ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


側近

勇者「俺の知らないところでイベントが進んでる

SS速報VIP:勇者「俺の知らないところでイベントが進んでる
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507890298/



1: ◆CItYBDS.l2 2017/10/13(金) 19:24:58.37 ID:QDIEPH4fo



勇者♂「お前が、魔王軍幹部ジャアクウガだな!」


ジャアクウガ「ふふふ、たった4人で我が砦に攻めてくるとは!」


ジャアクウガ「愚かにもほどがあるぞ、勇者!」


ジャアクウガ「周りをよく見ろ!貴様らは既に我が眷属によって囲まれている!」


勇者「なっ・・・しまった!」


戦士♂「・・・ジャアクウガ」


戦士「遂に、貴様と相まみえることができた・・・」


戦士「10年前、貴様に切り落とされたこの右腕が!」


戦士「貴様を打ち滅ぼせと!疼いていやがるぜ!」


勇者「ん?」


僧侶♀「戦士さん!周りの魔物は私たちに任せて下さい!」


魔法使い♀「アンタらの因縁の決着に、絶対に邪魔は入らせないから!」


戦士「みんなっ・・・!恩に着るぜっ・・・!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507890298




続きを読む

魔王「ニンジャ怖い」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/10/12(木) 23:01:45 ID:4NwWkECk


側近「蘇生して第一声がそれですか」

魔王「お前軽く言うけど、均整の取れた体つきのイイ男が」

魔王「フル○ンで殺意のこもった異様な目つきで襲い掛かって来るんだぞ」

魔王「第一、お前もあいつと戦って負けたんだろう?」

魔王「リベンジする気あるのか?」

側近「できれば二度と会いたくないです」

魔王「だよな」


前スレ
魔王「……戦う前にちょっと聞いていいか?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507657276/



側近「ですが、こちらの意思などお構い無しに襲い掛かってきますからね、勇者たち」

側近「せっかく蘇ったのですから」

側近「天○魔闘の構えを取得されてみては?」



続きを読む

魔王「もし儂の味方になれば、有給をやろう」 勇者「ゆうきゅう」

SS速報VIP:魔王「もし儂の味方になれば、有給をやろう」 勇者「ゆうきゅう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506069583/



1: ◆CItYBDS.l2 2017/09/22(金) 17:39:43.76 ID:01+6FuFio



魔王♂「ふふふ、様式美に則るならば『世界の半分を』と言いたいところだがな」


勇者♂「世界の半分だと!?そんなものになびく俺ではない!」


魔王「いや『世界の半分』については、ほんの軽口だ。本気にしないでくれ」


僧侶♀「初めて言葉の通じる魔族に出会ったと思ったら、さっそく私たちを籠絡するつもりですか!」


僧侶「言葉さえ通じれば、分かり合える・・・そう信じていた、私の考えは甘かったのですね!」


戦士♂「ところで、『ゆうきゅう』ってなんだ?魔法使い」


魔法使い♀「わ、わたしに聞かないでよ!」


僧侶「意味は分かりませんが、なんと魅惑的な響きなのでしょうか・・・」


勇者「ゆうきゅう・・・そうかっ!」


勇者「魔王を打ち滅ぼさんがために、世界を旅してきた勇者パーティーである俺たちに」


勇者「与えられるものは、悠久の時・・・」


勇者「すなわち『死』である・・・そう言いたいんだな!魔王よ!」


魔王「いや違う、そうじゃない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506069583




続きを読む

魔王「召喚したら」御曹司ヒモ根暗ナンパマジメ「「「「「来ちゃった」」」」」

SS速報VIP:魔王「召喚したら」御曹司ヒモ根暗ナンパマジメ「「「「「来ちゃった」」」」」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505570677/



1: ◆FJWxn4j5O6 2017/09/16(土) 23:04:37.94 ID:ZfOohHAE0

【人物設定】

御曹司
良家のお坊ちゃん。
人当たりの良い笑顔と容赦ない断捨離の手腕で業績を上げライバルを次々に蹴落とし、幹部登用されている。
出会い系が好き。人妻などの素人を、お金を使った豪華な雰囲気で落とすのが得意(決して金では買わない)
人間の屑。

ヒモ
厳しい親から遊びを禁止されて育った反動で、大学デビュー後に大人の遊びにハマり、就職に失敗。
そのまま、当時の彼女の家で主夫をやった後、自分探しの旅に出る。
自分を甘やかしてくれる年上が好き。尻が大きければなおよし。
人間の屑。

根暗
一流の大学を卒業し一流の企業に勤め一流の給金をもらうエリート中のエリート。
しかし、女性経験が無いために自分は負け組だと思っている。
負け組だ負け組だと自分を卑下する割には、改善しようとする気は全くない。
人間の屑。

ナンパ
営業成績全国1位の猛者。
1日百人に声を掛ければ契約は取れるがモットー。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神で何股もしている。
人間の屑。

マジメ
堅実に勉強し堅実に大学に入り堅実な会社に就職した。
マザコン気味で、風俗やギャンブルなど、母親が嫌がる危ない遊びには一切手を出さない。
巨乳の彼女がいるが、強烈に自己中な性格なので付き合ったことを後悔している。
実は人間の屑。

【人間関係】
5人とも同じ大学の同じサークルのメンツ。
職場はそれぞれ全く別。

【年齢順】
マジメ>御曹司=根暗>ヒモ>ナンパ


【本筋】

魔王「我の後継ぎを異世界から召喚しようと思う」

側近「はあ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505570677




続きを読む

魔王「ほぉ…これがすのぉどーむか」

SS速報VIP:魔王「ほぉ…これがすのぉどーむか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504382265/



1: ◆/Pbzx9FKd2 2017/09/03(日) 04:57:45.90 ID:cSYY1RS2O

~魔王城~

魔王「むぅ…」

側近「何か悩み事ですか?魔王様」

魔王「いや、なぁ…。この間、ゴブリンのやつが持ってたものが気になってな…」

側近「あぁ、スノードームですか。あれなら地下の倉庫にありましたよ?」

魔王「何っ!それは真か側近!!今すぐ持ってきてくれ!」

側近「えぇ…地下はジメジメだから嫌なのですが…」

魔王「はよぉ!ウチは今見たいんじゃー!!」

側近「はいはい…取ってくるんで大人しくしててくださいね?」

魔王「うむ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504382265




続きを読む

勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」

SS速報VIP:勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503226275/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 19:51:15.11 ID:bWcKJxNsO

剣士「俺は、世界一強い!!だから、見せてやるよ、俺の力を!!!うおおおおおお!!」

勇者「お願いします!」

強そうな怪物「ギャオオオオオオ!!」

剣士「おっと…ごめん!急にお腹の調子が悪くなったから俺は降りる!あとは頼む仲間たち!」

勇者「な…なんじゃそりゃ」

僧侶「腰が引けてる…」

魔法使い「だっさ」

最初はただ、調子の良い奴だけだとしか思わなかった。

強そうな敵「ギャオオオス!」

剣士「…す…すまん、戦おうと思ってたのだが今度は更年期障害で…」

勇者「またかい」 

僧侶「そんな更年期障害って急に襲ってくるのかなあ」

強そうな敵「おらああああああ!!」

剣士「あいたたた…もう多分足首粉砕骨折したから戦えないかも……」

勇者「出た…」

魔法使い「この腰抜け野郎…」 

正直、うざいときもあった。でも


魔法使い「…」 

剣士「何、黄昏てんだ」

魔法使い「……うっせー」

剣士「気にすることはない、ああやって感情的になるのは、お前が本当に僧侶を心配しているからだ、あいつもわかってるさ」

魔法使い「う…うっせー!!!…………お、怒ってねーかなあいつ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503226275




続きを読む

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/12(水) 06:38:44 ID:8kmi6xWI

魔王の城――

魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」

側近「なにをおっしゃいますか、弱音を吐かないで下さい」

魔王「そう言うけど、知ってるかい? 勇者一行が今まで全滅した回数?」

側近「報告ではパーティー全滅が十三回、勇者死亡が二十回、戦士死亡が――」

魔王「この報告おかしいよね。今までずっと思っていたけど」

側近「流石が魔王様、お気づきになりましたか」

側近「この記録は勇者一行が我らの領土に踏み入れてからのもの。正確な記録ではございません」

魔王「違うって。なんで勇者一行は死んでも蘇るんだよ!!」



続きを読む

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SS速報VIP:勇者「魔王城がなんかおかしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490522045/



1: ◆7Zp87oOK/2 2017/03/26(日) 18:54:06.03 ID:vZPncf+A0

戦士「ついに魔王城に着いたな」

魔法使い「いよいよね」

僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」

戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」

勇者「ああ……」

戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」

魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」

僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」

戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」

戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」

魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」

僧侶「勇者さん、行きましょう!」

勇者「ああ。だが……」

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490522045




続きを読む

魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」

SS速報VIP:魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490100910/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 21:55:10.75 ID:NY4sd73bo



とある世界の、とある魔王の城――――


魔王「ん?うーんん…」

側近「魔王さま、お目覚めでございましょうか」

魔王「うん?おお、側近か…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490100910




続きを読む

女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」

SS速報VIP:女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489868005/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:13:26.13 ID:X6yHOnZk0

勇者「え?性器?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489868005




続きを読む

魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」

※男の娘



SS速報R:魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1483880000/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/01/08(日) 21:53:20.78 ID:gwwB41gP0

---魔王城---


側近「魔王様、勇者が攻めてまいりました」

魔王「えー、めんどくさ」

魔王「皆でがんばって倒してよー」

側近「なるべくがんばりますが、覚悟しておいてください」

魔王「はーい」


---魔王城 広間---


勇者「あと少しだ、行くぞ皆!」

魔法使い「くらえっ!」ドン

戦士「ここは俺らが引き止めてる、行け勇者!」ザンッ

勇者「いやしかし」

魔法使い「この数が見えないの!?」

戦士「すぐに追いつく、早く行け!!」

勇者「みんな、すまない!」

勇者「ここは任せたぞっ!」ダッ



続きを読む

側近「では、結婚しますか?」

SS速報VIP:側近「では、結婚しますか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481450562/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 19:02:43.22 ID:glNesy3z0

青年「はい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481450562




続きを読む

魔王「七つの大罪。」

SS速報VIP:魔王「七つの大罪。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476007937/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 19:12:17.80 ID:32m/l3y3o


側近「魔王様、復活おめでとうございます。」

魔王「うむ。早速だが、我がしもべ共を召喚するぞ。」

魔王「出でよ、我がしもべ!七つの大罪よ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476007937




続きを読む

魔王「俺の体臭がやばい」

SS速報VIP:魔王「俺の体臭がやばい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470218651/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/08/03(水) 19:04:11.33 ID:voHP6eV+0

側近「遂に魔王様が復活されるぞ……!!」


500年前、大賢者により封印された魔王。
その魔王の封印が今、解かれようとしていた。


北のドラゴン「500年――長いようで短かった」

西の悪魔「ウケケ。伝説となった大賢者とはいえ、所詮は人間。魔王様復活まで寿命はもたなかったなァ」

東の妖姫「ふふ…500年前の魔王様の武勇、心強いと同時に身震いがしますわ」

南の地蔵「細身ながら、数々の勇者を葬ってきた猛者じゃからのう」

側近「思い出話はそこまでです。見なさい、封印の力がどんどん弱まっている……」

ゴゴゴ…

側近(さぁ目覚めて下さい魔王様…そして、人間達に恐怖と絶望を!!)

北のドラゴン「なぁ…何か、空気がおかしくないか?」

西の悪魔「そう言われてみや…全身の感覚器官がゾワゾワするっつーか……」

東の妖姫「魔力……にしては、少々妙ですわね」

南の地蔵「見るのじゃ! 魔王様の封印が!!」

側近「!!?」


カッ――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470218651




続きを読む

老勇者「なぁ僧侶さんや、魔王城はまだか?」老僧侶「もうおじいさんってば」

SS速報VIP:老勇者「なぁ僧侶さんや、魔王城はまだか?」老僧侶「もうおじいさんってば」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465673639/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 04:33:59.66 ID:yMZG2K8IO


老僧侶「魔王はもう倒したでしょ?」

老勇者「あれぁ?そうだったかいのう……??」


老僧侶「そうですよ……それよりおじいさん、今日は息子夫婦が遊びにくる日なんですから部屋の掃除をしないと」

老僧侶「はいそこどいて、雑巾がかけられないじゃないですか」

老勇者「おお、すまんすまん……そうか今日は息子たちが来る日だったか……すっかり忘れとった」

老僧侶「もう…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465673639




続きを読む

魔王「和睦、だな」

SS速報VIP:魔王「和睦、だな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463753590/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/20(金) 23:13:10.82 ID:eEg8XdoN0



側近「……は、今、なんと?」

魔王「土王まで敗れては仕方あるまい。これからは和睦に向けて動く」

側近「し、しかし! それでは我ら魔族はどうなるのですか!? お考え直しください!」

魔王「ならん。どうにも我は人間どもを甘く見ていた。これ以上、我が同胞が殺されゆく惨状には耐えられぬ」

側近「ですが……!」

魔王「だからな、側近よ。出陣の準備だ。」

側近「……はい?」

魔王「だからこそ、打って出るのだ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463753590




続きを読む

王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」

SS速報VIP:王「では託宣の勇者よ、装備を受け取り魔王討伐に旅立つがよい!」勇者「チェンジで」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460463767/



1: ◆qgBybRRn7IKS 2016/04/12(火) 21:22:47.85 ID:A/JtKewSO

王「………は?」

勇者「いえ、この装備です。チェンジで」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460463767




続きを読む

皇帝「朕朕詐欺をやろう」

SS速報VIP:皇帝「朕朕詐欺をやろう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459073265/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 19:07:45.78 ID:PR8HxrYwo


――ある帝国の城――

大臣「陛下、隣国の女帝は着々と軍備を整え、いつ我が国に攻め込んできてもおかしくない状況です」

大臣「こちらとしても、何らかの手を打ちませんと……今のままでは確実に我が国は敗北します」

皇帝「分かっておる。しかし、軍備を整えるにせよ和解するにせよ、まずは資金をかき集めねばならん」

大臣「おおっ、つまり増税や産業の活性化を!?」

皇帝「いや、そんな暇はあるまい。もっと手っ取り早く金を稼がねばならん」

大臣「その通りです……が、何か手立てはあるのですか?」

皇帝「朕朕詐欺をやろう」

大臣「ハァ!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459073265




続きを読む

大魔王「魔王が勇者に破れただと!?」

SS速報VIP:大魔王「魔王が勇者に破れただと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457405720/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 11:55:20.70 ID:a8zBs06DO

側近「はっ、大魔王様より授けられた闇の衣を封じられ、勇者一行の波状攻撃に耐え切れず……」

大魔王「信じられぬ。例え我が闇の衣が無くとも、魔王には自慢の形態変化が有ったはず」

大魔王「魔法攻撃主体の通常形態に、物理攻撃主体の第二形態。そして、魔力を解放した最終形態」

大魔王「あれに魔王の地位を与えたのも、その臨機応変な戦闘を高く評価したからだぞ」

側近「大きな魔力の奔流は確認しました。おそらく、魔王様が最終形態に成られたのだと。ですが……」

大魔王「魔力の奔流は、力を制御出来なかった証。彼奴め、己が魔力に溺れおったな……」

大魔王「もう良い! 儂がじきじきに勇者を葬り去ってくれるわ! 案内せい!」

側近「御意」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457405720




続きを読む

姫「私の初恋と記憶の中の貴方」

SS速報VIP:姫「私の初恋と記憶の中の貴方」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456125177/



1: ◆WnJdwN8j0. 2016/02/22(月) 16:12:57.68 ID:FFb1ekh20

「俺のお嫁さんになってください」


それは、遠い昔の記憶。
まだまだ子供だった頃の2人が交わした、誰も知らない約束。

「俺はもう国に帰らなくちゃいけないけど――」

あの子と別れる日、私は泣きながら嫌だとワガママを言いました。
だけどあの子は私の指に、ハートの指輪をはめてくれました。その指輪は、あの頃の私の手には、かなり大きかったのだけれど。

「お揃いの指輪。これに誓って、絶対迎えに来るから――」

その言葉で私は涙をこすって、笑顔を作ったのです。

姫「迎えに来てね…ぜったい、絶対に!」


それが、私の初恋でした――



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456125177




続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 島村卯月 HOT LIMIT Ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,370から
(2017/12/12 18:41時点)