ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


アニ

エレン「ライナー護衛隊」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 00:32:37.70 ID:3nsp9NMn0

~男子寮~

エレン「ライナーが死にそう」

アルミン「どういうこと?」

エレン「いや、ライナーってひどい目に遭う確率高いだろ?」

アルミン「ああ……確かにしょっちゅうボコボコにされてるよね」

エレン「最近特に酷くないか?」

アルミン「そういえばこの前の対人格闘でも……」



続きを読む

アニ「王様ゲーム、ねぇ」

SS速報VIP:アニ「王様ゲーム、ねぇ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515131080/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 14:44:41.13 ID:jW1qmt5a0

ジャン「ええー王様ゲームをやります。メンバーはこちらの10名、まず一人目!私馬面こと、ジャァァァァン!キルシュタイィィィン!」

ジャン「二人目は!本編の主人公、エレェェェェェン!イェェェェェg

エレン「長ぇ。メンバーは俺、アルミン、ミカサ、アニ、ジャン、コニー、サシャ、クリスタ、ユミル、ライナー、ベルトルトの11名でいいよな?」

アルミン「そうだね」

エレン「この11名で王様ゲームをします」

ジャン「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515131080




続きを読む

エレン「クリスタが頭を打った?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 23:20:56 ID:Xah2RDXw


エレン「大丈夫なのか?」

ユミル「おう。今は医務室で寝てるけど、結構強くぶつかったみたいでな。しばらく安静にしてなきゃいけないらしい。……だから立体起動中に余所見すんなって言ってたのによぉ」

アルミン「あとでお見舞いに行こうよエレン」

エレン「そうだな」

ユミル「私の天使に手出したらタダじゃおかねぇからな!」

エレン「なんだよそれ……」



続きを読む

エレン「アニ!また遅刻だ!走れ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25(火) 22:21:14.75 ID:5usNx20r0

アニ「あんたか。おはよ」

エレン「よう!走るぞ!」


ガラッ!

エレン「すいません、遅刻しました!」

キース「またお前かイェーガー!何度やったら気が済むんだ!」

エレン「すいません!」

アニ「すいません…」

キース「ん?レオンハートもか?お前たちはいつも2人仲良く遅刻だな!罰として放課後の掃除は2人でやるように!」

マタアノ2人ダヨ

デキテルンジャナイノ?



続きを読む

エレン「アニが消えた」

1: kuripuck 2013/05/20(月) 00:54:37 ID:.vbqz2/g

ノリで作りました。駄文ですがよろしくです

~休日の男子寮~

ライナー「しっかしあれだな、何故こうも俺ばかり暴行を受けるのだろうか?」

アルミン「あははは・・・それだけ心が広いと認知されてるってことじゃないかな・・・」

ジャン「ようするにあいつなら殴ってもいいだろって事じゃん」

アルミン「物は言いようだね・・・あはは」

ライナー「どうせならクリスタに殴ってもらいたいよ」

ベルトルト「ライナーってそっちの方も持ってたの?」

ライナー「“も”ってなんだよ。。。」

ベルトルト「自分が一番よくわかってるくせに…」



続きを読む

ライナー「俺は鎧の巨人」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/18(火) 22:36:16 ID:o5w8AMvo

ライナー「防御力がすごい!」

アニ「私は雌型の巨人、一番速い!」

ライナー「ベルトルトは?」

ベルトルト「一番大きい!」

アニ「.............ダサ」



続きを読む

ライ・ベル・アニ「ユミ姉(ちゃん)!!」ユミル「」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/06(月) 22:26:31 ID:t4duIMLc

※キャラ崩壊、cp、捏造アリ



続きを読む

エレン「くじ引きデート?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 17:23:41.17 ID:N4o0+YeYI

ライナー「何だよそれ」

アルミン「今度特別休暇あるよね?その日をくじで一緒になった人と
二人きりで過ごすんだ」

コニー「おー!面白そうだな!」

ミカサ「いや、アルミンにしては愚策。私はエレン以外とは過ごさない」

ユミル「同感だ。私もクリスタと一緒にいたいね」

アルミン「みんなの親睦を深めるいい機会だと思うんだけど……」

クリスタ「まあまあ二人とも、せっかくアルミンが色々と
考えてくれてるんだから……」

アニ(……面倒くさい)



続きを読む

エレン「クリスタはファーストキスってまだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/26(金) 13:46:29.62 ID:ThwhphDL0

クリスタ「へっ?」

エレン「?」

クリスタ「えっえっと…何で?」

エレン「ん?知りたいから」

クリスタ(つまりエレンは私のこと…)

エレン(なんで俺が聞かなきゃいけないんだろ…)



続きを読む

エレン「頭を打ったみたいだ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 13:29:59.99 ID:3FEWRVEH0

エレン「いてて……」

ミカサ「大丈夫エレン!?」

エレン「あ、ああ」

ミカサ「無理はよくない。今みたいに立体機動を無理矢理やるとそうなる」

エレン「ああ、そうだな。すまんミカサ」

ミカサ「それよりも本当に大丈夫?」

エレン「いつも心配ありがとな。大丈夫だ」

エレン「でも、ちょっといいか?」

ミカサ「なに?」

エレン「」ダキッ

ミカサ「!?!?!!?」

エレン「よし、元気注入! 行こうぜミカサ」

ミカサ「エ、エレン……今のは……一体……///」



続きを読む

アニ「そこ退きなよ」 ミカサ「絶対に 嫌 」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 19:17:46.73 ID:vtFDQTyk0

ライナー「ここ数日なんだが…センパイ方はやたら浮き立ってねぇか?」

アルミン「ライナーもそう思う?」

ライナー「ああ、なんつーかソワソワしてるような感じが」

アルミン「でも女の人達はそうでもないよね。男だけがソワソワしてる」

ライナー「気になるな。アルミン、聞いてきてくれるか?」

アルミン「なんで僕が……まぁいいけど」

不本意ではあるもののアルミンも気になっていた。
挙動不審…というよりも、やたらと斜に構えたキメ顔(と、本人は思っているのだろう)の男性が居たので早速聞いてみる。


アルミン「あのー、すみません」

オルオ「なんだ?」

アルミン「なんだか先輩方が最近ソワソワしてるような気がして……何かあったんですか?」

オルオ「あん?別に俺はそんなことねぇよ。周りのヤツらはそうかもしれねぇがな」

アルミン(あなたがソワソワしてたから聞いたんですけどね…)



続きを読む

ミカサ「ねぇ、アニ……私にもそれ、教えて」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15(月) 22:44:30.15 ID:DX3QIZx80

―対人戦闘訓練中―


アニ「フッ!!」

振るった左拳がエレンの防御を弾いた次の瞬間、右腕を勢いに任せ首を狩る。


エレン「ぐっ!?」

回した右腕を左手で締め上げつつ、極った状態から足払いにてエレンを地面に押し倒していた。


エレン「こ、降参だ…降参するから…!!」

アニ「降参?そんなことより学習しなよ……力の使い方と…」

これは予想外だった。
密着して胸を押し当てているつもりなのだが、この鈍い男はまるで反応しない。


アニ「…女の子との話し方を」
 



続きを読む

エレン「クリスタって小さくて可愛いよな」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08(水) 04:43:59.23 ID:k9OUEJC20

 僕の目の前でとんでもない光景が繰り広げられている。

「ほら、あーん」

 クリスタが僕の前。エレンの隣に「座っていいかな?」と来たときの
ちょっとした高揚感は急転直下で右肩下がり。

「あー……ってもうっ!」
「ははっ、ん~今日も味が薄いなぁ」
「エレンの意地悪」

 幼馴染が膝の上に向かい合わせになるように女神を乗せて
食べさせあっている。なんて現実味のない光景だろうか。
正直目を背けたいけど、ミカサの居るほうから聞こえる「みしみし」という音が怖くて
視線を動かせない。

「ごめんごめん。ほら、あーん」



続きを読む

アニ「・・・(私ってブサイクなのか?)」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28(火) 00:47:29.08 ID:IaoXTrOE0

…朝…―食堂―

ミカサ「エレン、しっかり噛んで食べなきゃだめ」

エレン「いちいち言われなくてもわかってるよ!」

アニ(……ミカサは綺麗な顔してるよな、黒い髪綺麗だし)

ミカサ「……? どうしたのアニ。座る席がないなら隣空いてるけど」

アニ(あのたれ目な感じとか、可愛いって言われる要素だよね。私はキツイ目してるし……)

ミカサ「……アニ?」

アニ「っ!? ああ、ごめん。なんでもない」スタスタスタ

ミカサ「……?」

エレン「なんだアニのやつ。座ればよかったのに」



続きを読む

エレン「エイリアン?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 06:14:28.39 ID:rbnrtbMB0

【壁上の大砲整備中】

エレン「なんだエイリアンって?」

アルミン「異星生物のことらしいよ」

エレン「…アルミンは宇宙人なんて信じてるのか?」

アルミン「僕じゃなくて他の人からの噂だよ…」

サシャ「なんでも壁上での整備作業者達がウォール・マリアの方で見たらしいですよ」

エレン「いたのかサシャ」

サシャ「いますよ!エレン酷いです。」

アルミン「ハハッ…まぁ目撃者の人が言うには、そのエイリアンなんだけど」

アルミン「巨人を殺したらしいんだ…」

サシャ「らしいです」コクコク

エレン「は?」



続きを読む

ミカサ「駆逐してやる」

1: nepia ◆kZNznMCWtw 2017/05/29(月) 03:07:59 ID:vnufMj7U

ミカサ「最近エレンの様子がおかしい」

アルミン「そうかな? ぼくにはいつもの悪人面に映るけど」

ミカサ「エレンが、他の女と話している」

アルミン「そりゃエレンだって話すよ」

ミカサ「すごく楽しそうに話している」

アルミン「エレンも思春期の男の子だからね。仕方ないよミカサ」

ミカサ「わたしと話しているときよりも楽しそうにしている」シュン

アルミン「ミカサとは常日頃から話してるから、新鮮味に欠けるんだろうね」

ミカサ「そう。わかった。なら仕方ない」

アルミン「うんうん、仕方ない仕方ない」

ミカサ「エレンに纏わりつく害虫を、駆逐するまで」スチャ

アルミン「」



続きを読む

ミカサ「絶対にアルエレ」アニ「いいやエレアルだね」

SS速報VIP:ミカサ「絶対にアルエレ」アニ「いいやエレアルだね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495729395/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 01:23:15.80 ID:yPsFA6YF0



ミカサ「どう考えてもエレンは受け」

アニ「は?あんた何年あいつらと幼馴染みやってたんだい?エレンはどう考えても攻めだね」

ミカサ「エレンは優しいから結局アルミンを慰めさせてあげる」

アニ「馬鹿だね。アルミンはエレンに入れてもらいたいんだよ」

ミカサ「は?」ギロッ

アニ「あ?」ギロッ

クリスタ「ま、まぁまぁ2人とも落ち着いてよ」

ミカサ「・・・・・」

アニ「・・・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495729395




続きを読む

サシャ「ああっ!芋を湖に落としてしまいました!」ポチャンッ!

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/24(水) 20:21:14.94 ID:jblh4lcN0

サシャ「まだ半分しか食べていなかったのに……」

ブクブク

サシャ「?」

ばっしゃーん!

サシャ「!?」

クリスタ「あなたが落としたのはこの金の芋ですか?」

サシャ「違います」

クリスタ「ではこの銀の芋ですか?」

サシャ「違います!普通の芋です!」

クリスタ「あなたは正直者ですね、正直者にはこの金の芋……」

サシャ「普通の芋!普通の芋を返して下さい!」

クリスタ(えええ~……)



続きを読む

アニ「ミカサが好き」エレン「ん?」

SS速報VIP:アニ「ミカサが好き」エレン「ん?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383986771/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/09(土) 17:46:11.95 ID:gt2nxoGr0

アニ「ミカサが好き」


エレン「うん。それで?アルミン、いい匂いする」ギュッ


アニ「ミカサが・・・」


アルミン「・・・協力して欲しいの?エレン、ちょっと苦しい」


アニ「ん」コクッ


エレン「素直にミカサに言えばいいじゃねーか」


アルミン「言えれば苦労しないって・・・」


アニ「素直になれないんだよ。せっかく友達になれたからさ」


エレン「アルミン柔らかい」フニフニ


アルミン「ちょっ!?胸ないでしょっ!?」


アニ「あのさ。イチャついてないで私の相談聞いてくれない?」


アルミン「そうは言ってもさ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383986771




続きを読む

アニ「あんたには…きっとか弱い乙女の気持ちなんてわからないだろうさ」

SS速報VIP:アニ「あんたには…きっとか弱い乙女の気持ちなんてわからないだろうさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384057372/



1: ◆3s.o9hGMaw 2013/11/10(日) 13:22:53.04 ID:mrnsVYn30


ミカサ「アニ、ちょっといい?」

アニ「…なに?」

ミカサ「今日の格闘術…あんなやり方をしたらエレンが怪我をしてしまう」

アニ「…」

ミカサ「もっと優しくやってほしい」

アニ「…それじゃあ訓練にならないだろう?」

ミカサ「でも、エレンが怪我をしたら…」

アニ「まともに受身も取れないようじゃ、兵士になんてなれないさ」

ミカサ「…」ギロッ

ミカサ「…エレンに怪我をさせたら赦さない」

アニ「…ハァ。あっそ」スタスタ

アニ(………)

アニ(…いいよね、気楽で)

ジャン「おい、アニ!」

アニ(めんどくさいな…)

アニ「…今度はあんたか。何か用?」

ジャン「お前さっきミカサと言い合ってただろ!」

アニ「…そうだけど、何?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384057372




続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)