ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


メイド

ふた○り変態お嬢様「おほぉーっ♥ おち○ぽきもちいいですわぁーっ!!」

SS速報R:ふたなり変態お嬢様「おほぉーっ♥ おちんぽきもちいいですわぁーっ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1651063408/



1: ◆z/nAXYXoII 2022/04/27(水) 21:43:29.16 ID:LE7hfXfd0

落ち着いた色合いで統一された家具が並ぶ部屋は、どこか高級感を感じさせながらも温かみのある雰囲気だ。大きな窓から差し込む陽光が部屋の隅々にまで届き、壁にかけられた絵画などもより一層その存在感を増しているように思える。窓の外に見える庭園では鮮やかな色彩の花々が咲き乱れており、その香りもここまで届いてくるようだ。

だがしかし――そんな上品な部屋に響き渡るのは淫ら極まりない少女の喘ぎ声だった。そしてそれと同時に、むわりと鼻をつくような濃密な性臭が立ち込めていることにも気付くだろう。

メイドである私の奉仕するこのお屋敷のお嬢様は、その清らかな容姿とは裏腹に、ふたなりでドスケベな変態なのだ。



続きを読む

執事「魔王様、勇者一行がこちらに向かっています」魔王「ねむい」

SS速報VIP:執事「魔王様、勇者一行がこちらに向かっています」魔王「ねむい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433768041/



1: 1 2015/06/08(月) 21:54:11.44 ID:q8TUaxyE0

─── 魔王の宮殿にて ───

魔王「うー、もうちょい寝たい。」

執事「今日の正午頃に勇者一行がこの城に到着する予定です。」

メイド「低血圧の魔王様には早めに日向ぼっこしていただいて万全の体制でいて貰わないと……。」

魔王「んー、んじゃ紫外線ライトつけて、うたた寝してるとこ襲われたらやだし。」ガバッ

執事「恐れ入ります。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433768041




続きを読む

メイド「ご主人様に>>5してみようと思います!」

SS速報VIP:メイド「ご主人様に>>5してみようと思います!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421218736/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 15:58:56.25 ID:fmD7aBP+O

男「え?>>5!?」

メイド「はいっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421218736




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 16:09:24.95 ID:2gJSIJZ9O

筋肉バスター



続きを読む

金髪「安価でメイドでも弄りましょうか」 メイド「くっ……」

SS速報VIP:金髪「安価でメイドでも弄りましょうか」 メイド「くっ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413115416/



1: 蕎麦 ◆p/g7WIqi86 2014/10/12(日) 21:03:46.14 ID:FKM9LlXSo

メイド(父の会社がクラスメイトのいけ好かない金髪の家の会社に乗っ取られて1ヶ月)

メイド(父の役員待遇を保証する代わりに、私をメイドとして雇わせることを要求された)

メイド(そして現在、私はこの高飛車な女のメイドとして働かされている……)

メイド「お呼びでしょうか、お嬢様」

金髪「ええ、私今ものすごく暇なの」

メイド「はぁ……」

金髪「というわけで、私の暇つぶしに付き合って頂戴」

メイド「業務外のことをするつもりは……」

金髪「あー、なんだか急に役員の整理をお父様にお願いしたくなってきたわ」

メイド(このクソアマっ……)

メイド「なんなりとお申し付けくださいませ……」

金髪「それじゃあ>>3をしましょうか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413115416




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:04:46.13 ID:TSm9JeDYO

首輪つけて一緒に買い物



続きを読む

執事「やはりお嬢様×メイドさん、だな」

SS速報VIP:執事「やはりお嬢様×メイドさん、だな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408395177/



1: ◆o/gbrcBHTQ 2014/08/19(火) 05:53:07.54 ID:C60HEbtX0

執事「ですよね、料理長さん!」

料理長「また君の悪趣味か...」

執事「悪趣味とはひどいですね」

料理長「何だっけ...百合、だっけ?」

料理長「何でそれに目覚めてしまったの」

執事「...まあそこは話せば長い話ですよ」

料理長「そこに関してまったく興味のない私に言われても」

執事「え、興味ないんですか」

料理長「ええ、私は普通に男が好きなんだけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408395177




続きを読む

坊っちゃんとメイド

SS速報VIP:坊っちゃんとメイド
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407901457/



1: ◆tZ.06F0pSY 2014/08/13(水) 12:44:18.24 ID:XR0/nbQSO

――朝 坊っちゃんの部屋

メイド「おい、起きろ」

坊っちゃん「まだ眠い……」

メイド「眠いのは私も同じだ、さっさと起きろ」

坊っちゃん「……」

メイド「……なるほど、起きる気は無いと言う事か」ギュッ

坊っちゃん「んっ……」

メイド「……」

坊っちゃん「ん~っ、んん~っ」バタバタ

メイド「……」パッ

坊っちゃん「お前ふざけんなよ!!鼻と口をふさいだら死んじゃうだろ!!」

メイド「永遠に眠りたいのかと思ってな」ニヤッ

坊っちゃん「……」

メイド「朝食は出来てるから早く来い」

坊っちゃん(クソッ、なんて奴なんだ……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407901457




続きを読む

男「口の悪いメイドちゃんと甘とろえっちすんぞおおお!!!」

SS速報R:男「口の悪いメイドちゃんと甘とろえっちすんぞおおお!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1638623528/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2021/12/04(土) 22:12:08.55 ID:VJaRRB7Co

男「んー疲れた。ちょっと休憩」

メイド「ご主人様、喉乾いてませんか?」

男「めっちゃ乾いてる。お茶飲みたいな」

メイド「そうですか。自分で淹れてください」

男「あっ、やってくれないのね……」

メイド「冗談です。お砂糖の量は?」

男「いつもので」

メイド「どうぞ」カチャ

男「ありがと」ゴクッ

メイド「……」ソワソワ

男「ん、おいしい。やっぱりメイドちゃんのお茶はおいしいな」

メイド「そうですか。まぁ誰が淹れてもご主人様がやるよりはマシだと思いますが」

男「俺そんなに下手くそ?」

メイド「酷いものです。良ければお教え致しますが?」

男「メイドちゃんが淹れてくれるからいいや」

メイド「そうですか……ふふっ」

男「なんか機嫌いい?」

メイド「気のせいです」

男「気のせいか」

メイド「ところでご主人様、今夜の予定ですが……」

男「ああ、今日も頼むよ」



続きを読む

メイド「軍用メイドロボであります」

SS速報VIP:メイド「軍用メイドロボであります」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385746286/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 02:31:26.64 ID:TO2HprNYo

『ボリス分隊、ヴァシリ分隊、二階を捜索せよ』

『ディミトリよりアンナへ、屋上より突入する』

『アンナ了解、グレゴリー分隊はバルコニーより突入せよ』

『グレゴリー了解。敵影なし』

『こちらセミョン、狙撃準備よし』

『セミョン分隊、何か見えるか』

『アンナ、今のところ何も見えません』

『エレナ分隊、現在地下室を捜索中…何だあれは?』

『アンナよりエレナ、どうした、応答せよ』

『それが…あの、ロボットのようなものが』

『エレナエレナ、返答が不明瞭である、再度状況を説明されたし』

『中尉…メイドロボットと、大量の物資です』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385746286




続きを読む

魔王「何?村から人間が?」側近「はい、可愛い女の子です」

SS速報VIP:魔王「何?村から人間が?」側近「はい、可愛い女の子です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1343052962/



1: ◆vGI6DlX1Rs 2012/07/23(月) 23:16:02.72 ID:FKaujywo0

魔王「ふむ、そなたが彼の村から参った娘か。名は何と言う?」

村娘「わ、わたしは、村娘でございます」

魔王「して、そなたがここに参った理由は……?」

村娘「わたしが生け贄になれば、わたしの村を救っていただけるのですよね?」

魔王「……私が何時、そのようなことを?」

村娘「っで、でも、わたしは、お父様に……!」

魔王「何を勘違いしておるのかわからぬが、私はそなたの村を救うことなどできぬぞ。まあ、滅ぼすことなら容易いが?」

村娘「っひ、ぁ……」

魔王「全く人の世で何と言われているかわからんが……私のところに生け贄などやったとしてもどうにかなる話ではあるまい」

村娘「じゃあ、わたしは……何のために……」

魔王「人々の気休め、とでも言ったところか」

村娘「……ぁ、あ」ばたり

魔王「……気を失ってしまったのか?誠に人とは脆いものだな……。側近」

側近「はい?」

魔王「この娘に部屋を用意してやれ」

側近「食べちゃってもよろしいですか?」

魔王「駄目だ。この娘には今後どうするか聞かねばならんからな」

側近「残念。こんなに美味しそうだっていうのに……」

魔王「我慢しろ」

側近「……わかりました。はぁ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343052962




続きを読む

メイド「好きだよ、女ちゃん」

SS速報VIP:メイド「好きだよ、女ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1340110786/



1: ◆a/kVfvST9o 2012/06/19(火) 21:59:46.20 ID:Ci7f9Ftg0

※注意
・百合
・書き溜め投下



注意に無い通り今回『エロ』はあ り ま せ ん 。
ちょっと書いてみたかったんです…エロ無しの百合…。
「お前の書くエロ無しの百合なんてつまんねぇ!!」という方も、
流し読みだけでもどうかお一つ…。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1340110786(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




続きを読む

メイド「退職します」

SS速報VIP:メイド「退職します」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421519990/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 03:39:50.87 ID:s/rDiKkTO


主人「どうした急に」

メイド「今週でこの職場を離れたいと思います」

主人「ふーん」

メイド「母が入院したので田舎の実家で面倒をみたいのです」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421519990




続きを読む

魔王「にゃ~ん」




1: ◆AhbsYJYbSg 2020/08/09(日) 20:50:37.04 ID:CRava8dn0


魔王城最深部

 スタ……スタ

勇者「ついに、ついにたどり着いた」ハアハア

勇者「私は負けない。散っていった仲間たちのためにも」


 ゴゴゴゴゴ


魔王「……」


勇者「くっ、なんて恐ろしい姿だ。あんなのに一人で戦いを挑まなきゃいけないなんて……っ」

 カタカタ

勇者(震えが止まらない……いま攻撃されたら……!)チラ


魔王「……」


勇者(なにもしてこない!? 余裕のつもりか? なめられたものだ)ギリッ

 カチャリ

勇者「来たぞ魔王。世界を救うため、いまお前を滅ぼす!」


 ゴゴゴゴゴ……



魔王「にゃ~ん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1596973836




続きを読む

メイドロボ「お○ぱい触ってみますか?」

SS速報VIP:メイドロボ「おっぱい触ってみますか?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/16(月) 21:12:23.24 ID:pZWUbqLbo

メイドロボ「人間とほとんど同じですよ」

男「マジで?」

メイドロボ「マジマジですよ」

男「じゃあ失礼して」

メイドロボ「ピー!」

男「な、なに!?」

メイドロボ「警察へ通報しました。容疑者は大人しく身柄を拘束されなさい」



続きを読む

お嬢様「・・・」メイド「・・・」

SS速報VIP:お嬢様「・・・」メイド「・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577784552/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/31(火) 18:29:12.32 ID:T3MXB0HPo



お嬢様「・・・」カキカキ

メイド「・・・」

お嬢様「・・・」カキカキ

メイド「・・・」

お嬢様「・・・」カキカキ

メイド「・・・」

お嬢様「・・・」ポンッ

メイド「・・・」

お嬢様「ふぅ・・・」

メイド「お嬢様」

お嬢様「なんだ?」

メイド「そろそろ新しく雇った使用人が挨拶に来る時間です」

お嬢様「そうか」

コンコン

お嬢様「入れ」

執事「失礼します。新しい使用人をお連れしました」

執事「こちらがこの屋敷の主人、お嬢様です」

使用人「は、初めまして!これからよろしくお願いいたします!」

お嬢様「ああ・・・よろしく」

使用人(わぁ・・・凛々しくて綺麗な人だなぁ)

使用人(机の上には書類がたくさん・・・あまり年上には見えないけどもうお仕事してるのかな?)

メイド「私はメイドです。よろしくお願いいたします」

お嬢様「使用人の教育は執事に一任する。下がっていいぞ」

執事「かしこまりました。では失礼します」

使用人「失礼します!」

お嬢様「ああ、待て」

執事「はい、なにか?」

お嬢様「アレに関しては特に教育を徹底しておけ」

執事「心得ております、では・・・」

ガチャッ バタン

お嬢様「・・・」

メイド「・・・」

お嬢様「・・・紅茶を」

メイド「かしこまりました」


・・・・・・


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577784552




続きを読む

僧侶「私達には使命があります」勇者「嫌です」

SS速報VIP:僧侶「私達には使命があります」勇者「嫌です」



1: ◆WnJdwN8j0. 2014/06/12(木) 12:00:09.13 ID:UUMCzj2B0

勇者「嫌です」

僧侶「まだ何も言ってませんが」

勇者「さっきあんたが言ったことを復唱する。最近、この世界に強い魔物が増えつつある。これは500年前、勇者に封印された魔王が蘇ろうとしているからに違いない」

僧侶「伝説の勇者様は『魔王は再び目覚めるだろう。その時は、また我々が魔王を封じよう』と言い残しております。そして私達5人は、その伝説の勇者一行の生まれ変わりなのです」

勇者「話の流れからして、俺たちが魔王を封印しろというのでしょう。嫌です」

僧侶「な、何故」

勇者「理由を話せと言うか。なら理由は3つある」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402542009




続きを読む

王「我が息子の結婚相手は勇者にしようそうしよう」勇者「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 08:51:37.80 ID:yrDUVi6O0

謁見の間

王「よく来たな、異国の勇者よ」

勇者「どうも。はじめまして」

王「魔王を倒してすぐに呼び出すのもどうかと思ったのだが、すぐにでも話しておきたくてな」

勇者「なんでしょう?」

王「我が息子、つまり王子と婚姻の儀を交わして欲しいのだ」

勇者「え?」

王「お前ほどの美貌、資質。どれをとっても未来の妃に相応しいと思う」

勇者「あの……僕、男なんですけど」

王「え?」

勇者「え?」



続きを読む

お嬢様「あなたは私のヒモになるべきです」男「えー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 00:42:19.35 ID:+1IcINyx0

お嬢様「あら、案外乗り気なのだと思ったのだけれど」

男「いやー、何か恥ずかしいじゃん?」

お嬢様「そんなこと心配しなくて良いのよ?」

男「だって、俺何もできないし……」

お嬢様「ふふっ、私はもうあなたにどれくらい助けてもらったことか……」

男「……」

お嬢様「だから、あなたは私とずっと、ずっと一緒に―――」

………

……



男「うわああああ!!」ガバッ

男「何だ夢か……」

男「……お嬢様……っ」ボロボロ



続きを読む

女騎士「…そんなに私のは大きいのか???」

1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2010/07/11(日) 01:46:16.57 ID:KsYcoxVVO

団長「おいメイド、話がある…」

メイド「はい、なんでしょう?」

団長「お前は副団長の女騎士のメイドだろう?」

メイド「そうですが……」

団長「副団長の乳が大きすぎるんだ。なんとかしてもらいたい」

メイド「そ、そんなの気にしなければいーじゃないですかぁ」

団長「目の前で素振り100回されてみろ!乳の揺れが気になって練習にならないんだ!!」



続きを読む

メイド「ご主人様を拘束させて頂きます!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/14(木) 23:44:24.54 ID:rdSZ9u2K0

メイド「最近はそういうものが流行っているそうですわ」

メイド「ふふふ、ご主人様…」

ご主人「ん……」

メイド「おはようございます、ご主人様」

メイド「カーテンを開けさせて頂きますね」シャッ

ご主人「今日は休みだし、もっと遅くまで寝ていたいんだけど」

メイド「駄目です、ご主人様には健康的な生活を送って頂きますから」

ご主人「…分かったよ、おはよう、メイドさん」

ご主人「今日はよく寝れたなあ」

メイド「それは良かったです、ふふ」



続きを読む

メイド「お仕えしているお嬢様を安価で泣かせます」

SS速報VIP:メイド「お仕えしているお嬢様を安価で泣かせます」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535882825/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 19:07:05.45 ID:1DBpclEE0

ある日

お嬢様「おーい、メイドやーい」

メイド「はい何でしょうか、お嬢様」

お嬢様「んふふー、呼んだだけー!」

メイド「……そうですか」


昨日

お嬢様「メイドー私はハンバーグが食べたいよー」

メイド「畏まりました」

メイド「…こちらがドラゴン肉の和風ハンバーグとコーンスープです」コトッ

お嬢様「あ、もうお腹いっぱいだからいいや」っポテチ モグモグ

メイド「………」


今朝

お嬢様「メイドーなんか面白いこと言ってー」

メイド「え、えっと」アセッ

メイド「め、冥土の土産にメイドはいかが?」

お嬢様「は?」

メイド「」


メイド「もう、もう限界です……!」プルプル

メイド「泣かせる!! 絶対にあの小娘を泣かせてやります!! どんな手を使ってでもぉっ……!!」

嫌がらせ 安価↓ (コンマが高いほど効果大)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535882825




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 19:08:01.27 ID:cY07KEQsO

激辛ジュースを騙して飲ませる



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
カテゴリー
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)