3: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 22:27:34.82 ID:Yvy/GkKV.net

花陽(目を覚ますと、そこは知らない部屋でした)

かすみ「えー!ここどこ~!?なんでかすみんがこんな所に…!?」

すみれ「何よこれ、拉致?監禁!ドッキリ!?」

花陽「あの、あなた達は…」



『うゅ…み、みなさん!』

3人「!?」



5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2022/08/07(日) 22:34:06 ID:Yvy/GkKV.net

花陽(仮面を着けた赤髪の少女が、テレビに映ってます…!)

赤髪の少女『えーっと……』

赤髪の少女『き、きさまらを!その部屋に閉じこめましたぁー!』

花陽「トジコメラレチャッタノォー!?」

赤髪の少女『へ、部屋から出たかったら、1人につき1つパスワードを見つけてください…!』

かすみ「まさかデスゲームですかー!?」

すみれ「ギャラ!?やばいったらやばいじゃない!!」

赤髪の少女『いえ、そういうのじゃないよ…』

すみれ「絶対最初に死ぬの私だわ…」

かすみ「私、一体どうなっちゃうの~!?」

赤髪の少女『あ、あのぅ…話聞いてほしいな…?』

花陽「私は聞いてます」

赤髪の少女『ほっ…よかった~』



6: 名無しで叶える物語(たこやき) 2022/08/07(日) 22:41:26 ID:Yvy/GkKV.net

赤髪の少女『パスワードは、出口用のドアの横にキーパッドがあるので、そこに打ち込んでもらえれば…』

すみれ「ふざけないで!今すぐここから出しなさいよ!」

赤髪の少女『えっと、あの…』

かすみ「すぐに出さなきゃ警察呼びますよ!?」

赤髪の少女『うゆゆ…』

すみれ「大体なんなのよ、その声!ボイチェンにしてもかわいいわね!」

赤髪の少女『あ、これはルビィの地声です…』

かすみ「えー、地声なんですか!?かわいいですね♪ま、かすみんには及びませんけど~」

赤髪の少女『うゅ、ありがとう…!』

花陽「緊張感がないよ…」

花陽(あとこの子、ゲームマスター風なのに人間味がすごい…)



9: 名無しで叶える物語(たこやき) 2022/08/07(日) 22:47:41 ID:Yvy/GkKV.net

かすみ「赤髪さんー。パスワードってどこにあるんですかー?」

赤髪の少女『ええ!?もうちょっと部屋を探してから言ってほしいなぁ…』

花陽「よく見たら壁にいっぱいドアあるね」

すみれ「割と広い部屋ね。結構お金かけてるのかしら」


花陽「……あ、あの」

かすみ「ん?どうかしたの」

花陽「いや、えっと…」

すみれ「何よ?はっきりしないわねぇ」

花陽「……」

花陽「自己紹介、しませんか…?」

かすみ「…そういえばまだでしたね」

すみれ「そうね。同じ境遇にいる仲間だし、互いの名前くらい知っててもいいわよね」



10: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 22:54:39.28 ID:Yvy/GkKV.net

すみれ「ギャラクシー!」

すみれ「私の名前は平安名すみれ。高2…いや1年生よ」

かすみ「わー」パチパチパチ

花陽「よろしくねー」パチパチパチ

花陽(ギャラクシーってなんだろ…?にこちゃんのアレみたいな感じかな…)


かすみ「初めまして~!中須かすみ、高校1年生!」

かすみ「かすみんって呼んでくださいね♪」

花陽「なかすかすみ…」

かすみ「かすかすって言わないでくださいー!」

花陽「ええっ!言ってないよ!?」

かすみ「言いました~!かすみんですからね!」

すみれ「同い年なのね。よろしく」パチパチパチ



11: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:01:02.27 ID:Yvy/GkKV.net

花陽「小泉花陽、です。二人と同じで高校1年生だよ」

すみれ「よろしく」パチパチパチ

かすみ「え、全員タメなの?なーんだ、敬語で話して損した~」

すみれ「花陽とかすみね、覚えたわ」

花陽「よろしくね。かすみちゃん、すみれちゃん!」

かすみ「うん、よろしく~!」

かすみ「かよ子♪すみ子♪」

花陽「か、かよ子!?」

すみれ「すみ子って…。まだ原型はあるからマシだけども…」



12: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:09:04.79 ID:Yvy/GkKV.net

かすみ「まずはどの部屋から見よっか?」

すみれ「ここから見てみましょう」ガチャ

かすみ「あー!すみ子、もし即死トラップがあったらどうすんの!?」

すみれ「そうだったわ…!次からは気をつけるわね」

花陽「そういうのはないって赤髪さんが言ってたよ…?」

赤髪の少女『うゅ…。あの二人、話聞いてくれないよぉ…』

『大丈夫ですわ。ルビィはよくやっていますわよ』

赤髪の少女『おねぇちゃん~!大好き~♪』

花陽(お姉ちゃん!?実家から通信してるの…?)



13: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:13:58.47 ID:Yvy/GkKV.net

すみれ「ここは…ダイニングキッチン?」

赤髪の少女『あ、お腹が空いたらそこでごはん作って食べてね』

かすみ「冷蔵庫…材料たくさんあるよ!」

花陽「監禁されてるとは思えないホワイトさ…!」

すみれ「料理ねぇ。作らなきゃいけなくなる前に脱出したいものだけど」

かすみ「かよ子とすみ子は料理得意ー?」

花陽「私はお米関連なら得意ですっ!」

すみれ「私は…そこそこかしら。かすみは?」

かすみ「かすみんは~、パン関連ならちょっと自信あるかな~♪」

すみれ「二人して炭水化物特化なのね…。私が栄養バランス考えないと」



15: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:22:54.61 ID:Yvy/GkKV.net

かすみ「ここはトイレなんだ。よかった~トイレできるとこなかったらどうしようかと…」

かすみ「あ、いえ!アイドルはトイレなんてしないけどね!?」

すみれ「誰に言い訳してるのよ…?」

花陽「…かすみちゃん。今、アイドルって言いました!?」

かすみ「えっ!な、なに…かよ子…?」

花陽「もしかしなくても、かすみちゃんってスクールアイドルなの!?」

かすみ「…ふっふっふ!やっぱりかすみんのアイドルオーラは隠せなかったみたいですね~!」

すみれ「自分から言ってたじゃない」

かすみ「しゃらっぷ!」



16: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:33:36.76 ID:Yvy/GkKV.net

花陽「あの、実は私もスクールアイドルやってるんです!」

かすみ「えー!かよ子もー!?」

すみれ「…実は私も」

かすみ「えー!全員ー!?」

かすみ「確かに、二人ともレベル高い…」グヌヌ

花陽「これって偶然…なのかな?」

すみれ「いえ、スクールアイドルだからこそ閉じ込められたのかもしれないわ…」

花陽「あの赤髪の子は、スクールアイドルを狙って集めた…?でも何のために…」

かすみ「…?」

すみれ「ねえ、赤髪。どうして私たちを閉じ込められたのか、そろそろ聞かせてもらうわよ」

かすみ「そ、そうです!どうしてかわいいかすみんを狙ったんですか!?」

赤髪の少女『んー、ほっほはっへ!(ちょっと待って!)』モグモグ

花陽「アイス食べてるのー!?」

花陽(ホームビデオ見せられてるのかな…)



19: 名無しで叶える物語 2022/08/07(日) 23:48:47.61 ID:Yvy/GkKV.net

赤髪の少女『みなさんを集めた理由はいずれわかります!』

赤髪の少女『今はそんなことより、パスワード探しをがんばルビィ!』

花陽「そうだね…。私たちも、いつまでもここにいるわけにはいかないし」

すみれ「残りの部屋は、寝室と娯楽室だったわね…」

かすみ「全部屋見たけどパスワードなんて見当たらないよ~」

赤髪の少女『そんなことないよ!もっとちゃんと探してください…!』

すみれ「って言われてもねぇ…」

花陽「…ん?」

花陽(枕の下に紙がはさんである…)

花陽「…もしかして、これのことかな?」

かすみ「ナイスかよ子ー!」

すみれ「早く見せなさい!」

花陽「わわっ…!」



20: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:00:07.16 ID:/xYdzBnP.net

Q.ぼらららの初動枚数は?

かすすみ「ぼららら…?」

花陽「あ、私が所属してるグループのファーストシングルです」

花陽「初動枚数は確か、434枚だから…」

かすすみ「!!」シュバッ

花陽「!?」


すみれ「ちょっ…かすみ…!邪魔するんじゃないわよぉ……!」

かすみ「すみ子こそ!何一人で逃げようとしてるのさ!」

すみれ「あんただって一人で逃げるつもりでしょ!?」

花陽「え…!?パスワードって、3つ揃ったら出られるんじゃ…」

赤髪の少女『そんなこと言ってないよ~。1人につき1つあるって言っただけ』

赤髪の少女『だから…他の人を見捨てて、自分だけ今すぐ出ていくこともできるんだ~♪』

花陽「そんな…!」



21: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:08:02.40 ID:/xYdzBnP.net

かすみ「かすみには…帰りを待ってくれてる大切な家族がいるの!」

かすみ「同好会のみんなもかすみんが帰らなかったら心配しちゃうし…」

すみれ「私だってそうよ!親も妹もいるし、仲間もいる…!」

すみれ「ここは私に譲りなさいよー!」

かすみ「いーやーだー!!」

赤髪の少女『さあて、どうなるかな~』

赤髪の少女『……ん?』


花陽「……かすみちゃん。すみれちゃん」

すみれ「私が先よー!」

かすみ「かすみが出るんだからー!」

花陽「……」

花陽「仲良くしてよおおおー!!」

かすすみ「!?」



22: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:16:40.17 ID:/xYdzBnP.net

花陽「駄目だよ…こんなことで争ってちゃ…」

花陽「自分だけ出られればいいなんて考えたら、それこそ赤髪の子の思惑通りなんじゃない…?」

花陽「3人で協力すれば、パスワード3つなんてすぐに見つかるよ!それでみんなでここから出ようよ!」

すみれ「花陽…」

かすみ「かよ子…」

すみれ「……そうね。焦らなくても、すぐに全員分のパスワード見つけてみんなで出ればいい話よね」

かすみ「私も周りがよく見えてなかったかも…。ありがと、かよ子」

花陽「ううん、いいの!みんなで仲良く脱出しようね!」

花陽「私たちは……すみっこだもん!」

かすみ「すみっこ…?」



23: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:25:57.20 ID:/xYdzBnP.net

すみれ「すみっこ…」

すみれ「かすみとすみれ…は名前に入ってるからわかるけど、花陽は?」

花陽「小泉」

すみれ「…苗字もありなのね」

かすみ「すみというか、ずみだけど…」

花陽「…あはは。ちょっと無理があったかな?」

かすみ「ううん、かすみんたちはすみっこ!」

すみれ「あ、ねえ!この際だしちゃんと約束事を決めておかない?」

すみれ「これから何があっても自分だけ助かろうとしたりせずに、他の子を優先すること…!」

かすみ「いいじゃん!絶対約束だよ?」

花陽「うん!目的を一緒にする、同盟だね」

すみれ「ふふっ!そうね」

かすみ「私たち3人は…」

花陽「すみっこ同盟、です!」



25: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:37:36.15 ID:/xYdzBnP.net

Q.⬜︎に入る数字は?
16 06 68 88 ⬜︎ 98

花陽「これが2個目のパスワードみたい」

かすみ「……は?」

すみれ「数字が並んでるから、何か法則性があるんだろうけど…」

花陽「数列…にしては変だし…」

かすみ「とりあえず8が連続してそうだから、8は入りそう」

すみれ「適当な推理ね…」

花陽「…でも言われてみれば、同じ数字が多いよね」

すみれ「んー逆転の発想を…」

かすみ「逆……」

かすみ「あー!かすみんわかっちゃいましたー!」

花陽「ほんとに!?」

すみれ「どうせ嘘なんじゃないの~?」

かすみ「ほんとだよ!」

かすみ「この紙、反対にしてみて!」

花陽「反対に……あ!」

すみれ「数字が順番になってる…!」

かすみ「そう!逆から見るのが正解だったの!」

かすみ「だからパスワードは、87~!」

花陽「かすみちゃんすごーい!」パチパチパチ

すみれ「…すごいわ、かすみ」パチパチパチ

かすみ「でへへ~」



26: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:47:40.54 ID:/xYdzBnP.net

花陽(パスワードは2つ判明し、残り1つ)

花陽(あと一歩、だったのですが…)

かすみ「……ぬぁーーーい!」

すみれ「すみずみまで探したのに、残り1個のパスワードが見つからない…!」

花陽「最後は今までとは違う出題形式なのかな…」

かすみ「だとしても、それらしいものすら見つからないよ~!」

すみれ「…完全にお手上げね」

花陽「あの、赤髪さん!」

『……』

かすみ「赤子ー!おーい!」


『…ルビィ!呼ばれてますわよ!』

『すぐ行くって言っといてー!』

『もう、まったく……あ、妹はすぐに来ますので少々お待ちを』

花陽(家庭感がすごい…)



27: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 00:55:09.78 ID:/xYdzBnP.net

赤髪の少女『よいしょ……はいはい、なんですかー?』

すみれ「ちょっと!3つ目のパスワードが見つからないんだけど!?」

かすみ「パスワード、ほんとに3つあるんですかー!?」

赤髪の少女『……』



赤髪の少女『ルビィ、そんなこと言ったかなぁ?』

すみれ「はあ!?あんた、1人につき1つあるって…」

赤髪の少女『うん、言ったよ。でもさ…』

赤髪の少女『パスワードが3つあるとは、一言も言ってないんだよ?』

すみれ「……まさか」

花陽「それって…」

かすみ「…?ど、どういうこと…?」

すみれ「……最初から、二人しか脱出できないようになってたのよ」

かすみ「え…」

花陽「…ということは」

すみれ「3人のうち、誰か1人だけ…脱出できない……」

かすみ「そ、そんな…!」



29: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:04:18.00 ID:/xYdzBnP.net

かすみ「……かすみ、やだよ?」

かすみ「ここまで一緒に頑張ってきたのに…3人で出られないなんて…」

すみれ「私だってそうよ!でも…」

花陽「……」

花陽「すみっこ同盟…」

すみれ「え?」

花陽「何があっても自分だけ助かろうとしたりせずに、他の子を優先すること…」

花陽「……花陽は、ここに残るから」

花陽「二人は脱出して…!」

かすみ「な、何言ってんのかよ子!?それならかすみんが残るよ!」

すみれ「駄目よ!私が残るから、あんた達は脱出しなさい!」

すみれ「ほら、帰りを待つ家族や仲間がいるんでしょ…!?」

かすみ「それはすみ子もでしょ!!かよ子だって…」

花陽「……」

かすみ「かよ子…?」



30: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:16:23.57 ID:/xYdzBnP.net

ルビィ「あー、ゲームマスター楽しい~♪」

ルビィ「さあて、今回はどんな結末になるのかな~?」

ルビィ「前にスミスさん達でやった時は、ビンタでジャスミンを倒して一人で出て行っちゃったもんね~」

ルビィ「良純さんの回は神回だったな~。だってあれだけヒント出したのに、誰もパスワード解けないんだもん!」

ルビィ「この3人はどうなるやら…」


ルビィ「……え?」



31: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:21:16.71 ID:/xYdzBnP.net

かすみ「はいドロー4!」

すみれ「ちょっといい加減にしなさいよ!?何枚持ってんの!」

かすみ「へへへ~。すみ子ー?カードを多く持ってたら勝ちじゃないんだよー?」

すみれ「くっ…」

花陽「あ、かすみちゃんウノ言ってないよ」

すみれ「ぷっ……はい、あんたも引きなさい」

かすみ「あー!また言い忘れましたー!」


赤髪の少女『…ねえ、何してるの?』

花陽「あ、赤髪さん」

赤髪の少女『誰が脱出するのか、話し合ってたんじゃなかったの…?』

かすみ「その話し合いならとっくに終わりました」

すみれ「ええ、全会一致で決まったわ」

赤髪の少女『…どうするの?』


花陽「……私たちは、3人全員ここに残ります」

赤髪の少女『ピギャー!?』



33: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:32:57.48 ID:/xYdzBnP.net

赤髪の少女『残るって……帰らないと心配する人がいるんじゃなかったの…?』

花陽「んー、そうだけど…」

かすみ「誰か一人を犠牲にしてまで、幸せになろうとは思いません!」

すみれ「私たち3人は同盟だから、1人だけ見捨てるなんてできないったらできないわ!」

花陽「だから私たちは、ここで3人仲良く暮らしていこうと思います」

赤髪の少女『なんで…なんでぇ……』

すみれ「お腹空いたわね。ごはん何がいい?」

花陽「コシヒカリで!」

すみれ「いや、米の品種じゃなくて…」

かすみ「かよ子はほんとにお米のことしか考えてないよね~」

花陽「えへへ…そうかなぁ?」

すみれ「それ褒めてないわよ」

赤髪の少女『……』



34: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:44:09.31 ID:/xYdzBnP.net

赤髪の少女『……はーい!パスワードを使える期限があと5分になりましたー!』

赤髪の少女『これを過ぎるともう脱出できませーん!それでもいいんですかー?』

花陽「うん」

すみれ「どうぞご勝手に」

かすみ「5分じゃなくて今すぐ期限切れでいいですよ」

赤髪の少女『…ほんとに出れなくていいの?』

花陽「いいよ」


花陽(……と言ってるけど、実は嘘です!本当の計画はすでに3人で話し合ってて…)

花陽(私たちが冷蔵庫の食べ物を食い尽くしたら、きっと補充のために赤髪さんかお仲間がやってくるはずです)

花陽(そこで扉を開けた時に3人で脱出する…そういう計画なんです!)



36: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:49:35.46 ID:/xYdzBnP.net

赤髪の少女『ピギィィィィィ!!』

赤髪の少女『違う違う違う…!ルビィはこんなの求めてないよぉ…!!』

花陽「赤髪さん…?」

赤髪の少女『……出てって』

すみれ「え…?」

赤髪の少女『今すぐそこから出てってよーーー!』

赤髪の少女『うわあああーーーん!おねぇちゃあああーーー……』


花陽「……な、なんだったんだろ」

かすみ「あー!扉開いてますよ!これなら逃げ出せます!」

すみれ「念のために棒をつっかえさせて…よし!」

花陽(思ってた展開とはかなり違うけど……まあいいです!)


花陽「みんな!脱出しよう……!」



37: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 01:56:30.50 ID:/xYdzBnP.net

数日後

真姫「…最近、花陽はずっと誰かと連絡してるわね」

凛「かよちんは新しく友達ができたんだって~」

真姫「へ、へぇー…。トモダチ…」

凛「あー!真姫ちゃん嫉妬してるー!?」

真姫「ヴェ!?べ、別に嫉妬なんてしてないわよ!私より凛の方がやきもち焼いてるんじゃないの!?」

凛「んー凛もじぇらし~は感じてるけど」

凛「でも、凛とかよちんは友達以上だもん♪」

真姫「……そう、よかったわね」

凛「もちろん真姫ちゃんとも友達以上にゃー!」

真姫「クッツカナイデー!ハナレナサイヨー!」


花陽(今日も平和だなぁ~)



39: 名無しで叶える物語 2022/08/08(月) 02:08:15.28 ID:/xYdzBnP.net

花陽(あの後すぐに警察に相談しましたが、今なお犯人は捕まっていないみたいです)

花陽(それどころか、捜査もすぐに打ち切りとなったらしくて……何か大きな権力が動いているのでしょうか…?)

花陽(でも、私たちの生活はいつもと変わらず平穏に過ごせているので、とりあえずは今のままでいいのかな…?)


花陽(あ、そうそう。今日私たち3人は、脱出後初めてのオフ会です!)

花陽(なんと全員、東京の学校に通ってるんだって!…まあ距離は多少なりとも離れてるけど)

花陽「えーっと、駅の南口から出て、右に進んだところ…」

花陽(私は今、待ち合わせ場所へと向かっています)

花陽(建物の奥のさらに奥、ひと気の少ないその場所……)



花陽(大切な2人が待つ、すみっこへ)

おわり


元スレ
【SS】すみっこ同盟、です!