ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


この素晴らしい世界に祝福を!

【異世界かるてっと】アクア「私が風紀を乱してる?」

SS速報VIP:【異世界かるてっと】アクア「私が風紀を乱してる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602855336/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/16(金) 22:35:36.74 ID:e1HSzniB0

~昼休み前 女子更衣室~

エミリア「今日の体育のテニス、楽しかったね」

シャルティア「わらわの渾身のスマッシュで相手は手も足もでなかったでありんす」

レム「カズマ様、顔面にモロくらって白目むいてましたが大丈夫でしょうか…」

ダクネス「ああ、あれはなんとうらやま…心配だな」


アクア「ほら!はやく着替えないと食堂のいい場所取られちゃうわよ!」ヌギヌギ

女子一同「・・・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1602855336




続きを読む

【異世界かるてっと】めぐみん「閉じ込められてしまいました」

SS速報VIP:【異世界かるてっと】めぐみん「閉じ込められてしまいました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1601819513/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/04(日) 22:51:53.89 ID:qYTIriQs0

~体育倉庫~

めぐみん「参りましたね」

スバル「ああ、参ったな」

めぐみん「まさか…」



2人「体育倉庫に閉じ込められてしまうとは…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1601819513




続きを読む

【このすば】アクア「ひとりぼっち」

SS速報VIP:アクア「ひとりぼっち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1592397106/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/17(水) 21:31:46.93 ID:X5ggoiQ40

このすば17巻までの内容を含みます


「アクア様がいなくなってる…!?」

「そうなんだよ、気づいたらいなくてさ」

「…別に奴が1人で勝手にいなくなるのはいつものことだろう?勢揃いで店に押し寄せるほどのことではあるまい」

「いつもどこかにいく時は私たちに一言入れるように言ってありますし、今までちゃんとそれを守ってきてたのですが、今回、私たちには何も言わずにいなくなってしまったのです」

「それで少し心配になって街中を探してみたのだが見当たらなくてな…バニルとウィズにもどこにいるか聞いておきたくてこうして3人できた」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1592397106




続きを読む

カズマ「はい今、女神の羽衣をいただきました」アクア「上げてないんですけど!」

SS速報VIP:カズマ「はい今、女神の羽衣をいただきました」アクア「上げてないんですけど!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578907176/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/13(月) 18:19:36.21 ID:QKClLzSaO



アクア「ねぇカズマ、私の羽衣知らない?」

カズマ「そうだアクア、ちょっと相談したいことがあるんだけど」

アクア「あら、珍しいじゃない、あんたが私に相談するって。それでなによ、相談って」

カズマ「実はこの前な、酔った勢いでどっかの教団に入信した気がするんだけど、どの女神のとこに入ったのか思い出せねぇんだよ」

アクア「なんて信仰心のかけらもないやり方で入信してるのよ。不信心すぎるでしょ」

アクア「まぁいいわ。下々の困ってることを解決してあげるのも、女神の役目よね。どんな特徴か言ってご覧なさい。私が当ててあげるわ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1578907176




続きを読む

めぐみん「敵いませんね、アクアには」ダクネス「ああ、まったくだ」

SS速報VIP:めぐみん「敵いませんね、アクアには」ダクネス「ああ、まったくだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577203392/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 01:03:12.40 ID:ez5T+FUIO

「カズマカズマ」
「ん? なんだよ、めぐみん」
「今晩お部屋にお邪魔しても構いませんか?」

季節は冬。
冬将軍が到来して、めっきり寒くなった頃。
倒せば春に近づくとされる雪精を狩るなどという、冬将軍を呼び寄せるリスクに見合わない馬鹿げたクエストなどには出掛けることなく、俺達は屋敷の中でぬくぬく過ごしていた。

本日は俺が食事当番だったので、腕によりをかけて手を抜いて、鍋を作り、先程平らげた。
食い残した分を小さな鍋に移し替えて、明日の朝食の汁物としてキープしてから、俺が空になった大鍋と茶碗を洗っていると、食後にひとっ風呂浴びてホカホカになっためぐみんが、しっとり濡れた黒髪から仄かに良い香りを振りまいて、洗い物をする為に腕まくりしていた袖口をちょいちょい引っ張り、ぽしょぽしょと耳元でこそばゆく囁いてきた。

その内容は、否が応でも期待せざるを得ない。

やれやれ、今晩あたり魔王を倒して世界を救おうかと思っていたのだが、予定変更しなくては。

「ひとまず世界を救うことは諦めた」
「優先順位おかしくないですか!?」

おかしくない。なに、世界は逃げやしないさ。

「それじゃ、お布団温めておいてくださいね」
「おう! 任せとけ!」

スケールの大きすぎる天秤に呆れつつも、なんだかんだで嬉しいらしいめぐみんは照れたようにはにかんで、自室に向かった。準備があるのだろう。
ならばこちらも準備を整えることとしよう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577203392




続きを読む

カズマ「お前、あのキス……どこで覚えたんだ?」めぐみん「……バカ!」

SS速報VIP:カズマ「お前、あのキス……どこで覚えたんだ?」めぐみん「……バカ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566488779/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/23(金) 00:46:19.53 ID:QaugMPoFO

プロローグ

「カズマ……」

呼びかけても、彼は目覚めません。
荒くて熱い吐息を吐いて、苦しそうです。
高熱を出して寝込んでいるカズマを見ているとこのまま死んでしまうのではないかと不安になり、私は思わず泣いてしまいそうでした。

「大丈夫よ、めぐみん」
「アクア……」
「水の女神たるこの私が、カズマの熱をすぐに冷ましてあげるわ! だから心配しないで!」
「お、おい、アクア。どうにも嫌な予感しかしないから、やめておいた方が……」
「安心して、ダクネス。私に任せておけば高熱なんてチョチョイのチョイよ! それ、花鳥風月!」

ダクネスの静止を振り切り得意の水芸を披露してカズマに冷水を浴びせたアクアでしたが、それは当然ながら逆効果であり、彼は得意のツッコミを入れる余裕すらなく更に熱が上がってしまい、その日から1週間生死を彷徨いました。

「カズマ……ごめんなさい」

私は付きっ切りで彼の看病をして、そして何度も謝りましたが、カズマの熱は下がりません。
あの日、私が日課の爆裂散歩に誘わなければ。
何度も悔やみ、後悔し、そして懺悔しました。

思えば私はこの頃、少々浮かれすぎており、そして調子に乗りすぎていたのかもしれません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566488779




続きを読む

カズマ「なんでベッド一つだけ!?」 アクア・めぐみん・ダクネス「「「…」」」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/04(火)00:28:00 ID:pkS

カズマ『馬小屋で寝泊まりしている俺たちだが、ある日諸事情により一日だけ馬小屋が使えなくなった』

カズマ『そこで一泊だけ宿に泊まる事になった。が……』







ベッド一つ『…』

カズマ「なんでこの部屋はベッド一つだけなんだよ!?聞いてねぇぞ!!」

アクア・めぐみん・ダクネス「「「…」」」



続きを読む

【このすば短篇集】

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/21(土)00:43:28 ID:Y2Y

【短篇】

カズマ「短篇集って言うけど、短篇(たんぺん)ってなんだっけ?」

アクア「あ~ら、カズマったらそんな事も知らないの? いい、短篇っていうのは『短い刀剣』の事よ!!」

ダクネス「おい、それは短篇じゃなくて『短剣(たんけん)』だっ!?」

めぐみん「まったくアクアはしょうがないですね。いいですか、短篇というのは『切れ端』の事ですよ!」

ダクネス「いや、それは『断片(だんぺん)』だろぉーっ!?」



続きを読む

ダクネス「その巨体で私を踏み潰してくれ!!」最強さん《なんだこいつ》

SS速報VIP:ダクネス「その巨体で私を踏み潰してくれ!!」最強さん《なんだこいつ》
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526131489/



1: ◆LYNKFR8PTk 2018/05/12(土) 22:24:49.06 ID:KKKRR+ePO

ダクネス「お前にとっては私はアリも同然だろ!?」

ダクネス「どうだ!? 気晴らしにアリを踏んでみないか!!?」

ダクネス「そうだ!! なんなら踏み潰すんじゃなくて叩いてもいいぞ!!」

ダクネス「その巨大な手でハエを潰すように私をパーンと!!」

ダクネス「……グフフフフフ///」

最強さん《マジでなんだこいつ》

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526131489




続きを読む

カズマ「花粉症?」めぐみん「はい」

SS速報VIP:カズマ「花粉症?」めぐみん「はい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522502545/



1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/03/31(土) 22:22:25.60 ID:37cMZ7l60

 それは、ウィズの胸をどうにか不幸の事故に見せかけて触ったりできないか? などと考えていたらすっかりお昼前になった日の事であった。

「カズマがこの時間まで起きてるなんて珍しいわね?」

 のどが渇き台所で水を飲んでいた俺を物珍しそうにアクアが見てくる。

「ちょっと考え事があって眠れなかったんだ」

「ふーん」


 そうだ。アクアがウィズをからかい、ウィズが死にかけている所でウィズを助けるふりをして胸を揉もう。
 と俺が考えをまとめていると、めぐみんが自室からやってきて嬉しそうに微笑む。

「カズマ。おはようございます。今日は早いんですね」

「いや、今から寝る所」

「こ、この男は……」

 おっと、さっきは天使みたいに微笑んでいたのに、蔑んで見てくるとか酷すぎだろ。
 ったく、俺は遊んでいたわけではない。

 俺達は魔王軍幹部を倒したカズマ一行なのだ。だから、いつ魔王軍から暗殺されてもおかしくない。
 そのために身を張って警備をしていたというのに……。


「ったく、俺はだな----」

 俺が警備の必要性を訴えようとめぐみん達の方を向くと、俺の言い訳タイムを邪魔するかのように警報が鳴り響いた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522502545




続きを読む

【このすば】このいかがわしい本で妄想を

SS速報VIP:【このすば】このいかがわしい本で妄想を
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514475371/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 00:36:12.40 ID:7K1/8vZO0

初SS投稿

問題なければ次のレスから本編書きます

こういうの書くの初めてなので読み辛いと思いますがよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514475371




続きを読む

カズマ「このろくでもない世界で」

1: ◆BnbM8CVpzA 2016/12/12(月) 08:51:20 ID:DblPfBuk


another-003362-001




続きを読む

ゆんゆん「え!?私メインの小ネタ集!?」めぐみん「なっ!?」

SS速報VIP:ゆんゆん「え!?私メインの小ネタ集!?」めぐみん「なっ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496166456/



1: ◆xW69XHZIXl2A 2017/05/31(水) 02:47:37.09 ID:XxZKGPHl0

①めぐみん「その……ついにカズマと……しちゃいました」ゆんゆん「え!!?」


ゆんゆん「そ、そそそそそそうなんだ」

めぐみん「そんなに顔を赤くしないでください!こっちが恥ずかしくなるじゃないですか!」

ゆんゆん「そ、そうだよね」

めぐみん「……」

ゆんゆん「……」


ゆんゆん「そ、その……どんな感じだったの?」

めぐみん「それを聞きますか……」

ゆんゆん「だって気になるし……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496166456




続きを読む

めぐみん「暇ですね」ゆんゆん「じゃあ短篇集するわよ!めぐみん!」

SS速報VIP:めぐみん「暇ですね」ゆんゆん「じゃあ短篇集するわよ!めぐみん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495893564/



1: ◆xW69XHZIXl2A 2017/05/27(土) 22:59:24.83 ID:9SuV7Hv10

①ゆんゆん「勝負よ!めぐみん!」めぐみん「いいでしょう!正々堂々勝負しましょう!」


ゆんゆん「じゃんけんで勝負よ!」

めぐみん「ほぅ」

ゆんゆん「じゃんけんなら運勝負!卑怯な手を使うめぐみんと言えど100%勝つなんて無理なはずよ」

めぐみん「ふむ、わかりました。でも普通のじゃんけん勝負では面白くないので心理戦と行きましょう」

ゆんゆん「心理戦?」


めぐみん「私はチョキを出します」

ゆんゆん「え?」

めぐみん「だから私はチョキを出すと言ったのです」

ゆんゆん「じゃあ、私はグーを出すわ!」

めぐみん「ゆんゆん、本当にグーを出しますか?」

ゆんゆん「めぐみんこそ、本当にチョキを出すの!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495893564




続きを読む

アクア「駄女神と」ガヴリール「駄天使」

SS速報VIP:アクア「駄女神と」ガヴリール「駄天使」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493305091/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/27(木) 23:58:12.00 ID:vv1mbKlU0


サターニャ「到着よ!」

ガヴリール「いや、どこだよここ」

ラフィエル「空気の綺麗なところですね」

ヴィーネ「よかった。草原が広がってるだけみたいね。海の底にでも繋がらないかとヒヤヒヤしたわ」ホッ

サターニャ「魔界通販がそんな欠陥商品を売る訳ないじゃない」フフン

ガヴリール「いや、サターニャが買った『どこだかドア』ってどこに通じるかランダムなんだろ。じゅうぶん欠陥商品だと思うぞ」

ヴィーネ「景色もいいし、ちょっと散歩でも……ってサターニャ! う、後ろっ!」

サターニャ「ふへ?」

ジャイアント・トード「パックン」

サターニャ「ぎゃああああああ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493305091




続きを読む

カズマ「どうやら俺はアクアに手を出したらしい。」

SS速報VIP:カズマ「どうやら俺はアクアに手を出したらしい。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484296444/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 17:34:05.10 ID:FIG+NVoX0

読みにくいと要望があり前作を手直ししたものです。
注意
このすば、ダクネスss
原作またはラノベ7巻読んだ人推奨
キャラ崩壊有

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484296444




続きを読む

[このすば!]この素晴らしいパーティーに10年後の彼らを!

SS速報VIP:[このすば!]この素晴らしいパーティーに10年後の彼らを!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471353895/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/16(火) 22:24:55.75 ID:CDLjeycf0

時の魔術師、と呼ばれていた大魔道士のチート持ち日本人がその昔いたらしい。
らしい、というのもエリスに最近聞いた話なので、俺も詳しいことは分からない。

で、その魔道士は10年後の自分と現在の自分を5分間入れ替える神器を持っていたんだとか。

どっかの守護者がそんなん持ってたな。
というのが初めに聞いた時の感想だ。

用途はイマイチだが、クリスからお願いされ、今回はその神器を回収することになった。


「帰ったぞ」

「おじゃましまーす」

ドアの開けられる音と共にダクネスがクリスを連れて帰ってきた。

「おかえり。いらさいクリス、で、お疲れさん。それが……10年砲?」

挨拶もほどほどに、俺はダクネスが手にしている円筒状のものを眺めながら聞く。
うん……どうみてもバズーカ砲なそれをダクネスが自慢げに見せびらかす。

「フフッ、あぁ、間違いないだろう。まさかダスティネス家に偽物を差し出してくるとは思えんしな」

既に貴族の手に渡っていた10年砲の回収には、また仮面を被る必要があるかと思ったが……

クリスの提案で、今回はダクネスに手伝って貰い、その神器を回収した。
頼られたのがよほど嬉しかったのか、普段は貴族の権力を行使する事を好まないダクネスだが、二つ返事で回収に行ってくれた。
なかなか可愛いところがあるじゃないか。

まぁ仮面を被る機会が無くなったのは残念な気もするけど……


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471353895




続きを読む

【このすば】めぐみん睡姦陵辱【R-18】

SS速報R:【このすば】めぐみん睡姦陵辱【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1471701986/



1: ◆BAKEWEHPok 2016/08/20(土) 23:06:26.63 ID:N2gbiJPpo

タイトル通りのめぐみんが眠ってるうちにおっさんに犯されるSSです
ほぼエロ要素のみなので苦手な人はスルーしてください



続きを読む

めぐみん「行ってらっしゃい、ゆんゆん」ゆんゆん「またね、めぐみん」

SS速報VIP:めぐみん「行ってらっしゃい、ゆんゆん」ゆんゆん「またね、めぐみん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466768727/



1: ◆xW69XHZIXl2A 2016/06/24(金) 20:45:27.83 ID:OmZmP1SP0

■プロローグ

「え? あの禁呪が知りたいんですか?」

「はい! その禁呪を使えば私は一生爆裂魔法を撃つことができるのです!」

「でも、あれは……」

「お願いします! こんな事を頼めるのはウィズしかいないんですよ!」

 ウィズが困ったように言う。

「めぐみんさん……。そういう問題ではありませんよ。あの禁呪なら確かに一生毎日爆裂魔法を使えると思います。でも、それは辛い人生の始まりでもあるんですよ」

 わかっている、あの禁呪を使うという事がどういう事なのか。

 たぶん大変かもしれない。
 たぶん苦しいのかもしれない。
 たぶん泣きたくなる日が来るかもしれない。
 たぶん……もしかしたら、後悔する日が来るのかもしれない。

 それでも私は------爆裂魔法を一生撃ちたいのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466768727




続きを読む

アクア「はじめまして!」 一真「ダリナンダアンタイッタイ」

※「この素晴らしい世界に祝福を!」と「仮面ライダー剣」のクロス



SS速報VIP:アクア「はじめまして!」 一真「ダリナンダアンタイッタイ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463484819/



1: ◆S0pw.EDnyA 2016/05/17(火) 20:33:39.36 ID:nJYrSXiNO





アクア「私の名前はアクア、日本で亡くなった人間を導く役目をしてます」





一真「ウェ!? ナクナタテ オレガ!?」


アクア「……ごめんなさい、もう一度言ってくれるかしら?」


一真「キミハダリナンダ? ニンゲンジャナイアンデッドモドキカ?」


アクア「ええい聞こえずらい! もっとゆっくり話してよ!」


一真「ご、ごめん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463484819




続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)