ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


ユミル

【進撃の巨人】ミカサ「最近エレンが冷たい…」クリスタ「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/26(金) 20:23:07.49 ID:mTJAEWQT0

クリスタ「そうかな、いつもと変わらないと思うけど…」

ミカサ「ここに来た頃はアルミンよりも私を優先してくれていたのに…」

サシャ(あれ?始めからアルミンの方が仲良かったと思うんですけど…)ムシャムシャ

ミカサ「最近は僅かにだけど、アルミンを優先している気がする」

ユミル「僅か?あきらかにだ」

クリスタ「ユミル!」

ユミル「…僅かにお前よりもアルミンの方を気にかけてるな」

ミカサ「やっぱり?」

アニ(…アホくさ)

ミカサ「どうしよう…このままじゃお互いのためにも良くない…」

クリスタ「…まかせて!私たちでミカサとエレンの仲を取り持ってあげる!」



続きを読む

サシャ「」ムシャムシャムシャムシャ エレン「…………」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 01:21:08 ID:9RQWJFMw

サシャ「」ムシャムシャムシャ

エレン「……なぁ、サシャ」

サシャ「」ムシャムシャムシャ

エレン「聞いてねぇ……」

エレン「…………」

エレン(なんで俺サシャに食われてるんだ……?)



続きを読む

【進撃の巨人】ジャン「なあライナー、ベルトルト」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/05(金) 20:52:10 ID:gi2QYlWg

ジャン「俺たちは何を見せられてるんだろうな」


ライナー「気持ちは痛いほどわかるが……我慢するしかねぇだろ」


ベルトルト「ミカサがエレンといちゃいちゃするのはまぁ、全然気にならないけど」


ベルトルト「クリスタがユミルといちゃいちゃしてるのはきつい……」


ユミル「パンがほっぺについてるぞ」ペロッ


クリスタ「もう!普通にとってよ……///」


サシャ(食べたかった……)


ライナー「なんだよ!ユミルからの一方的な愛じゃなかったのかよ!」バンッ!


ジャン「いつからだろうな、クリスタまでああなっちまったのは」


ライナー「間違いなく昨日の夜からだ…」



続きを読む

【進撃の巨人】ライナー「チラシ・ズシ?」


※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※原作最新話までのネタバレがあるかもしれません。
ユミル「チキン・ナンバン?」の続きです。

ベルトル「僕等の目的を忘れたわけじゃないよね?」

ライナー「ああ、勿論だ。餓狼として頂点を目指す!」

ベルトル「またブレてる……」

ライナー「なんか言ったか?」

ベルトル「独り言だよ」

ライナー「そうか?」



続きを読む

【進撃の巨人】ユミル「チキン・ナンバン?」


※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。
キルシュタイン「タンタン・メン?」の続きです。
前回(http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1374943083)

ユミル 「ここは普通、クリスタだろ」

クリスタ「何の話?」

ユミル 「独り言だよ」

クリスタ「?」

ユミル (クリスタが可愛いからどうでもいいや)



続きを読む

【進撃の巨人】キルシュタイン「タンタン・メン?」

関連






1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 01:38:03 ID:tfXz5Yno

※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。
ミーナ「ス・ブタ?」(jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1374237367/)の続きです。
※今回は短いです。


ジャン「何で苗字なんだよ……」

ミーナ「何の話?」

ジャン「……独り言だ」

ミーナ「そう?」





続きを読む

ジャン「カレー・ライス?」

関連



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:18:57 ID:HIhB53Gg

※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。
ジャン「ベン・トー?」の続きです。
前回(http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1372165068/)



続きを読む

ジャン「ベン・トー?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:57:48 ID:1crv2fF6

※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。

休暇日 朝

食堂

マルコ「やあ、ジャン。今起きたのかい?」

ジャン「ああ。マルコは休みなのに早いな」

マルコ「慣れかな。目が覚めちゃうんだ」



続きを読む

ライナー「やったー!超大型巨人を倒したぞ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/29(土) 15:39:27 ID:1C5tU9WY

※状況不明、IF物、ネタバレ



ライナー「これで人類は一歩踏み出せる!」

ベルトルト「すごいやライナー!あの超大型を倒すなんて!」

ライナー「まあな!これで故郷にも近づいた!」

エレン「お前いつも故郷故郷言ってたもんなあ」

ミカサ「…シガンシナにも、きっと帰れるようになる」

エレン「ああ、そうだな」

ベルトルト「でもよかったね、ここで鎧の巨人まで出てきたら流石にこう上手くはいかなかったよ」

ライナー「そうだな」



続きを読む

ジャン「お前はエレン=イェーガーだ。」エレン「お前はジャン=キルシュタインだ。」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:16:49 ID:N4b4NJNM

※某笑顔動画のMADに影響されて書くSSです。
※進撃の巨人キャラでPSYCHO-PASSの1話のパロディです。
※死ネタまたは不快になる表現があるので苦手なか方は閉じてください。
※キャラ崩壊注意





続きを読む

ジャン「合コンしようぜ!」エレン「合コン?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/22(月) 20:27:56.43 ID:BjdMx6YR0

エレン「なんだよその合コンってのは」

ジャン「男女が仲良くなるための食事会みたいなもんだ…ってオルオさんが言ってた」

エレン「! オルオさんってあのリヴァイ班の!?」

ジャン「そうだ、あのオルオさんが言うんだから間違いない」

ジャン「だからお前はミカサを含めた面子の方を集めてくれ」

エレン「いや、でも、別に俺は行か」

ジャン「てめぇが来ないとミカサが来ないだろッ!全員分の金は俺が出すから!!頼むッ!!」

エレン「あ、あぁ…分かったよ…」

エレン(なんだよコイツ、気持ち悪いな…)



続きを読む

サシャ「コニーが死にました」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:24:34 ID:BgOMaEQs

ライナー「……は?」

ミカサ「サシャ…なにを言っているの?」

サシャ「……」

サシャ「104期訓練兵、第4班コニー-スプリンガーは…」

サシャ「廊下で!転びっ…!」

サシャ「壮絶な死を……遂げましたあああ!!」

サシャ「うわあああああ!!コニーイイイイ!」

ベルトルト「な……」

アニ「」

ユミル「は……ははっ……」



続きを読む

エレン「うーん、朝のトレーニングは気持ちいいな!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/02(日) 18:05:10 ID:2eUOXW6o

エレン「涼しいし、誰もいないし黙々とやれるからな~」

エレン「よし、戻ってシャワー浴びてすっきりするか」

ライナー「ようエレン、朝トレか?偉いな」

エレン「おおライナー……か!?」

ライナー「俺は俺だが。いやー、目が覚めちまってよ」

ライナー「体動かすかーって思って出てきたら、お前が見えたもんだから来てみたんだが……」

ライナー「……なんだその顔は」



続きを読む

アルミン(はぁ…またこれだよ…)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:02:27 ID:YGWJU862

僕には悩みが一つあるんだ。
それは……

「ねぇアルミン!座学のここがよく分からないんだけど…」

「ミカサと付き合うにはどうしたらいい?」

「クリスタと結婚したいんだが…」

「私がやったと悟られないように女狐を痛めつけたいのだけど」

毎日、どこにいても、色んな人から相談を受けることだ。

いい加減こっちの身にもなって欲しい。
一人で安らげる瞬間と言えば睡眠時間だけである。



続きを読む

ミカサ「アルミン、ちょっと聞いてほしい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/15(土) 10:10:51 ID:WR8vfUJw

※ネタバレあり

ミカサ「アルミン、ちょっと聞いてほしい」

アルミン「どうしたんだい?」

ミカサ「エレンのことでもう我慢ができない。最近ちょっと目を離した隙にアニがエレンに色目を使うようになった。
   
   本人は認めようとしないけど、絶対に嘘。近いうちにあの女狐はエレンを寝とろうとするにちがいない」

アルミン「それは大変だね」

ミカサ「だいたいエレンも私がいくら注意しても煙たがるばかり。あの女狐の危険性がわかってない!」バンッ

アルミン「それでどうしたいの?」

ミカサ「選択肢は二つある。エレンに言い寄るヤツは問答無用で抹殺するか、エレンの寝込みを襲って既成事実をつくるか。

    ただ事態は急を要するから私はどちらも実行するべきだと考えている」

アルミン「それは素晴らしい考えだね」



続きを読む

ミカサ「もう一週間もエレンと寝てなくて死にそう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 01:26:06.70 ID:JVRwr8Uh0

ミカサ「……」ずーん

アルミン「男女別の寮生活はミカサにはこたえるみたいだね」

アルミン「エレンはすごく元気そうなんだけどなぁ」

クリスタ「夜になるとすすり泣くような声が部屋に響くの」

ユミル「幼馴染だろお前なんとかしろよ」

アルミン「って言われても僕にはどうしようも…」

アルミン「ミカサはどうしたい?」

ミカサ「……」ずーん

アルミン(う、なんて陰鬱なオーラを放つんだ…せっかくの楽しい晩御飯が)



続きを読む

クリスタ「好きとか、そういのじゃなくて……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:28:24 ID:UqatG66M

―――馬術の訓練―――

ユミル「おーいクリスタ、なかなか上手く扱え……」ピタッ
クリスタ「だから! エレン、 ここはこう持って、こうするの!」
エレン「ほうほう。こんな感じか?」
クリスタ「うん、そんな感じ。それで、そうそう、あとは……」
エレン「お、おお、ありがとな! なんか掴めた気がする……」

ユミル「……」
ユミル(なんか、入りづらい)


※ネタばれ、一部キャラ崩壊あり

 よろしくお願いします。



続きを読む

エレン「何でアルミンの下半身が潰れてるんだ・・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/02(日) 01:42:21 ID:Qb0Sqe36


エレン「アルミン?おいアルミンっ!返事しろよおい!」

アルミン「う・・エ・・・エレン、ミ・・カサ。あとは・・・頼ん・・だ・よ」

ミカサ「アルミン喋っちゃダメ。すぐに衛生班が来る。」



続きを読む

アニ「暇な休日「」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/15(土) 22:45:02 ID:M5rwxSYA

アニ「……暇だ」

アニ「……」

アニ「…買い物にでも行くか」



続きを読む

クリスタ「胸揉みたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/22(水) 21:52:09 ID:S3Su9oMI

クリスタ「ユミルってさ」

ユミル「ん?」

クリスタ「私より胸大きいよね」

ユミル「まあ…お前と二歳違うしな」

クリスタ「あのさ」

ユミル「…なんだ」

クリスタ「揉んでいい?」

ユミル「えっ?」



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)