ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


リヴァイ

ハンジ「ヘンな顔して待ってても来ない?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/05(火) 20:49:36 ID:WNVlwc7w


※リヴァハンです
※進撃中のお話

そんなに長くはならない予定です



続きを読む

エレン「進撃の調査兵団総務部」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/11(水) 17:17:23 ID:4l6Ybb.A

※ちょっと前に思いついたネタです。言い出しっぺの法則
※トロスト区奪還→各兵団入団後のおはなし。
※クレタ人はうそつきです



続きを読む

リヴァイ「観念しろ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/11(月) 15:07:30 ID:8qKPnxhU

リヴァイ「エルヴィン」

ブレードの刃先がエルヴィンに向けられる。

リヴァイは、巨人と対峙した時よりも険しい表情をして睨み付けていた。

かつて、彼がゴロツキだった頃を彷彿とさせる表情だ。

いや、その頃よりも強くなった分、更に凶悪になっているとも言える。



続きを読む

エレン「ここのお茶は美味しい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 00:37:58 ID:fRtP0d.M

「失礼…します」

部屋にはいると呼び出し人はすぐ左にいた。反射的に右に飛び退く。

「昨日、見たね」
「あ、あのっ」
「見たね?」

真顔でジリジリと距離を縮められる。

そして、

ドアを閉められた。

ーーーーーー
ーーーーー
ーーー



続きを読む

ジャン「こっちのテメェは巨人じゃねぇんだな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 23:28:42 ID:RDrXX8BY

このスレを開いてくださった全ての人達には申し訳ありませんが、ホモ要素はありません。

エレン達が内地の大浴場(温泉)に行く話です。
書き溜めはあんまりないんで少しずつ進めていきます。



続きを読む

ハンジ「エルヴィンのヅラヴィンをヴィンヴィンしてくる!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/28(土) 21:49:15 ID:kMiWRQoM


ハンジ「ハンジは 吹き戻しを 手に入れた!」

ハンジ「ふーっ」

ぴゅるるるるる→

ハンジ「………ふう」

ひゅるるるるる←



続きを読む

リヴァイ「はじめての冬」

1: ◆uSEt4QqJNo 2019/12/25(水) 18:39:13 ID:hppQuN1k


窓が風でカタカタと鳴っている。外に立ち並ぶ常緑樹以外のほとんどの木々が落葉し、丸裸だ。
もう季節は冬になっていた。

リヴァイが調査兵団へ来てから数ヵ月が経つ。
ファーランとイザベルがいなくなり、その後同室の者も減り、今はリヴァイだけになっている。

誰もいないだだっ広い部屋はひどく寒い。
それをわかっているのか時おり人がやって来る。もう見慣れたというより見飽きた顔の者たちが。



続きを読む

リヴァイ「俺より背の低い奴を探す」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 14:10:06 ID:pV/YTFjk

エレン「急にどうしたんですか」

リヴァイ「なぁエレン、俺は背が低いだろ?」

エレン「べ、別にそんな事は…」

リヴァイ「正直に言え」

エレン「う…比較的低いんじゃないでしょうか…」

リヴァイ「やはりか…」



続きを読む

エレン「ほら、クリスタのアドレス聞いてきてやったぞ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 02:18:30 ID:UPd.8b1w

・現パロ、高校生
・メールが主流の時

―放課後・1年2組教室―

アルミン「あ、ありがとうエレン……君は本当に勇敢だよね」

エレン「何言ってんだ、隣のクラスに行ってアドレス教えてくれって言うだけだろ」

アルミン「世の中の男子学生はそれを言える人の方が少ない気がするよ」

エレン「そうか?」

アルミン「そうだよ」

エレン「まあちょっとは焦ったな、周りがざわついたし」

アルミン「ちなみに、君は何と言ってアドレス聞いたの?」

エレン「そりゃ、『オレの友達がお前のアドレス知りたいって言ってるんだけど教えてくれないか』って」

アルミン「そっか、それだけ?」



続きを読む

リヴァイ「特別な存在だからです」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/01(月) 05:52:41 ID:owDMPU3s



調査兵団の食堂。
先程まで夕食をとる兵士で賑わっていたが、今では静けさを取り戻している。
その静けさの中、リヴァイは一人座っていた。
明日は壁外調査。
そんな日はこうやって、夕食前から食堂の一番奥の椅子に陣取り、夕食終了の鐘が鳴り兵士がいなくなるまで、だらだらと食堂に居座るのだった。


席が八割程埋まっていたな、そんな事を考える。明日の夕食では同じだけ埋まる事はないだろう。
明日の調査は順調で、一人でも多くの兵士がここで再び夕食を共に出来るように…一人一人の顔を思い浮かべて
そろそろ部屋に戻るかと、席を立とうとしたところに、ガラッと扉の開く音が聞こえた。



続きを読む

ハンジ「やさしさで出来ています」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 03:24:32 ID:rSzI10kM


ハンジ「研究室追い出された」

リヴァイ「ほう…それで?」

ハンジ「明日の昼まで帰って来るなって言われた」

リヴァイ「ほう…それで?」

ハンジ「川にキャンプに行こうぜ!」

リヴァイ「帰れ」



続きを読む

エレン「これが…調査兵ダンス」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/23(火) 15:58:53 ID:bvezg81c

※スレタイにダンスと書きながら、ダンスの描写はほぼ無し。 意味不


ハンジ「大丈夫?エレン」

エレン「は…はい…」

ハンジ「リヴァイは歯止めの利かないおっさんだからね」

ハンジ「ともあれこうして生きていられるんだから許してあげてね」

エレン「は…はい」

リヴァイ「おい」ドカッ

エレン「! は、はい」



続きを読む

エレン「釣りしようぜ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:08:35 ID:DRXZRy8o

――回想

ショタミン「この本によると海にはマグロとかカジキっていう巨人みたいなデカイ魚が居たんだって!」

ショタエレ「嘘つけ!そんなデカイ魚いたら人間なんか食われちまうだろ」

ショタミン「釣り師って人達や漁師が何時間もかけて釣り上げてたんだって。ロマンを僕らも味わおうよ」

しかし、海には出られるわけもなく。当然の流れで獲物は手近にある巨大な生物になった。



続きを読む

リヴァイ「30越えてもセ○クスしなかったら人類最強になった」

SS速報VIP:リヴァイ「30越えてもセ○クスしなかったら人類最強になった」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:37:37.69 ID:Hi4Dd2f90

エレン「ホモミン! 聞いたか、例の話!」

ホモミン「え、何の話? と言いたいところなんだけど」

ホモミン「僕の名前いい加減ホモミンていうのやめてくれない」

エレン「何言ってんだホモミン、俺はお前をアルなんて呼ばないぞ」

(それは数週間前の事……
 アルミンは訓練兵団に入団してから一年、常にエレンの隣にいた事で
 「ホモミン」というあだ名がついてしまった)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370111857




続きを読む

エレン「兵長がイメージと違う・・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 11:13:20 ID:y4Fjfc82

旧調査兵団本部

リヴァイ「・・・掃除は終わったな?」

エレン「は、はい! 隅々まで清掃しましたっ!」

ぺトラ「こちらも完了しました!」

リヴァイ「・・・よし ペトラ・・・着替えもってこい」

ペトラ「は! ただいま!」

リヴァイ「・・・エレン、お前はもう休んでいいぞ」

エレン「は、はい! エレン・イェーガー! 休憩に入りますっ!」



続きを読む

リヴァイ「窓に映る雪の影」

1: ◆uSEt4QqJNo 2018/12/25(火) 23:49:37 ID:/7f2JCxw



「なぁ、リヴァイの誕生日っていつなんだ?」


そう聞いてきたのは誰だったか。
調査兵団の食堂で飲み会を開いていた時で、リヴァイがまだ顔と名前をはっきりとは把握していない頃だった。

調査兵団に残ると決め、それならば飲み会に参加したほうが早く馴染めるだろうと何度か無理矢理参加させられた。
その何度目かの飲み会の席だった。



続きを読む

ハンジ「みんなの贈り物」

1: ◆uSEt4QqJNo 2018/09/30(日) 17:59:53 ID:K/9dguUM




「あ」


昼食を食べ終わり、
コニーと共に頬杖をついてぼぉーっとしていたサシャが唐突に顔と声をあげた。


「なんだ? また腹でも減ったのか?」


その声にコニーは頬杖のまま身動きをしたないまま口を開いた。



続きを読む

リヴァイ「束の間の」

1: ◆uSEt4QqJNo 2017/12/25(月) 23:15:56 ID:vrZuEj5M



ガタガタと廊下の窓が震えた。
外はどうやら風が強いらしい。窓の隙間から入る冷気が静かな兵舎内を冷やしていた。

そんな冷たい風が吹く外から振り下ろされる槌の音がする。
あれを「地獄の処刑人」と名付けたのはハンジだったか。そう思い、リヴァイは窓から見える壁に目を向けた。

巨人を掃討する為に作られた通称「地獄の処刑人」。エレンの硬質化能力で生み出されたそれらは幾つも壁に設置された。
その威力はすさまじく、来年の春か夏頃には壁の外にいる巨人共を消し去ってしまえるかもしれない。
調査兵士が幾人か掛かりで一体の巨人に向かい、犠牲を出して殺していた。それが今では……。

余計な感傷を振り払うかのようにリヴァイは軽く頭を振ると書類仕事をこなすために長い廊下を歩いていった。



続きを読む

リヴァイ「腹が痛いのか?」ペトラ「せ、生理…ですっ//」

SS速報VIP:リヴァイ「腹が痛いのか?」ペトラ「せ、生理…ですっ//」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505575555/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/17(日) 00:25:55.16 ID:VYeyAGA80

リヴァイ「…セイリ?」

ペトラ「ふぇぇっ?!知らないんですか?」

リヴァイ「何だそれは」

ペトラ「えっ…と…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505575555




続きを読む

ハンジ「騒がしい音」

1: ◆uSEt4QqJNo 2017/09/05(火) 23:12:28 ID:OP7/7x5M




壁内外に「地獄の処刑人」の音がこだまする。
人々が活動を始める朝から夕方にかけてそれはひっきりなしに鳴り続けている。


「今日も『処刑人』は頑張ってるな」


兵舎の窓から見える壁を見ながらジャンが言った。外は快晴で青空が広がっている。
それを眩しそうに目を細めながらジャンは複雑な思いでいた。



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)