ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


涼宮ハルヒの憂鬱

キョン「あ、ところで朝く、ハルヒ、今日の放課後」 ハルヒ「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 17:13:52.02 ID:XsPc1o+A0

 
キョン「今日の放課後は予定があるから部活は……」

ハルヒ「ちょっと待って、今」

キョン「ん?」

ハルヒ「朝倉って言い掛けなかった?」

キョン「朝倉? 何でそこで朝倉が出てくんだ」

ハルヒ「いや、あんたが……」

キョン「なんだ、不思議探ししてたらついに幻聴まで聞こえるようになったのか」

ハルヒ「……もういい  放課後の予定って何よ SOS団より大事な用なワケ?」

キョン「ああ、ヤボ用でね すまんな」

ハルヒ「ふん、まあいいわ、今回だけよ 次は、今日の分もみっちり団活に奉仕して……ん?」

キョン「ん?」

ハルヒ「……あんたの肩んとこ、長い髪が付いてる」

キョン「ああ、妹のだな」

ハルヒ「………妹ちゃんって髪青かったっけ?」

キョン「最近青みがかってきたな そういや」



続きを読む

キョン「なんとかしてハルヒに謝らせる」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/07(月) 07:44:49.80 ID:o5lrnm/KO

ハルヒ「いい加減にしなさいよ!」

キョン「どっちがだ。言わせてもらうが、今回も俺は断じて悪くない」

ハルヒ「どっからどう見てもアンタが悪いでしょうが!」

キョン「なに?おい、ちょっと待て」

ハルヒ「なによ!」

キョン「お前本当に自分が悪くないと思ってるのか」

ハルヒ「当然でしょ!ほら、早く謝りなさい」

キョン「……よし、よくわかった」


古泉「まあまあ、お二人ともそう熱くならずに。一体どうしたのです?」



続きを読む

キョン「猥談でもしようぜ」 橘「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 13:44:26.21 ID:q6DBld7c0

橘「急にこんな所に呼び出したと思ったらナニ言ってるんですか?」

キョン「こんな所って…ここは俺たちが何時も利用する喫茶店なんだぞ」

橘「ご説明ありがとうございます
あたしが言ってるのは何でキョンさんとわ…わい…だ、んしなくちゃいけないんですか」

キョン「猥談ぐらいで照れるなよ」

橘「んんっ、もう!話を逸らさないでください!」

キョン「いや~、ハルヒは墓参り、朝比奈さんは鶴屋さんとショッピング、古泉は機関の集会か何かで長門も珍しく用事があるらしい」

橘「つまり、暇だったからあたしを呼んで下ネタトークでもしようと思ったんですね?」

キョン「そういう事だ」

橘「最低ですね」



続きを読む

ハルヒ「もしキョンが私の子供だったら…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/20(日) 18:52:55.53 ID:NEQgFmhD0

キョン「なにを急に言い出すんだ」

ハルヒ「もしもの話よ」

キョン「もしもの話でも想像もしたくはないな」

ハルヒ「どういう意味よ!」

キョン「別に、独り言だ」

ハルヒ「ふん……あんたが私の子供だったらそういう性格には育てないわ!」

キョン「迷惑な話だな」



続きを読む

佐々木「キョン…僕のお尻を触るのをやめてくれないか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/10(水) 23:03:32.42 ID:gn19vq+F0

・電車内

キョン「…」サワサワ

佐々木「…キョン?」

キョン「おっと、バレたか」サワ

佐々木「当たり前だろう…」

キョン「手の甲で触れるか触れないかの微妙なタッチだと思ったんだが…」

佐々木「僕だって女の子なんだ。キョンじゃなかったら駅員に突き出してるところだよ」

キョン「はは、すまんすまん」

佐々木「まったく…」

キョン「…」サワサワ

佐々木「………」



続きを読む

キョン「お前ら俺が見えてないのか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/18(月) 23:55:45.27 ID:8FC/C5gb0

 ん~困った

どうやら俺は死んじまったらしい

何故かはわからないし俺が死んだことを誰も知らないようだ

俺も含めて、誰もが気づかないうちに死ぬなんてことはあるのか?

昨日から家族は連休をとって泊まり込みの旅行に行っているから俺の姿がどうとかは分からなかったのだが・・・

俺はとりあえず今部室にきている

そこには朝比奈さんと古泉と長門がいる

特に何をする訳でもなく皆がそれぞれのことをして楽しんでいるようだ

そんな俺はというといつもの席に座ってぼーっとしている

さっきから古泉や長門の顔の前で手を振ったり変な顔をしてみたりしているのだが

誰も反応してはくれない



続きを読む

ハルヒ「な、なによこいつ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/26(火) 22:48:41.21 ID:89HeqMFp0

ハルヒ「ど、どっから出てきたのよ!」

ミニハルヒ「みー?」

ハルヒ「う、宇宙人かしら……っていうか生き物?」

ミニハルヒ「みー」

ハルヒ「……これってどう見てもあたしよね」

ミニハルヒ「うー♪」

ハルヒ「……」

ミニハルヒ「あーぐー」

かじかじ

ハルヒ「あ、こ、こら!それ消しゴムだってば!食べられないの!」

ミニハルヒ「むー……」

ハルヒ「……うーむ」



続きを読む

ハルヒ「…どうして誰も覚えてないの!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/07(火) 16:26:54.15 ID:b/W4ELS40

急に思いついたから書いてみる。
全然書き溜めてないけどがんばる。



続きを読む

ハルヒ「ねえ、朝倉涼子って今なにしてると思う?」キョン「しらん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 18:57:16.03 ID:fRMRnYDF0

部室

古泉「では、ここで僕は転職と行きましょうか」

キョン「折角、医者になったのにか。お前、人生を舐めてないか?」

古泉「そうですか?僕としては転職し新しい世界を見るのもまた、人生の楽しみ方だと思うのですが」

キョン(能力のあるやつが言う台詞は腹立たしいね。俺みたいな奴は崖に噛り付いて生きなきゃならんというに)

ハルヒ「ねえ、キョン」

キョン「なんだ?お前もやるか、人生ゲーム」

古泉「涼宮さんも参加するなら、初めからになりますね。ここまでの世界をリセットしましょうか?」

ハルヒ「朝倉涼子って今なにしてると思う?」

キョン「しらん」

キョン(反射的に答えたが、模範的な回答に違いない。今の発言から会話を広げれば、とんでもないものを呼び寄せてしまいそうだったからな)

長門「……」



続きを読む

キョンが朝倉涼子と付き合い始めたようです

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/01/01(木) 13:13:24.69 ID:OAhqujP60

 

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見…」

キョン「それでいいのか?」


朝倉「……? ええ、いいのよ。何か問題がある?」

キョン「俺を殺して、ハルヒの反応を見て、それでお前は面白くなるのか?」

朝倉「少なくとも今よりは面白くなるでしょう。言ったでしょう。
   何の変化もないものを観察し続けるのはつまらないのよ」

キョン「『観察し続けるだけ』なのは変わらないよな」

朝倉「……何が言いたいの」

キョン「朝倉。俺と付き合え」




続きを読む

ハルヒ「キョンく~ん♪」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/15(月) 23:13:08.77 ID:iXOp04msO

キョン「えっ」

ハルヒ「会いたかったんですよぉ…」

ハルヒ「すっごく寂しかったです。」

キョン「お…おい…ハルヒ?」

ハルヒ「キョンくん…あたしのこと、今名前で呼んでくれました?」

キョン「い…いや、いつもそう呼んでるし…」

ハルヒ「何か…うれしい…です」

キョン「???」



続きを読む

キョン「鶴屋さんっていつも元気ですね」鶴屋「まぁね!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 18:29:18.20 ID:ZyRpnDKj0

鶴屋「キョーンくんっ!!おっはよ!!」

朝比奈「おはよう、キョンくん」

キョン「ああ、おはようございます」

鶴屋「今日もめがっささっぶいねー!ホントいつまでも布団の中に入ってたいぐらい!!」

キョン「ええ、そうですね」

鶴屋「昨日のテレビ見た?いやー、あれってホント面白いよねー。あたし、ずっと笑っててもうお腹いたくなっちゃってさー」

キョン「そうなんですか」

鶴屋「朝ごはん、何食べた?卵焼きっかな?」

キョン「えっと……」

朝比奈「つ、鶴屋さん、キョンくんが困ってますよ?」

鶴屋「え?あ、ごっめんね!あたしばっかり喋っちゃって!!はい、キョンくん、どーぞ!!」

キョン「鶴屋さんっていつも元気ですね」

鶴屋「まぁね!!元気が一番!!元気がないと面白いことを面白いって感じられないっからね!!あと元気の秘訣は好き嫌いをしないことー!!」



続きを読む

【涼宮ハルヒの憂鬱】朝倉「む、まさか……いやでもそーいやチラッと……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 09:01:43.00 ID:+0+yrhSl0

朝倉「……でも確認しないわけには行かないわよね」

朝倉「とりあえず正確な情報を得る為に服は脱ぐべきね」

朝倉「」ゴクリ…

朝倉「それじゃあ行くけどお手柔らかにお願いします」

朝倉「いざ…………勝負!!」

朝倉「……」

朝倉「い、いやああああああああああああああああ!!」

ガラッ

キョン「どうした朝倉!?」

朝倉「きょ、キョン君!?」

キョン「…………上下ライトブルーでショーツはストライプか、いいね!」bグッ

朝倉「どこから沸いたこの変態!!」ゲシッ

キョン「げふん」



続きを読む

キョン「俺は今、人生の絶頂期にいるのかもしれない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:10:52.09 ID:NdQxSuDZ0

―廊下―

キョン(もうすぐクリスマスか。なんかやけに校内で男女が目に付くな。これは、あれか。いつもの光景なのに、時期が時期だけに目線がそういう奴らばかりに向いちまうだけか)

キョン(こういう現象、なんか名称があったようななかったような……。どうでもいいか)

キョン(俺も朝比奈さんみたいな人と二人っきりで聖夜を過ごしてみたいもんだね。ま、今年は妹と一緒にクラッカーを鳴らすようなことにはならないだけマシか……)

鶴屋「キョーンくんっ!」

キョン「鶴屋さん。どうも」

鶴屋「今から部活かい?」

キョン「ええ。部活じゃないですけどね」

鶴屋「ふーん。ねえねえ。今、時間ある?話したいことがあるんだけど、いっかな?」

キョン「ええ。大丈夫ですよ。部室に行っても適当なことして時間を無駄にするだけですからね。それに鶴屋さんのために時間を使うのはとても有意義なことですよ」

鶴屋「あたしを煽ててもなにもでないからねっ」

キョン「いえいえ、本心ですよ」

キョン(鶴屋さんみたいな人と過ごす聖夜も良いだろうな。一晩中会話が途切れそうにないし、楽しそうだ)



続きを読む

古泉「涼宮さんはああ見えて普通の女の子です」キョン「マジか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 13:25:16.21 ID:12JRLUBI0

古泉「涼宮さんには願望を実現する能力がある。それでも世界がこのように安定しているのは、偏に涼宮さんが普通の女の子であるからなのです」

キョン「言っちゃあなんだが、普通の女の子が自己紹介のとき「ただの人間には興味ありませんっ」なんて奇抜なことを声を張って言わないだろ」

古泉「そのとき、涼宮さんの顔をよくごらんになりましたか?」

キョン「見たといえば見たと思うが」

古泉「耳が真っ赤になっていませんでした?」

キョン「そこまでは……。それってどういうことだ?」

古泉「簡単です。涼宮さんは勇気を振り絞ってあのような発言をしたのです」

キョン「何故そんなことをする必要がある?黙ってれば可愛いのに」

古泉「涼宮さんはこう考えているのですよ。不思議と遭遇するためには自分が普通のままではいけない、と。だから、普段はエキセントリックな自分を無理して演じているわけです」

キョン「悪いが俺には信じられないぜ、そんなこと」

古泉「んふっ。貴方には信じてもらいたいのですが」



続きを読む

ハルヒ「キョン、暗くなってきたから電気つけなさい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/10(金) 22:46:48.11 ID:g6eJZJjV0

キョン「……?」

ハルヒ「なーにぼさっとしてんのよ!電気よ、で・ん・き!」

キョン「あ、ああ」

みくる「?」

古泉「……」

長門「……」

ハルヒ「もう春だって言うのに、一向に陽が長くならないわ」

キョン「そうか?」

ハルヒ「なんか最近PCのモニターの調子も悪いし……コンピ研の連中、よくもこんな不良品押し付けてくれたわね」



続きを読む

朝比奈「涼宮は糞ビッチで腐れオマン――」キョン「朝比奈さん!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 18:31:49.54 ID:BRg8LIGS0

部室

キョン「どうも」

朝比奈「あ、キョンくん。こんにちは」

キョン「朝比奈さん、珍しいですね。パソコンを触っているなんて」

朝比奈「ちょっと調べたいことがあったので」

キョン「そうですか」

朝比奈「えっと……涼宮は糞ビッチで腐れオマン―――」

キョン「朝比奈さん?!」

朝比奈「はい?」

キョン「何をしているんですか?!」

朝比奈「えっと……。この学校の掲示板を見てたんですけどぉ……。良く分からない単語が多くてぇ」

キョン「やめてください。そんな下劣な掲示板を見るのは……って、この学校の掲示板ですか?」

朝比奈「はい。昨日、テレビで学校裏サイトっていうのがあるって知ったのでみてみようかなぁって」



続きを読む

キョン「ただいま~」朝倉「おかえりー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 14:51:10.06 ID:VjvAQ1+M0

キョン「…………」

朝倉「お疲れ様、今お夕飯作っているから妹ちゃんと遊びながら待っていてね」

キョン「……………………は?」

朝倉「どうかしたの?」

キョン「あ、ああああ朝倉!?」

朝倉「そうだけど……」

キョン「何でここに居やがる!?」

朝倉「何でって言われても……」

キョン「お前は長門に消されたはずだろ!」

朝倉「…………何の話をしているのキョン君?」

キョン「何ってお前……」



続きを読む

ハルヒ「キョンなんか知らない!」キョン「こっちのセリフだ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:28:01.02 ID:q1i9iIDH0

ハルヒ「ふん!!」

キョン「お前なんか知るか!」

古泉(彼がここまで怒っているところは初めて見ました・・・)

長門(有機生命体の口論・・・興味深い)

みくる(ひええええええ・・・・・キョン君も涼宮さんもピリピリしてますぅ・・・)

古泉「まあまあお二人とも・・・喧嘩の原因は??」

ハルキョン「キョン(ハルヒ)が悪い!!」




続きを読む

ハルヒ「有希の本を床にドーンwwwwwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 05:14:21.42 ID:zwkGqi4O0

朝、部室

ハルヒ「みんな遅いわね、朝部室に集まるよう言っておいたのに」ブツブツ

長門「…」

ハルヒ「…有希何読んでるの?」

長門「…」スッ

ハルヒ「ふーん、面白い?」

長門「ユニーク」

ハルヒ「へぇー」

長門「…」

ハルヒ「有希」

長門「なに」

ハルヒ「ちょっとその本貸しなさい」

長門「…わかった」

ハルヒ「ん、ありがと」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ - 彩 -

新品価格
¥1,800から
(2018/1/9 18:46時点)