ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


メドゥーサ

士郎「桜とライダーと、三人でお風呂入りたいな」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:12:51.83 ID:SGzwMDC60

士郎「おっぱい分が足りない…」

桜「………は?」

士郎「やわらかく手に余る大きなおっぱいが必要なんだ」

桜「せ、先輩、何を言って…」

士郎「桜」ガッ

桜「ひゃいっ!?」

士郎「お前のおっぱい分を分けてくれ」

桜「え、えぇと…」



続きを読む

言峰「では次の人、悩みをどうぞ」士郎「みんなを幸せにしたいです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/08(水) 13:19:46.04 ID:Mb4DTl6p0

教会

言峰「衛宮士郎。珍しいな」

士郎「ちょっとな」

言峰「ふふふ。いい目だ。迷いを孕んだその双眸は私にとって甘美なるもの」

士郎「悩み、聞いてくれるんだろ?」

言峰「ああ、いいとも。どんなことでも告解したまえ」

士郎「……みんなを幸せにしたいんだ」

言峰「みんな、とは?」

士郎「セイバー、遠坂、桜、イリヤ、ライダー」

言峰「ほぅ」



続きを読む

士郎「え、藤ねえがお見合い?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:47:57.64 ID:nk2jm9uW0

大河「そーなのよ、そろそろ結婚しろーって無理やりね」

士郎「なんか似合わないな」

大河「でしょ?……ってどういう意味よー!」

士郎「ははっ、ごめんごめん」

大河「もうっ、とにかく明日はお見合い行ってくるから
    ご飯には遅れるかも」

士郎「はいはい、了解」

大河「それじゃ、そろそろ帰るわね。おやすみー」ガラガラ

士郎「ああ、おやすみ藤ねえ」



続きを読む

キャスター「今日のおかずはハンバーグ~♪」セイバー「真ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:25:22.21 ID:/e85iW720

スーパー内

キャスター「きゃぁ!!」

セイバー「……」

キャスター「あ、あら、セイバーじゃない。今日も可愛いわね」

セイバー「はんばーぐ……」

キャスター「どうかした?」

士郎「セイバー、帰るぞ」

セイバー「しろー!!ハンバーグがいいです!!」

士郎「今日はすきやきにするって言っただろ」

セイバー「すき焼きとハンバーグでお願いします!!」

キャスター「……」



続きを読む

桜「セイバーさんと先輩が居間で大喧嘩してる…」ライダー「ほぅ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 22:35:54.33 ID:nFOpUo0u0

セイバー「分かりました。私がこの家から出て行けばいいのですね?」

士郎「なんでそうなるんだよ!!」

セイバー「そういうことでしょう?」

士郎「どうしてそういう言い方しかできないんだ!!」

セイバー「しかし、それで全てが解決するのも確かです」

士郎「もういい!!勝手にしろ!!セイバーのわからずや!!」

セイバー「……はい。勝手にさせていただきます」

桜「あ、あの……」オロオロ

セイバー「お世話になりました」スタスタ

ライダー「……」

士郎「ふん……」



続きを読む

凛「携帯電話なんて通話できればいいでしょ?」セイバー「ですね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:51:22.35 ID:xpv4iduk0

学校 教室

凛「……」

凛(携帯電話、買ったはいいけど……使い道がないのよね……)

三枝「蒔ちゃん、昨日のメールどういう意味なの?」

蒔寺「え?面白くなかった?」

三枝「いや、だって……『( ゚Д゚)y─┛ゆきっちぃ、フォォ』だもん。意味、分からないよ?」

蒔寺「駄目だな。分かったないなぁ、ゆきっちはよぉ」

三枝「ご、ごめんね?」

氷室「お前のメールほど金の無駄遣いはないな」

蒔寺「へっへーん。しらないのかぁ?メールはただなんだぜ?」

氷室「……まぁいい」

凛(メールか……できれば楽しいのかしら……?)



続きを読む

セイバー「シロウ、早くそこから指を抜いて下さい!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/22(土) 20:56:36.69 ID:nbAjCAuA0

士郎「じゃあ力を抜いてくれよセイバー!いててて!」

セイバー「私のせいにするのですかシロウ!?元はと言えば貴方が……!」

士郎「痛い!痛いってセイバー!分かったから!今抜くから!ぐぬぬぬぬ……!」

カレン「まったく……いったい何ですか?少しは静かに出来ないのですか衛宮士ろ…う……?」

士郎「くっ、見つかった!」



続きを読む

士郎「二人ともおつかい頼めるか?」イリヤ・セイバー「おk」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 19:20:55.99 ID:oynbD4Af0

士郎「そうか、はいこれ」

セイバー「メモですか」

イリヤ「まぁ、私一人でも十分だけどね」

セイバー「それはこちらの台詞です」

士郎「今晩の夕食のだからな」

セイバー「分かりました」

イリヤ「じゃ、着替えてくるわ」トコトコ

セイバー「私も着替えてきます」トテトテ

士郎「……」

ライダー「あの、士郎がいけばいいのでは?」

士郎「あの二人は本当はすごく仲良くできると思うんだ」

ライダー「そうですか」

士郎「日頃から仲良くしてほしいんだけどな」



続きを読む

アイリ「起きて、私の可愛いセイバー?」セイバー「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:51:44.72 ID:oyk2g5cQ0

自宅

アイリ「起きた?」

セイバー「……?」

アイリ「さ、今日は王様に会う大事な日でしょ?」

セイバー「え?これは一体……?」

アイリ「ほらほら、準備して」

セイバー「……」

セイバー「私が王です」

アイリ「あはは。何いってるの?貴女は勇者セイバーでしょ?」

セイバー「勇者?」

セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」

アイリ「私はお母さんよ?」



続きを読む

カレン「朝起きるとランサーとギルガメッシュが家出してました」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/04(土) 11:41:54.61 ID:6nEcfY5B0

教会

カレン「……」トコトコ

カレン「ランサー?花壇の手入れは終わりましたか?」

しーん……

カレン「英雄王?聖堂の拭き掃除は終わったのですか?」

しーん……

カレン「全く……仕事をサボってどこへ……。これはおしおきですね、ふふ」

カレン「おや?これは……メモ……?」

ランサー・ギル『マスターにはもうついていけません。探さないでください』

カレン「……」

カレン「ふっ……。ついに逃げ出したか、駄犬ども」



続きを読む

セイバー「シロウは結局誰を選ぶのですか?」士郎「勿論―――」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/02(月) 22:03:37.52 ID:rhe95t120

セイバー「やはり……リンですか?」

士郎「違うよ」

セイバー「サクラですか?」

士郎「いいや……」

セイバー「じゃあライダー?」

士郎「違う、セイバー」

セイバー「シロウ……まさか……」

士郎「そんなの決まってるじゃないか、セイバー?」

セイバー「シロウ……!!」

士郎「イリヤだよ」

セイバー「……え?」

士郎「イ リ ヤ」



続きを読む

士郎(ショタ)「おねえちゃん、だあれ?」イリヤ(か、可愛い!!)

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:48:49.81 ID:dcROd38L0

イリヤ「……ねえ、セイバー」

セイバー「……なんでしょうか、イリヤスフィール」

イリヤ「一体どうしてこんな状況になっちゃったの?」

セイバー「いえ……それが私にもさっぱりで。今朝には既にこうなっていて」

イリヤ「貴女、それでもシロウのサーヴァントなの? わざわざ隣の部屋に陣取っておいてこの体たらくだなんて、最優が聞いて呆れるわ」

セイバー「ぐぅっ……返す言葉もありません……」

イリヤ「まあいいわ。今は貴女を責めてる場合じゃないもの」

セイバー「そうですね、今は……」

士郎(ショタ)「…………」

イリヤ「どうやってシロウを元に戻すかが先決よね」

セイバー「はい」



こうですかわかりません



続きを読む

セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:41:24.21 ID:yrDUVi6O0

士郎「そんなことより、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「はい。大判焼きを買ってきたんだ」

セイバー「どうも」

士郎「美味しいか?」

セイバー「はい」モグモグ

凛「セイバー、たい焼き買ってきたの。いる?」

セイバー「頂きます」

桜「セイバーさん、焼き芋買って来たんです、食べます?」

セイバー「はい。喜んで」



続きを読む

士郎「セイバー戦争……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 09:43:45.20 ID:dW4SnTRD0

衛宮邸

士郎「……」

セイバー「……」

士郎「よっと」

セイバー「おやすみなさい」

士郎「ああ、おやすみ」

セイバー「……」

セイバー「うっ……!!」

セイバー「……ふぅ」

セイバー(最近、胸に痛みが……)

セイバー(何でしょうか……?)



続きを読む

セイバー「問おう。貴方が私のご主人様(マスター)か?」士郎「え」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 11:21:32.91 ID:AihHfLLs0

―――衛宮邸

セイバー「どうなのですか?」

士郎「あの……」

セイバー「はい」

士郎「えと……君が?」

セイバー「は?」

士郎「だから……今日から来ることになってる……」

セイバー「はい、サーヴァントです」

士郎「サーヴァント?」

セイバー「メイドのことです」

士郎「あぁ」



続きを読む

凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 15:08:59.64 ID:3lld63CP0

凛「嘘!?」

セイバー「出てます」

凛「まぁ、別に聞かれて困るものでもないけど」

セイバー「全く」

凛「セイバーも士郎とイチャイチャしたいでしょ?」

セイバー「いえ。全く」

凛「ほんとぉ?」

セイバー「はい」

凛「じゃ、私はしてこよーっと。最近、欲求不満だったしー」

セイバー「リン!!はしたないですよ!!そういうことは黙ってしなさい!!」



続きを読む

慎二「衛宮ー落とし穴掘ろうぜ!」士郎「よし、掘ろう」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/07/12(水) 16:23:12 ID:agUyVeCM

セイバー「シロウ、こんな所に呼び出してどうしたのですか?」

士郎「ああ、大事な話があるんだ」

セイバー「お聞きしましょう」

士郎「ありがとう。誰にも聞かれたくないから、もう少しこっちに来てくれ」

セイバー「? ええ……」テクテク

士郎「もう少しだ」

セイバー「――なっ!?」ズボ

士郎「わーいわーい!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

【PS4】アイドルマスター ステラステージ ステラBOX【早期購入特典】特製衣装DLCと特製テーマがもらえるプロダクトコード (封入)

新品価格
¥11,456から
(2017/10/14 00:41時点)