1: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:04:57.07 ID:TQF1Qy/l.net

かすみ「ふっふっふ、4日前から準備していたしお子BOX...
    その中に入れられたかすみんたちの手紙!きっとしお子は感激のあまり泣いて喜ぶに違いない!!」

璃奈「栞子ちゃんがどんな反応するかドキドキする。」

しずく「そうだね、私も楽しみだなぁ...ふふっ♪」

かすみ「良い?しず子、りな子。渡すのは帰る前に渡すんだよ?」

かすみ「ぜっったいにしお子にバレないようにしないとだから!」

璃奈「だ、大丈夫、渡すための予習はやってきた..」

しずく「あはは、今日渡すとなると緊張しちゃうね。」


アハハ  フフフ  ワクワク

-----扉の前-----

栞子(....さて、どうしましょう。)



15: >>13 数学は...苦手だな...感謝 2022/10/05(水) 22:40:51.66 ID:TQF1Qy/l.net

栞子(かすみさんたちがそんなことを考えてくれていたなんて、とても嬉しいです)


栞子(ですが今は嬉しさより、焦りが上回ってしまって身体が震えています...)プルプル

栞子(いいえ、焦りは禁物...焦っては何も生み出せない)

栞子(深呼吸...はもしかしてら、かすみさんたちに聞こえてしまうので、素数を数えましょう...)

栞子(2、3 、5、7、11、13、17...)

栞子(ふぅ、なんとか落ち着きました。)



4: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:13:12.06 ID:TQF1Qy/l.net

栞子(ひとまず、この場は静かに去りましょう...)

栞子(そしてかすみさんたちがプレゼントを渡す時にしっかり喜びさえすれば...)

栞子(すごく嬉しいのは間違いないのですから、大丈夫です...)

栞子(...そう、私は舞台少女...感情を出す適正は持ち合わせています。)

栞子(この場は静かに去りましょう) クルッ

ランジュ「あら、栞子じゃない!ちょうど良かったわ!これ、誕生日プレゼント♪」

栞子(終わりました。)



7: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:15:57.06 ID:TQF1Qy/l.net

-----同好会-----

ランジュ「あら、栞子じゃない!ちょうど良かったわ!これ、誕生日プレゼント♪」



「「「ッッ!?!?!?」」」

かすみ「ッッ!?」

しずく「ッ!?」

璃奈「」

かすみ「ど、どうしよう今の会話聞かれてた!?」ゴニョゴニョ

しずく「わ、分からない!でも、もしかしたら聞こえてなかったかも知れないよ!」ゴニョゴニョ

璃奈「う、うん!ちょうど今来たならなんとか」ゴニョゴニョ



8: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:16:21.06 ID:TQF1Qy/l.net

「ところで部室に入らないでどこ行こうとしたの?」



10: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:19:30.37 ID:TQF1Qy/l.net

かすみ「完全に聞かれてたよぉ!」ゴニョゴニョ

しずく「こ、こんな時はどうしたら!そ、そうだ璃奈さんが作った1分前の記憶を消す装置で!」ゴニョゴニョ

璃奈「今修理中、使ったら記憶が全部なくなっちゃう」ゴニョゴニョ

かすみ「こわっ!」ゴニョゴニョ

璃奈「それでも、この企画がばれるよりかは」

かすみ「うわあ!りな子内心めちゃくちゃ焦ってるよぉ!」ゴニョゴニョ-‼︎

ランジュ「ほら、一緒に入りましょ♪」グイッ

栞子「あ、ちょっと待ってくださ───」



11: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:24:15.04 ID:TQF1Qy/l.net

栞子「あっ」

しお子BOX ←誕生日仕様
しずく、璃奈、かすみ「」←しゃがんで作戦会議中だった3人


彼方「すやぴぃ」 ←気持ちよさそうに寝ている。
ランジュ「ぁ」←すべてを察したランジュ


かすみ「あ、あはははは...」ヒキワライ

しずく「お、お誕生日おめでとうございます。栞子さん..」ニガワライ

璃奈「ハッピーバースデー」ハクシ

栞子「あ、ありがとうございます...」



14: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 22:38:42.50 ID:TQF1Qy/l.net

------------------------

ランジュ「本当にごめんなさい!!」

しずく「あ、頭をあげてください!」オロオロ

ランジュ「でも、なんてお詫びをすれば良いか!」

璃奈「気にしないで大丈夫だよ。ランジュさんが来た時点で栞子ちゃんにも聞かれてた。」

かすみ「そうですね、冷静に考えてここで作戦会議はかすみんたちも迂闊でした」



20: >>13 数学は...苦手だな...感謝 2022/10/05(水) 22:59:22.73 ID:/6+U7+8D.net

ランジュ「みんな...」

栞子「私も今考えれば冷静な判断ができていませんでした」

栞子(しずくさんがいるのに、舞台の適性を持ってると思い込んだり....)チラッ...

しずく「...?」

栞子「あそこで部室から離れても自ずとバレていたでしょう。」

栞子「なので、部室に入るきっかけを作ってくれたランジュに感謝しています」



22: >>13 数学は...苦手だな...感謝 2022/10/05(水) 23:09:24.37 ID:/6+U7+8D.net

ランジュ「栞子まで...」

ランジュ「ありがとう...本当に優しいのね...」

ランジュ「でも、それじゃあランジュの気が収まらないわ...」

栞子「しかし」

ランジュ「だから、明日を楽しみに待っててちょうだい!絶対にみんなを喜ばせて見せるから!」

しずく「明日...ですか?」

ランジュ「ええ!」

かすみ「そ、そこまで言うなら仕方ないですねー!明日、楽しみに待ってます♪」

璃奈「ワクワク」

ランジュ「それじゃあ、一旦席を外すわ!」

栞子「ランジュ?」

ランジュ「....♪」



24: >>13 数学は...苦手だな...感謝(もんじゃ) [ここ壊れてます] .net

栞子「行きましたね」

「「「「......」」」」

かすみ「えー...こほん!しお子、お誕生日おめでとう!」

しずく「これ、栞子さんに渡そうと思って準備してたの♪」

璃奈「喜んでくれると嬉しい...」

栞子「皆さん...」

そう言って、渡してくれた私に模したBOXの中には手紙が入っていた


しお子BOX【『しお子へ♪』『栞子さんへ』『栞子ちゃんへ』】



栞子「...こちらの手紙、拝読させて頂いても」

かすみ「勿論オッケーだよ♪」



26: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 23:55:11.10 ID:/6+U7+8D.net

『誕生日おめでとうしお子♪
たとえ生徒会長でも、
スクールアイドル同好会では後輩なんだからかすみんの命令は守るように!
とりあえず、今日はしお子は誕生日を喜ぶこと!



『お誕生日おめでとうございます
これからも互いについて知っていけたら嬉しいな
生徒会もあるけれど、これからもスクールアイドル同好会も楽しんでいってね♪


『誕生日おめでとう。
栞子ちゃんの誕生日をお祝いできてとっても嬉しい(*^^*)
来年は今日よりびっくりさせたいな( ̄▽ ̄)ニヤリ




27: 名無しで叶える物語 2022/10/05(水) 23:56:55.37 ID:/6+U7+8D.net

栞子「...っ」

栞子「酷いです...皆さん」

かすみ「し、しお子...?」

栞子「もし、突然貰われたら嬉しすぎてこれどころではすみません...っ」ウルッ

かすみ・璃奈・しずく「っ!!」パァァァ



28: 名無しで叶える物語 2022/10/06(木) 00:09:14.55 ID:CN52m7S+.net

----------------



秘密会議

リナ:まさか扉の前に栞子ちゃんがいてビックリだった(^^;;

シズク:ね、来年からはもっと隠密に行動しないと

カスミ:でも、最後の仕掛けだけは気づかれずに済んで良かったよ!

リナ:うん、きっとそろそろのはず。

シズク:栞子さん、どんな反応してくれるかな?



31: 名無しで叶える物語 2022/10/06(木) 08:59:03.49 ID:rzm99uF7.net

栞子部屋

栞子「(今日はそろそろ寝ましょうか)

栞子(...)

栞子(ふふっ、何年振りでしょう...♪)

栞子(自分の誕生日が終えるのがこんなにも勿体なく感じるなんて♪)

そう思いながら、かすみさんたちから頂いた栞子BOX
を机の上に置く時、違和感に気づきました。

栞子「...?」

栞子BOXの下に袋がテープで固定されていたのです。
何かと思い、袋の中を見ると

[サプライズプレゼント♪ 
 栞子さんに似合うリボンを買いました 
 気に入ってくれたら嬉しい^-^]

栞子(皆さん...)

栞子「...ふふっ」

栞子「今日は本当に最後まで喜んでばっかりですね」



32: 名無しで叶える物語 2022/10/06(木) 08:59:18.09 ID:rzm99uF7.net

END


元スレ
かすみ「諸君!誕生日の準備は出来てるか!」しずく・璃奈「おー!」| 栞子「....」