ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


久宇舞弥

イリヤ「お母様!腕相撲しよ!」アイリ「ええ、いいわよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 18:38:34.95 ID:8a+BujQW0

イリヤ「ていっ!」

アイリ「きゃぁ。負けちゃった」

イリヤ「お母様、よわーい」

アイリ「ふふ。そうね。イリヤは強いわ」

セイバー「アイリスフィール、腕相撲ですか?」

アイリ「ええ」

セイバー「イリヤスフィール、次は私と勝負しましょう」

イリヤ「いいよ。負けないけどね」

セイバー「それは楽しみだ。……では」グッ

イリヤ「レディー……ゴォ!」

セイバー「はっ!!」バタンッ

イリヤ「……」

セイバー「ふっ。私の完勝ですね」

アイリ「セイバー……」

イリヤ (´;ω;`)ブワッ



続きを読む

セイバー「きりつぐー♪」切嗣(セイバー、うざいな……)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 10:03:15.76 ID:ThljOhqj0

セイバー「……」

切嗣「これが……セイバー?」

アイリ「女の子……なのね……」

切嗣「……いこう。アイリ」

アイリ「ええ……」

セイバー「……マスター、ですね?」

切嗣「……」

セイバー「なるほど。なるほど」ギュゥゥ

切嗣(なんだ……?どうして腕にしがみつく……)



続きを読む

セイバー「きりつぐー、胡桃みつけましたー」切嗣「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 08:52:15.89 ID:rnZNgJ1G0

セイバー「ほら、こんなにありますよ?」

切嗣「イリヤ、ここは場所が悪い。向こうに行こうか」

イリヤ「う、うん……?」

セイバー「……」

セイバー「まだ、足りませんか。いいでしょう。この森の胡桃という胡桃をこの手に……」

セイバー「そして切嗣にクルミマスターとして認めてもらうのですっ」

アイリ「セイバー……」



続きを読む

セイバー「鼻からエクスカリバー出せます」切嗣(なに!?)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 22:51:27.72 ID:5s8IqGEEO

アイリ「そんな特技があったのね! 見せてくれるかしら?」

セイバー「いえ、マスターの命令が無ければ出すわけには……すみません、アイリスフィール」

アイリ「そんな……」

切嗣(くっ……僕だって凄く見たいけど、セイバーに話し掛けるわけには……!)

セイバー(ふふふ……これでマスターも興味を持って話し掛けてくれるに違いない
酒の席で酔ったランスロットに無理矢理やらされた芸だが、こんな所で役に立つとはな)



続きを読む

ケイネス「サイボーグ手術だと?」

SS速報VIP:ケイネス「サイボーグ手術だと?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453605537/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 12:18:58.20 ID:/pJZu+7c0


ケイネス「ず、随分とふざけた事を言ってくれるじゃないか....君達。
魔術師である私が仮にも科学の力で機械の体になるとは....」




???「我々は大真面目ですよ、ケイネス公?」

???「体中の神経系が機能せず、魔術回路はズタボロ。」

???「仮に腕利きの『人形師』に頼ったとしても魔術回路の復活は望めません。」

???「この先、聖杯戦争をどう勝ち抜いていくおつもりですか?」



ケイネス「それは....」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453605537




続きを読む

ケイネス「またループから脱出できなかったか....」

SS速報VIP:ケイネス「またループから脱出できなかったか....」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453304483/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/21(木) 00:41:24.06 ID:u9SO3zIf0

切嗣「僕には、な」 パッチン

ターンッ
舞弥「」
ターンッ
ターンッ

ケイネス「....カハッ」ドサッ

ケイネス「....ソ..ラウ....」


切嗣「....」

ケイネス「あ”あ”....殺せ...殺してくれ....」

切嗣「悪いがそれはできない契約だ」


セイバー「....」チャキッ 

ザシュッ、、、、

--------------------------------
-------------------------
------------------
------------
-------
----
ガバッ

ケイネス「~~~~ッッ!??」

ケイネス「....」汗タラタラ


ケイネス「なんだ....夢か。やけにリアルだったな」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453304483




続きを読む

切嗣「妻と愛娘がヤンデレすぎて生きるのが辛い」

SS速報VIP:切嗣「妻と愛娘がヤンデレすぎて生きるのが辛い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428035790/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 13:36:30.71 ID:7C+v4njr0

セイバー「初の会話かと思えばいきなり何を言い出すんですか」

切嗣「いいから聞いてくれ、英雄様にでも話さないとやっていられないんだ」

セイバー「まぁ、マスターである切嗣とこうして話せるのは嫌いじゃありませんから別に構いませんが」

セイバー「それで、アイリスフィールがヤンデレだと?」

切嗣「あぁ、どれだけヤンデレているかはエピソードと共に語ろう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428035790




続きを読む

アイリ「セイバーがね……」ニコニコ 舞弥「……」

SS速報VIP:アイリ「セイバーがね……」ニコニコ 舞弥「……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435240732/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 22:58:52.75

アイリ「私の手をとって『足下にご注意くださいお姫様』って」

アイリ「ふふふ……本物の騎士様にエスコートされるのってドキドキしちゃうわ」ニコニコ

舞弥「……」

アイリ「セイバーでもああいう風な冗談言うのねえ」クス

舞弥「……」

アイリ「あっ、あと前にもセイバーが……」ニコ

舞弥「……」





舞弥「(主従百合……尊い…)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435240732



続きを読む

士郎「なんかおかしいような……」

SS速報VIP:士郎「なんかおかしいような……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434505919/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 10:51:59.62

切嗣「そうかな?」

イリヤ「普通の家族じゃない?」

アイリ「そうよシロウ、何もおかしくなんてないわ」

士郎「う~ん?」

セイバー「シロウが違和感を感じるならきっと何かがあるのでしょうが、判別しない程なら気にすることはないかと」

モードレッド「そうだぜ、こまけえ事は気にすんなよ」

ガウェイン「確かに何かおかしい気もしますねえサー・ランスロット」

ランスロット「サー・ガウェイン、王が気にせずとも良いと仰っているのに掘り返すつもりか?」

士郎「うん……うん??」

舞弥「士郎は心配症ですね、お姉ちゃん心配です」

セラ「一つ違和感があるならば、貴方が違和感を持っている事に違和感を持ちます」

リズ「イリヤ、口の周りにチョコついてる」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434505919



続きを読む

切嗣「アイリがネットにハマった結果……」

SS速報VIP:切嗣「アイリがネットにハマった結果……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427902161/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/02(木) 00:29:21.90

切嗣「……」

イリヤ「キリツグ、どうしたの?」

切嗣「少し、考え事をね」

イリヤ「……それって、お母様の事?」

切嗣「あぁ……突然だけど、僕はアイリにパソコンを与えてよかったのか今でも悩んでいる」

切嗣「何故かって?理由を話すと長くなるけど……」




-5年前-






切嗣「アイリ、これがパソコンだよ」

アイリ「えーと、この板みたいなので伝言を刻み込むのね?」

切嗣「刻み込むというよりは、入力するが正解かな。慣れればわざわざ使い魔を用意しなくても……」カタカタ

切嗣「これ一つでメッセージを送る事が出来る」タァン!

アイリ「うーん、でもこの箱伝言を伝えに動かないわよ?」

切嗣「いやいや、もう既に相手にメッセージは届いているんだ。ほら、返事が来た」ピロン


『こちらに異常はありません。引き続き調査を行います』


切嗣「と、まぁこのようにメールだろうがなんだろうが、ほとんど時間をかけずに相手に伝えたい事を伝える事が出来る」

アイリ「すごいわ、切嗣!!これが機械というものなのね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427902161



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)