1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 18:58:18 ID:Jz2z3Bo.

デク「わあ! ホントに完成したんだね!」

発目「はい! 世界中のどこにいてもこの効果からは逃げられませんよ!」

デク「なんて恐ろしいスイッチなんだ!!」

発目「私のドッ可愛いベイビー、くれぐれも悪用しないでくださいね!」

デク「うん分かったよ! ありがとう発目さん!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:00:12 ID:Jz2z3Bo.

デク(自爆なんて大変だ! 慎重に使おう)

勝己「どけデク」ドンッ

デク「……」ポチッ

勝己「」ボンッ

デク「うわあかっちゃんが自爆したあああ! 大丈夫!?」

勝己「うるせえ! 平気だこんなもん!」

デク「タフネス……!!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:07:18 ID:Jz2z3Bo.

相澤「出席取るぞー、青山」

青山「ボンジュール☆」

相澤「芦戸ー」

芦戸「先生おはよー!」

相澤「蛙吹ー」

梅雨「ケロケロ」

相澤「お前ら真面目に答えろ」

デク(まだかな……)ソワソワ

相澤「爆豪ー」

デク(今だ!)ポチッ

勝己「」ボンッ

相澤「おい爆豪、爆発で返事すんな」

一同「どっ」アハハ

デク(いいぞかっちゃん!)

勝己(なんだこれ……体がおかしくなっちまった……)



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:10:27 ID:Jz2z3Bo.

デク(休み時間だしかっちゃんをイジリまくって遊ぼう)ワクワク

勝己「おいデク、何だそのスイッチ」

デク「えっ? 何でもないよ、かっちゃんが自爆するくらいで」

勝己「それかああああああああああああああ!!!!!」BOOOM

デク「うわあああああああああああああ!!!!!」ポチポチポチポチ

勝己「うぎゃあああああああああああああ!!!!!!!!!」ボンッボンッボンッボンッ

デク「かっちゃあああああああああああん!!!!!!!!!!」ポチポチポチポチ



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:13:38 ID:Jz2z3Bo.

切島「緑谷!? どうなってんだコレ!?」

デク「どどどどどうしようかっちゃんがががががが」ポチポチポチポチ

勝己「うがああああああああああ!!!!!!!!!」ボンッボンッボンッボンッ

上鳴「早く止めねーと死んじまうぞ!!」

デク「でもでも、スイッチを押す手が止められないよおおおおおお!!!!」ポチポチポチポチ

轟「緑谷頭冷やせ」パキパキ

デク「」

お茶子「物理的に!!」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:17:41 ID:Jz2z3Bo.

デク(か……体が全然動かないよ……僕はもう)

デク「!!」ハッ!

デク「ふんっ!!」ベキッ

轟「!!」

飯田「自分で指を折って洗脳を解いたのか……!!」

轟「いや洗脳じゃねえよ」

デク(OFAの中の人たち……!! ありがとう!!)

飯田「スイッチを押したいと願う強い気持ちが緑谷君を動かしているんだ……!!」

轟(マジかコイツ)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:22:20 ID:Jz2z3Bo.

勝己「うぐぐぐぐぐぐ」ボンッボンッ

切島「このままじゃ爆豪がヤベェ! 助太刀するぜ!」ガシッ

勝己「離せええええええ」ボンッボンッ

デク「切島くん! でも君が……!!」ポチポチ

切島「俺の個性ならこれくらいどうってことねえよ!」

デク「ありがとう!」ポチポチ

勝己「痛てえよクソ髪いいいいいいい」ボンッボンッ

轟「なんの解決にもなってねえだろ。むしろ悪化してんじゃねえか」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:26:09 ID:Jz2z3Bo.

上鳴「なあ緑谷、ちょっとそのスイッチ見してみ?」

デク「いいよ!」ポチポチポチポチ

上鳴「俺の個性でなんとかなるかもしれねえ」

デク「そうか! 電波で干渉するんだね!」ポチポチポチポチ

上鳴「ああ、これであいつの被害を最小限に抑えられるかも――」バリバリ

勝己「くぁwせdrftgyふじこlp;@:」ボボボボボボッ

上鳴「おっと間違えて最大出力にしちまったぜwwwwwうぇーいwwwwww」

一同「お約束wwwwwwwwww」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:30:28 ID:Jz2z3Bo.

切島「うおっと!」ドサッ

デク「切島くん! 大丈夫!?」ポチポチポチポチ

切島「悪い……これ以上は抑えきれねえ……!」

轟「お前は何がしたかったんだよ」

峰田「打つ手なしか……こうなったら八百万が全裸になってスイッチを無効化するスイッチを作るしかねーな!」

八百万「あんな得体のしれないものの構造なんて分かりませんわ……」

耳郎「そもそも全裸になる必要ないよね?」

峰田「ちっ」

八百万(おそらくはサポート科の方の発明でしょうけれど……)


発目「次は爆豪さんの乳輪が肥大化するスイッチでも作りましょうかね!」シコシコ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:37:59 ID:Jz2z3Bo.

勝己「うわあああああっ……あ……あっ……」

勝己(ち、ちくしょう……体が熱い……)

デク「おや……? かっちゃんのようすが……!!」

勝己「あっ!! んっ……ふああっ……ぁん//」

一同「」

デク「え……? かっちゃんもしかして、感じてるの?」

勝己「あ……違っ、んっ!! くそ、やめ……んあっ//」ビクンビクン

勝己(ば、爆発ばっかで……変になるぅ……!!)

デク「痛いのが気持ちいいんだね」クスクス

お茶子(あかん、何かに目覚めそうや……)

飯田「麗日さん、踏みとどまるんだ! 今ならまだ戻ってこれる!!」

梅雨「夏コミは決まったわね」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:44:08 ID:Jz2z3Bo.

勝己「ふ、ざけ、んな……!! お……俺が、デクなんかに……!!」

勝己(こ、こんなの俺の声じゃねえ……!!)

デク「すごい……! かっちゃん、すごいよ……!!」ポチポチ

勝己「あ……いやだ、も、やめ……ぁああっ!!」ビクビクッ

デク「分かった、じゃあやめるね」

勝己「え……?」

デク「かっちゃん苦しそうだし……ごめんね、僕が悪かったよ」

勝己「ち、ちが……」ヒクヒク

デク「え? どうしたの?」

勝己「あ……その、もっと、して下さい……!!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:51:03 ID:Jz2z3Bo.

デク「かっちゃんは素直だなあ! ご褒美にこれあげるよ」ポチポチポチポチ

ボボボボボボボボボンッ

勝己「あぁあぁぁっぁあああぁっぁぁっああああ――――ッ!!!!!!」ドピュドピュッ

勝己「はぁ……はぁ……」グッタリ

デク「何やってるんだ!!! 立てよ!! 賢者モードにはまだ早いぞ!!!!」ポチポチポチポチ

勝己「アアアアアアアアアアアアアアアアッー!!!!!!!!!!!」

勝己(く、悔しいのに感じちゃう……!!)ビクンビクン

デク「かっちゃんかっちゃんかっちゃんかっちゃんかっちゃんかっちゃん……」ポチポチポチポチ

勝己「イックウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!」ブシャアアアア

上鳴「うおすっげ。男でも潮吹くんだな」

峰田「どうせなら女子がよかったぜ」

八百万「は、破廉恥ですわ……」カァァ

梅雨「いつでも待ってるわよ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 19:57:30 ID:Jz2z3Bo.

勝己(デ、デクにイカされちまった……デクの棒に……)ハァハァ

勝己「ぶっ……ころ……す」フラフラ

デク(賢者)「かっちゃん! 酷い怪我だ……!!」

勝己「おいデク、そのスイッチぶっ壊したらどうなるんだ」

デク「えっ? 多分かっちゃんの全身が爆散する程度で済むけど……」

勝己「死ぃぃぃねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!」BOOOOOOM

デク「うわっ!!」ドサッ

お茶子「デクくん!!」

グチャアアアアアア

葉隠「うわ! 爆豪くんバラバラになっちゃった! グロいよ!」

尾白「葉隠さん大丈夫? 顔が青いよ」

葉隠「え? なんで分かるの?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:01:05 ID:Jz2z3Bo.

勝己「どうだデク!! ざまあみやがれ……!!」

デク「やっぱりかっちゃんのパンチはすごいなあ!」キラキラ

瀬呂「お前その状態でどうやって生きてんだよ……こえーよ」

瀬呂「つーかセロって打ったら虚閃って出てきたんだけどすげえな」

勝己「全身爆散した程度で俺が死ぬとでも思ったか!?」

デク「死ぬなんて簡単に言わないでくれよ!!」

勝己「はぁ!!??」

デク「かっちゃんが死んだら……僕は何を楽しみに生きていけばいいんだ……!!」

轟「今普通に楽しみって言ったな」

勝己「ふ……ふざけやがって……!! ぶっ殺してやる!!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:05:07 ID:Jz2z3Bo.

飯田「とりあえず爆散した爆豪くんの体を集めよう!」

芦戸「えーと、これをここにくっつけるんだっけ?」

梅雨「それは右腕よ。そこにくっつけるとしたら左足だわ」ヒョイッ

耳郎「ちょっと、あんたも手伝いなさいよ」

上鳴「いや俺グロイの無理だわ……なんでお前ら平気なんだよ」

耳郎「ヘタレが!」

常闇「廊下や隣のクラスにも散らばっているようだ。回収してこよう」

お茶子「頼もしいなー常闇くん!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:08:25 ID:Jz2z3Bo.

―B組―

鉄哲「何っだこりゃあ!? またA組の連中が何かしたか!?」

物間「ははは、踏み潰していいかな? 爆豪だろこれ」

拳藤「え? 何で分かんの」

常闇「邪魔するぞ」ガラッ

鉄哲「うお! A組のカラス男だ!!」

物間「A組は派手でいいねぇ。そろそろB組だってフィーチャーされてもいいと思うんだけど」

拳藤「嫌な予感しかしないからいいわ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:11:35 ID:Jz2z3Bo.

常闇「おそらくこれで全部だ」

芦戸「すごい! パズルみたいだね」

梅雨「完成したとして元通りにくっつくのかしら」

瀬呂「俺のテープで何とかなるんじゃね?」ピタッ

お茶子「うわ、ホントにくっついちゃった!」

轟「どんだけ単純な構造なんだよ」

飯田「この調子でどんどんいこう!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:17:23 ID:Jz2z3Bo.

勝己(完全体)「待たせたなデク……覚悟はいいか?」

デク「待ってたよ! いつものようにかっちゃんに腹パンできるのを」

勝己「てめえらのオモチャにされんのはもううんざりなんだよ……!!」

峰田「オモチャってなんかエロいよね」

轟「なあもう休み時間終わるぞ」

勝己「行くぞデク!!!!!!」

デク「来いかっちゃん!!!!!!」

常闇「宿命の対決……戦いの火ぶたは切って落とされた」

オールマイト「Plus Urtra――――」

轟「いや、もういいわ」パキパキ

一同「」

轟「あっやべ、全世界凍らせちまった」

轟「もしもし親父、溶かすの手伝ってくれ」

轟(こうして俺は親父と和解した……)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/23(木) 20:20:58 ID:Jz2z3Bo.

―後日―

勝己「おいデク!」

デク「どうしたの? かっちゃん」

勝己「その……抜くの手伝ってくれよ」モジモジ

デク「どうしてほしいの? 言ってごらん」

勝己「お、俺のちんちんさわって……!!」ボロン

デク「しょうがないなぁ」シコシコ

勝己「爆速でイクウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!」ドピュルルルルル

デク「かっちゃんは早漏だなあ」ペロリ



おしまい
~かっちゃん三部作・完~


元スレ
SS深夜VIP:発目「押すたびに爆豪さんが自爆するスイッチです!」!」