ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ジャン

クリスタ「覗かれた」ユミル「犯人は誰だ!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/05(木) 22:56:37 ID:VYa3RSoc



クリスタ「私ね、昨日トイレで用を足してたらさ」

エレン「おう」

アルミン「えっ!?」

ユミル「ちょっと静かにしろ」

クリスタ「何か視線を感じるなぁ・・・と思って周りを見渡したんだって」

エレン「それで?」

クリスタ「上の隙間を見ても何もないし・・・それで下の隙間を見てみたらね」

アルミン「うん・・」

クリスタ「私の方を光で反射した両目がジーッと見つめていたんだって」

アルミン「うわっ・・・」



続きを読む

ミカサ「サンタの服は...何故赤いと思う?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 17:05:52 ID:Vx3D1BaA

ミカサ「答えて」

ジャン「.....くっ!行かせねぇ!エレンの部屋には行かせねぇぞ!!」

ミカサ「そう....残念」

ザシュ!!

ジャン「ぐわぁああああ」



続きを読む

ジャン「お前ら・・・所属兵科は何にするか決めたか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/20(月) 19:39:40 ID:biNF33ys

ジャン「オレは決めたぞ」

ジャン「オレは・・・」

ジャン「・・・」グググ

ジャン「オレは・・・」

ジャン「憲兵団になる」ポイッ

マルコ「」サラサラ



続きを読む

クリスタ「訓練所で一番いい男子!」

関連



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:14:43 ID:lwJCS1/6

今回もすぐ終わるよ。
多分

クリスタ「私たちも決めよう!」フンス

アニ「バカバカしい…。」

ユミル「ま、面白そうじゃん?」ニシシ

ミカサ「エレンに決まってる…。」フンフン

ミーナ「えー…。」



続きを読む

エレン「訓練所で一番いい女。」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 01:40:46 ID:kR8M9yjQ

すぐ終わるよ、多分。

エレン「さて…。」カッ

ジャン「ついにこの時が来たか…。」

ベルトルト「全く、遅すぎた感じも否めないね…。」

ライナー「ふっ…、なんと言おうと結果は決まっているがな…。」

アルミン「御託はいい、さっさと始めよう。」

マルコ「そう焦るなよアルミン。」

エレン「それでは只今より…。」

一同「「「…。」」」」ゴクッ…

エレン「訓練所で一番いい女を話し合いで決めよう…。」ゴゴゴゴゴゴゴゴ



続きを読む

アルミン「エレンの童貞が奪われた!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 19:52:00 ID:T2PiiewU


ジャン「ああ……そうらしい」


アルミン「くっ……ジャン、現場に案内してくれ」



倉庫裏



アルミン「な…なんてことだ……」



そこには彼の親友であるエレンが、下半身丸出しで仰向けに横たわっていた 
さらに、彼のイェーガーはまだ熱を持っており、勃起したままだった



エレン「ァ……ァァ………」ビクン ビクン



続きを読む

エレン「進撃の調査兵団総務部」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/11(水) 17:17:23 ID:4l6Ybb.A

※ちょっと前に思いついたネタです。言い出しっぺの法則
※トロスト区奪還→各兵団入団後のおはなし。
※クレタ人はうそつきです



続きを読む

アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」

1: ◆3s.o9hGMaw 2013/11/10(日) 14:49:25 ID:xcXPmFVk

ミカサ「アニ、ちょっといい?」

アニ「…なに?」

ミカサ「今日の格闘術…あんなやり方をしたらエレンが怪我をしてしまう」

アニ「…」

ミカサ「もっと優しくやってほしい」

アニ「…それじゃあ訓練にならないだろう?」

ミカサ「でも、エレンが怪我をしたら…」

アニ「まともに受身も取れないようじゃ、兵士になんてなれないさ」

ミカサ「…」ギロッ

ミカサ「…エレンに怪我をさせたら赦さない」

アニ「…ハァ。あっそ」スタスタ

アニ(………)



続きを読む

アルミン「わかったよエレン、それは妖怪の仕業だ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 00:24:31 ID:RcJSGSYQ

――男子寮――


エレン「zzz…………」パチリ

エレン「…………」ムクリ

エレン「美味そうなメシの匂いがして昼寝から覚めたら、腹にかけた覚えのない毛布が」

エレン「炊いた覚えのない蚊取り線香も」

エレン「窓には直射日光を遮る緑のカーテンが」

エレン「……またあいつの仕業か」



続きを読む

ベルトルト「産まれてきて本当に良かった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 19:37:10 ID:wez8koTQ

エレン「あー年末だからって一日大掃除とか、そんなことさせるくらいなら訓練させろよ」

ミカサ「そんなこと言っても仕方ない、それに身の回りを整理するのは大切」

アルミン「そうだよ、まあちょっとした息抜きだと思えばいいじゃない」

エレン「けどよ…」

ジャン「ぐちぐち言ってる暇あったら手を動かせよ」

エレン「ああ?ちゃんとやってるだろうが!」

ジャン「そうか?さっきから愚痴ばっか言ってるようにしか見えねえけどな!」

エレン「ケンカ売ってんのかてめえ!」

ジャン「売ってねえよ馬鹿が!!」

アルミン「や、やめなよ二人とも!」



続きを読む

エレン「お前ら、ナニヤってるんだよ!」

1: ◆GYnj2iSHgw 2013/10/25(金) 22:49:00 ID:YE3giQ/Y


エレン「はぁ、暇だな。ミカサもアルミンも掃除当番かよ」テクテク

エレン「心配だな。ジャンも同じ当番らしいし」テクテク

エレン「確か、掃除場所って『第一倉庫』だったよな・・・あ、ここじゃん」

エレン「・・・別に掃除を手伝うくらい良いよな? よし」ソーッ

『ひゃっ!? もう止めて・・・ひっ、ちょっ、あぁ!』

エレン「」

エレン(え? なにこの声?)

『そこは・・・ダメだっ、てばぁ・・・』

エレン(何で喘ぎ声が聞こえんだよ!?)

『あっ・・・うぅ・・・』

『止めてほしいのなら、やり返せば良い』

『そ、それはっ』

『出来ない? アルミン』

エレン(ってアルミンかよぉぉぉ!?)



続きを読む

エレン「ユミルと結婚する」ユミル「エレンを殺す」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 21:31:16 ID:DWfxWJBw

エレユミ「……には、どうすればいいと思う?」

ミカサ「……」

エレン「なあミカサ。オレ、ユミルと結婚したいんだけど」

ユミル「なあミカサ。私、エレンを殺したいんだけど」

エレユミ「どうすればいいと思う?」

ミカサ「……」

ミカサ「……なぜ、私に聞くの?」

エレン「だってミカサ以外の女にこういうこと聞きづらいし」

ユミル「エレンのことはお前が一番分かってるだろ」

ミカサ「……」



続きを読む

サシャ「何ですか、それ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 00:03:26 ID:w7SGcNyQ

ミカサ「本」ペラ

サシャ「それは見たら分かりますよ。私はどんな内容なのか聞きたいんです!」

ミカサ「…サシャに内容が理解できるだろうか」

サシャ「なっ…そこまで馬鹿じゃないですよ!」プン!

ミカサ「それは悪かった。これは推理小説」

サシャ「へえ、ミカサも推理ものなんて読むんですね。面白いんですか?」

ミカサ「アルミンから借りた。意外と面白いし、読みやすい。サシャでも読めるかもしれない」ペラ

サシャ「そう言われると、少し読んでみたいです」

ミカサ「私はもうすぐ読み終わる。ので、次にでもアルミンに借りるといい」

サシャ「そうします!」



続きを読む

ジャン「よう、死に急ぎ野郎」

SS速報VIP:ジャン「よう、死に急ぎ野郎」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/20(日) 23:35:39.57 ID:BBGznOO+0


なんだぁ、そのツラは?

俺が来たら悪いってのかよ。

ったく、毎日毎日飽きもせず隣にミカサを侍らせやがって。

その上、お前に一目会いたいって物好きが後を断たないそうじゃねえか。

いいご身分だな、英雄さんよ。

……つうか実際のとこ、ミカサに会いに来てるようなもんなんだぜ、俺はよ。

じゃなきゃこんなとこ、誰が好きこのんで来るかってんだ。

ようミカサ、こいつに飽きたらいつでも俺のとこに……

冗談だよ、そんな顔すんなって。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382279739




続きを読む

アルミン「その厄、もらってあげようか?」

1: ◆Ey/GY3HtXQ 2013/10/19(土) 17:02:54 ID:IWyDQLRw

―立体機動訓練―

エレン「よし!これで10体目!」ザシュ!

ミカサ「(ああ…今日もエレンは輝いている…)」ズバッ!

ジャン「クソ!立体機動はオレの方が上手いはずなのに…」

ライナー「撃破数で点数が決まる訓練だからな。移動が速くても標的を先に見つけられなかったら意味無いぞ」

ジャン「それにしたっておかしいだろ!あの死に急ぎ野郎もう二桁だぞ!?なんでいつもいつもあいつの行く先には誂えたかのように模型があるんだよ!ズルしてんじゃないのか?!」イライラ

ベルトルト「ははは…エレンがそんな卑怯なことするとは思えないけど…」

ライナー「まあ、運が良いやつなんだろ。そういう奴はいる。神様にでも気に入られてるんじゃないか?」



続きを読む

ジャン「どうしたんだ?」ミカサ「寒い」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/18(金) 22:49:34 ID:SOHUgS0I

ジャン「クリスマスは」ミカサ「空いている」の続き

前回同様
オマケに少しのユミクリ付き



続きを読む

ジャン「こっちのテメェは巨人じゃねぇんだな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 23:28:42 ID:RDrXX8BY

このスレを開いてくださった全ての人達には申し訳ありませんが、ホモ要素はありません。

エレン達が内地の大浴場(温泉)に行く話です。
書き溜めはあんまりないんで少しずつ進めていきます。



続きを読む

ユミル「ミカサァァァァ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 22:49:15 ID:2OlW/Rz6


ミカサ「どうしたの?」


ユミル「マルコもいるな……よし、聞いてくれ」


マルコ「どうしたのかな?」


ミカサ「どうぞ」


ユミル「…………」


ユミル「ウチのクリスタ……マジ天使」


マルコ「……」


ミカサ「……」



続きを読む

ジャン「クリスマスは」ミカサ「空いている」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 21:14:18 ID:PmHECcio

ヤマなしオチなしss
オマケで少しユミクリ



続きを読む

コニー「あっあれは」サシャ「お肉!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 00:24:21 ID:RR7T.Mdc

コニー「休日ってなんもすることないよな~」ダラー

サシャ「対人格闘の訓練でもします?」グテー

コニー「…休みの日くらいゆっくり休もうぜ」ダラー

サシャ「さっきなんもすることないって、言ってましたよね」グテー

コニー「訓練となると話は別だろ。どうしても教官を思い出しちまうからな…」

サシャ「確かに…」

サシャ「ふああ…」

コニー「ねみぃ…ZZZ」

サシャ「ん?」ビクッ



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)