ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


咲-saki-

久「私たちもう別れましょ」 美穂子「…え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 02:17:35.61 ID:NQuFsC2F0

美穂子「冗談…ですよね?」

久「いえ、本気よ?」

美穂子「なんでですか!?悪いところがあれば直します!言ってください!!」

久「はぁ~。あのね、私はあなたのそういうところが嫌なの」

久「正直もうこっちも限界なのよ。ここまで言われれば幾らあなたでも分かるでしょ?」

美穂子「嫌です!私は絶対に別れません!!」

久「………」

久(私だって本当は別れたくなんかないわよ…。)

久「…さよなら、美穂子」

美穂子「待って!!上埜さ……」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



続きを読む

末原「バレンタインキッスやな……」咲「そうですね」

関連



2: 代行ありがとうございました 2013/02/14(木) 19:41:58.05 ID:2cslrMe/0

姫松高校 部室


末原「これはどうやろ?」

由子「うーん、ちょっと甘過ぎなのよー」

末原「そうか……ならこっちはどうや?」

由子「うん、なかなか良い感じなのよー」

ガチャ

洋榎「おつかれさんさんさんころり~♪」

由子「あ、洋榎なのよー」

末原「どないしたん洋榎? もう三年は引退やろ?」

洋榎「って、お前らも三年やろが!!」ビシッ

洋榎「いやな、もう進路もほぼ決まって暇やし、ちょい遊びにな」



続きを読む

淡「テルニーってすごいんだよ!」咲「て、てるにー?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01(金) 18:26:16.18 ID:iyPWLO/r0

淡「うん、テルニー!」

咲「えっと……てるにーってなに?」

淡「テルニーはテルのこと考えながらオナニーすることだよ?」

咲「……へ?」

淡「それでね、テルニーは何がすごいかっていうと、普通のオナニーより3倍くらい気持ちいいの!」

咲「ま、待って!! 淡ちゃんそんなことしてるの!?」

淡「?」

淡「サキもするでしょ? オナニー」

咲「ししし、しないよ!?」カァァ



続きを読む

末原「咲がむっちゃ好きやねん!!」咲「えっ!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 19:09:53.26 ID:U97AguoS0

二回戦終了後 姫松高校控室


末原「…………」

洋榎「ん、どないしたん恭子?」

末原「……主将ですか。別になんでもありませんよ……」

洋榎「そんな深刻な顔してなんでもない訳ないやろ!」

洋榎「何かあったんやろ?」

末原「……いえ、別に……」

洋榎「……もしかして、宮永咲のことか?」

末原「…………はぁ、主将にはすべてお見通しみたいですね」

末原「私はこれでも姫松の大将としてやってきたプライドがあります」

末原「そやけど宮永のあのプラマイゼロ……あらホンマもんの舐めプレイですわ」

末原「そんなことされて平然としていられるほど、私は大人やありません」



続きを読む

和「咲さんの角オナがやめられません」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 18:32:12.03 ID:mEhKBm9G0

和「きっかけはインハイ前の合宿でした」

和「目の前には無防備にもスヤスヤと眠る咲さん」

和「そして咲さんが寝返りを打つごとに揺れる頭の角」

和「気がつけば私は彼女のそれに私のあれをこすりつけていました」

久「……」

和「ものすごく気持ちよかったです」

和「あれ以降、咲さんが私の目の前で眠った時はいつもお世話になってます」

和「ですが私は怖いのです……バレた時のことを考えると……」

久「……ところで、それを私に言ってどうしたいのかしら?」

和「でも、その背徳感がまた気持ちよくて、私にはもうどうしようも出来ないのです」

久「聞いてないし」

和「もう私は咲さんだけでなく咲さんの角の虜なんです……
  ですから止めようにも身体が勝手に動くんですよ」

久「ふわぁ~」

和「部長、ちゃんと聞いてますか? 私、困ってるんですよ!?」

久「あぁー、はいはい。聞いてる、聞いてるから」



続きを読む

照「菫のロングスカートぺろーん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 00:18:26.65 ID:YcOFBlbvO

菫「なッ!?」



続きを読む

淡「サキのお姉ちゃんになるバイト!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 22:00:31.31 ID:GnHBY9Ey0

菫「そうだ、さっき清澄の部長から電話があった」

淡「行く行く! 受かったらサキとずっと一緒にいれるんでしょ?」

菫「居れるな。しかし、競争率は高い、そして一番の問題があれだ」

照「なに?」

菫「クールなふりして本を読んでいるが、内心は興奮しているだろう」

菫「なにせ、妹と簡単に仲直り出来るからな」

淡「それって私に勝ち目ないじゃん……」

菫「そうでもないぞ? 審査員は咲ちゃんと複数いるらしいからな」



続きを読む

照「ハッピーニューイヤー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 12:51:49.78 ID:8fFO91exO

照「あけおめ」

菫「ああ、あけましておめでとう」

照「ことよろ」

菫「こちらこそ今年もよろしくな、照」



続きを読む

和「今日もお美しいですね、咲さん」咲人形「・・・」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 17:54:44.70 ID:a520RMFR0

和「おはようございます、咲さん」

和「今日もいい天気ですね」

和「昨日はよく眠れましか?」

和「・・・私はあまり眠れませんでした」

和「咲さんが、隣にいたから・・・」ポッ

和「咲さんがうちにきてから私、ずっと寝不足です」フフッ

和「・・・あっ、そろそろ学校に行かないと」

和「それでは咲さん、行ってきますね」

タッタッタッタ・・・

咲人形「・・・」



続きを読む

淡「100年生だよ!」照「うん。そうだね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 00:44:28.35 ID:obeOnWLL0

淡「私は実力から言えば高校100年生だよ」ババーン

照「……」キョトン

誠子「……」アッケ

菫「……はぁ」

菫「バカなのか?」

淡「む。バカじゃないよ。高校100年生だよ? すごいんだよ」

淡「今どき年功序列なんて流行らないし、実力主義こそグローバルスタンダードなんだよ」

淡「もうあれだよね。麻雀の実力による進級制度を一刻も早く導入すべきだよね」

淡「何もかも政治が悪いよ」

菫「ふむ。で、その制度を実施したら、麻雀をやっていない学生はどうなるんだ?」

淡「え?」



続きを読む

咲「今日はクリスマスイブだよ、お姉ちゃん♪」 照「クリスマスといえば……」

SS速報VIP:咲「今日はクリスマスイブだよ、お姉ちゃん♪」 照「クリスマスといえば……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387822422/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 03:13:42.82 ID:LwV8EGPO0

※注意

・照ちゃんと咲ちゃんがおこたでいちゃいちゃおしゃべりするだけの内容です
・少し描き溜めありますが多分すぐグダグダになります、あと面白くないです

それでもよければどうぞー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387822422




続きを読む

咲「部長がタラシじゃ無くなった?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:16:11.49 ID:owNHMUq00

部室

咲「どうゆう事なの?」

和「とうとう改心したみたいですね。最近、女性関係を清算してるみたいですよ」

咲「嘘だー。長野一、女の子の携帯番号を知ってる部長だよ?」

和「はい、最近はナンパもせず、休日は家でゴロゴロしてるとか…」



続きを読む

淡「サキが風邪みたいだから看病する」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 21:56:26.34 ID:/xz+C6xG0

サキと暮らし始めてから一年ぐらい経ったころ、サキが風邪を引いた。
正直、他人を看病したことなんてないけど何とかなるだろう。

淡「サキー! 汗拭きに来たよー!」

サキの部屋のドアを豪快に開ける。
私は迷惑な行為をしているのかもしれない。
いや、している。

咲「頭に響くから静かにしてね?」

迷惑そうに体を起こしてから、私を注意をする。
やはり、私の考えた通り迷惑だったらしい。

淡「あはは! ごめんね?」

表面上は謝るが、反省をしているつもりはない。
サキもそれをわかっているのか溜息をするだけだった。



続きを読む

咲「…お姉ちゃん。そのオンナ・・・だァれェ?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 17:54:43.01 ID:X2PKsk6aO

照「さ、咲!なんでここに・・・」

菫「…照?」

咲「質問してるのはこっちなんだよ、お姉ちゃん」ニコッ

咲「そのオンナはなんだっつてんだよ」

照「ひっ!」ブルブル

菫「わたしか?わたしは」

咲「あなたに聞いてません」

菫「なっ!」

咲「でしゃばるなよ泥棒猫」ニコッ





続きを読む

咲「私がモテないのは何もかんも淫乱ピンクが悪い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/16(水) 00:00:37.35 ID:t/sy91Oe0

恒子「決まったあァァァァァァ!個人戦、優勝は宮永咲選手!」

恒子「無名校のゴールデンルーキーが見事、初出場初優勝の快挙です!」



憩「参りましたー」アチャー

照「…強くなったな」

淡「ふん、実力で言えば高校99年生くらいはあるかな」プイ

咲「ありがとうございました」ペッコリン



続きを読む

咲「お姉ちゃんのお口が三角形になってる!」照「△」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 10:26:18.61 ID:TvBXYB0v0

saki-000522-001
 


咲「姫松高校の愛宕さん(姉)みたい!」

咲(かわいいなぁ…何か放り込みたくなっちゃうよぉ)



続きを読む

咲「家に帰ったら、五人もお母さんが居た」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:55:21.89 ID:aiVCiwus0

咲父「咲、すまない。仕事の関係で一か月ほど、家に帰れなくなった」

咲「えぇー、一か月も!?」

咲父「海外に出張だ。お父さん、責任者だから外すわけにはいかん」

咲「それは仕方ないね…」

咲父「一カ月もの間、家を留守にするが頼むな。照に連絡しておこうか?」

咲「いいよ。お姉ちゃんには東京の生活があるし…」



咲「ちょっと寂しいけど、一か月間一人で何とかするよ」ニコッ



続きを読む

照「菫を見るたびに胸が…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:17:48.87 ID:toLeC7V1O

照「揺れてる…」



続きを読む

淡「私と咲は一緒に暮らすべき」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 18:20:29.99 ID:KbY7acLo0

淡「そう思うよね!」

照「思わない」

菫「なにを言ってるのか理解に苦しむな」

淡「じゃあ誰が一緒に暮らすべきなの!」

淡「一番ふさわしいのは私だと思うけど」

照「私しかいない」

菫「まぁ、常識的に考えたら私しかいないな」



続きを読む

憧「遅まきながらシズが思春期になった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:06:26.28 ID:2RoIQ/7b0

穏乃「…」

憧「おーっす。シズー」

穏乃「あ、アコ。おはよ」

憧「?どしたの?」

穏乃「いや、別に…」




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)