ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ベルトルト

エレン「何してんだ?」 アルミン「コミケの準備」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/24(水) 23:31:11 ID:vNOwskLI

普段はVIPに居るのでここは初めてです
お手柔らかに
---------------------------

──1900 男子寮201号室『エレン・アルミン・ライナー・ベルトルト』

エレン「コミケ?なんだそれ」

アルミン「エレン知らないの?壁内最大規模の同人誌即売会だよ」

エレン「???」

アルミン「ん~……要するに、本を作りたいって人が自分で作った本を持ち寄って発表する場所なんだ」

エレン「お前本書いてんのか?」

アルミン「いや僕は買いに行くだけだよ。気に入った本があれば買う事も出来るんだ」

エレン「へぇ~面白そうだな!俺も行っていいか?」

アルミン「え?まぁいいけど……目的もなしに行っても楽しくないと思うよ?」

エレン「色んな本があるんだろ?いろいろ見て回るだけでも面白そうじゃねぇか」

アルミン「まぁ止めはしないけど……初心者にいきなり夏は厳しいんじゃ……」



続きを読む

ライナー「男子会」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 06:12:03 ID:YowMctqg

ライナー「エレンってさー何か異性の影がないよね。ミカサのことどう思ってんの」

ベルトルト「あ、それ超気になる!ミカサはどうなのよー白状しちゃいなって!」

エレン「えーやだー!恥ずかしいじゃん!」

ジャン「言っちゃえ言っちゃえ!」

アルミン「白状しないとこうしちゃうぞー!」コチョコチョ

エレン「やんっ!もぉーアルミンのセクハラ魔!ホント親父だよねー」

アルミン「いひひ・・・」ワキワキ

マルコ「ほらほらー白状しないとアルミンがセクハラしちゃうぞー?」

コニー「言わないと俺も触っちゃうんだからね。うりゃっ」ペロンッ

エレン「ちょっとぉ!コニーまで!もーわかったわかりました!白状しますぅー!」



続きを読む

アルミン「意地があるんだよ!男の子には!」

SS速報VIP:アルミン「意地があるんだよ!男の子には!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 06:41:50.40 ID:E5KNRU2e0

アルミン・アルレルト

104期訓練兵、背が小さい、金髪、ボブカット

顔がかわいい、運動は苦手、鼻がちょっと低い

座学トップ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371937310




続きを読む

ベルトルト「ズッ友だョ・・・!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 23:00:31 ID:cGG7QFOs

ライナーとベルトルトとアニゎ人類ヲ滅ぼすためニ訓練兵団に入った

だけど・・・もぉツライ・・・

ホモ疑惑出るし・・・ゴリラとホモダチ・・・そんなのゃだょ・・・!


フランツ「ベルトルト・・・元気なぃょ?」


フランツ・・・リア充氏ねってズット思ってた

でも・・・

ゃさしくされたらワカラなくなっちゃうょ


ベルトルト「ナンデモない・・・ほっといてょ・・・」


馬鹿・・・ホントはぅれしぃのに・・・

戦士の自分が邪魔スル・・・



続きを読む

エレン「アニに一番乙女っぽいリアクションさせた奴が優勝」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 21:16:40.21 ID:FHKEoXa60

エレン「……ということだな!」

ライナー「あぁ、やってやるぜ」

ベルトルト「優勝者は今晩の年に訓練兵弾創設祝いの豪華兵食の中のおかずをなんでもひとつもらえるんだね?」

ジャン「おォ、食うことだけが楽しみな訓練兵生活だからな。手加減はお互いナシだ!」

アルミン「……あのさ……」

エレン「ん? なんだよアルミン、青菜に塩ぶっかけたような顔して」

アルミン「っていうかなんでみんなそんなやる気なの……? アニに一番乙女っぽいリアクションさせた人が一位って……
      勝負するならもっとポーカーとかババ抜きとかで決めてもいいんじゃないかな……」

ライナー「お前らしくないなアルミン。ポーカーしてもババ抜きしてもどうせエレンがドベになるだけだぞ?」

ジャン「単純バカのエレンは顔に出るからなぁ? 俺たちとしてはそれでもいいが、コイツが納得しねぇからよ?」

エレン「う、うるせぇぞジャン! ……ま、まぁ、その通りなんだけどよ……くそ」

アルミン「だからってなんでよりにもよってアニなんだよ……後でアニにボコボコにされることを考えたら
      今からでも胃が痛い……うぅっ……(キリキリキリキリ)」



続きを読む

ミカサ「エレンがストーカー被害にあっている!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 22:34:40 ID:B6mHQYEo

※現パロ


エレン「ああ……どうしようミカサ、アルミン」

アルミン「で、でもエレンは男じゃないか?」

エレン「そんなのオレだって知らねえよ……」

ミカサ「エレンにストーカーするなんて、絶対に許せない…!!」

ミカサ「私が必ず捕まえて懲らしめてあげる。だからエレンは心配しなくていい」

エレン「…ありがとよ、ミカサ」グス



続きを読む

ライナー「アルミンとクリスタが怪しい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/14(金) 09:31:13 ID:40jrcHsA

アルミン「おはよう、エレン、ミカサ」ニコッ

エレン「おう、おはよう///」ドキッ

ミカサ「おはよう///」ドキッ

クリスタ「おはよう、ユミル、サシャ」ニコッ

ユミル「おはよう、愛しのクリスタ///」ドキッ

サシャ「おはようございます///」ドキッ

ベルトルト「朝から天使な二人だけど、何か問題があるのかい?」ニヘラ

ライナー「それだよ、それ」ニヘラ



続きを読む

ライナー「これは稼げる」

関連



1: ◆ea43ELrW7g 2013/06/14(金) 01:03:02 ID:tSzoLNBc

ライナー「アニ!」ガチャッ

アニ「……ノックくらいしてよ」

ライナー「それどころじゃないんだよ!」

アニ「耳に響くから大声出さないで」

ライナー「あっ、すまん」

アニ「それでなんの用なの?」

ライナー「釣り餌以外にも商売を考えてみたんだよ!」

アニ「……帰って」

ライナー「聞く気なし!?そんな殺生な!お前と俺の仲だろう!?」

アニ「他人が聞いて誤解を招きそうなこと言わないでよ」



続きを読む

エレン「釣りしようぜ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:08:35 ID:DRXZRy8o

――回想

ショタミン「この本によると海にはマグロとかカジキっていう巨人みたいなデカイ魚が居たんだって!」

ショタエレ「嘘つけ!そんなデカイ魚いたら人間なんか食われちまうだろ」

ショタミン「釣り師って人達や漁師が何時間もかけて釣り上げてたんだって。ロマンを僕らも味わおうよ」

しかし、海には出られるわけもなく。当然の流れで獲物は手近にある巨大な生物になった。



続きを読む

エレン「それは正に鉄塊だった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 15:26:22.48 ID:A+1IjbxQi

エレン「お、おいなんで…なんで巨人が壁から頭だしてんだよ!」

アルミン「エレン、ミカサ!早く逃げよう!巨人がくる!」

エレン「ダメだ!母さんを助けにいく!」ダダダ

ミカサ「エレン!!」タタタ

アルミン「そんな…そっちはもう…」



続きを読む

ライナー「春場所」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:42:54 ID:Mhp073A2

壁上


エレン「……」

アルミン「…エレン どうしたの」

エレン「……アルミン あそこ」

アルミン「……巨人が集まってるね」

エレン「ああ さっきから巨人が相撲してるんだ」

アルミン「へぇ… 巨人も相撲するんだね」

ジャン「…お前ら、大砲整備は終わったのかよ?」

サシャ「お二人とも、サボりですか」

エレン「ジャン、サシャ…」

アルミン「…巨人の相撲を見てるんだよ」

サシャ「へぇ… みんな廻しも締めてますね」

ジャン「ああ… ちゃんと行司もいるんだな」



続きを読む

エレン「ゴリラになったライナー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13(木) 00:21:14.71 ID:HMsfxBb00

エレン「……なあ」

ゴリラ[……」

エレン「なんとか言えよライナー」

ゴリラ「……ウホ」

エレン「ウホじゃねえんだよ!俺は真剣なんだぞ!」



続きを読む

ライナー「俺はやるぞ!一緒に故郷へ帰るんだ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(火) 02:17:46.05 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト「ライナー!やるんだな?!今、ここで!!」

ライナー「ああ!勝負は今、ここで決める!!」

ミカサ「エレンは渡さない」ヒュッ

ライナー「ぐっ?!」

ベルトルト「うあっ!」

ミカサ(浅い……!)

ベルトルト「あ、ああ……!うあああああああああ!!!」

ライナー「っ……!」



続きを読む

ミカサ「溜まってるんでしょ?」 エレン「ンギモッヂイイ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 15:03:38.49 ID:YIZhglKE0

ミカサ「エレン……やっと追いついた……(ジリジリ)」

エレン「あ……み、ミカサ……! (ガクガク)」

ミカサ「わかってる。溜まってるんでしょ? もう半月もしてないから」

エレン「う、うるせぇよ! お前には関係ないだろ!」

ミカサ「エレンに関することで私に関係がないことなんて無い。エレンの体調管理も私の責務……(ジリジリ)」

エレン「も、もうほっといてくれよ! 俺はイヤなんだよ! お前に何回も何回もされるのが!」

ミカサ「大丈夫、すべて私に任せておけばいい。絶対に痛くしないから」

エレン「くっ……ああもう! わかったよ! それでお前が満足するならすりゃいいだろ!」

ミカサ「エレン……そう言ってくれると思ってた」

エレン「もう煮るなり焼くなりお前の好きにしろ!」

ミカサ「煮ないし焼かない。さぁエレン、耳掻きするから頭をここへ(ポンポン)」

エレン「痛くするなよ! あと奥行くときは言えよ! 絶対だからな!」



続きを読む

エレン「手乗りサシャ……」

SS速報VIP:エレン「手乗りサシャ……」



1: 1 2013/06/07(金) 21:48:29.58 ID:pcxFRbD80



エレン「うーん…」

アルミン「どうしたのエレン、珍しく考え込んで」

エレン「おうアルミンか、ちょっとコレ見てくれよ」

アルミン「ん…なにこれ、キノコ?どうしたの?」

エレン「訓練終わったあとの帰り道で見つけたんだ。食えるかと思って採ってみたんだけど」

アルミン「うーん…どうだろう。パッと見は大丈夫だと思うけどなあ」

エレン「そうだよな。食ったら美味いかも知れないし食べてみるか」

アルミン「待って待って。念のため図鑑で調べたほうがいいよ。毒だったら怖いし」ガサゴソ


.


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370609309




続きを読む

ミカサ「どうやったら子どもはできるの?」母「セ○クスよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:23:44 ID:/PvoEb1E

ミカサ「セックスってなに?」

母「男の人の硬くなったおちんちんを、女の子のおまたの穴に入れるのよ」

ミカサ「えっ……痛くないの……?」

母「最初はとっても痛いわ。でも慣れてくると、だんだん気持ちよくなってくるの」

母「……ねっ?あなた」

父「へ、へぇ……父さんはよく知らないんだ……はは」

ミカサ「……?」



続きを読む

エレン「そっか、これが…」

SS速報VIP:エレン「そっか、これが…」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 14:23:29.74 ID:QZEUWIij0


初めての進撃ssです

あらかじめ大まかな概要とオチは決めてますが書き溜めもしてないので
ゆっくり書かせてもらいます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370237009




続きを読む

エレン「なんだこの犬?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 11:59:40.22 ID:otPnibtH0

アルミン「うわ~可愛いね…」

エレン「綺麗なブロンド色の毛だな…って舐めるな!」

アルミン「なんでこんなにエレンに懐いてんだろ?」

エレン「知るかよ。初めて見たぞ」

アルミン「じゃあ分からないね…とりあえずどうする?」

エレン「ん?連れてっちゃダメなのか?」

アルミン「いや、教官に見つかったら…」

エレン「あぁそっか…ん。じゃあな」バイバイ

犬「…」

アルミン「すごい見てるね…」

エレン「やっぱ連れて帰る!」



続きを読む

アルミン「襲い来るモノ」

SS速報VIP:アルミン「襲い来るモノ」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 22:57:48.15 ID:mTPLJMkWo

叫び声がこだまする。






アルミン「ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369231068




続きを読む

エレン「女子のタイプ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 15:50:27.48 ID:bzVQr8uL0

ジャン「やめとけやめとけ。死に急ぎ何かに聞いてもまともな答えなんか返ってきやしねえよ」

ライナー「まあそう言うなジャン。単なる世間話だ」

エレン「ライナーにもそういうのがあるのか?」

ライナー「まあ、人並みにはな。俺はやっぱり可愛い子だな。こう、小柄で、笑顔が天使のような……」

エレン「可愛いって……そんなの人それぞれだろ?」

ライナー「……」

ジャン「だから言ったろ? エレンにそういう話なんてしたって無駄なんだよ」

エレン「エレン「なんだと? そういうお前はどうなんだよジャン」

ジャン「俺はクールな女性が好みだな。綺麗で長い黒髪ならベスト……だったのによお! この死に急ぎ野郎が!」ガシッ

エレン「離せよ! 破けちゃうだろ!」

ジャン「いっつもいっつもいっつもいっつも!」

エレン「何で俺はお前に怒られてるんだよ!」

ジャン「うるせえ!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)