ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


オリジナル

女「終電逃したから歩いて帰る」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 03:31:26.95 ID:sLNB4PlE0

女A「……って、どこだろここ」

女A「うー、飲みすぎかな。全然道が分からない」

女A「電車で四駅のとこだから一時間ちょいで着くはずなんだけど……」

女A「これは本格的に迷子かもしれない」



続きを読む

姉「今日から、家では裸で過ごそうと思うの」弟「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/02(日) 09:34:14.51 ID:autSJGtQ0

弟「何言ってんの姉ちゃん」

姉「女は見られて美しくなるって言われたから・・」

弟「人一倍恥ずかしがりやなうちの姉が、そんなことできるのだろうか」

姉「弟君の前でしか、こういうことできないんだから」

姉「だから・・しっかり見ててよね?」



続きを読む

姉「私が生徒会長になったからには風紀を乱す物は許しません」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 10:15:57.90 ID:6L4eXozt0

姉「以上話を終わります」

パチパチ

男友「うわーやっぱ生徒会長の姉さんかっけーなぁ」

女友「うん。クールビューティーって感じでかっこいい!」

男友「お前!あんな姉がいるなんてうらやましいぞ」

男「そうか?」

男友「そうかってお前、だってあの姉さんの生活をみれるんだろ?」

女友「そうよ!私の姉と交換して繰んない?」

男「む、無理に決まってんだろ」


男「ただいまー」

姉「お!男君帰ってきたー」ダキ

男「おい急に抱きついてくるなよ・・」

姉「だってだってずっと帰ってこなかったんだもん!心配するよ」プンプン



続きを読む

姉「弟ってほんと可愛いよね・・・女の子みたい」ナデナデ 妹「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 16:57:47.71 ID:m/Vf9T8e0

姉「え、あれっ、妹だったの!?」

妹「もう、なんでお姉ちゃんまで間違えるの・・・」

姉「ごめんごめん!いやぁ、双子ってすごいねぇ・・・」

妹「私・・・そんなに男の子っぽいかな・・・」

姉「まあ、もうちょっと髪伸ばしたら?」

妹「えー、このくらいじゃないと邪魔なんだけどなぁ・・・」

「「ただいまー!」」

姉「きたーっ!」タッタッタ

妹「・・・胸、少し大きくなったんだけどな」



続きを読む

メイド「ご主人様を拘束させて頂きます!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/14(木) 23:44:24.54 ID:rdSZ9u2K0

メイド「最近はそういうものが流行っているそうですわ」

メイド「ふふふ、ご主人様…」

ご主人「ん……」

メイド「おはようございます、ご主人様」

メイド「カーテンを開けさせて頂きますね」シャッ

ご主人「今日は休みだし、もっと遅くまで寝ていたいんだけど」

メイド「駄目です、ご主人様には健康的な生活を送って頂きますから」

ご主人「…分かったよ、おはよう、メイドさん」

ご主人「今日はよく寝れたなあ」

メイド「それは良かったです、ふふ」



続きを読む

後輩「先輩の変態」男「……うぅ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 22:00:17 ID:6lzA0nTU


後輩「あの、こういうタイミングで言うのも変ですけど」

後輩「わたし、先輩のこと好きだったんですよ?」

男「…………」

後輩「だって先輩、かっこいいし、人気もあるし、優しいしってみんな言ってたんですよ?」

後輩「正直、わたしなんて相手にもされないだろうなって思ってたんです」

後輩「先輩、わたしが困ってるときいつも助けてくれたし、優しくしてくれたし、うれしかったんです」

男「…………ハァ、ハァ」

後輩「まさか、先輩がこんなに変態さんだとは思いませんでしたけど」



続きを読む

女「こう蒸し暑くてはね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 18:09:03.42 ID:Ye14Dy9T0

男「それで浴衣ですか」

女「いいだろ?」

男「最高です」

女「ふふ。君も着るかい?」

男「いえ、そんな…」



続きを読む

姉「ただいま~、さぶ~こたつこたつ」弟「zzzz」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:33:21.94 ID:Z5KSVa3G0

姉「おーい、寝てんの?」

ツンツン

弟「……おき……て……る……zzz」

姉「ま、いいや、そのまんま寝てろ」

プチ

TV「てってて、てててて、てって、てってて、てててて……」

姉「間に合ったぁ」フー

姉「……」

弟「……zzzz」

姉「……プフッ」

モゾモゾ



続きを読む

姉「かっ、かか勘違いしないでよね!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:31:48.47 ID:n6e9KD0E0

姉「じっ、自分の分の弁当作ってたら、余っちゃったから作っただけだし!」

弟「ふーん? そうなの。…まぁ、ありがと」

弟「じゃあいってきまーす」

姉「えっ、あ、も、もう行くの? い、一緒にと、登校…とかは…」

弟「あぁ悪い、今日朝練で忙しいんだわ。んじゃ行ってきまーす」

姉「…い、いってらっしゃい……」



続きを読む

妹「ち、ちょっとだけだからね?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15(月) 23:12:41.35 ID:eYQSelvm0

兄「ありがとう妹! それじゃあ早速!」

妹「ま、待って、ちょっと待って!」

兄「なんだよ?」

妹「その、ね、えと、まだ心の準備が……」

兄「いいからいいから、早く服脱いで」

妹「ぬ、脱ぐのは……め、めくるだけ」

兄「それでも良いや、早く早く!」

妹「ほ、本当にちょっとだけだからね?」

兄「はむっ」

妹「んっ」ピクッ



続きを読む

お嬢様「にゃんにゃんにゃん!」執事「……お嬢様?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/17(日) 22:16:08.11 ID:NFzE73MR0

お嬢様(この部屋もいい加減、息が詰まって仕方ないや……)

お嬢様(お父様、お母様……)

お嬢様(執事君も、もっと私に構ってくれればいいのに)

シーン

お嬢様「……寂しいな」



続きを読む

男「母さん、腹減ったー」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 00:55:56 ID:oV6EMKcA

そう、人類の誰もが言わなくなったのはいったいどれくらい前のことだろう。
ある日、私たち人類はそれまで当たり前に持っていたものを失った。



続きを読む

男「うおぉぉおおお!!○ックスさせろぉおおお!!」女「……!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 03:46:56.50 ID:vvGNFojN0

女「はい」 スッ

男「それはソックス」

女「よいしょっ……」 ハキハキ



続きを読む

巫女「素股?・・・ですか?」男「はい」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 08:23:12.46 ID:OIAzuwYy0

男「そう、挟むようにして……」

巫女「こうですか?」

男「ええ、そのまま締め付けながら前後に腰を、うぁ」

巫女「ん、んん、なるほど、これは確かに良い具合ですね」

男「はぁ、はぁ、でしょう?」

巫女「ん、はい、この方法ならばこれまでのように子種を注がれることもなく、よいしょ、子を孕むこともなさそうです」

男「ああ、もう」

巫女「果てますか? それでは、ぁん、最後は少し激し目に」

男「とても上手です、くっ、ああ」

巫女「まあ、大変な勢いですね。この溜め込み具合から見て、随分と苦しい思いをなされてきたことでしょう」

男「いえ、あはは……おかげでスッキリ出来ました、ありがとうございます」

巫女「いえいえ、こちらこそ有用な方法を教えていただきありがとうございました」



続きを読む

保健医「あら、また来たの?」 生徒「すみません……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/08(月) 19:19:12 ID:X5vKN3yE

保健医「ほら、そんなところに立ってないでいらっしゃい」

そう言われて、生徒はドアを閉めると、背筋を軽く曲げながら椅子へと移動した。

保健医「あら、お腹痛いの?」

生徒「あっ、いえっ」

保健医「ふふっ、そんなに焦らなくていいわよ。先生わかってるから」

保健医は、机の上の紙と鉛筆を一つずつ取ると、生徒にいくつか質問をした。
しかし、生徒の返事はどうもはっきりとしない。保健医は、紙から目を離して生徒の顔を見た。
すると、生徒は慌てて視線をそらした。しかし、保健医には、生徒が今まで何を見ていたのかわかっていた。

保健医「あらあら、先生の胸に何か付いてるかしら?」

生徒「あっ、その……」

生徒が口ごもっていると、突然、保健医は、顔を生徒の目の前に近づけた。

保健医「ねえ、最初にわかってるって言ったでしょう?あなたの調子の悪いところ、そこなのね?」

保健医は、そっと自分の手を生徒の「そこ」に当てた。生徒の体が小さく跳ねた。

保健医「あらあら、こんなに固くしちゃって……もう我慢できないのね。いいわ、またあなたの相手をしてあげる」

保健医は席を立つと、ドアの前へと向かう。そして、ドアの前に立つと、ガチャリ、と音がした。
保健医は、生徒の方を振り返って、豊かな胸の下で乳房を持ち上げるように腕を組んだ。

保健医「ふふふ……それじゃあ、始めましょうか」



続きを読む

妹「お姉ちゃ…も、もうだめ…またイっちゃうよお…!」姉「うふふ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07(日) 16:46:22.08 ID:3xeGOXUP0

妹「お姉ちゃああん!!ひゃああああん!」ビクビク

姉「妹ちゃん…今日は8回もイっちゃったね♪…最高記録だよ…?…」

妹「……」スゥー

姉「ふふ、イっちゃう時の顔も可愛いけど、寝顔はもっと可愛いなあ…♪」



続きを読む

姉「あっ!?」弟「うぉっ?」姉「……停電!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 11:55:02.78 ID:1Olmw5Wd0

姉「動くな!危ないぞ!」

弟「まぁ、動く気ないですけどね」

姉「こういう時は落ち着くことが肝心だから、すーはーすーはー」

弟「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

姉「弟くん、こ、怖がらなくていいから」

弟「聞いちゃいねえ」

姉「そのままジッとしてるんだ」

弟「してるよ、コタツから出るの面倒だもん」

姉「そ、そうか、じゃ、そのまま待機だぞ」

弟「はいはい」

姉(地震と間違った///)



続きを読む

義妹「兄さんっ♪」ギュッ  妹「・・・」イライライライラ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 17:49:40.31 ID:G9UvRhEDO

義妹「兄さん♪」スリスリ

兄「ちょ、おいっ……」

義妹「ふふ、兄さんビクッてしました」

兄「な……、し、してないから」

義妹「嘘つき♪」ギュッ

ムニュ

兄「」ビクッ



妹「」イライライライライライラ



続きを読む

妹「未来から帰ってきたよ」兄「は?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14(日) 18:34:01.21 ID:y0yfdSFM0

妹「ただいま」

兄「おう、元気だったか?」

妹「うん。で、さっそくなんだけど」

兄「うん?」

妹「死んでくれる?」

兄「はあ?」

妹「だからさ、死んでよ」

兄「な、何言ってんだ」

妹「実はさ、お兄ちゃん未来でさ……」

兄「待て、ネタバレはやめろ」

妹「……」



続きを読む

妻「今日、私は寝取られます」

※閲覧注意



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 14:35:37.97 ID:49ldCzSN0

息子・娘「行ってきまーす」

妻「行ってらっしゃい、気をつけてね」

夫「さて、僕も行こうかな」

妻「あなた、お弁当お弁当」

夫「おお、すまん じゃ、行ってくる」ガチャ

妻「行ってらっしゃい!」

バタンッ



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)