ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


あーちゃん先輩

理樹「恭介が留年!?」

SS速報VIP:理樹「恭介が留年!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491566778/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/07(金) 21:06:18.66 ID:72T5F1BM0

理樹部屋

理樹(その話の発端は、謙吾の『これはあくまで人から聞いた話だが……』の一言だった)

謙吾「恭介が、その……留年した。という事だ」

理樹(それを聞いた瞬間、テーブルを囲んでダラダラしていた3人の目が一斉に謙吾の方へ向いた)

理樹「き、恭介が留年!?」

真人「ハハハッ!まさかそんな事ねえだろ!恭介の野郎、いつもテストの時期になったら俺らに何故かバンバン当たるテスト範囲教えてくれたじゃねえか」

鈴「確かに賢いかは知らないが馬鹿ではないな」

理樹(真人と鈴は面白くもない冗談だとばかりにすぐさま平静な顔に戻った。しかし、謙吾だけは依然と顔に冷や汗をかいていた)

謙吾「う、うむ……俺も風のウワサを聞いた程度なんだが……火のないところに煙は立たんとも言うしな」

理樹(謙吾は並大抵のことで顔を崩さない。その彼がこのふざけた話にここまで真剣になるということはその噂の出所に信憑性があるのだろう。その動揺が僕にも伝染したのか、若干ドキドキしてきた)

理樹「と、とにかくそろそろ恭介が来る頃じゃない?その時に確かめてみようよ!」

ガチャ

理樹(そういうと同時にドアが開いた)

恭介「…………………よぅ」

理樹・真人・謙吾・鈴「「「!!」」」

理樹(生気のない声で入ってくる恭介。彼の顔は死んでいた)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491566778




続きを読む

鈴「恭介!助けてくれ!理樹が泣きながら追ってくる!」恭介「どういうことだ」

SS速報VIP:鈴「恭介!助けてくれ!理樹が泣きながら追ってくる!」恭介「どういうことだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466783937/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 00:58:57.72 ID:o52bN3mO0

裏庭

恭介(鈴が凄い形相で読書中の俺の元に駆け寄ってきた。全力で走ってきたんだろう。既に肩で息をしている)

鈴「どーもこーもない!今日、中庭で猫の世話してたらなんかあたしを見つけるなり近づいてきたんだ!」

恭介(今の説明だけだとまったく問題がないように感じる)

恭介「おいおい、そりゃ理樹はお前の彼氏なんだし近寄るくらい当たり前だろ。むしろなんで逃げてくるんだよ」

恭介(もしや、もう倦怠期という奴なのか。最近の若者はませてるなあ)

鈴「だって……あっ、来た」

「……ぅ……ぐす……」

恭介「ん?………うおっ!?」

恭介(鈴が走ってきた道からノロノロと己の体を引きずるような歩きでこちらに近づいてくる生徒がいた。よく見ると、それは俺もよく知っている男だった)

理樹「鈴…鈴……なんで僕の元から離れるのさ…僕はこんなにも鈴のことを愛してるのに……!」

恭介(何故か理樹がボロ泣きで鈴に愛を囁いている。その言葉は呪いの呪文のようで、全身から悲しみのオーラが湧き出ている。いったいどうしたらこんな事になるんだ)

鈴「……恭介はあんな状態の理樹が追ってきても逃げないのか?」

恭介「いや…えっと……」

恭介(確かに俺だったら一旦部屋に籠って、震えながら真人達に助けを要請するだろうな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466783937




続きを読む

佳奈多「体操服が盗まれたの!」理樹「そそそそうなんだ……」

SS速報VIP:佳奈多「体操服が盗まれたの!」理樹「そそそそうなんだ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462459175/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:39:35.63 ID:4P8JKqfq0

理樹(時は流れようやくお家のゴタゴタも片付いた。二木さん達を付け狙う人達はようやく収まるべき所へ収まり、僕らは再び学校へ帰ってこれたのだ)

あーちゃん先輩「ねえねえ!それで3人生活ってぶっちゃけどうだったの!?おばさんにも聴かせてくれないかしら!」

理樹「だから語るような事じゃないですよ。慣れたら家族みたいなものですから…」

あーちゃん先輩「えっ!まさか!かなちゃんともうそんな関係に……!いやいやいや、それとも三枝さんと!?」

理樹「そんなんじゃないですって!」

理樹(そして放課後、僕は相変わらずほぼ毎日この部屋に来ている。とっくに縁が切れても良いはずなのに未だに仕事を手伝っているのは、もはや習慣みたいなものだからかもしれない。もしくはこれから来るもう1人の……)

コンコン

あーちゃん先輩「あっ、噂をすれば……」

ガチャ

佳奈多「………あら、今日はあーちゃん先輩もいたんですね。手伝ってくれるんですか?」

理樹(……もう1人の仕事仲間がいるからだろうか)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462459175




続きを読む

恭介「Rita?」理樹「うん!」

SS速報VIP:恭介「Rita?」理樹「うん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452837171/



1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 14:52:51.30 ID:Wdq/LGjaO

理樹は佳奈多と、恭介はあーちゃん先輩と付き合っている設定です。


恭介「まだRitaという名前と曲しか明かされていないアーティストだな」

理樹「そうなんだよ。『Little Busters!』なんていう曲もあって、僕たちにぴったりだと思うんだ!」

恭介「ああ、俺もあの歌声はけっこう好きだ。で、そのRitaがどうしたんだ?」

理樹「それがなんと……この町でライブをするらしいんだよ!」

恭介「なに!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452837171




続きを読む

あーちゃん先輩「ねえ棗君、そろそろ私のこと名前で呼んでくれない?」恭介「えっ?」

SS速報VIP:あーちゃん先輩「ねえ棗君、そろそろ私のこと名前で呼んでくれない?」恭介「えっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447947647/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:40:47.46 ID:EIejXzY80



食堂

恭介(秋の香りも消え、そろそろ肌寒くなってきたこの頃。相変わらずの就職難で、その事とこの寒さをかけて気の利いたことでも言おうと思ったが特に何も思いつかなかった)

クド「はわわ…ねむねむなのです……」

小毬「この時期は寒いから眠たいよねぇ…屋上も行きづらいよ」

鈴「じゃあ昼休みは教室で食べるか?」

小毬「うん。そうしよっか」

西園「なら、私も一緒によろしいですか?裏庭のほうも風が厳しくなってきて…」

鈴「ああ。もちろんだとも」

来ヶ谷「せっかくだしここは全員で食べないか?かく言う私もこの寒さに場所を追われる身でね」

恭介(こっちもいつも通りの平和・ザ・平和だな)

真人「ういっす」

恭介「おう、来たか。……ん?」

真人「どうした?」

恭介「あ、いや…違った。なんでもない」

真人「なんだよ言えよ。気になるじゃねえか!」

恭介「いや…理樹は来ないのかと思ってさ」

真人「…なんだよまたか…なあ恭介、理樹はもういないんだ。もう現実を受け止めろ」

謙吾「これまでずっと一緒だったらこうなるのも無理はない。そっとしておいてやれ」

恭介「待てよ!なんだよその実は理樹は死んでいるのにその事実を受け止められず、空想の理樹を作り出してなんとか生き続けている精神を病んでしまったかつての兄貴分って感じのセリフはっ!!」

小毬「うーん…やっぱりはるちゃんと理樹君がいないと寂しいねえ」

鈴「葉留佳はうるさいがいないと静か過ぎるな」

恭介(そう。三枝と理樹、それに二木の3人はとある事情から最近、遠い街で暮らさなければならなくなってしまった)

恭介(こっちは場所も分かってるし会えないことはないがやはり違和感を感じざるを得ない)

恭介「まあそれもずっとって訳じゃない。ここはおとなしくほとぼりが冷めるのを待とう」

真人「そうだな。ごちそうさま」

来ヶ谷「今の間にどうやって食べたんだ君は……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447947647




続きを読む

理樹「睡眠導入CD?」佳奈多「ええ」

SS速報VIP:理樹「睡眠導入CD?」佳奈多「ええ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441020004/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:20:05.14 ID:rsW+GccF0

寮長室

ペラッ

理樹(俗に言う犬とオオカミの時間。2人しかいない室内では紙をめくる音だけが反響していた)

理樹「………はぁ……」

佳奈多「……なに?仕事が嫌なら出て行ってもらっても私は構わないけど」

理樹(2人のうちの1人が毒舌を吐く。この人に慣れていない人が聞いたらどんな印象を受けるんだろうか)

理樹「いや、そうじゃないんだけどさ…最近何故かよく眠れないんだ…」

理樹(不眠症といったところか…眠り病を抱えているのにおかしな話だけど眠たくならないものはしょうがない)

佳奈多「ふうん…確かによく見たら顔がやつれてるわね」

理樹「野球の練習も中断してるし疲れるような事はしてないつもりなんだけどね…ホットミルクを飲むとか僕なりに色々試してるんだけどなあ」

佳奈多「元々貧弱な身体してるからじゃない?あなたの腕は細すぎだわ」

理樹「うーん……」

理樹(今度は保健室で相談を受けようかと考えていると二木さんが呟いた)

佳奈多「……そういえば、いつか睡眠導入CDっていうの聞いた事があったわ」

理樹「睡眠導入CD?」

佳奈多「ええ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441020004




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)