SS速報VIP:花陽「食欲の秋だからね」【ラブライブ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1663683045/



1: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:10:50.64 ID:HvfnkfE90

凛「お昼の授業めんどくさいなー」

花陽「あ~む」

真姫「めんどくさがらない。それはそうと、このあと英語はテストがあるのよ」

花陽「パクパク」

凛「うぇー、やだなぁ」

花陽「モグモグ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1663683045




2: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:13:04.44 ID:HvfnkfE90

真姫「これまでやったところの復習だから問題ないでしょ」

花陽「んー」

凛「真姫ちゃーん。ノート見せてぇ~」

花陽「ごっくん」

真姫「見せたところでどうなるのよ」

凛「ノートちゃんと取ってないから、真姫ちゃんのノート見て今から勉強するにゃー」

花陽「ふぅ」



3: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:13:54.90 ID:HvfnkfE90

真姫「どうせすぐ忘れるでしょ」

花陽「あ~む」

凛「勉強したあとに新しい情報が入らなければ大丈夫だよ」

花陽「パクパク」

真姫「凛の頭は心太式なの?」

花陽「モグモグ」



4: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:16:00.89 ID:HvfnkfE90

凛「とにかく、少しでも勉強するにゃ!」

花陽「んー」

真姫「まっ、やれるだけやれば?」

花陽「ごっくん」

真姫「はい。ノート」

花陽「ふぅ」



5: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:16:36.69 ID:HvfnkfE90

凛「ありがと真姫ちゃーん」

真姫「はいはい」

花陽「あ~む……」

真姫「ところで花陽」

花陽「んっ……何?」

真姫「さっきから何食べてるの?」

花陽「おにぎりだけど」



6: ◆3gBHeUze/o 2022/09/20(火) 23:17:26.50 ID:HvfnkfE90

真姫「それは分かるとして、それ何個目よ」

花陽「多分、二個目」

凛「うっそだぁー」

花陽「ふぇっ?」

凛「凛見てたもん。それ五個目だよ」

花陽「あちゃー、バレてたかぁー」

凛「ふふーん」



7: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:18:18.08 ID:HvfnkfE90

真姫「凛、ドヤ顔しないの。てゆーか、食べ過ぎじゃない?」

花陽「何が?」

真姫「何がって、おにぎり」

花陽「お昼ご飯だよ」

真姫「おにぎり五個はちょっと」

花陽「普通だよ」

真姫「えぇ、普通サイズならね」

凛「かよちんのは特大だね」

花陽「お腹が空くからね」



8: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:19:20.37 ID:HvfnkfE90

真姫「普通に食べ過ぎな気が……」

花陽「大丈夫! なんとかなってるから!」

凛「さっすがかよちん!」

花陽「それに季節は食べ物が美味しい秋だよ!」

凛「かよちんはお米にしか目がないにゃ!」

花陽「ふふん!」

真姫(ダメだわね)



9: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:20:27.18 ID:HvfnkfE90

凛「昨日も特大サイズだったね!」

花陽「ここ二、三日くらいかな」

真姫「正確には一週間よ」

花陽「バレちゃった」

凛「なんで真姫ちゃんは凛の知らないこと知ってるのぉ!?」

真姫「ひぃっ!」

花陽「凛ちゃん。どぉ、どぉ、どぉ」



10: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:21:07.74 ID:HvfnkfE90

真姫「花陽が大丈夫って言うならいいけど、増えたりしてない?」

花陽「何が?」

真姫「体重よ、体重」

花陽「んー、どうかなぁ」

凛「脇腹のあたりを」

ツンツン

花陽「ちょっ、凛ちゃん! やめてよ!」

凛「えへへ、ごめんごめん」



11: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:22:14.03 ID:HvfnkfE90

真姫「体重……増えたのかしら?」

花陽「ど、どうかなぁ」

真姫「増えすぎてダンスパフォーマンスに影響出さないでよ」

花陽「い、今のところは大丈夫……」

真姫「じゃあ、そのおにぎりは仕舞って」

花陽「えっ」

真姫「えっ」



12: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:23:40.11 ID:HvfnkfE90

花陽「これはお昼だよ!」

真姫「私の話訊いてた?」

花陽「訊いてたけどこれはこれ、それはそれ」

真姫「太るわよ」

花陽「大丈夫、大丈夫! 練習前に運動して減らす」

真姫「そんな簡単に体重は落ちないわよ」

凛「落ちたら苦労しないよぉ」

花陽「ねぇー」



13: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:25:29.11 ID:uW0uQLi40

真姫「花陽は少し食事を節制しないと……」

花陽「無理だよぉ」

真姫「このままだと、動きが鈍ったりで太ったって分かるわよ」

花陽「うぅ……」

真姫「そしたら海未のことよ」

 
海未『太りました? ならダイエットの為に山登りです!』

 
真姫「とか言い出すわよ」

凛「あり得る、あり得る。山しか頭になさそうだし」

花陽「それは嫌だなぁ」



14: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:26:30.72 ID:Xpf7ufif0

真姫「そうならない為に、それを食べるのは抑えて」

花陽「でも真姫ちゃん」

真姫「何よ」

花陽「仮に真姫ちゃんがトマトを食べるのを抑えてって言われたら」

真姫「ふざけないで、そんなことあり得ないから。どんなことがあっても私はトマトを食べるから」

凛(バカやってないで、凛は勉強してよっと)



15: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:27:26.54 ID:hqMB41HM0

花陽「好きなものを食べれないのは辛いよぉ。私にとってのお米、真姫ちゃんにとってのトマト、凛ちゃんにとってのラーメン!」

真姫「好きなものは食べたいわね」

花陽「でしょ、好きなものは食べたいから食べる。人間の本能だよ」

真姫「それも、そうね」

花陽「だから私は、このおにぎりを食べる!」

パクっ!

花陽「おいしぃー!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/09/20(火) 23:28:31.91 ID:Lu4wGx5d0

真姫「待って、私なんか騙された!?」

凛「まっ、いつものチョロい真姫ちゃんだね!」

真姫「チョロいってどういうことよ!?」

凛「チョロチョロ~」

真姫「このっ、凛! ノート返しなさい!」

凛「堪忍にゃ! 許してにゃ! 赤点取ったら海未ちゃんにやられるにゃー!」

真姫「私の平和の為にやられておきなさい!」

凛「酷い!」

花陽「おにぎりは美味しい!」

 
……………………
………………
…………
……

 
海未「というワケで、抜き打ちの身体測定を行います」

花陽「はっ?」




17: ◆0NDZc00316 2022/09/20(火) 23:29:18.69 ID:Lu4wGx5d0

海未「日々のパフォーマンス、衣装のサイズに不具合等がないように、管理できるところは管理しておきます」

凛「ふむふむ」

海未「厳しく管理するまではいきませんが、あまりにも体重が増えてる場合はダイエットとして、今度の休みは私と凛が山登りをするので、それの付き添いとして同行してもらいます」

凛「はっ?」

海未「こういう場合は経験者が必要なのです」

凛「はい?」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/09/20(火) 23:31:36.32 ID:Lu4wGx5d0

海未「これ以上の説明はアレで」

凛「説明しろにゃー!」

海未「四の五の言わずに来なさい!」

凛「納得いかないぃー!」

 

 

 

海未「花陽。あなたにはダイエットが必要と私が判断を下しました。おめでとうございます」

花陽「めでたくないよぉ!」

真姫「これから食べるのは程々にしなさい」

花陽「はい……」

海未「食欲の秋もいいですが、運動の秋……ハードな山登りの秋も最高ですよ」

凛「絶対高い所登らされる……遭難間違いなし……山を降りる頃には骸骨にゃぁ……」

真姫(帰ってトマト食べて、ゆっくりしましょ)

 

 
おわり


元スレ
SS速報VIP:花陽「食欲の秋だからね」【ラブライブ】