ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


オリジナル

男「もう嫌だ、こんな家…」

SS速報VIP:男「もう嫌だ、こんな家…」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 17:35:47.13 ID:wiH51TykO

ドンドン! ドンドンドン!

父「おい、男! 出て来い!」

男『...うるせぇなあ! 何だよ親父!』

父「お前! また学校に行かなかったらしいな!」

男『...それが何だっていうんだよ!』

父「何だじゃないだろ! 2年になってから殆ど引き篭もりっぱなしで! パパは泣いちゃったぞ!」

男『るせえ! 俺が引き篭もってるそもそもの原因は親父達だろうが!』

父「俺達だと!? 俺の、パパの何が不満なんだ!? 言ってみろ!」

男『それだよ! 今自分で答えを言っただろうが!』

父「何だ!? どういう事だ!?」

男『どういう事も何も...!』




タン,タン,タン...

??「お父さん、男は...」

父「ああ、大丈夫だよ、何とか呼び掛けには答えてくれている...」

父「このまま正面からぶつかっていけば、きっと応えてくれるさ。...パパ」

パパ「...うん。そうだね、お父さん...」キュッ






男『何で俺の両親はホモなんだよおぉぉぉぉぉ!!!』


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418978147




続きを読む

妹「今日から宜しくお願いします」 兄「あ、ああ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/16(火) 16:24:00.37 ID:DteodHdI0

兄(って誰だ、この可愛い女の子…)

父「再婚相手の娘さんだよ。これからは家族として
  やっていくんだからお前も兄ちゃんとして仲良くしろよ」

兄「はあ…」

妹「わ、私…お兄ちゃんなんて初めてだから…。」

兄「俺の方こそ宜しくな」

妹「―はいっ!」

兄(ドキ…。―うわー!こんな可愛いやつが妹!?俺ってくっそラッキーじゃね―!?)

父「じゃあ、部屋仲良く使うんだぞ」

パタン



続きを読む

【オリジナルSS】不死講




1: ◆CItYBDS.l2 2019/02/22(金) 19:53:22.66 ID:Q3Zc+mWd0


第一夜 情熱の不老不死

第二夜 異世界に飛ばされた僕は探偵稼業で食っていく

第三夜 不死講

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550832802




続きを読む

女勇者「お金ない」女戦士「体で稼ぐか」女僧侶「体!?」女賢者「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 04:39:08.30 ID:Fqesia4H0

勇者「次の町の宿代も怪しいなぁ」

戦士「そうだな」

僧侶(体……体って……)


客『いいケツしてんなぁ。もっとみせろ』

僧侶『みないで!!私の大きいお尻みないで!!』


僧侶「やだ……お尻……みられちゃう……」

賢者「……」



続きを読む

女騎士「今日は休日だしテレビでも・・・」テレビ「ジャーパネットジャーパネット♪」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:58:54 ID:9Sc

テレビ 「夢のジャパネットたかたー♪」 タラリラタラリラン♪

女騎士 (ん? なんだ通販番組か。 暇だしちょっと見てみるかな)

___________________


高田 「さあ皆さん! 今日はですね、このオークメカを衝撃の特価でいきましょう」

女 「はい、お付き合いください。 ・・・魔王ブランドのオークメカ、 『Oh!クちゃん 956型』 をご紹介したいと思います!」



続きを読む

王「我が息子の結婚相手は勇者にしようそうしよう」勇者「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 08:51:37.80 ID:yrDUVi6O0

謁見の間

王「よく来たな、異国の勇者よ」

勇者「どうも。はじめまして」

王「魔王を倒してすぐに呼び出すのもどうかと思ったのだが、すぐにでも話しておきたくてな」

勇者「なんでしょう?」

王「我が息子、つまり王子と婚姻の儀を交わして欲しいのだ」

勇者「え?」

王「お前ほどの美貌、資質。どれをとっても未来の妃に相応しいと思う」

勇者「あの……僕、男なんですけど」

王「え?」

勇者「え?」



続きを読む

妹「これはどういう冗談で?」兄「お前が手錠を掛けたんだろうが!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:25:05.03 ID:H7MJ2rYQ0

妹「それはそうですが……何故、手錠で繋がれているのが兄さんにの右腕と左腕ではなく、私の腕と兄さんの腕なんですか?」


兄「お前が無理やり掛けようとしたからだよッ!」

妹「それを言うなら兄さんが暴れるからいけないんじゃないですか。実の妹に手錠掛けるなんて、どんなプレイですか」

兄「オレはノーマルだよ!? というかコレどうするんだよ!」

妹「話を変えないでください。素直に妹に手錠掛けて監禁プレイしたかったとか、縛りつけて陵辱プレイしたかったとか白状してください」

兄「冤罪だよッ!?」

妹「それと、どちらかというと監禁プレイの方がいいです。するのもされるのも」

兄「するの!? されるの!?」

妹「監禁されるし、します」



続きを読む

女友「ストーカー?」 女「うん」

SS速報VIP:女友「ストーカー?」 女「うん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560514411/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/14(金) 21:13:31.31 ID:a/wdoO5h0



女友「に、あってたの?」

女「うん」

女友「うわーやっぱあるんだ~そういうの…さすがモデル」

女「元、だけどね」

女友「今は運営してる側だもんね」

女友「ってか、もしや2年前に急に辞めちゃったのってそれが原因?」

女「あっううん、そのせいってわけじゃないよ。 関係なくもないけど」

女友「どういうこと?」

女「んと…」

女「ストーカーはストーカーでも、いいストーカーだったの」

女友「……はい?」

女「小学校のころからだったし」

女友「小学校!?」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1560514411




続きを読む

女騎士「くっ、私の尻に餅米を詰めろ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/22(土) 10:32:00 ID:QkxhzRTY

鳥「えぇ…」



続きを読む

勇者「うおおおおおおおりゃあああああ!!!」ドッパァァァァン

1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/29(水)00:05:28 ID:Xe1

側近「う、うぉぉぉぁーーーっ!!」グッチャア


シュゥゥゥウウウウ…………


武道家「やったか…?」


パラパラパラ……


バトルマスター「なっ!?まさか!」

戦士「いいや……まだだ!!!」

勇者「なにぃ!?」

側近「今のは効いたぞ…」

側近「次はこっちの番だ…」キュインキュインキュインキュインキュインキュイン…

バトルマスター「不味い!!でかいのが来るぞおおおおお!!!」

勇者「総員持てるだけの戦力を持って阻止しろおおおおお!!!!」

パーティーの皆「「「「了解!!」」」」

戦士「うおおおお!!!」ザ ゛シ゛ュ ゛

武道家「ジョイヤー!!」ド ゛コ ゛

バトルマスター「エ゛エ゛ エ゛ ゛エ ゛ イ゛! !」ズ゛ド゛ン゛

勇者「これでとどめだああああああ!!!」ズアッ!!

側近「なっ!?馬鹿な!!まだそんな戦力を隠して居たのか!!」

側近「ちくしょお・・・・ちくしょおおおおおお・・・・!!」グチャア




続きを読む

姉「もう、弟君ったらお弁当忘れてる…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/05(火) 00:08:53.35 ID:GJyuANrH0

姉「届けてあげないとな」

姉「弟君のクラスに行けるんるん♪」

ガチャ、ダッダッダッ

弟「あーやべ弁当わすれた」

姉「」




続きを読む

妹「私も、お兄ちゃんのこと好きだよ。大好きだよ。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/21(水) 14:59:34.81 ID:MD/EtucQ0

兄「妹…。」

妹「お願い…。お兄ちゃん、一緒に初めて、しよう?」

















母「ワタクシ、只今大変なものを目撃しておりますwwwwwwwwwwwwwww」

父「実況は私父、そして、感想は母でお送りいたします」

母「近wwwwwww親wwwwwwwwww相wwwwwwww姦wwwwwwwwwwwwwww」

父「そうですね、法的には認められない恋、ということですが…。果たしてどう出るのでしょうか。」

母「親不孝者どもめwwwwwwwwwwwwww母さん悲しいwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

父「確かに、複雑な心境です。しかし、彼らもそれぞれ思い悩んでの結論でしょう。さて、まもなくベッドインです」




続きを読む

妹「兄さん…そろそろ寝ません?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:22:05.72 ID:vyYUY26X0.net

妹「明日…今日はわたしといっしょにお出かけしてくれるって言ったじゃないですか」

妹「お昼過ぎまで寝てしまってはデーt…お買い物の時間が減ってしまいます」

妹「ねぇ兄さん、わたしの方を向いて下さい。いつもみたいに」

妹「ふふっ…いいですよ、ぎゅーってしてください」

妹「兄さん…わたし、あのワンピースを着ていきますよ。兄さんが去年の夏に買ってくれた」

妹「もう、しっかり着れますよ、兄さんはわたしのカラダのこと…いちばんわかってるはずです…」

妹「楽しみだな…最初に駅ビルに入った服屋さんにいって、お昼は、どうしますか?」

妹「そのあとで映画を見ましょう。兄さんが見たいって言っていたの、私もみたいです」

妹「そのあとは……兄さん、寝ますよ。寝てください」

妹「………しょうがないですね…」

チュッ



続きを読む

魔王「タララッタンッ タラララ タンタンタン」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/31(金) 20:07:57 ID:ghscN1n6

魔王「タラタララララ ラララ タララララ」

国王「まさか、我等の初対面がこうなろうとは」

魔王「タララッタ タラララ ランランラン」

国王「貴殿にとっても意外であったろう?」

魔王「タラタララララ ラララ タララララ」

国王「ふ、今考えることではないな」

魔王「タララッタンッ タラララ タンタンタン」

国王「互いにこの時を楽しむとしよう」



続きを読む

妹「ぱんつを穿いたままおしっこですか……?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/26(水) 23:42:06.68 ID:NN18Fcdm0.net

妹「それっておもらしですよね?」

兄「違う、お漏らしは事故だ」

妹「ふむ?」

兄「つまりトイレに行ける状況であるというのにもかかわらず、あえてぱんつを穿いたままおしっこをするというところに意味があるんだ」

妹「で、それがどうしたんですか」

兄「やってみてくれ」

妹「嫌です」

兄「一生のお願い」

妹「こんなところで使うんですか、一生のお願い」

兄「まぁおしっこ見れるならいいかな」

妹「さようなら兄さん」

兄「どこいくの?」

妹「トイレです、ついてこないでくださいね」

兄「じゃあ先にトイレで待ってるわ」

妹「死んでください」



続きを読む

オーク「へっへっへ」女騎士「なにを笑ってる豚」

1: 罵倒女騎士ちゃん 2015/07/30(木) 21:19:54 ID:Gdkt77m6

オーク「笑いもするさ…こっちは丸裸で鎖につながれてよぉ。拷問なんていまどき流行らねーぜ」

衛兵「貴様!毎度、毎度…このお方は我が帝国の第一師団団長、女騎士様であるぞ!
いい加減にそのふざけた態度を…」

女騎士「よい。下がれ」

衛兵「しかし……」

女騎士「こんな二足歩行と話せるだけが取り柄の肉の塊に、誇り高き我が帝国兵が声をあらげるなどもったいないことだ 」

オーク「へへへっ。おら、女騎士様もこう仰って」

女騎士「勝手な発言を控えろゴミが。豚面もふせてろ気持ち悪い」

およそ女性が発するには、想像に難い口汚さだ。
長麗な黒髪をたたえた小柄な顔には、柳のような眉と切れ長の目が輝いている



続きを読む

妹「えっちになればなるほど硬くなるもの………??」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/21(金) 19:27:35.12 ID:4101Z5dGK.net

妹「ふぇぇ…」

こいつは妹
いつもバニーガールの格好をしてる小学5年生

先生「早く答えろ 殺すぞ」

こいつは妹の担任

妹「わからないよぉ…」

先生「答えないと他の教師たちといっしょに嫌がらせするからな」

妹「そ…そんなぁ…グスン」

先生「あと5秒」

妹「おちんちん………」

先生「ククク…」

妹「ふぇ?!」

先生「バァーーーカ!!違ェよ!!この淫乱女ッ!!」

妹「ふぇぇ?!」

先生「ちなみにこれはインターネットで生中継されてるからな」

妹「ふぇぇ…恥ずかしいよぉ…」



続きを読む

男「明日死ぬ彼女に向けて」

SS速報VIP:男「明日死ぬ彼女に向けて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560223562/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/11(火) 12:26:02.67 ID:8Kxlpx7EO

「どういう自分になりたい?」

 きっかけは、気まぐれの一言だった。いや、彼女はわざとこんなことをいったんだろうか。
 幼年期の、少しだけ分別が付き始めた頃。
 アリの死骸を見つけたら、悲しくなるということをわかり始めた頃。
 相手が嫌な気もちだと、自分も嫌な気持ちになるんだと、気づき始めた頃。
 当時、僕らはまだ、七歳だった。

「すごいひとになりたい」

 すごいひと。漠然とした、子供のふわふわした思考。

 子供の頃、世界はもっと狭いと思っていて、周りが幸せなら、世界全体は幸福だと思っていて。
 不可能なことはなかった。世界とは、自分のもので、自分そのものだった。

 ――願えば、なんでも叶うと、思っていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1560223562




続きを読む

村人女「あっ!そのタンスは調べないで下さい!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/02(土) 20:40:33.07 ID:KE+xOgJg0

勇者「いえ、調べます。なぜなら勇者だからです」

村女「勇者様でも駄目です!」

勇者「勇者には、他人の所有物を調べてもいいという、国からの許しがあります」

村女「でもそこだけは駄目ですっ!こっちのツボならいいですから!」

勇者「そのツボは昨日の夜調べました。1Gでした」

村女「夜も来たんですか!?」

勇者「はい。ただタンスを調べるのを忘れたので、また来たのです」

村女「何も入ってませんよ!本当です!」

勇者「では、調べてもいいでしょう」

村女「だ、だから駄目って……」


勇者はタンスをしらべた!

エッチな本を手に入れた!

村女「あ……」


・・・ふぅ、何だこれ



続きを読む

兄「さて風呂入って寝るか」妹「では私も」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:57:51.78 ID:tECQ0mLLO

兄「へ?」

妹「あ、兄さん。着替えは隣においているので持ってこなくていいですよ」

兄「まてまてまて、お前は俺と一緒に入るというのか?」

妹「ええ、そうですけどそれがなにか?」

兄「…裸見られてもいいのか?」

妹「兄妹ですから別に構いません」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Fate/Grand Order セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]&キュイラッシェ・ノワール 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥16,757から
(2019/3/10 15:15時点)