ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


側近

魔王「ものども!であえー!であえー!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 10:15:04 ID:FQ0IXL1I

側近「四天王のおひとり。毒の王、薬師よ。勇者がこの城まで参りました。ご出陣を。」

側近「……毒の王?」

側近「…………薬師さん!」

側近「……あのー。」

側近「薬師さーん?出番ですよー。」



続きを読む

魔王「まずはいちご100%からだな」側近「随分と懐かしい作品ですね」

SS速報VIP:魔王「まずはいちご100%からだな」側近「随分と懐かしい作品ですね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566389133/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/21(水) 21:05:33.92 ID:UnLhG+kGO

週刊少年ジャンプ。
週刊少年サンデー。
週刊少年マガジン。

週刊少年誌において、常日頃から目にする機会が多いのはもっぱらこの3誌であろう。
それぞれ集英社、小学館、講談社より刊行されている息の長い週刊誌であり、この大手出版社が世に出す漫画は後世まで記憶に残る名作が豊富に存在している。

その中でも特に私の嗜好はラブコメディに傾倒しており、そのジャンルにおいて各週刊誌から1作品ずつ挙げていく。

「もう。魔王様ったらまた漫画ばかり読んで」
「よいではないか。心の潤いが必要なのだ」
「はいはい」

申し遅れたが、私はとある異世界に君臨する魔王であり、勇者との血で血を洗う苛烈な戦いの日々に疲れた時は、こうして世界を跨いで配下の稼いだ金で漫画を読み漁るニート生活を満喫している自堕落な者だと明かしておく。
何ぶん、ニート歴が長いもので、若者にとっては古臭い作品かも知れないがそれでも構わないのならばこの独り言に付き合って貰いたい。

さて、それでは早速本題へと移ろう。
勿体ぶるつもりはないので、先にこれから紹介する作品のタイトルを紹介しておく。

いちご100%
ハヤテのごとく!
魔法先生ネギま!

完全に独断と偏見により選別した後世に残るであろうこの3つの名作について、語らせて貰う。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566389133




続きを読む

「我々の願いは、この素敵な道具が叶えてくれる」

SS速報VIP:「我々の願いは、この素敵な道具が叶えてくれる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566124502/



1: ◆dTsdr7bVTg 2019/08/18(日) 19:35:02.95 ID:All9ssB20

勇者「さて、いざ出立といこうか」

魔法使い「やっとね」

僧侶「招集されてから今日まで随分掛かりましたからね」

戦士「これから魔王を倒しに行こうというのだ。事前の研修に時間が掛かるのは当然であろう」

勇者「そりゃそうだけど……」

僧侶「研修のほとんどは実技ではなく座学でしたよね」

勇者「なんだっけ?『近年普及した新しい魔法体系が戦闘に与える影響について』だっけ?」

魔法使い「学術雑誌のタイトルかって。~魔道具のインパクトを中心に~とか添えたら完璧よ」

戦士「そうは言うが、戦闘一筋に生きてきた俺にとっては新鮮な視点であったぞ」

僧侶「戦闘に限らず、自分の行いを第三者的な視点で見ることは中々ないですからね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566124502




続きを読む

魔王「世界征服完了したな」 側近「これでニートですね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/16(金) 20:06:42.07 ID:fZDjx7li0

【エピローグ】

魔王「おい、それはちょっと酷いんじゃないか?」

側近「でも勇者いなくちゃ仕事ないでしょ?」

魔王「まぁ、そうなんだが」

側近「りっぱなニートになりましたね」

魔王「なんだと?」

側近「いえ、なんでもありません」

魔王「ところで、お前に任せた各国の制圧はどうなった?」

側近「それは抜かりなく」

魔王「ほぅ、王国のやつらはどうしたのだ?」

側近「国王は処刑しました、大臣も同じく」

魔王「まぁ、妥当な判断だな」



続きを読む

神「私が世界を生み出したのだ。どう扱おうと私の勝手だろう?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 00:20:12 ID:o7ZI9jlU

勇者「それは違う! この世界に住まう人々のものだ!」

魔王「傲慢な神よ! 私達は共に歩むことが出来る存在だ。お前の玩具ではない!」

神「愚かな。私に勝てると思っているとは」

勇者「ならば見せてやる。人と、魔族の結束を!」 シャキン!

魔王「これが、私達の想いだ!」 ゴウッ!

神「なんだこれは!? 何故人間と魔族風情に、これほどの力が!」

勇者・魔王『この世界に、神はいらない! 消え去れ!!』 ザシュッ!

神「馬鹿、な。私が、敗れる……とは」



勇者「終わった。これで、やっと始まる」

魔王「ああ、そうだ。人と魔族の新たな時代だ。勇者……」 ギュッ

勇者「魔王。これからも頼むぞ」

Fin



続きを読む

魔王「何のつもりだ!?」 側近「魔王様には魔物の苗床になってもらいます」

SS速報VIP:魔王「何のつもりだ!?」 側近「魔王様には魔物の苗床になってもらいます」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:01:02.91 ID:c3EShH050

※アダルト注意


――――
――

-魔王城某所

オーガ「おらっ舐めろ!」

魔法使い「おぶっごぼっんあっ」ジュポジュポ

剣士「んぎぃ」ドチュッ

ミノタウロス「ブフーブフーッ」パンパンパン

盗賊「はぐ やっ・・・め」ヌプヌプ

騎士「あ゛ひぃぃぃ」ビュルルルッ


魔王「フフフ……無様な姿だ」

魔王「勇者など魔物の子種を受け入れ、我が下僕を生み出すだけの肉の器……」

側近「・・・魔王様、採れたての勇者どもの血酒でございます」スッ

魔王「ごくろう」

魔王(この世の女は私だけで良い、そしてこ魔都は私の下にひれ伏すのだ)クイッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442124062




続きを読む

魔王「へぷしっ」 側近「魔王様、かわいい!(大丈夫ですか!?)」

SS速報VIP:魔王「へぷしっ」 側近「魔王様、かわいい!(大丈夫ですか!?)」



1: ◆G/mqESF7Ns 2015/08/11(火) 15:58:40.46 ID:eM+3GqjE0

魔王「オイコラ」

側近「はい、なんでしょうか」 ティッシュ

魔王「本音出てる」 ズビー

側近「正直者ですから」 ゴミ箱

魔王「ありがと、でもお前は絶対腹黒いな」

側近「そうでもないですよ?」 裾をめくる

魔王「へそを出すな」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439276320




続きを読む

側近「また配下の者が消えました…」 魔王「ぐぬぬ」

SS速報VIP:側近「また配下の者が消えました…」 魔王「ぐぬぬ」



1: ◆UuZF2thJYM 2014/12/01(月) 20:31:14.48 ID:KO0opTDRo


魔王「ええい、どうなっておるのだ!!!」ダンッ

側近「ヒッ」

魔王「この!難攻不落の魔王城に詰める誇り高き魔族から!
   脱走者が出るなど!ありえぬことだろうが!」

側近「そ、それはそうなのですが」

魔王「そもそも、ここを出て彼奴らは一体どこへ行くというのだ!
   人間どもとは共生できぬことぐらい、末端のスライムでも知っておろうが!」

側近「…ですが、配下の者を何度点呼しても、数が合わぬのございます」

魔王「ぐぬぬ…」

側近「如何致しましょう、魔王様」

魔王「…足りぬものは補填する。欠落者のリストを持ってまいれ。
   余の魔力で代わりを生み出すぐらい、造作も無い」





【関連スレ】

記者「ではよろしくお願いします」 勇者「はい」
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416568022/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417433464




続きを読む

魔王「はぁ・・・。また女勇者がきたのか・・・」

SS速報VIP:魔王「はぁ・・・。また女勇者がきたのか・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411715345/



1: 1 2014/09/26(金) 16:09:15.22 ID:co3F2N0Y0

側近「今月8回目でございますね。」

魔王「いくら和平が済んだからといって仮にも魔王の城に友達感覚で来るか?」

側近「魔王様にも問題があるかと、、、」

魔王「・・・? なんだそれは?」

側近「はて。おや?参られたようですね。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411715345




続きを読む

勇者「魔王おおおお!!」魔王「勇者ぁぁああ!!」

SS速報VIP:勇者「魔王おおおお!!」魔王「勇者ぁぁああ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373972258/



1: ◆IwBFOBxsRc 2013/07/16(火) 19:57:38.50 ID:509f0v4ho



魔法使い「気が早いわよ勇者!支援魔法の準備がっ!」

戦士「ちっ!おい続くぞ!」チャキン!

盗賊「まったく勇者は……」





側近「魔王様……そんなに戦いを……ふふ、存分に暴れてくださ」




勇者「会いたかった!!」ギュッ

魔王「私も!!」ギュゥ



側近「」

戦士「」

魔法使い「」

盗賊「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373972258




続きを読む

側近「魔王様の食事情」

SS速報VIP:側近「魔王様の食事情」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407953162/



1: ◆cZ/h8axXSU 2014/08/14(木) 03:06:12.41 ID:Dy0w1f320

魔王「あー疲れたー!」

側近「今日も政務お疲れ様です。何か甘い物でも飲みますか?」

魔王「んー、いいや。もうすぐ夕食だし」

側近「それもそうですね。ではお持ちしましょう」

魔王「ああ、頼む。ところで、今日のメニューは」

側近「……あ、届きました、準備がいいですね。今お持ちいたします」ガラガラ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407953162




続きを読む

魔王「クリスマス滅ぼす」 勇者「手伝おう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/24(金) 23:31:50.03 ID:1D8du5xF0

魔王「…勇者、居たのか」

勇者「ああ」

魔王「…しかし、お前、いいのか?仮にも魔王に手を貸すなど…む、そういえば貴様達の仲間はどうした?確か、武道家♂と商人♀と僧侶♀がいたはずだが…?」

勇者「…だよ」

魔王「…よく聞こえんぞ?」

勇者「あいつ等、付き合ってたんだよ…!三人で!武道家のやろうが二股かけてたんだよ!!」

魔王「あの筋肉バカが!?…だがこんな時期にバレては修羅場になるんじゃないか?」

勇者「俺もそう思ったさ!んで、商人か僧侶のどっちかを慰めてあわよくばとか思ったよ!…でも現実は違った…。あいつ等…3Pするんだとよ…!くそっ!」

魔王「おのれ、忌々しい…!一人くらいこっちに寄越せば良いものを!」

勇者「ちきしょう…ちきしょう!」

魔王「…よし…滅ぼすぞ!クリスマスを!」

勇者「おうよ!」

魔王「リア充どもに…裁きの鉄槌を下す!」

勇者「クリスマスなんて…滅ぼしてやる!」




続きを読む

魔王「最近四天王がたるんどるので、ドッキリを仕掛けることにした」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08(土) 01:19:53.84 ID:+yVS1Ztb0

~魔王城~

魔王「最近、勇者どもとちっとも戦闘が行われておらんな」

側近「はっ、四天王率いる我が魔王軍と、勇者らを中心とする人間たちの軍……」

側近「戦力はほぼ五分五分で、膠着状態になっているようです」

魔王「ふぅ~む。しかし、いくらなんでも慎重すぎやせんか?」

側近「たしかに……」

魔王「どれ……あまりこういうことはしたくなかったのだが」

魔王「水晶玉で四天王の様子を覗いてみるとしよう」ボワァァ…



続きを読む

勇者「だいたいな、魔王って誘いMすぎんねん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 02:38:48.59 ID:xwHE4lySO

勇者「な?ずっと待ってるやんアイツ。人くんのずっっと待ってるやん。な?」

勇者「倒されたいんちゃう?」

戦士「わかるわ」

魔法使い「いやいやいや勇者さん、それは違いますよ」

勇者「なんやねん。言うてみぃ」

魔法使い「魔王が城から動かへん理由は待ってるからとかちゃうんすよ」

魔法使い「自分から動いたら魔王感でませんやん。エライんやぞってのを示さなまず魔王って認知すら我々にされないんですから」

勇者「はー。いやぁー?俺は誘いMやと思うでぇー。崩してほしいねん結局、自分の積み上げたもんを」

勇者「ほいで止めてほしいねん自分の暴走を」

勇者「自分の世界に対する絶望を否定してほしいだけやねんどうせ。ちっちゃい奴やで」

魔法使い「そこまで言いますかぁ?」




続きを読む

魔王「なんで私の部屋って城の一番奥にあるんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16(金) 16:37:33.54 ID:vX/YFzHL0

魔王「・・・嫌がらせか?」

側近「いいえ?そんなことはありませんが」

魔王「こんなに奥だと外出するとき面倒だろ・・・」

魔王「人間の王城は入ってすぐ王の間だったぞ?」

側近「ワープとかできないんですか?」

魔王「いや、魔王ってそんなに万能じゃないから」



続きを読む

魔王「今日も平和だ飯がうまい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/24(日) 01:01:02.87 ID:0ReHhxnt0

側近「働かずに召し上がる食事は、そんなに美味なものですか?」

魔王「何を言う。我が城のシェフの腕は確かだぞ、不味いわけがないだろう」

側近「はあ…」

魔王「……何だ」

側近「いえいえ別にー」



続きを読む

魔王「今度の勇者は女の子か……可愛いな……ぐふふふ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 14:32:15.89 ID:vWd6TAgz0


魔王「ぐうふふふ……ふひひ」

側近(……まったく魔王様ときたら)

魔王「みよこの水晶玉を! 可愛い可愛い勇者ちゃんが映っておるぞ!」

側近(勇者が生まれてからというものの、ずっと水晶ばかり覗き込んで)

魔王「このあどけなさを残した少女がいずれワシを殺しにくるんじゃあ! わははは!」

側近「仕事してくださいよ」

魔王「……むぅ、仕方ないのぅ」



続きを読む

魔王「女勇者が来たら婚約指輪を渡す」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/05(土) 04:10:06.07 ID:GKMeh8Ec0


側近「えっ、魔王様……今何と?」

魔王「だから婚約指輪を渡すのだ」

側近「えっ…………えっ?」

魔王「エンゲージリングを女勇者にプレゼントするのだが」

側近「いや格好つけてもダメですから」

魔王「engage ring」

側近「いや発音良くしてもダメですから。……ってか魔王様、宿敵と恋仲だったのですか!?」

魔王「恋仲?」

側近「お付き合いしているということです」

魔王「えっ?」

側近「えっ?」




続きを読む

リザード兵「魔王の便所フン争記」

SS速報VIP:リザード兵「魔王の便所フン争記」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532872135/



1: ◆cZ/h8axXSU 2018/07/29(日) 22:48:56.28 ID:Kh/CYPFP0

魔王「……」

リザード兵「俺からは以上だ。何か質問があれば受け付ける」

魔王「……」

側近「問答は不要でしょう、十分に説明が行き渡っています。お疲れさまでした」

魔王「……」

リザード兵「そいつはどうも……ん?」

魔王「……」

エルフ「さーて、アタシはもう仕事ないし、兵の訓練にちょっと付き合おうかな。アンタは?」

リザード兵「あ、ああ……これから魔王と一緒に昼飯行くからパス」

エルフ「そっか。ホント仲いいね二人とも」

魔王「……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532872135




続きを読む

魔王「ククク……異世界へ侵略を開始するか」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/14(水) 20:29:30 ID:8R5ifUHc


側近「かっこよく決めたいのは分かりますけど」

側近「実際はこの世界の勇者(職業:ニンジャ)に」

側近「勝てる見込みが無いからですよね……」

魔王「身もフタもない言い方をするでない」


魔王「……戦う前にちょっと聞いていいか?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507657276/


魔王「ニンジャ怖い」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507816905/



部下「魔王様、並びに側近様」

部下「異世界への道が開かれました!」



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)