ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


エミヤ

言峰「ドキッ!! サーヴァントだらけのドッジボール大会!!」

SS速報VIP:言峰「ドキッ!! サーヴァントだらけのドッジボール大会!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379679435/



1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 21:17:15.83 ID:/4nzl2mb0


※注意
書き溜め無しなのでまったり更新していきます
>>1はss書きなれてないので色々お許しください
展開も思いつきでgdgd進行していきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379679435




続きを読む

セイバー「失礼します」面接官「どうぞ」

SS速報VIP:セイバー「失礼します」面接官「どうぞ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377861775/



1: ◆NikGLKvdxM 2013/08/30(金) 20:22:55.22 ID:8xC6DeW10


面接官「お名前は?」

セイバー「アルトリア・ペンドラゴンです」

面接官「なぜ聖杯戦争に参加したいと?」

セイバー「はい。私はかつて選定の剣を引き抜き、一国の王となりました。
また、騎士としても戦場に出ていました。そこで湖の妖精から魔法の鞘と聖剣を承り、様々な戦場で武勲を上げました」

セイバー「しかし、私の力不足で国は敗れてしまました。なので、聖杯を手に入れ、国の救済を果たしたいと思っています」

面接官「なるほど。では、次の質問です。希望クラスはセイバーとありますが、何故セイバーのクラスを?」

セイバー「先程も申した通り、私は騎士として活躍しいました。聖杯戦争に参加する上で、私に合っていてかつ勝利を狙えるクラスとして、セイバーを希望しました」

面接「しかし、貴方は槍や馬も保有しているんですよね?ならば、ランサーやライダーのクラスでもよろしいのでは?」

セイバー「いえ、私は宝具として与えられたのが剣と鞘の二つだけだったもので……」

面接官「あぁ、なるほど。確かにそう書いてありますね」ペラッ

面接官「ではあくまで、セイバーのクラスにこだわると?」

セイバー「はい、その通りです」

面接官「そうですか……。セイバークラスの倍率はかなり高いですが、それでも?」

セイバー「引く気は毛頭ありません」

面接官「……分かりました。最後に、何か質問などはありますか?」

セイバー「いえ、得には」

面接官「そうですか。面接は以上です。本日はありがとうございました」

セイバー「いえ、こちらこそありがとうございました」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377861775




続きを読む

士郎「セイバー……好きだ」ギュッ セイバー「!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:21.00 ID:FrV6avOW0

衛宮家、居間にて

TV<ヘヴィマシンガン!!

セイバー「あっ、凛! それは私のヘビーマシンガンです!!」

凛「いいじゃない協力プレイなんでしょ? 堅いこと言わないでよ
  あっ、ほらアレとりなさいよ」

TV<ドゥロップショッ!!

セイバー「あっ!! クソ武器ではないですか!! いりませんよこんなもの!!」

ガラッ

士郎「セイバー」

セイバー「あ、士郎。すみません、うるさかったですか」

凛「ほっときなさいよ、ほらほらよそ見してると落とされ……」

士郎「セイバー……好きだ」ギュットダキシメル

セイバー「!?」

凛「えええええええ!!!!!」

TV<ア゙ッ-!!




続きを読む

衛宮士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 16:29:13.42 ID:XBLxmEqZ0

士郎「セイバー、穴を掘ってくれ」

セイバー「はいわかりました」

ザッザッザッ

セイバー「どれぐらい掘ればいいですか?」

士郎「いっぱい掘ってくれ」

セイバー「はい」

ザッザッザッ

士郎「もういいよ」

セイバー「はい」

士郎「ありがとう」ナデナデ

セイバー「えへへ、シロウ」

士郎「じゃあ穴を埋めてくれ」

セイバー「はいっ!!」



続きを読む

【FGO】マシュ「先輩のあらゆる可能性」

SS速報VIP:【FGO】マシュ「先輩のあらゆる可能性」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514488780/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 04:19:41.13 ID:ZsZkoX7x0

マシュ「……え? 先輩が風邪を!?」

ダ・ヴィンチ「そんな青い顔をしないでくれたまえ。命に別状はないとも」

マシュ「で、ですが、先輩は以前に意識を……」

ダ・ヴィンチ「ああ、監獄塔と下総の一件のようなことも今回は一切ない。本当に正真正銘、ただの風邪だとも」

マシュ「そうですか、それはよか……いえ、先輩が苦しんでいるので良くはないのですが……」

ダ・ヴィンチ「心配なら後で見舞いに行くといい。もちろん、うつらないように気を付けるんだよ?」

マシュ「はい! せっかくですから、何か差し入れに行きます!」タタタッ

~~~~~~~~~~~~

プシュー、ガコン

マシュ「失礼します、あなたの頼れる後輩が、おかゆをもって来ました!」

ぐだ子「う、ん……マシュ? ケホッ……わざわざ、ありが、とう……ゲホッ!」

マシュ「ああっ! 無理してしゃべらないでください! 喉がお辛いでしょうに……」

ぐだ子「そうだ、ね。心配、かけて、ごめんね? よいしょっと……美味しそうなおかゆ、だね」

マシュ「厨房にいたエミヤさんと一緒に作りました。あと、ついでにお薬もいただいてきました」

ぐだ子「ありがとう、マシュ……これは、綺麗な、水薬だね。メディアさんが、作ってくれたのかな? 粉薬が苦手だから、助かるなあ」

マシュ「食前に飲むようにと言付かっていますので、とりあえず飲んでみては」

ぐだ子「うん、ありがと」グイー

プシュー、ガコン!

メディア「マスター!! その薬を飲んではいけないわ!! 今すぐ吐き出して!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514488780




続きを読む

士郎「最近、セイバーたちが居間でよく居眠りしてるんだよな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/19(月) 01:07:36.41 ID:4A9RQjx30

リビング

セイバー「先日、不覚にも居間で睡魔に襲われまして、居眠りをしてしまいました」

ライダー「あなた、それでもサーヴァントですか?」

セイバー「そのとき衛宮邸に危険はありませんでしたから、問題ありません」

ライダー「そういうことではないのですが」

セイバー「ふと、体が浮き上がるような気がしたので目を開けて見ると、シロウが私を抱いていたのです」

ライダー「……!」

セイバー「寝室に運ぼうとしてくれたようなのですが、羞恥心からシロウには強い言葉を使ってしまって」

ライダー「……ああ、そうですか」

セイバー「すぐに謝罪はしたのですが、シロウは気を悪くしていないか心配で……」

ライダー「いいですね。小柄な人は。そういうことをしてもらえるのですから」

セイバー「騎士としては恥ずべきことです。負傷もしていないのに抱き上げられるというのは」

ライダー「それで、貴方はどのように眠っていたのですか?」



続きを読む

セイバー「シロウ、オチ○ポミルクとはどのような飲み物ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 14:33:25.68 ID:eeqKuD7p0

居間

セイバー「……」ペラッ

士郎「珍しいな、セイバーが読書なんて」

セイバー「ライダーから借りました」

士郎「そっか。今日の昼食はなにがいい?」

セイバー「シロウにお任せします。それよりも飲みたいものがあるのですが」

士郎「飲みたいもの?ジュースならオレンジとアップルぐらいしか今はないな。お酒は藤ねえが持ってきた焼酎とウイスキーならあるけど」

セイバー「シロウ、オチンポミルクとはどのような飲み物ですか?」

士郎「……」

セイバー「あ、いえ、牛乳の類であることは名称から想像できます。しかし、飲んだ者の全てが奇声をあげながら美味だと賞賛しているので気になってしまって」

士郎「その本にそう書いてあったのか?」

セイバー「はい」



続きを読む

セイバー「おいちい」士郎「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:15:19.37 ID:tNrrlIU20

セイバー「これ、おいちい」モグモグ

士郎「ごめん、聞こえなかった。もう一回言って」パクパク

セイバー「……気分が悪くなりました。寝ます」

士郎「あ、ああ。風邪薬飲むか?」

セイバー「結構です」スッ

士郎(苺パンツの時期かな……?)



続きを読む

ギルガメッシュ「我我。我だ」セイバー「誰だ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 08:41:54.52 ID:KnFkxzUw0

リリリリン……リリリリン……

士郎「セイバー!!悪いけど、電話にでてくれー」

セイバー「はい」

セイバー「……はい、衛宮ですが」

『我我、我だ』

セイバー「は?いや、オレオレといわれても、名前を名乗ってもらえませんか?」

『何?我の声が聞こえぬというのか?』

セイバー「いや、聞こえてはいます」

『なぁんだ。ならば、分かりきっているだろう?我だ』

セイバー「……」ガチャン

セイバー「シロウ、悪戯電話でした」



続きを読む

【FGO】イリヤと天の衣

SS速報VIP:【FGO】イリヤと天の衣
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510143227/



1: ◆4soo/UO.k6 2017/11/08(水) 21:13:47.73 ID:CHTpgRYyo

きっと、私があの子に出会うことはないと思っていた。

二度と触れ合うことは出来ないと。

あの顔を見ることも、あの声を聴くことも、もう私には届くはずのない夢となった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510143227




続きを読む

凛「士郎がテクノブレイクしそう?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 09:57:45.06 ID:rOMV/+MP0

アーチャー「ああ、恐らく後三日程で死ぬだろう」

凛「まっさかー、そんなわけないでしょ」

アーチャー「・・・・・・もう少し加減してやれ、こんな理由でアレが死ぬのをみたくはない」

凛「はいはい、じゃあ今日は4回くらいにしとくわよ」

アーチャー(士郎逝ったな)

凛「それじゃ、また士郎の家行ってくるから。今夜は帰らないわ」



続きを読む

切嗣「士郎!おまえというやつは……!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 20:58:04.13 ID:10ti97aP0

切嗣「どうしてアイリを悲しませるんだ!」

士郎「いや、俺は悪くないだろ!母さんを母さんと呼んで何が悪い!」

アイリ「いいのよ、切嗣……。この思いが届かないのなら、聖杯に託すのも悪くはないわ」

士郎「奇跡はもっと有効に活用してくださいよ……」





続きを読む

セイバー「私のアホ毛を士郎のお尻にぶちこみたい…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/18(水) 21:33:22.42 ID:p44Gz/zt0

セイバー「……」

士郎「道場にいたのかセイバー」

セイバー「士郎」

セイバー「少々精神統一を」

士郎「さすがはセイバーだな。晩飯だぞ」

セイバー「ぜひ行かせていただきます」

士郎「さあ行こう」

セイバー(士郎……いい尻してはる……)



続きを読む

セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番♪」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:10:15.99 ID:fgntxQJg0

セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番!好きよってもっと~ギュゥっとね♪」

士郎「」チラッ

セイバー「あぁあっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!!!!!」



続きを読む

桜「セイバーさんと先輩が居間で大喧嘩してる…」ライダー「ほぅ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 22:35:54.33 ID:nFOpUo0u0

セイバー「分かりました。私がこの家から出て行けばいいのですね?」

士郎「なんでそうなるんだよ!!」

セイバー「そういうことでしょう?」

士郎「どうしてそういう言い方しかできないんだ!!」

セイバー「しかし、それで全てが解決するのも確かです」

士郎「もういい!!勝手にしろ!!セイバーのわからずや!!」

セイバー「……はい。勝手にさせていただきます」

桜「あ、あの……」オロオロ

セイバー「お世話になりました」スタスタ

ライダー「……」

士郎「ふん……」



続きを読む

凛「携帯電話なんて通話できればいいでしょ?」セイバー「ですね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:51:22.35 ID:xpv4iduk0

学校 教室

凛「……」

凛(携帯電話、買ったはいいけど……使い道がないのよね……)

三枝「蒔ちゃん、昨日のメールどういう意味なの?」

蒔寺「え?面白くなかった?」

三枝「いや、だって……『( ゚Д゚)y─┛ゆきっちぃ、フォォ』だもん。意味、分からないよ?」

蒔寺「駄目だな。分かったないなぁ、ゆきっちはよぉ」

三枝「ご、ごめんね?」

氷室「お前のメールほど金の無駄遣いはないな」

蒔寺「へっへーん。しらないのかぁ?メールはただなんだぜ?」

氷室「……まぁいい」

凛(メールか……できれば楽しいのかしら……?)



続きを読む

士郎「二人ともおつかい頼めるか?」イリヤ・セイバー「おk」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 19:20:55.99 ID:oynbD4Af0

士郎「そうか、はいこれ」

セイバー「メモですか」

イリヤ「まぁ、私一人でも十分だけどね」

セイバー「それはこちらの台詞です」

士郎「今晩の夕食のだからな」

セイバー「分かりました」

イリヤ「じゃ、着替えてくるわ」トコトコ

セイバー「私も着替えてきます」トテトテ

士郎「……」

ライダー「あの、士郎がいけばいいのでは?」

士郎「あの二人は本当はすごく仲良くできると思うんだ」

ライダー「そうですか」

士郎「日頃から仲良くしてほしいんだけどな」



続きを読む

アイリ「起きて、私の可愛いセイバー?」セイバー「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:51:44.72 ID:oyk2g5cQ0

自宅

アイリ「起きた?」

セイバー「……?」

アイリ「さ、今日は王様に会う大事な日でしょ?」

セイバー「え?これは一体……?」

アイリ「ほらほら、準備して」

セイバー「……」

セイバー「私が王です」

アイリ「あはは。何いってるの?貴女は勇者セイバーでしょ?」

セイバー「勇者?」

セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」

アイリ「私はお母さんよ?」



続きを読む

カレン「朝起きるとランサーとギルガメッシュが家出してました」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/04(土) 11:41:54.61 ID:6nEcfY5B0

教会

カレン「……」トコトコ

カレン「ランサー?花壇の手入れは終わりましたか?」

しーん……

カレン「英雄王?聖堂の拭き掃除は終わったのですか?」

しーん……

カレン「全く……仕事をサボってどこへ……。これはおしおきですね、ふふ」

カレン「おや?これは……メモ……?」

ランサー・ギル『マスターにはもうついていけません。探さないでください』

カレン「……」

カレン「ふっ……。ついに逃げ出したか、駄犬ども」



続きを読む

【FGO】バニヤン「お腹空いた……」

SS速報VIP:【FGO】バニヤン「お腹空いた……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503927506/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 22:38:26.06 ID:5FCg0BbEO


※このスレは一部のサーヴァントの幕間ネタや真名バレ、聖杯の泥とうどん粉で出来ております。
ご了承ください


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503927506




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Fate/Grand Order セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]&キュイラッシェ・ノワール 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥16,757から
(2019/3/10 15:15時点)