ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


オリジナル

男「好きだ!」クーデレ「はい」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/28(水) 21:45:13 ID:8SrILlb.

担任「よーし、今からクラスの係を決めるぞ」

担任「まずは文化祭係からだな。やりたいやつ手を上げろー」

男「(......どうしよう何も思いつかない。適当に楽そうなのを選ぶか)」







男「(なかなか良さそうなのが無いな......)」

担任「最後2人だけ手挙げてないぞ誰だー」

男「!?はい」

クーデレ「はい」

担任「よし男とクーデレは図書委員だ。これで全員決まったな」

男「(ろくに本なんて読まない俺が図書委員...)」

担任「図書委員の2人はさっそく仕事があるから後で職員室に来い」



続きを読む

先輩「私、この部活大っ嫌いなんだ」

SS速報VIP:先輩「私、この部活大っ嫌いなんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395482024/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 18:53:44.77 ID:Da0jT2RQo

八月。


先輩「私、この部活大っ嫌いなんだ」

後輩「……」


屈託ないいつもの笑顔で彼女はそう言い放った。

嘘や悪戯のようには見えない。

本心から、彼女は部活が嫌いなんだと言った。


これはとある弱小吹奏楽部の、パート練においての出来事。

ホルンパートの三年生、俺から見れば先輩。

その彼女はたった今、この吹奏楽部が大嫌いだと言い放った。

それは俺にとって、かなり意外な一言であった。


先輩「内緒ね?誰にも言ったことないんだから」

後輩「は、はあ……」


相対するのはホルンパートの一年生、彼女から見て後輩の俺。


先輩「そんなに驚くことかなあ?後輩君はやじゃないの?」

後輩「いや、それは……」


いやいや、驚くに決まっている。

先輩はいつも笑顔を崩さず、みんなに優しく、常に明るい。

合奏をするときなんかも、わりと積極的に意見を発信している。

そんなわけだから、実際どうかは別にしても、部活が嫌いなようには到底見えなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395482024




続きを読む

男「少し早いけど、夜桜でも見に行くか。」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 23:22:16 ID:67gETY1g

~週末 自宅~

男「今週も仕事疲れた~。(そろそろ桜も咲き始めたし、見に行きますか。)」



続きを読む

【SS】外付けHDD1TB葬式会場

SS速報VIP:【SS】外付けHDD1TB葬式会場
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493036713/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 21:25:13.89 ID:QSE4EX4p0



喪主「本日は突然のことにも関わらず…」

喪主「ご多用の中、故人のために多数の方々にご会葬、ご焼香を賜りまして…」

喪主「誠にありがとうございました…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493036713




続きを読む

【メイドSS】「ご主人さま、いい加減にしてください」

SS速報VIP:【メイドSS】「ご主人さま、いい加減にしてください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387026381/



1: ◆Vy5CUGXj/aZd 2013/12/14(土) 22:06:21.92 ID:ev90iJoC0



とけていく、さんがつのゆき。


-------

オリジナルメイドSS。
完結まで書き溜めてます。
短篇。です。たぶん。

調整しながら投下する。付き合ってくれる人がいたらうれしい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387026381




続きを読む

勇者(29)「何!?合コンだと!!!!???」男魔法使い(31)「ああ」男戦士(21)

SS速報VIP:勇者(29)「何!?合コンだと!!!!???」男魔法使い(31)「ああ」男戦士(21)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492850882/



1: ◆6CRtwRkZPabv 2017/04/22(土) 17:48:02.53 ID:wY8oOhd+0

勇者「いつだ!?相手は!?俺のロマンスは!?」

魔法使い「とにかく落ち着け…」


勇者「いいやっ!落ち着けないね…!勇者になればモテると思い14年…!」

魔法使い「ああ…お前の気持ちは痛いほどよくわかる」



男戦士(18)(そんなに昔から冒険してたんだ…)

女僧侶(17)(というかそんな不埒な目的で勇者してたんすか…)



勇者「長く、苦しい旅が続いた…」

戦士「勇者さん…」


勇者「…昔いた戦士と僧侶はデキ婚でいなくなったり、部屋割りが男2人だったり、隣の部屋から…」

戦士「そういう苦しさですか!?」

僧侶「だから私たちを新しく加入させたんすね…」




魔法使い「…とにかく、ここからは大人の世界だぜベイベー」

戦士「ベイベーじゃないですよ。というかパーティの予算勝手に使い込まないでください」

勇者「大丈夫だ。少しずつためたへそくり×2がある!買い物のおつりとかのな!」

僧侶「子どもっすか!?というか道理で買い出しによく言ってくれると思ったら…!」



勇者「ふっ…1皮むけた男になって帰ってくるぜ…!」

魔法使い「君たちも焦らないように…くくっ」

僧侶「それセクハラっすよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492850882




続きを読む

老婆「私、恥ずかしい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/27(火) 20:52:42 ID:IiwwpxUY

男「危ないぜ。手を持つから」

老婆「ごめんね。階段を歩くのも大変になっちゃったのよ」

男「合わせるから気にするな」

老婆「えっと……切符の買い方は」

男「解るか」

老婆「解らない……解らなくなっちゃったよ」

男「問題ない。行き先は覚えてるか」

老婆「覚えているよ。××公園」
老婆「私たちが初めてキスした場所だね」



続きを読む

エターナルの海より愛を込めて

SS速報VIP:エターナルの海より愛を込めて
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492613677/



1: ◆O1GTBflyXo 2017/04/19(水) 23:54:37.40 ID:3P/KMufB0


――女の家


女「念願のVRデバイスを手に入れたぞ!」


※VRデバイス
ヴァーチャル・リアリティー空間を体験できる端末のこと。
女が持っているのはヘッドマウントディスプレイ型でヌンチャクリモコンで操作する。


女「ふふふ、やったぜ! まだ市販されていない最新型だ!」


VRデバイス デデーン!


女「うむ、惚れ惚れするフォルムだな! 介護士の安月給で奮発した甲斐があったよ!」

女「いやー、最近やっとゲーム業界も活気づいてきたなー」

女「ここ数年は家庭用ゲーム機の氷河期時代なんて言われていたし、いったいどれだけのレーベルが消えていったことか・・・」

女「また、夢のある業界に戻ってくれるといいな」

女「よし! じゃあ早速プレイしてみよ!」

女「ぬ、結構重いな。こうして着けてみると・・・」


カチカチ ブゥーン


女「おおーーー! スゲー!」

女「すごいぞこれ! すっごいリアルだ、すごいぞこれ!(語彙不足)」

女「痛っ! 腕ぶつけた!」

女「一旦外して、ベッドに寝てやった方がいいな・・・」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492613677




続きを読む

男「君を成仏させて俺も死ぬ!」幽霊「……?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 21:41:12 ID:skWMLLdo

幽霊「ちょっと貴方の言っている意味がよくわからないのですが…」

男「えー、だって君結構俺の好みの女の子だし」

男「未練があるから君も化けて出てきたんでしょ?」

幽霊「それはまぁそのはずなんですが」

男「だから君を成仏させて俺も死んで2人で天国で仲良くしようかなと」

幽霊「…それ、貴方が死ぬ意味あるんでしょうか?」

男「だってこんな可愛い子と会えたんだからどうせならスキンシップとりたいじゃないか」

男「こんな風にさ」モミモミ

幽霊「へ?」

男「え?」モミモミ



続きを読む

男「僕の彼女はちょっとバグってる」<●> <●>

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 22:24:00.63 ID:CSEX6rtJ0

男「うッ・・・気持ちいいよぅ・・・」ギシギシ

「私もよ、ああっ、イク」


人生ではじめてできた彼女、彼女はとてもかわいく、おっぱいも大きい
誰よりもやさしくて、はじめてしたエッチも、すごく気持ちがいい
はじめて経験する女性の性器に、僕はとても興奮し、はじめて感じた女性の体内に
至高の快楽を感じていた。

ただ、はじめての事で、よく分からないことがある、それは・・・

<●> <●>「ああっ、イクぅ」

彼女はセックスの時に目を見開き、瞳孔が開いている状態で感じているのだ。



続きを読む

特殊部隊「どうせオレらってやられ役だよな……」

SS速報VIP:特殊部隊「どうせオレらってやられ役だよな……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492615399/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:23:19.70 ID:0ciLJ/1To


ある特殊部隊の駐屯地――

隊長「大都市に正体不明の怪物が出現し、余りの強さに警察でも手をつけられないという!」

隊長「となれば、我ら特殊部隊の出番だ!」

隊長「今こそ日頃の訓練の成果を見せる時だ!」

隊長「各自、出撃準備に入れ!」



隊員A「はいっ!」

隊員B「はいっ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492615399




続きを読む

悪代官「おぬしもワルよのぉ~」

SS速報VIP:悪代官「おぬしもワルよのぉ~」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492535027/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 02:03:47.40 ID:9DMxaMf3o

悪徳商人「お代官様」

悪代官「なんじゃ?」

悪徳商人「ぜひうちの商品を将軍家御用達にしていただけよう、便宜を図って頂けないでしょうか」

悪代官「しかしのう……あちらの店の商品の方が質がよいと聞くぞ?」

悪徳商人「こちら……山吹色のお菓子でございます」スッ…

悪代官「おぬしもワルよのぉ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492535027




続きを読む

魔法少女「っ......離しなさい.....!」

SS速報R:魔法少女「っ......離しなさい.....!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492473360/



1: ◆RyOynGRpFLu0 2017/04/18(火) 08:56:00.39 ID:gU4c/KhXO

「こ、こんな所に私を閉じ込めて....」

「何が目的よ.....!」キッ


奇跡的に魔法少女を捕まえる事に成功した雑魚戦闘員のあなた
魔力も封じてただの見た目相応の少女と化した魔法少女をあなたはどうしますか?
あなたの行動で魔法少女は様々な表情を見せてくれるでしょう


「後でただじゃおかないんだから......!」キッ


さて、まずは何をしますか?↓+2



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/18(火) 08:58:57.85 ID:fvToqSV7o

ご飯を一緒に食べる



続きを読む

医者「新しいうつ病の患者さんたちをご紹介しましょう」

SS速報VIP:医者「新しいうつ病の患者さんたちをご紹介しましょう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492427308/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 20:08:29.14 ID:wxcG5XTdo


男「今、うつ病の患者さんが増えているそうですね」

医者「はい、今の世の中は多種多様なストレスであふれ返っていますから」

医者「そういったストレスにやられてうつ病になってしまう……という患者さんが多いのです」

男「色んな生き方ができるようになった一方、新しいストレスも増えたというわけですね」

医者「あ、そうだ。せっかくですから、新しいうつ病の患者さんたちをご紹介しましょう」

男「新しいうつ病? いわゆる“新型うつ”というやつですか?」

医者「いえ、それとはまた違います」

男「違う……? となると、さらに新しいタイプのうつ病ということですか」

医者「そういうことになりますね。ではこちらへどうぞ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492427308




続きを読む

娘「愛してるわ……パパ」父「……俺もだよ」

SS速報R:娘「愛してるわ……パパ」父「……俺もだよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492265042/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/15(土) 23:04:02.95 ID:U53w46dSO

一人の男が家路を急いでいた
年齢は既に四十を越えていたが、それを感じさせぬ精悍な顔立ちと引き締まった体つき
男は愛する娘の待つ家へと歩みを進める

父(まいったな……少し遅くなってしまった)

若くして会社で重要なポストに就いている父
この日は部下のミスをカバーする為にいつもより遅い帰宅時間になっていた

父(まぁ、ケーキを買ったし……それで許してもらうか……)

愛娘の顔を思い浮かべながら父は少しだけ笑った



続きを読む

幼「てきとーメシ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/14(金) 14:37:47 ID:aIDopoN.

幼馴染のマンション

幼「ねえねえ」

男「んー?」

幼「グルメ漫画って知ってる?」

男「ああ、うん。美味しんぼとか、そういうのでしょ?」

幼「古いなぁ。けど、そうそれ」

男「なんだか最近流行ってるらしいね」

幼「そう!」ガタ

男「・・・・・・な、なに?」

幼「ふざけんなと!!」

男「・・・・・・」ビク

幼「あんなものはクズだ!」

男「随分突拍子もないな」



続きを読む

男「愛を伝えることが出来なくなった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/23(木) 20:31:18 ID:zlW8eE2o

女「で?こんなところに呼び出してどうしたの?」

男「・・・女」

女「はい?」

男「・・・俺はお前が・・・」

女「・・・」

男「::だ!!・・・あれ!?」

女「・・・ふざけてるの?」



続きを読む

女「俺くんの口臭がキツすぎる」俺「ため息しかでない……」ブハァー

1: ◆UYOMNZkX3A 2014/01/05(日) 22:52:16.77 ID:x/6aOGlPO

ジリリリリリリリ

俺「……うーん、もう朝か……」

俺「ヤッベ、今日から3学期じゃん!急いで仕度しないと!」

俺の名前は俺
しがない高校生SA☆彡

ママ「俺ー?早く翁さーい?」

俺「わかってる!今着替えてるから!うぅぅ、Yシャツの冷たさが肌身に染みるぅぅ……」

俺「うっわもうこんな時間だ。どうしよう、新年明けてから一回も歯磨いてねぇや……」

俺「でも時間もないし……」


俺「いいや。歯磨きしなくて」



続きを読む

妹「オ○ニーしようよ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/01(土) 17:09:49.49 ID:h/e9EIQM0

妹「お兄ちゃん...。オナニーしようよ...。」

兄「ふぁっ!!??...おまえいまなんかいった...?」

妹「だからおにいちゃん...。オナニーしようよ...。」

兄「...............。」



続きを読む

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/12(水) 06:38:44 ID:8kmi6xWI

魔王の城――

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

側近「なにをおっしゃいますか、弱音を吐かないで下さい」

魔王「そう言うけど、知ってるかい? 勇者一行が今まで全滅した回数?」

側近「報告ではパーティー全滅が十三回、勇者死亡が二十回、戦士死亡が――」

魔王「この報告おかしいよね。今までずっと思っていたけど」

側近「流石が魔王様、お気づきになりましたか」

側近「この記録は勇者一行が我らの領土に踏み入れてからのもの。正確な記録ではございません」

魔王「違うって。なんで勇者一行は死んでも蘇るんだよ!!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Dream Tech アイドルマスター シンデレラガールズ 白南風の淑女 高垣 楓 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

新品価格
¥11,990から
(2017/4/27 18:34時点)