ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ステイル=マグヌス

インデックス「とーま、私のこと好き?」 上条「なわけねーだろ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/24(水) 16:35:56.28 ID:lk6A8jKn0


インデックス「そんなぁ…」ジワ

上条「お前の事は"好き"じゃない」

インデックス「シュン…」

上条「"大"好きだ」

インデックス「え…?」

上条「インデックスぅ」ギュゥ~

インデックス「わわわ////、とーまぁ…」カァァ

上条「…お前は俺のこと…好きか?」

インデックス「フルフル」

上条「! じゃ、じゃあ大好き、か?」

インデックス「フルフル」

上条「ガーン」

上条「…そうか…」ショボ

インデックス「とーまのことは…」

インデックス「愛してる」テレ



続きを読む

上条「バンドやりたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/05(水) 20:46:03.37 ID:TIPo9yTd0


【とある高校@昼休み】


上条「…と、言うわけで一緒にやろうぜ!」

青ピ「はい?」

土御門「突然なに言ってるぜよ、カミやん」

上条「上条さんはバンドがやりたいって言ったんですよ。聞こえなかったんですか?」

土御門「いや、聞こえてたからこそ聞き返したんだにゃー」

青ピ「なんやなんや!またカミやんは新しいフラグでも立てる気かいな!」

上条「なぜそうなる」




続きを読む

ハルヒ「おなかがすいたわ」上条「帰って」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:07:34.75 ID:9ZePhL2M0

―夕刻の学園都市

上条「ただいま~インデックス~」ガタン

上条「ってまたいないのか」

上条「それよりさっさと干しといた布団取り込むか…」

上条「夕立とか降る前に…」ガラッ

上条「」

ハルヒ「zzz」

上条「…」

上条「また見知らぬ客人か…」ハア



続きを読む

上条「今日から『とある魔術の禁書目録』の収録再開か!」

関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/28(日) 20:43:54.76 ID:hpm4UHF30

上条「またオーディションに落ちた…ふ、不幸だ」

社長「すまんな上条…お前はこれからっていう役者なのに…!
    この会社が弱小プロダクションなせいで…!満足に仕事ももぎ取れん…!」

上条「そ、そんなことないっすよ社長!“某事務所”のアイドル――
    一方通行をガチ殴りしたのは俺ですし…自業自得ってやつっすよ」

社長「そういった面でフォローできなくて何が社長だ…!何がプロダクションだ…!」


上条「社長…俺もっと頑張りますよ!オーディションは山のようにありますし」


社長「上条…」



続きを読む

上条「『とある魔術の禁書目録』か…オーディションを受けてみよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 11:05:43.76 ID:ybvBJQF30

上条「俳優業を志して早一年。やっともぎ取った仕事も端役ばかり…不幸だ」

上条「何かいい仕事は無いだろうか…ん?」

上条「何ですかこの仕事は!?端役でも破格の収入ですよ?」


上条「『とある魔術の禁書目録』か…オーディションを受けてみよう」



続きを読む

インデックス「おねしょしちゃったんだよ…」 上条「貸しなさい」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/15(火) 17:34:20.09 ID:vwPRZ7vzO

上条「ほらよ、ステイル」ぽいっ

禁書「あっ!なにするのとーま!!」

シュボッ

上条「ほら、乾いたぞ。ステイルにありがとうしなさい」

禁書「ありがとーなんだよ、すている!」ハキハキ

ステイル「/////」ポッ



続きを読む

上条「一緒に帰ろう、インデックス」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/19(金) 23:37:02.73 ID:14Imd/CE0


「まったくもって…厄介だね」

第23学区の空港から、目的地である
第7学区へ向かう無人バスの中で、
ステイル=マグヌスは一人呟く。
車内は禁煙なので、
噛み煙草を噛んではいるのだが物足りない。
ヘビースモーカーである彼にとって、バスでの移動時間は苦痛以外の何ものでもなかった。
ステイル=マグヌス。
イギリス清教必要悪所属の魔術師。
今回訳があってはるばるイギリスから学園都市にやって来たのだ。
煙草を吸えない気分を紛らわせようとバスの窓を少し開けると、
春の夕暮れ特有の柔らかい風が、
ステイルの赤い髪を揺らした。

(さて…"彼"はもう来ているかな)



続きを読む

上条「クリスマス…だもんな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 17:23:37.62 ID:HQvgLVSRQ

12月24日PM2:08

学園都市―
人口約230万人の内、学生が約8割を占める街。
どこの学校も冬休みに入ったこの時期、
街には至る所に学生が溢れていた。
明日はクリスマス。
あらゆる店はイルミネーションに彩られ、大音量でクリスマスソングを流している。
クリスマスという一大イベントに、
街も人も希望に満ち溢れているのだ。
"彼"を除いて。

「はぁー、何がジングルベルだよ…」

彼は賑やかな街を眺めて、大きな溜め息を吐く。
上条当麻―
どこにでもいる平凡な高校生。
ただ一つ、特殊な右手のせいで不幸体質という事を除けば、だが。



続きを読む

上条「しまった!ここは!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:15:52.04 ID:xk857w2n0

土御門「やばいぜいカミやん!こいつは男根尻穴肉祭り(うほっ、いい男たち)の魔術だ!」

上条「なんだって!?」

土御門「こいつが発動されると超能力や魔術なんかの異能の力はすべて打ち消されちまう」

上条「なら俺の幻想殺しで!!」土御門「無駄だ」

上条「え?」

土御門「連中は魔術的な装飾を施した人間を特定の位置に配置することで巨大な陣を作っている」

上条「俺の実家みてーなもんか?」

土御門「そういうことだ、こいつを幻想殺しでなんとかするには一瞬で全員を片付けなくちゃならない」

 ぐへへへ・・・・  ヒュー、いい体してるじゃねえかあいつ  辛抱たまらん・・



続きを読む

上条「神裂がメンヘラに?」 禁書「そうなんだよ…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 14:49:37.65 ID:Q+LLTwWp0

上条「メンヘラってなんだ?」

禁書「よくわかんないんだよ!食べ物かな?とにかくステイルが困ってるらしいんだよ!早くいかないと大変なことになるとかなんとかいってたんだよ」

上条「なんだそりゃ?っていっても旅費なんてねーぞ」

土御門「それならしんぱいないにゃー これで送っていってあげるぜい」ガラガラ

上条「うわ!送って行くってお前急にベランダから入ってきてなん・・・」

土御門「話してる暇はないにゃー 乗って乗って。じゃばいにゃー」

上条「もう・・・不幸だー」

禁書「とうまいっちゃったかも・・・・」



続きを読む

上条「インデックス~、きのこの山買ってきたぞ~」

1: 01/33 ◆11111111RI 2010/02/22(月) 19:43:49.99 ID:n+g6KLFPP

インデックス「…え?そこは普通たけのこの里でしょ、とうま?」

上条「あのな…まったく、インデックスは全然きのこの山の事を分かっちゃいねぇな…」

インデックス「分かるもん!これはどちらの味も知ってての結論だよ!?とうま!」

上条「ならばこそ、きのこの山に結論が至らないのはおかしい!」

インデックス「むー!これは私の持ってる10万3000冊の魔道書にも書いてある事なんだよ!?」

上条「魔道書にたけのこの里の事なんて書いてあるわけねーだろ!」

インデックス「あるもんー!サクサクがおいしいって書いてあるんだもんー!」

上条「…はぁ、インデックス。お前サクサク厨だったのかよ…」

インデックス「そう言うとうまはどうせ、バランス厨なんでしょ!?」

上条「あのチョコレートとビスケットの黄金比こそ、至高の逸品なんだろーが!」

インデックス「うわ!キモ!低学歴のくせに黄金比とか言っちゃってる!?」

上条「うっぜええええええええ!言ったな!だったらどっちが正しいか勝負しようぜ!?」

インデックス「いいよ!多数決…だね!?」

上条「あぁ!【きのこ派】と【たけのこ派】、より多い支持者を集めた方が勝ちだ!」

インデックス「絶対に………私が勝つんだよ!」



続きを読む

上条「本当にただの高校生です」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 10:53:42.95 ID:EQSpji6T0

上条(ま、右手は幻想殺しなんだけどね)



続きを読む

ステイル「ふむ、連立方程式か…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 18:34:02.91 ID:BXZgYhVT0

ステイル「あの子のことは上条当麻に任せているものの…不安だな」

ステイル「僕も学園都市で暮らすとするか」

ステイル「だがそのためには学校に行かなければならないのか…」

ステイル「能力開発はするつもりないが、その辺は土御門に任せておけば問題ないだろう」


―数日後―

土御門「お前が柵川中学に入ることが決まったぜい! 転入前に教科書予習した方がいいぜよ、じゃあ頑張れにゃー」

ステイル「何から何まですまないな。どれ、教科書を見てみるか…」

ステイル「英語は…問題ないな。僕は英国人だからね」

ステイル「国語も…日本語ペラペラだから大丈夫だろう」

ステイル「さて、数学…」

x + y = 8
3x + 2y = 19

ステイル「…………」

ステイル「x = 4、y = 4か…? いや、そうすると下の式に合わない…」

ステイル「…なんだこれは……!」



続きを読む

インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/28(日) 00:38:43.48 ID:hmPYESVs0

一方通行「人ン家のベランダに勝手に入り込んだ挙句ナニをのたまってやがるンだァこのガキは?」

インデックス「あれ? 日本語がおかしかったかな? あ、その髪の色、もしかして日本の人じゃなかったりする?」

一方通行「……俺をおちょっくてンのかテメエ?」

インデックス「ぎぶみーちょこれーと!」

一方通行「……俺をおちょくってンだなテメエ」



続きを読む

黒子「私のお姉様がこんなにエロいわけがない」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 00:25:42.65 ID:aaokcVaZO

黒子「はぁ…。憂鬱ですのね」

初春「どうしたんですか白井さん?」

黒子「どうしてお姉様はわたくしの愛に応えてくれないんでしょうかねぇ」

佐天「だって白井さん達女の子じゃん?」

黒子「関係ありませんのよ!欧州では同棲生活は寛大に認められてますもの!」

佐天「へ、へーそうなんだ…」

初春「それじゃ他に好きな人がいるんじゃ?」

黒子「ふむ…そんな訳ないとは思いますが」



続きを読む

上条「ガツガツムシャムシャ」禁書目録「とうま、少し痩せようか」

SS速報VIP:上条「ガツガツムシャムシャ」禁書目録「とうま、少し痩せようか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375710800/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 22:53:20.64 ID:QUh9+Z7B0

上条「あん?別に良いだろ」ムシャムシャ

禁書目録「最近太ってきてるよ……ていうかシャツがピチピチだし」

上条「おっと、補習の時間になっちまうな、着替えよう……あれ?」グググ

禁書目録「シャツのボタンが届いてない!!!」

上条「ふぬぬぬ!!」ブチブチ

禁書目録「ちょ!?ボタンちぎれたよ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375710800




続きを読む

禁書「お腹がすいたんだよ」レベル5勢「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/07(月) 19:45:34.25 ID:4B/LpHnQ0

禁書「お腹すいた・・・」プラーン

一方通行「」
垣根「」
美琴「」
麦野「」
軍覇「何だ何だ?ベランダに干してる布団が喋ってるぞ!」

禁書「ねえ」

美琴「え、えっ?」

禁書「お腹すいたって言ってるんだよ?」

一方通行「は、はァ!?」

軍覇「喋れるなんて根性ある布団だなお前!」バシバシ

禁書「痛い、痛いんだよ!」

みたいなのだれか頼むんだよ



続きを読む

上条「暇だから、誰かにメールしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 22:12:43.13 ID:QZS/+BQs0

上条「さて、誰にしようか」

>>3 



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 22:14:37.53 ID:e1YjXQvd0

アックア



続きを読む

上条さん(ハードボイルドボイス)「……すべて俺の責任だ」

SS速報VIP:上条さん(ハードボイルドボイス)「……すべて俺の責任だ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280981801/



1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/05(木) 13:16:43.20 ID:fHDkjioo

市街地

大衆「と”~う”~ま”~」

上条さん「すまない……みんな」

男E「あ”~い”~し”~て”~る”~」

インデックス「……気にしないで。とうま」

女C「た”~い”~て”~」

上条さん「T-ウイルス(当麻-ウイルス)か……アレイスターめ。なんて卑劣な!」

女A「結”~婚”~し”~て”~」

上条さん「くっ……! この街はもうダメなのか!?」



続きを読む

佐天「うわっ! もうこんな時間!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/04(金) 23:03:48.27 ID:Q/9tHdo60

佐天「せっかくのめでたい日に遅刻はやばいっ。メイクOK、ヘアOK、ドレスワンピに皺はない! よし、完璧」

初春『佐天さん、バックの中身も! 招待状とご祝儀忘れたらシャレになりませんよ』   

佐天「あっぶなー…、忘れるとこだった。 サンキュー初春ぅ」

初春『忘れもん坊なところ。中学時から進歩してませんよ、佐天さん』

佐天「いえいえ佐天さんは、ちゃーんと社会人やってますよー」

初春『それならいいんですけど。マンションの裏手に車止めてますから、早く来てくださいね』

佐天「了解、すぐ行く」

初春『それじゃ、待ってますね~』(ブツッ、ツーツー…)

佐天「携帯もカバンにしまって…っと。それじゃあ、行きますか」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 お買い物mode 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥9,130から
(2018/8/3 01:11時点)