ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


五更瑠璃

京介「俺と結婚したら桐乃はお前の義妹になる」あやせ「!?」ガタッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14(日) 22:34:12.32 ID:9MXAiet80

あやせ「……な、なにを言い出すかと思えば……」アハハ

京介「いや、俺は別にどっちだっていいんだぞ?あやせ可愛いから、結婚できるならしたいなぁーって思ったくらいだし」

あやせ「かかかかかか可愛い?!頭でも打ったんじゃないですか!!!」

京介「打ってねぇよ。俺は至って冷静だ」ハハハ

あやせ「で、でも……は、話……」

京介「ん?」

あやせ「は、話が急すぎます!!」カァァ

京介「あれ?顔赤いぞ?熱でもあんのか?」ピトッ

あやせ「」

あやせ「なななななななななにしてるんですか!!!」ドンッ

京介「いってぇ!何って……熱あんのかと……」




続きを読む

京介「俺の妹は、世界一可愛い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 18:07:41.84 ID:v1nLvYhW0

ライトノベル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のSSです

11巻の続きを妄想したもので、終盤にヒロイン2人のルート分岐あり

アニメしか知らん&原作全部読んでねーって人でもたぶん読めます



続きを読む

桐乃「エロゲーするから手伝って」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:39:26.23 ID:EGSJ7ji30

桐乃「ほら、手つなぐシーンなんだから早く繋いでよ」

京介「ま、マジで?」

桐乃「ほんと使えないわね、早く」

京介「わ、分かったよ・・・」ギュ

桐乃「へへ・・・」

京介「・・・全部ゲームの中と同じことするのか?」

桐乃「うん」

京介「こ、これって、エロゲー・・・だよな」

桐乃「はぁ?最初に言ったじゃん」

京介「……」

京介(つまりエロシーンもあるわけで・・・)

桐乃「つ、次キスシーンくるから・・・ID腹筋」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:42:12.19 ID:GdBZ0MLl0

腹筋するから早くしろよ



続きを読む

桐乃「黒猫ルート?」

SS速報VIP:桐乃「黒猫ルート?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364818738/



1: ◆1BrjSSUSHI 2013/04/01(月) 21:18:58.76 ID:N5VbjKIH0

桐乃「じゃあ、とりあえずメルルでも見よっか」

黒猫「なにが、とりあえずなのよ」

黒猫「今日はマスケラのブルーレイを持って来ているわ」

黒猫「それを見ましょう」

桐乃「ここ、アタシの家なんだけど」

桐乃「なんであんな厨二病アニメ、見なきゃなんないし!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364818738




続きを読む

京介「俺の妹があああ!!妹がああああああ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/10(日) 08:30:07.60 ID:tTFrJ7YWO

京介「な、な、な、なんだよこれえええ!!!」

京介「エロゲじゃああああん!!!」

桐乃「わああああ!!!見るなああああ!!」

高坂母「ただいま……ってアンタなに持ってるのおおお!!!」

桐乃「いやあああ!!見ないでえええ!!」

京介「うおおおお!!!」

ベキィ!!!

高坂母「ぎゃああああ!!!」

桐乃「お母さあああああんんん!!!」



続きを読む

桐乃「純愛っしょ」京介「うーん…陵辱かもな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/28(金) 00:41:25.15 ID:NWg6Ko2G0

※はじめに

この物語は桐乃への性表現・暴力表現が含まれる可能性があります。

きりりんを愛でている方、または京桐を愛している方はご注意ください。



続きを読む

黒猫「は?お泊り?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 13:55:03.01 ID:00O3EbAkO

トゥルルル…

ガチャ

桐乃「もしもし?」

黒猫「私よ」

桐乃「何か用なの?」

黒猫「マスケラのDVDを貸してあるでしょう。今すぐ返して頂戴」
桐乃「ハァ?まだ見てないんだけど」

黒猫「今すぐ見たい気分なの」ハァハァ

桐乃「…わかったわよ。じゃあ家に来なさいよ。今日家に誰もいないから」

黒猫「お兄さんも?」

桐乃「何よ、会いたいの?」

黒猫「馬鹿を言わないで頂戴」
桐乃「キモ」


ガチャ


桐乃「…はぁ」



続きを読む

桐乃「何であんた黒いのといるの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:35:37.56 ID:3hsaXXCC0

京介「ん? あぁ、なんだ桐乃か。なんでって・・・・・・別におかしくないだろ?」

黒猫「あら、うちの兄さんに何か用かしら?」

桐乃「うちのって・・・・・・っ! ふざけてんの!?」

黒猫「別にふざけてなんていないわよ、私はスイーツ(笑)が兄さんに何か用なのか尋ねただけ」

桐乃「だ・か・らっ! その『兄さん』ってのがふざけてるっていってんでしょ!」

黒猫「何を言っているの? 兄さんは兄さんよ。逢って早々に訳のわからないことを言わないで頂戴。気でも違えたのかしら?」



続きを読む

桐乃「だれ・・・ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 12:12:09.22 ID:X7bGJIEj0

桐乃が事故にあって数ヶ月が過ぎた
事故の後遺症で記憶喪失になった桐乃は俺の事を全く覚えていなかった
傷も治り退院して我が家に帰ってきたわけだが・・・

京介「ここがおまえの部屋だぞ」

桐乃「・・・・」

京介「なにか思い出したか?」

桐乃「すみません・・・何も」

京介「その、なんだ・・・ゆっくり思い出していけばいいさ」

桐乃「・・・はい」

京介(あの生意気でエロゲ好きだった桐乃の面影は全くない・・・この部屋を見れば何か思い出してくれると思ってたんだが・・)

桐乃「これ、わたしのですか?」

京介「あ、あぁ・・・え、えろげ・・・あ、いや・・・そのぅ・・・」

桐乃「わたしのなんですねこれ」

京介「そうだ・・・それはおまえが好きだったえ・・・えろげだ」

桐乃「・・・・・」

京介「その、なんだ・・・何なら俺の部屋にでも置いておこうか?ソレ」




続きを読む

黒猫「よくぞここまで辿り着いたものね」親父「ここは私の家だ」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/01(水) 02:12:59.75 ID:HjaiVQUg0

黒猫「よくぞここまでたどり着いたものね……って、え?」

親父「ここは私の家だ。君は誰かね?」

黒猫「お、お父様でいらっしゃいましたか!すみません、私先輩と同じ学校の者で」

親父「京介の知り合いか、どういう関係だ。なぜここにいる?」

黒猫「先輩とは、その、同じ部活でして」

黒猫(ど、どうしよう、彼女って言っちゃっていいのかしら……)



続きを読む

麻奈実「京ちゃんとお風呂」


ピンポーン

京介「はいはい、今出ますよっと」

ガチャ

京介「なんだ麻奈実か」

麻奈実「えへへぇ、京ちゃんこんにちはー」

京介「おう、どうしたんだ?突然」

麻奈実「えっとね、ちょっと人生相談......」

京介「お前が?俺に?逆じゃね?」

麻奈実「またそういうこと言うんだからぁ」

京介「だってお前俺のおばあちゃん的立場じゃん 」

麻奈実「ひどいよぉ......私だって悩みくらいあるよ」



続きを読む

日向「高坂くんとお風呂」


ズチュズチュッ

黒猫「あっ……あっ……なんで今日は私のうちのお風呂でしてるのよ……はぁはぁ」

京介「仕方ないだろ……昨日うちで恐ろしいことがあったんだ……」

ズチュズチュッ

黒猫「恐ろしいことって?はぁう!そ、そんな後ろから突かれると……」

京介「はぁはぁ……絶対いいたくねぇ……っていうかお前に知られたら死ねる」

ズチュズチュッ

黒猫「浮気しまくってるくせに……あっ……ああっ……」

京介「いいだろ……お前だってしたそうにしてたじゃねぇか……」

黒猫「そ、それはディスティニーレコードに従ったまでよ……ああーーーっ」

グリグリッ

京介「くぅー、やっぱお前の気持ちいい……もう……出そう」

ガララ

日向「ただいまー」

珠希「ただいまですー」



続きを読む

沙織「京介殿とお風呂」


沙織「京介殿ー遊びにきたでござるよー」

京介「え、聞いてないんだけど」

沙織「お邪魔するでござる」

スタスタ

京介「お、おい」

沙織「一緒にプラモを作るでござるよ」

京介「はぁ?なんで?」

沙織「ほらっ、塗装はこのカラーを塗るでござる」

スッ

ベチャ

沙織「おっと、こぼしてしまった出ござるwwwこれはお風呂に入らないと駄目でござるね」

京介「お前……桐乃から何か聞いた?」

沙織「京介殿がお風呂でハーレムを作っていると聞きましてな、こうして来たでござる。ぬふふ♪」

京介「あ、あいつなんでしゃべってんだああああああ!」



続きを読む

黒猫「先輩とお風呂」


京介「ふぅー。今日は休みだからゆっくり風呂に入れるぜ」

京介「昼間から風呂を独り占め……贅沢だな」

京介「昨日はあやせと桐乃が一緒に入ってきて大変だったからな……」

ビクビクッ

京介「や、やべ思い出したら……」

ガララ

黒猫「……」

京介「く、黒猫!?」



続きを読む

桐乃「兄貴とのキスが気持ちよすぎてやめられない」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:21:32.30 ID:58TXbbuf0


 コンコン

桐乃「おにいちゃーん……」コソッ

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…うん、ちゃんと寝てるわね……」

桐乃「睡眠薬、ちゃんと効くんだぁ……」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…馬鹿面ね」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…ほんと、馬鹿兄貴……」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「……」

京介「zzzZZZ…」

 ギシ…

桐乃「……」

京介「zzzZZZ…」



続きを読む

桐乃「あたしはブラコンじゃないって!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/11(水) 20:19:20.31 ID:Wk1uDimX0

あやせ「本当に?」

加奈子「えー、桐乃ってすっげえブラコンっぽいんだけど」

桐乃「だから、そんな事ないってばー!」

加奈子「いひ。焦ってる桐乃っておもしろ~い!」

桐乃「もー、いい加減怒るかんね!?」

あやせ「……じゃあ、試してみよっか」



続きを読む

桐乃「兄貴の部屋のごみ箱から使用済みコンドームが…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:32:03.16 ID:R9Dv3nBD0

桐乃「私には生でするのに」



続きを読む

京介「お前のノーパソなんか画面青くなったぞ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/18(土) 00:47:54.41 ID:GwUYVRYO0

京介「変な英語みたいなんも出てきたしどーなってやがんだ?」

桐乃「な……な…。アンタまさか…」

京介「もしかして不良品かコレ? なんも反応しねーし」



続きを読む

桐乃「兄貴の部屋にコ○ドームがあった件」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:25:32.78 ID:1FObQ2lg0

別に兄貴の部屋に入ったのは特にやましい事があったわけではない。
ただ貸していたゲームを回収する為だけに入ったのだ。
しかし、机の上に上にあったのは、袋が繋がったコンドームだった。

「しかも、1個は使用済みだし…」

兄貴がこんなことしてるかと思うとゾっとする。

「キモッ」

想像しただけで思わず言葉が出てしまった。

…でも、誰とだろう。
まさかあの地味子?
ははは、まさかね。
あの女がそうそう簡単に股を開くとは思えない。
と、言っても他に女友達なんていたかしら…



続きを読む

桐乃「それ……兄貴のシャツ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/08/10(火) 18:12:09.17 ID:gRl//XrZ0

黒猫「……」

桐乃「まさかとは思うけど……匂いを嗅いでた?」

黒猫「……えっ、あ、その」

桐乃「うわっ、マジでそうなの!? キモっ! チョー引くんですケド!」

黒猫「……」



続きを読む
スポンサードリンク
お知らせ
タグページの記事一覧について

メッセージをいただいて気づいたのですが、
ライブドアブログ様の仕様変更で最大1000記事までしか表示できないようになっております。

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

メッセージで教えていただき本当にありがとうございます。
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)