ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ステイル=マグヌス

【とある魔術の禁書目録】上条「インデックスがヤらせてくれないから」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 08:38:32.11 ID:Hnbt01yI0

上条「インデックスがやらせてくれないだからやらせてくれ一方通行」

一方「・・・」ピッ

上条「待て待て、なぜチョーカーにスイッチ入れる」

一方「テメェがわけわかンねェこと言うからだろォが」

上条「おれは本気なんだぜ一方通行。お前が男でも女でも関係ねぇ!
男だろうが女だろうがヤっちゃいけねぇ道理なんてこの世に存在しないんだよ!
いいか?一方通行。穴が有ったら挿す!それが男ってもんだろ!?
つまんねぇ常識に囚われてンじゃねぇ!ヤるべきときは今なんだ!!」

一方「・・・ッハ!?(しまったコイツの言葉には何故か聞き入ってしまい「そうかもしれない」ってどうしても思っちまう・・・ここは逃げるが勝ちだ)」
キュピーン

音速の二倍の速さで一方通行は逃げた

上条「一方通行ァァァ!!くそ・・・俺はどうしたら・・・!」

浜面「・・・ん?よう、大将。なにしてんだこんなとこで?」



続きを読む

絹旗「滝壺さん、フ○ラ上手くなってませんか?」滝壺「うん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 18:36:49.04 ID:RzuXTPF+0

滝壺「毎日しゃぶらせてるから。ね、はまづら?」

浜面「ふぁい、じゅぽじゅぽ」

絹旗「ふぅ、いいですね・・・」

滝壺「きぬはたのおちんちんはわたしのより大きいからはまづらも気合いれないとね?」

浜面「んっ」コクコク

絹旗「アナルはどうなんですか?」

滝壺「それももちろん開発済み、わたしのおちんちんでたっぷりと・・・」

絹旗「それは楽しみですね」ニヤリ



異論があるなら聞こうか



続きを読む

【とある魔術の禁書目録】インデックス「ねぇ。…貴方、誰?」ステイル「……ぼ、くは」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/29(月) 20:58:13.00 ID:tcEitCij0

たったらまったり書く


倫敦の街を覆う霧はいつになく濃かった。

現在の時刻は深夜三時。

魔都・倫敦は眠りについたまま。

普段ならば人通りの多い道路も、今だけは異様な静けさに包まれる。

パチパチ、と時折点滅する外灯の光が目に痛くさせる。

霧のせいでうっすらとぼやける視界。

微かに漂う苦味のある匂いに気がついて、

誰にも気づかれないように息を潜めていた少女がゆっくりと振り返る。

「ねぇ……貴方、誰?」

振り返った先に佇んでいたのは、炎のように真っ赤な長髪が印象的な、黒衣の神父。




続きを読む

ステイル「よく考えてみると、神裂の服装は性的すぎるな……」

SS速報VIP:ステイル「よく考えてみると、神裂の服装は性的すぎるな……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422369705/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 23:41:45.79 ID:F78mfcEJ0

ステイル「術式の構成だとか魔術的意味合いだとか言っているが……」

ステイル「あそこまで性的なものにする必要はあるのか」

ステイル「ふう……」

ステイル「あれでは必要悪の教会全体の男性諸君と一部の女性の煩悩を呼び起こし、風紀が乱れてしまう」

ステイル「一刻も早くやめさせなければね。邪な感情を彼女に持つ者も現れてしまうかもしれない」


ステイル「神裂は……見つけた」

神裂「ステイル? どうかしたのですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422369705




続きを読む

上条(近くて遠い……)

SS速報VIP:上条(近くて遠い……)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1346254115/



1: 1年目 2012/08/30(木) 00:28:35.19 ID:TcMFR9TAO







近くて遠い……





手が届かない




ごめんな……お前は泣いている?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1346254115




続きを読む

美琴「ブログでポエムか・・・」上条「お、ビリビリもブログやってんのか」

SS速報VIP:美琴「ブログでポエムか・・・」上条「お、ビリビリもブログやってんのか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408321973/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 09:33:03.12 ID:t+Jl7WK50

美琴「前々からちょーっとだけ興味あったのよね」スッスッ

黒子「お姉さまスマホにかじりついてどうかしたんですの?」

美琴「へっ!? な、何でもないわよっ」アセアセ///

黒子「そうですの……?(これは何かあった時の反応!)」

美琴(知り合いに見られたら死ねる自信があるわ…)

美琴「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408321973




続きを読む

インデックス「とうま、お年玉ちょうだい」

SS速報VIP:インデックス「とうま、お年玉ちょうだい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388512503/



1: ◆rGWtBbxeWM 2014/01/01(水) 02:55:03.53 ID:EKYFSYrz0

上条「さぁ、お汁粉が出来たぞインデックス」

インデックス「ねぇとうまとうまー、お年玉ちょうだい」

上条「...ほらほら、白玉も入ってるぞー。早く食えよインデックス」

インデックス「ねぇ、お年玉....」

上条「食わねぇのか?だったら食べちまうぞー」

インデックス「とうま!お年玉ちょうだい!!」

上条「......」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388512503




続きを読む

上条「ふぇぇ…不幸だよぉ…」

SS速報VIP:上条「ふぇぇ…不幸だよぉ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414510250/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/29(水) 00:30:50.67 ID:Nnhht3u4O

上条「ふぇぇ…布団干すよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…お腹すいたよぉ…」

上条「ふぇぇ…ベランダに何かいるよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…お腹すいたって言ってるんだよぉ…」

上条「ふぇぇ…なんか図々しいよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…私の名前はインデックスっていうんだよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…悪い魔術師から逃げてんだよぉ…」

上条「ふぇぇ…魔術師とか痛いこと言ってるよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…超能力者のくせに魔術師を信じないよぉ…」

上条「ふぇぇ…学園都市の超能力は科学だよぉ…オカルトじゃないよぉ…」

インデックス「ふぇぇ…それならこの歩く教会を右手で触ってみればわかるよぉ…」

上条「ふぇぇ…ふぇぇ……」ぺち…

ぱきーん ばさっ

インデックス「ふぇぇ…裸見られたよぉ…」

上条「ふぇぇ…ちっぱいだよぉ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414510250




続きを読む

テッラ「おのれ後方のアックア殺してやりたいですねー!」プンプン!

SS速報VIP:テッラ「おのれ後方のアックア殺してやりたいですねー!」プンプン!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373897128/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 23:05:29.03 ID:f9190DDD0

テッラ「さて、どこにいるのやら」

テッラ「思想の違いだけであっさり殺してくれちゃって、まー」

テッラ「見つけ次第殺してやりますよ」

テッラ「とりあえず学園都市にでもいきましょうかねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373897128




続きを読む

御坂「大いなる力には、大いなる責任がともなう」

SS速報VIP:御坂「大いなる力には、大いなる責任がともなう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374222483/



1: 1 2013/07/19(金) 17:28:03.95 ID:9iRlqZFw0

とあるシリーズ×アメコミ クロスSS

御坂「親愛なる隣人」

御坂「とある科学の蜘蛛超人(スパイダーマン)」

 の続編です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374222483




続きを読む

インデックス「とーま、私のこと好き?」 上条「なわけねーだろ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/24(水) 16:35:56.28 ID:lk6A8jKn0


インデックス「そんなぁ…」ジワ

上条「お前の事は"好き"じゃない」

インデックス「シュン…」

上条「"大"好きだ」

インデックス「え…?」

上条「インデックスぅ」ギュゥ~

インデックス「わわわ////、とーまぁ…」カァァ

上条「…お前は俺のこと…好きか?」

インデックス「フルフル」

上条「! じゃ、じゃあ大好き、か?」

インデックス「フルフル」

上条「ガーン」

上条「…そうか…」ショボ

インデックス「とーまのことは…」

インデックス「愛してる」テレ



続きを読む

上条「バンドやりたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/05(水) 20:46:03.37 ID:TIPo9yTd0


【とある高校@昼休み】


上条「…と、言うわけで一緒にやろうぜ!」

青ピ「はい?」

土御門「突然なに言ってるぜよ、カミやん」

上条「上条さんはバンドがやりたいって言ったんですよ。聞こえなかったんですか?」

土御門「いや、聞こえてたからこそ聞き返したんだにゃー」

青ピ「なんやなんや!またカミやんは新しいフラグでも立てる気かいな!」

上条「なぜそうなる」




続きを読む

ハルヒ「おなかがすいたわ」上条「帰って」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:07:34.75 ID:9ZePhL2M0

―夕刻の学園都市

上条「ただいま~インデックス~」ガタン

上条「ってまたいないのか」

上条「それよりさっさと干しといた布団取り込むか…」

上条「夕立とか降る前に…」ガラッ

上条「」

ハルヒ「zzz」

上条「…」

上条「また見知らぬ客人か…」ハア



続きを読む

上条「今日から『とある魔術の禁書目録』の収録再開か!」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:43:54.76 ID:hpm4UHF30

上条「またオーディションに落ちた…ふ、不幸だ」

社長「すまんな上条…お前はこれからっていう役者なのに…!
    この会社が弱小プロダクションなせいで…!満足に仕事ももぎ取れん…!」

上条「そ、そんなことないっすよ社長!“某事務所”のアイドル――
    一方通行をガチ殴りしたのは俺ですし…自業自得ってやつっすよ」

社長「そういった面でフォローできなくて何が社長だ…!何がプロダクションだ…!」


上条「社長…俺もっと頑張りますよ!オーディションは山のようにありますし」


社長「上条…」



続きを読む

上条「『とある魔術の禁書目録』か…オーディションを受けてみよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 11:05:43.76 ID:ybvBJQF30

上条「俳優業を志して早一年。やっともぎ取った仕事も端役ばかり…不幸だ」

上条「何かいい仕事は無いだろうか…ん?」

上条「何ですかこの仕事は!?端役でも破格の収入ですよ?」


上条「『とある魔術の禁書目録』か…オーディションを受けてみよう」



続きを読む

インデックス「おねしょしちゃったんだよ…」 上条「貸しなさい」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/15(火) 17:34:20.09 ID:vwPRZ7vzO

上条「ほらよ、ステイル」ぽいっ

禁書「あっ!なにするのとーま!!」

シュボッ

上条「ほら、乾いたぞ。ステイルにありがとうしなさい」

禁書「ありがとーなんだよ、すている!」ハキハキ

ステイル「/////」ポッ



続きを読む

上条「一緒に帰ろう、インデックス」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/19(金) 23:37:02.73 ID:14Imd/CE0


「まったくもって…厄介だね」

第23学区の空港から、目的地である
第7学区へ向かう無人バスの中で、
ステイル=マグヌスは一人呟く。
車内は禁煙なので、
噛み煙草を噛んではいるのだが物足りない。
ヘビースモーカーである彼にとって、バスでの移動時間は苦痛以外の何ものでもなかった。
ステイル=マグヌス。
イギリス清教必要悪所属の魔術師。
今回訳があってはるばるイギリスから学園都市にやって来たのだ。
煙草を吸えない気分を紛らわせようとバスの窓を少し開けると、
春の夕暮れ特有の柔らかい風が、
ステイルの赤い髪を揺らした。

(さて…"彼"はもう来ているかな)



続きを読む

上条「クリスマス…だもんな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 17:23:37.62 ID:HQvgLVSRQ

12月24日PM2:08

学園都市―
人口約230万人の内、学生が約8割を占める街。
どこの学校も冬休みに入ったこの時期、
街には至る所に学生が溢れていた。
明日はクリスマス。
あらゆる店はイルミネーションに彩られ、大音量でクリスマスソングを流している。
クリスマスという一大イベントに、
街も人も希望に満ち溢れているのだ。
"彼"を除いて。

「はぁー、何がジングルベルだよ…」

彼は賑やかな街を眺めて、大きな溜め息を吐く。
上条当麻―
どこにでもいる平凡な高校生。
ただ一つ、特殊な右手のせいで不幸体質という事を除けば、だが。



続きを読む

上条「しまった!ここは!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:15:52.04 ID:xk857w2n0

土御門「やばいぜいカミやん!こいつは男根尻穴肉祭り(うほっ、いい男たち)の魔術だ!」

上条「なんだって!?」

土御門「こいつが発動されると超能力や魔術なんかの異能の力はすべて打ち消されちまう」

上条「なら俺の幻想殺しで!!」土御門「無駄だ」

上条「え?」

土御門「連中は魔術的な装飾を施した人間を特定の位置に配置することで巨大な陣を作っている」

上条「俺の実家みてーなもんか?」

土御門「そういうことだ、こいつを幻想殺しでなんとかするには一瞬で全員を片付けなくちゃならない」

 ぐへへへ・・・・  ヒュー、いい体してるじゃねえかあいつ  辛抱たまらん・・



続きを読む

上条「神裂がメンヘラに?」 禁書「そうなんだよ…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:49:37.65 ID:Q+LLTwWp0

上条「メンヘラってなんだ?」

禁書「よくわかんないんだよ!食べ物かな?とにかくステイルが困ってるらしいんだよ!早くいかないと大変なことになるとかなんとかいってたんだよ」

上条「なんだそりゃ?っていっても旅費なんてねーぞ」

土御門「それならしんぱいないにゃー これで送っていってあげるぜい」ガラガラ

上条「うわ!送って行くってお前急にベランダから入ってきてなん・・・」

土御門「話してる暇はないにゃー 乗って乗って。じゃばいにゃー」

上条「もう・・・不幸だー」

禁書「とうまいっちゃったかも・・・・」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)