1: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:01:59.24 ID:NuGCDxTG.net

○ライブ一日目

せつ菜「ふぅ……なんとか足持ってくれましたね」トテトテ

栞子「せつ菜さん、お疲れ様です。ほら階段は危険ですからつかまってください」腰ダキッ

せつ菜「あっ……。わざわざすみません、栞子さん!」腰抱き返し

栞子「!!……え、ええ。当然のことをしたまでです。さ、もっとしっかりつかまって」ジュク

せつ菜「栞子さん、とっても優しいです! 明日も頑張りましょうねっ!」ペカー

……

栞子「成功、成功です……! せつ菜さんが私の腰をこう、ぎゅっと抱いてくれて……ああっ……」ジュワ

……

栞子「……ふぅ。でももしかしたら……明日はもっと積極的にいけるでしょうか……?」こぶしギュ



5: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:05:02.73 ID:NuGCDxTG.net

○ライブ二日目

せつ菜&栞子『光の先へ アクセル全開』

栞子「(ああっ! 完璧な調和……! 今せつ菜さんとひとつに……!」ジュク

……

栞子「せつ菜さん、お疲れ様でした」階段へイソイソ

せつ菜「栞子さん! 今完全にハモれましたねっ!」飛び込み

栞子「!!!……はいっ、はいっ……」抱きしめギュ

せつ菜「栞子さんと一緒にライブが出来て嬉しいですっ!」ギュ

栞子「(今なら……今なら……!)せ、せつ菜さん、ライブが終わったら、私の部屋に……」お尻サワサワ

せつ菜「? わかりましたっ! またあとでっ! (今なにかお尻に……?)」手をフリフリ

……

栞子「……いけません。ライブの熱に当てられて完全にやりすぎてしまいました。ど、どうしましょう」オロオロ



8: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:08:08.29 ID:kQDYSRhR.net

○ライブ二日目夜・ホテルの栞子の部屋

せつ菜「栞子さん! 優木せつ菜、ただいま参りましたよっ!」ドアコンコン

栞子「!! は、はいっ、今開けますね」オロオロイソイソ

せつ菜「こんばんは、栞子さん。 ライブお疲れ様でした」ペカー

栞子「え、ええ。お疲れ様でした。さ、こちらへどうぞ。……足、大丈夫ですか」手を差し出し

せつ菜「ありがとうございます。平気へっちゃらです! とは言え、お言葉に甘えさせて頂きますね」手を握り

栞子「(ああっ、また触れ合えました……)いえ、ここに座りましょう」ベッドに導いて

せつ菜「ありがとうございます!……栞子さん、初めてのライブ、如何でしたか?」ベッドにポムんと座り

栞子「とても緊張しましたけれど……。でもこれが、姉さん達が見ていた景色なんですね。すごく、すごく、充実しました」

せつ菜「ふふっ、それなら良かった。こうやって一緒に歌うことができて、私もとっても嬉しいですよっ!」ニコッ

栞子「(ああっ、いけません、また鼓動が早くなってしまいます)」ジュク

栞子「え、えっと……。そうです。足、痛みますよね? マッサージしても大丈夫ですか?」指をツーと

せつ菜「(ひゃう!?)いえ、栞子さんも疲れているでしょうし、大丈夫ですよ」

栞子「大丈夫、ということはしても良い、と受け取りますね」足をモミモミ

せつ菜「いえ、大丈夫というのは」モミモミ「しなくてもいいと」モミモミ「言うことで……」モミモミ

せつ菜「…………///」モミモミ

栞子「(下から顔を見上げて)ふふ、やっぱり、大丈夫なんですね。では続けますね」モミモミ



11: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:11:20.23 ID:zmuK+C0I.net

せつ菜「…………」モミモミ

栞子「…………」モミモミ

せつ菜「…………」モミモミ

栞子「…………」モミモミ

せつ菜「(どうしましょう、すごく、気持ちがいいです)」モミモミ

栞子「(ああっ、せつ菜さんにずっと触れています。幸せです……)」モミモミ

せつ菜「……あ、あの、栞子さん。つかぬことをお聞きしますが」モミモミ

栞子「は、はい。なんでしょう?」モミモミ

せつ菜「さっき、その……。私の、お尻、触ったりしましたか……?」ピタ

栞子「!!! え、あ、えと、その……」

せつ菜「…………」

栞子「…………はぃ……」

せつ菜「そ、そうですか……///」



13: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:15:15.13 ID:6P3/Epup.net

栞子「…………(もうこうなったら、清水の舞台から飛び降りるしかありませんね)」

栞子「その……以前、菜々さんがせつ菜さんだと判明した時がありましたよね」

せつ菜「ええ、歩夢さんやしずくさんと一緒だった時ですよね」

栞子「その時、私の手を握って、抱きしめてくれたこと、覚えていますか?」

せつ菜「ええと……はい。確か、そうでしたね」

栞子「私が初めて歌った後、真っ先に私を抱きしめてくれたこと、覚えていますか?」

せつ菜「……はい、覚えています」

栞子「その……。ああいう風にされたの。小さい頃はランジュがしてくれていましたけれど。大きくなってからは、初めてで」

栞子「ええと。……もっと、してほしいな、と。思ってしまって」



15: 名無しで叶える物語 2022/09/12(月) 22:26:36.86 ID:cjd1cabZ.net

せつ菜「……なるほど。それで昨日から」

栞子「はい……」

せつ菜「……わかりましたっ! 栞子さんが望むなら、たくさんぎゅってしてあげます!」手を広げ

栞子「……」オズオズ

せつ菜「ぎゅー!」

栞子「ぎゅ、ぎゅー……///」

せつ菜「ふふっ、まっかっかになった栞子さんも、可愛らしいですねっ」ギュー

栞子「///」ギュー

栞子「……もっと、もっと、せつ菜さんと触れ合いたいです。この前見せて頂いた漫画みたいに」

せつ菜「……あの本は見ちゃダメですって言ったのに。……でも、可愛いから許しちゃいます!」

栞子「(ああっ! 幸せ、とっても幸せです……!)」


そのまましっぽりと夜は更けていきました。
おわり。


元スレ
栞子「もっとせつ菜さんと触れ合いたい…どうすればよいのでしょう…。そうだ、ライブ中なら自然に…」