ポチッとSS!! SSまとめ

当ブログではSS速報などにあるSSをまとめて紹介しています。 Twitterで更新情報をツイートしていますので、よろしければそちらも活用してください。


上司「てめぇはこんな簡単なことも出来ねぇのか!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 19:24:03.49 ID:lfvlgkqZ0

僕「すいません……」

上司「あぁ!? すいませんだぁ!?」

僕「ご、ごめんなさい!」

上司「ちげぇよボケ! す"み"ませんだろうが!」

僕「すっ、すみませんでしたぁっ!」

上司「で?」

僕「え?」

上司「え? じゃねぇよ! ミスしたんだろ!? どうすんだよ!」

僕「えっと、えっと……」

上司「目の前に上司がいるのに悩んでんじゃねぇ! 指示を仰ぐんだよォ!」

僕「は、はいぃっ! すいませんでしたぁ!」

上司「す"み"ませんだっつってんだろうが!」



続きを読む

その日、僕は…

過去作
俺「草生やす力手に入れたw」

男の娘「除草する力手に入れたm」



SS速報VIP:その日、僕は…
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458827568/



1: ◆hs5MwVGbLE 2016/03/24(木) 22:52:48.48 ID:0Kh09xr+0

その日、僕はとんでもないことをした。

唐突だが僕はカレーヌードルが好きだ。大好きだ。

毎回麺と具を食べるどころかスープまでも飲み干す勢いだ。

個人的に食べ終わったスープにご飯を入れるのも好きだ。腹がすごく減っているときはよくこれをやる。

とりあえず僕がどれだけカレーヌードルが好きかは伝わっただろうか。

そのカレーヌードルを、だ。僕は…その日…


麺すら食べきることなく捨ててしまったのだ。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458827568




続きを読む

歳の差のある結婚

SS速報VIP:歳の差のある結婚
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457667258/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 12:34:18.57 ID:ufAxg7oW0




『34歳も年下の彼女との結婚』




彼女と出会ったのは、彼女が12歳の時だった。

僕は46歳。

やがて僕らは付き合い始め、結婚した。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457667258




続きを読む

僕「彼女が┌(┌^o^)┐←コレになって這い寄ってくる」

SS速報VIP:僕「彼女が┌(┌^o^)┐←コレになって這い寄ってくる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450251016/



1: ◆OkIOr5cb.o 2015/12/16(水) 16:30:16.39 ID:VdLWU+Pt0


:::::::::::::::::::::::::::::


僕「彼女ちゃんを部屋で待たせて買い物に行って、帰ってきたら…… 何、コレ?」

┌(┌^o^)┐<ホモォ」


僕(何だろう? 何で彼女ちゃんは潰れたヒキガエルのように四つんばいになって笑っているんだろう?)

┌(┌^o^)┐<ホモォ♪」


僕「彼女ちゃん! 彼女ちゃん、どうしたの! しっかりして!」ユサユサ

┌(┌^o^)┐<ホモォ?」


僕「わかんない、全然わかんない! 彼女ちゃんは、大人しくて遠慮がちで清楚で上品で、おどおどしてて、でも優しい良い子で、すごく照れ屋さんだったはずだよね!?」

┌(┌^o^)┐<……」


僕「付き合ってから今日で丸1年。ようやく意を決して、勉強会を口実に彼女ちゃんを僕の家にお誘いできたと思ったのに……」


僕「彼女が┌(┌^o^)┐になって這い寄ってくる!?」

┌(┌^o^)┐<ホモォ!!!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450251016




続きを読む

どSな母とMな僕

SS速報VIP:どSな母とMな僕
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447753077/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/17(火) 18:37:57.03 ID:2etQlwiAO

僕が小学生だったある日、僕が母の下着を顔に押し付けてオナニーをしていた姿を母に見られた。
今の今まで過保護なくらい末っ子の僕を目にかけていた母は、とてもショックだったのか断末魔のような悲鳴をあげた。
子供である僕が、母の子供でなくなった瞬間だ、母は理解してくれなかった。僕を罵倒し、僕に暴力を振るった。僕は顔を腫らして、痛むところがないくらい身体がボロボロになった。
母は魅力的だ、友達からも綺麗だと言われるし大人の人たちが母の美しさに牽かれていることは子供の僕からも理解できていた。

だから、僕は興奮していた。美しい母の手や足で傷付いていくことに快感を覚えていた。

母は箱入り娘で育てられてきたからなのか、自分自身の魅力が全くわかっていないのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447753077




続きを読む

僕「おねえちゃん」 従姉「・・・・・・」

SS速報VIP:僕「おねえちゃん」 従姉「・・・・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434029479/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/11(木) 22:31:29.35


ガチャ
僕「ただいま」

僕「・・・」



母「ただいまー」

僕「おかえり」

母「あれ?起きてたの」

僕「うん。これ、プリント」

母「?・・・ああ今日から夏休みだっけ」

僕「うん」

母「暑いもんね」

僕「・・・うん。ぼく、もう寝るね」

母「うん、お休み」

僕「おやすみ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434029479



続きを読む

僕「瞬殺の破局」

SS速報VIP:僕「瞬殺の破局」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430906370/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/06(水) 18:59:40.08

僕(それは、高校卒業を3日後に控えた日だった)

僕(ちなみに、場所は屋上だ)



後輩「好きです、付き合ってください」

僕「え」



僕(呼び出された僕は、所属していた部活の後輩に、まさかの告白をされたのだった!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430906370



続きを読む
スポンサードリンク
メールフォーム
記事検索
最新コメント
にほんブログ村
PCアクセスランキング
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子 -マッシュアップ★ボルテージ- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥15,900から
(2019/9/5 01:33時点)