1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 19:56:16 ID:WJbqvoI.

関「……」 シコシコ

横井(また、関くんがなにか……)

関「……」 シコシコ

横井(って、どうみてもアレ?!)

関「……」 シコシコ

横井(オナニーだよねえ?!)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:05:01 ID:WJbqvoI.

横井「せ、関くん! なにしてるの?!」 コソッ

関「……」 キッ

横井(キャ/// 関くん真剣な顔してる?!)

関「……」 シコシコ

横井(ま、真面目なんだ……関くん……これは真剣勝負なのね?!)

関「……」 ジッ シコシコ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:12:30 ID:WJbqvoI.

横井(って、何をみてるのかしら) ソーッ

関「……」 シコシコ

横井(って、これあたしの水着の写真?!!! いつの間に?!!!)

関「……」 チラッ シコシコシコ

横井(こっちみたぁああああ!!!!)



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:19:09 ID:WJbqvoI.

関「……」 ピタッ

横井(え? 関くんの動きが止まった?)

関「……」 ワキワキ

横井(て、手を突き出して指をうごかしてる!)

関「……」 チラッ ワキワキ

横井(もっ、もしかして! もしかしてじゃなくて私の胸もんでるのー?!)

関「……」 ワキワキ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:21:32 ID:WJbqvoI.

横井(あっ……なんだか変な感じ……) ムズッ

関「……」 チラッ レロッ

横井(し、舌ぁ?! 舐めてる? 関くん舐めてるよねこれ?!) ムズムズッ

関「……」 チロチロ チュッ

横井(やだっ、夢中でなめてる……なんだか…勃ってきちゃった……///) むくっ

関「……」 チロチロ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:22:31 ID:WJbqvoI.

横井(そ、そんなに乳首おいしいのかな?) チラッ

関「……」 チュッ チロチロ チュッチュッ

横井(……ちょっとだけ) ズラシ ッピーン! 

関「……ッ?!」 ジッ

横井(あっ?! 関くん気づいてる?!)

関「……」 レロレロレロ!

横井(やだっ! ノーブラなのバレてる?! すごい舌の動きだよぉ!) ムズムズッ

関「……」 レロレロレロレロ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:25:34 ID:WJbqvoI.

横井「いやぁっ……」

関「……」 レロッ……

横井(……あれっ?)

関「……」

横井(関くんの舌の動きがとまった? )

関「……」 チラッ チラッ

横井(こっ、これは?! まさか……) オズオズッ ヒラキ

関「……」 ブンブンッ 

横井(えっ? ここじゃないの?)

関「……」 スッ

横井(え? シャツ? おへそをみせるの?!) スッ

関「……!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:29:48 ID:WJbqvoI.

横井(すごく食いついてる……!)

関「……」 …チロッ

横井(やだっ……あんなに舌を伸ばして丁寧に…!)

関「……」 …チュッ

横井(んっ……やだぁ……) ジュンッ

関「……」 ネロッ…ネロッ…

横井(アッ……そんなにねっとり舐めないでっ……!)

関「……」 ジロッ チュゥゥ

横井(んんんっっ…………!!!!!) ビクッ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 20:34:23 ID:WJbqvoI.

横井「……っ……ハァ……ハァ……」

関「……」 フッ

横井(ううっ……おヘソなめられてイッちゃったよぉ……)

関「……」 クイックイッ

横井(えっ……スカートずらすの?) ズッ 

関「……」 ウンウン ソッ

横井(あっ……そんなに優しくさわるの?)

関「……」 チュッチュッ

横井(ああんっ! 乳首も一緒に攻めるなんてっ!)

関「……」 スッスッ レローリ

横井(ゃ……ぁっ……関くんってテクニシャン……?!) ビクッ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:46:16 ID:HPKqepp6

関「……」 ピタッ

横井(……えっ? どうして関くん? なんでやめちゃうの?)

関「……」 ジーッ

横井(…も、もっとひらけばいいのかな? ちょっと恥ずかしいけど……誰も見てないし、もうちょっとだけなら……) ヒラキ

関「……」 ニヤニヤ

横井(焦らしてる?! あ……やだ、わたし……これじゃおねだりしてるみたいじゃない!) とじっ

関「……」 ニヤニヤ

横井(もうっ! 関くんのおもいどおりにはならないんだから…!) ツーンッ

関「……」 スッ

横井(……ふん、もう何されても…) チラッ

関「……」 ニヤニヤ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:46:59 ID:HPKqepp6

横井(ロボット家族の写真! 縛られてる……ひ、ひどい……こんな…!)

関「……」 ニヤニヤ

横井(ひ、人質なんて卑怯よ! 関くん!) キッ

関「……」 ニヤニヤ スッ

横井(電話?! もし、私が逆らったら連絡が飛ぶのね?!)

関「……」 ニヤニヤ

横井(くっ……しかたないわ……耐えるのよ、るみ!) ヒラキ…

関「……」 ソッ

横井(んっ……) びくっ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:47:40 ID:HPKqepp6

横井(あ、れ……太ももなでるだけなの?)

関「……」 サワサワ

横井(これなら……うん、大丈夫……)

関「……」 ナデリナデリ

横井(……な、なでまわされてるよぉ!)

関「……」 ツー

横井(ひっ……ん…) ビクッ

関「……」 

横井(エッチなとこじゃないのになんで……?!) 

関「……」 ニヤッ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:48:18 ID:HPKqepp6

関「……」 スゥーッ

横井(こ、こんどは脇腹?!)

関「……」 スッスッ

横井(こんなのくすぐったいだけ……じゃ……ない…?) ゾクッ

関「……」 ツー

横井(あっ……脇の方までなであげられてるぅ……) ゾクゾクッ

関「……」 サワサワ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:48:51 ID:HPKqepp6

横井(お、おかしいよ……こんな……) ビクンッ

関「……」 ナデナデ

横井(またお腹……さっきより感じちゃう……だめぇ……) ジュン

関「……」 ナデナデ

横井(う……うう……) 

関「……」 ソッ

横井(…きたっ……とうとうアソコ触られちゃう! ……あ、れ……内もも?) ギュッ

関「……」 サワッ サワッ

横井(……なんで……なんで触ってくれないの? 関くん……!)

関「……」 ソロソロ スッ

横井(ギリギリのとこでどっかいっちゃうの……やだぁ…) ウズッ

関「……」 サワッ

横井(……こんなに焦らされたら…欲しくなっちゃうよう……) ウズウズ

関「……」 ニヤッ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 15:49:49 ID:HPKqepp6

横井(……こうなったら自分で……) ソロー

関「……」 ニヤニヤ

横井(…あ、すごくぬれてる……) ソッ くちゅっ

関「……」 ニヤニヤ

横井(って、だめぇ! いま授業中なのになんてことしてるのわたし!) バッ

関「……」 ニヤニヤ

横井(それに……こんなっ、自分でさわったら関くんの思い通りじゃない……!) キッ

関「……」 ニヤニヤ

横井(…でも……) ムズッ

関「……」 ニヤニヤ

横井(うう……関くんのいじわる……) ジトー



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 20:31:24 ID:HPKqepp6

関「……」 ニヤニヤ

横井(……ううー…せ、関く~ん……) ウルウル

関「……」 サワッ

横井(…あっ…もうっ……そこじゃないよぉ……)

関「……」 スッスッ ペロッ

横井(……んっ……気持ちいいんだけど……足りないよぉ…) ビクッ

関「……」 ピタッ

横井(ん……もうおわりなの……?) モジモジ

横井(そんなっ……こんなの生殺しだわ…!)

横井(……もう、降参……そうだ、白ノートをやぶって即席の白旗を……) ビリッ

横井(伝わってぇ……) フリフリ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 20:34:04 ID:HPKqepp6

関「……フッ」

横井(……すごく悪そうな顔したぁ! な、なにされちゃうのかな…?)

関「……」 クイクイッ

横井(……お、おねだりするの?!)

関「……」 コクッ

横井(…え、ええと……じゃあ、口文字で…)

横井(……し…て…く…だ…さ…い)

関「……」 ツーン

横井(…ううっ……お…ね…が…い…し…ま…す……)

関「……」 チロッ チロッ

横井(んっ……そこじゃないよぉ……ここに……ここに……ほしいの…!) ウズウズ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 20:35:00 ID:HPKqepp6

関「……」 ニヤッ 

横井(……って……言わせるつもりね?! 言わせるつもりなのね?! 関くん……本当にいじわるなんだから!!)

横井「…でも、もうだめ……」

関「……」 ワクワク

横井(……お…ま…ん……こ………に…く…だ……さ……ぃ……///)

関「……」 パァァ ウンウン ウンウン

横井(うう……言わされちゃったよう……)

横井(…でもこれで、いくら関くんでも、最後までしてくれるはず……) ウズウズ

関「……」 ゴソゴソ

横井(…カバンあさってる……何がでてくるのかな?)

関「……」 カチッ ヴィィィィ カチッ



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 21:05:08 ID:HPKqepp6

横井(えっ……あれってエッチな……! せ、関くん! 学校になんてものもってきてるの!)

関「……」 ニヤッ カチッ ヴィィィィ

横井(…スイッチとブルブルするところは別々! そうか、リモコン式なのね…!)

横井(あれでされちゃうんだぁ……) ブルッ

関「……」 スッ ヴィィィィ

横井(きちゃうきちゃうきちゃう…) キュッ

関「……」 ソッ ヴィィィィ

横井「んんっ…!!」 ビクンッ

関「……」 スッ カチッ



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 21:06:46 ID:HPKqepp6

横井(こ、声出ちゃった……! だ、誰も気づいてないよね…) キョロキョロ

横井(ちょっと触っただけであれなんて……もし押し付けられたりしたら……)

関「……」 カチッ ヴィィィィ

横井(だ、だめぇ…! 絶対おおきな声出ちゃう! 関くんを止めなきゃ!)

関「……」 ソォッ ヴィィィィ

横井(消しゴム……! 当たってぇ!) ビシィッ

関「……!」 ばしっ ポロッ ヴィィィィ

横井(やったっ……って…床に落ちたら)

ローター「ヴイイイイイイイイイイイイ!!!」 コロコロコロ

横井(まずいっ!) さっ ヴィィィィ

関「……」 カチッ ホッ

横井(ホッ…止まったぁ…よかったぁ…)



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 21:27:21 ID:HPKqepp6

先生「こらー、携帯のバイブ鳴らしてる奴誰だー? 電源切っとけー」

関「……!」 ピシッ

横井(ば、ばれてないばれてない)

関「……」 ホッ

横井(…あ~、びっくりした~)

関「……」 キッ

横井(わ、わたしのせいなの?!)

関「……」 ツーン

横井(あっ、怒っちゃった……)



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 21:28:14 ID:HPKqepp6

横井(それにしてもこれ、どうしよう……)

関「……」 カチッ

横井(うわっ!) ヴィィィィ 

関「……」 ツーン

横井(わっわっ……あ、止まった…)

横井(も~! 関くんったら……!)

横井(……これ、パンツの中にいれたら……どうなるんだろ…) じぃ

関「……」 サァァァ

横井(関くんがスイッチいれたら……動くんだよね…) ゴクリ

関「……」 アワワワ

横井(ってだめだめ! そんなはしたないこと自分じゃできないよ~!!) ブンブン

横井(硬いとこにおいたらまたさっきみたいに鳴っちゃうし、スカートのポケットにいれとこ) ゴソッ

関「……」 ホッ



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 21:29:21 ID:HPKqepp6

横井(さっきのはすこし刺激が強すぎたよ関くん……)

横井(次はもうちょっとやさしいので…うん、触ってくれるだけでいいんだから…ね) チラッ

関「……」 カキカキ

横井(あれ? 関くんがまじめに授業受けてる?! なんで?!)

横井(って、これが正しい姿だよね……すっかり毒されてるよ、わたしも…)

横井(あっ、わたしもノート取らなきゃ) カキカキ 

横井(もう、さっきのおしまいなのかなあ) ちらっ

関「……」 カキカキ

横井(……うん、ちょっと目立っちゃったしもうおしまいよね)

横井(一安心だけど、ちょっと残念……かな?) ウズッ

横井(って、何考えてるの私~!) ブンブン

関「……」 カキカキ ニヤッ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:33:41 ID:HPKqepp6

横井(…Tell me what you are, slutっと) カキカキ

横井(うーん、関くんが真面目だと集中して授業がうけられるよ!)

関「……」 カキカキ

横井(なんだか物足りない気もするけど、これがあるべき姿よね) ウンウン

関「……」 カキカキ 

横井(パンツが濡れてるのはきもちわるいけど、次の休み時間に履き替えればいいし…)

横井(とうとう平和な学校生活がもどってきた!) グッ

横井(さーて、次のところはっと…)

先生「はい、じゃあこの段落読んでくれる人ー?」

関「……」 カチッ

横井「…ひゃぁっ!」 ヴィィィィ

先生「お、横井やってくれるかー。じゃあ、たのむわー」

横井「は、はい!」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:37:15 ID:HPKqepp6

横井(ポ、ポケットに入ってたの忘れてた…! 関くんっ!) キッ

関「……」 ニヤニヤ チラッ

横井(そうだ、リモコン……! あれで音読してる最中に動かされたら……!)

関「……」 ククク

横井(さっきまでのは油断させるための罠だったのね! なんて卑劣なの?!)

先生「お、どっから読むかわかるかー」

横井「大丈夫です、んっ。He murmured as he slid his cock…」

横井(関くん! お願いだから読んでる最中はやめて~!) そわそわ

関「……」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:38:37 ID:HPKqepp6

横井「……I’m a dirty little who…」

関「……」 カチッ

横井「…He thrust haひゃっ」 ヴィィィ

横井(振動でくすぐったいよぉ…!)

先生「大丈夫かー?」

クラスメイト「クスクス」

横井「ご、ごめんなさい! He thrust harder.…」

横井(やだあ……皆に笑われてる…こんな恥ずかしい物をポケットに入れてるって皆に知られたら……!)

横井(あっ、またアソコが疼いてきちゃった…) カァァァァ

横井(あたしの身体…関くんの勝手にされちゃってるよ~!)



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:39:37 ID:HPKqepp6

横井(お願いだから、もうやめて……関くん…)

関「……」 カチッ

横井「…I’m a greedy little cum bucんひゃぁん」 ヴィィィィ

先生「……横井ー、本当に大丈夫か? 顔も赤いし、なんだかふらふらしてるし」

「えっ、なに今の声…」ヒソヒソ

「なんかエロくね?」「思った思った」 ヒソヒソ

「横井さんってもしかして…」「るみ…きっと…なんだよ…」 ヒソヒソ

横井「だ、大丈夫でひゅ! 最後まで読めますから…」

先生「…そうかー、無理すんなよ~」

横井(は、恥ずかしいよ……こんなに…目立っちゃってる、バレてないよね?)

関「……」 ニヤッ



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:40:28 ID:HPKqepp6

横井「……あ、And every word んっmade her cunt flood …っ even more…」 ヴィ ヴィ ヴィィィィ

先生「よーし、そこまで。調子悪かったらいつでも言えよ~」

横井「は…はいぃ…」 へたん

関「……」 ニヤッ

横井(…関くん! さっきのはひどいよ!) キッ

関「……」 ニコッ ナデナデ

横井(あ…ほ、ほめられてる? なんで? ちゃんと最後まで読めたから?)

横井(な、なんかちょっとうれしいかも…) キュン

関「……」 クイクイッ

横井(ご褒美くれるの? なんだろう?)



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:42:12 ID:HPKqepp6

関「……」 パサッ 

横井(ハンカチ? これ、関くんのだよね?)

関「……」 グイッ 

横井(咥えるの?! なんで?)

横井(まさか…声をださなくて済むように?!)

横井(……続き、してくれるんだ…)

関「……」 ニヤッ

横井(関くん……) ヒラキ



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:42:42 ID:HPKqepp6

関「……」 サワッ サスサス 

横井(んっ……いきなりアソコに…!) ビクッ

関「……」 ススス

横井(やっぱり関くんテクニシャンだよ~!) ビクンビクン

関「……?」 ワキワキ 

横井(え、なんで指先開いたり閉じたりしてるの? なにか付いてる?)

横井(あっ、あれってわたしの……嘘っ、そんなに濡れてないもん!) サワッ ぐちゅっ

関「……」 ニヤッ

横井(…うそ…うそだよぅ……) フルフル

関「……」 ソッ

横井(あっ…でも関くんの指…やさしい…) ゾクッ

横井(もういいや……全部関くんにまかせよう…)



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:43:24 ID:HPKqepp6

関「……」 サワッ

横井(……ん……ゃ……ぁ…)

関「……」 ソッ スッー

横井(…うう……ん……んん……っ…)

関「……」 クリクリクリ

横井(んんんっ……そこはっ…?!)

関「……」 カリッカリッ

横井(やだっ……きもちいい! きもちいいよぉ……関くん)

関「……」 キュッキュッ



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:44:24 ID:HPKqepp6

横井(あっ……ああっ…そこそんなに弄られたら…らめっ…!!!)

関「……」 サスッサスッ クリクリクリ

横井(イッ……ひっ…イっちゃうぅぅぅぅ……!!!) ビクッ ビクンビクンっ

関「……」 フゥ

横井(……っ……はぁ……はぁ……授業中なのに……イッちゃったあ…) クタリ

関「……」 ボロンビーンッ

横井(へっ?)

関「……」 ビーンッ

横井(関くんのおちんちん……おっきいなあ…) ポケー

関「……」 クイッ ビーンッ

横井(そそり勃ってるよ……すっかりやるきまんまん…ヤる気まんまん?)

横井(えっ、ええ!? 関くん、もしかしなくてもエッチしたがってる?!)



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:44:59 ID:HPKqepp6

関「……」 ジー

横井(うう…でもわたし初めてだし……)

関「……」 ジー

横井(あっ、見られてる…すっごいみられてる……)

関「……」 スッ ヒラヒラ

横井(あっ、そうだ! ロボット家族も人質にとられてるんだった…!)

横井(うん……家族の幸せのためだもの……すこし我慢すれば…)

横井(ちょっとだけなら…大丈夫だよね……? それに、関くんならやさしくしてくれそうだし) ヒラキッ

関「……!」 ビンビン



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:45:35 ID:HPKqepp6

横井(あっ! でもまって!) とじっ

関「……」 ピタッ

横井(…ゴ…ム…は…?)

関「……」 ゴソゴソ ひょい

横井(おお! ちゃんと持ってる! 偉い偉い)

関「……」 ピリッ クルクルクル ッビーン

横井(妙に手馴れてる?! まさか関くん経験豊富?!)

関「……」 ジッ



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:46:14 ID:HPKqepp6

横井(…し、しかたないよね) ぱかっ クパァ

関「……」 ズッ

横井(んっ……はいってきたぁ………あんまり、痛くない、のね…)

関「……」 ギッギッ

横井(ああっ……関くんったらあんなに椅子ゆらして……! みんなにバレたらどうするの?!)

関「……」 ギッギッ

横井(…やっ……あんまり奥のとこ突かないでぇ!)

関「……」 ギッギッ

横井(そっ……こっ…よわいの……っ) ぎゅうっ

関「……」 ギッギッ

横井(やぁぁん…) ビクッ



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:47:25 ID:HPKqepp6

関「……」 ギッギッ

横井(……も、もう…なんどか…イッちゃってるのに……)

関「……」 ギッギッ

横井(…関くん…まだなの……?!)

関「……っ!」 ギッギッギッギッ

横井(あっ……そんなっ、激しくっ!)

関「……」 ギッギッギッギッ

横井(…ちょっと膨らんでる…もう出そうなの?! そうなのね?! 関くん!!)

関「……」 ギッギッギッギッ

横井(いいよ! きてっ! 関くんっ!)



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:48:25 ID:HPKqepp6

関「……っ!」 グッ ビュッビュルッビュッ

横井(イッ……やっ……! あああっ……熱ぅいっ……!) ビクッ ビクンビクンっ

関「……」 フゥ スッキリ

横井(……あれ? 関くんゴムしてない?!) ハッ

関「……」 ニヤッ プラーン

横井(そんな?! いつの間に外してたの?!)

横井(ううっ……ひどいよ関くん……中に出すなんて……)

横井(わたし…汚されちゃった……お母さん、るみは悪い子になりました…) グスッ

関「……」 スパー フゥ



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:49:41 ID:HPKqepp6

 キーンコーンカーンコーン

先生「おーし、今日はここまで! 日直ー」

関「……っ!」 フキフキ 

横井(あっ、机の中に出したの拭いてる!)

関「……」 アセアセ

横井(ふんっ、ゴム無しで出すからよ! 自業自得だわ!) ツーン

日直「きりーつ!」

関「……」 バッ ダルン

横井(プッ…関くんおちんちんしまえてない…) クスッ

関「……」 ゴソッ ジィィィ

日直「れーい」

横井「ありがとうございましたー」

関「……」 アセアセ

横井(さーてっ、下着とりかえないと……って、あ) コロンっ



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:50:19 ID:HPKqepp6

横井(まずこのぶるぶるとハンカチ、関くんに返さないとね)

横井(そうだ、ちょっといたずらしちゃえ) くちゅっ

横井(んっ)

関「……」 グイッグイッ

横井(……あれ? 窓のから何か引き上げてる)

関「……」 グイッ パカッ

横井(あーっ! ロボット家族! そんなところに監禁されてたのね?!)

関「……」 フッ

横井(なによ! その約束は守ったぞ、みたいな顔! ふーんだ!)



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:51:31 ID:HPKqepp6

関「……?」

横井「はい、これ。関くんの」 すっ

関「……?!」 ぬるっ

関「……っ?!」 カァァァァァァァ

横井(なーんだ、関くんもぜんぜんウブなんじゃない) クスッ

関「……」 プシュー

横井(あっ、止まった)



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:53:32 ID:HPKqepp6



横井「となりの…関く……んっ…♡」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/03(金) 23:57:08 ID:HPKqepp6

めでたしめでたし
横井さんの妄想力と精神感応力が順調に発達していけば原作10巻くらいにはこんなことになってるはず
ノーお触り、いいね?


元スレ
SS深夜VIP:横井(せ、関くん?! オナニーしちゃだめぇ!)