1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:03:13.604 ID:suTFhxUK0.net

幽香「まったく……いつもいつも周りをチョロチョロしているくせに、いざこちらが振り向くとすぐ逃げちゃって…。」

幽香「おかげで探すのが大変だったわぁ。……ほんと、やーっと見つけられた…。やっとこうして、お話できるようになったわね?」

幽香「………ふふふ…。」

幽香「……かわいい……っ♪」

幽香「……………。」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:05:28.381 ID:suTFhxUK0.net

幽香「……ああ、そうそう。そろそろ本題に入らないとね。……ごめんなさいね、あなたを間近で見ることなんてなかったから、つい…。」

幽香「そう、それでね。……なぜ妖怪のなかでも随一の力を持つこの私が、あなたのようななんの取得もないただの人間を探していたのか…。」

幽香「もちろん、それには深い理由があるのよ?」

幽香「…………あなた、結婚はしている?……そう、していないのね。」

幽香「じゃあ、私と結婚しなさい。」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:08:10.863 ID:suTFhxUK0.net

幽香「……なにをキョトンとしているの?結婚よ、結婚。あなた、できるでしょう?結婚。」

幽香「私もね、そろそろ身を固めようかと思って。周りの怪異の連中もところどころ伴侶を見つけているようだし。」

幽香「だからというわけじゃないけれど、きっと今しなければずっとしないだろうなと思ったら、少し寂しくなってね。」

幽香「相手になってくれそうな知り合いなんて、私にはいないけれど……よくよく考えたら、私の周りをチョロチョロしている人間がいたなーって……まあ、あなたのことなんだけど。」

幽香「……私のこと、好きなんでしょう?花の世話をしているときも、お茶を飲んでいるときも、ずーっと視線を感じたもの。」

幽香「……運が良かったわね。覗き見していただけで、この風見幽香の夫になれるなんて…♪」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:10:28.768 ID:suTFhxUK0.net

幽香「それに、少し興味もあったのよ。自分に子供がいたら、どんなものなのか、って。」

幽香「……ええ、子供。私とあなたの、赤ちゃん♪」

幽香「あら、少し想像しちゃった?……なにを想像したのかしら?私とあなたで子供の世話をしているところ?」

幽香「それとも…………私と子供を作っているところ…?」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:13:02.139 ID:suTFhxUK0.net

幽香「……悪い子ねぇ。本来ならもう頭と体がバイバイしちゃっているところだったわよ?……まあ、いいけれど。」

幽香「そう遠くない未来、その想像した光景が現実のものになるのだろうし。……あなたが私を受け容れるのなら、ね。」

幽香「といっても……もう逃がすつもりなんて、到底ないのだけど♪」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:15:57.287 ID:suTFhxUK0.net

幽香「もう……バレバレよ。そんなに引き攣った顔で、そんなに足を震わせて、そんなに怯えた様子なら、誰だって気づくわよ?」

幽香「すでに私のことなんて頭にない。この場から立ち去る手段を考えるだけでもう頭がいっぱい。……悲しいわぁ。」

幽香「あれだけアツい視線を送ってくれていたのに、こちらがその気になった途端にこれなんだもの…。」

幽香「……知ってる?私ね、悲しいことって嫌いなの。それと、一度決めたことは最後までやり抜く性格なの。」

幽香「…………あなた、もう逃げられないわよ?」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:20:10.625 ID:suTFhxUK0.net

幽香「あなたと私の力の差……まあ、分かっているとは思うから言わないけれど……考えてね?」

幽香「本当は暴力で解決、なんてことはしたくないのだけど……あなたみたいなかわいい子ってね、なんだかいじめたくなっちゃうの♪」

幽香「それくらいには、あなたのことが好きってことよ。……なにがなんでも手に入れたい……一種の愛情表現、よね?」

幽香「……さあ、どうする?あなたの態度次第では、あなたに恐怖心を与えなくてはいけなくなるわ。……だってそれが一番効率的なんだものね。」

幽香「…………今ならまだ、優しい“幽香さん”でいてあげる…。」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:28:02.966 ID:suTFhxUK0.net

幽香「………チッ。」

幽香「…ッ!!」

幽香「…………ごめんなさいね、加減はしたつもりなのだけど。人間のあなたには、“少しばかり”堪えたかしら?」

幽香「あと、なにかヘンな音もしたわね。……あら、これは顎関節が外れてしまっているのかしら?」

幽香「……ふぅん、そう…。……こんなにあんぐり口を開けたりして……はしたないわね…。」

幽香「あなたの歯の裏側や、美味しそうな舌まで、全部私に見られているわよ?………ふふふっ…♪」

幽香「……少し、味見してもいいかしら…。」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:29:02.858 ID:suTFhxUK0.net

幽香「……ぷはっ。」

幽香「あははっ♪……少し本気でキスをされただけで、そんなに幸せそうな顔したりして…。」

幽香「誰かとキスをしたのは……はじめて?」

幽香「………ふふっ♡」

幽香「はじめての大事な大事なキスが、こんな荒々しいものだなんて、下手をすれば一生のトラウマよね?」

幽香「もし私のもとから離れて、他の誰かとキスをしても……あなたの頭には私の顔が浮かんでいることでしょうね。」

幽香「愛しい誰かとキスをしたのに、終わってみれば結局頭のなかは私のことだけ…。……それって、悲しいことだと思わない?」

幽香「どれだけ愛しい人でも、どれだけその人を想っていても……怖い怖いこの風見幽香が、いつでもあなたの頭のなかでにっこり笑っているの…。」

幽香「……でも、その相手が私なら、なにも不自然なことはないわ。それは単なる、いい思い出。トラウマなんかじゃない。」

幽香「トラウマか思い出か……私はどちらを植え付けてしまったのかしらねぇ…。」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 23:35:09.773 ID:suTFhxUK0.net

おわり


元スレ
風見幽香「……やぁーっと見つけたわよぉ、人間さん?」