1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/04(月) 21:26:24 ID:eNooiqaU

アスカ「ファ、ファースト?あんた、今なんて…」

レイ「碇君と、ぽかぽかしたい、と言った」

アスカ(ぽかぽか…つまりこいつ…シンジの奴を殴りたいってこと?)

アスカ「ちょっとファースト、あんた本気で言ってないわよね?冗談でしょ?ね?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/04(月) 21:33:03 ID:eNooiqaU

レイ「冗談なんかじゃ、ない。…私は本気よ」

アスカ(流石のあたしでもそこまで思わないわよ…人形女だと思ってたけど、本性は暴力女だったなんてね…)

アスカ「何であんたはシンジを″ぽかぽか″したい訳ぇ?なんか理由があんでしょ?教えなさいよ」

レイ「…から」

アスカ「へ?」

レイ「…碇君と、もっと仲良くなれるから。碇君との絆、深めたい。だから私は碇君と、ぽかぽかしたい」

アスカ「あんた、バカァ?そんなんで仲良くなれる訳、ないじゃない!」

アスカ(殴りあいをして絆が深まるとか、どんなバトル漫画の世界線よ)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/04(月) 21:41:28 ID:eNooiqaU

レイ「…どうしてそんなに頑なに止めるの、セカンド」

アスカ「はぁ?」

レイ「分からないわ。どうしてぽかぽかしたいと思うのがいけないことなの?」

アスカ「どうして、ってンなの当たり前じゃない!普通の精神の人間なら、誰でも止めるわよ!」

レイ「…」

レイ「もしかして、貴方も碇君とぽかぽかしたいの?だから、止めるの?」

アスカ「バッカじゃないの!そんな訳ないじゃない!あたしだってそこまで思わないわよッ!暴力女、あんたなんかとあたしを一緒にしないでよね!」

レイ「そう」

アスカ「そうよ!!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/04(月) 21:48:02 ID:eNooiqaU

シンジ「アスカ、綾波!こんなとこにいたんだ。…珍しいね、二人で話してるの」

レイ「碇君…」

アスカ(噂をすればなんとやら、ね…この暴力女がシンジを殴らないよう、あたしがしっかりしないと)

アスカ(…べ、別にシンジの為じゃないから!こんなのでもエヴァのパイロットだし、いないと困るから、ただそれだけよ!)

シンジ「アスカ?ボーッとして大丈夫?」

アスカ「大丈夫よ!…え、えーと、それよりシンジ?」

シンジ「何?アスカ」

アスカ「このあたしの買い物に付き合いなさい!言っとくけど、これは命令よ!あんたに拒否権はないんだからね!」

シンジ「そんなぁ!アスカはいつも強引過ぎるよ…」

アスカ「あによ?このアスカ様の買い物に付き合えないってぇの?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/04(月) 21:52:51 ID:eNooiqaU

シンジ「別に、そんなこと言ってないじゃないか!分かったよ、付き合うよ!付き合えばいいんでしょ」

アスカ「ふん!最初から素直にそう言やぁ良いのよ」

アスカ(これでシンジとファーストを引き離すことが出来るわ!フフン、あたしったらやっぱり天才ねッ!)

レイ「碇君、私も買い物行きたい。私も、良い?」

シンジ「え、あ、綾波…?」

レイ「…駄目なの碇君」

シンジ「……え、えーと」

アスカ「駄目駄目駄目駄目駄目ッッ!!!!」

シンジ「!?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:18:17 ID:5.lM2hq6

レイ「…どうして、駄目なの」

アスカ「どっ、どうしてって…それは、アレよアレ!シンジはあたしの荷物係なんだから!」

レイ「荷物係だなんて、そんなの碇君が可哀想よ」

アスカ(荷物係が可哀想?じゃあぽかぽか殴るのはどうなのよ?可哀想じゃないってぇの?)

シンジ「大丈夫だよ、綾波。僕、慣れてるし平気だから」

アスカ「そうよ、そうよ!あんたはもう帰んなさいよ!いても邪魔なだけよ!」

シンジ「ア、アスカそこまで言っちゃ綾波が可哀想だよ…」

アスカ「何?あんた、この女の肩を持つ訳?」

シンジ「そんなんじゃないよ!ただ…買い物くらい、皆で行けば…良いんじゃないかなぁって」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:25:42 ID:5.lM2hq6

レイ「碇君…」

アスカ「良いわ。じゃあフィフスも呼びましょう」

シンジ「カヲル君?だ、だけどアスカ、カヲル君のこと普段あんなに嫌ってるじゃないか!なのになんで…」

アスカ「勘違いしないでよね!男女比を均等にする為よ。荷物係も多い方が都合良いし」

シンジ「分かった。カヲル君にメールしてみるよ」ピポパポ

アスカ「そうね…でもそれだとコネメガネも呼んだ方が良いかも。あいつだけ仲間外れしたりしたら、後で煩いし」

15分後

カヲル「やぁ、待たせたね。シンジ君、それにファースト、そして…セカンド」

アスカ「…あによ」

カヲル「君が僕を指名してくれたんだって?光栄だよ」ニコッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:33:18 ID:5.lM2hq6

アスカ「ふんっ!な~にが指名よ!ホストじゃあるまいし!あんたはあたしの荷物係なんだからね!」

カヲル「仰せのままに」

シンジ「それより、マリさん遅いね…大丈夫かな?」

マリ「ごっみ~ん!遅れちった!」

アスカ「コネメガネの分際であたしを待たせるたぁ、上等じゃないの!」

マリ「いやぁ~、道が混んでてね~」

マリ「そ・れ・よ・り!お呼びっすか、ヒメ」

アスカ「買い物行くからあたしの荷物係になんなさいよ」

マリ「わお!ヒメったら積極的!それってデートのお誘いっすよね♡」

アスカ「んな訳ないでしょ!女同士なのよ?」

マリ「ヒメ、分かってないな~愛は性別を越えるんすよ?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:43:41 ID:5.lM2hq6

アスカ「おふざけも大概にしなさいよ!」

マリ「ヒメったら照れちゃってぇ~」

カヲル「君たちは仲良しなんだね」

レイ「…」

シンジ「…あ、ごめんね綾波。煩くて」

レイ「別に。…皆で買い物、賑やかで良いと思う」

アスカ(ちょっと煩いとは思うけど…こんだけの人数がいたら、シンジのこと殴る暇なんかないでしょ!)

アスカ(大勢の前でそんなことしてみなさい、あんたはたちまちネルフをクビよ、クビ!)

アスカ(とは言うものの…不本意だけど、あたしだけじゃちょっと不安ね…誰か味方が欲しいわね。シンジのこと大好きなフィフス辺りが良いかしら)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:48:38 ID:5.lM2hq6

アスカ「ちょっとフィフス、こっち来て」

カヲル「どうしたんだい?なにか用かい?」

アスカ「良いから早く来なさいよ!」

カヲル「もしかして…僕に愛の告白でもする気かい!?」

アスカ「…あんた、もしかしなくてもコネメガネに影響受けてるでしょ」

カヲル「そうなのかい?自分では中々分からないな」

アスカ「まぁ、ンなこたぁどうでも良いわ。本題、入るわよ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/07(木) 20:54:44 ID:5.lM2hq6

アスカ「聞いて。ファーストはシンジのことを殴りたいって思ってるわ。しかも、殴りあえば絆が深まるとか訳分かんない考えの持ち主よ」

カヲル「信じられないな…あの寡黙なファーストが…」

アスカ「信じられなくても、真実よ。あたしは直接、この耳で聞いたんだから!」

カヲル「そうか…人は見かけによらないとは正にこのことだね」

アスカ「だから、あんたに協力して欲しいの!あたしはあいつを見張るからあんたはシンジを守って!得意でしょ、そーゆーの!」

カヲル「君に言われなくても、そうするつもりさ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/10(日) 16:08:59 ID:kF1WIkao

アスカ「よし!交渉成立ね!二人であの暴力女を見張るわよ!」

カヲル「おー!」

アスカ「…あんたってそんなキャラだっけ?」

カヲル「おや?こういう時の掛け声は



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/10(日) 16:11:09 ID:kF1WIkao

アスカ「よし!交渉成立ね!二人であの暴力女を見張るわよ!」

カヲル「おー!」

アスカ「…あんたってそんなキャラだっけ?」

カヲル「おや?こういう時の掛け声はそういう物だと聞いたのだけどな…すまない、間違いだったかい?」

アスカ「いや、まぁ良いわ…」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/10(日) 16:20:47 ID:kF1WIkao

***
マリ「ほらほら、見て見て!これなんかめっちゃ似合うんじゃないかにゃ~!」

レイ「…別に、私は良い。服ならこれがあるもの…」

マリ「そんなカッタイこと言わないでさ~!可愛いんだから、制服ばっか着てたら勿体ないっすよ?」

レイ「そう」

マリ「次はこっちのお店!れっつらごー!」

シンジ「あの二人、なんだかんだで楽しそうだね」

アスカ「そうねぇ」

アスカ(コネメガネ、ナイスよ!これであいつはシンジに手出し出来ないわ!)

シンジ「じゃあ、綾波とマリさんはそっとしておいて…僕らは僕らで買い物に行こうか!」

アスカ「…へ?」

シンジ「アスカ、僕に買い物付き合って欲しいんだよね?あの二人はあの二人で楽しんでるしさ、別行動しても大丈夫かなって…」

アスカ(…そういやそんな設定だったわね…)

シンジ「あ、カヲル君も行く?何か見たいものがなければの話だけど…」

カヲル「僕はどこまでもシンジ君に付き合うつもりだよ」ニコッ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/10(日) 16:31:08 ID:kF1WIkao

シンジ「そう?…あ、アスカ…カヲル君も一緒で良いかな?」

アスカ「…家具!家具よ、あたしが見たいのは家具!」

シンジ「え。か、家具?服とかじゃなくて、家具?」

アスカ「あによ?なんか文句でもある訳ぇ?」

シンジ「いや、ないけどさ…なんか、意外だなぁって」

アスカ「あれよ、あれ!ミサトがさ、家具新調したいんだって。だから、あたしが見てあげることにしたの」

カヲル「セカンド、嘘だね?」コソッ

アスカ「は?悪い?」ギロ

シンジ「そうなんだ。アスカって優しいんだね!」

アスカ「な、なによいきなり…気持ち悪いわね」

シンジ「買い物付き合って欲しいって言ったの、ミサトさんの為だったんだね!僕に付き合って欲しいって頼んだのも、僕も住人だからでしょ?だから、優しいんだなぁって思ったんだ」

カヲル「知らない方が良い真実もこの世にはあるのさ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/11(月) 20:39:53 ID:h63kVgLI

カヲル「おっと、今のは失言だったかな?」

シンジ「?二人とも、いくよ?」

アスカ「あっコラ!待ちなさいよもう!!シンジの癖にぃ!」

家具屋
アスカ「シンジ、ほらこれ!これにしましょ!」

シンジ「え…こ、これ?これはちょっと…」

アスカ「なんでよ!花柄で可愛いじゃないの!」

シンジ「アスカの部屋の家具じゃないんだから…ミサトさんにこれは派手過ぎると思うよ?」

アスカ「良いじゃない!あたしの家でもあるんだから!」

シンジ「そ、それはそうだけどさ…」

カヲル「シンジ君、このソファーなんてどうだい?座り心地が良さそうだよ」

シンジ「でもこれ二人がけだよ?カヲル君、一人暮らしなんだよね?二人がけのソファーなんていらないんじゃ…」

カヲル「何を言ってるんだい?僕と君、二人の愛の巣に置く家具の話さ」

シンジ「えっ?愛の巣?」

アスカ「あんたはどさくさ紛れになに言ってんのよ!!このナルシスホモが!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/11(月) 20:43:11 ID:h63kVgLI

カヲル「セカンド、店内では静かにしないと皆の迷惑になってしまうよ」ニコッ

アスカ「うぎー!!!!」

シンジ(アスカとカヲル君、ずいぶん仲良いんだなぁ…)

カヲル「さ、シンジ君。君と僕の愛の巣に置く家具を見に行こうか…」グイ

シンジ「え、ちょっとカヲル君?」

アスカ「シンジ!!なにしてんのよ!こっち来なさい!」グイ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/11(月) 20:50:56 ID:h63kVgLI

シンジ(いっ、一体僕はどうすれば…カヲル君はよく分からないこと言ってるし、アスカに付いてくべきだよね?)

シンジ「アスカ、行こうか」

アスカ「最初からそうすりゃあ良いってんのよ!」

カヲル「これは君の望む幸せではなかった…」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/16(土) 16:21:56 ID:PlW.MjcA

**
シンジ「良かったね、ちゃんと買えて…」

アスカ「当たり前でしょ!このエリートアスカ様が一緒なんだから!」

シンジ「そ、そだね…ハハ…」

アスカ「そういやあ、コネメガネとファーストはどうなったかしら?」

カヲル「真希波さん無事だと良いね?」

アスカ「縁起でもないこと言わないでよ!」

シンジ「…確か、待ち合わせ場所はこの辺だよね?」

マリ「おまた~!」

アスカ「コネメガネ…!あんた、おでこの傷…」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/16(土) 16:30:20 ID:zQIImCj2

レイ「弐号機の人、ごめんなさい。私…」

マリ「あー、良いの良いの!こんくらいへーきだって!」

アスカ「ちょっとファースト!!あんたがコネメガネに怪我させたの?」

レイ「…ごめんなさい」

アスカ「謝って済むと思ってんの!?あんた、最低よ!ほんっとに最低!!信じらんないわ!」

カヲル「…人に暴力を振るうのは良くないことだよ。まして、真希波さんは女性だ。傷が残っては彼女の結婚に問題が…」

アスカ「ちょフィフス、あんたいつの時代の貴族よ?」

カヲル「だけど、傷が残ると可哀想なのは確かだろう?」

マリ「心配してくれんのは嬉しいんだけどさ、そ~んな大袈裟なもんでもないのよん?あたしが一階の広場のジャズに聞き惚れちゃって、急に止まったのが悪いんだからさ」

レイ「でも私、貴方にぶつかってしまった」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/17(日) 10:36:57 ID:MZNvvfNk

マリ「ダイジョブだって!こんな傷!」

レイ「…でも、痛そう」

マリ「こんなの妊娠に比べたらかすり傷みたいなもんよ!ま、元々かすり傷だけどねん」

レイ「そう…」

アスカ「…じゃ、じゃあ殴られた訳じゃないの?」

マリ「レイちんが?あたしを殴る?まっさか~!このコはそんなタマじゃないって!やだな、ヒメったら」

アスカ「嘘でしょ?だって、さっきファーストが…」

マリ「レイちんがどうかしたのかにゃ?」

アスカ「シンジを殴りたいって…」

シンジ「え?」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/17(日) 10:39:54 ID:MZNvvfNk

シンジ「綾波…嘘だよね?ぼ、僕を殴りたいなんて…」

レイ「わ、私…そんなこと言ってない…」

アスカ「だ、だってあんたぽかぽかしたいって言ってたじゃない!それって殴りたいって意味でしょ?」

マリ「おおっと~?」

レイ「違う。違うの。それは…殴りたいって意味じゃなくて…その…」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/17(日) 10:47:28 ID:MZNvvfNk

カヲル「ファースト、君はシンジ君のことが好きなんだね?」

レイ「…///」コクン

アスカ「そうならそうと、ハッキリ言いなさいよ!もう!いらない心配した自分が馬鹿みたいだわ!」

シンジ「…アスカ、僕を心配してくれてたの?」

アスカ「あんたみたいなネクラでも、一応エヴァのパイロットだからね!いないと面倒だから、ただそれだけよ!」

シンジ「それでも嬉しいよ。心配してくれて」

アスカ「あたしより、あんたが気にしなきゃいけないのはファーストでしょ!好きって言ってんのよ!?あんたに!」

レイ「碇君…」

シンジ「綾波…ありがとう。こんな僕なんかを好きって言ってくれて。凄く嬉しい」

レイ「碇君」

シンジ「綾波」

マリ「あっちゃ~完全に二人だけの世界ねん」

カヲル「…シンジ君が幸せなら僕はそれで良いのさ」

アスカ「アホらしい!ばっかみたい!あたし帰る!」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2022/07/17(日) 10:50:44 ID:MZNvvfNk

カヲル「それってヤキモチ、かい?」

アスカ「あんたバカァ?そんな訳ないでしょ!気持ち悪いこと言わないでよ!」

マリ「ヒメ、待ってよ!一緒に帰ろ!」

アスカ「…ラーメン!」

マリ「へ?」

アスカ「…ラーメンおごってくれんなら良いわよ。一緒に帰ってやるわ」

マリ「モチのロン!」

アスカ「フィフス、なにボケっとしてんのよ!あんたも行くのよ!」

カヲル「仰せのままに」





元スレ
SS深夜VIP:レイ「…碇君と、ぽかぽかしたい」アスカ「!?」