1: じょうじ 2013/12/17(火) 00:36:48 ID:4TtKH3ek


小吉「……いや、ブラじゃん」


ミッシェル「ブラじぇねぇ…大胸筋矯正サポーターって言ってんだろ?」ギロッ


小吉「」ビクッ


小吉(絶対ブラだよなぁ……)


ミッシェル「こないだテレビ通販で売ってたから、買ってみたんだ。プロテイン付きだぞ?」


小吉(完璧に騙されてるー)



2: じょうじ 2013/12/17(火) 00:37:28 ID:4TtKH3ek


小吉「で、でもミッシェルちゃん、さすがにその格好はマズイと思うぞ?」


ミッシェル「トレーニングルームで大胸筋矯正サポーターを着けて何が悪いんだ?」


小吉(だからブラだって……)


ミッシェル「それにシャツ着ると汗でビショビショになって気持ち悪いんだよ」


小吉「で、でも……」


ミッシェル「幸いここにはレディしかいないしな」


小吉「酷っ!?ねぇ、俺は?」



3: じょうじ 2013/12/17(火) 00:38:30 ID:4TtKH3ek


ガチャ


アシモフ「艦長と副艦長が先客か…」


小吉「おっ、アシモフか!珍しいな、お前がここ(アメリカ)のトレーニングルームに来るなんて」


アシモフ「いやーうち(ロシア)の施設のトレーニング器具を壊しちまってな。それで仕事でこっちに来たついでに一汗かこうと思ったんだが……」チラ


ミッシェル「ん?」


アシモフ「何故、デイヴス副艦長はブラ一枚なんだ?」


ミッシェル「ブラじゃない、大胸筋矯正サポーターだ」


アシモフ(…完全にブラだが)



4: じょうじ 2013/12/17(火) 00:39:20 ID:4TtKH3ek


アシモフ「若い女性がその格好はさすがにマズイと思うが……」


ミッシェル「じゃあ私にブラジャー一枚になれと言うのか?そんなはしたないこと出来るか」


アシモフ(……今の格好ははしたなくないのか?)


ミッシェル「それよりここに何しに来たんだ?駄弁る為じゃないだろ?だったら筋トレしろ」


アシモフ「…それもそうだな」


小吉「じゃあ、やるか」



5: じょうじ 2013/12/17(火) 00:40:26 ID:4TtKH3ek


ガシーン!ガシーン!  ダッダッダッダ


ミッシェル「ふッ…ふッ…ふッ…」ガシーン!ガシーン!


小吉(…集中できない。どうしてもミッシェルちゃんの胸に目がいってしまう…)


ガチャ


ジョセフ「……え?」


小吉「おおっ!今日はよく幹部が集まるな」


ジョセフ「どどどどうしてミッシェルさんはブブブブ、ブラだけになっているんですかぁぁぁ!?///」


ミッシェル「だからブラじゃねぇ!大胸筋矯正サポーターだ!!」バキンッ!



6: じょうじ 2013/12/17(火) 00:41:05 ID:4TtKH3ek


小吉「あ」


ミッシェル「………」スチャ


アシモフ「いや、そのまま戻してもさすがにくっ付かんだろ」


ミッシェル「チッ……これで先月と合わせて4台目だ。給料が全部修理代になっちまうな…」


小吉「ははは…一応、七星に安くするよう頼んでおくよ」


ジョセフ(小町艦長、どうしてミッシェルさんはブラ一枚なんですか?)ヒソヒソ


小吉(触れないほうがいいぞ、ジョー)ヒソヒソ



7: じょうじ 2013/12/17(火) 00:43:29 ID:4TtKH3ek


ジョセフ(しかし……最高に美しい。あそこまで美しいプロポーションでありながら、男性にも負けない筋肉も持つ…まさにパーフェクトボディ!!だが……俺はどうすればいいんだ?)
①欲望のままガン見する
②なるべく見ないようにする
③さりげなくチラ見する
…①は無いな。紳士的でないし、ミッシェルさんに嫌われてしまう。②は……駄目だ!自分に嘘をつきたくない!ミッシェルさんの大きなおっp…胸を見たい!………③だな。うん、さりげなくが一番だ)


ジョセフ「………///」チラ チラ チラ


小吉「チラチラ見すぎだ、ジョー」


ミッシェル「……私だけ上半身をあらわになってんのは不平等だ。ってことでお前らも脱げ」


小吉「理不尽!?」


アシモフ「うむ、一理あるな」ヌギヌギ


小吉「躊躇無し!?」



8: じょうじ 2013/12/17(火) 00:44:31 ID:4TtKH3ek


アシモフ「どうだ!!この筋肉!!カッチカチだぞ?」ムキッ


ミッシェル「おぉ…かなり鍛えてんな」


小吉「さすがは軍神シルヴェスター・アシモフだ。体重130kgオーバーは伊達じゃないな」


ジョセフ(ここで俺の華麗なる肉体美を見せれば、ミッシェルさんも惚れるはず!)チラ チラ チラ


ガチャ


燈「え?」


ミッシェル「あーん?」ギロッ


燈「」ビクッ



9: じょうじ 2013/12/17(火) 00:45:25 ID:4TtKH3ek


燈(な、なにこの状況!?幹部が4人集まってるし、ミッシェルさんブラだし…アシモフさん裸だし、ミッシェルさんブラだし…ジョセフさんもめっちゃ見てるし、ミッシェルさん胸デカイしブラだし!!)


ミッシェル「そんなとこでつっ立ってないで早く中に入れよ」


燈「は、はい!」


小吉(燈、選択を間違えるなよ。決してミッシェルちゃんのブラには触れてはいけないぞ!)


燈「あ、あの~…ミ、ミッシェルさん…どうしてブラ一枚でいるんすか?」


小吉(言っちゃったー)


ミッシェル「」ピキッ


ミッシェル「だ・か・ら!ブラじゃねぇって言ってんだろ!!これは大胸筋矯正サポーターなんだよ!!」クワッ


燈「ひぃッ!?」ビクッ



10: じょうじ 2013/12/17(火) 00:46:14 ID:4TtKH3ek


ミッシェル「…まぁいい。とりあえず、お前脱げ」


燈「はい?」


ミッシェル「脱げ」


燈「……はい」シュン


燈(どうして俺は皆の前で服を脱いでんだ?)ヌギヌギ


ミッシェル「なに下まで脱ごうとしてんだよ、変態」


燈「傍若無人!?」



11: じょうじ 2013/12/17(火) 00:47:18 ID:4TtKH3ek


ミッシェル「それにしても……お前も結構引き締まってんな」マジマジ


燈「そ、それほどでも//」テレ


ミッシェル「ふ~ん……」ペタペタ


燈「ちょっ!?ミッシェルさん!?///」アン…


ジョセフ(なっ!?羨ましい!!俺も肉体美を見せてミッシェルさんに触ってもらおう!)ヌギヌギ



13: じょうじ 2013/12/17(火) 00:48:12 ID:4TtKH3ek


ガチャ


アドルフ「………」


ミッシェル「………」ペタペタ


燈「………」アン//


アシモフ「………」ムキッ


ジョセフ(ミッシェルさん、俺の体を見てください!!背中に鬼の顔があるんですよ!!)オーガ!


小吉「……よう、アドルフ」


アドルフ「………失礼しました」


バタン


小吉(空気読んで帰ったー)



14: じょうじ 2013/12/17(火) 00:49:30 ID:4TtKH3ek


燈「ミ、ミッシェルさん!もういいですか!?」


ミッシェル「あぁ、ベタベタ触って悪いな。それにしても、お前……」


バシンッ!!


燈「あ゙痛ッッて!!」


ミッシェル「いい体だ」


燈「」ピクピク


小吉(背中にくっきりと紅葉が…燈、ドンマイ)


ジョセフ(次は俺の番かな?)ワクワク


ミッシェル「さて、私はそろそろ仕事(デスクワーク)に戻る。じゃあな」スタスタ


ジョセフ「」



15: じょうじ 2013/12/17(火) 00:50:38 ID:4TtKH3ek


ガチャ


八重子「艦ちょー、七星さんが呼んでまーす」


小吉「おう、ありがとな八重子」


八重子「ん?……どうしてミッシェル班長はブラなんですか?」


ミッシェル「」ピキッ


小吉「oh…」


ミッシェル「だからブラじゃねぇ!!大胸筋矯正サポーターって言ってんだろ!!」



Fin



16: じょうじ 2013/12/17(火) 00:52:01 ID:4TtKH3ek

短いですけどこれで完結です


テラフォーマーズのssもっと増えろ!!と思って書きました


ではまた何処かで



20: じょうじ 2013/12/17(火) 15:19:48 ID:9pn4J6no

ID違うけど>>1です
かなり余ってるのでテラフォの短編でも書きます



21: じょうじ 2013/12/17(火) 15:22:20 ID:9pn4J6no


『太陽に包まれる鷲』



22: じょうじ 2013/12/17(火) 15:27:07 ID:9pn4J6no


ここ、火星で俺は大切なヒトを失った


今俺は、そいつの墓の前で泣いている…彼女に抱かれながら


彼女は脱出機から飛び降りている時には泣き叫び、無事に降りてからは子供のように駄々を捏ねていた


そんなさっきまで助ける側のか弱い彼女に、ランキング12位の俺は助けられている


優しく頭を撫でられて、宥めてくれている


久々に感じる人のぬくもり……あたたかい


太陽を失った俺をあたためてくれる



23: じょうじ 2013/12/17(火) 15:33:10 ID:9pn4J6no


「…八重子」


「んー?なあに?」


「ありがと…な」


「ふふふ、どういたしまして」



にこっと笑う彼女の笑顔が、あいつと重なる


年齢も、性格も、国も、顔の作りもまったく違う…同じなのは性別ぐらいだ


だが彼女は、あいつと同じように俺にとっての太陽となっていた



24: じょうじ 2013/12/17(火) 15:41:37 ID:9pn4J6no


今度は失わない……奪わせやしない



「……お前は絶対に死なせないからな」


「うん…ちゃんと守ってね」


ザッ


後ろから足音が聞こえた


ゴキブリか?いや、違う……残念ながら、後ろを振り向かずに誰なのかわかるほど聞きなれた足音だ


お前、空気読めよ…アシダカグモの毛は敏感なんだろ?


…いや、こいつの場合はわざだな



25: じょうじ 2013/12/17(火) 15:47:29 ID:9pn4J6no


「ゴキブリ達がいないか見回りをしてたんだが……さて、艦長達に報告しないとな」


「…何を報告すんだ?」


「『祝!火星カップル誕生』ってな!」


タッタッタッタッタ


あのイカ野郎…全速力で逃げやがった


「あ~あ、カナちゃんに質問攻めにされちゃうなぁ」



26: じょうじ 2013/12/17(火) 15:53:35 ID:9pn4J6no


「ごめんな、俺のせいで……」


「別にいーよ……そこまでイヤじゃないし」


「え?」


「た、ただし!100万円払わないと、うちを彼女にさせてあげないからね!」


「金とんのかよ!?しかも100万って高っ!!」


「うちは優良物件なんだからこんぐらいなの!これでも出血大サービスしてんだからね」



まったくこいつは……



「…なぁ、ローンは組めるのか?」



27: じょうじ 2013/12/17(火) 16:01:02 ID:9pn4J6no

携帯での書き込みがここまでやりづらいとは……やはりPCが一番ですね

こんな感じで暇な時に短編を書いていきます
他の人も書いてもいいですよ?ていうかぜひ書いてください!

ではまた



30: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:45:24 ID:l.PdM5c6

>>1です
思いついたのが短編じゃない+他ssに集中したいのでこっちは終わらせます 自分勝手で本当にすいません

せっかくなので進撃とのクロスの時に書いた短編の修正版を投下しておきます
コテが「じょうじ」だとクドイのでトリでいきます



31: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:46:14 ID:l.PdM5c6



『じょうじ物語』






32: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:47:06 ID:l.PdM5c6


※この物語は都合上、副音声でお送りしております



ジョージ「よお、久しぶりだな!」


城「ああ、そうだな。そっちは最近どうだ?」


ジョージ「まあまあかな。先輩とちょっとうまくいってないけどな」


城「お前のとこの先輩って確か…源さんか?」


ジョージ「そうだ。最近湖で泳がされてばっかなんだよ…」


城「ハハハ!それは大変だな。それより見ろよ、この体を!艶があるだろ!」キラキラ


ジョージ「ああ……艶って言うより、もはや光沢だな」



33: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:47:42 ID:l.PdM5c6


J・ジョー「はぁ……」トボトボ


ジョージ「おっ、どうした?お前が落ち込んでいるなんて珍しいな」


J・ジョー「俺だって落ち込む事ぐらいあるさ」


城「で、どうしたんだ?いつも『面白ェ……』って言っているお前がそんなに落ち込むなんて」


J・ジョー「実は…部下が俺の事を馬鹿にすんだよ」ハァ…


城「はあ~!?そんな事かよ。元々一匹狼だったお前が、なにを今さらそんな事を気にしてんだよ」


ジョージ「…何て馬鹿にされてんだ?」


J・ジョー「『お前の攻撃など効かない』、『何の為にその手の穴はあるんですか?』とか…」


ジョージ「…ちょっとソイツら蹴り殺してくるわ」ダッ


城「待て!」ガシッ



34: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:49:01 ID:l.PdM5c6


ジョージ「放せ!!親友を侮辱されて黙っていられるか!」ジタバタ


城「だが、お前の脚力で蹴られたら粉々になるだろ!!」


ジョージ「そうするつもりだ!!粉々にしてやる!!」


J・ジョー「ジョージ、お前の気持ちはうれしいが…そんな奴らでも俺の大切な部下なんだ。やめてくれ」


ジョージ「…チッ、わかったよ」


城「ったく、お前のそういうとこ変わってないな」


ジョージ「…うるせぇ」


J・ジョー「だが、あまりカッとなりすぎて作戦を忘れるなよ。あくまでお前の任務はサンプルと車を奪うことだ。それまでに部下がやられようと我慢して見ているんだぞ」


ジョージ「…ああ、わかっているさ。そのために運転を覚えたんだ、難しかったんだぞ」



35: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:49:47 ID:l.PdM5c6


ちなみに主音声に切り替えると……



バッタTF「じょうじ」


ニジイロTF「じょう じょう」


ゴッドTF「じょうじょう じょうじょう」


バッタTF「じょうじ じょうじ」



36: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:50:47 ID:l.PdM5c6


副音声



城「それにしても……本当にまた来んのかよ、アイツら」


J・ジョー「ああ、そうらしい……何でも今回は20年前の奴らよりも人数が多いらしいぞ」


城「げっ、マジかよ…気持ち悪いな。あの時も俺、あまり近づかないようにしてたし…」


ジョージ「だが俺達はやるしかない。この星を…俺達の星を守るために…」


J・ジョー「ジョージ…」


城「…まあ頑張れよ、お前ら。俺の出番は結構後だからな。確かクロちゃん達の後だ」


J・ジョー「まずは俺の班が奴らの船を落とす」


城「…そういえば、アイツらの船に潜入する奴も居るんだろ?どうやって潜入するんだ?」


ジョージ「はぁ…ちゃんと作戦を聞いてろよな。それは――」



37: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:51:32 ID:l.PdM5c6


主音声・副音声



バッタTF「じょうじ じょうじ」


城「へぇ~、なるほど」


バッタTF「じょうじ」


城「マジかよ!?そんな事言ってたか?」


ゴッドTF「じょうじょう」


城「はいはい、聞いてなくてすいませんでしたよ……ついでにもう一つ聞いていいか?」


バッタTF「じょうじ」



38: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:52:58 ID:l.PdM5c6


城「何で俺等ってこんなにでかくなったんだっけ?」


バッタTF「ジョウジッ!!」


城「いやぁ、その時も話を聞いて無くてさ。今さら聞くのも恥ずかしいなぁーって思ってたんだけど……何か知りたくなってな」


ゴッドTF「…じょうじょう じょうじょう」


城「あー、確かにそんな事を言ってたような記憶が……ないな」


バッタTF「じょうじ」


城「ハイハイ、悪かったって。そんなに怒るなよ」



39: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:53:58 ID:l.PdM5c6


副音声



ジョージ「ったく…お前は本当に人の話を聞かねぇな」


城「この体だと背景と同化して見えなくなるから目立たねぇんだよ」


J・ジョー「逆に目立って常習犯だから怒られないんじゃないのか?」


ジョージ「そのクセはちゃんと直せよ。じゃないとケラ先輩、もしくは……パラポ将軍に言うぞ」


城「それだけはやめてくれ!握り殺されちまう!」ガクガク


J・ジョー「あの人の腕力(パワー)は別格だからな…」


城「あの人の腕力に耐えられるのはクロちゃんぐらいだぜ」



40: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:54:46 ID:l.PdM5c6


ジョージ「じゃあこれからはちゃんと人の話を聞けよ」


城「…善処する」


ジョージ「おい」


J・ジョー「……さて、お喋りも終わりだ。そろそろ時間だぞ」


城「じゃあ俺はケラ先輩のとこに行ってくるわ」


ジョージ「待て、お前ら!」


城「何だよ、話があるなら早くしろよ。あの人も怒らすと怖いんだからな」



41: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:55:28 ID:l.PdM5c6


ジョージ「これをするのを忘れてた…」ス…


J・ジョー「フッ…お前も変わらないな」ス…


城「ああ、何かあると直ぐにこうやって3人で拳を合わせてたな」ス…


ジョージ「お前ら…絶対に死ぬなよ。また、ピラミッド(ここ)で!!」





バッ

      ブゥゥゥゥゥン



42: ◆BUsl4O8zWY 2013/12/21(土) 13:57:32 ID:l.PdM5c6


___________________

そして時は流れ…



ジョージ「アイツらよくも俺の部下を…」ギリッ


ジョージ「はっ!……J・ジョーに言われてたな……俺のやるべき事は車とサンプルの奪取。それだけを考えるんだ……でも、一匹ぐらい殺しても大丈夫だよな?」


ジョージ「おっ、戦闘が終わってアイツら油断したな。源さんも作戦通り、湖から仕掛けたし……さて、行くか」ググッ… ダンッ!


キュン

       ドガンッ!!


アレックス(なっ、何だコイツは!?)



ジョージ「…火星をなめんなよ!!」



43: じょうじ 2013/12/21(土) 14:01:01 ID:l.PdM5c6

これで完結です


一応今書いてるssが終われば、また別スレでテラフォのssを書くつもりです
ちなみに今度はチャオミー君を火星に送ろうと思ってます


ではまた今度


元スレ
SS深夜VIP:小吉「…何でブラなの?」ミッシェル「大胸筋矯正サポーターだ」