ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


Steins;Gate

まゆり「ダル君の恵方巻きおいしいね~」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 01:06:26.53 ID:B70nf2Pd0

ダル「フヒヒ、まゆ氏今のもう一回よろ、できれば恵方巻きを咥えながら上目遣いで頼むお」

まゆり「ん~?はむっ、ふぁふふんの…ぷはっ、咥えながらじゃ喋れないよ~、とっても太いもん」

ダル「とっても太いキターーーーーーーー!!!」

岡部「止めろこのアルティメット超ド級HENTAIがっ!!」 ドグワシッ!

ダル「あべし!へへっ、オカリン、あんたいいパンチ持ってるじゃねえか……」

岡部「というかまゆりに今のセリフを言わせたいがためだけに恵方巻きを買ってきたのかお前は!!」

ダル「サーセン、だが反省はしていない」

岡部「そもそもそんなのは彼女とやればいいだろうがこのリア充めが!!」

ダル「やだなぁオカリン、大事な由季たんにそんないやらしいことさせられないに決まってるだろ(キリッ
    えっ?それとも超リア充のオカリンは牧瀬氏とそういうプレイが当たり前なん?いや~敵いませんなぁ」

岡部「この男……殴りたい……!!」

紅莉栖「許可するわ、殴ってよし」

岡部「よし!!ふんっ!!」 ドボゥ!!

ダル「ひでぶ!!」

まゆり「あ、紅莉栖ちゃんも来たんだ!トゥットゥルー☆」
 



続きを読む

まゆり「>>5」ダル「まゆ氏、今のもう一回よろ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:03:44.49 ID:phWkikhw0

まゆり「オカリン、ダルくん、紅莉栖ちゃんトゥットゥルー☆」

紅莉栖「あら、まゆり」

橋田「おお!まゆ氏、セーラー服のコス!」

岡部「ダルよ、それはコスプレではないぞ」

まゆり「今日は学校で補習だったのです」

橋田「現役JKハァハァ」

紅莉栖「やめんかHENTAI!」

まゆり「ねえねえ紅莉栖ちゃん、>>5ってなあに?」







5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 16:07:49.72 ID:ITE7sOVy0

まず隗より始めよ



続きを読む

岡部「紅莉栖がゼ●シィを持ってきた」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 00:20:02 ID:9k8/YSfU

岡部「この前紅莉栖がゼ●シィを持ってきたのだがな」

ダル「それってリア充御用達雑誌の?」

岡部「あぁ。そうだ」

ダル「ついにオカリンと牧瀬氏、結婚するんですね。おめでとうございます爆発しろ」

岡部「いやいや。なぜそうなる」

ダル「どう考えてもそうにしかならないんだが」

岡部「そうではなくてだな」

ダル「お?」



続きを読む

岡部「わたくし岡部倫太郎はMr.ブラウンの性奴隷になりました」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05(火) 16:54:30.37 ID:PPHMPSFq0

紅莉栖「ふふふ・・・」

まゆり「ふふー、クリスちゃん何やってるのー?」

紅莉栖「えっ、まゆりぃ!?」

紅莉栖「お、お願い!岡部には黙っていて、お願い・・・」

まゆり「えー、どうしようかなー」

まゆり「それに、クリスちゃんはわかってないよぉ」ズイッ

紅莉栖「へぇ!?」

まゆり「男同士より女の子同士の方がいいんだよ?」

紅莉栖「ま、まゆり・・・」

まゆり「さぁクリスちゃん」

まゆり「まゆしぃと一緒に腹筋しようねぇ」



続きを読む

紅莉栖「岡部に冷たく当たってみる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/13(金) 19:54:48.85 ID:mRpullhe0

岡部「フゥーッハハハハ! 助手よ! 未来ガジェットの発明について相談に乗るがいい! わからん事が…」

紅莉栖「うるさい、喋りかけないで」

岡部「な… い、嫌とは言わせんぞ! これはラボメン命令なのだからな!」

紅莉栖「黙れって言ってるの いい加減にして」

岡部「お、おい、クリスティーナ…? なにか怒らせるような事をしたか?」

紅莉栖「うるさい! 黙れ! 話しかけるな!」

岡部「…」



続きを読む

紅莉栖「岡部、また私のプリン食べたでしょ…」岡部「牧瀬プr(ry」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 18:35:30.60 ID:qagf++4u0

 ─────────2010年8月某日、午後2時30分───────────

紅莉栖「岡部、また私のプリン食べたでしょ…」

岡部「牧瀬プr(ry」

紅莉栖「うるさいっ!! もう限界よ! こんの、バカHENTAI岡部ェェェェ!!!!」ダッ

岡部「!?」ビクッ


天災はいつ起きるか、その身の不幸はいつ感じるのか──
それを人間は感知することは決して出来ない。
起こりうる事象は常に突然で、人間にはその耐性もない。



続きを読む

岡部「ダルが…ダルが息してない!!」パンパンパンパン

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 23:36:18.34 ID:s2Mihr3sO

岡部「ダル!返事をしてくれ!」パンパンパンパン

ダル「」

岡部「どうしたというのだ!?なんで…」パンパンパンパン

ダル「」

岡部「なんで返事してくれないんだよ…!」パンパンパンパン

ガチャッ

紅莉栖「あっついわねー」





続きを読む

岡部「紅莉栖、俺は未来からタイムリープして来た!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 00:47:29.27 ID:1ZNziKfk0

紅莉栖「あんた急に何を…また私をからかおうとして!」

岡部「そんな事はない!その証拠にお前の今ほしいものは…うっ」

紅莉栖「欲しいものは…?」

岡部「紅莉栖…」

紅莉栖「えっ///」

岡部「俺は未来からタイムリープしてきた!」

紅莉栖「えっ」



続きを読む

ルカ子「あの、岡部さんをfucking to the Gateしたいです」

1: 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 2011/06/29(水) 20:14:07.35 ID:QKsJb8EG0

ルカ子「うぅ…」ドピュ

岡部「Zzzz」ビチャ

ルカ子「また、寝てる岡部さんの顔に、出しちゃった…」





紅莉栖「」



続きを読む

紅莉栖「はぁ…岡部」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 11:54:34.62 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「グッモーニーンって」

紅莉栖「…誰もいないじゃないの」

紅莉栖「って…これは!」

紅莉栖「お、岡部の白衣!!」

紅莉栖「…」キョロキョロ

紅莉栖「…」クンクン



続きを読む

紅莉栖(91)「助手ってゆーな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 18:34:11.48 ID:2UVZ2E+p0

岡部「…なあ、ばあさんや」

紅莉栖「何ですか、あなた」

岡部「飯はまだか?」

紅莉栖「さっき食べたでしょ」

岡部「そうか」

紅莉栖「はい」

岡部「話し変わるが昼飯は何だ」

紅莉栖「話変わってねーよ」



――2079 10/7 13:02――




続きを読む

岡部「待てよ……射精した瞬間にタイムリープすれば」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 03:44:05.08 ID:L9jZuyg90

射精→タイムリープ→射精前に戻る→射精→タイムリープ→

岡部「となり、結果的に何度も射精をすることができるのではないか?」

ダル「……!」



続きを読む

岡部「バイト戦士が野宿をしていただと?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 19:17:10.92 ID:JAU8+irm0

岡部「それは本当か?」

ダル「うん。昨日の夜にあそこの公園で見たんだお」

岡部「ふむ…」



続きを読む

岡部「未来がジェット?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:45:14.10 ID:B4tB5zx/0

岡部「スマートフォン?ディスプレイには…FGNo10 LOVE マシーン」

岡部「ダルめ、勝手に変なものを作ったな…」ポチ

岡部「ん?なになに…」

>紅莉栖
>まゆり
>鈴羽
>フェイリス
>萌郁

岡部「うーむ、女性陣の名前だけか。誰にしようかなっと」ポチ



続きを読む

岡部「俺が女だと!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 00:18:31.20 ID:RF6pMEcBO

岡部「ラボで昼寝をしていたと思ったら、女になっていた」

岡部「催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなものじゃあ断じてない」

岡部「もっと恐ろしいものの片鱗を…ではない!」

岡部「ポルっている場合ではないぞ鳳凰院凶真よ!」

岡部「俺の体に何が起きたというのだ。こんな…」サワサワ

岡部「無い…」フルフル

岡部「……」ペタペタ

岡部「…こっちも無い」ショボン

岡部「……」




続きを読む

岡部「ギガロマニアックス?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 14:03:17.87 ID:1xhGCn/90

俺は賭けに勝った。

二人のうち、どちらか一方を見殺しにするという選択を放棄し、賭けに出た。
結果、二人は今も生きている。
その代償は──思い出。

ふと、携帯に登録したアドレスの一覧に目を通してみる。
が、そこにかつてあったものは、ない。
なかったことになっている。

再び携帯を操作し、メモ欄を起動する。
表示された六つの数字を見て、ため息をついた。



          『275349』



俺は賭けに勝った。

──はずだった。



Chapter 1 『安息のフィーネ』



続きを読む

岡部「最近ラボメン達が中途半端に前の世界線の記憶を思い出してる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 20:20:59.91 ID:io9tU49u0

ラボ

岡部(無事このシュタインズ・ゲートの世界線に辿り着き、そして奇跡的に紅莉栖とも再会した……)

岡部(紅莉栖もまゆりも死ぬ事のない世界線。これでやっと平穏な日々を取り戻した……そう思っていた)

紅莉栖「ねえ、岡部……答えて」

岡部「……」

紅莉栖「わ、私たち……そのっ」モジモジ

岡部「……」

紅莉栖「き、キス、したわよね」



続きを読む

鈴羽「おーっす、岡部倫太郎ー。勝手にお邪魔してるよー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/19(火) 23:13:50.36 ID:ZJagcJzT0

岡部(鈴羽の行っていたSG世界線に辿り着いたのかは分からんが…まゆりも紅莉栖も死なずに9月を迎える事ができた…)

岡部(これから先も何事もなく過ごせればいいが……ん?ラボの鍵が開いている…誰か先に来たのか?)ガチャ

鈴羽「おーっす、岡部倫太郎ー。勝手にお邪魔してるよー」

岡部「……何…だと」



続きを読む

紅莉栖「メタルうーぱ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:53:22.22 ID:oB0ZBHyW0

岡部「んぬッハハハハハ! 助手よぉ、相変わらずの出目だなぁ!」

紅莉栖「くっ……! 岡部のくせに……! さっきからチートでも使ってるんじゃないの?!」

岡部「ふん! この魔手に宿る能力、『財宝を生み出す智将(スキル・アンドヴァラナウト)』を舐めるでない!」

まゆり「あ、わーい。阪神優勝したよー」

岡部「ぐぬぅっ!?」

ダル「あー、オカリン乙。さっきの物件見逃さなけりゃ……」

紅莉栖「ぷふっ、智将(笑)」



続きを読む

紅莉栖「だからマスターベーションはやってない!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 14:53:52.19 ID:se7zSbox0

岡部「いや~俺はこの目でしっかり見たんだ」

るか「ラボで一人Hするなんて・・・紅莉栖さん大胆///」

紅莉栖「だからやってないって!!」

ダル「牧瀬氏、これは今年度のビックニュースだお」

まゆり「紅莉栖ちゃん、一人Hは別に恥ずかしいことではないのです」

ダル「そうだお皆やってることだお」

紅莉栖「だからってラボではやらない!!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! キラッ! 満開スマイル (ジャケ絵柄ステッカー付)

新品価格
¥1,200から
(2017/4/18 20:04時点)