SS速報VIP:ティオナ「アルゴノゥト君……食べていい?」ベル「ダ、ダメですよっ!!」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:15:19.43 ID:6RuttCED0

ティオナ「ねぇねぇ、アイズ」

アイズ「なに、ティオナ?」

ここはロキ・ファミリア本拠、【黄昏の館】。
団員達の憩いの場である広々とした大広間にて、一際目を惹く2人の美少女が紅茶を飲みながら和やかに歓談していた。実に絵になる光景。

話しかけたのは、ティオナ・ヒリュテ。
褐色の肌が特徴的なアマゾネスの女の子。
ロキ・ファミリアの幹部であり《大切断》の異名をオラリオに轟かす、Lv.6の第一級冒険者。
泣く子も黙る、ヒリュテ姉妹の片割れである。

姉ティオネの姿はここにはなく、彼女は現在、愛しのロキ・ファミリア団長、《勇者》フィン・ディムナの執務室で甲斐甲斐しく彼の世話を焼いている。ティオネは彼に恋をしていた。
とはいえ、残念ながらフィンにはあまり相手にされてないらしい。今後の進展に期待しよう。

そんな絶賛片思い中の姉のことは、さておき。
今日はファミリアの休日で、探索はお休みだ。
団長であるフィンは雑務に追われて忙しそうだが、他の幹部達はそれぞれ身体を休めていた。

しかし、休みと言われても正直暇で仕方ない。
というわけでティオナは、同じく暇を持て余している様子の《剣姫》アイズ・ヴァレンシュタインに、前々から気になっていたことを尋ねてみることにした。特に何も気にせず、直球で。

ティオナ「あのさ、アイズってさ、もしかしてアルゴノゥト君のことが好きなの?」

アイズ「ぶっ!?」

飲みかけの紅茶を盛大に噴き出すアイズ。
普段物静かな彼女からは想像出来ない反応。
これにはティオナも目を丸くして驚いた。

ティオナ「ど、どうしたの、アイズ?」

アイズ「……ティオナがおかしなこと言うから」

ティオナ「なんで? なんかおかしかった?」

アイズの非難の視線もどこ吹く風。
ティオナは首を傾げてキョトンとしている。
色恋沙汰に対して興味関心が強い傾向のあるアマゾネスにしては、彼女はとても鈍感だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533993319




続きを読む