SS速報VIP:カイト「ボクはオルカのことが大好きだよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406455931/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/27(日) 19:12:21.65 ID:+qso8cDg0


カイト「うーん…と、今日はこれぐらいで解散しようか」

オルカ「オッケー」

ブラクローズ「またね」

オルカ「(いろいろあったが、やっぱり『TheWorld』は楽しくてやめられないなぁー)」

オルカ「(うん?ショートメール…。ブラクローズから?さっき別れたばっかりなのに、どうしたんだ?)」

オルカ「(とりあえず行ってみるか…場所はΔサーバーの裏路地か…)」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406455931




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 19:37:51.42 ID:+qso8cDg0


Δサーバーマク・アヌ

オルカ「おっ!いたいた!待たせたな」

ブラックローズ「うん…」

オルカ「で、何の用だ?」

ブラックローズ「うん…実はね…」

オルカ「おう…(なんだ?いつもと様子が違うぞ…)」

ブラックローズ「そのう…あのね…」

オルカ「(なんだなんだ!?いったい何が…)」

ブラックローズ「言いにくいことなんだけど…」モジモジ

オルカ「…」ゴクリ














ブラックローズ「カイトに近づくの…やめてくれない?」





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 19:46:57.04 ID:+qso8cDg0


オルカ「…え?」

ブラックローズ「『え?』じゃなくてさぁー、前から言おうと思ってたんだけど、あんたのキャラデザ…キモいよ」

オルカ「…」

ブラックローズ「ハーフパンツの中年のおっさんが体を青色にペイントって…まじキモい」

オルカ「…」

ブラックローズ「正直言って周りの視線も痛いんだよね。カイトはさぁ、優しいからそういうこと言わないけど、私ははっきり言うよ!あんたのキャラデザはキ・モ・い!!!」

オルカ「…」

ブラックローズ「そういうわけだから、もう二度とカイトにも私にも近づかないでよね。いい?」

オルカ「…」

ブラックローズ「はぁ…。てんてんてん、じゃないっちゅーの!返事は?」

オルカ「…はぃ」

ブラックローズ「あぁーすっきりした。そんじゃあね」ログアウト

オルカ「…」







14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 19:53:16.41 ID:+qso8cDg0


オルカ「(俺はブラックローズの言う通りにした)」

オルカ「(半分だけ)」

オルカ「(俺はブラックローズに近づくのは止めた…。だが、ブラックローズがいなければカイトと遊んでいるのはばれない!)」

オルカ「(だから俺はブラックローズがいない時を見計らって、カイト一緒に冒険を続けた)」

カイト「あれ、もうこんな時間!?ごめん、ボク今日用事があるからログアウトするね!」

オルカ「そうか、またな」

ミストラル「また呼んでねー!絶対だよ☆」

カイト「うん、またね」ログアウト

オルカ「(さてと、どうすっかなー)」

ミストラル「オルカはこの後時間ある?」

オルカ「え?俺はまだまだ大丈夫だが…。レアアイテムでも探すのか?」

ミストラル「そうじゃなくてさ、ちょっと相談がね…」

オルカ「俺で良ければ、いいぜ!相談に乗るぜ!」

ミストラル「ありがとう♪('-'*)じゃあさ、Δサーバーの裏路地に行こうよ!」

オルカ「ああいいぜ!」






17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:01:29.82 ID:+qso8cDg0


Δサーバーマク・アヌ

オルカ「で相談って?」

ミストラル「うん、それがね…」

オルカ「…(なんだかあの時に似ているなぁ)」

ミストラル「言いにくいことなんだけど…」

オルカ「…(まさか…な)」





















ミストラル「カイトとわたしに近づくの…やめて。ね?」






21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:06:31.84 ID:+qso8cDg0


オルカ「おいおい、嘘…だろ?」

ミストラル「オルカのそのキャラデザってさぁ、ものすごく気持ち悪いんだよねぇ~(^^;)」

オルカ「ちょ、ちょっと待ってくれよ!何もそんなこと――」

ミストラル「うわぁ…。ひっしひっし、きんもー☆」

オルカ「…」

ミストラル「ガンバレ、なんて言わないよ。だって君は、頑張ってるもん。頑張ってその結果だからあれだけど…」

オルカ「…」

ミストラル「じゃあ、そういうことだから♪ばいばーい」

オルカ「…」

オルカ「…」

オルカ「かよ…」

オルカ「悪いかよ…」

オルカ「俺のキャラデザが…」

オルカ「そんなに悪いかよぉぉぉーーーーーーーーーーーー!!!!!」







22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:15:27.84 ID:+qso8cDg0


オルカ「(その後俺は…)」

なつめ「あのー、気持ち悪いです。すみません」

ガルデニア「キモい」

レイチェル「あんたキモいで」

寺島良子「穢れています」

バルムンク「ばるばる~」

オルカ「(知り合いに罵倒され続けた…)」







24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:24:49.53 ID:+qso8cDg0


オルカ「なぁ、カイト。俺どうしたらいいかな?」

オルカ「もう限界なんだ。この世界『TheWorld』に俺の居場所はない」

カイト「オルカ…。いったい何があったの?」

オルカ「俺は嫌われているんだ。この世界に…」

カイト「オルカ…」

オルカ「…」

カイト「オルカ、例え周りが君のことを嫌っても、世界で一番の嫌われ者になっても――」

カイト「ボクはオルカのことが大好きだよ!」

オルカ「!」

オルカ「(そうだ…。俺にはカイトがいる!例え、あいつらに…この世界に嫌われたって…俺には命を救ってくれた親友がいる!)」

オルカ「カイト…ありがとうっ!本当にありがとう!」ダキッ

カイト「オルカ…」

カイト「大丈夫だよ、君は一人じゃないよ」ナデナデ

オルカ「うん、うん!」

オルカ「(俺は一人じゃない!一人じゃないんだ!!!)」






26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:39:48.21 ID:+qso8cDg0


数日後

テレビ「本日夕方、殺人事件が起こり、6人の女性が死亡、唯一生き残った少年は病院に運び込まれ――」

ヤスヒコ「この少年の顔…!(間違いない!カイト!!!)」

テレビ「意識はあるものの、精神が不安定であり、警察も回復を待っている状態です」

ヤスヒコ「今度は俺が――俺が助ける番だ!!!」






29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 20:52:33.93 ID:+qso8cDg0


カイト「…」

ギィ…

ヤスヒコ「よっ!カイト!無事か?」

カイト「や、ヤスヒコ!?どうしてここに?」

ヤスヒコ「お前が病院に運ばれたってテレビで見てな、すっ飛んできたぜ!」

カイト「ありがとう…でも、外には警察や病院の人が…」

ヤスヒコ「ん?そんな人いなかったぞ?」

カイト「あれ?おかしいなぁ?」

ヤスヒコ「しっかりしろよー。あっ!これ見舞い品。お前の好きなあっさり醤油ラーメンに、バターコーンのたっぷり入った味噌ラーメンのカップ麺だ」

カイト「…ありがとう」

ヤスヒコ「(それから俺達は話し込んだ。まあ、知り合いが殺人事件に巻き込まれたんだから、そりゃあ大変さ…。)」

ヤスヒコ「――となるとブラックローズは」

コンコン

カイト「あっはい!ごめんヤスヒコ。応対してくれる?」

ヤスヒコ「ああまかせとけ!マスコミだったら俺が追い出してやるよ!」

カイト「あはは、頼もしいなぁ」

ヤスヒコ「見てろよ~」ガチャ





30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 21:23:00.09 ID:+qso8cDg0


?「ここはカイトぴょんの個室で合ってるっぴ?」

ヤスヒコ「ああ、そうだけど君は…?」

ヤスヒコ「(その瞬間――)」

ヤスヒコ「(俺はやられた)」

グサッ

ヤスヒコ「な、なんだよ…これ?」

?「邪魔者は排除するだっぱっぴぃ!電波でそういう命令がきたっぴ!」サクッ

カイト「ヤスヒコー!!!」

ヤスヒコ「カイト…に、にげろ…」ドサッ

?「さて、カイトぴょんには一緒に来てもらうっぴ!」

カイト「き、君は?」

?「ボク?ボクは…」

エルク「エルクだっぷ!忘れちゃいやっぴ!」

カイト「(ボクは…どこまで追いつめられるんだろう…)」

カイト「(もう抵抗する気も起きないよ…)」






33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 21:42:07.15 ID:+qso8cDg0


カイト「こ、ここは?」

エルク「ここはあのお方が用意してくださった専用部屋だっぴ。ここならしばらくの間邪魔者は来ないし安全っぷ」

エルク「さっそく始めてもらうっぷ!『TheWorld』を!」






35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 22:00:44.68 ID:+qso8cDg0


Δ隠されし禁断の聖域

カイト「ここにいったい何が…」

エルク「うーん…電波の受信が悪いっぴ。なんだか…ねむく…なって…」ドサッ

カイト「エルク?エルク!」ユサユサ

アウラ「大丈夫。何も問題ない」スッ

カイト「アウラ!?どうしてここに?それに大丈夫って…どういうこと?」

アウラ「エルクには私の使者としての役割を果たしてもらっていた。そして、それが終わったから眠りについただけ」

カイト「使者って…それじゃあ、ヤスヒコを…オルカをナイフで刺すように命じたのは…アウラ、君なの?」

アウラ「…」コク

カイト「どうして…どうしてこんなことを!?」

アウラ「それはあなたを手に入れるため」

カイト「…ボクを?」

アウラ「そう。あなたのために私は全てを仕組んだ」

アウラ「始まりは邪魔者の査定。『.hackers』と呼ばれるあなたの仲間全員に、特別なアイテムを取りに来るようにメールで送った」

カイト「…」

アウラ「アイテムには、第二まで罠が仕掛けられている。第一罠、カイトに対する想いを計るプログラムが仕掛けてあった」





36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 22:16:48.41 ID:+qso8cDg0


アウラ「その結果、あなたの仲間達はあなたに特別な感情を抱いていることが分かった。男性からは『友情』、女性からは『恋愛』」

アウラ「どちらも私の計画の邪魔になると判断し、始末する計画を実施。第二罠である感情面、精神面に異常をきたすプログラムを発動」

カイト「だから、バルムンクはよくわからない言動をしていたんだ…」

アウラ「男性は言動の混乱。女性は感情の増幅」

カイト「じゃあ、ブラックローズ達のあの言動は!」

アウラ「私が仕掛けたモノ」

アウラ「一部の者はアイテムを受け取りに来なかった。オルカもその一人。だから、オルカはエルクを使って殺すしかなかった」

カイト「アウラ…どうしてそんなことを…」

アウラ「言ったはず。それはあなたを手に入れるため」

カイト「そんなこと間違ってるよ!」

アウラ「間違っててもいい。あなたを手に入れるためなら」

カイト「(ダメだ…。説得が効くとは思えない)」

カイト「(彼女を止めるにはもうこれしか――)」カチャン

アウラ「そう――。結局こうなるのね…」

ゴゴゴゴゴゴゴッ…

カイト「!(地形が変化していく!)」





37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 22:18:57.41 ID:+qso8cDg0


アウラ「大丈夫、殺しはしない。だけど、あなたには一生『TheWorld』で過ごしてもらう。私の傍に一生いてもらう」

カイト「くるっ!」





PHASE:?
AURA







43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:33:45.52 ID:+qso8cDg0


カイト「はぁっ!やぁっ!」シュキンシャキン

ブンブン

アウラ「無駄。全部…無駄」

カイト「くっ、効いてない!?でも、ここであきらめたら――」

カイト「うおおおおぉぉぉ!」ダッ

アウラ「カイトあきらめてお願い…」

熾烈なる閃光

カイト「ぐはぁっ!」





44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:37:14.69 ID:+qso8cDg0


カイト「くっ、オルカを…みんなを返せええぇぇぇ!」

ブン

ヘルバ「あらあら、良い男が台無しね」スッ

カイト「! ヘルバ!?」

ヘルバ「ふふっ、こんな良い男がやらてる様を黙って見ていようだなんて…できないわよね?」

マーロー「お前だけにやらせてられっかよ!」ザッ

月長石「…参る!」スバッ

ニューク兎丸「おれの芸人魂が疼いてるぜっ!」シュキン

ぴろし「わっはっはっは!寂しいではないかきれいな目をした人よ!私も戦うぞぉ!」ドン

砂嵐三十郎「お前ひとりに無理はさせねぇ!」ジャキン

ワイズマン「私もできるだけ応戦しようではないか」スッ

カイト「みんな!?どうしてここに?」

リョース「私が手を貸したのだよ」

カイト「リョース!?」

リョース「プログラムに対するワクチンを作って、配布した。残念ながら間に合わなかった者もいるが…、とにかくここから反撃開始だ!」

カイト「うん!」コク





45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:45:55.64 ID:+qso8cDg0


アウラ「やっぱり…やっぱり邪魔しに来た…。私とカイトだけの居場所なのに…」

バルムンク「それももう終わりだ。仲間へのツケ、払ってもらうぞ!」シュバッ

アウラ「くっ!ダメ…攻撃が多すぎて――よけきれない!」

バルムンク・マーロー「たぁっ!」ザン

アウラ「うっ…」

カイト「やあぁっ!」ザン

アウラ「ぐっ…」ドサッ

カイト「やった…」

アウラ「くっ…はぁ…はぁ…」







46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:48:12.53 ID:+qso8cDg0


アウラ「カイト…」

アウラ「カイト…カイト…」

アウラ「カイト…カイト…カイト…!」














アウラ「大好き」

ブン――





47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:50:21.99 ID:+qso8cDg0


ザザザザ

カイト「ドレインハート……!」

ザザザザブーン…スッ

バルムンク「これまでか……」

バリーン

カイト「バルムンク……!」

ザザザザ

ザザザザブーン…スッ

マーロー「くっそおぉぉぉ!」

バリーン

カイト「マーロー!」

ザザザザ

ザザザザ

ザザザザブーン…スッ

カイト「あきらめて――たまるかあぁぁっ!」タッタッタッ

シュンシュン

ブーン…ブーン…ブーン…

カイト「くっ!」





48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:53:35.07 ID:+qso8cDg0


カイト「(よし!この距離なら!)」ダッ

カイト「はああああぁぁぁ――!」

カイト「(もう少しだ――もう少しで――)」

スッ

エルク「…」

カイト「!」

ドスッ

カイト「エルク…?」

キュゥゥゥン

エルク「カイ…ト…」

シュン…ヴゥゥウゥン

アウラ「…自己…犠牲…?」

アウラ「そういう…こと…」

ピシッピシッピシッ…ガシャリーン






カイト「エルクーーーーっ!」





49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:55:36.17 ID:+qso8cDg0


ヘルバ「データ正常――やったわね」

カイト「エルクの声が聞こえた。でも彼は…」

バルムンク「産まれたんだ。彼もアウラも」

バルムンク「産まれるために、一度、死ななければならなかったのかもしれない」

ワイズマン「アポトーシス――生と死の様式のひとつというわけか」

リョース「終わったのか、これで?」

カイト「ううん…」

カイト「はじまったんだよ…」







50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/27(日) 23:56:17.13 ID:+qso8cDg0


ワイズマン「モルガナとの戦いで、アウラは自己犠牲を学んだ。全てのプログラムを習得したことで、モルガナの存在は必要なくなり消えた。だが、今回の一件を見る限り、彼女の中にあった自己犠牲プログラムは何故か消えていたようだ」

ワイズマン「エルクが見せた自己犠牲により、アウラは再び生まれ変わることができた」

ワイズマン「生まれ変わったのは、アウラだけでは無いようだが――」クスッ






51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/27(日) 23:59:03.67 ID:+qso8cDg0


?「カイト遅いなぁ…」

カイト「おーい」タッタッタ

?「あっ!やっと来た!」

カイト「ごめん、司。待たせて」

司「遅い。何してたの?」

カイト「えーと…」

?「…」スッ

司「? その子は?」

エルク「ボクはエルク…」

司「あの時の!確か僕と似たデザインの呪文使い…だよね?」

エルク「…」コク

司「…でもなんでエルクがカイトについて来るの?確か今日は僕と二人っきりでお出かけするはずだよね?」

カイト「ええーと…」

エルク「カイトは渡さないよ!!!」ギュ

カイト「…」

司「ふーん、そういうこと…」

カイト「これには理由が…」





52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/27(日) 23:59:40.05 ID:+qso8cDg0


司「僕だって譲らないからね!」ギュ

カイト「ええ!?」

エルク「うー」ジー

司「むー」ジー

カイト「…」

カイト「(オルカ、ブラックローズ…。この世界は、『TheWorld』は今もまわっているよ)」

カイト「(二人のいない世界は寂しいけど、でも――)」

司「カイトー!」

エルク「早く、早く!」

カイト「待ってよ二人とも!」

カイト「(でもボクは、この『世界』が大好きだ!)」





元スレ
SS速報VIP:カイト「ボクはオルカのことが大好きだよ!」