ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ミケ

エルヴィン「これが本物の敬礼だ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/20(木) 19:59:49 ID:UcaLt8vM

エルヴィン「心臓を捧げよ!!」


シン.......


エルヴィン「あれ.....? 誰もいない....」

エルヴィン「今年は調査兵団希望者0人か....」

エルヴィン「近頃の若者は情けない.....」



続きを読む

エレン(面倒くさい)

1: ◆BPuQ7shQ06 2013/10/07(月) 05:53:10 ID:pUel/QUI



エレン「面倒くさい」の続編です

※ 原作四巻、扉を岩で塞いだ所です



続きを読む

リヴァイ「特別な存在だからです」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/01(月) 05:52:41 ID:owDMPU3s



調査兵団の食堂。
先程まで夕食をとる兵士で賑わっていたが、今では静けさを取り戻している。
その静けさの中、リヴァイは一人座っていた。
明日は壁外調査。
そんな日はこうやって、夕食前から食堂の一番奥の椅子に陣取り、夕食終了の鐘が鳴り兵士がいなくなるまで、だらだらと食堂に居座るのだった。


席が八割程埋まっていたな、そんな事を考える。明日の夕食では同じだけ埋まる事はないだろう。
明日の調査は順調で、一人でも多くの兵士がここで再び夕食を共に出来るように…一人一人の顔を思い浮かべて
そろそろ部屋に戻るかと、席を立とうとしたところに、ガラッと扉の開く音が聞こえた。



続きを読む

エレン「これが…調査兵ダンス」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/23(火) 15:58:53 ID:bvezg81c

※スレタイにダンスと書きながら、ダンスの描写はほぼ無し。 意味不


ハンジ「大丈夫?エレン」

エレン「は…はい…」

ハンジ「リヴァイは歯止めの利かないおっさんだからね」

ハンジ「ともあれこうして生きていられるんだから許してあげてね」

エレン「は…はい」

リヴァイ「おい」ドカッ

エレン「! は、はい」



続きを読む

リヴァイ「全く、うるせぇ奴等だ」

1: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/25(金) 21:30:08 ID:0f/2vn5E



ふっ、と吐いた息が白い。随分と寒くなってきた。リヴァイはそう感じ寒々とした外を見遣った。
もう年の瀬も近いこの時期、皆がうるさくなる。

今年も集まって飲むから絶対忘れるな。

面倒臭がってすっぽかすなよ。

あと○日後だからな。

本当にうるさい。お陰でここ数年、リヴァイは己の誕生日を忘れたことがない。いや、忘れさせてくれない。
感謝すべきなのだろう。祝ってくれる仲間がいることに。

だが如何せんうるさい。何日も前から毎日言われるのだ。リヴァイは辟易していた。
ここに来て始めの1、2回を逃げようとしたことが尾を引いているのかもしれない。

あんな昔のことなど引きずるな、と知らず舌打ちをした。



続きを読む

リヴァイ「あの日雪が降っていた」

1: ◆uSEt4QqJNo 2014/12/25(木) 19:26:20 ID:MBDC90YI



リヴァイが廊下を歩いていると、目の端にちらちらと埃のような白い物が見えた。

確認しようとそちらにへ目を向けると窓の外では雪が舞っていた。


「……」


暫し足を止め、無言で今から向かう心底冷えそうな外を眺める。
彼は何故だかハンジの頼み事を聞き入れてしまい、買い物に付き合う事になっていた。

買い物と言っても兵団で必要な物が大半ではある。

しかしそれ以外の物――大概が本だが――も多く、断ろうとしたのだがハンジのよく回る舌がリヴァイを説き伏せた。

いや、説き伏せたと言うよりは気がつけば荷物持ちとして共に街へ行く事が決定していたと言う方が正しい。

とは言え、雪が降ると分かっていたなら意地でも承諾などしなかったものを。

そう思い彼は軽く舌打ちをした。



続きを読む

エルヴィン「皆の様子がおかしい」

1: ◆uSEt4QqJNo 2014/10/14(火) 19:36:08 ID:dmHJbuwk


最近何やら部下がよそよそしい。
中には目さえ合わそうとはしない者もいる。

私は何かしただろうか?

――いや、何かした処ではないだろうが。

目的の為、大勢の部下を見殺しにしてきた私を恨む者もいるだろう。

何故あの時彼を置いてきた?
何故彼女の身体を持ち帰ってはいけないのか?
何故あのような非常な選択を?

幾度も耳に入れた悲痛な叫びだ。

全てに対する答えは矛盾するものだ。

――その場においてより多くの者を生かす為。

納得してくれた者は如何程いたのか。

私には分からない。
分からなくていいとも思っている。

それ故に、恨まれていても構わない。
目的を果たすまで私は悪魔にでもなろう。



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)