ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


オリジナル

女の子「パパ、なんで神社ではくしゅするの?」 父「はくしゅじゃないよ」

SS速報VIP:女の子「パパ、なんで神社ではくしゅするの?」 父「はくしゅじゃないよ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 20:45:17.33 ID:PgKa8+zi0


娘「はくしゅじゃないの?」

父「うん。これはね、神さまへの挨拶なんだよ」

娘「ふーん・・そうなんだ。ちょっとめんどくさいなぁ。わたしもしなきゃダメ?」

父「うん、ちゃんとお辞儀もして」

娘「はーい。でもこんなちっちゃな神社に神さまなんているの?」

父「神社の大きさは関係ないんだよ」

娘「そうなの?」

父「うん。パパが子供のころ住んでた村にはね、ここよりもっと小さい神社があったんだ」

娘「その神社にも神さまはいたの?」

父「居たよ・・・そうだね、じゃあその神さまの話をしてあげるよ」

娘「神さまのお話?」

父「うん・・・パパが小学生の時のお話だよ」



バタン

ぼくは、そう言って車に乗りこんだ。

後部座席に娘が滑り込むを確認すると、ぼくはエンジンをかけた。

ミラーに映る娘の目は、不思議そうで、どこかわくわくしたような色をしていた。


病院に着くまでの間には話し終わるだろう、短いお話だ。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441539917




続きを読む

女「あの、顔色悪いけど大丈夫ですか?」 男「・・・え?」

SS速報VIP:女「あの、顔色悪いけど大丈夫ですか?」 男「・・・え?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 17:42:14.90 ID:ABv1zFOB0


女「もう講義終わりましたよ?」

男「あ、ああ」


・・・外を見ていた。

空はいつのまにか茜色をしていた。

時計を見ると5時近い。

講義はとっくに終わっていたようだ。

3階41講義室に残っているのは、オレと、オレに話しかけてきた女だけだった。


男「あ、すみません。ちょっとボーっとしてました。もう帰るんで」

女「あの・・・余計なお世話かもしれませんけど、そのまま外にはいかない方がいいと思いますよ」

男「えっ?」


なぜだか分からないが、シャツの襟が濡れていた。


男「・・・すみません」

女「あの・・・結構前から気になってたんです。全然講義聞いてないみたいですし、あまりに・・」

男「いえ、大したことじゃないんで大丈夫です」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437900124




続きを読む

女「じゃあさ、初恋の思い出とか語ってよ」 男「うざっ」

SS速報VIP:女「じゃあさ、初恋の思い出とか語ってよ」 男「うざっ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 02:35:03.80 ID:kpJL2LZZ0


女「えー、いいじゃん。ヒマだし」

男「俺の心の傷を抉って、お前は何を得るの?」

女「だってもうサービス・エリア止まんないでしょ?私が眠らないように喋っててよ」

男「運転してるの俺なんだけど・・・勝手に眠ればいいじゃん」

女「私が眠ったら、話し相手がいなくなって男が居眠り運転するかもしんないでしょ」

男「なんだよその理屈」

女「いいから話しなさい」

男「えー」

女「少しは緊張ほぐれるかもしんないでしょ?」

男「はー・・・まあいいや。俺ってあんまり友達いなかったんだけどさ」

女「知ってる」

男「おい・・・必要以上に俺を攻撃しないでくれ。話す気なくす」

女「あはは、ゴメンゴメン」

男「はぁ・・・でさ、俺が母子家庭なのは前話してたよな」

女「うん」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437327293




続きを読む

女騎士「憧れの」オーク「くっ殺」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 04:44:37 ID:nV51DZUY

ーー序章

女騎士「…はー…なぜ私はくっ殺言えないのだろう」

女騎士「そもそもオークとの出会いがない…」

女騎士「姉様たちは言えてるというのに私だけまだ未経験…」

女騎士「女騎士としてうまれたからには一度は言ってみたいものだ…」

………

オーク「…はあ…なんで俺はくっ殺言われないのだろう」

オーク「そもそも女騎士はどこにいるんだ!」

オーク「仲間は皆言われてるというのに…俺だけなんでっ!」

オーク「オークとしてうまれたからには一度言われたいもんだな…」


女騎士・オーク(でも今更そんなこと言えやしない…)



続きを読む

女勇者「魔王倒しちゃったし、次は何しよ!」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)20:41:54 ID:rks

女勇者「目標を失うと人生ってダメになるよね!」

女勇者「だから、新しい目標を作ろう! ていうか、作るって決めたもん!」

女勇者「よし! 次の目標は>>2にしよ!」



2: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)20:44:12 ID:TCT

婚活



続きを読む

女(子小学生)騎士「クッ・・・殺せ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/24(金) 20:58:19 ID:gWZzkhF6

オーク先生「女騎士ちゃんは忘れ物が多いですね」

女騎士「すまない・・・」

オーク先生「手のひらにペンで書いておけば、忘れ物をしませんよ」キュッキュ

女騎士「クッ、殺せ!!」



続きを読む

妹「もっと兄さんの熱くでドロッとしたのください」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:45:32.66 ID:u01Aa4eG0

兄「しょうがないなあ。ほれ」

妹「ん……おいしいです……」

兄「そんなに美味いか?」

妹「はい、それにすごい匂い……」

兄「たっぷり熟成させたからな」




妹「とっても美味しいですね。このカレー」



続きを読む

妹「お兄ちゃん、私を攫っていって!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/05(金) 21:22:59.34 ID:I774cqIf0

兄「……は?」

妹「だってお母さんが言ってたよ! 最近お兄ちゃんが天狗になってるって!」

兄「……はあ?」

妹「お兄ちゃんは天狗に自由に変身できるんだね! さっすがあ!」スリスリ

兄「あーあー、寄って来るな」グイ

妹「うー」

兄「……それで? なんで俺が天狗になってるのと、俺がお前を攫っていくことが繋がるんだよ」

妹「だってぇ、神隠しの犯人は天狗って、よく言うでしょ!」

兄「……あー」

妹「お兄ちゃんが攫ってくれるなら、私何処にでも行くよ! えへへ!」スリスリ

兄「だから寄ってくるなって」

妹「うー」



続きを読む

妹「全てが面倒になった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/01(日) 13:14:48.93 ID:e6+1T2t90

 プルプルと携帯が鳴ったので出た。

妹「もしもし。おにぃ?」

兄「なんだよ?」

妹「ちょっと私の部屋に来て」

兄「なんで?」

妹「いいから」

兄「分かった」



続きを読む

オーク女戦士「くっ、殺せ……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/05(木) 13:57:20.523 ID:ZtSGv4dnM.net

傭兵「へへへ、そうはいかねーんだよ、散々手間取らせやがって」

傭兵2「全くよお」

傭兵「……よく見りゃ可愛い顔してんじゃねえか!」

傭兵2「体つきもなかなか……お前ハーフオークか」ゴクリ

オーク女戦士「なっ、貴様ら何を」ハッ

傭兵「よっと」スパッ

オーク女戦士「!?」ハラリ

傭兵2「ヒューッ!良い乳してんじゃねえか」

オーク女戦士「くっ、」



続きを読む

僧侶「…」スパァー

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/06(金) 01:32:45.444 ID:haw0w5rx0.net

僧侶「あ?んだよ」

剣士「いやいや、僧侶がタバコは無いだろ…」

僧侶「ああ?何言ってんだ…タバコが無きゃやってられん」

剣士「そ、それもそうか?」



続きを読む

妹「お兄ちゃんのおち○ちんが見たいよぉ.........」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/23(日) 21:23:08.165 ID:rfOMnR8lr.net

妹「昔はいくらでも見れたのに今は全然見れないよぉ」

妹「密かに書いてたお兄ちゃんのおちんちん成長絵日記は小5で止まってるし」

妹「高校1年になったおちんちんを確認しなきゃぁ」

妹「とりあえずトイレにバレないようにカメラをセットして.....」

数日後

妹「お兄ちゃんのおちんちんは撮れてるかな?」

妹「......ここ!....あぁ、服で隠れて見えないよぉ」

妹「あれ....お兄ちゃん....なにして....っ!///」

妹「お兄ちゃんがおちんちんをしごいてる?....お兄ちゃんも......オナニーするんだぁ....」

妹「ハァ.....ハァ.....お兄ちゃん...私も....オナニーしてるよぉ.....お兄ちゃんと.....おんなじ....」

妹「んっ....もう少し....見えないよぉ.....あっ....お兄ちゃん.....前屈みのせいで.....」

妹「あっ....お兄ちゃんがビクビクしてる....イッたのかな.....お兄ちゃん....私も....イク....イキたい」

妹「あぁっ...んっっ!!!」

妹「...お兄ちゃんのオナニー見てイッちゃった.....でもおちんちんは見れなかったな....別の作戦を考えなきゃ」



続きを読む

妹「お兄ちゃんちょっとまって、今私達がお風呂は言ってるんだがから!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:40:00.233 ID:EBDFQfZF0.net

兄「えっごめん、入ってたのか」

友達「おっおじゃましてます・・・」

兄「友達ちゃんも来てたのか、いらっしゃい」

妹「お兄ちゃんちんちん丸出しで挨拶しないでよ」

兄「すまん、でも服脱いだから俺も一緒に入っていいだろ?」

妹「まぁ、交代で湯船に入れば大丈夫かな」

友達「えっ!」

兄「じゃあ俺が先に体を洗うから」

妹「早くしてよ」

友達(嘘でしょ・・・)



続きを読む

【SS】ギャル「ラブライブウエハース? キモッ」

SS速報VIP:【SS】ギャル「ラブライブウエハース? キモッ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570350603/



1: ◆avMN6qlGU6 2019/10/06(日) 17:30:03.84 ID:FGiAKn7qO

2019年5月
朝7:30頃
田舎のコンビニ

ギャル(21)がバイトしていた。

ギャル(品出しだるい)

客  「……」トン

ギャル(チッ 品出し中に来んなよ)タタッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1570350603




続きを読む

少年「おっちゃんが王か!」国王「教育の必要があるようだな」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/04(水) 21:10:09.432 ID:RrOQRiXx0.net

<城>

国王「西の山に現れたドラゴン退治……ようやく志願者がやってきたとのことだが?」

姫「よかったわね、お父様」

大臣「はっ……しかし、その志願者というのが……」

国王「なにか問題があるのか?」

大臣「……実際にご覧になられた方が早いと存じます」

国王「そうか……。では、志願者をこの謁見の間に通すがよい」

大臣「かしこまりました!」



続きを読む

妹「なんかしよ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/03(月) 03:54:33.379 ID:ajM2XgKn0.net

俺「やだ」

妹「なんで」

俺「今ゲームで忙しいから」

妹「…」

妹「…」(Wii起動させる)

俺「…」

俺「なんで二人用」

妹「早くしないと始まるよ」

俺「やらないって」

妹「…」(隣の床叩く)

俺「やらないって」

妹「…」

妹「…お兄ちゃんのアホ」



続きを読む

女吸血鬼「お、狼人間ですって……!?」狼男「あっ、はい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/10/02(水) 17:40:56 ID:ZNciR8FI

女「ち、近寄らないで!」

男「そんなに警戒しなくても」

女「だって、だって、狼人間は私たち一族にとって天敵と言っても過言では……」

男「一族?」

女「あっ、いや……なんでもないわ」

男「今はお昼だし変身したりはしないよ」

女「う、うん」



続きを読む

侍「道に迷ったらエルフに捕まっちまってござる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 22:34:45 ID:9Gu1k.yo

――よくあるファンタジー世界

侍「武者修行のために国を出て幾年月か」

侍「まさかエルフの国で捕われの身になってしまうとは」

侍「ちょっと道に迷ってエルフの国の領土に入ってしまっただけなのに、問答無用で牢屋いきとはな」

キィ

エルフ「何をブツブツ言っているのです?」

侍「や、軽い状況説明を。で、あんたは? 見たところ騎士のようだが」

エルフ「あなたの尋問を任された者ですわ。最初に言っておきますけど、あなたに黙秘権はございませんので」

侍「はぁ。や、まあいいけど」

エルフ「……何です? その余裕たっぷりな態度は」

侍「いや、別に余裕ってわけじゃないぞ」

エルフ「ま、よろしいですけど。尋問を始めますわ」



続きを読む

妹「明日の試合応援に行くね!」兄「来んな」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/17(月) 03:42:29.104 ID:duHLssYi0.net

妹「えーお兄ちゃんの最後の大会なんだからいーじゃーん」

兄「どうせ一回戦負けするんだから来なくていいよ」

妹「でもせっかくだし…」

兄「はぁ…家族に無様に負けるところなんて見られたくないんだよ」

妹「うーんわかったよ…」

妹(仕方ないから隠れて遠くから見よ)

妹(応援したかったのに…)



続きを読む

僧侶「聞いた事がある。賢者の母乳には様々な病気を治癒する力があると…」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/02(月) 00:04:02.530 ID:63Wv76F20.net

謎の奇病に罹った勇者

勇者「ハァハァ…」

武闘家「何かいい治療法はないのか?」

僧侶「聞いた事がある。賢者の母乳には様々な病気を治癒する力があると…」

女賢者「!?」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)