1: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 09:29:25.87 ID:vuMm0FOL.net

しずく「…ん゛んっ…よしっ」

ガラッ

侑「おはよー…」コソッ

しずく「おはようござい…ます…? どうしたんですか侑先輩」

しずく「そんなに警戒しなくても私しかいませんよ?」

侑「しずくちゃんしかいn…」ボソッ

しずく「?」

侑「あー! そう、しずくちゃんってFPSって知ってる? あれがね! 最近ね! マイブームでさ!」チラッ

侑「あははは…」チラッ

しずく「…なにかあります?」

侑「え?」

しずく「さっきからチラチラって…」

侑「え、あ、あはは…そうだったかな…きょ、今日のしずくちゃんはいつもと違うなって安し…あん…し、思案しててさ」

しずく「思案…ですか? それを言うなら普通に思ったとか感じたとかでいいのに…ふふっ、変な侑先輩」

侑「あはは…」

しずく「あの、ところでですけど」

侑「え、な、何?」

しずく「侑先輩…私のこと抱いてくれませんか?」

侑「え゛っ!?」



8: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 09:41:09.05 ID:vuMm0FOL.net

侑「だ、抱くって…?」

しずく「…分かりませんか?」

侑「え、いや…その…」フイッ

侑「分からない…わけじゃ、ないけど…」

侑「でもっ、ほら…誰に見られるかも分からないのに…」

しずく「…いいじゃないですか」スッ

しずく「少しだけ、ですから」

侑「っ…」

侑「い、いや…」グッ

侑「そういうのはやっぱり…ね?」

侑「…しずくちゃんの気持ちは嬉しいけど、でも、節度は守るべきだよ」

しずく「侑先輩…」

しずく「…」

しずく「あの、普通にぎゅって抱き締めてくれれば良かったんですけど…///」

侑「へっ!?」

しずく「まぁ、その…侑先輩が言うなら吝かでも…///」

侑「いやでも、え、は!? そういう…」

侑「あーっもうっ! しずくちゃんからかったなーっ///」

しずく「えへへっ」

侑「このっ! 私だって怒ることあるんだからね!」

しずく「きゃーっごめんなさーい」



17: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 09:53:09.83 ID:vuMm0FOL.net

しずく(抱いて欲しいって言ってどっちを連想するか…)

しずく(もしえっちな方を考えたら、その人はやらしい人ってことになる…つまり、その人がそういう風に見てるってだけで、見られている側、つまり私はやらしくないってことになる!)

しずく(…とりあえず、侑先輩はやらしいから私はやらしくないっ)

しずく「…ん゛んっ…あー…よしっ」

ガラッ

栞子「おはようございます、しずくさん」

しずく「おはよう栞子さん。今日は早いんだね」

栞子「ええ、まぁ…この後別件があるのですぐに出ますが…」

しずく「そうなんだ…」

しずく「…」

栞子「…何か?」

しずく「あ、ううん…」

しずく「…いや、あのね…栞子さんにお願いしたいことがあって」

栞子「…お願い、ですか?」ピクッ

しずく「えっ、そんな険しい顔しなくても…」

栞子「すみません…最近色々あったので…」

しずく「疲れてるなら早めの寝たり、あれなら部活は休んでも良いと思うよ?」

栞子「誰のせ…ゴホンッ」

栞子「それでお願いとは?」

しずく「あっ、うん! それなんだけど…栞子さん。私のこと抱いてくれない?」

栞子「…はぁ」

しずく(ため息!?)



20: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 10:02:03.85 ID:vuMm0FOL.net

栞子「それは…本気で言っているんですか?」

しずく「…うん」

栞子「…」

栞子「しずくさんは私のこと――」

しずく「好きだよ」

しずく「…大好き」

栞子「…」

しずく「で、でも…無理にとは、言わないから…」フイッ

栞子「…」

栞子「はぁ…」

栞子「…」ギュッ

しずく「…!」

栞子「…今は時間がないので、これで我慢してください」

しずく「栞子さん…」

しずく「…」

しずく「…私、こうして欲しかったんだけど、これ以外にあるの?」

栞子「…は?」

しずく「…?」

栞子「…用事があるので失礼します」パッ

しずく「栞子さ――」

栞子「忙しいので、失礼します」ガラッ

しずく「…」

しずく「ちょっとムッとした栞子さんもかわいい…」



26: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 10:16:03.54 ID:vuMm0FOL.net

しずく(栞子さんも意外と、えっちだったんだ…)

しずく(やっぱり、私じゃなくて私の周りがえっちなだけなんじゃないかな…)

しずく「…ん゛んっ…よしっ」

ガラッ

ミア「…」ジーッ

しずく「ミアさん…?」

ミア「…今日は普通か?」

しずく「え…私、いつも普通ですけど」

ミア「…いつもが普通はクレイジーだろ」ボソッ

しずく「え?」

ミア「何でもない」

しずく「変なミアさん」

ミア「は?」

ミア「…いや、逆にボクが世界に置いて行かれてるのかもしれないって、最近は思ってるよ」

しずく「ミアさんでもそんな風に悩むの…なんだか、同じ子供なんだなってちょっと安心するかも」

ミア「はっ…同じなもんか」

しずく「…」

しずく「そうだ。私もちょっと色々あってお願いがあるんですけど」
ミア「…一応聞くけど、何?」

しずく「うん…私のこと、抱いて貰えないかなって…」

ミア「…」

ミア「…ふっ。そう来たか」



28: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 10:30:28.43 ID:vuMm0FOL.net

しずく(えっ…見抜かれた?)

ミア「しずくは自分が良ければ相手なんて誰でもいいのか?」

しずく「え…そ、そんなことない!」

しずく「誰にでも許すわけないじゃないですか…」

しずく「…ちゃんと付き合いがあって、大丈夫そうだなって人にしかお願いしません」

ミア「…」

ミア「そうか…」

ミア「で、それにはボクが相応しいって思ったのか」

しずく「…はい」

しずく「もちろん、嫌なら良いですけど…」

ミア「…いや、分かったよ」

しずく「じゃぁ――」

ミア「けど、ダメだろ」

しずく「えっ」

ミア「や、やっぱり…そういうのは色々手順を踏んでから…」

ミア「しずくは色々すっ飛ばしすぎるきらいがあるから、ひとまず…手とか…」

しずく「…あの、私、普通にぎゅって抱きしめて貰えればいいなって思って…」

ミア「は?」

しずく「…あの、もちろん、ミアさんがそうしたいなら…私の身体で作曲してくれても――」

ミア「さ、作曲って言うなっ///」

ミア「くそっ! からかいやがって!」

ミア「覚えてろよッ///」

しずく「ふふっ…ミアさんのえっち」



35: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 11:08:14.51 ID:vuMm0FOL.net

しずく(ミアさんもやらしい…っと)

しずく(私をやらしいやらしいっていう割に、みんなえっちだよね…もうっ)

しずく「…ん゛んっ…よしっ」

ガラッ

せつ菜「おは…っ…」サッ

しずく「えっ…」

せつ菜「…おはようございます。しずくさん」

しずく「お、おはようございます…」

しずく(なんでそんな隠れるんだろう…)

しずく「あの…大丈夫ですよ? 特に何もありませんし…えっと、そう。FPS的な要素はここにありませんから」

せつ菜「…」ジーッ

せつ菜「…そうですね。すみません。ここ最近色々あったものですから」

しずく「お疲れ様です」

せつ菜「…ええ」

しずく「…」チラッ

せつ菜「…何か?」

しずく「あ、いえ…あの…疲れているなら、大丈夫です…」

せつ菜「いえ、大丈夫ですよ。何かあればどうぞ」

しずく「…」

しずく「あの…じゃぁ…」

しずく「…私のこと、抱いてくれませんか?」

せつ菜「な゛っっ!?」ガタッ



37: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 11:19:36.54 ID:vuMm0FOL.net

しずく「だ、大丈夫ですか?」

しずく「ごめんなさい…せつ菜さんがそんな驚くとは思わなくて…」
せつ菜「いえ…」

せつ菜「あの、それは本気ですか?」

しずく「え? はい…せつ菜さんに抱かれたいんです」

せつ菜「私に!?」

せつ菜「…///」

しずく「も、もちろん…せつ菜さんが良ければ…」

しずく「もし嫌とか、私のことそんなに…とか――」

せつ菜「しずくさんのことは好きです!」

しずく「えっ…」

せつ菜「あっ…す、すみません///」

せつ菜「しずくさんのことが嫌いなわけではありませんし、その…別に、そういうのも…吝かではないと思ってはいて…///」

せつ菜「で、ですが、その…私達はまだ高校生ですし、何よりここは学校――」

しずく「え…と…あの…わ、私はぎゅって抱きしめて貰えれば…///」

せつ菜「え…」

せつ菜「…」

せつ菜「…///」

せつ菜「なっ…なん…っ…なぁぁぁああっ!!!!」

せつ菜「初めからそう言ってくださいっ!!!」

しずく「あ…その…まさかそんな勘違いされるとは思ってなくて…///」

しずく「で、でも…あの…せつ菜さんの手で、熱く燃え滾るような熱を感じさせてくれても…///」

せつ菜「で、で、で、でき…出来るわけないじゃないですかっっっ!!」



41: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 11:39:56.05 ID:vuMm0FOL.net

しずく(せつ菜さんってやっぱりちょっとむっつりだよね…)

しずく(でもそっか…せつ菜さん、私としたいんだ…へへっ///)

しずく「…ん゛んっ…よしっ」

ガラッ

彼方「おはよ~」

しずく「おはようございます、彼方さん」

彼方「お~しずくちゃん今日は…」チラッ

彼方「今日は、元気そうだねぇ」

しずく「そうですか? 私いっつも元気ですよっ」

彼方「あ~うん…そうだねぇ。有り余ってたねぇ」

しずく「…」

しずく「ところで、あの…ちょっとだけお願いしたいことがあるんですけど…」

彼方「ん~? なぁに~?」

しずく「…」

しずく「私のこと、抱いてくれませんか?」

彼方「ほうほう…そんなことで良いの~?」

しずく「え、あの…」

彼方「じゃぁ…ぎゅ~っと」ギュッ

しずく「ぁっ…」

彼方「そのまま、ソファへどーんっ」

しずく「えっ」



42: 名無しで叶える物語(茸) 2023/01/18(水) 11:45:15.19 ID:vuMm0FOL.net

ドサッ

しずく「あの、彼方さ――」

彼方「じゃぁ、このまま一緒にすやぴしよ~」

しずく「…あ、は、はい…」

彼方「…」

しずく「…」

しずく(彼方さん、温かくて柔らかくて…布団に包まれてるみたい…)
しずく(どうしよう…本格的に寝ちゃいそう…)

ナデナデ

しずく「ん…」

彼方「ゆっくり、お休み~」ナデナデ

しずく「ん…彼方さ…ん…」

彼方「…」

彼方「…寝かせちゃえば、しずくちゃんも普通の女の子だからねぇ」ギュッ

彼方「…よしよし」ナデナデ

しずく「…ん」



46: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 12:25:01.10 ID:vuMm0FOL.net

しずく(普通に寝かしつけられちゃった…)

しずく(そうだよね…彼方さんってそういう人だもんね…)

しずく「ふぁ…ぁ…ふ…」

ガラッ

かすみ「お…」ジーッ

かすみ「おはよしず子。今日は何?」

しずく「えっ?」

かすみ「いや、何かあるんでしょ?」

しずく「えっ…えーっと…」

しずく「なんで?」

かすみ「なんでも何も何もないわけないじゃん」

かすみ「あのしず子が」

しずく「むぅっ」

しずく「かすみさんは私をなんだと思ってるのっ!」

かすみ「なんだとって…」

かすみ「…そういうことする人?」

しずく「えっ…」

しずく「…かすみさんって、もしかして私のこと嫌い?」



53: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 12:47:56.90 ID:vuMm0FOL.net

しずく「私のこと好きだって言ってくれたのは嘘だったの!?」

かすみ「えっ、いや…急にキレるじゃん…」

しずく「…嫌いなんだ…」

かすみ「…」

かすみ「はぁ…そんなわけないでしょ」

しずく「だったら…抱いてくれる?」

かすみ「はあ!?」

しずく「…どうなの?」

かすみ「…」

かすみ「いや、それはさ…その…///」

しずく「何? 抱けない?」

かすみ「…」

かすみ「…い、勢いとかで、するものじゃなくて…」

かすみ「その…」

しずく「…」

しずく「…抱いてくれないの? こう、ぎゅっと」

かすみ「…は?」

しずく「ぎゅって」

かすみ「…っ」イラッ

かすみ「しず子のそういうとこだよ!」ドンッ

しずく「きゃぁっ」ドサッ

しずく「か、かすみさん…?」

かすみ「そういうところ…矯正したくなる…」グイッ

しずく「ぁ、か、かすみさ…っ…んっ…っ…」



59: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 13:02:01.42 ID:vuMm0FOL.net

しずく(うぅ…かすみさんにかわいくされちゃった…っ///)

しずく(はぁ…かすみさん…っ…あんなに激しいなんて…)

しずく「…ん。におわない、よね?」スンスン

ガラッ

愛「おはー! おーっ、しずくー!」

しずく「あ、愛さんっ…おはようございます」

愛「ん…?」

愛「どした? 何か、色々乱――」

しずく「な、何でもないです!」

しずく「なんでも…そう、あの、ちょっと居眠りしちゃって…」

愛「ふぅん…」

しずく「…」

しずく「あの…ところで、何ですけど」

愛「なになに~? どうしたの?」

しずく「…」

しずく「私のこと、抱いて貰えませんか?」

愛「え…」

しずく「…お願いします」



65: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 13:15:58.02 ID:vuMm0FOL.net

愛「…何? なにか嫌なことでもあった?」

愛「もしかして、来る途中痴漢に遭ったとか」

しずく「え? いえ! 全然そういうわけじゃないんです…」

愛「…別に隠さなくても良いよ? 馬鹿にしないし軽蔑しないし、それで何か嫌がらせするつもりだってないから…ただ、その犯人を――」

しずく「ほ、本当に違うんですっ…あの、単純に抱かれたいだけで…」

愛「…そう、なんだ」

愛「…」

愛「わかった」ギュッ

しずく「っ…え…?」

愛「まぁ、少し落ち着きなって」ナデナデ

しずく「愛さん…」

愛「もし、しずくに何かあって、抱いてくれないと…とか追い詰められてるなら、それこそ気軽に抱いてあげられないよ」

しずく「本当に、そういうわけではなくて…」

愛「そう? じゃぁ、普通に抱かれたかった? それとも、愛さんをどっちの意味で捉えるか試そうとかした?」

しずく「えっ」

愛「ん~…その顔は図星だな?」

しずく「あっ、いえっ、あのっ…」

愛「これはちょっと、お仕置きが必要かなー?」グイッ

しずく「あっ…っ…」



73: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 14:01:05.43 ID:vuMm0FOL.net

しずく(愛さんにもされちゃって…私…)

しずく(どちらにしても、実は~ってネタバレすれば終わりになると思ってたけど…もしかして、そうじゃない…?)

しずく(それが成立しないくらいにみんな、えっちだってこと…?)

しずく「…よしっ」

ガラッ

エマ「おはよ~――…あっ…」

エマ「しずくちゃん、今日は大丈夫?」

しずく「大丈夫…ですけど…」

しずく(え? 何の話だろう…)

エマ「よかったぁ…最近色々あったからもしかして今日もって思ったけど」

エマ「大丈夫そうでよかった~」

しずく「…ん?」

エマ「そうだ。今お茶入れてあげるね~」

しずく「ありが…あっ、その、エマさんっ」

エマ「ん~?」

しずく「その前に、一つだけお願いがあって…」

エマ「…」

エマ「…なぁに?」スッ

しずく「私のこと、抱いてくださいっ」

エマ「えっ? あ~!」

エマ「そうだよねっ、うん…さすがに…」

エマ「そのくらいなら全然いいよ~」ギュッ



74: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 14:08:33.22 ID:vuMm0FOL.net

エマ「しずくちゃん…何かあったの~?」

しずく「いえ…」

しずく(だよね、やっぱりエマさんもこっちだよね…)

エマ「そっか~」

エマ「…よしよし」ナデナデ

しずく「っ…」

エマ「色々あるもんね~」

エマ「眠くなったり、元気になったり、疲れちゃったり…」

エマ「わたしにだって、しずくちゃんにだって、誰にだって」

エマ「もし、しずくちゃんのそれを、わたしが少しでも癒してあげられるなら…」ギュッ

エマ「それはとっても…嬉しいなぁって」

しずく「エマさん…」

しずく(これは…)

しずく(これは、冗談でしたとか、そういうの言ったらだめそう…)

しずく「ありがとうございます」

エマ「いいよいいよ~」

エマ「このくらいならいつでも、してあげる~」



81: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 14:46:38.86 ID:vuMm0FOL.net

しずく(エマさんって彼方さんと似てるけどちょっと違うんだよね)

しずく(温厚で優しいのは一緒で、柔らかいのも一緒で…でも、なんていうか、エマさんは彼方さんより力強い感じ…)

しずく(彼方さんがお布団の温かさなら、エマさんは太陽の温かさみたいな…)

しずく「ちょっと平常心に戻れたかな」

ガラッ

歩夢「あっ…しずくちゃん一人?」

しずく「え、はい…今はそうです」

歩夢「そっか…」

歩夢「今日は大丈夫? お腹とか」

しずく「大丈夫ですよ。全然」

歩夢「ならよかった…」

しずく「…」

しずく「ところで…なんですが…」

歩夢「な、なに…?」ピクッ

しずく(ちょっと怖がられてるような…)

しずく「あの、ちょっとしたお願いがあって…」

歩夢「えっ…と…それは、私に…?」

しずく「はい」

歩夢「そう、なんだ…ちなみにどんなこと?」

しずく「歩夢さんに抱いて欲しいんです…私のこと」

歩夢「えぇぇぇぇっ///」



83: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 14:57:22.38 ID:vuMm0FOL.net

歩夢「…はっ」

歩夢「あ、ごめんね大きな声出しちゃって…」

歩夢「そ、それって…今ここで?」

しずく「出来れば…」

歩夢「…」

歩夢「…うぅ」

歩夢「…しずくちゃんはして欲しいの?」

しずく「…」コクッ

歩夢「そっか…」

歩夢「…しずくちゃんの気持ちは嬉しいけど」

歩夢「でも、みんな部室に来るかもしれないし…ほら、前みたいに緊急でもないし…」

歩夢「だからっ」

歩夢「…きょ、今日の夕方とかじゃ駄目かなっ///」

しずく「えっ…あの…」

しずく「私、ただ歩夢さんにぎゅって抱きしめて貰えたらなって…///」

歩夢「へっ…」

歩夢「えっ…///」

歩夢「えぇぇっ!?」

しずく「で、でも…歩夢さんが良いなら…私のローダンセに水やりして頂いても…///」

歩夢「もっ…もぅっ!!」

歩夢「ばかっ! しずくちゃんのばかっ!」

歩夢「もう知らないっ!」プイッ



87: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 15:08:58.33 ID:vuMm0FOL.net

しずく(歩夢さんちょっと怒ってたけど…でも、そんなところが結構可愛い…)

しずく(それにしても、やっぱりほとんどの人がえっちだよね…それとも、私のこと、そんなに可愛くしたいのかな…)

しずく「えへへ…///」

ガラッ

璃奈「おはよー」

しずく「おはよう璃奈さん」

璃奈「しずくちゃん、今日は平気?」

しずく「え? うん…」

璃奈「ならよかった」

璃奈「アレ、あの使い方だと長時間やるとお腹壊しかねないから気を付けてね」

しずく「えっ、な…っ…し、してないよっ///」

璃奈「…ならいいけど」

しずく「もうっ…」

しずく「ところで璃奈さん…私のこと抱いてくれない?」

璃奈「…それはどういう意味で?」

しずく「えっと…璃奈さんはどっちだと思う?」

璃奈「…」

璃奈「なるほど…」

しずく「えっ?」

璃奈「そういうことなら、断る」

しずく「…えっ」



89: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 15:18:05.32 ID:vuMm0FOL.net

しずく「な、なんで?」

璃奈「明らかに何か企んでるから」

しずく「うっ」

璃奈「しずくちゃんがこうして欲しいって明確に言ってくれるなら私も考える」

璃奈「けど、私に聞き返されてそう言うってことは、しずくちゃんは自分では答えたくないってことだと思う」

璃奈「つまり、抱いて欲しいって言葉で相手がどんな反応するかをからかおうとしてるって考えられる」

しずく「な…っ…」

璃奈「図星だね」

璃奈「…じゃぁ、しずくちゃん。この飴あげる」

しずく「え…あ、ありがと…」

しずく「なにこれ」

璃奈「残念賞」

璃奈「抱いてあげない代わりに、その甘いので我慢して」

しずく「…うぅ」

璃奈「…よしよし」ナデナデ

しずく「負けました」

璃奈「やったー、私の勝ち」



94: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 15:31:27.17 ID:vuMm0FOL.net

しずく(璃奈さんがあんなに手ごわいなんて…)

しずく(って言っても…そうだよね…璃奈さんって結構私に協力的だから気付くよね…)

しずく(…この飴なんだろう。ひと玉だけもらったけど…個包装の袋に何も書いてないや…)パクッ

しずく「んっ…甘いっ」

ガラッ

ランジュ「来たわよ! しずく!」

しずく「わっ…び、びっくりした…おはようございます」

ランジュ「おはようしずく! さぁ、出して!」

しずく「え、出すって何を…」

ランジュ「せいす…おしっこよ! 今日はいけそうな気がするわ!」

しずく「おしっ…っ…な、そ、そんなことしませんっ///」

しずく「そもそもいかなくて大丈夫ですからっ!」

ランジュ「なによう…ランジュがせっかく、せつ菜に頼みこんで手料理作って貰って鍛えたのに…」

しずく(ど、努力の方向音痴…!)

しずく「そ、それはまたの機会でもいいですか?」

ランジュ「別に良いけど…あっ、でも待って…だからってその…大きい方はさすがにNGよ?」

しずく「しませんからっ!」

しずく「もうっ…私を何だと思って…」

しずく「…ふぅ」

しずく「今日は、ランジュさんに私をだいて貰いたいんです」

ランジュ「ええ! 良いわよ!」



98: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 15:44:44.49 ID:vuMm0FOL.net

ギュッ

ランジュ「苦しくないかしら」

しずく「大丈夫です…」

しずく(あれ…あの勢いなら絶対、えっちな方で解釈すると思ったのに…)

ランジュ「しずくのことならいつだって抱いてあげるわ」

しずく「ありがとうございます」

しずく「…」

ランジュ「…ねぇ、しずく」

しずく「はい?」

ランジュ「今日はいつもと違うわ。 何かあったの?」

しずく「え? いえ…特には何も…普段通りだと思います…」

ランジュ「そうかしら…そうは思えないけど…」サワサワ

しずく「んっ…っ…ら、ランジュさん?」ビクッ

ランジュ「下着はちゃんとつけてるし、尻尾も何もない…いたって普通だもの…」サワサワ

ランジュ「やっぱり、しずくってば疲れてるんじゃない?」サワサワ

しずく「あのっ…っ…はっ…ぁっ…っ…」ビクッ

しずく(なっ…にっ…これっ…ランジュさんのゆびっ…すっごく…っ!)ビクッ

しずく「ぁっ…いっ…っっっ!!」ビクンッ

ギュゥッ

ランジュ「あっ」

しずく「はぁっはぁ…はぁ…ぁっ…っ…」ポタッポタッ

しずく「んっ…ぁっ…っ…」ビクンッ

ランジュ「…しずくってば…我慢は体に悪いわ」

しずく「ぁっ…違っ…あっ…っ」ビクンッ



106: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 16:00:48.76 ID:vuMm0FOL.net

しずく(ランジュさんにたくさん…可愛くされちゃったのに…)

しずく(身体が全然…っ…っ…どうしよう…これ…っ…)サワサワッ

しずく「ひぁっ…っ…はぁっ…はーっ…っ…」

しずく(落ち着け…落ち着け私…っ)

ガラッ

果林「あら…しずくちゃんどうしたの?」

しずく「ぁ…果林さん…っ」

しずく「っ…わ、私…」

果林「汗だくじゃない…どうしたのよ。熱でもあるの?」スッ

しずく「んっ…っ…」

果林「熱ではなさそうだけど…汗はタオルで拭いた方が良いわ…」グシグシ

しずく「っ…んっ…」

しずく「…っ」

果林「体の方は自分で出来るでしょう?」

果林「何か冷たいもの用意してきてあげるから、しずくちゃんは身体を拭いたら横になってなさい」スッ

しずく「ぁっ…待ってっ」ガシッ

果林「しずくちゃん…?」

しずく「だ、抱いて…っ」

しずく「私のこと…抱いてください…っ…お願いします…っ」

しずく「焦らさないでください…っ」



110: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 16:12:46.04 ID:vuMm0FOL.net

果林「…妙に積極的じゃないの…どうかし――」グイッ

ドサッ

果林「っ…」

しずく「抱かれたいんです…凄く…」チュッ

果林「んっ…っ…」

しずく「私のこと…めいっぱい可愛くしてくださいっ」

果林「そう…なるほどね…」

果林「…抱かれたいって…そう、誘ってるのね…?」

しずく「はいっ」ギュッ

果林「…まったくもう」チュッ

しずく「んっ…っ…ちゅっ…っふっ…」

果林「ん…っは…っ…っ…ちゅっ…」サワサワ

しずく「っっ…」ビクッ

しずく「んっ…っぁっ…っ…ぃっっ!!」ビクンッ

果林「はぁ…っ…しずくちゃんったら…どれだけ念入りに準備してきたのよ…」

クチュッ…

ヌチュッ…

しずく「ぁっ…っ…んっ…ぃっ…っっっ!」ビクンッ

果林「もう、しずくちゃんのとこ…とろとろに解れちゃってるじゃない」クチュッ

しずく「あっ…っ…ぃっ…ぁあっ!」プシュッ…

果林「…今日は、長くなりそうね」チュッ



111: 名無しで叶える物語 2023/01/18(水) 16:15:44.69 ID:vuMm0FOL.net

jΣミイ˶º ᴗº˶リ  ここで終わりですよ?


元スレ
しずく「…もし、私が抱いて欲しいって言ったらどうなるんだろう」