1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:12:59.01 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「”ゆゆゆ”もついに早いところで今日が最終回……」

友奈「いろいろと批判が飛び交ってるけど私たちは私たちのやってきたことに悔いはないよ!」

友奈「でも、少しだけ思うところがあるんだ」

友奈「本編では勇者部のキャッキャウフフシーンは沢山あったけど」

友奈「肝心の百合シーンはそう多くなかったよね」

友奈「あってもほとんど私と東郷さんばかりだったし」

友奈「だから今のうちにみんなを手籠めにしておこうと思うんだ!」

友奈「まずはチョロそうな>>3ちゃんからいってみようかな♪」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:14:00.12 ID:Zpc1PPgCEVE.net

にぼし



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:21:29.90 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「それじゃあ早速にぼっしーこと我が勇者部のマスコットキャラクター、夏凛ちゃんを落とそうと思いまーす!」

友奈「夏凛ちゃんやっほー」ガララッ

夏凛「…………」

友奈「か・り・ん・ちゃん!」サワッ

夏凛「ひぅっ! だ、だれなの……?」ビクッ

友奈「うふふ、夏凛ちゃんったら満開連発してから小動物みたいになっちゃって……」

友奈「ソソっちゃうなぁ」

友奈「夏凛ちゃん私だよっ、結城友菜、お見舞いに参上致しましたっ!」サワサワ

夏凛「へっ、ゆうな? ゆうななの? ゆうな、どこ……?」スカッスカッ

友奈「もうほとんど私に依存してる状態だけどここから更にどうやって好感度を上げていこうかな?」

>>10



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:26:22.40 ID:37JQWn0DEVE.net

自分のオナニー映像を見せて興奮させる



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:32:28.06 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「ほらこれ、私が一人でえっちなことしてる動画だよ?」

友奈「大赦でずっと訓練ばかりしてた夏凛ちゃんにはちょっと刺激が強すぎるかなぁ」

夏凛「どうかしたのゆうな? ゆうな?」スカッスカッ

友奈「あ、そっか夏凛ちゃん目も耳も神樹様に……」

夏凛「もしかしてまたバーテックスが? なんどきたってわたしがたおしてやるんだから」

夏凛「だってわたしはゆうしゃぶの……ゆうしゃだから……!」

友奈「……夏凛ちゃん」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:36:53.31 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「夏凜ちゃん!」ギュッ

夏凜「!?」

友奈「大丈夫……大丈夫だよ……今度は私が頑張るから、私が夏凜ちゃんたちを守るから……」ナデナデ

夏凜「ゆう、な……」ツー

夏凜「あったかい……ゆうな……」

夏凜「わたし、こわい……このままだと、きっとこのぬくもりもかんじられないからだに……」

夏凜「せっかく、たいせつなもの、みつけたのに……」ボロボロ

友奈「夏凜ちゃん……」

友奈「>>18



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:39:15.08 ID:ye+ECyZmEVE.net

キス



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:49:22.27 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「…………」チュ

夏凜「ん……」

友奈「本当はもっと伝えたいことが一杯あるけど……今の私にはこれしかできないや」

友奈「ごめんね夏凜ちゃん、きっと、きっと私達が元に戻してあげるから……」

友奈「勇者五箇条ひとつ、”なせば大抵なんとかなる”だよ!」

友奈「それまで待っててね、夏凜ちゃん」

夏凜「あ……」

友奈『だいすきだよかりんちゃん』スッスッスッ

夏凜「わ、わたしもゆうなのこと、ゆうしゃぶのこと、だいすきよ……」

友奈「もう……ま、今はそれで十分かな」

友奈「それじゃあまたね夏凜ちゃん」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:52:34.69 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「よしよし順調だね」

友奈「まあ夏凜ちゃんは本編で既に落城していたようなものだし……」

友奈「さてお次はあえての>>26先輩でも攻略しちゃいますかー!」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:54:45.21 ID:i8XVm7mjEVE.net





27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:59:27.23 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「風せんぱーい!」

風「お、友奈じゃん、どしたー?」

友奈「はいっ、実は私、風先輩を攻略したいんです!」

風「なぬぬ!? 攻略ですって! ついに私の女子力は後輩女子を誑かすまでに……!」

風「ふっ、モテる女って――罪よね」ドヤッ

友奈「お得意の女子力ネタで茶化したってダメです!」ズズイ

風「えっ、ちょ、もしかして本気(マジ)じゃ……」タジッ

友奈「>>30



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:01:21.77 ID:SVOdpD4kEVE.net

無言で腹パン



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:02:04.67 ID:UOzFj3LXEVE.net

↑して立ち去る



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:08:24.66 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「いえ……」スッ

風「だよね~、いや夏凜とか東郷へのボディタッチの仕方とか見てるのちょっとそっちのケでもあるのかと思ったわ~」テヘヘ

友奈「ふう――」パァァッ

風「えと……友奈? どうして変身して――」

友奈「勇者――パアアアアアアアアンチ!!!!!!」ドゴォォォォ!!

風「ゴフォ!?」ドサッ

友奈「――ふう」シュイン

友奈「…………」クルッテクテク

風「え……何……攻略って……まさかこういう……?」ピクピク

風「っていうか……どうしてこういうときに機能しないのよ犬神ぃ……」パタッ



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:12:43.64 ID:d5fwM8DdEVE.net

――屋上

友奈「……風先輩」

タッタッタッ

風「くぉらぁ友奈! さっきのどういうことよぉ!」キキーッ

友奈「風先輩……ふふっ」クスッ

風「先輩の腹部に拳をのめり込ませといて何がおかしいのよー!」

友奈「やっと――やっといつもの風先輩になりましたね」

風「え?」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:15:18.40 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「風先輩、最近どこか元気がなかったから」

友奈「樹ちゃんのことがあってから、すごく思いつめたような表情だったり」

風「……当然じゃない、だった樹も、東郷も、友奈だって、私のせいで――」

友奈「それは違います!」

風「!」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:22:08.24 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「違います、風先輩のせいじゃない、風先輩だけが抱え込む必要なんてないんです」

風「でもっ!」

友奈「勇者部五箇条ひとーつっ!!」

風「っ!」

友奈「”悩んだら相談!”、何かあったらみんなで悩んで、みんなで解決すればいいんです」

友奈「だって勇者部は、風先輩の作った勇者部は、みんなの勇者部だから……!」

風「それでも……私はっ!」

友奈「それとも私達はそんなに頼りない後輩ですか?」

友奈「先輩の辛い気持ちを代わって背負うことも出来ないダメな部員ですか?」

風「そんなことない!」

風「勇者部のメンバーに誰一人ダメなやつなんかいない!」

友奈「だったら……信じてください、頼ってください、私たちのことを」

風「友奈……」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:27:17.79 ID:d5fwM8DdEVE.net

風「ふぅ、なんだかウジウジしてるのが馬鹿らしくなっちゃったな」

風「これも友奈に闘魂を注入されたせいかな」

友奈「先輩……!」

風「安心してよ、私はこれからもみんなに迷惑を沢山かけるかもしれない、でもね――」

風「もう心配だけは、かけないからさ」

友奈「はいっ!」

風「ありがとね、友奈の女子力、バッチシ私に響いたよ」

風「お礼に今度私の滾る女子力の秘訣をこっそり教えてやるぞ~」

友奈「えへへ、それは別にいいです……」

風「なぬー!」



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:31:40.57 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「よーし、風先輩も陥落、っと」

友奈「攻略かどうかは微妙に怪しいけど心を開いてくれたからオッケーだよね!」

友奈「残すはあと二人、か」

友奈「…………」

友奈「とりあえず風先輩の次と言えば>>48ちゃんだよね!」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:33:00.51 ID:UOzFj3LXEVE.net

凰沢暁月



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:42:54.94 ID:d5fwM8DdEVE.net

凰沢「ん? ここはどこだ?」

友奈「えっと、どなたですか? どうみてもここの生徒じゃ……」

凰沢「俺は凰沢暁月、”はぐれ勇者”をやってる」

友奈「勇者!? 凰沢さんも勇者なんですか!?」

凰沢「いやあ、昔の話だよ」

凰沢「っつーかここってアレイザードじゃねえよな、また異世界に飛ばされたのか、俺」

友奈「アレイ?」

凰沢「兎も角、俺はこの世界の人間じゃねえってことだ」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:47:26.43 ID:d5fwM8DdEVE.net

凰沢「っと……よく見たらここは学校じゃねえか、ハハッ、これじゃあ俺が不審者みてえだな」

友奈(どう見ても不審者だけどな……)

凰沢「それじゃあなお嬢ちゃん」

友奈「あ、あのっ」

凰沢「ん?」

友奈「神樹様の意志で私、凰沢さんを攻略しなくちゃいけないんです!」

凰沢「ほう、攻略ねえ……」ズイッ

友奈「えっ」ドキッ

凰沢「あと三年もしたら考えてやらないこともないかな」ナデナデ

友奈「えー……」

凰沢「じゃあな!」タッタッタッ



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:50:45.73 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「危うくノンケになりそうだったよ、あれが主人公補正ってやつなのかな?」

友奈「一応攻略完了ってことにしとこう!」

樹「」テクテク

友奈「あ、樹ちゃんだ! ついでに樹ちゃんを攻略しちゃおっと!」

友奈「樹ちゃんは押しに弱いから楽勝だね!」

友奈「でもどうやって攻めようかな?」

>>56



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:51:43.72 ID:5VbdsmlIEVE.net

睡眠薬入りのアイスティー飲ませる



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:56:35.66 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「ふんふ~ん♪ 我が家に代々伝わる眠り薬だよ!」サラサラー

樹「」カタカタ

友奈「樹ちゃーん」ガララッ

樹「」アセアセ

友奈「あれ、パソコンで何してるの?」

樹「」エトエト

友奈「あ、わかった! 樹ちゃんも東郷さんからHTMLの使い方教わったんだね!」

樹「」コクコク

友奈「はいこれ、アイスティーだよ!」コトッ

樹『ありがとうございます』カキカキ

友奈「いいっていいって!」ニコッ



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:00:22.26 ID:d5fwM8DdEVE.net

樹「」スヤスヤ

友奈「さあて、今までこのパソコンで人に見られて恥ずかしいことをしていたのは一目瞭然」

友奈「秘密を暴いて脅して無理矢理百合の世界に――」カタカタ

友奈「パスワード? どうせ”onetyanlove”とかでしょ」ッターン

友奈「お、通った通った♪」



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:08:45.22 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「あれ? これ音声ファイル……”オーディション”?」カチッ

「~♪」

友奈「これって……そっか、樹ちゃんのやりたいことって……」

友奈「それじゃああの時の風先輩の言ってたのは――」

風『どうして樹が夢を諦めなくちゃいけないんだ!!』

友奈「……樹ちゃんの夢――」

樹「」モゾモゾ

友奈「!?」

樹「!?」ハッ

友奈「ええと、樹ちゃん、これにはふかーいわけが……」タラタラ

樹『見ちゃったんですね、私の秘密』カキカキ

友奈「えーと、うん」



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:15:15.42 ID:d5fwM8DdEVE.net

樹『いいんです、もう終わったことですから』

友奈「そんな、終わったことだなんて……」

樹『もう私の声はどうにもならないですから』

樹『でもそんなに落ち込んでないですよ?』

樹『だって歌だけが全てというわけでもないですし』

樹『勇者として世界を守ることだって立派な夢だと思うんです』

友奈「っ!」

樹『ちょうどそれも消去しようかなと考えていたんです』

樹『私がずっと未練がましく引きずっていたらお姉ちゃんだって責任を感じたままになっちゃうから』

友奈「違うよっ!」

樹「!」



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:20:54.72 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「そんなの……違うよ……」

樹『仕方ないことなんです、それが勇者の運命』

友奈「私は、そんな樹ちゃんを見たくない!」

樹「?」

友奈「みんなで歌の練習したとき、どれだけ上手くいかなくても樹ちゃんは諦めなかった」

友奈「だから樹ちゃんは歌うことの素晴らしさに気づけたんでしょう?」

友奈「なら……それなら……そんなに簡単に夢を諦めちゃダメだよ……」

樹「…………」



67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:25:09.48 ID:d5fwM8DdEVE.net

樹『でも今回ばかりはどうにもならないことですよ』

樹『そもそも、私が歌を歌ったって……』

樹『覚えていますか? いつかのタロットを』

樹『正位置の死神が連続で出た時です』

樹『正位置の死神が示す意味は”崩壊””欠損””終末”』

樹『きっと、こうなる運命だったんですよ』

友奈「…………」



69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:30:27.20 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「運命が――」

友奈「運命がなんぼのもんじゃい!」ドン!

樹「!」

友奈「忘れたの? 樹ちゃん、私達は勇者、そして勇者部なんだよ?」

友奈「勇者はどんな逆境でもへこたれず、魔王だろうと運命だろうと打ち倒す! だから勇者なんだよ」

友奈「そして何よりっ!」ビシッ!

友奈「刮目! 勇者部五箇条ひとつ、”なるべく諦めない”!」

友奈「諦めたらそこで試合終了だよっ!」

樹「…………」ポカーン



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:33:56.57 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「だから、樹ちゃんも諦めちゃダメだよ」ギュッ

友奈「私も諦めないから、勇者部のみんなのこと、この世界のこと……」

友奈「ね、だから樹ちゃんの本当の気持ちを、教えて?」

樹「…………」ギュッ

樹「……~~……~~」ボロボロ

樹「~~~~!」パクパク

友奈「うん、大丈夫だよ、樹ちゃんの想いは、伝わったから……」ナデナデ



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:37:56.93 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「よしっ樹ちゃんもコンプリートっと!」

友奈「これで勇者部四人中三人は私の手の中に落ちたことになるね!」

友奈「……さて、と」

友奈「最後はやっぱり――東郷さんか」

友奈「一番親しいようで、一番難易度が高いからね」

友奈「でも、きっとわかりあってみせる」

友奈「だって……一番の友だちだもん」



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:49:23.24 ID:d5fwM8DdEVE.net

カラカラ……

東郷「遅かったわね、友奈ちゃん」

友奈「待たせちゃってごめんね、東郷さん」

東郷「大丈夫よ」

友奈「……歩きながら話そっか」カラカラ

東郷「ありがとう」

友奈「いいのいいの、ここは私の定位置だから!」

東郷「それで……私達をわざわざこんなことろに呼び出して、どんなお話がしたいの、友奈ちゃん」

友奈「>>78



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:55:13.59 ID:GQrTHBwvEVE.net

東郷さんともっと仲良くなりたい!



79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 02:58:23.83 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「私ね、東郷さんともっと仲良しになりたいんだ!」

東郷「……へ?」

友奈「え、い、嫌かな……?」

東郷「ううん! そんなことはないわ!」

東郷「むしろ私も願ったり叶ったりよ!」

友奈「えへへ……」

東郷「でも、どうして? 私達はずっと一緒にいたし、誰よりも仲良しだったと思うけど?」

友奈「ううん、私はまだまだだよ」



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:03:18.07 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「東郷さんが悩んでいたこと、苦しんでいたこと、私わかってあげられなかった」

友奈「一番近くで支えてあげなくちゃいけなかったのに、それができなかった」

友奈「だから、まだまだ」

友奈「そのせいで東郷さんにあんなことを――」

東郷「違うわ! 友奈ちゃんは悪くない!」

東郷「あれは、私が決めたこと――私自身が選んだ道だから」

東郷「そう、悪いのは私の方……本当なら、友奈ちゃんに全部打ち明けるべきだったのに……!」グッ



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:10:15.62 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「……そんなに自分を責めちゃダメだよ東郷さん」スッ

東郷「!」ハッ

友奈「あれだって私達のためにやってくれたことなんでしょう?」

東郷「……っ」

友奈「わかってる……やっと全部わかったから」

友奈「だからね、私達はもっと仲良しになれると思うの」

友奈「私達二人だけじゃなく、讃州中学勇者部のみんな全員が――」

友奈「――例え互いに立ち塞がる事になっても、最後には笑い合える、それくらい仲良く……」

東郷「っ!」



83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:15:44.12 ID:d5fwM8DdEVE.net

東郷「……私は結果的に友奈ちゃんを裏切ることになったのよ?」

友奈「わかってる」

東郷「今ここで何を言われようとそれが間違っていると思わないし、今更神樹の破壊を止めるつもりもないのよ?」

友奈「わかってるよ」

友奈「全部わかってる、それでも私は東郷さんに伝えたいんだ」

友奈「東郷さんはいつだって一人じゃないよ、だって東郷さんは私の一番の友だちだもん!」ニコッ

東郷「友奈……ちゃん……」

友奈「東郷さんは東郷さんの信じることを精一杯やればいいんだよ」

友奈「私も私が正しいと思うことを力いっぱいやる」

友奈「それでぶつかり合ったとしても最後にまた、この定位置に戻ってこれれば、私はそれだけでいい」



84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:18:59.46 ID:d5fwM8DdEVE.net

東郷「……ふぅ、わかったわ友奈ちゃん」

東郷「おかげで吹っ切れたわ、何が何でも私はやり通してみせるわ、この世界のため、そして勇者部のみんなのために」

友奈「えへへっ、それでこそ東郷さんだね!」

友奈「私も、何が何でも守りぬくから、この世界のため、そして勇者部のみんなのために」

東郷「ええ、お互い譲れない戦いね」



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:21:30.84 ID:d5fwM8DdEVE.net

東郷「……それで、本当に止めるつもりはないのね?」

友奈「うん! 最後に、みんなとお話したかっただけだから……」

東郷「そのためだけに……これも神樹の力ということなのかしら」

東郷「まあいいわ、それじゃあ私は先に戻っているわ」

東郷「……待ってるわよ、友奈ちゃん」

友奈「うん、じゃあね東郷さん」



87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:28:03.41 ID:d5fwM8DdEVE.net

友奈「とうとう、四人とも攻略し終わっちゃったな」

「」

友奈「はい、わかっています……ありがとうございました」

「」

友奈「大丈夫、きっと、みんなを救ってみせます、だって――」

友奈「私は勇者、ですから」



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/24(水) 03:37:26.45 ID:d5fwM8DdEVE.net

――樹海

友奈「勇者――パアアアアアアアアンチ!!!!」

ドゴオオオオオン!

友奈「風先輩ごめんなさい、遅刻しちゃいました!」

風「友奈……!」

風(っ、あれ……なんだか今、大事な何かを思い出しかけたような……?)

東郷「友奈――ちゃん」

友奈「もう迷わない……」

友奈(待っててねみんな、東郷さん……! 約束通り――)

友奈「私が勇者部を――東郷さんを、守る!!」

To be continued...


元スレ
友奈「安価で勇者を攻略する」