう馬鹿にしません。もう許して」グスッ

拓留(あ、あれ、泣いてる? やりすぎたのか?)

拓留(そろそろ素に戻ってもいいよな)

拓留「あ、あの、有村? 大丈夫か? 今目隠しはずすからな」オロオロ

有村「もー! そこで優しくしたらだめじゃないですかー!ww プレイはまだ終わってないんですよ?//」

拓留「で、でも泣いてたじゃないか」

有村「あれは演技ですって! われながら演技派? 私女優になれちゃうかも!」

拓留(なんだ・・・・・・いつもの有村だ)

拓留「安心したよ」ボソッ

有村「えっ?」

拓留「あ、いや。なんでもないよ」

有村「・・・・・・」

有村「宮代先輩」

拓留「なんだ?」

有村「私たち、エッチしちゃいましたね」

有村「童貞卒業おめでとうございますっ」ケラケラ

拓留「なっ!! 僕はリア充だぞ! セックスの一つや二つ――」

有村「はいはい嘘乙です。わかりますから」

拓留「ぐっ」

有村(ていうか、先輩がほかの女の子とエッチしてたら・・・・・・やだなあ)

有村(ずっと私を見ていて欲しい――ってわがままか)

有村「一つ、お願いしてもいいですか?」

拓留「なんだ?」

有村「今日はいっそ、この部屋でお泊りにしましょう」

有村「先輩を感じながら夜を過ごしたいんです」

有村「だめ、ですか?」ウワメヅカイ

拓留(なんだこの可愛い有村は・・・・・・夢、じゃないよな)

拓留「か、かまわない」

有村「ふふっ。先輩やーさしっ♪」ギュッ

拓留(こうして、今夜は有村とラブホで一晩過ごすことになった)

有村「せんぱあい・・・・・・私、なんだか眠いです」ゴシゴシ

拓留「そうだな・・・・・・僕もだ」

有村「zzzzzz」スゥスゥ

拓留「寝ちゃった、か」

???「ふふっ」

拓留「ッ?!?!」

???「楽しかった?」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 21:34:20.39 ID:3Mpp4EwH0

世莉架「ねえ、タク♪」

拓留「お、尾上?! なんでお前がここに」

世莉架「えっへへー後つけてきちゃったんだー」

世莉架「道端で二人を見かけたからこっそりついてきてみたら・・・・・・すっごいことになっててびっくりしたよ////」

世莉架「タクはああいうのがいいんだねぇ。変態だねぇ。鬼畜だねぇ。女の敵だねぇ」

拓留「う、うるさい! 第一お前には関係ないだろ!」

世莉架「そ、そんなこといわれたら悲しいよぉ」シュン

拓留「ご・・・・・・ごめん」

世莉架「タクは、さ」

拓留「?」

世莉架「楽しいこと、好きだよね?」

拓留「いきなり何を言い出すんだ、尾上」

世莉架「楽しいこと、好き?」

拓留「・・・・・・ま、まあ、嫌いじゃないよ」

世莉架「そっかあ」

世莉架「おっけい。あたしがとびっきり楽しい体験をタクにプレゼントしてあげる♪」

拓留「え?」

世莉架「とりあえずさ、その子から離れなよ」

拓留「その子って――こいつは有村だよ」

世莉架「うん、知ってる♪ だからはやくその女から離れて♪ タク」

拓留「おい言い方が――」

世莉架「タ・ク?<●><●>」ギロッ

拓留「ひいっ!」

拓留(こんな顔の尾上、見たことないぞ! 怖すぎるだろ)

拓留(急にどうしたって言うんだ、尾上)

拓留(ひとまずここは言われたとおりにしたほうがいいかもな)

拓留(って、まだ有村と繋がったままだったな)ズルズル

拓留「ほら、離れたぞ」

世莉架「ありがと、タク。に、しても――」ニギッ

拓留「はぅわぁっ!?」

世莉架「――タクのここ、きったない汁でよごれちゃってるよ?」

世莉架「嫌だったよね? したくもないことやらされて」ニギニギ

拓留「そ、その・・・・・・尾上さん? 何を――」

世莉架「あたしが綺麗にしてあげるね♪」

拓留「?」

世莉架「はむっ」

世莉架「じゅぽっ、じゅっ、ぐぽっ」

世莉架「じゅぱっ、ぷぼっ、じゅぶっ」

世莉架「ぶぱっ、じゅっ、じゅるる」

拓留「ぐっ、ああっ」

世莉架「ぷはあっ、こんなもんかな?」アハッ

世莉架「ねえ、タク。気持ちいことは楽しいことだよね? そうだよね?」

世莉架「じゃあこの女(有村雛絵)に見せ付けるように>>39しようよ♪」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/18(土) 23:17:17.28 ID:1Uh015M4o

青姦



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 00:04:25.98 ID:AuKhG2hU0

拓留「あ、青姦っ!?」

世莉架「うん! そうと決まれば2名さまご招待~」

拓留「お、尾上?」

拓留(あれ、なんだか視界が霞んで――)

拓留(意識が――)

~碧朋学園屋上(夜)~

タ~ク♪ 起きてっ

拓留「はっ!! って、ここは碧朋学園の屋上?!」

世莉架「そうだよ~」

拓留「お、尾上! 何でお前裸なんだよ!!」

世莉架「う? 青姦するのに服なんていらないじゃん」

拓留「そ、そういえばそんなこともあったな」

世莉架「やだタク忘れちゃったの~ひどいなあ」

拓留「ご、ごめん」

拓留(なんで謝っているんだ僕は)

拓留(そういえば有村は?! 尾上は有村に見せ付けるとか言ってたよな)

有村「」ハリツケー

拓留「?!?!」

世莉架「あ、見ちゃった? 見なくていいんだよタク。あんな汚いの見ないで」

拓留(屋上にある壁に、有村は磔になっていた)

拓留(しかし、有村には制服が丁寧に着せられていて、体のない部分に杭が貫通している形だ)

拓留(怪我はなさそうだ。死んでいるのではなく、おそらく気を失っている)

拓留「よかった」ボソッ

世莉架「う? タク? よかったって何?」

拓留「ひゃいっ!!」

世莉架「もしかして、あれのことを心配してるの? タクを汚した汚物だよ? 心配する必要なんてないじゃん」

世莉架「こんなことならやっちゃえばよかったかな」ボソッ

拓留「うう」

世莉架「あ、ごめんねタク。裸のままじゃ寒いよね。ってあたしもなんだけど///」

世莉架「一緒に暖かくなること、しよ?」ギュッ

拓留「せ、世莉架・・・・・・」

世莉架「さむくてアレかもしれないけど、がんばってこっち大きくしてね///」ニギニギ

拓留「う、ぁぁ」

拓留(お、尾上! そんなのどこで覚えたんだ! めっちゃ気持ちいいぞ)

世莉架「タクのことならあたしなんでも知ってるよ♪」ニギニギ

世莉架「どこが気持ちいのかもね」シュッシュッ

拓留「あっ。ああ・・・・・・」ビクッ

世莉架「あは♪ かーわいい」

世莉架「だいぶ大きくなったね♪ タク」

世莉架「もう、入れちゃうね? タクは横になっててていいから。あたしが動くからね」ズブズブ

拓留「尾上・・・・・・血、出てるぞ」

世莉架「こんなの痛くもかゆくもないよ」

世莉架(そう、こんなの私にとっては痛みなんかではない)



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 00:16:16.15 ID:AuKhG2hU0

世莉架「はっ、んんっ、あんっ、あっ」ズンズン

世莉架「タクっ、のっ、おっきい、おちんちんっ、あんっ」ズンズン

世莉架「すっごく、あっ、きもちいよっ!」ズンズン

拓留「ああ、尾上ぇ」

有村「・・・・・・?」ムクッ

有村「何・・・・・・この声」

有村「――ッ?!」

有村(宮代先輩が別の女の子とセックスしてる・・・・・・)

有村(いやだ・・・・・・いやだよ先輩)

有村(っ、あれはせり?!)

有村「せり!! あんたなにやってるのよ!!」

世莉架「チッ」

世莉架「ええ? なにって見ればわかるじゃーん。え・っ・ち♪」

世莉架「タクのおちんちんすっごく気持ちいいんだぁ。きっと相性がいいんだね♪」

有村「せり・・・・・・あんたおかしいわよ」

有村「いますぐ先輩から離れて!!」

世莉架「う? 汚物は人の言葉をしゃべれないんだよ? だまってよ」

有村「さっきからあんたばっかりでっかいいやらしい声であえいでバカみたい! 先輩はただの生理現象で勃ってるだけ! ぜーんぶあんたの独りよがりでしょ?」

有村「あんたは宮代先輩のためなんかじゃない、ほかでもないせり自信のためにやってるだけだよ!!!」

世莉架「お前に何が解るって言うんだよ!!!!!!!!!!!」

有村「ひっ」ビクッ

世莉架「汚物風情が!! 知ったような口を利くな!!!」

世莉架「あたしは・・・・・・私は・・・・・・タクのことなら何だって知ってる!! 何だって理解してあげられる!!」

世莉架「なんたってそれが使命だからな!!」

世莉架「ハァハァ」

世莉架「ぷっ」

有村「?」

世莉架「あははははは!!」

世莉架「ねえタクぅ。女ってこわーいね♪」

世莉架「そこにいる磔汚物女はね? タクを貶めようとわざわざホテルまで呼び出して犯させたんだよ? きっとそう」

有村「は、はあ?! なにいってんのよ自己満女!」

世莉架「もう、うるさいなあ」

世莉架「苦しめちゃって♪」

和久井 クイッ

有村「ぐっ!!! い、息が・・・・・・」

世莉架「おとなしく見ててね♪ タクがいーっぱい中出ししてくれるから♪」

有村「ひぐっ」

有村(いやだよお、せんぱあい)

有村(せっかく幸せだと思ったのに)

有村(先輩が憎い女に犯されていく)

有村(・・・・・・嫌)

有村「先・・・・・・輩っ」グスッ



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 00:30:37.15 ID:AuKhG2hU0

世莉架「あっはは! ごめんねタク! 邪魔が入って」

世莉架「今度はタクからして欲しいな♪」

拓留(黙って見ていることしかできなかった・・・・・・)

拓留「ぼ、僕から?」

世莉架「あたしがフェンスに手つくから。わんちゃんみたいに腰振って?」

拓留「そ、そんな恥ずかしいことできるわk・・・・・・」

世莉架「シ・て?」

拓留「わ、わかった」

拓留「はあっ、はっ、はっ」パンパンパン

世莉架「あんっ、やあっ♪ もうタクったら♪////」アンアン

世莉架「公園でエッチしてるわんちゃんてこんな気分なのかもねえ」アンッアンッ

世莉架「タクッ、の、おちんちん、がっ、奥に当たって、気持ちいっ///」アッソコイクー

拓留「締りが強くなったぞ」パンパン

世莉架「あたしの子宮がよろこんでるんだよ♪」アンアン

世莉架(ていうかタク腰振るの上手・・・・・・ちょっといやだけど、でも気持ちいし♪)

世莉架「タクぅ。あたしっ、そろそろイっちゃうかも」アンアン

拓留「い、イけばいいだろ」パンパン

世莉架「あっ、そんなっ、激しくっ」アンアン

世莉架「もう、だめっ、あっ――」ビックンビックン

世莉架「あーっ!」プシャー

世莉架「えへへ。恥ずかしいよお」

拓留「お、尾上・・・・・・」

世莉架「タクもイっていいんだよ? あたしのなかでいっぱい出して」

拓留「お、尾上っ、尾上!!」パンパン

世莉架「あっ、そこっ、きもちい!」アンアン

世莉架「あんっ、ああ! ああ、だめえっ!」アンアン

拓留「もう、出るぞ!!」パンッパンッ

世莉架「来て! タク!!」アンッッ

拓留「うっ!」ドピュッドピュッビュウウウウ

世莉架「ああああ」ビクビク

世莉架(ついにこのときが来た)

世莉架(ああ、なんて幸せなんだろう)

世莉架(大好きな彼の顔をみながら気持ちよくなって)

世莉架(大好きな彼の子種を自分の膣にいっぱいそそがれて)

世莉架(大好きな彼に、愛される)

世莉架(私はこれをのぞんでいたのか)

世莉架「タクだいすきっ!」ギュッ

有村「グズッ、せんぱい、うわああ」エーン

有村(絶対先輩はせりのことなんて思ってない!!)

有村(こんなの絶対に、認めない!)

有村(こんなのは、ひどすぎるよ)

拓留「ん? あそこにいるのは・・・・・・」グッタリ

現れたのは>>43



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 00:50:46.66 ID:hN2ID0ki0

黄桜 純米辛口一献



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 11:15:40.23 ID:AuKhG2hU0

拓留・世莉架(なんでここに日本酒が・・・・・・しかも『黄桜純米辛口一献』)

世莉架(だれかがリアルブートした?)

和久井(乱れよ若人、ってね)フッ

世莉架「ええい、飲んじゃえ」

拓留「お、おい!」

世莉架「ゴクッゴクッ」

拓留「・・・・・・」

有村(??)

世莉架「ゴクッゴクッ――ぷはあっ。えっへへえ、おいしいねぇタク♪」

拓留「さっそく酔ってるじゃないか」ハァ

世莉架「半分残したから、タクも飲も?」

拓留「いや、僕は――」

世莉架「無礼講じゃ~♪」

拓留「ちょっ! 無理やり飲ませようとすんなって! がっ! がぼぼ――」

拓留「」チーン

世莉架「あっちゃあ、タクはお酒に弱いんだねぇ。情けないねぇ。ヘタレだねぇ」ヤレヤレ

有村(なんなのこれ!! 状況がむしろ悪化してるじゃない!)

有村(こんなときに>>46が来てくれたら・・・・・・)

そこに>>46登場。



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 12:38:10.82 ID:FM3x21yHo

乃々



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 13:18:20.78 ID:AuKhG2hU0

有村(こんなときに来栖先輩が来てくれたら・・・・・・)

???「あなた、なにをしているの?」

有村「!」

乃々「世莉架――いいえ、尾上」

世莉架「のんちゃん? いやだなあ、何してるのって、ナニしてるんだよ///」テレッ

乃々「冗談にしても面白くないわよ」

乃々「うちの弟になにをしたかわかっているのかしら」

乃々「拓留は私の大切な家族なの。あなたのような人にまとわりつかれては困るのよ。迷惑なの」

世莉架「・・・・・・」

乃々「もう、そのようなことは、やめて」

世莉架「・・・・・・なんだよ」

乃々「?」

世莉架「お、お前っ・・・・・・あんたなんかに、何がわかるっていうのよっ!? 迷惑!? 何が!? 何が迷惑だって言うんだ!」クワッ

世莉架「私は、タクに――宮代拓留にやりたいことを与えて生かすのが存在理由なんだ!!」

世莉架「私は、タクのためならなんでもする! なんでもだ!!」

世莉架「タクを自分のそばにとどめておけなかったお前なんかにどうこう言われる筋合いなんてないっ!!」

乃々「ぐっ、それは・・・・・・」

世莉架「ずっと彼のことを見てきた。私の真意を気づかれないように、ずっと」

世莉架「でもね、のんちゃん。だめなの」

世莉架「あたし、気づいちゃったんだぁ。もう、こっそりタクにかかわるんじゃだめなんだって」

世莉架「だって悪い虫がい~っぱいつくんだもん。あたし虫ってきらいなんだあ」

世莉架「だからね? あたしがず~っとそばにいてあげれば、それもおっけいになるんだよ」

世莉架「でもさ、あなたみたいな人がいると、どうしても強引にとか批判されるから・・・・・・」

世莉架「こうしてね、彼の子種をもらって子宮に命を宿すの」

世莉架「いっぱい、い~っぱい愛してもらって、孕むの」

世莉架「そうすれば名実ともにパートナーだしねっ」

世莉架「・・・・・・それがさ、なによ」

世莉架「あなたみたいな人・・・・・・それにそこの汚物も」キッ

有村「ひっ」

世莉架「まるで自分だけが宮代拓留を大切にしている――想っている、そんな言い方」

世莉架「気にいらない」

世莉架「邪魔すんなよ!!!」

世莉架「私は!! 宮代拓留が!! 生み出した理想!!」

世莉架「タクには私以外なんにもいらないの!!」

世莉架「・・・・・・あはは」

世莉架「ねえ、みてみて♪ のんちゃん」

乃々「な、なにかしら」

世莉架「ほら、タクったら酔いつぶれちゃったのにココは元気なんだよ♪」ツンツン

乃々「ちょっとあなたなにを///」

世莉架「まだ繋がってるから全体が見えてないけど、タクのおちんちんはおっきいよお?」

世莉架「まっ、のんちゃんは見たことないか!」

乃々「」

有村(目隠ししてて見てない・・・・・・)



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 13:49:17.20 ID:AuKhG2hU0

世莉架「特別に見せてあげるねっ!」ヨイショ

有村(よ、ようやく先輩から離れた・・・・・・)

世莉架「えいっ」ニギッ

拓留「zzzzzz」ウッ

乃々「/////」

世莉架「のんちゃん、よーくみててね? あたしはタクの気持ちいところいっぱい知ってる。だからタクもすぐにイっちゃうから♪」

世莉架 シコシコシコシコシコシコ

世莉架「あっはは! タクったらまたおっきくしてる♪ すごいねぇ」シュッシュッシュッシュッ

世莉架「我慢汁もいーっぱい出てる///」シュッシュッシュッシュッ

世莉架「亀頭のここ押してあげるとビクンってするんだよ♪」エイッ

世莉架「ね? のんちゃん、すごいでしょ」

乃々「や、やめないさい!// これ以上タクを辱めるようなことはやめてっ」

世莉架「チッナンダヨコイツヤッパリウルサイナ」シュッシュッシュッシュッ

世莉架「あ、もうそろそろかな?」シュッシュッシュッシュッ

拓留「zzzzzz」ウウッ ドビュルルルルル

世莉架「うわっ! すっご~いタク♪ さすがの精力だあ」テデウケトメ

世莉架「えへへ、あたしの手、タクのザーメンでいっぱい・・・・・・」

世莉架「じゃあ、よく見ててね?」

世莉架「んっ・・・・・・」ヌチャッ

乃々「あなたなにを――」

有村(こ、こいつ!)

有村(自分の手で受け止めた精液を自分の膣に入れてる・・・・・・)

有村(自分で手を奥に突っ込んで)

有村(こいつは異常! 異常よ!)

有村(こんなやつに先輩を託すなんて、無理!)

有村(私にできることは、・・・・・・ないのかな)グスッ

世莉架「んはあっ」ズチャッ

世莉架「あはっ、ハイオク満タン♪ な~んてね」

世莉架「ちなみにあたし、今日危険日なんだ~。もうこれはチェックメイトだよね?」

乃々「・・・・・・尾上」

世莉架「う?」

乃々「もう、私はあなたのこと、絶対に許せないわ」

乃々「あなたは拓留のそばに居続けちゃいけない――」

乃々「――だから、それも私が終わりにするわ」ディソードリアルブート

世莉架「ディソード、か」

世莉架「・・・・・・はは」

世莉架「あははっ、おっけい! [ピーーー]気まんまんだね! そういうの嫌いじゃないよ、のんちゃん!」ディソードリアルブート

乃々「ごめんね、タク」

乃々「私と一緒に、家に帰ろう・・・・・・」

乃々「行くわよ!! 尾上!!」ダッ

世莉架「あははは!!」ダッ

来栖乃々と尾上世莉架、この勝負勝ったのは>>49



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 14:46:00.25 ID:LvvK3CtV0





51: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 16:05:41.22 ID:AuKhG2hU0

香月「ふんっ!!」バッ

乃々「くぅっ!!!?!」

世莉架「ガアッ・・・・・・だ、誰だお前は!!」

香月「もう・・・・・・これ以上、争うのはやめて欲しい、かも」

香月「それに、宮代先輩を巻き込むのも」スチャッ

世莉架「はぁ? 何でお前にそんなこと言われなきゃいけないんだよ!! どいつもこいつも邪魔ばっかししやがっt――」バタリ

世莉架「――ッ!! (思ったより傷が深い・・・・・・これはやばい)」

世莉架「く、くそ・・・・・・やっと、やっとこのときが来たと思ったのに・・・・・・!!」

世莉架「殺してやる」

世莉架「絶対にだ!!」バッ

乃々「あ、待ちなさい!! くっ――」ガクッ

香月「来栖先輩も、落ち着いて。頭冷やして欲しい、かも」

香月「有村先輩、今助けるから待っててください、かも」スタスタ

有村「華・・・・・・ありがとう」

香月「それと、来栖先輩、病院に行ったほうがいい、かも。怪我、してるから」

香月「有村先輩、お願いです。連れて行ってあげてください、かも」

有村「わ、わかったわ。でも宮代先輩は・・・・・・」

香月「それは――私がなんとかする、かも」

有村「・・・・・・」

有村(確かにこの状況で一番まともなのは華か)

有村(うん、華になら任せてもいいかな)

有村(ホント、いい子よ。この子)

有村「じゃあ、私は来栖先輩を連れて行くね」

香月「はい。よろしくお願いする、かも」


香月「宮代先輩・・・・・・裸にされて、犯されて、かわいそう、かも」

香月「私の部屋に連れて行ってあげるからね」

拓留 スゥスゥ



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 17:03:33.45 ID:AuKhG2hU0

~香月華の部屋、かも~

香月(宮代先輩を私の部屋に連れてきた)

香月(運んできたというほうが正しい)

香月(とりあえず体を拭いてあげて、服は私のじゃ小さいからタオルをたくさんかけてあげた)

香月(先輩の寝顔はかわいい。起きているときにはみせない無邪気な顔。隙だらけの表情)

香月(まもってあげたい、なんておこがましいかな)

拓留「んん・・・・・・」ムクッ

香月「!」

拓留「あれ・・・・・・ここは、どこだ」

拓留「!! そういえば僕は有村と一緒に居て――尾上にあって――そこから先は――」

香月「思い出さないで」ギュゥッ

拓留「か、香月!? てことはここは香月の部屋なのか?」

香月「そう、ここは私の部屋――いろんな人に振り回されてた先輩を、私が連れてきた、かも」ギュッ

拓留「そ、そうなのか・・・・・・。ありがとうな」

拓留「というか、な、ななな、なんで香月は僕に抱きついてるんだよ!」

香月「嫌だった?」ウワメヅカイ

拓留「別に、いやってわけじゃ、な、ないけど」

香月「よかった、かも」

拓留(香月の大きな胸が僕の背中に押し当てられている)

拓留(正直、たまらない)

拓留(香月も今はジャージだから、ラフな格好をしているといえる)

拓留(もしかして、ここまで胸の感触がやわらかいのって――)

拓留(ののの、ノーブラ・・・・・・だったりするのか?)

拓留(や、やばい。股間が膨張し始めている・・・・・・)

香月「先輩? どうしたの? ・・・・・・かも」

拓留「い、いや、その、そういえば僕、服を、来てなかったなぁって」アセアセ

香月「あ、ごめんなさい、かも。ウチに先輩の着れる服がなくて・・・・・・」

拓留「いや、香月が謝る必要はないんだ! ただ、タオルだけ纏ってるのもなあって」

香月「ん~」

拓留(というかいまさらだけど香月ってしゃべるんだな)

拓留(可愛い声だな・・・・・・)

香月「先輩、ちょっと待ってて、かも。ちょっと買ってくる、かも」

拓留「そんな、悪いよ」

香月「じゃあ先輩はずっと全裸ですごすの?」キョトン

拓留「あ」

香月「遠慮はいらない、かも。とりあえず先輩には落ち着いた状況にいてほしい、かも。だから――」

香月「――待っててね、先輩」ニコッ

拓留「か、香月・・・・・・」

香月「ウチにあるものは、気にせずつかっていいから」

香月「あ、あと・・・・・・ウチからは出ないで欲しい、かも」

香月「今の先輩は丸腰同然だから、かも」

拓留「わかったよ。おとなしく待つことにする」

香月「いってきます、かも」ガチャッ



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 17:17:13.97 ID:AuKhG2hU0

拓留「・・・・・・はあ」

拓留「一体、なんなんだ」

拓留「僕の過ごしていた日常は・・・・・・」

拓留「どこでまちがったんだろうか」

拓留「尾上、有村・・・・・・そして香月」

拓留「なんだよ・・・・・・みんな僕に身近な女子じゃないか」

拓留「あいつらは、僕にどのような感情を抱いているんだろう」

拓留「有村は好意の裏返しと言った」

拓留「尾上は大好きだと言った」

拓留「香月は――落ち着いた状況にいてほしいと言った」

拓留「・・・・・・ふっ、もうなにがなんだかわからないよ」


数十分後

香月「ただいま、かも」

拓留「お・・・・・・おかえり」

香月「えへ、先輩にそういわれるなんて、なんだかうれしい、かも」

拓留「え?」

香月「なんでもない、かも」

香月「とりあえず・・・・・・男物のジャージとフリース、上下買ってきたから、来て欲しいかも」つ服

香月「そ、それと・・・・・・パンツも一応///」つパンツ

拓留「め、迷惑かけるな///」

香月「迷惑なんかじゃない・・・・・・私は先輩のためにしているだけだから、かも」

拓留「ありがとうな、香月」

香月「どういたしまして」

香月「先輩、お腹すいてない? かも」

拓留「確かに、しばらく食ってないからな、できればそうしたいよ」

香月「私・・・・・・料理とかできないから、出前でもいい? かも」

拓留「香月の食べたいものでいいよ」

香月「そ、そうは、いかない、かも。先輩に決めて欲しい」

拓留「そうか? それじゃあ>>54にしようか」

出前でとるもの>>54

安価は選択肢で
①ピザ
②寿司
③そば
④中華



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 18:16:43.34 ID:fRU99saho

ピザ



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 20:23:46.77 ID:AuKhG2hU0

ピザ屋「ちぃーす。お届けに参りましたぁ」

拓留(民度が低いな・・・・・・きっと情弱だ)オカネワタス

ピザ屋「あざっしたー」バイバーイ

拓留「ったく」

拓留「香月、ピザとどいたぞ。一緒に食べよう」

香月「ん」


香月「宮代先輩」

拓留「なんだ?」

香月「あーん、かも」

拓留(なん・・・・・・だと・・・・・・)

拓留(あの普段まったくしゃべらない香月とまさかの展開か?!)

拓留(いやいや、僕はリア充だ。こういった状況にもクールに応じて見せるのが筋だろう)

拓留(待てよ? ここはむしろ恋人同士のような甘い展開がふさわしいんじゃないか?)

拓留(香月だって女の子だ・・・・・・そういったシチュエーションにあこがれるのかもしれないな)

香月「せ、先輩?」

拓留「あ、ああ、悪い。いただくよ」

香月「あーん」

拓留「あ、あーん・・・・・・」パクッ

拓留「モグモグ」

香月 ジーッ

拓留(なんだろう、香月がこっちを凝視してくる・・・・・・)

拓留(なにかリアクションが必要なのかな)

拓留「う、うまいよな、これ」

拓留(なんて気の利かないコメントなんだ・・・・・・自分に呆れたのはこれが初めてだ)

香月「ふふっ、そう、かも」ニコッ

拓留「ッ」

拓留(ふだん無表情な香月がみせる笑顔はやばい・・・・・・破壊力がありすぎる)



56: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 20:27:08.24 ID:AuKhG2hU0

拓留(認めよう。香月華は可愛い)

拓留(おまけに、胸も、大きい)ゴクリ

拓留(香月のような恋人が居たら、静かな幸せを得ることができるのかもしれないな・・・・・・)

トリガー発生

ポジティブ OR ネガティブ >>57



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 20:54:07.67 ID:FM3x21yHo

ポジティブ



58: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 21:08:20.23 ID:nMrdQt8+O

華ちゃんは名前+先輩(例:拓留先輩)呼び……かも



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 21:27:38.45 ID:AuKhG2hU0

>>58

香月「わかった、今度から名前で呼んで見る・・・・・・かも」



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 21:41:01.75 ID:AuKhG2hU0

トリガー ポジティブ

/////////TRIGGER ON/////////

香月「拓留先輩・・・・・・」

香月「私のことも、食べて欲しい///」

拓留「な、なにを言ってるんだ香月!」

香月「ほら、先輩。こんなに熟した大きな果物が二つありますよ」プルンッ

香月「もう収穫しないと、だめになってしまいます」

香月「だからね、私は先輩に食べて欲しい」

香月「きっと・・・・・・おいしいから」

香月「だ、だめ?」ウルウル

拓留「そ、そそ、それは! だだ、だめなんて、こ、ことは全然・・・・・・」

拓留(落ち着け! 落ち着くんだ!)

拓留(なぜ急に香月が積極的になって僕を誘っているのかはわからないけど)

拓留(女の子にここまでさせておいて、ここでヘタレたらリア充じゃない!!)

拓留(これは、いいんだよな? 手を出して「うわっ、だまされた。キモ~い!」なんてないよな!)

拓留(もう止められないからな!)



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 22:00:32.38 ID:AuKhG2hU0

拓留「えい」モミッ

香月「んっ・・・・・・///」

拓留 モミッモミッ

香月「あっ、たくるっ、せんっ、ぱいっ、んん、いやあっ////」

拓留 モミッモミッ

香月「だ、だめっ、そんなっ、え、えっちぃ、もう////」

拓留 チクビクリクリ

香月「んんんっ!! そこっ、よ、弱いの・・・・・・あんっ///」

拓留 ペロッ

香月「ひゃあん!」

拓留 ハムハム

香月「はわわわわ・・・・・・私、拓留先輩に食べられちゃってる///」

香月「夢中で頬張って、赤ちゃんみたい」

香月「ふふっ、かわいい、拓留先輩」

香月「おいしい?//」

拓留「おいひい」ハムハム

香月「・・・・・・よかった///」

香月「ねえ、先輩」

香月「もっといろんなとこ、食べて?」

香月「ほら、こことか・・・・・・蜜であふれてもうだめだから///」クパァ

拓留「!」

拓留 レロッレロッ

香月「んんっ、にゃああっ、だめ、きもち、よすぎっ///」

香月「はあ、はあ・・・・・・せ、先輩思ったより上手・・・・・・」

香月「ほ、ほら先輩、ここにお豆もあるよ。食べて、ね?」

拓留 ハムッ

香月「ああっ、あんっ、もうっ、い、いく、いっちゃう・・・・・・」

香月「せ、せんぱいっ///」

香月「もう、だめ、です・・・・・・」

香月 プッシャァァァァァ

拓留「わ、わああっ」

香月「ご、ごめんなさい・・・・・・あまりにも気持ちよかったから我慢できなかった///」

拓留「いいよ、ちょうどのどが渇いていたんだ」

香月「先輩/// 優しい」

香月「拓留先輩」

香月「>>64して・・・・・・」



64: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/19(日) 22:05:11.58 ID:ulvGHRwS0

素敵、抱きしめて



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 00:40:28.64 ID:Osz/KwHI0

香月(拓留先輩は素敵な人)

香月「素敵、抱きしめて、先輩」

拓留「か、香月ッ」ギュッ

香月「ん、んん///」ポワー

香月「ちょ、ちょっと、苦しいかも、先輩」

拓留「あ、ご、ごめん」

香月「もうちょっと優しく、抱きしめて欲しいな」

拓留「あ、ああ」ギュ

香月「ありがと、先輩」

香月「先輩って見ため異常に体大きいんですね」

拓留「そ、そうか? そうでもないとおもうけど」

香月「私にとっては、それでも大きい」

香月「私を包み込んでくれる大きさだから」

香月「ねえ、先輩? もし、先輩さえよかったら・・・・・・」

香月「私のこと、抱きしめるだけじゃなくて、抱いてほしい、かも」

香月「昨日の今日で、そういうことしたくないっていうなら、無理にとはいわないけど」

香月「私は、先輩のことが大好きです」

香月「先輩になら、体を許せるの・・・・・・///」

拓留「香月・・・・・・」

香月「どう? 拓留先輩」

拓留「僕のほうこそ、香月さえよければ」

香月「先輩ッ」ダキッ

香月「私、処女なんだけど・・・・・・」

香月「遠慮、しなくていいから」

香月「私が痛がっても、やめなくていいから」

香月「先輩のおもうがまま、私のことを犯してください//」

拓留「か、香月ッ!」ガバッ

香月「きゃぅ」

拓留「いいんだな!? 後悔しないよな!?」

拓留「いくぞ香月! やるぞ香月! もう戻れないぞ香月ーっ!

香月「うん、来て、先輩」エヘヘ

拓留 ズッズズズズズ

香月「うっ! うぅぅっ////」

拓留 ヌチュッヌチュッヌチュッ

香月「ん゛あ゛っ、ああっ、あんっ、ぎっ、あ゛っ!」

香月「ぎいっ、あ゛あ゛っ、んんんっー!」

香月(痛い。痛くて痛くて泣いてしまいそう)

香月(でも不思議。拓留先輩にされていると思うと、まるでこれが大事な、神聖な儀式なんじゃないかって思える)

香月(それくらい、抵抗する気にはならない)

香月(むしろよろこんで体をあげようとさえ思ってしまう)

香月(昨日、いろんな女の人に(性的に)蹂躙されて先輩は疲弊しきってる)

香月(私が、開放してあげなきゃ)

香月(私が、先輩を癒してあげる)



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 00:47:06.79 ID:Osz/KwHI0

拓留「はあっ、はあっ・・・・・・」パンパンパンパン

香月「ん゛ん゛っー! あ゛っ!! ああっ」アンアンアンアン

拓留「か、香月っ・・・・・・」パンパン

拓留「そろそろイきそうだ」パンパン

香月「いいよ、拓留先輩の好きなようにして」アンアン

拓留「ハァ・・・・・・ハア・・・・・・」パンパン

拓留「もう、やばい」パンパン

拓留「うっ! で、出る・・・・・・!」パンッパンッ

安価で選択肢>>67

①出す直前に抜いて香月の顔全体にぶっかける
②出す直前に抜いて香月の眼鏡に集中砲火をあびせる
③出す直前に抜いて香月の口をこじ開けて飲ませる
④思い切り中出しする
⑤香月のアナルに急遽挿入し射精
⑥香月の髪の毛の中で射精



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 00:51:25.26 ID:Uh4UMGuno





68: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 01:10:27.55 ID:Osz/KwHI0

拓留「口開けるぞ香月!」

香月「せ、先輩? ちょっ、あ、あがあっ!」

拓留「ふっ!」スポンッ

香月(え、抜いちゃうの?)

拓留「おらっ」

香月「ふ、ふぐうう!」

香月(お、おちんちんが!! 拓留先輩のおちんちんが無理やり口に――)

拓留「ううっ!!」ドビュルッドピュー

香月「んん!!! うんんん!! が、がぼっ、があぅ」ゴポゴポ

香月(お、溺れちゃう! ザーメンで溺れちゃう!!)

拓留「ほら、飲めよ香月ッ」

香月(ああ、そうか)

香月(あんな人たちに犯されすぎて、拓留先輩の性癖はおかしくなっちゃったんだ)

香月(それなら私が先輩に合わせないと)

香月(先輩を、愛してあげるんだもの)

香月「ゴキュッ、ゴキュッ、ゴキュッ」

香月「ぷはあっ」

拓留「あ、ああ・・・・・・」

拓留「ごめん・・・・・・香月」

拓留「僕、香月にひどいことを」

香月「ケホッ、ケホッ・・・・・・いいの、先輩」

香月「私は先輩を受け止める存在になりたいから」

香月「だから、遠慮なんてしないで」

拓留「か、香月ぃ」

香月「他に私に出来ることはある?」

拓留「・・・・・・」

拓留「>>69してほしい」



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 01:31:22.34 ID:5afcAj9po

香月を孕ませてボテ腹になったお前を抱きたい



70: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 22:13:26.81 ID:Osz/KwHI0

拓留「僕は・・・・・・」

拓留「香月を孕ませて、ボテ腹になったお前を抱きたい」

香月「それが、先輩のしたいことなの?」

拓留「ああ」

香月「わかった」

香月「私のこと、好きにして」

香月「今度は中に出して」

香月「孕ませて、また抱いて///」

拓留「か、香月ぃッ」ガバッ

香月「きゃっ」

香月「これからは、華って呼んで欲しいな、先輩///」

拓留「ケツだせ華ッ!」ボッキーン

香月「どうぞっ///」

拓留「うおおっ」ズブズブ

香月「や、やあんっ」

拓留 パンパンパンパン

香月「ああんっ/// あっ、やあっ、んんっ、ああっ///」

香月「せ、せんぱいっ、あっ/// は、はげしいっ///」

香月「あんっ、んん、し、子宮すごいノックされて、りゅっ!!//」

香月「膣、ずりずりされちゃってるうっ///」

拓留「はは、華のマンコすごく締め付けてきてるぞ」パンパンパンパン

香月「だ、だってっ、ああんっ、それ、は、せん、ぱいがっ///」

香月「私の体を、んっ、つかって、発散させると、んんっ、思うと・・・・・・」アンアン

香月「ぞわぞわっ/// し、しちゃうの・・・・・・」

香月「ていうか、だ、だめ・・・・・・もう、だめ」

香月「い、イっちゃうよぉ、先輩っ///」

拓留「イけよ! イきたいんだろ!」パンッパンッ

香月「でもっ、せんぱいとっ、い、いきたいからっ///」

拓留「か、香月・・・・・・」

香月「あっ、腰振るのやめないでっ・・・・・・それに名前で呼んでくれなきゃいや」

拓留「ご、ごめん華」パンパン

香月「ああん! そ、そう! それで、いいの//」

香月「ねえ、先輩」

香月「イきそう? まだイかない?」

拓留「正直、いつでもイける気がする。華のマンコ良すぎるよ」パンパン

香月「!!」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 22:15:19.98 ID:Osz/KwHI0

香月「う、うれしいっ、あんっ// じゃあ、もう、いこ?」

香月「私も、んんっ、イくからっ//」

拓留「か、香月!!」パンッ!!!

香月「あああん! せ、先輩ッ!!」

拓留「出すぞッ!! 華ッ!」パンッ!!!!

香月「い、イくぅッ!!」

拓留「ううっ!」ドビュルッドピュゥッ

香月「ああっ」プシャアァッ

パンッ パンッ・・・・・・



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 22:22:43.09 ID:Osz/KwHI0

~数ヵ月後~

拓留「だいぶ大きくなったよな」サワサワ

香月「うん、先輩がいっぱい愛してくれたから、その分大きくなるみたい」

拓留「!」ドキッ

香月「あ、照れてる・・・・・・照れてる拓留先輩はすごく可愛い//」

拓留「・・・・・・華」

香月「?」

拓留「覚えてるか、あのときの約束」

香月「うん。もちろん」

香月「今は安定期だし・・・・・・」

香月「その、いいよ?///」カアアッ

拓留「華ッ」ガバアッ

香月「せ、先輩? お、お口でしてからとかじゃなくていいの?」オロオロ

拓留「もう僕は華を抱きたくて仕方ないんだ」

拓留「なあ、いいだろう?」

香月「!」

香月「もう、バカ///」

香月「この子に支障が出ないように、今度はやさしくしてね?」サスサス

拓留「もちろんだよ。僕と華の子だからな」

香月「うん/// じゃあ、いいよ? いつでも」

香月「私のことをいっぱい愛してください」

香月「あ・な・た♪」

――ブチンッ



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 22:28:53.86 ID:Osz/KwHI0

香月「先輩?」

拓留「は、はうわあっ!!」

香月「ど、どうしたの?! 私、なにか怒らせるようなこと、しちゃった、かも・・・・・・」

拓留「いや、香月は悪くない!」

拓留「気にしないでくれ」

香月「そ、そう・・・・・・何かあればいってほしい、かも」

拓留「そうするよ」

拓留(さっきまでのは妄想、か)

拓留(現実でそうなったら、僕は嬉しいのだろうか)

拓留(・・・・・・)

香月(先輩、なんだか思い悩んでいるようにみえる)

香月(力に、なってあげたい)

香月(よし、先輩に>>74で元気になってもらおう)



74: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 23:05:37.81 ID:zcXD2PdJ0

今日産婦人科に入ったら、出来てたみたいなの



75: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/20(月) 23:44:58.27 ID:Osz/KwHI0

香月「今日産婦人科に行ってみたら、その・・・・・・」

香月「できてた、かも」

拓留「え?」

香月「だから、その・・・・・・赤ちゃん、かも///」

拓留「ま、待て待て! 僕たちはその、そういうこと、してないだろう!?」

拓留(あれは僕の妄想だったはず)

香月「せ、先輩?」ウルウル

香月「忘れ・・・・・・ちゃった?」ウルウル

拓留(え、なにこれ)

香月「先輩、急に独り言が増えたと思ったら」

香月「私のこと押し倒して・・・・・・」

香月「な、中出しした、かも」

拓留「かもって・・・・・・」

香月「ううん、した、拓留先輩は私に中出しした」

香月「拓留先輩は私のこと孕ませた」

香月(そうやって言葉にすれば、事実になる)

香月(それが私の力だから)

拓留(まさか・・・・・・途中から現実だったって言うのか?!)ダラー

拓留「ご、ごめんっ!!」

香月「!」

香月「や、やっぱり・・・・・・」

香月「拓留先輩は私のことなんてみてくれない、かも」

香月「そんなの・・・・・・そんなの・・・・・・」

香月「ううっ・・・・・・」グスグス

拓留「あ、いや! そうじゃなくて!」

拓留「だって、その・・・・・・その話を聞く限りじゃ僕が香月をレイプしたみたいだし」

香月「レイプなんかじゃないもん」グスグス

香月「そりゃ最初はびっくりしたけど」

香月「私も先輩に頼られて・・・・・・嬉しかったんだもん!」エーン

拓留「香月・・・・・・」

拓留「・・・・・・僕が悪かったよ」ダキッ

香月「えっ//」

拓留「香月のお腹には、僕とわけあった命があるんだよな」

拓留「そんな相手に無神経なことはできないよ」

香月「せんぱいっ!」ギュー

拓留(香月にはやさしくしてあげよう)

拓留(そうだ、>>76をしてあげればいいじゃないか)



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 00:14:59.90 ID:pCGTWrWmo

いちゃラブックス



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 18:16:38.89 ID:3ESooRHb0

拓留(こんなときこそ、リア充かつ情報強者な僕は香月を慰めるべきだろう!)

拓留(低俗な言い方ではあるけど、いちゃラブックスこそふさわしい!)

拓留「香月、いや華・・・・・・!」

香月「!」

拓留「僕が、お前のそばにいてやる!」

拓留「僕は、ただお前のことを愛してあげたいんだ」イケボ

香月「せ、せんぱぁい・・・・・・う、うれしい、かも」ウルウル

香月「ぐずっ、ううん、嬉しい! 私、嬉しい! 大好きっ、拓留先輩っ」ダキッ

拓留(むむむむむ胸の感触が!!! 香月のおっぱい大きすぎィ!)

拓留(まてまてまて、ここで僕が慌ててどうする! リードしろ宮代拓留ッ!)

拓留「華・・・・・・」チュ

香月「んんっ、先輩//」ムチュ

香月「ちゅぱっ、ちゅっ、ぱっ・・・・・・」レロレロ

拓留「っ、はあっ」パッ

香月「はあ、はあ・・・・・・」

香月「も、もっと・・・・・・」

香月「もっと欲しい、かも。先輩//」

拓留「華ッ」レロッチュッ

香月「ふうっ、むっ、あむっ、ちゅ」レロレロ

香月「/////」カァァァァ

拓留「華、そろそろ、いいだろ?」サワサワ

拓留「すごく濡れているじゃないか」ベトー

香月「は、はずかしい、かも/// やだっ、見せないで先輩」

香月「き、汚いから・・・・・・」

拓留「汚くなんてない」

拓留「全部ひっくるめて、僕は華のことが好きだ」

香月「・・・・・・!」ウウッ

香月「ううっ、ぐすっ、んっ」グズグズ

拓留「ど、どうしたんだ?! 何か泣かせるようなことしちゃったか?!」オロオロ

香月「う、ううん。その、嬉しくて」

香月「だって先輩、私のこと見てくれるなんて思ってなかったからぁっ」エェェェン

拓留「華・・・・・・」ギュッ

香月「きて、拓留先輩。私もう我慢できない」

香月「先輩が、欲しい」

香月「先輩も、私を先輩のものにしていいからっ」

拓留「いくぞ・・・・・・華ッ」ズブブブ

香月「やあんっ、ああっ/// んっ」ビクン

拓留「全部、入ったぞ」

香月「うん//// 私は大丈夫だから、動いて」

拓留「ああ」パンパンパンパン

香月「ああんっ/// あっ、やあっ、んんっ、ああっ///」

香月「はげし、いっ! あっ! だめ! もうだめえっ///」

香月「くぅぅっ///」



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 18:23:01.08 ID:3ESooRHb0

拓留「我慢するなよ、イっていいよ」パンパン

香月「だってぇっ、い、いやらしい子だと、んんっ、思われちゃうからッ・・・・・・!」アンアン

拓留「もしかして、日ごろからオナニーしてたのか?」パンパン

香月「ば、ばかっ、ああんっ、そ、それはあっ///」

香月「し、してた・・・・・・拓留先輩を思いながらオナニーしてたのぉっ////」アンアン

拓留「!」パンッパンッ

香月「んんっ、もう、い、イくっ!!///」ビクンビクン

香月「ああっ、あん、・・・・・・と、飛んじゃううぅ///」

香月「ご、ごめんなさい・・・・・・先輩まだイってないのに」シュン

拓留「気にしなくていいよ。もうやめとくか?」

香月「だ、だめ・・・・・・! 先輩にはちゃんと私の体で気持ちよくなって欲しい」ギュウッ

拓留(こ、これは!)

拓留(これが伝説のだいしゅきホールド!)

拓留「華、これじゃ外に出せないぞ」

香月「いいの、それで。中に出さないと私泣くから」

拓留「もう泣いてるだろ」

香月「じゃあディソードで先輩斬って私も後を追う」

拓留「笑えないよそれ」




80: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 18:43:55.66 ID:3ESooRHb0

香月「と、とにかく中に出してくださいっ///」

拓留「プチン」

拓留 パンパンパンパンパンパンパンパンパン

香月「/////////////////////////!?!?!?!?!?」

香月(も、もう、激しすぎて何がなんだかわかんない・・・・・・)アンッ・・・・・アンアンアンッ

香月(先輩、夢中になって腰振ってる)アアンッ

香月(もっと・・・・・・もっとぶつけて! 先輩ッ!)クウッ

拓留「し、締め付けが?!」パンパン

香月「んんっ、そ、それはっ、私と、先輩とのっ、あ、相性がっ、あんっ! 良いから///」

香月「私には先輩しかいないし」アンッ

香月「先輩にも、私しかいないんだから」ンンッソコラメエッ

拓留「ふっ、はっ、・・・・・・そうか、そうなのか」パンパン

香月「そ、そうだ、よっ・・・・・・/// だからもっと愛して、あんっ、せ、先輩///」

香月「先輩のっ、いやあんっ、あ、愛を、んっ、注いで//」

拓留「で、でるぞ?!」パンパン

香月「お願い、拓留先輩」イ、イクッ

拓留「うっ・・・・・・!」ドッピュゥゥゥ

香月「あっ・・・・・・あっ、あっ、あ・・・・・・」ビクッビクッ・・・・・・ビクッ

拓留「はあっ、はあっ、・・・・・・」

香月「嬉しい///」ギュゥゥゥ

拓留(む、胸が・・・・・・)

拓留(いや、そんなこと考えられないくらいに疲労感が)

拓留(意識が、遠く、なって――)バサッ

香月「せ、先輩っ?!」サスサス

拓留「zzzzzz」

香月「ね、寝てる、かも・・・・・・」ホッ

香月(いっぱい愛してくれてありがとう、先輩)

香月(これからも、私の先輩、先輩の私だから、ね///)ナデナデ


???「くっ・・・・・・!」ギリィッ

窓からその現場を目撃してしまった人物(カオチャ限定)とは!!>>81



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/21(火) 18:50:26.29 ID:QroI2+800

おのえ せりか



83: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 19:11:17.82 ID:nFqnSaWO0

世莉架「あの女・・・・・・やりたい放題やりやがって・・・・・・!」

世莉架「宮代拓留の一番は私しかいないのにッ!」

世莉架「いますぐ・・・・・・窓を割って入ってぶっ殺してやりたい」

世莉架「タクもそうすれば、あきらめてくれるかな♪?」

世莉架「・・・・・・」

世莉架「宮代拓留は私のもの」

世莉架「彼と何気ない日常を過ごすのも」

世莉架「彼と静かに楽しみを分かち合うのも」

世莉架「彼と愛を育むのも」

世莉架「彼を愛撫するのも」

世莉架「彼をオカズにオナニーするのも」

世莉架「彼を宮代拓留をタクを・・・・・・」

世莉架「・・・・・・」

世莉架「ふぅ」

世莉架「すべての権利は私にある」

世莉架「権利の侵害を、私は許さない」

世莉架「絶対に」



85: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 19:23:14.11 ID:nFqnSaWO0

また別の日、別の場所で


和久井「しかし、君もよくやるよねえ」

世莉架「うるさい。今お前と話す気分じゃない」

和久井「おおっと、こわいこわい。最近のJKはこれだから困るよ」ヤレヤレ

世莉架「お前は私と宮代拓留の情事を見て自家発電でもしてればいい」

和久井「暴言が過ぎるねえ・・・・・・」ギロッ

世莉架「・・・・・・!」

和久井「まっ、僕もネタに不満はないし、ここは穏やかにいくとしよう」

和久井「彼の観察が今は目的だしね」

世莉架「宮代拓留に手を出さなければ、私も不満を言うつもりはない」

和久井(どうだか)

和久井「で? これから君は、どうするんだい? 尾上世莉架さん?」

世莉架「私は・・・・・・」

世莉架「香月華から宮代拓留を取り戻す」

世莉架「あの女は絶対に許せない」ギリッ

和久井「はは、そうかい」

和久井「でもその傷、彼女にやられたんだろう?」

世莉架「そ、それは・・・・・・。問題ない。あの時は油断していただけだ」

和久井「だといいけどねえ」

和久井「お、そうだ。そんな尾上さんに僕から粋なサービスを」

世莉架「下手なことをしたら殺すからな」

和久井「いやだなあ、そんなんじゃないって」

和久井「ほれっ、と」パチン

世莉架「!!」

世莉架(き、傷が・・・・・・完治してる)

和久井「だから言ったろう? 粋なサービスだって」

和久井「これが佐久間だったら、そのほうが面白い、なーんていうんだろうね」

和久井「ほら、行ってきなさい。若人を見送るのも教職者の務めだからね」

世莉架(どの口が言うんだか)

世莉架「あ、・・・・・・ありg――」

和久井「礼はいらないよ」

世莉架「お前に礼なんて言うものか」

世莉架「じゃあな」タッタッタッ

和久井「さて、どう転ぶかな」



86: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 19:29:33.69 ID:nFqnSaWO0

同じ時間、別の場所で


有村「・・・・・・」

乃々「・・・・・・」

結人「の、乃々姉ちゃん? ずっと暗いと僕心配になっちゃうよ」

乃々「! あ、ああ、ごめんなさい、私ったらどうかしてたわね」

結人「い、いいよ! 僕は大丈夫だから。しっかり、休んでね」タタタ

乃々「私、姉失格だわ・・・・・・」

有村「来栖先輩・・・・・・」

乃々「なにかしら、有村さん」

有村「私たちにできることって、本当にないんですかね」

有村「ようやく手に入れた楽しい日常は、もう・・・・・・」

乃々「なにを言うの・・・・・・大丈夫よ、有村さん。私たちでなんとかしましょう。きっと出来るわ。ね?」

有村「・・・・・・」コクッ

乃々(と言っても、何をすればいいのかはわからない)

乃々(無力だわ・・・・・・)

乃々(! そうだわ!)

乃々(>>87してみましょう!)



87: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 19:57:13.96 ID:M03LQJTH0

セリカと百合する



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 22:32:40.88 ID:nFqnSaWO0

乃々(そうよ、押してだめなら引くのよ)

乃々(世莉架を篭絡させればいいんだわ)

乃々(ふふっ、私も悪い部分あるのね)

乃々(・・・・・・)

乃々(いいえ、悪い部分ばかりなのが事実ね)

南沢泉理――

乃々(・・・・・・)

乃々(今は考えるのはやめましょう)

乃々「有村さん、私に作戦があるわ」

有村「本当ですかッ!?」ガタッ

乃々「ええ、それはね――」


有村「え、ええ・・・・・・」ドンビキ

乃々「あ、有村さん?」

有村「来栖先輩にそんな趣味があったなんて――」

乃々「違うのよ、有村さん。これはあくまでも作戦で・・・・・・」オロオロ

有村「いいんです! 人を愛するのに性別なんて関係ありませんよね! 安心してください! ワタシハクルスセンパイノミカタデスカラ」

乃々「もう、話を聞いてちょうだい」

乃々「世莉架――きっとあの子には人に愛されるっていう経験がなさすぎるのよ」

乃々「だから私がそれを教えてあげなきゃいけない」

乃々「そうすれば、あの子もどこかで思考のスイッチが切り替わるかもしれないでしょう?」

有村「なるほど」

乃々「だから、あえて同じ性別の私から・・・・・・まずは友情からでもいいの。なにかしらの愛を感じて欲しい」

有村「でも来栖先輩、一つ問題があります」

有村「私たち、あの女――・・・・・・せりに憎まれてます」

乃々「そうね」

乃々「少々手荒な真似も辞さないわ」

乃々「私は拓留と世莉架、どちらも救うもの」

有村「・・・・・・」

有村「私は、正直せりを許せません」

有村「憎いとさえもってます」

有村「でも・・・・・・まっすぐな気持ちだけは、私たちと一緒なんだなとも思ったんです」

有村「だからやりましょ、来栖先輩。私たちが助けるんです」

乃々「ええ、がんばりましょう、有村さん」



89: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 22:43:33.26 ID:nFqnSaWO0

世莉架「はあっ、はあっ、・・・・・・」タッタッタッ

世莉架(宮代拓留・・・・・・ふふっ)

世莉架(タク、いまいくからね!)

拓留「」テクテク

世莉架「!」

世莉架「た、タク!」

拓留「ああ、世莉架か」

世莉架「タクッ!!!!」ガバッ

拓留「世莉架ッ!?」

世莉架「タクッ! タクッ! タクぅ」ギュゥゥゥ

拓留「く、苦しい・・・・・・」

世莉架「あたし探したんだよ? あんな女のところにいるから」

拓留「ごめんな、もう世莉架のところから離れないよ」

世莉架「うれしい・・・・・・タク♪///」

世莉架(いつの間にか名前で呼んでくれてるし)

世莉架(・・・・・・?)

世莉架(あのタクがあたしを名前で?)

世莉架「ま、まさか・・・・・・」

ガッ

世莉架「う、ううっ・・・・・・」バタッ


~ラブホテル in 神泉~

世莉架「うう」パチッ

世莉架「こ、ここは・・・・・・?」グイグイ

世莉架「え、縄?」

世莉架「両手足が・・・・・・」

乃々「目が覚めたのね」

世莉架「!! お、お前ッ!! 拓留に何をしたッ!!!」

乃々「いきなり怒鳴らないでちょうだい。拓留にはなにもしてないわ」

世莉架「でも拓留はあの時――」

世莉架「――!」

乃々「気づいたみたいね」

乃々「そう、私の能力よ」

乃々「拓留になりきったの」

世莉架「お前ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!」

世莉架「ぐああっ!! ううう!! ああああっ!!!」バタバタ

乃々「暴れれば体力が奪われるのみよ」

世莉架「殺すなら殺せよっ!」

乃々「そんなことしないわよ」

乃々「有村さん」

有村「はい」

乃々「口かせをしてちょうだい」





90: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 23:00:21.47 ID:nFqnSaWO0

有村「はい」テキパキ

世莉架(手際が良くて舌を噛み切ることもできない・・・・・・)

乃々「落ち着いたかしら?」

世莉架「ふがああああっ!」

乃々「はあ」

乃々「薬を飲ませてあげて」

有村「はい。・・・・・・口こじあけるわよ」

世莉架(この女! むりやり薬を――)

乃々「それは暴れる患者を抑えるための薬なの」

乃々(父さんごめんなさい。私とっても悪い子だわ)

世莉架「!!!! !!! !! ! ・・・・・・」

乃々「落ち着いたみたいね」

乃々「さあて、世莉架?」

乃々「あなたはちょっとおいたが過ぎたのよ」

乃々「だからお姉さんが、おしおきしてあげる」

有村(私は黒子に徹して――せりを全裸にする)サワサワ

有村(口かせは、もういいよね)ガチャッ

世莉架「ふぱあっ」

世莉架「ふ、ふくかえしてえ・・・・・・」

乃々「可愛い顔ね。キスしちゃおっと」チュ

世莉架「ふむぅ、ちゅっ・・・・・・」

乃々「私も脱ぐわね」スルスル

乃々「ふう」プルン

有村(お、大きい・・・・・・)ゴクリ

乃々「さて」

乃々「世莉架は口を開けば私をののしってくれたけど・・・・・・」

乃々「下の口も、相当悪い子ね?」クチュクチュ

世莉架「やっ! ああっ/// やめろおっ」

乃々「やめません。ふふっ」クッチュクッチュ

乃々「この口が拓留をたぶらかすんだから」クチュチュチュチュ

世莉架「ああっ、ああん、あっ、だ、だめえ、らめ///」

有村(き、気持ちよさそう///)

有村(わ、私もいいかな)

有村(オナニーしよ)クチュクチュ

世莉架「いっ、いいっ! ああっ///」

乃々「イきそうなのね?」

世莉架「そんな、わけっ、ああっ、あるかあ//」

乃々「正直じゃない子はイかせてあげない」ピタッ

世莉架「え、ええ・・・・・・」モジモジ

乃々「今日はあなたにおしおきしなくちゃいけないんだから」

乃々「有村さん」

有村「はあっ・・・・・・はあっ・・・・・・」

乃々「あ、有村さん?」



91: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 23:23:02.44 ID:nFqnSaWO0

有村「は、はいっ!(やば、オナニーしてて気づかなかった・・・・・・)」

乃々「例のものを」

世莉架「なにをするだあ・・・・・・」

乃々「さあ、何かしらね」フフッ

乃々「ちゅ・・・・・・れろっ、あむっ」

世莉架「むっ、ぅぅっ、ちゅ、ちゅぱっ」

乃々(私じゃないみたい・・・・・・こんなエッチなキス)

乃々(なんか変なスイッチ入りそうで怖いわ///)

乃々(有村さんまだかしら)

有村「持ってきました」

乃々「ありがとう」

乃々「ねえ、世莉架。これがなんだかわかる?」ブラブラ

世莉架「え、おちん・・・・・・ちん?」

乃々「ちょっと違うわね」

乃々「これはペニスバンドよ」

乃々「これがあれば私はあなたを犯すことができるの」

世莉架「なんだよそれえ・・・・・・」

有村(それにしてもおっきいわねあれ)

乃々「よし、着け終わったわ」

乃々「覚悟しなさいね? せ・り・か♪」ズズズズ

世莉架「ん゛ん゛! そ、そこはおしり・・・・・・」

乃々「そうよ、何も間違っちゃいないわ」

有村(お、女同士のアナルセックス・・・・・・)

世莉架「いたあい! いたいよお・・・・・・おしりがさけるう」

世莉架「のんちゃあん、ゆ、ゆるしてよお」

乃々「だーめ♪」ズッ

世莉架「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛! いたあああい! んんん!」クネクネ

乃々「ふふっ、可愛い♪」

有村(両手足の自由を奪ってるからやりたい放題ね)

乃々「あら? 血が出ちゃってる。ごめんなさいね。女の子なのに切れ痔にさせてしまって」

世莉架「おしりがいたいよお」シクシク

乃々「動くわね」ズイズイ

世莉架「いやあっ! いたい! いたいのお!」

乃々(こ、これは)パンパン

乃々(何かに目覚めてしまいそうな///)パンパン

乃々「ほら! どう? 犯される気分は!」パンパン

乃々「拓留も、きっとこうだったのよ!」パンパン

乃々「やられる側の気持ちになることは大切だわ!」パンパン

有村(言ってることは立派なのにやってることが残念すぎます来栖先輩)

世莉架「う・・・・・・う・・・・・・」レイプメ

有村(せりはもうマグロ状態か)

乃々「観念したかしら」

乃々「有村さん、世莉架の縄を解いてあげて」



92: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 23:33:58.03 ID:nFqnSaWO0

有村「さ、さすがにそれは危ないんじゃ・・・・・・」

乃々「じゃあせめて手を縛るだけに」

有村「わかりました」テキパキ

世莉架「うう」

乃々「お風呂場いきましょ、世莉架」

世莉架 トボトボ

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

世莉架「ああっ!! うっ! いいっ!! ぐうう!」

乃々「ハア ハア」パンパンパンパン

乃々「お尻気持ちいい? 気持ちいいかしら?」

世莉架「い、いたい・・・・・・」

乃々「気持ちいいわよね!!」パチコーン

世莉架「ひゃんっ!!」

乃々「世莉架」パンパン

乃々「あなたはお尻で感じてしまう変態」パンパン

乃々「しかも女相手に」パンパン

乃々「どう? 本当の自分がわかったかしら?」パンパン

世莉架「ち、ちがうもん! ああんっ!」

有村(せりを助ける趣旨から外れてません? まあかなり刺激的で興奮しますけど)ハァハァ

世莉架「ああんっ/// あっ、やあっ、んんっ、ああっ///」

世莉架「はげし、いっ! あっ! だめ! もうだめえっ///」

乃々「やっぱり感じているじゃない」パンパン

乃々「いいわよ、イきなさい!」パンパン

世莉架「い、イくぅッ!!////」ビクンビクン

乃々「はあっ、はあっ」

乃々「と、とりあえずペニバンは抜くわね」

世莉架「! だめえっ!」

乃々「あら、もっと欲しいの?」フフフ

世莉架「そ、そうじゃなくて・・・・・・」

世莉架「もし抜いたら・・・・・・ゴニョゴニョ」

乃々「はっきり言わないとわからないわよっ」スパンキーング

世莉架「い゛っ!! ・・・・・・そ、その」

世莉架「う、うんちがついてるかもしれないじゃん!!」

世莉架「ううう・・・・・・」

乃々「安心しなさい」

乃々「あなたを拘束する前に、眠っている間浣腸を済ませてあるから」

世莉架「どのみちうんちみられちゃってるじゃないばかあ」

乃々「私は拓留の下の世話もやっていたのよ? 動じたりしないわ」

有村(な、なんて会話だ・・・・・・)



93: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/22(水) 23:35:11.48 ID:nFqnSaWO0

乃々(もう少しプレイに興じてもいいかもしれないわね)

安価>>94

だれがだれになにをするか。プレイの内容とともに。



94: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/23(木) 01:09:35.38 ID:qV7YBtz1O

乃々が世莉架に脱糞付き裸踊り(陽気に歌つきで)をさせる



95: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/23(木) 19:47:51.67 ID:jeIvt2Em0

乃々(まだ浣腸は残っているのよね・・・・・・)

乃々「世莉架」

世莉架「う? なあにのんちゃん・・・・・・」

乃々「抜くわね」ズポッ

世莉架「い゛っ!! ・・・・・・はぁ、はぁ」

有村(うわあ・・・・・・お尻の穴があんなに開いてるなんて)

乃々(これなら注入に手間はかからないわね)チュー

世莉架「の、のんちゃん・・・・・・! なにしてるのお」

乃々「浣腸――よ」

世莉架「そ、そんな! ひどいよ・・・・・・」

乃々「世莉架は食欲旺盛だもの。まだまだ終わらないわよね?」

世莉架「うぅっ・・・・・・ぐすっ」

有村(もうこれ来栖先輩が悪者だよね)


数分後

世莉架「・・・・・・~~!!」ギュルルルルル

乃々(来たわね)

有村(見たくないから退散しましょ)

有村「飲み物かってきま~す」ソロー

乃々「さて」

乃々「ただ脱糞するだけでは面白くないわ」

乃々「踊ってもらおうかしら」

世莉架「のんちゃん何を言って――」

乃々「脱糞しながら陽気に踊りなさい」

世莉架「――!」

乃々(効いているようね)フフ

乃々(さっきおとなしくさせたときに催眠にかかってもらっているのよ、世莉架)

乃々(あなたは抵抗できないわ)

世莉架「の、のんちゃん・・・・・・あたし、もう――我慢できないよお」プルプル

乃々「いいわよ、さあ踊りなさい」

世莉架「あ」

い~つだって~♪ い~つだって~♪

君とふたりで、い~たよね~♪

参照:http://www.youtube.com/watch?v=rPL4h0EllZA
 

デーデッデーデー デーデーデー デデデデデデデー

世莉架「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!



96: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 00:18:35.83 ID:+ZBrwKBS0

~~~~~~~~~~~~~

世莉架「ひっ・・・・・・ひぐっ、ぐすっ、うわあああん」

乃々「よしよし」

世莉架「ぜんぶおまえがわるいんだあ・・・・・・」

有村「もう、なにやってんすか二人とも」

乃々「ごめんなさい。その・・・・・・つい、楽しくなってしまって///」

有村「後始末といい何もかもひどい有様っすよ。ったく」

有村(まあ私は傍観決め込んでたんですけどねw)

乃々(さて、まだ目的は終わってないわよ)

乃々「ねえ、世莉架」

世莉架「う?」グスッ

乃々「あなた、拓留のことをどう思ってるの?」

世莉架「!」

世莉架「それは・・・・・・>>97」



97: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 00:41:48.08 ID:vPoR4scd0

私の王子様



98: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 01:16:29.46 ID:+ZBrwKBS0

世莉架「タクは私の・・・・・・王子様だよ」

乃々「お、王子さまね」

乃々(ずいぶんと可愛い表現なのね)

世莉架「タクは私の憧れで」

世莉架「タクは私のこといつも見てくれてて」

世莉架「タクは私のこと叱ってもそれは優しさで」

世莉架「タクはいろんなこと私に教えてくれて」

世莉架「タクは私に好意を向けてくれて」

世莉架「タクは・・・・・・タクは・・・・・・」

世莉架「私の、王子様、それ以外にないよ」

乃々「そう・・・・・・」

乃々「あなたは拓留のことが大好きなのね」

世莉架 コクッ

乃々「でも、もしあなた以外に拓留のことを好きな女の子がいたらどうするのかしら?」

世莉架 ピクッ

乃々「何もあなただけが、拓留を好きというわけではないのよ?」

乃々「あなたのことだから、拓留が今どこにいるかは、すでに把握していると思うけど」

乃々「今あの子は香月さんのところにいるわ」

世莉架 チッ

乃々「おちついて、ね?」ナデナデ

世莉架 ムスッ

乃々「香月さんのやり方が正しいとも私は思わないわ」

乃々「けどね、拓留がなぜ香月さんのもとにとどまっているか、それはわかるのよ」

乃々「彼女は拓留中心で考えてあげられているの」

乃々「こんなことを言えばあなたは怒るかもしれない」

乃々「けれど、世莉架――あなたの拓留に向ける好意と行動が、自己満足でないといいきれるかしら?」

世莉架「うがああああっ!」ガシッ

乃々「く、くうっ!」

有村「来栖先輩?!」

乃々「大丈夫よ・・・・・・離れてなさい」

乃々(もう薬も催眠も切れてる・・・・・・殺される前にせめて言いたいことは言わせてもらうわ)

乃々「世莉架。もうやめるのよ」

乃々「あなたは拓留に自分の理想を投影している」

乃々「あなたが愛しているのは、拓留ではなくあなたの理想なのよ」

乃々「だから勝手に犯して狂ったんだと思うわ」

世莉架「うらああっ!! があっ!」ブンブン

乃々「!!!」

世莉架「お前に! 何が! わかるんだよ!」ボコッガスッバキッ

乃々「くっ! うっ! あっ・・・・・・」

乃々(口が切れてる・・・・・・でもまだよ)

乃々「あ、あなたに、拓留を愛することなんてできないのよ!!!」

世莉架「なにをいうかあっ!!」パシィッ

乃々「きゃあっ」



99: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 01:20:54.98 ID:+ZBrwKBS0

乃々「・・・・・・悔しかったら、拓留を幸せにしなさいよ!!!」

乃々「何がわかるって、そんなの分からないことだらけよ! でも――」

乃々「あなたよりは、わかっているもの」

乃々「無様ね、尾上?」

世莉架「ぐああああああっ!!!!!」ディソードリアルブート

有村「先輩っ!!!」

乃々「あなたは逃げなさい!!!」

乃々(これまで、かしら)

乃々(言いたいことは言えたもの。これでいいんだわ)

乃々(あ、最後にこれを言わなきゃね)

乃々「――愛しているわ、拓留」ニコッ

世莉架「死ね」グサッ

乃々 ダラーン

世莉架「タク・・・・・・」


有村「はあっ・・・・・・はあっ・・・・・・」

有村「逃げなきゃ! 逃げなきゃ!」

有村「でもどこに・・・・・・行けばいいのよ!」

有村「! ここは」

有村「華の家・・・・・・」



100: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 01:33:49.89 ID:+ZBrwKBS0

~香月の部屋~

香月「んっ/// 拓留っ、せん、ぱいっ///」ズンズン

香月「寝てるのにっ、勝手にまたがって、んんっ// 腰振ってごめんなさいっ//」ズンズン

香月「先輩に抱きついてたらっ、我慢できなくてっ//」ズンズン

香月「ああっ、んんっ、気持ち、いいよお//」ズンズン


-----------------扉---------------------

         ●←ありむら

有村「」

有村(なにやってるのよ! こんなときに!)

有村(入りづらいじゃない!)

有村(ええい! あけちゃえ!!)バンッ

香月「ああんっ、ああっ、んっ///」

有村(気づけよ! てか鍵開いてるし!)

有村(暗がりでよく見えなかったけど・・・・・・やっぱりセックスしてるのよね)

有村(宮代先輩寝てるじゃん・・・・・・寝てる先輩にまたがって気持ちよくなってるなんて)

有村(あ、目が慣れてきたわ)パッチリ

有村(!)

有村(なんていやらしい動き・・・・・・胸ってあんなに揺れるもんなの?)ムカッ

有村(腹立ってきた。もう我慢の限界だわ)スタスタ

香月「ああん! もうぅ、いいよぉ!//」

香月「拓留っ、せんっ、ぱいぃっ!//」

有村「雛絵先輩も、いるけど?」ガシッ

香月「きゃっ!!?!?!? 胸が鷲づかみされて――ど、どろぼう? かも」オロオロ

有村「やーねー泥棒だなんて。私よ私、学園のアイドルこと有村雛絵ちゃんよ」

香月「先輩、かも」

有村(かもってなによ)

有村(ちょっと懲らしめてやろうかしら)

有村(華に>>101するわ)



101: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 01:39:14.62 ID:0knGZjZ/O

猿の物真似を強制



102: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 01:54:35.13 ID:+ZBrwKBS0

有村「ちょっとあんた、面白いことやりなさいよ」

香月「お、面白いこと?」

有村「そうね・・・・・・猿の物真似とか」

香月「そ、そんな・・・・・・」

香月「どうしても?」

有村「ほら、はやく」

香月「う、うう」

香月「キ、キキーッ キィッ キィーッ!」クイクイ

香月「ど、どう、かも」

有村「クオリティ高いわね」

有村(しかも全裸・・・・・・)

有村(はあ、なにやってるんだろ、私)

有村(いや、やったのは華だけど)

有村「で、あんたは何で猿みたく宮代先輩とハメてんのよ」

香月「拓留先輩と寝てて」

香月「私が抱きついてたら」

香月「先輩は先に寝ちゃったけど」

香月「私が我慢できなくなっちゃった・・・・・・かも///」

有村「ふうん」

有村「ま、それももう落ち着いたわよね?」

香月「?」

有村「変わりなさいよ、そこ」

有村「私も、先輩の欲しい」

香月「!」ブンブン

香月「だめ。先輩はもう私の。私も先輩の、だから」

香月「いくら雛絵先輩でも、それはだめ」

有村「なんでよ。別に付き合ってるわけじゃないでしょ?」

香月「そ、それは・・・・・・」

有村「いいからだまってみてなさいよ」

有村「私は>>103で気持ちよくなってるから」

体位>>103



103: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 03:22:46.97 ID:tQNrF7Hy0

屈曲位



104: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 23:57:21.36 ID:+ZBrwKBS0

有村「私は屈曲位で気持ちよくなってるから」ヨイショ

香月「ん・・・・・・」

有村「てか屈曲位だと宮代先輩起こさなきゃじゃん」

安価選択肢>>105

①拓留を無理やり起こして屈曲位
②仕方ないので有村だけでできる体位に変更(どの体位かも)
③あきらめて別のことをする(なにをするかも)



105: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/24(金) 23:57:56.04 ID:yXDe3mvC0

1



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/25(土) 11:50:33.17 ID:g0l7872A0

有村「宮代先輩~? ほら、起きた起きた」パシッパシッ

香月「や、やめてっ」

有村「あんただって自分のエゴで先輩とヤってんでしょ? 言い訳はさせないわよ」

香月「んぅ・・・・・・」

拓留「んんん・・・・・・なんだ、こんな時間に――って有村?!」

有村「チャオっす、宮代先輩。そ、その・・・・・・来ちゃった♪」

拓留「え、え?!?」

有村「ねえ先輩。この前のこと、覚えてますよね?」

拓留「あっ」

香月「この前の、こと?」

香月「聞き捨てならない・・・・・・かも」

有村「知りたきゃ教えてあげてもいいよ? でも華は知りたくないことだと思うなあ」ニヤニヤ

香月「!!」

有村「先輩・・・・・・私我慢できなくてはるばるここまで来ちゃいました」

有村「コレで、慰めてくれませんか?」ウラスジツー

拓留「うっ」ビクッ

有村「先輩のほうからしてほしいんです」

有村「だめ・・・・・・ですか?」ウルウル

香月(涙で先輩を誘う・・・・・・悪い女、かも)ギリッ

拓留(有村には・・・・・・下手に逆らわないほうがいい気がする)

拓留「わかったよ」

拓留「寝転がれよ」

有村「はいっ///」

香月「ん~~~~!」ダキッ

拓留「は、華ッ?! どうしていきなり――」

香月「なんか、いやだもん」

有村「あんたねえ・・・・・・」

香月「せめて拓留先輩の唇だけは守る」チュッ

有村「あ、いいなあ~」

香月「首筋も――」チュウウウウ

拓留(そんなに吸ったらキスマークが・・・・・・)

有村「せんぱぁい、じらさないで早くくださいよぉ///」

拓留「お、おう」ズブブブブ

有村「ひゃあんっ/// お、おっきいのが///」ビクッ

有村「先輩、屈曲位ですよ。わかってますよね///」

拓留「ああ(クールキャットプレスに載ってたな)」ググググ

有村「ああっ// 奥までっ、届いてる///」

香月(この女が帰ったら私にもしてもらう、かも)チュウウウウウ

拓留 パンッパンッパンッ

有村「ああっ、んんっ、あんっ///」

有村「これですっ、これえっ/// これがいいのっ///」

有村「ゴリゴリされてりゅっ//」

香月(面白くない・・・・・・)



107: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/25(土) 12:04:12.33 ID:g0l7872A0

香月(これでも食らえっ)ボスンッ

有村「ふ、ふごっ?!」

有村(ちょっ、こいつなんで私の顔で顔面騎乗してるのよ!)

有村(華って結構剛毛なのね・・・・・・って違う!)

有村(ビラビラの感触がきもい! なんかにおうし!)

有村(あ、なんかベトベトする――ってこれさっきこいつが宮代先輩とヤってたときに中出しされた精子じゃない!)

有村(ふ、複雑だわー)

拓留「さっきからどうしたんだ? 有村」

拓留「マグロなのか?」

有村「え、えっ? あ、ちょっと気が散っちゃって」

有村「先輩はどんどん雛ちゃんに種付けしちゃってくらさい////」

拓留 パンパンパンパン

有村「あっ// いいっ// あそこがっ、気持ちい!///」

有村「んんんっ、あんっ/// もっと、もっと、くらさい/// せんぱぁい///」

香月 ムスッ

香月(私のマンコこすり付けてやる、かも)ズイズイ

有村(ちょっ!! もうなんなの――)

有村(――でもこれ、二人にレイプされてるようなものよね)

有村(男一人女二人の3P)

有村 ゾクゾクッ

有村(な、なんだか興奮してきちゃった////)ビクッ

拓留「し、締め付けがっ! そろそろ出そうだ・・・・・・」

有村(ああ、先輩! 出して! 出してください!)

香月「んっ、んっ、んっ///」

有村(華も私の顔にマンコこすり付けて気持ちよさそう・・・・・・)

有村(私、本当にレイプされちゃってる!! しかも一人は好きな人///)ゾクッ

有村(先輩のちんぽがっ、さっきよりも気持ちいい!///)

有村「ふごっ! ふごおっ(イクッ! イクぅッ!)」クネクネ

拓留「射精すぞっ! 有村ッ!」パンパン

香月「い、イっちゃう・・・・・・かも///」グイグイ

有村「~~~~~~~~~!」ビクンビクンビクンビクンッ

拓留「ううっ!!!」ドピュルッビューッ

香月「んっ!!!」プシャアアアッ





108: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/25(土) 12:08:05.80 ID:g0l7872A0

同じ時間、別の場所で

世莉架「タク、タクッ――んんっ、はあっ////」クチュクチュ

世莉架「イクッ!」シャアアアッ

世莉架「はあっ・・・・・・はあっ・・・・・・」

世莉架「・・・・・・」

世莉架「クソっ!!!」バンッ

世莉架「なんで私がこんなことしなくちゃいけないんだ!!」

世莉架「タクと結ばれるのは私!! 私しかいないの!!」

世莉架「こうなったらタクを呼び出そう。そこで篭絡するしかない」

世莉架「>>109に呼び出す」



109: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/25(土) 12:45:29.63 ID:cg8b0gK1o

自宅



110: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 00:37:05.14 ID:dzoxeLYF0

世莉架「もうこうなったら私の家に呼び出すしかない・・・・・・」

世莉架「タクの周りの女たちが邪魔だ・・・・・・」

世莉架「呼び出してから始末するか・・・・・・もしくは泳がせておくか・・・・・・どっちかだな」

安価選択肢>>111



111: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 00:56:22.34 ID:H4+Can8so

始末



112: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 10:06:51.73 ID:dzoxeLYF0

世莉架「始末するしかない」

世莉架「タクを一人で呼び出してその間に済ませよう」


~香月の部屋~

有村「うっはぁ、部屋くっさいっすね~」

香月「ヤりまくったから、かも」

有村「かもっていうか絶対それっしょ」

有村「窓全開にして換気するわよ」ガララッ

ヒュォォォ

有村「す~ は~」

有村「渋谷の空気をおいしいと思う日がくるなんて……」

香月「感無量、かも」

拓留「んぁぁ……」

有村「あ、宮代先輩起きた」

有村「チャオっす。昨日はお楽しみでしたね////」

拓留「あ、ああ」

有村「なんすかーもう。ノリ悪いなあ」

拓留「悪い」

拓留(尾上からメールが来ていた)

拓留(内容は――一人でヒカリヲのシアターキューブに来い)

拓留(これ以上……この二人を巻き込んではいけない)

拓留(これは僕の問題だ。僕一人で完遂してみせる)

拓留「有村、それと……華」

有村「? どうしたんすか宮代先輩」

香月「ん?」

拓留「ちょっと、神成さんに呼び出されてさ――出かけてくるよ」

香月「! んー!」

拓留「大丈夫だ。神成さんは刑事だぞ?」

香月「んぅぅ」

拓留「ちょっと行ってくる」



113: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 10:53:08.63 ID:dzoxeLYF0

宮代拓留が去った後

有村「先輩いないと暇だね」

香月「ん」

有村「ねえ華。私たちも気晴らしに散歩でもしない?」

有村「買い物でもしてさ、ね?」

香月「うん」

有村「よし決定~」

有村(あれ? 今華が「うん」って言ったような……)

有村(まあ、いっか)



114: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 11:09:57.43 ID:dzoxeLYF0

~夜、渋谷ヒカリヲ・シアターキューブ~

拓留「はあっ、はあっ……」

拓留「ここで、いいんだよな」

拓留「約束の時間まで1分か」

拓留「……」

拓留「静かだな」

ガサッ

拓留「ッ!?」ビクッ

ゴキブリー

拓留「な、なんだよ――まったく」

世莉架「あれぇ? 驚かせちゃったかな、タク」

拓留「……っ」

拓留「お、尾上……」

世莉架「やだなあ、もう。ゴキブリでビビっちゃうようじゃ情けないよ?」

世莉架(リアルブートされたゴキブリだけどね)

拓留「お前は、なんで……その、このタイミングで僕を呼び出したんだよ」

世莉架「うん、その前に場所を移そっか」パチッ

拓留「! ……ううう」バタッ





115: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 11:31:06.43 ID:dzoxeLYF0

~世莉架の家~

拓留「ぅぅ……こ、ここは?」ムクッ

世莉架「あ! 起きたね、タク」ピョン

拓留「それよりここはどこなんだよ!」

世莉架「うう……そんなに怒んないでよぉ」

世莉架「ここはね、私の家だよ」

世莉架「直接ここに呼ぶよりは間を挟んだほうがタクは来てくれるかなって思って」

拓留「尾上……」

拓留「でも、何も僕を縛る必要はなかったんじゃないのか」ギチギチ

世莉架「だって~タクだって男の子だし、腕力で勝てる自信ないもん」

拓留「そうか」

世莉架「えへへ、これなら私はタクに好き放題できるね♪」

世莉架「ちゅーしてあげるっ!」チュ

拓留「んっ」チュ

世莉架「口、開けてほしいな」

世莉架「れろっ、むっ、はあっ、ちゅっ」

世莉架「ちゅぱっ……エッチなキスしちゃったね///」

世莉架「ああ、もうだめっ! 我慢できない!」

世莉架「私――タクのこと好きすぎてもうどうにかなりそう」

世莉架「ぺ、ぺろぺろしていいよね!!」ハァハァ

拓留「ちょ、おい尾上――」

世莉架「れろぉっ」

拓留「あっ」

世莉架「タクのほっぺ舐めちゃった///」

世莉架「ねえ、もっと舐めたいな///」

世莉架(よし、>>116舐めちゃお(複数可))



116: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 11:34:13.40 ID:N8xINrGq0

○ん○んを舐める



117: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 22:00:48.75 ID:dzoxeLYF0

世莉架「やっぱりここだよね♪」ジィーッ

拓留「お、おい! 勝手にチャックを――」

世莉架「下ろしちゃいました!」

拓留「あっ」ボロン

世莉架「うわぁ/// すごぉい///」

世莉架「れろぉっ」レロッ

拓留「うっ……はあっ」

世莉架「えっへへぇ、おいしいよ♪ タク♪」

世莉架「しょっぱくてすっぱぁい///」

世莉架「もっと舐めちゃうねっ」

世莉架「れろっ、ちゅぷっ、ちゅぱっ」

世莉架「はむっ」パクッ

拓留「なんで咥えて……」

世莉架「じゅぽっ、ぎゅぽっ、じゅるっ」

世莉架「じゅっ、ちゅっ、じゅるるる」

世莉架「ぷはあっ!」

世莉架「はあっ……///」

世莉架「なんか興奮してきちゃった///」

世莉架「>>118しちゃえ」



118: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/26(日) 22:55:59.78 ID:KkQs8P8Oo

パイズリ



119: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/28(火) 20:30:57.05 ID:+Kzmgrp+0

世莉架「ぱ、パイズリするねっ」

世莉架「私、Cカップだから、できなくは、ないんだよ?」ムニュ

拓留「あっ……」

世莉架「んっ、んしょ、ふっ」ヌプヌプ

世莉架「んんっ、っしょ、っ……///」ヌプヌプ

世莉架「あはっ、もうここすっごく元気になってるね///」ツンツン

拓留「うっ、はぁっ……」ビクン

世莉架「タクはパイフェラってしってるかなっ」

世莉架「してあげるね」

世莉架「はむっ、じゅぼっ、じゅっ、ぎゅぽっ……」ヌップヌップ

世莉架「じゅぱっ、ぷぼっ、じゅぶっ」 ヌップヌップ

世莉架「ぶぱっ、じゅっ、じゅるる」 ヌップヌップ

拓留「お、おい、尾上……もう……」

世莉架「で、でるのかなっ」

世莉架「出していいよ、タク」

拓留「尾上っ」ドビュルッ

世莉架「あはっ!! ……はあ、あつくてくさあい……」

世莉架「あ、もったいないからこうしないと……」

拓留(顔中にかかった精液を手で集めてる……)

世莉架「ここに入れないとね///」

拓留「!(自分の手を股に突っ込んだだと)」

世莉架「タクの赤ちゃんの素は残さずいただかないと///」

世莉架「ごちそうさまです///」

拓留「……尾上」

世莉架「う? どうしたのタク。そんなに怖い顔しないで欲しいなあ」

拓留「有村と香月は、どうした」

世莉架 ピクッ

世莉架「ふーん。二人きりになれたのにそうやって他の女の名前出すんだ」

世莉架「タクは卑怯だね。私がタクにひどいことできないの知っててそういうこというんだもん」

世莉架「教えてあげる」

世莉架「あの二人は私が>>120したからもういないよ」



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/28(火) 21:18:29.45 ID:EU8FZKKbo

変態爺に売った



121: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/01(水) 21:58:29.93 ID:PTewkqzX0

世莉架「あの二人は私が変態爺に売ったからもういないよ」

世莉架「おかしいよねー、世の中には死んでる女の子とヤっちゃって気持ちよくなる人がいるんだもん」

世莉架「まあ、私にとっては一石二鳥だったからちゃちゃっと片付けちゃったけどね」

拓留「あ……」

拓留(僕はそのとき、尾上に対して何も言えなかった)

拓留(それはあきらめに近い感覚だったのかもしれない)

拓留(みんな、死んだ)

拓留(香月も、有村も)

拓留(この世莉架のことだから、乃々だって殺されているはず)

拓留(もう、だめだ)

拓留(よし、あきらめて>>122してしまおう)



122: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/01(水) 22:00:16.56 ID:bZ2znOUr0

乃々を蘇らせよう



123: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/01(水) 22:11:17.53 ID:PTewkqzX0

拓留(乃々は生きている。乃々は生きている)

拓留(乃々は生き返る。乃々は生き返る)

拓留(妄想は、具現化する――)

リアルブート

??「ん、うう……」

世莉架「はっ、誰だ!!」

??「わ、私は――」







































泉理「みなみさわ――せん、り……」



124: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/01(水) 22:20:51.45 ID:PTewkqzX0

泉理「>>125」



125: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/01(水) 23:44:28.33 ID:JOl6ZbTCo

世莉架後悔させてあげる



126: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:02:05.84 ID:b5Y1yiUG0

泉理「世莉架……後悔させてあげる」

泉理「拓留には、もう手を出させない」

世莉架「へえ、フェイクはやめたんだ」

拓留(いったいどういうことなんだ)

拓留(乃々をイメージして出てきたのは華奢で平凡な女の子だった)

拓留(でも不思議で――)

拓留(――それが乃々の本来の姿であるというおそらくは事実にすぐたどり着いた)

拓留(情強としてはふさわしくないが、直感というものだ)

世莉架「ずっと自分を偽ってきたお前にいまさら何が出来るというんだ?」

泉理「確かに私は完全じゃなかった。不完全すぎたわ」

泉理「でもね、世莉架。あなたは不完全を超える負を纏いすぎているのよ」

泉理「あなたは拓留のためを思って生きていたのだと思う。けどそれは、いつのまにか拓留のためではなくあなた自身のためになっていたのよ」

泉理「人間としてはむしろ当然だけどね」

世莉架「わっ、私はお前の言ってることがわからない! 私のためってなんだ! タクに尽くしたことが自己満だっていうのか!!」

泉理「そうよ」

世莉架 プチン

世莉架「ふーん」

世莉架「ふーん」

世莉架「……そっか」

世莉架「もういいよ、お前なんて――」

――死んじゃえ。

泉理「くぅっ!?」ディソードリアルブート

世莉架「ははっ!! 弱くなったんじゃないの? 元のんちゃん?」ガキィン

泉理「私は……家族のためならなんでもするのよ!」

泉理(ごめんね、拓留。せっかく生き返らせてくれたのに、お姉ちゃん死んじゃうかもしれないわ)

泉理(でもきっと、あなたが幸せになれる世界にしてあげるから――)

泉理(――許して、ちょうだいね)

泉理「うぁぁぁぁっ!!」バッ

世莉架「なっ」キィン

世莉架「くっ、ちょっと舐めすぎたか」

泉理「あなたのほうこそ、死ぬわよ?」

世莉架「ほざけっ!!」ダッ



127: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:04:02.92 ID:b5Y1yiUG0

キィン

ガキィン

拓留「……」

拓留(僕は、無力だ)

拓留(なにが情強だ)

拓留(なにがリア充だ)

拓留(僕はただのうそつきだ)

拓留(僕はただのよわむしだ)

拓留(ただ自分が可愛いだけで)

拓留(たくさんの人を巻き込んで)

拓留(みんな、死んでいく――)



128: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:15:48.20 ID:b5Y1yiUG0

泉理「はあっ、はあっ……」

世莉架「ははっ!! ざまあないね!!」

泉理「くぅ」

世莉架「もうやめれば!? あんたこそ自己満よ!!」

世莉架「私とあんたの違いは、力があるかどうか! 胸があるかどうか! 度胸があるかどうか! それだけかもしれない!」

世莉架「……けど、それだけでもタクに与えられるものは違うのよ。違いすぎるの!!」

世莉架「死ねっ! 死ね!!! ふたりもいらない!! そうなのよ!!」

世莉架「はあっ……はあっ」

泉理(この子も相当ね)

泉理(周りが見えなくなるタイプの究極だわ)

泉理(口調もばらばら、言ってることはめちゃくちゃ)

泉理(そろそろ決定打を打たないと私も危ないわね)

泉理(ふと気を緩めればやられてしまうわ)

世莉架「来い!! 来なさいよ!!」ガチャッ

泉理「言われなくてもそうするわよ!!」ダッ

キィン

キィンッ

……

…………

……………………

スーッ

プツリ

泉理「きゃあっ!!」ポタポタ

世莉架「……もうあきらめなよ……あなたはそう長くは持たないから」ハアハア

泉理(そうは、いかないのよ)

泉理(いかないのに)

泉理(どうして言うことを聞いてくれないのこの腕は!!)

泉理(肩の傷――そう浅くもないわね)

泉理(この子のいうとおり長くは持たないわ)

泉理(いくしか、ないわね)

泉理「ふっ!!」ガチャン

世莉架「へ、へえ、まだやるんだ」

泉理「うぁぁぁぁぁっ!!!!」

世莉架「?!」

私は、

わたしは、

真っ直ぐ、

まっすぐ、

ディソードを、



129: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:16:20.25 ID:b5Y1yiUG0

泉理「ごめんね、拓留」

――拓留に向かって振り下ろした



130: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:18:16.03 ID:b5Y1yiUG0

――ディソードは皮膚を裂いた。

――肉を抉った。

――骨を砕いた。

――血が舞う。

――壁や床に真っ赤な花が咲く。

――それもすべては……


































……かつて世莉架の一部だったもの。



131: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:28:57.04 ID:b5Y1yiUG0

泉理(どこまでも醜く、そして卑怯なのは私だ)

泉理(最後に剣を振り下ろしたあの瞬間を今でも覚えている)

泉理(あのとき、私は拓留に向かってディソードを振り下ろした)

泉理(そしてそれをかばうように世莉架がディソードの犠牲となった)

泉理(私は知っていた――)

泉理(――世莉架が拓留を守るということを)

泉理(拓留は多くの女の子に犯されていくうちに、どこかで守って欲しいと願っていたんだと思う)

泉理(世莉架は知らないうちにそれを察知していたんだとも思う)

泉理(本当のことはわからない)

泉理(でも事実だけが残っている)

泉理(私は拓留を罠として利用し、世莉架を殺したのだ)

泉理(後悔はしていない)

泉理(拓留はすでに意識を失っていた。私は拓留を解放し、青葉寮へと連れ帰った。返り血は世莉架の家で流した)

泉理(世莉架の家では殺人事件が起きたということで町の騒ぎになったが、老人の死体も同時に発見され、事件の解決は難航した。たぶん解決しないと思う)

泉理(あれから、私と拓留はつねに行動をともにしている)

泉理(どういうわけか、碧朋学園からは追い出されてしまった。君らはもうここにいる存在じゃないとか言われた)

泉理(街中で私たちのことを奇異なものを見る目で見る人たちはいなくなった)

泉理(カオスチャイルド症候群が治ったのだろうか? 真相を私は知らない)

泉理(私と拓留は高卒認定試験に受かり、大学を目指した。一浪することになったけど、二人とも表参道の私立大学に入学した)

泉理(現在私たちはアパートを借りて二人暮らしをしている)

泉理(拓留は、例の件以降私に依存するようになった)

泉理(私は最低なの。拓留がそんなになってしまったのを、どこかで喜んでしまったから)

泉理(共依存の関係ではあるけど、私たちなりに愛し合っているつもりではある)

泉理(最近は勉強も楽しい。拓留も無知を認めてひっそりと勉強に打ち込んでいる。時には私と拓留の二人で、ね)

泉理(これで、よかったのよね)

泉理(これで――)



132: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:42:28.00 ID:b5Y1yiUG0

~都内某アパート~

泉理「んんっ、あっ、そこっ、もっと、お願い……」

拓留「本当にここを突かれるのが好きなんだな、泉理」パンパン

泉理「そうっ、なの、あなたのそれでっ、ここ突かれるのが、あんっ、――たまらないわ」

泉理「ねえ、いつも拓留が動いてるから、今日は私が動いて見るわ」

拓留「でも体力がないからしないんじゃなかったのか?」

泉理「あなただって体力ないじゃない」

拓留「なっ……泉理よりは、あるぞ」

泉理「ふふっ、そうやって強がるのも拓留らしくて好きだわ」

拓留「茶化すなよ。それで、動くのか?」

泉理「うんっ。私が上になるから。楽にしてて」

拓留「わかった……けど、なんだか眠くて。途中で寝たらごめんな」

泉理「おちんちんが起きてればエッチできるからいいわよ、寝ても」

拓留「本体はこっちなんだが……」

泉理「ふふっ」

拓留「ははは」

泉理「キス、してもいい?」

拓留「当たり前だろ」

泉理「んっ」チュ

泉理「はむっ、ちゅっ、じゅるっ、んはっ……」

泉理「ありがと。後は楽にしててね」

泉理「よいしょっと」グルリ

泉理「いれる、ね」

泉理「ん~~っ」ズズズズ

泉理「全部入っちゃった」

泉理(最初はすごく痛かったけど、今では気持ちいい)

泉理(共依存なだけあって、体を貪るようにセックスすることが多い)

泉理(今日は拓留が疲れてるから、私が動く)

泉理「んあっ! んっ、あっ、あんっ」ズンズン

泉理「た、拓留のっ、お、おちんちん、すっごいの……」アンアン

泉理「わたっ、私のっ、あんっ! ちっちゃい膣に、んっ、……収まらないくらい大きくてっ」アンッアンッ

泉理「それ、なのにっ、んんっ、……こんなに気持ちよく、なっちゃうのっ」アンアン

泉理「あんっ// いいっ// 拓留のをっ、感じるっ///」ズンズン

泉理「ポルチオ、だめぇっ/// も、もういっちゃうからぁっ///」

泉理「あっ――///」プシャァァァァッ

泉理「はっ――はっ――……はぁ」

泉理「ごめんなさい拓留。すこしあなたにかけちゃったわ」

泉理「こんなに潮吹いちゃって///」

拓留「zzzzzz」

泉理「寝ちゃったか。こっちは起きてるのに」ツンツン



133: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:47:47.50 ID:b5Y1yiUG0

泉理(私たちはあまり避妊をしない。生で触れ合っていたいと思うから)

泉理(私はいつ妊娠してもおかしくないのかもしれない。けど、私の妊娠は拓留もどこかで望んでいること)

泉理(私が拓留の精子で妊娠すれば、確実に私が拓留のものになるから)

泉理(私もそれをいやだとは思わない。なんたって共依存だから)

泉理(いったいどんな関係なんだろう。私たちは。恋人なのか、なんなのか、とんとわからない)

泉理(でもこれが、私の選んだ答え。私の選んだ幸せ)

泉理(拓留もそれに乗ってくれている。それでいいじゃない)

泉理(それでよかったのよね?)

泉理(これでよかったのよ)

泉理(私たちは、幸せになるのよ)

泉理(そう、幸せにね)

泉理(だから――)



























































泉理「――二度と私のこと離さないでね。愛しているわ、拓留」

                                                            ~完~



134: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/02(木) 21:49:10.04 ID:b5Y1yiUG0

これでこのssは終わりです。なんどもIDが変わっていますが一貫して私が書きました。

ところどころ変なところもあったと思います。読んでいただきありがとうございます。

感想や応援などよろしければお願いいたします。


元スレ
SS速報R:【安価】拓留「安価で行動だ」【CHAOS;CHILD】