ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


側近

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/12(水) 06:38:44 ID:8kmi6xWI

魔王の城――

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

側近「なにをおっしゃいますか、弱音を吐かないで下さい」

魔王「そう言うけど、知ってるかい? 勇者一行が今まで全滅した回数?」

側近「報告ではパーティー全滅が十三回、勇者死亡が二十回、戦士死亡が――」

魔王「この報告おかしいよね。今までずっと思っていたけど」

側近「流石が魔王様、お気づきになりましたか」

側近「この記録は勇者一行が我らの領土に踏み入れてからのもの。正確な記録ではございません」

魔王「違うって。なんで勇者一行は死んでも蘇るんだよ!!」



続きを読む

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SS速報VIP:勇者「魔王城がなんかおかしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490522045/



1: ◆7Zp87oOK/2 2017/03/26(日) 18:54:06.03 ID:vZPncf+A0

戦士「ついに魔王城に着いたな」

魔法使い「いよいよね」

僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」

戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」

勇者「ああ……」

戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」

魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」

僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」

戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」

戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」

魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」

僧侶「勇者さん、行きましょう!」

勇者「ああ。だが……」

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490522045




続きを読む

魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」

SS速報VIP:魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490100910/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 21:55:10.75 ID:NY4sd73bo



とある世界の、とある魔王の城――――


魔王「ん?うーんん…」

側近「魔王さま、お目覚めでございましょうか」

魔王「うん?おお、側近か…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490100910




続きを読む

女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」

SS速報VIP:女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489868005/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:13:26.13 ID:X6yHOnZk0

勇者「え?性器?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489868005




続きを読む

魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」

※男の娘



SS速報R:魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1483880000/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/01/08(日) 21:53:20.78 ID:gwwB41gP0

---魔王城---


側近「魔王様、勇者が攻めてまいりました」

魔王「えー、めんどくさ」

魔王「皆でがんばって倒してよー」

側近「なるべくがんばりますが、覚悟しておいてください」

魔王「はーい」


---魔王城 広間---


勇者「あと少しだ、行くぞ皆!」

魔法使い「くらえっ!」ドン

戦士「ここは俺らが引き止めてる、行け勇者!」ザンッ

勇者「いやしかし」

魔法使い「この数が見えないの!?」

戦士「すぐに追いつく、早く行け!!」

勇者「みんな、すまない!」

勇者「ここは任せたぞっ!」ダッ



続きを読む

側近「では、結婚しますか?」

SS速報VIP:側近「では、結婚しますか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481450562/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 19:02:43.22 ID:glNesy3z0

青年「はい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481450562




続きを読む

魔王「七つの大罪。」

SS速報VIP:魔王「七つの大罪。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476007937/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 19:12:17.80 ID:32m/l3y3o


側近「魔王様、復活おめでとうございます。」

魔王「うむ。早速だが、我がしもべ共を召喚するぞ。」

魔王「出でよ、我がしもべ!七つの大罪よ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476007937




続きを読む

魔王「俺の体臭がやばい」

SS速報VIP:魔王「俺の体臭がやばい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470218651/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/08/03(水) 19:04:11.33 ID:voHP6eV+0

側近「遂に魔王様が復活されるぞ……!!」


500年前、大賢者により封印された魔王。
その魔王の封印が今、解かれようとしていた。


北のドラゴン「500年――長いようで短かった」

西の悪魔「ウケケ。伝説となった大賢者とはいえ、所詮は人間。魔王様復活まで寿命はもたなかったなァ」

東の妖姫「ふふ…500年前の魔王様の武勇、心強いと同時に身震いがしますわ」

南の地蔵「細身ながら、数々の勇者を葬ってきた猛者じゃからのう」

側近「思い出話はそこまでです。見なさい、封印の力がどんどん弱まっている……」

ゴゴゴ…

側近(さぁ目覚めて下さい魔王様…そして、人間達に恐怖と絶望を!!)

北のドラゴン「なぁ…何か、空気がおかしくないか?」

西の悪魔「そう言われてみや…全身の感覚器官がゾワゾワするっつーか……」

東の妖姫「魔力……にしては、少々妙ですわね」

南の地蔵「見るのじゃ! 魔王様の封印が!!」

側近「!!?」


カッ――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470218651




続きを読む

老勇者「なぁ僧侶さんや、魔王城はまだか?」老僧侶「もうおじいさんってば」

SS速報VIP:老勇者「なぁ僧侶さんや、魔王城はまだか?」老僧侶「もうおじいさんってば」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465673639/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 04:33:59.66 ID:yMZG2K8IO


老僧侶「魔王はもう倒したでしょ?」

老勇者「あれぁ?そうだったかいのう……??」


老僧侶「そうですよ……それよりおじいさん、今日は息子夫婦が遊びにくる日なんですから部屋の掃除をしないと」

老僧侶「はいそこどいて、雑巾がかけられないじゃないですか」

老勇者「おお、すまんすまん……そうか今日は息子たちが来る日だったか……すっかり忘れとった」

老僧侶「もう…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465673639




続きを読む

魔王「和睦、だな」

SS速報VIP:魔王「和睦、だな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463753590/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/20(金) 23:13:10.82 ID:eEg8XdoN0



側近「……は、今、なんと?」

魔王「土王まで敗れては仕方あるまい。これからは和睦に向けて動く」

側近「し、しかし! それでは我ら魔族はどうなるのですか!? お考え直しください!」

魔王「ならん。どうにも我は人間どもを甘く見ていた。これ以上、我が同胞が殺されゆく惨状には耐えられぬ」

側近「ですが……!」

魔王「だからな、側近よ。出陣の準備だ。」

側近「……はい?」

魔王「だからこそ、打って出るのだ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463753590




続きを読む

王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」

SS速報VIP:王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460463767/



1: ◆qgBybRRn7IKS 2016/04/12(火) 21:22:47.85 ID:A/JtKewSO

王「………は?」

勇者「いえ、この装備です。チェンジで」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460463767




続きを読む

皇帝「朕朕詐欺をやろう」

SS速報VIP:皇帝「朕朕詐欺をやろう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459073265/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:07:45.78 ID:PR8HxrYwo


――ある帝国の城――

大臣「陛下、隣国の女帝は着々と軍備を整え、いつ我が国に攻め込んできてもおかしくない状況です」

大臣「こちらとしても、何らかの手を打ちませんと……今のままでは確実に我が国は敗北します」

皇帝「分かっておる。しかし、軍備を整えるにせよ和解するにせよ、まずは資金をかき集めねばならん」

大臣「おおっ、つまり増税や産業の活性化を!?」

皇帝「いや、そんな暇はあるまい。もっと手っ取り早く金を稼がねばならん」

大臣「その通りです……が、何か手立てはあるのですか?」

皇帝「朕朕詐欺をやろう」

大臣「ハァ!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459073265




続きを読む

大魔王「魔王が勇者に破れただと!?」

SS速報VIP:大魔王「魔王が勇者に破れただと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457405720/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 11:55:20.70 ID:a8zBs06DO

側近「はっ、大魔王様より授けられた闇の衣を封じられ、勇者一行の波状攻撃に耐え切れず……」

大魔王「信じられぬ。例え我が闇の衣が無くとも、魔王には自慢の形態変化が有ったはず」

大魔王「魔法攻撃主体の通常形態に、物理攻撃主体の第二形態。そして、魔力を解放した最終形態」

大魔王「あれに魔王の地位を与えたのも、その臨機応変な戦闘を高く評価したからだぞ」

側近「大きな魔力の奔流は確認しました。おそらく、魔王様が最終形態に成られたのだと。ですが……」

大魔王「魔力の奔流は、力を制御出来なかった証。彼奴め、己が魔力に溺れおったな……」

大魔王「もう良い! 儂がじきじきに勇者を葬り去ってくれるわ! 案内せい!」

側近「御意」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457405720




続きを読む

姫「私の初恋と記憶の中の貴方」

SS速報VIP:姫「私の初恋と記憶の中の貴方」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456125177/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/02/22(月) 16:12:57.68 ID:FFb1ekh20

「俺のお嫁さんになってください」


それは、遠い昔の記憶。
まだまだ子供だった頃の2人が交わした、誰も知らない約束。

「俺はもう国に帰らなくちゃいけないけど――」

あの子と別れる日、私は泣きながら嫌だとワガママを言いました。
だけどあの子は私の指に、ハートの指輪をはめてくれました。その指輪は、あの頃の私の手には、かなり大きかったのだけれど。

「お揃いの指輪。これに誓って、絶対迎えに来るから――」

その言葉で私は涙をこすって、笑顔を作ったのです。

姫「迎えに来てね…ぜったい、絶対に!」


それが、私の初恋でした――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456125177




続きを読む

魔王「ふざけんな」

SS速報VIP:魔王「ふざけんな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454647717/



1: ◆rq3SaFhdBYcx 2016/02/05(金) 13:48:37.82 ID:A+00egOd0


魔王「フッハッハッハ・・・。よくぞここまでたどり着いた、勇者よ・・・」

勇者「・・・お前もここまでだ。覚悟しろ魔王ッ!」

魔王「クックック・・・。随分と威勢がよいな。・・・ではきさまの力、見せてもらおう」



魔王「さぁかかってくるがよい、勇者よッ!」


・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454647717




続きを読む

魔王「軍備は整った!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/13(水) 23:18:16 ID:foGGBtCU

魔王「今こそ歴代魔王が成し遂げられなかった、魔族による世界征服を実現するぞ!」

側近「いぇーい。がんばれー」 パチパチパチ

魔王「オーク、リザードマン、有翼人、半魚人、魔獣……あらゆる魔族と魔物の軍勢!」

側近「わぁー、壮観な眺めですねー」 パフパフ

魔王「圧倒的な物量と強靭な魔物の前に、人間共など軽く粉砕してくれるわ!」

側近「強気ですねぇ。すごいですねぇ。ひゅーひゅー」

魔王「……ごほん! さあいけ、我が軍勢よ! 世界が我ら魔族の物であると実力で知らしめよ!」



続きを読む

勇者「勇者パーティーの独立を決心した」

SS速報VIP:勇者「勇者パーティーの独立を決心した」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453455668/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 18:41:08.74 ID:Ea/3e66Wo

勇者「……もううんざりだ」

女魔法使い「ホントね、王様の命令であちこち引っぱりまわされて……」

女僧侶「自分の時間も満足に持てませんものね」

戦士「オレもせっかく家族ができたのに、一家団らんの時間もねえや」

勇者「…………」

勇者「決断する時が来たのかもしれないな」



ここで彼ら勇者パーティーのこれまでの経緯について紹介しよう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453455668




続きを読む

側近「女だらけの魔王城に全裸の勇者が突撃してきた」

SS速報VIP:側近「女だらけの魔王城に全裸の勇者が突撃してきた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452652789/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/01/13(水) 11:39:49.91 ID:QatsU9AQ0

このssはRing a Bellさんのフリーゲーム「NAKED RUN」を元ネタにしています。

http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_090014zero/

このゲームを知らなくても問題なく読めますが、興味がある方は是非プレイしてみて下さい。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452652789




続きを読む

魔王「世界の半分をやろう!」介護ヘルパー「受け取れませんねぇ」


ヘルパー「ヘルパーは利用者さんから物を受け取ってはいけないって決まりがあるんですよ~」

魔王「ほう…その決まりとは絶対的なものか。この我の褒美が受け取れぬと申すか!!」

ヘルパー「受け取っちゃったら私、魔王さんの担当外されちゃいますよ」

魔王「むむ…」

ヘルパー「あと魔王さんも足が悪いんですから、世界征服も程々にしといた方がいいですよ~」

魔王「むむむ…」

ヘルパー「それではお時間になりましたので、失礼しますね~」

魔王「………」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452562786




続きを読む

皇帝「不老不死を目指す」側近「バカですか、あなたは」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 01:27:31 ID:LUSiIttk

皇帝「側近よ」

側近「なんでしょう?」

皇帝「最近、朕は死というものが恐ろしくなってきた」

側近「これはこれは、陛下らしからぬ高尚な悩み。いったいなぜ?」

皇帝「宮殿のあちこちに隠しているエロ本、死後あれが皆に見つかったらと思うと……」

側近「バカですか、あなたは」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS SUMMER!

新品価格
¥1,590から
(2017/7/22 01:30時点)